↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらばマダガスカル、お別れ会はフレンチで。

こんにちは☆
リアルタイムは48ヶ国目タイ!現在地はチェンマイです!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月28日】
アンタナナリボ→ヨハネスブルグ


P2280696.jpg



今日の夜の便でマダガスカルを離れヨハネスブルグへ。
ゆっくり寝たせいかビールをちょっとにしたせいか体調はよくなっていた。

DSC02006.jpg

天気もいいしマーケットへ。

DSC02003.jpg

DSC02004_201504142244022a8.jpg

私は"バオバブ石鹸"が欲しかった。
なんかねー超保湿力があってお肌にいいらしい!

歩き回ったけどマーケットでバオバブ石鹸を見つけることができなかった。
Homeopharma(オメオファルマ)っていう日本で言うドラッグストアにあるらしい。

オメオファルマは女子が好きそうなものいっぱい売ってるからオススメだよ!
オーガニックのお茶とか、基礎化粧品とかシャンプーとか、
石鹸以外にもバオバブオイルとかいろいろ売ってたしそんなに高くなかったよ。

アンタナナリボにも何軒かあるみたい。


そしてお昼ごはんのお時間☆

マダガスカル最後の食事はフレンチにしようとずっと決めていた。
フランスの植民地だったマダガスカルは手頃な価格でフランス料理を味わえると聞いていたからだ。

色々調べた結果宿の近くの"ル・ロッシーニ"というお店に行ってみることにした。

DSC02007.jpg

何度かこのレストランの前を通っていたけど、
店頭にはいつも警備員みたいな人がいるからなかなかのレストランなのかなーって思って。

P2280688.jpg

昼一で行ったから店内にはまだお客さんが全然いなかった。


とりあえず生ビールを注文♡

P2280687.jpg
ビール:5000アリアリ(約235円)

フレンチだろうとなんだろうとビール党はビールを飲む。
このお通しのお肉が超美味しかった☆


マダガスカルはゼブ牛っていう背中に大きなこぶがある牛が有名。
だから私はステーキにしてみたよ。

P2280689.jpg
ゼブ牛のステーキ:20500アリアリ(約960円)

付け合わせやステーキの味付けはいくつかの中から選べた。
私はパスタとベジタブル、味付けはペッパーってのにしてみた。

味は普通。
肉はステーキというか一度たたいて伸ばして重ね合わせてってした感じ。
私の想像するっていうか今まで食べてきたステーキとは別物だった。
"ゼブ牛のステーキ"と言えばマダガスカルではこれなのか、このお店独自なのかは不明。


これはともろーが食べたフォアグラ。

P2280694.jpg
フォアグラ:22000アリアリ(約1030円)

私はフォアグラが苦手だから試食せず。
ともろー曰く美味しかったらしい。

デザートなにがいいの??ってウエイターのおじさんに聞いたらこれがいいって言って出てきたもの。

P2280697.jpg
デザート:11500アリアリ(約540円)

やたらチョコレートだった。
5種類全部ちがうチョコレートだった。


すっごく楽しみにしていたフレンチだったけど、私的にはこんなもんかーって感じだった。
もちろんお店にもよると思うし、とにかく安く食べられることは間違いないからぜひ試してみてっては思うけど。

最後の晩餐じゃないけど、最後の食事をフレンチにしてしまったから他のお店に行けなかったけど、
せっかくだから何軒か行って食べ比べをしてみればよかったなってちょっと思ったよ。


飛行機は19:30発。
ラウンジでまったりしたいからいつもなら早めに空港に行くけど、
アンタナナリボの空港は来た時見た感じ絶対ラウンジなんてないだろうと思ったから2時間前に着けばいいかと思って16:00に宿を出た。


来るときは気合いでタクシーベに乗ったけど、帰りは余裕のタクシーを選択。


荷物、重いしね。


車は思いっきり渋滞した。
だから車の中からアンタナナリボの町をゆっくり見ることができた。

P2280699.jpg

窓を開けて写真を撮っていたらドライバーさんが引ったくられるから気をつけてと言ってくれた。

そんな危険な感じはしないけど、交通渋滞が激しいから車やバイクが密集。
確かにちょっと手を伸ばせば隣の車に手が伸びる距離ぐらいだった。


だから気をつけながら写真を撮った。

P2280703.jpg

マダガスカルはボロッボロのタクシーが超かわいかった。

私は昨年15年間乗った車を廃車にした。
もうさすがにガタがきてるなって車検のタイミングで。

マダガスカルの車を見た時、まだまだ全然乗れる車をなんで廃車にしちゃったんだろうって後悔した。
この車に比べたらたかが15年乗った私の車なんてまだまだ新しくてキレイだったと思った。

贅沢病だ。
日本の車はキレイ過ぎる。
私の車、あと10年は絶対乗れた。


こんな光景も目にした。

P2280705.jpg

洗濯物の干し方が斬新過ぎる。
マネできない。

P2280706.jpg

THBにも非常にお世話になった。
安くて美味しいビールだった♡


移動の過酷さはトップレベルだけど、
それを凌駕するほどの景色がたくさん見れた。

P2280713.jpg

楽しかったなーマダガスカル(*´▽`*)


そんなこんなで渋滞のあまりのひどさに40〜50分って聞いていたけど結局1時間半かかって空港に到着。

DSC02009.jpg

無事出国を済ませて、出発ゲートへ。

予想通りプライオリティパスが使えるラウンジはなかった。
でも小さなお土産屋さんとかファストフードのお店がいくつかあったから、
残っているアリアリを使い切ることにした。

DSC02011.jpg

ビール飲んじゃおっかなー♪


(゜◇゜)



なぜかすべての値段がドル表記。


え?これってアリアリでいくらですかー??


アリアリは使えません。
ドルかユーロは使えます。



は!?なんで!?

ここマダガスカルでしょ!?

なんでその国の通貨が使えないの!!!!!




皆様、ご注意ください。
アンタナナリボの空港で出国ゲートを越えたあとはアリアリが使えません。



しかも!!

ヨハネスブルグの空港でも換金できないんだよ(ToT)



よって、
マダガスカルのアリアリは出国する前に使いきりましょう。



あーあ。またお金残っちゃった。

そして私たちはヨハネスブルグへ。


アフリカ大陸最終日!そして日本へ!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

有料トイレ、中国VSマダガスカル。

こんにちは☆
リアルタイムは48ヶ国目タイ!現在地はチェンマイです!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月27日】
アンバンジャ→アンタナナリボ


※今日はちょっと汚いお話をします。汚いトイレの写真もあります。
 ご自身の判断でご覧下さい。



DSC01994_20150413175300fa1.jpg

寝た気なんて全然しなかった。

6:15、朝ごはん休憩。
とても朝ごはんを食べる気にはなれなかった。


でもトイレは行っておきたい。
どんなに水分を取らずにいても結局回数を減らすことしかできない。


停まったガソリンスタンドでトイレを借りようと思ったら、
トイレはあっちだと言われ別の場所へ。


そこは有料トイレだった。


有料だ(*°∀°)=3


ちょっとほっとした。
お金を取るぐらいのトイレなんだから少しはましに違いない。


そう思った。


その考えが甘かった。
ここはマダガスカルなのだ。


このあとトイレの写真が何度か出てきます。
見たくないという方はここまでにしてくださいね!!




























DSC01996.jpg

突っ込みどころが満載なトイレだった。


ここは横の壁しかない。
だから手前のトイレに入っていると奥に行く人全員に色々なものを見られる。
奥のトイレだと全員のいろいろなものを見てしまう。

もちろん男女別だけど。
そういう問題じゃない。


中国のニーハオトイレを思い出した。


どっちがましかな…


今までマダガスカルでは穴がないトイレに何度かあたった。

これどこにすればいいの??ってやつ。



DSC01996.jpg

これは非常にわかりやすい。
足を乗せるところがあるからね、ここにまたがるんでしょう。


にしても、
足置き場小さっ。子供サイズ〜。
非常に残念、頑張ったんだろうけどもう少し大きい方が安定感があった。


中国のニーハオトイレは穴が開いている。
でも穴がつながってるから人の汚物が目に入るという恐れもある。
そしてニーハオトイレの名の通り仕切りが低いからしゃがんでも隣の人の顔は見えてしまう。


あれはあれで嫌だったなーと懐かしく思い出しつつも、
私はこのトイレの方が嫌だと思った。


究極の選択だけど、てゆーかどちらも選択したくないけど、
私的には中国のニーハオトイレの勝ち。


ホント汚い話だけど、このトイレじゃ"小"しかできないじゃん??
お腹壊してなくてよかったって心から思ったよ。

そして女子はしゃがんでトイレするじゃん。
穴が開いていないトイレは足にお○っこがはねるの!!

汚物を流すようの水が入ったバケツを持たされてるから仕方なくそれでついでに足も流すけど、
その水だってすごくキレイな水ってわけじゃない。

ウエットティッシュで拭いたとしてもやっぱり気持ち悪いよね。


このトイレは100アリアリ、約5円。


まー5円だしねー


ねー(ToT)


100円払ってもいいからキレイなトイレを…そう願う。



14:00、やっとアンタナナリボに到着。
すぐにタクシーへ乗り込み宿へ帰る。


これで同じ宿に3度目の宿泊。
スタッフはみんな超親切でいつも優しく迎えてくれる。
帰ってくるとほっとする宿。


DSC01997.jpg

過酷な移動からの解放を祝って♪


DSC01999.jpg
マダガスカル版焼きそば、ミサウ:5000アリアリ(約235円)


そして私たちはひたすら疲れを癒した。
お互いに体調が優れなかった。


タクシーブルース症候群


勝手に名付けた。
タクシーブルースでの長距離移動はあまりにも過酷で、
その後体調を崩してしまう人のことを言う。



夜はもう軽く屋台で食べてビール少し飲んでさっさと寝よう、
そう言ってなんとか外へ。

IMG_1039.jpg

IMG_1036.jpg
スープシノワーズ:1000アリアリ(約50円)


見よ、タクシーブルース症候群の人の死んだような目を。

IMG_1037.jpg

頼んじゃったけど食欲がないらしい。

IMG_1041.jpg

ゆきんこは子供達に見守られながら完食。


今日はビールはちょっとにしてさっさと就寝!!


明日はマダガスカルを離れる日。
最終日にすることはもう決めてある。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

それはもう衝撃映像だった。

こんにちは☆
リアルタイムは48ヶ国目タイ!現在地はチェンマイです!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月26日】
ノシベ→アンキフィ→アンバンジャ→アンタナナリボ



DSC01985_20150412184801091.jpg


素敵なホテルとお別れの時間が近づく。

DSC01962.jpg

9:00、泣く泣くホテルを後に。

DSC01969_20150412184345fae.jpg

乗り合いタクシーで港へ。

DSC01972_201504121843465e4.jpg

港に着いたらすぐさまゆきんこのコロコロは奪われ客引きが勝手に歩き始める。


もういいやと思ってついて行く。

アンタナナリボからここへ来るときは、
アンタナナリボ→アンバンジャ行き、アンバンジャ→アンキフィ行き、
アンキフィ→ノシベ行きはそれぞれの場所でその時々でチケットを買った。

でもどうやらそれが一気に買える"コンボチケット"なるものがあるらしい。


アンタナナリボ!アンタナナリボ!って言ってたら
バックを持った客引きがうなずいて1人のおじさんのところへ連れて行った。

おじさんにアンタナナリボ?って聞くとそうだと言うからおじさんからチケットを買った。

行きは全部で75000アリアリかかった。
アンバンジャ→アンキフィはタクシーに乗っちゃったからちょっと高かったのかな。


おじさんは最初72000アリアリって言ったけど、70000アリアリ(約3300円)に交渉して購入。

私たちは行きより安いからいっかーってあまり頑張んなかったけど、
すぐ金額下がったから頑張ればもう少し安くなるんだろうなって感覚だった。

9:45、フェリーを待つ。

DSC01974.jpg

10:15、フェリー出発。
これはスピードボート。

DSC01977_20150412184350a27.jpg

行きはスピードボートは20000アリアリ+荷物代とか言われたけど、
このスピードボートは12000アリアリらしく、やっぱりふっかけられていたということが判明。

絶対ぼったくろうとするから、この写真を見せて、

DSC01984.jpg

え?12000アリアリじゃん??

とドヤ顔で言ってくださいね。


行きは大型フェリーに乗ったから2時間かかったけど、
スピードボートはわずか30分でアンキフィに到着した。


ここからがまーウザかった。

DSC01979_2015041218442397a.jpg

ゆきんこのコロコロちゃんはまたも素早く奪われる。
コンボチケットを見せたらノープロブレムノープロブレムって言うから、
この人がアンバンジャまで連れて行ってくれる人かと思ってついて行ったらただの客引きだった。


バックがタクシーにトランクに乗せられる。


アンバンジャまで20000アリアリだ。


は?なんで??
私たちもうお金全部払ってるしこのチケット持ってるじゃん!!


もう!!荷物出してよ!!



じゃあここまで荷物運んだお金くれ


あんたが勝手に持ったんでしょ!?
最初にチケット見せたじゃん!!!!!



無視。


一体誰がアンバンジャまで連れて行ってくれるんだ??


いっぱい人がいてなんだかんだ言ってくるからマジでわかんない。


チケットを見せながらウロウロしていたらこっちだと言うヤツが登場。

ねー、もうお金全部払ってるんだよ??
ノーマネーでOKなんだよね??


OK、わかってるから大丈夫。
みたいな感じだったからそのタクシーに乗り込んだ。


この乗り合いタクシーは普通の乗用車。定員は5人だと思うけど、

この車なんと大人9人乗車!!!!!

乗車率180%!!!!!


これ、計算合ってる??
間違ってたらそっと教えてください。



DSC01981.jpg

前の一番左がドライバー、その横にまあまあ大きめな女性2人、そして細身の男性。
後ろはゆきんこ、ともろー、他男性3名。


く…苦しいヽ( ̄д ̄;)ノ


このタクシー詰込み至上最多だった。


11:45、アンバンジャ到着。

DSC01982.jpg

さっきOKって言ってた男が、追加料金の話をしてきた。
アンキフィからここまでのタクシー代をくれって。

だーかーらー!!
もう全部支払ったし私たちは知らないって!!



無視。


バスは14:00発だと言われた。
見た感じこの小屋しかないからとりあえず涼しくて2時間ぐらい時間をつぶせそうな場所を探すことに。

DSC01983_20150412184427e93.jpg

でも、この町マジでなんにもない。
冷房が効いていそうなシャレた場所なんてない。


諦めてハエたっぷりの暑い暑い小屋で待つことにした。
暑くて座っているだけで体力が奪われる。


でも私はもうすでに水分調整に入っている。
この町はおそらくキレイなトイレなんてないだろう。
うかつに水を飲むことはできない。

DSC01989.jpg

出発前にお昼ごはんでも食べておこうかって行ったレストランは、
私がよくここに入れたなってぐらい、
このテーブル、イスにとまっていたハエの数はマジでハンパなかった。

DSC01986_20150412184803136.jpg

ひとつのテーブルに100匹以上はいた。
近づくと一気に飛び散った。

これ、全然大げさじゃない。

口を開けて息を吸ったらハエが数匹入ってくるんじゃないかって数。


でも一見キレイそうでちゃんとしたレストランっぽくて、
だからトイレもお借りできるレベルなんじゃないかなと思って、
だからここを選んだんだけどね。


先にトイレに行ったともろーが、ここ結構やばいかもよと言った。

私的にやばいトイレなら今までいくらでもあった。
でもともろー基準でやばいっていうと相当だ。

ともろーがここのトイレはまあ普通だったよーってトイレに、

は!?どこが普通!?信じらんない!!


って何度言ってきたことか。

そんなともろーがやばいと言うんだ。
よっぽどやばいんだろう。


でも行くしかない。
この後バスに乗るけど、この先期待できるトイレなんてないのだ。


…。


…。



こういうの、慣れる日が来るんだろうか。
私は一生来ないと思う。


トイレのおぞましい記憶、そしてハエと闘いながら食べたスープシノワーズは、
なんとも言えない味だった。

DSC01987.jpg
スープシノワーズ:2000アリアリ(約94円)


そして激暑ハエ小屋でバスの出発を待つ。


14:00、出発時間になっても音沙汰なし。


15:00、未だ音沙汰なし。


遅いね。

ね。


一緒のバスだと思っていた人達が次々と別のバスに乗って去って行った。
私たちだけ取り残される。


だんだんと不安になってきた。


バス本当に出るの??
カウンターにあるノートを覗き込んだけどどこになにが書いてあるかわかんない。

シートの紙があればわかるのに…。


もしバスが出発しなくてこの町に一泊とかなったらマジで悲劇。
私が泊まれるような宿はなさそうなんだもん!!


ねえ、私たちのバスまだ??


18:00発だ。


え??(((( ;°Д°))))
なんですと!?



14:00発が結局18:00発になってしまった。
私たちは12:00から待っている。


精神的にも肉体的にも疲れた。



その後謎が解ける。


私たちは別のバス会社に売られたのだ。

DSC01990_20150412184806331.jpg

私たちの乗るはずだったバスは人数が集まらなくて出発しなくなったっぽい。

そっちのバス会社に移動するとアンタナナリボ行きのバスを待っている乗客が何人かいた。
少し安心した。

それでも不安そうにしているのがわかったのか、
ここの人はいっぱい話しかけてくれて冗談を言って笑わせてくれたり、
すごく親切にしてくれた。

IMG_1038.jpg

マジで疲れていたけど気がまぎれた。


18:15、バスがやって来た。
ここが始発じゃないらしく、バスにはすでに多くの人が乗っていた。

DSC01991_20150412184858d2e.jpg

私たちのシートは後部座席の前から2列目、ドアの横だと言われた。


(((( ;°Д°))))


そこは絶対に絶対に座っちゃいけない席!!!!!



乗客が乗り降りする度に一緒に降りなきゃいけない、
そして全員が乗り込むまで席に座れないという1番のハズレ席!!!!!


ムルンダバからアンタナナリボに帰る時に座って2度とこの席には座らない、
そう誓った最悪の席!!!!!


だから私たちはコンボチケットを買った時ちゃんとシートを指定した。

DSC02001.jpg

ドライバーの真後ろ、3番と4番の席。

叶わなかった…
私たちは別の会社に売られたのだ。
空いている席に座るしかないのだ。


ここから地獄の移動が始まる。


荷物の積み込みを待っている間も外にいる乗客がいるから私たちはずっと外で待つしかなかった。


パンツをはいていない子供が車の真横で立ったままおしっこを垂れ流しにしている。
横にいるお母さんはなんでもない顔をしている。
お母さんはそのままその子を車の中に乗せた。

信じられなかった。
このシートはそういうシートだ。


荷物の積み込みに結構時間がかかって結局出発したのは19:00だった。
ここのバス会社の人が笑顔で見送ってくれたのが嬉しかった。


21:30、小さな町で夜ごはん休憩があった。

DSC01992.jpg
豚肉の煮込んだものと大量のごはん:3000アリアリ(約140円)


ごはんを食べ終わったらそこのおじさんがトイレは?と聞いてくれた。
ありがたい。わざわざ勧めてくれるなんて。


おじさんについて行く。
わざわざ勧めてくれたからちゃんとしたトイレがあるのだろうと思ったけど、
明かりもなく木の囲いの中に穴が掘ってあるだけのトイレだった。怖かった。


そして車に戻るとともろーのシートがなくなっていた。

DSC01993.jpg


誰だ?ともろーをいじめてるのは!!
返せー(`へ´*)ノ



犯人は前の席のおばさんで、ともろーのシートを足乗せにしていた。
取り返した。



ここまでもなかなか驚きの連続だったけど、
このあと私たちは信じられない光景を目にする。


夕食休憩後しばらく走ったところでトイレ休憩があった。


もちろんそこにトイレなんてない。
真っ暗闇の何もない道の途中だ。


男性陣たちはその辺で立ちションをしている。
いつもの光景。

じゃあ女性陣は…??


車の真横でおしっこしてるーーー!!!!!


ハザードの明かりでおしりが丸見え(((( ;°Д°))))


こういう時女性はしげみの中に入っていって用を足してくる。
今まではそうだった。


でもそこにはおしり、

おしり、おしり、おしり!!!!!


みんななんの躊躇もなく車の横でおしりを出している。
1人や2人じゃない。何人も横並びでおしりを出している。

もちろんその後ろを用を足し終えた男性陣が通りなんでもない風に車に乗り込んでいく。


信じられない…
私からするとそれはもう衝撃映像だった。


途中何度か人の乗り降りがあった。
その度起こされ降ろされた。

途中だれかがトイレと言えば車は停まった。
その度起こされ降ろされた。


過酷過ぎる移動は続く…


ノシベ→アンキフィ(スピードボート)
所要時間:約30分

アンキフィ→アンバンジャ(乗り合いタクシー)
所要時間:約45分

アンバンジャ→アンタナナリボ
所要時間:約19時間

運賃は全部込み込みのコンボチケットをノシベの港で購入。
70000アリアリ(約3300円)


結論から言うと私はコンボチケットの購入はオススメしません。

まとめて買ったからって別に安いってわけでもないし、
チケットを持ってるから客引きとその都度交渉しなくてもいいなんてこともないし、
持っててもいろんな人がいろんなことを言ってくる。
でもチケットを売ってすべてのお金を持っているその人はノシベにいるわけで、
チケットの効力が心配でしょうがなかった。

そしてタクシーブルース。
コンボチケットを買っちゃうともう出発前からどのバスに乗るか勝手に決まっちゃう。
でも本当はちゃんと人が集まっていて出発が確実なバス、
かつシートもチェックして決めるべき。

私たちのように買ったバスが出発しなくて別のバス会社へってなったら、
待ち時間が増えてシートもハズレ席、そんなことになっちゃうから。

アンバンジャに着いてからいくつかのバス会社を回ってアンタナナリボ行きのチケットを購入した方がいいと思う。


明日はアンタナナリボへ!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

絶対にこうなると思ってたぁぁぁぁぁ

こんにちは☆
リアルタイムは48ヶ国目タイ!現在地はチェンマイです!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月25日】
ノシベ


DSC01949.jpg


マダガスカルも残りわずか。
明日はアンタナナリボに戻らなければいけない。

だから今日はフェリー乗り場のある島の南東部に戻る予定だ。


予定だ。


そう、あくまで予定だ。



DSC01932.jpg

今日はいい天気ー♪


昨日がこんな天気だったらもっともっとキレイな海だったのかな。


DSC01934.jpg


白人のいかにもセレブそうなマダム達と横並びでビーチベッドに横たわる。

DSC01930_20150411112938e23.jpg


セレブごっこー♪


なんかさー前から気になってたことなんだけど。

その辺歩いてて声かけてくる人、
私のこと"マダム"って呼ぶんだよね。


すごい嫌なんだけど( ̄^ ̄)


"マダム"ってどういう意味って思う??

私はねー貴婦人ってイメージ。
お金持ちのおばさま、そんな感じ。

私はどう見たってお金持ちには見えない。
だから私がマダムって言われるのはきっと年齢的なことだろうと思って。


確かに、


私は少女ではないし、お嬢ちゃんって歳でもないし、


でもマダムって呼ばれたくない!!!!!


わかる?
同世代の女性なら絶対わかってくれるはず!!
ねっ!?


で、マダムって調べたわけよ、なんせ嫌だからね。

Wikipediaより。
フランス語で、既婚女性(あるいは地位の高い女性や年長の女性、あるいは女性全般)に対する敬称または呼びかけである。口語では、冠詞を伴い「婦人」の意味にも使われる (la madame)[1]。
男性へのムッシュ (Monsieur, M.)、未婚女性へのマドモワゼル (mademoiselle, Mlle.) に相当する語である。
英語のミセス (Mrs.) に当たるが、女性の未既婚を区別しない場合にも使われ、すなわちミズ (Ms.) に当たる語でもある。


むむ…

当てはまる。

私既婚者じゃないけど、女性だし。


でも嫌だなー




海は海で良かったんだけどね、そーんなにキレイじゃなくて。
結構海藻がぷかぷかしてたから。


やっぱりプールじゃない??

DSC01938.jpg

DSC01944.jpg

なんて。

DSC01948.jpg

おっさんチェックアウトする気なし。



ここは2泊にしよう、絶対に。


そう言ったのは私だ。


贅沢は2日で十分、自分自身にそう言い聞かせて、
1泊約7000円のところに3泊はやり過ぎだぞ、ゆきんこってね。


DSC01942.jpg

me too(*°∀°)=3



ここ、もう1泊しても良くない!?


そう言い出したのも私だ。


前の宿も良かった。
だから戻っても良かった。

でもここの方がもっともっと良かった。


ここもある意味パラダイスなんだもーん♪


来たら来たで絶対出たくなくなるんだろうなって思ってはいたけど、
予想通り出たくなさ過ぎ!!


ま、それはそれで(*°∀°)=3



で、私たちは本当にのんびりした時間を過ごした。


DSC01939_20150411113016abb.jpg


時々泳いだり、時々ぼーっとしたり、


こういう時間の使い方、流れ方って言うのかな。
なーんにもしないって時間って本当に贅沢な時間。


もしかしたらそれを贅沢だと思うのは日本人だからかもしれないけど。


欧米人とかはすごくゆったり時間を使うイメージ。
欧米人だけじゃないか、日本人がきっと忙し過ぎるんだね。


でも私は忙しいのが好きだ。


小学校の頃私の通知表にはいつも落ち着きがないと書かれていた。

親は私をどこかに行ったら全然帰って来ない鉄砲玉と言った。


前の会社の募集要項に"忙しいのが好きな人"そう書いてあって迷わず応募した。

最強に忙しかったけど最高の職場だった。


私は多分劇的に変わることはもうないだろうから、
きっと一生忙しい人生を好むと思う。

だから旅もサクサク回る感じなのかもしれない。


お金が超あってもずーっとこんなパラダイスにはいられない。
息が詰まるんだろうと思う。
みんなそうかー。


ご褒美にこういうところに泊まる、なにもせずにただただぼーっとする、
そのぐらいがいい。

私にはそれが合ってる。
ずっとぼーっとしていられない。


なんの話だ?


酔っぱらってんのか?笑



とにかく今は長ーい長ーい自分へのご褒美期間。


与えられたらこの時間を尊く感じなかっただろう。


目的もなく、なにがあるってわけでもない道を歩くだけでも楽しい。

DSC01955_20150411113146c7d.jpg

DSC01954.jpg

汗だくで入ったお店でビールがアイスペールに入れられただけでテンションが上がる♡

DSC01956_2015041111322640f.jpg


あーあ。
明日はノシベを離れてアンタナナリボ。

過酷な移動が待っているに違いない…
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

楽園ここにあり。

こんにちは☆
リアルタイムは48ヶ国目タイ!現在地はバンコクです!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月24日】
ノシベ→ノシ・イランジャ→ノシベ


P2240605.jpg


海を見ながらの素敵な朝食♡

DSC01825.jpg

ヨハネスブルグの四つ星ホテルとは違って、
オムレツを焼いてくれる人はシェフではなかったけど、いいもん!

8:00にホテルのビーチにお迎えが来るという約束だった。
ギオンは見られたらマズいから現地で会おうということになっていた。

私の聞き間違えかすれ違いかわかんないけど結局お迎えの人とは会えず、
ボートが出る場所まで歩いて行った。

DSC01828_201504101141582c3.jpg

そこでギオンと会えたから良かった。

結局ボートが出たのは9:00だった。

DSC01829.jpg


小さなボートは波で飛んだり跳ねたり(*°∀°)=3
体がぶっ飛びそうで力が入る。

DSC01838.jpg

この状態で1時間以上(((( ;°Д°))))

振り落とされるんじゃないかと心配だった。

ノシ・イランジャはこんなところにある。
ノシベから50〜60kmぐらいあるかな??

IMG_1225.png

これ船酔いする人だったらキツいかも。
でも耐える価値はあるからね!!


島が見えて来た。

DSC01844.jpg


海の色が変わった。

DSC01850.jpg



やばい…
なにここ…



ボートから降りた瞬間あまりのキレイさに目を奪われた。


P2240601.jpg

P2240602.jpg


キレイ…


なんてチープな言葉でしか表現できないんだろう。


ノシ・イランジャは2つの島からできている。

1つはこの島に住む人々の居住区、
もうひとつは島丸ごとホテルの敷地というなんとも贅沢な場所。
Nosy Iranja Lodgeというオールインルーシブ(宿泊費に食事や飲み物がすべて含まれる)ホテルがある。

この2つの島は干潮時に白い砂でできた道でつながる。


こんな風に。


P2240656.jpg


素敵過ぎる(´∀`)


この奥がホテルだよ!

P2240612_20150410114432491.jpg

ギオンがこれから潮がどんどん引いていくから泳ぐなら先に泳いだ方がいいよって言うから荷物を置いて早速♪


P2240626.jpg

干潮万歳ヽ(´ー`)ノ
泳げない私にとっては好都合!!

DSC01873.jpg

気持ちいーい!!!!!
もうサイコー!!!!!



DSC01882_201504101143057f5.jpg

おじさんも楽しそうだった笑


海で遊んだ後はランチ☆

P2240669.jpg


ワクワクするような串焼きや、

P2240638.jpg

怖い顔した大きな魚、

P2240639.jpg

それにカニやポテトサラダ、ライス、フランスパンなどなど、
ボリューム満点のランチだった。


食後はギオンが島を案内してくれた。

P2240642.jpg

この島の人の生活、

そこに生えている植物の話、

建てられている住居はどの木を使って建てられたとか、

P2240634.jpg

いろんな話をしてくれた。
全部はわからないけど、なんとなくは理解した。

DSC01898.jpg

そして島の小学校兼中学校にも連れて行ってもらった。

P2240650.jpg

この黒板にはマダガスカル語と英語が書かれているらしい。

DSC01895_20150410114342c4e.jpg

この島の子達は小学校に通い始めるのが遅いんだって。
普通の場所では多分日本と同じぐらいの歳から学校へ行くけど、
ここは9歳だったけな?とにかく遅いらしい。

そしてここを卒業するとそれ以上学ぶ場所がないからみんなノシベに行くらしい。


ここは素晴らしい場所だけど、教育や医療とかはやっぱり本土というか、
少し離れすぎていて難しいこともあるのかなと思った。


これはねートイレ。

DSC01884_20150410114308dec.jpg

アンタナナリボからアンバンジャへ向かう途中のレストランでお姉さんに私が借りた囲いがあるだけのトイレがここにもあったから紹介しておこう。

DSC01885.jpg

中はこんな感じで一体どこで用を足せばいいのかわからない。
このバケツには水が入っている。自分で流す。

ここではこれがトイレ。
立派なトイレなのだ。

ここでは大好きなビールは飲めなかった。
強くなれ、自分。


楽しい楽しい時間は過ぎ、ついに帰る時間がやってきた。


また1時間半とかボートに揺られるのか…と思って行ってみると、
干潮でボートが完全に動けない状態に。

DSC01913.jpg

これ、毎度のことでしょ??
なんとかならんの??



と思ったけど、


DSC01915_20150410114346cae.jpg


みんなでなんとかする!!


ウケる(*°∀°)=3



帰りはボートの上から大きなカメが見れた。
一同大興奮だった。


ノシ・イランジャはパラダイスだった。

"楽園"ってこういうところのことを言うんだと思った。

今までキレイだと思った海はいっぱいある。

どこもキレイで順位なんてつけられないって思ってきたけど、
ここは今まで見てきた海の中で1番美しかった。


広い海の中にぽつんとある島、
透き通る海、真っ白い砂、その何もかもがキレイだった。


遠いと諦めないで本当に良かった。



P2240648.jpg

P2240617.jpg

私…黒さに磨きがかかり過ぎてる…
目指せ美白( ̄~ ̄)

明日は四つ星ホテルを出る予定だったはずだけど…
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。