↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何この空気…やめてよ!!マジで!!

こんにちは☆
リアルタイムはベトナムです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月12日】
マレアレア


P2120267.jpg

今日はみんなでホーストレッキング(´▽`)ノ♪

詳細は最後に書くけど、
これ6時間ぐらいのツアーで1人3000円もしないんだよ!!激安!!


ヘルメットをかぶって準備。

P2120256.jpg

このヘルメット小さくてSとか渡されてもマジで無理だからって感じだった。
絶壁のくせに頭がデカいわたしはLサイズじゃないと入らなかった。
他の人もみんなだいたいLだったけどJPがMだったからなんか恥ずかしかった。


P2120258.jpg
左からゆきんこ、こうちゃん、JP、ともろー、イトキン、ゆうくん。


行ってきまーす( ´ ▽ ` )ノ


お馬さんはマレアレアロッジまで迎えに来てくれていた。

P2120259.jpg

ワーイ♡

P2120262.jpg

早速乗る。


出発して数十m歩いたところで恐ろしいことが告げられる。


手綱を引いていたおっちゃんが、

じゃーなーバイバイ!

って。


(゜◇゜)


え?なんで??
どこ行っちゃうの!?
てゆーか私どうしたらいいの!?



テンパる私に

Do you need help??

Yes!Yes!ofcours!!

私ひとりで馬に乗ったことないし無理!できない!


それならガイド料が別途かかると言われた。
1人1時間いくらって。その人を拘束することになっちゃうからね。
てゆーかその人6時間歩かせちゃうことになるからね。

IMG_0975.jpg

これ、ゆきんこができないできない!ってダダをこねているところ。
一応みんなに、ついてきてもらうんだったら別途ガイド料がかかるんだって…
って言ってみた。

みんなえ??って顔をしてる。

逆にえ?なんだけど(((( ;°Д°))))
みんな平気なの!?怖くないの!?


欧米人の女の子も2人一緒のツアーだったけど、
私たちは必要ないわと言った。


…。


じゃあ私も頑張るょ…


怖っ!!


私馬になんて1人で乗ったことないからね!!
モロッコでラクダに乗った時だってラクダ同士紐でつながれてて一緒に歩いてくれる人がいたし、
なんの経験もない人が1人で馬に乗って大丈夫なの!?
突然走り出したりしない!?



なんとか歩き始めたけど私はキンチョーでガチガチだった。
カメラを出す余裕もない。

IMG_0982.jpg

どお??
でも私カッコいい??


マジでガチガチだけどね。
だってずっといい子で歩いてるとは限らないんだもん。

IMG_0981.jpg

ホラ、変な方向行こうとするでしょ!?

その度に私はテンパってヘルプミーって感じだった。

そんな中先頭を歩く私を追い越す勢いで近寄って来る人がいた。


P2120268.jpg

ともろー(*°∀°)=3


出発してまだ間もない時間でこの男はすでにこの馬を自在に操っていた。

なんと言うことだ…

中には自分勝手な馬もいて、イトキンの馬はすぐに寄り道してごはん食べちゃったり、
突然ストップして歩かなくなっちゃう馬がいたり、
歩く速度が遅くてどんどん遅れちゃう馬がいたり、
みんな何気に手をやいていた。私は余裕がなさ過ぎるだけだけど。


なのにともろーは"走れ"とか”止まれ"とか"ゆきを追い越しちゃえ"とか、
まじで自由自在。

なんなんだこの人ヽ( ̄д ̄;)ノ

ともろーは自分の馬のことを"シップ"と呼んでいた。
勝手にゴールドシップと名付けたらしい。

馬はいっぱい声をかけてあげて信頼関係を築いた方がいいって言うから、
わたしも名前をつけていっぱい声をかけることにした。

名前はナミビアで大好きだったビール、ウイントフックにした。

通称フック♡


そしてひとつ目のポイント、Bushman Paintingsへ。
壁画が見れるところらしい。


こちらがゆきんこの相棒、フック。

P2120278.jpg

まだまだぎこちない関係。


こちらがともろーとシップ。

P2120276.jpg

なんか仲良しに見えるー。
なんでだろ…??


P2120283.jpg

ここもすごくキレイな景色だった☆

P2120299.jpg

岩山を下りて壁画の場所へ。

P2120303.jpg

P2120306.jpg

壁画は、よく見たら書かれてるねーって感じで、
私は説明もよくわからなかったしあまり興味がわかなかった。
意味がわかればおもしろいなって思って見れたと思うけど。


P2120271.jpg

P2120313.jpg

P2120320.jpg

P2120325.jpg

大自然!!超気持ちいい!!


そして次の目的地、Botsoela Waterfallへ。

P2120329.jpg


男性陣は泳ぐ気マンマンで水着持参。
ゆきんこは泳ぐ気サラサラないから水着を持参していない。


ゆき入んないのー??

ゆうくんは私からカメラをもらうのは無理だと確信してすっかり元に戻った。
やはり腹黒い。


出発前ともろーとこんなやり取りがあった。

と:ゆきも水着着てった方がいいよ

ゆ:いいよ、入んないし

と:いや、絶対着ておいた方がいいって

ゆ:着ないよ、滝入らないし

と:着ていった方がいいと思うなー

ゆ:着ない!!入らない!!


着てたまるもんかって思った。
だって水着着る=滝に落とされること了承済みってことになるじゃん??


悪い顔をしてゆき入んないのー??なんて言ってるゆうくんに

水着持ってきてないし、てゆーか入りたくない、
てゆーか入らないから!!!!!


って言った。


言っててなんて意味もない言葉だなーと思った。
この人達は水着を持ってきてるか、着替えがあるかどうか、
そんなのまったく関係ない人達だ。

でもせめてマジで入る気ないって意思表示だけはしたいと思った。

だってマジで入りたくないんだもん!!!!!


でもよく考えると敵は所詮2人だ。
ともろーとゆうくんにさえ気をつけてればいいんだ。


このまままた馬に乗って宿まで帰らなきゃいけない状況なこと、
他に人がいることで私は結構安心していた。


今日はないでしょう!


少しして男性陣同様欧米人の女の子2人も豪快に滝に入っていった。
私目には2人とも下着で入ってるように見える。
てゆーか絶対水着じゃなくてブラジャーとパンツ。


信じらんない!!絶対無理!!


アレ…

なんかイヤな雰囲気なんですけど…


P2120352.jpg


彼女達も滝に入ってしまったことで、入っていないのは私ひとりになった。


みんなが滝の中から私を見る。


え?やめて。無理だよ、私マジで入らないからね!!


JPがゆきも入りなよ!!って言う。
欧米人の子達もCome on!Come on!って言ってる。

そしてもちろんともろーもゆうくんも、そしてイトキンとこうちゃんまでも、

つまり私以外の全員がお前も入れよ的な空気になってるー!!


そして手拍子が始まる。


私そんなの乗らないから!!
酒持ってこい!!一気飲みならしてやる!!

でも滝には絶対入らん!!



えーゆきつまんないなー。

って。

つまんなくて結構!!!!!




このやり取りが何度が繰り返された。


全然きまずくないし!!


でも内心みんなに突き落とされるんじゃないかってハラハラしていた。


私は特にともろーとゆうくんとの距離は保ち続けた。
イトキンとこうちゃんが無理矢理私の手をつかんで滝に落とすとは思えなかった。
もちろんJPと欧米人の女の子達も。

要するにともろーとゆうくんなんだって!!!!!


みんな、私どうなったと思う??


期待してる人いるんじゃない??


ゆきんこまた落ちたんだろって。


2度あることは3度ある。










P2120355.jpg

なーんて私はないですよー♪


過去2回の私のマジ切れが効いたのか2人は無理矢理腕をつかんでとかはしてこなかった。

私は結構感情むき出しタイプで、ポーカーフェイスとは真逆のところにいる人って感じだけど、
嫌なものは嫌だ!!って意思表示はすごく大事だと改めて思った。


今回は私の勝ちー♪


滝の後は宿まで帰る。

P2120364.jpg

私はだんだん慣れてきてみんなの写真を撮れるぐらいになったけど、
もちろん私の上をゆくみなさんは馬を走らせたりしてる。

私の相棒フックは基本ガイドさんの真後ろ、先頭が好きなタイプみたいで、
他の馬が走って後ろから迫ってくるとフックも走り出してしまう。


もーやめてよー!!刺激を与えないで!!
フックも走っちゃうじゃーん!!!!!



途中なぜかいきなりフックが走り出したと思ったら、
ゆうくんがフックのおしりを叩いていたらしい。

歩くのが遅くなりがちな馬に乗ってる人に木の棒みたいのが渡されていた。


おしり叩いたら本当に走り出すのかなーってゆきの馬のおしりを叩いてみたwww


wwwじゃないよー!

フックで試してるんじゃねーよ!!




最初はどうなることかと思ったホーストレッキング、
途中また水の中に落とされるんじゃないかってハラハラしたけど、
なんとか無事終了!!

キツい上り坂も急な下り坂も頑張って歩いてくれた(時々走ったりしたけど)フックに感謝(*´▽`*)


明日は絶対筋肉痛!!


=ホーストレッキング詳細=

マレアレアロッジでは5タイプのホーストレッキングが選べる。

①ちょっと馬に乗る(2時間):220ランド(約2420円)
②壁画を見に行く(2時間):220ランド(約2420円)
③滝を見に行く(4時間):230ランド(約2530円)
④壁画も滝も見に行く(5〜6時間):250ランド(約2750円)
⑤1泊2日:450ランド(約4950円)/日+村の宿泊料+90ランド(約990円)


※2015年2月時点
※金額は3人以上の時。2人の場合①〜③は+20ランド、④は+50ランド(⑤は不明)

私たちは最初なんなら1泊するやつ行っちゃう?って話してたけど、
聞くと⑤は壁画も滝も行かないコースなんだって。
だったらあまり金額も変わんないしせっかくだから両方行っとく?って④を申し込んだ。
どっちか見に行くツアーと200〜300円しか変わんないもんね。

私の感想はというと…
壁画なしでよかったかもって感じ。
金額の問題ではなく、滝4時間で乗馬も景色も十分かなって。
特別壁画とか興味あるとかじゃなかったらね。

どちらにしても大自然の中馬に乗ってお散歩するのは本当に最高に気持ちがいいから、
マレアレアに行ったら挑戦してみてね!!

オススメします♪


明日はまた南アフリカに戻ります!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

"天空の王国""アフリカのスイス"なんて期待しちゃうー!!

こんにちは☆
リアルタイムはベトナムです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月10〜11日】
ケープタウン→ブルームフォンテーン→マセル→マレアレア


DSC01299_20150326165954806.jpg


16:30発、ブルームフォンテーン行きのバスに乗る。

DSC01271.jpg

次の国、レソト王国に向かう。


レソト…??
どこ??
聞いたことない…



そんな国だった。

場所はここ↓
地図1

南アフリカの中にぽつんとある小さな国。

なーんにも知らないし、まいっかーって思ってたんだけど、
ダイスケくんがゴリ押ししてきた。

天空の王国って呼ばれてる

とか

ポニートレッキングが格安で出来る

とか。


天空の王国…

なんか良さげ(*´▽`*)



しかもそんな素敵な王国でポニーちゃんに乗って大自然の中をトレッキングできる??


サイコーじゃん!!

調べてみたら"アフリカのスイス"なんて言われていたりもするらしい。


私が国だったら言われたい通称つけられまくってる感(*°∀°)=3


レソト行こう!!

そう決めた。

今回のバスもINTERCAPEという素晴らしきバス会社にした。
ナミビアのウイントフックからケープタウンに来た時に乗ったバス。

DSC01273.jpg

他のバス会社よりちょっと高くてクオリティが高い。
そんなバス。

ブルームフォンテーンまでは14〜15時間ぐらいかかるからね。
快適に眠れるように。

アフリカ南部に来てすっかり贅沢になってしまった。
オンボロバスでギュウギュウ詰めの移動なんてなくなったから。


16:30出発。
このバス、預け荷物の重さを計る。
荷物が多過ぎるゆうくんは追加料金払わされてたから要注意!
20キロは大丈夫。25キロ以上からかなかかったのは。ごめん曖昧!

21:30、3:30に休憩があった。

DSC01275_201503261659482d0.jpg

そして6:45、ブルームフォンテーンに到着。

DSC01277.jpg

ここから国境の町マセルまでバスで向かう。

その前に私とともろーはレソトから戻ってきた日のヨハネスブルグ行きのバスチケットを先に買っておいた。
ブルームフォンテーンからヨハネスブルグのバス情報は後日書くね!

その間にゆうくんとJPがバスターミナルまで行くタクシーと交渉をしていてくれた。

JPはアメリカ人。
前にエチオピアのダナキルツアーで一瞬だけ場所がかぶって、
日本語を勉強してるとかで話しかけてくれてお友達に。

そしてこんなところでまさかの再会!!
ケープタウンからのバスが一緒!!びっくり!!

JPもレソトに行くらしく4人で向かうことになった。

DSC01283.jpg

そしてタクシーでバスターミナルへ。

DSC01280.jpg

まずはこの建物で目的地を伝えてチケットを買う。


買うと言ってもノートに名前を書いてお金を払うだけ。
チケットがない。

DSC01281.jpg

Maseruと書かれたところでバスが来るのを待つ。
チケットないけど大丈夫なのかなーと思ったけど大丈夫だった。

バスは満席になるまで出発しない。
チケット売り場では乗客に名前を書かせて、その行き先が満員になったらその紙をドライバーに渡して、
ドライバーはバスの乗客の名前を読み上げて出席を取る感じで確認して出発となる。

22席あったバスは約1時間半で満席になった。
それまでの時間JPの日本語勉強会をしていた。

DSC01285.jpg

日本は漢字、ひらがな、カタカナって3つもあって超クレイジーだよ!!

って。

確かに。
私にとっては英語が難しくて難しくて仕方ないけど絶対JPの方が大変だ。

でもJPは超頭がいい。
飲み込みが早い。

一生懸命日本語を勉強するJPだけど、
ともろーとゆうくんに変な日本語ばかり教えられてた。
結果、変態発言を連発する人になってしまったヽ( ̄д ̄;)ノ

男ってなんでこんなにも下ネタで盛り上がるんだろ??
謎。

11:00、国境に到着。

DSC01286.jpg

南アフリカのイミグレは超フレンドリーだった。
髪の毛編んでる私たちを見て、それ超いいじゃん!どこでやったの??なんて、
みんなテンション高めだったw

DSC01287.jpg

歩いて橋を渡るとレソト王国♪


国境からバスターミナルまでまたタクシーで向かう。
最初2キロぐらいかなーと思ってたけど実は4キロぐらい離れた場所にあった。
歩くのはキツいと思う。

JPがタクシードライバーと交渉してくれた。
英語がペラペラって素晴らしい。

乗ったタクシーのエンジンがかからない。
待つこと数分。

諦めて別のタクシーへ。

なるほど、そういう国だな。
ここ最近の快適過ぎる生活のことは忘れなきゃと思った。

11:50、バスターミナルに到着。

DSC01291.jpg

車だらけ、客引きだらけの汚いバスターミナル。

この懐かしい感じ…戻ってきてしまった(ーー;)

このバスもまた満席になるまで出発しない。
激暑の中外で他の乗客を待つ。

このバスは荷物を乗せるスペースがなくて、
私たちは2シート分を4人で買って荷物置き場にした。

DSC01290.jpg

ちなみにこの1番後ろの席に私たち4人が座る。
大人4人。男3人+私。JPはアメリカンサイズ。細いけどデカい。
ともろーお腹出てる。関係ないか。


え?ウソでしょ!?
3人だよね!?



と言ったが、本当のことだ。

マジであり得ないぐらい詰め込むからー。
またキツい移動だー。

途中ドライバーがあと2席が残ってる。
君たちが2席分のお金を払ってくれたら今すぐ出発できるけどどうする??
と揺さぶりをかけてくる。

正直4人で割ればそんな高くないし、
この炎天下でいつ来るかわかんない乗客を待つぐらいならお金払った方がましだと私は思ったけど、
JPがキッパリとお断りした。

荷物の分2席買ってるしもう十分だ。
俺たちは待つからいい。


…ですよね(*°∀°)=3

なに甘ったれてんだ私!!
昨日までの快適な生活は忘れるんだ!!
忘れるしかないんだーーーーー(ToT)

13:00、結局1時間ちょっと待ってバスは出発。

DSC01297.jpg

目指すマレアレアロッジというところまであと7kmっていうところから未舗装道路になった。
未舗装というかなかなかの悪路で、7km走るのに一体どれくらいの時間がかかるんだろ?
ってぐらいのスピードしか出せない道だった。

ギュウギュウの車内、お互いが触れ合ってる部分はマジで汗でべっとりヽ( ̄д ̄;)ノ

DSC01300.jpg

それでも目にする景色は期待せずにはいられないぐらいの大自然だった。

15:00、マレアレアロッジに到着。

DSC01302_201503261705166ab.jpg

ここは宿がちょっと高い。1泊1800円ぐらい。
テント泊が出来るけど先に行ったダイスケくん情報で夜は尋常じゃなく寒いって聞いてたから、
私はもうテント泊は嫌だった。

だから私たちのテントはJPに貸してあげた。
私はベッドで心地よく寝たい派だ。

そしていつもの通り早速レソトビールをいただいた♡

DSC01307.jpg

ここはまわりにほぼなーんにもなくて、ビールを買えるのは宿のバーぐらい。
南アフリカの約1.5倍ぐらいの金額だった。

ビール:24ランド(約264円)

ちょっと高いけど仕方ない!


そしてビールを飲みながらまったりした後夕食準備。
私たち4人にマラウイで再会&お別れしたイトキンとこうちゃんとまた再会して6人。
買い物班3人、調理班3人に分かれることになった。

私はもちろん買い物班♪

DSC01311.jpg

ゆうくんとJPと買い出し。
って言ってもここ本当になにもない。

DSC01308_20150326170519816.jpg

ここスーパー(*°∀°)=3

ちょっとした野菜、玉子、お米、パンとかは買えるけど。


DSC01314.jpg

DSC01320.jpg

DSC01325.jpg

本当は不便なんだろうけど不便でもいいんだって思えるような環境。
こんなところで過ごせるなんて。

こちらが調理班のともろー&イトキン&こうちゃん作のチャーハン♪

DSC01332.jpg

あ、こうちゃんはサボってなにもしてなかったかw

このあとあまったお米で雑炊まで作ってくれてお腹いっぱいだったよ!


そして私は超痛い思いをして編んだ髪をたったの1日で9割ほどくっていう…

IMG_0977.jpg

絶壁がバレるの嫌だったんだもん。
協力してくれてともろー、イトキン、ゆうくん、ありがとう!!

こうちゃんは写真撮って遊んでただけw


地図2

ケープタウン→ブルームフォンテーン
所要時間:約14時間
運賃:489ランド(約5380円)

ブルームフォンテーンINTERCAPEバスストップ→バスターミナル(タクシー)
所要時間:約10分
運賃:1人15ランド(約165円)

ブルームフォンテーン→マセル
所要時間:約2時間
運賃:100ランド(約1100円)
※満席になるまで出発しない。

マセル(国境)→バスターミナル(タクシー)
所要時間:約20分
運賃:1人8ランド(約88円)

マセル→マレアレアロッジ
所要時間:約3時間
運賃:50ランド(約550円)+荷物置き25ランド(約275円)
※満席になるまで出発しない
※荷物を入れる場所がないから大きな荷物がある場合はシートを買うしかない。
 私たちは4人で2席買って100ランド。4人で割って1人25ランドだった。


明日は大自然の中でポニートレッキングだよ!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。