↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11か国目!モンゴル入国!

こんにちは☆
リアルタイムは4泊5日のモスクワ行きの列車の中!なハズ!
きっと退屈過ぎて腐ってまーす☆

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月22〜23日】

マギーと一緒に朝9時に泊めてもらった家を出発。
マギーの大きなスーツケースを置いておいた昨日の宿にタクシーで向かう。

ここでマギーは私に待っているように言い、ジープを探しに行ってくれた。

30分ぐらいして戻ってきて宿の人となにやら話し込む。
その場にいる人も加わってワーワー話してたけど、私にはさっぱり。
きっとジープが見つからないからどうするって相談だなーと思っておとなしく待つ。

結局そこにいた人が国境の手前まで送ってくれることに。
そこでジープを探すと言う。
1人10元(約170円)

マギーは大きなスーツケースを2つ宿に置きっぱなしだ。
この荷物はジャミンウードで甥っ子と待ち合わせをしていて、
その甥っ子にモンゴルまで持ち帰ってもらう荷物だと言っていた。

荷物どうするの!?って聞いたら、
「私の荷物は後で持ってきてもらうから大丈夫。
今は早くジープを探してジャミンウードに行って、あなたのウランバートル行きのチケットを買うのが先」
って言ってくれた。

マギーの大きなスーツケース2つ、
私の太っちょコロコロバックの3つはきっとジープに乗せられないからって。

やばい。いい人過ぎて涙出そう(>_<)

10分ぐらいで国境手前へ到着。

DSC04589.jpg

すぐに何人ものドライバーが声をかけてくる。
なぜかマギーは交渉もせず首を横に振る。

なんで?って聞いたら、モンゴリアンのドライバーのジープに乗らなかったら、
後々なんで中国人ドライバーと交渉したんだって文句言われたり問題になるからって言ってた。

おそらくジープは1台だけど、中国側も走るしモンゴル側も走るから、
その取り分ってどうなんだ?ってもめたりするんだと思った。

風が強く砂が吹き荒れる中待つこと数十分。
モンゴリアンドライバー登場!群がる人々!

私の太っちょコロコロも無理矢理押し込んで乗車できたと思ったら、
ワゴンのドアを開けて中国人ドライバーがマギーになんか言ってる。
てゆーか怒ってる。マギーも怒ってる。口論になってるー!
しばらく口論が続いたあとマギーがそいつにお金を払って解決した。

後から聞いたら自分たちの取り分よこせ的な感じで車を降りろとか言ってきたんだって。
結局中国人ドライバーは一切何もしていないのに1人20元(約340円)持って行った。
モンゴリアンドライバーには30元(約510円)払った。
国境越えのジープは50元ぐらいって聞いてたから別にいいけど、
全額モンゴリアンドライバーにあげたかった。

出国の前に小さな窓口で5元(約85円)支払う。
その領収書がないとダメって言うからこれ多分出国税。

そして中国出国!

DSC04592.jpg

私の増補したパスポートをかなりの勢いで怪しんでいたけど、
中国語話せるか?って聞かれてノーって言ったら大丈夫だった。

続いてモンゴル入国!

DSC04594.jpg

初めて入国審査の用紙を記入しなくてOKだった。
普通どの国でも記入するよね??
不安になってマギーに聞いたら問題ないって言ってたけど。
私は出国の時に何か問題が起きるんじゃないかってハラハラしてるけど。

車が来るまで少し待ち時間があって、
そこにいた英語が少し話せるモンゴル人のおじさんが話しかけてきた。
マギーと3人で小話。

そしたらおっさんが「いくつ?」って聞いてきた。

私は普段年齢を言うことに抵抗はない。
でも今日はどうしても言いたくなかった。

マギーは若くはないけど私よりもどう考えても年下だと思う。
なのに私は35歳にもなって何も出来なくてお世話になってばかり。
恥ずかしいからマギーには絶対言いたくないって思って、私もマギーにいくつ?って聞かなかったし、
マギーも別に聞いてこないから良かったーって思ってたのに、

おっさんいらんこと聞きやがって(`へ´*)ノ

バカバカ!


結局マギーに歳バレ(ーー;)
マギーは32歳なんだって。よかった20代じゃなくて。

DSC04595.jpg

そしてついにジャミンウード駅に到着!
なーんにもなさそうな小さな町。
すぐに換金。そしてチケット売り場へ直行。

DSC04605.jpg

チケットはこの建物の2階で買う。
この右側がすぐ線路になっている。ホームなし。斬新。

すべてマギーがいるからスムーズだけど、一人だったらチケットを買う建物がどこなのかすらわかんないし、
チケットも1等とか2等とかどうしていいかわかんないし、
でもチケットもマギーが買ってくれたからあっさりゲットできた。

モンゴル語は記号にしか見えず、
マギーがいなかったらチケットもどれが車両でどれがシート番号なのかすらわかんなかった。

中国は漢字でなんとなく判断できることもあったけど、
モンゴルは結構キツいなと思った。大丈夫か?

そしてマギーの荷物を受け取りにウランバートルから列車でやってきた甥っ子と3人でお昼ごはん。
駅近の店に入る。

DSC04600.jpg

これメニュー↓
DSC04596.jpg

全然わからんヽ( ̄д ̄;)ノ

マギーに訳してもらって頼んだのがコチラ↓
DSC04597.jpg
これは「ゴリヤシ」というモンゴル料理。
モンゴルは羊肉が多いって言うから警戒して聞いたけど牛肉っていうからこれにした。
ビーフシチューのような牛肉の煮込み料理だよ。
ごはん&見えづらいけどサラダも付いて5500tgr(トゥグルク):約320円。
モンゴルの通過トゥグルクって言うんだよー。噛みそうだよね。
しかも1トゥグルク=0.056円っていうまたわかりづらい国。
チリと同じ感じで全然馴染める気がしない(ーー;)

DSC04598.jpg

コレはマギーが頼んだ「ボーズ」っていう料理。
巨大肉餃子って感じ。モンゴルではすごくメジャーな料理らしい。
1つ食べたけどボリューム感ハンパない。

ごはんを食べた後、マギーはバスで北京へ帰るからもう行かなきゃと言った。
英語の話せない甥っ子に私をちゃんと列車に乗せるよう頼んでくれたっぽい。

本当に何から何までお世話になって、なんてお礼を言ったらいいかわかんない。
ありがとうマギー!!この恩は一生忘れないからね!!

DSC04608.jpg

列車の時間は17:35。それまであと4時間もある。
ここからは英語の話せない甥っ子くんとひたすら待つ。

DSC04606.jpg

名前を聞いたけど発音が難し過ぎて呼べない。
モンゴル語の指さし会話帳もない。話せない。
でもずっと隣で一緒に待ってくれた。マギーの甥っ子だから親切に違いない。

2014年5月22日時点の時刻表↓
DSC04607.jpg

1番下がジャミンウード〜ウランバートルの列車。
毎日17:35ってなってる!!

危なかった!!
昨日来てても結局乗れなかった!!

列車が来たら車両を教えてくれてお別れ。
ありがとう、トゥグルドゥル!!←私的に解釈した名前

DSC04615.jpg

なんとも斬新なホーム。

列車は北京〜エレンホトと同じ感じ。

DSC04617.jpg

私はまた左上でこんな状態。

DSC04622.jpg

この写真なんかウケない??私超ウケるんだけど!!

中国と違ったのは
・完全禁煙(中国の列車は車両と車両の間で普通に吸えた)
・ティーパックのお茶とか紅茶を勝手に配ってくる(飲めば有料)
・トイレが男女別。嬉しい。

DSC04631.jpg
キレイとは言えないけど中国で経験したトイレと比べるとキレイって言っちゃうもんね。

下の段にはモンゴル人親子(2人とも超感じ悪い)が乗った。
お母さん超太ってるから暑くて窓を開けたがるけど、開けれる窓は上の方にあるから私は寒くて困った。
寝る前閉めたけど閉め方がイマイチわかんなくて夜中何度も開いた。

約15時間後、9:00にウランバートル駅に到着。

DSC04632.jpg

プチ潔癖を発揮して毛布を使うことが出来ず自分のブランケット1枚で寝て、
夜中何度も窓が開いたりして、私は完全に風邪をひいていた。

寒い、ダルい、喉痛い。

宿まで歩こうと思ってたけど、
英語で話しかけてきた宿の勧誘の女の人に聞いたら結構遠いからタクシーに乗った方がいいって言われた。

同じく英語で話しかけてきた怪しげなドライバーは宿まで10ドルって言ってきた。

ばか。高過ぎ。
断ったら5ドルって言ってきた。
ほら、いきなり下がる。

宿勧誘のお姉さんが5ドルは適正よって言うから乗ろうと思ってついて行ったけど、
5ドル=10000tgrも高いなと思って5000tgrにしてくれたら乗るって言ったらあっさりOKしたから逆に不安になった。

DSC04635.jpg

タクシー強盗だったらどうしようって着くまでハラハラした。
おバカな私はモンゴルの地図のダウンロードを忘れていたのだ。
現在地がわかんないから本当に不安だった。

でもちゃんと宿まで連れて行ってくれた。
ツラっと10000tgrって言ってきたけど。
5000tgrって言ったじゃんって言ったら5ドルって言ったんだとかいいやがって。
私はもう宿の中にいたから危害を加えられることはないし、
ウソをつくなって言って5000tgr(約290円)だけ払って帰ってもらった。

チェックインを済ませて宿のまわりを少しウロウロしたけど、
どうにも体調が優れないからビールを2本だけ飲んで寝た。
てゆーかウロウロはビール探し(^_^;)2日飲んでなかったからー。

DSC04647.jpg

ビールはどちらも1200tgr(約70円)!!
アルコール度数はだいたい5%ぐらいで中国で飲んでたビールよりしっかりしてて美味しい♡
それに安くてホント助かる(´▽`)ノ♪

明日はゲルツアーとかモスクワ行きの列車調べたりいろいろしなきゃー。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

国境越えならず。超絶親切なモンゴル人に拾われる。

こんにちは☆
リアルタイムは4泊5日のモスクワ行きの列車の中!なハズ!
きっと退屈過ぎて腐ってまーす☆

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月21日】

今日はいよいよモンゴルを目指して出発!
うまくいけば今日中に国境を越えて明日の昼までにはモンゴルの首都ウランバートルに到着しているハズ♪

中国の北京からモンゴルのウランバートルまでの行き方はこんな感じ。

北京から中国側の国境の町、二連特浩(エレンホト)まで行く。

ここから乗り合いジープで国境越え。
モンゴル側の国境の町、ジャミンウードまで行く。

ジャミンウードからウランバートル行きの夜行列車に乗る。


ざっくり言うとこんな感じ。

このルートでモンゴルに行った友達、まーしゃから教えてもらったよ。
友達はエレンホトまではバスで行ったらしいけど、私は中国の列車に乗ってみたかったから列車にした。
金額も時間もそれほど変わらないと思うよ。

北京→エレンホトは列車で12〜13時間。
朝8:05発の列車だからエレンホトには夜到着する。

心配だったのは2つ。

・エレンホトからうまく乗り合いジープに乗れるかということ。
・ジャミンウードからの夜行列車が満席でチケットが買えなかったらどうしようということ。

ま、ジープは誰かと乗り合えなくてもお金を払えば解決だからいいか。
列車は満席なら乗れない人私一人ってことはないだろうから
誰かにこっそりついて行って駅近のホステルでも泊まるしかないか。

なーんて思ってた。
こんな楽観的な考えでこのあとピンチに見舞われるとも知らずに。

ちなみに北京からウランバートルまで「国際列車」が走っていて、
それに乗ると多分同じ列車でスムーズにウランバートルに行ける。
列車を下車する必要もないんじゃないかな、きっと。

ただこれは高い!!

北京⇒エレンホト⇒(国境越え)⇒ジャミンウード⇒ウランバートルって行った方が断然安い。
これもざっくりだけど多分4分の1〜5分の1ぐらいじゃないかな?
かかった費用は後からまとめて書くね。


列車は8:05発だけど、7:00には駅に到着するように早朝宿をチェックアウト。
乗り遅れはシャレになんないからね!私本当に時間ないから!

DSC04550.jpg

EXITって思いっきり書いてあるからスタスタ入って行ったらここじゃなかったヽ( ̄д ̄;)ノ

ゆきんこナイスファイト。

ちょっとわかりづらくて、外にズラリと並ぶチケット売り場の奥にある。
エレンホト行きのチケットを購入する場所とは違う。
みんなチケットを買ってそのままその奥へ進むって感じなんだね。
私はテキトーな窓口で昨日買ったチケットとパスポートを見せて入口へ。

DSC04552.jpg

まずは機械に荷物を通す。
私は横へ呼ばれる。何かがダメらしい。

絶対スプレーだと思ったけど、何言われているかわかんないふりをした。

地下鉄でも何度か言われたことあるけど、
わけわかんない顔してたら向こうが諦めてもう行けって言ってくる。

だって困る!!
私の大事な大事な押すだけノーマットと虫除けスプレーを奪われるわけにはいかない!!


ここはわけわかんないふりは通用しなかった。
他のスプレー缶を持ってきてこれが中にあるだろう?バックを開けろと言われる。

仕方なく虫除けスプレーを出す。
押すだけノーマットはなんとかスルーできるように出さなかった。

持ち込みできないから没収ってきっと言ってる。

私はスプレーを腕にかけてただの虫除けスプレーなんだよ!アピール。
ついでに虫さされの痕も見せて必死のアピール。

食い下がる私に検査の人も可哀想に思ったのかまわりを見回して
「すぐしまいなさい。そして絶対出しちゃダメだよ」って言ってくれた。はず。

私にとっては超重要なアイテムだからホント良かったー。

DSC04553.jpg

やっと中に入る。
やっぱり早めに到着しておいてよかった。
何があるかわかんないもんね、本当に。

DSC04558.jpg

DSC04563.jpg

「二連(ERLIAN)」って書いてあるから間違いない!

各車両1人ずつ駅員さんがいてチケットのチェックをしていた。

DSC04568.jpg

中に乗り込む。
通路には景色を眺める用の補助席みたいのがある。

DSC04567.jpg

DSC04571.jpg

ちょっと逆光でわかりづらいけど、左上が私のスペース。
片側2段、4つのベッドで1セットになっている。
下の段の人のベッドの下に大きな荷物が収納できるようになっていたから良かった。

DSC04570.jpg

上り下りする時に下の人にちょっと気を遣うけど、
上でも普通に座ることが出来るしなかなか快適だった☆
下の人が起きている時は普通に下のシートにも座らせてもらってたし、
下のシートはある意味みんなの席的な扱いをされていたから、
もしかしたら上の方が完全自分のスペースって感じでいいのかも。

まずは同じスペースの人に「ニーハオ」とご挨拶。
優しそうなおばさん、優しそうなお兄さん、ちょっとキツそうな女の人。みんな中国人だった。
わずかな希望を胸に英語はなせる?って聞いたけどし〜ん。

私はこの後不安な国境越えを一緒にする仲間を見つけておきたい。
他の車両とかも回ろうかなーとか思いながら、
モンゴルの国境の町「ジャミンウード」を中国語で書いてもらったメモを見ていたら
なんとお兄さんもジャミンウード⇒ウランバートルまで行くって!

ナイス(*´▽`*)
言葉は通じないけど優しそうなお兄ちゃんって感じだし、この人についていけば大丈夫!

安心しきって私はこの列車の中で寝まくった。
景気そんなに変わんないしね。

DSC04575.jpg

到着2時間ぐらい前に、ふとこんなにのんきにしてていいのか?と不安になってきた。
別にお兄ちゃんと一緒に行く約束したわけじゃないし、
お兄ちゃんすでにウランバートル行きのチケット持ってるかもしれないし、
そう言えば今日このまま行くとは限らないし。

…。

私大丈夫か??



急いで中国語の指さし会話帳を見ながら「ウランバートル行きのチケット持ってる?」って紙に書いて見せる。

「持ってない」

よし!

「どこで買う?」

「エレンホト」

「今日?」

「今日じゃない」

(((( ;°Д°))))

ノーーーーーーーーー!!!!!
やっぱり!!!!!!


突如テンパる私に中国人3人で
「この人どーする!?」っていう緊急会議が始まった。

会議後私の下の段のちょっとキツそうな女の人が英語で話しかけてきた。

(゜◇゜)

ってゆーか英語話せるんかーい!!
お願いだから早く言ってそういう大事なこと!!


英語話せますか?って聞いたときこの人いなかったのかも。

ウランバートルまで行きたいって言ったら
この列車の中でチケットを買えるから今すぐ買った方がいいって言われた。
そりゃそうだ。到着まで2時間をきっている。

親切なことにチケットが買える車両まで付いてきてくれて訳してくれた。

500元でチケットが買えること。
乗り換えの必要はないけどすぐにここに荷物を持ってくること。

と言われた。

500元!?高い。
ジャミンウードからウランバートルまではそんなにかからないはず。

これはきっと国際列車ってことだなと思った。
それにしては安いけど。

この人はこれに乗って行った方がいいって言う。
毎日運行していないからこれに乗らなければ
多分次の列車が土曜日だから数日エレンホトで待つことになると。
今日は水曜日だ。それはマズイ。

確かに500元(約8500円)で楽チンウランバートルなら悪くないかもって思った。
ジャミンウード→ウランバートルは150元もしないだろうけど、今不安過ぎるし。


でも無理。
私は知っていた。


私の財布には400元しか入っていないことをヽ(;▽;)ノ


列車のお金&ジープで400元もあれば余裕だろうと思ってた。
実際余裕なんだけど。
突発的な何かには対応できない( ꒪Д꒪)ノ

私はその女性に、
国際列車ではなくエレンホトからジープでジャミンウードまで行って、
ジャミンウードからウランバートル行きの列車に乗ることにすると伝える。

その女性は明日の午前中にジャミンウードまで行くから、明日なら一緒に行けるよって言ってくれた。
自分は友達がやっているシャワーもないようなボロ宿に泊まるから、
あなたはどこかホステルを探してエレンホトに泊まった方がいい。
到着も夜だし、治安も良くないし、今日は列車に乗れないよ、きっと。って。

それでも先を急ぎたい私は、とりあえずチャレンジしてみると伝えた。

きっと駅に着いたら「ジャミンウード!ジャミンウード!」って騒いでるジープのおっちゃんが何人かいるだろうと思って。
しかも他の乗客でジャミンウードまで行きたい人いるでしょ、きっと。

そんな感じで駅に到着。

DSC04579.jpg

出口を出てびっくり。
シラ〜とした何もないところででタクシーが4〜5台停まっているだけ!!

絶対やばいこの感じヽ( ̄д ̄;)ノ

ジープなんて1台もないじゃん!!
まーしゃの嘘つき!!←北京〜ウランバートルの行き方を教えてくれた友。

後から考えたけど、まーしゃはバスでエレンホトまで行っていた。
バスだと国境に到着するのかもって思った。

私エレンホトの列車の駅から国境までの距離とか行き方とかまったく調べてなかった(ーー;)
最悪。

さっきの女性が「あなたどうするの!?」って聞いてくれる。
「私国境まで行ってジープに乗りたい」って言う。
「きっと無理。ここは本当に治安も悪いし、今日はどこかに泊まった方がいいから」と諭される。


わかった。でも一体どこへヽ(;▽;)ノ

こんな想定じゃなかったからエレンホトの宿なんて調べてない。
人通りも全然なく真っ暗なこの町で歩いて宿探しは怖過ぎる。

「私も一緒に行っちゃダメ??( TДT)」と聞くと、
いいけどシャワーもないようなボロ宿だよって言われた。

全然OKですヽ(;▽;)ノ
シャワーなんてどーでもいいっす。


その女性とタクシーに乗り、噂のボロ宿へ。
タクシーの中で自己紹介。
その英語ペラペラの女性は「マギー」といった。

マギーの友達のお姉さんという人の宿に到着。
一緒にツインの部屋に通される。
簡易ベッドみたいのがふたつ。トイレ付きだけど便座がないような部屋。

「大丈夫??」ってマギーが聞いてくれたけど、
本当はこの部屋にゆっくり一人で泊まるはずだったのを
私が割り込んでしまって申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

パスポートを出してって言われて出したら、なぜかマギーもパスポートを出す。

(゜◇゜)

てゆーかマギー何人!?


マギーはモンゴル人だった。
普通に中国語で話してたからてっきり中国人だと思ってた!
でも中国語はたったの1年しか勉強してないんだって!

すごーい(*°∀°)=3

すると宿の人が部屋に来てマギーとなにやら話している。
しばらくすると「今日は宿の人の家に泊まろう」と言われた。
そっちの方がシャワーもあるし、ここよりずっと居心地がいいからって。


…きっと私が原因だなと思った。
外国人を泊められないのかな。

その人の家まで向かうタクシーの中でなんかあったの?って聞いたら、
私が泊まるのにパスポートとかコピーとか書類みたいのをポリスに出さなきゃいけないし、
宿は他の人もいっぱい泊まってるからって言われた。

やっぱり外国人を泊める許可的なのが必要なんだと思った。
こっそり泊めるにはちょっと目立ちすぎるのかな、他の人の目もあるしね。

本当に申し訳なさすぎる。
それにしてもマギーの友達のお姉さんもいきなり来た外国人を家に泊めてくれるなんてなんて親切なんだー。

到着した家は少し散らかっているけど、宿より全然いい家だった。

DSC04583.jpg

マギーは「お腹すいてる?簡単なものしか作れないけど」って言って、
ごはんを炊いてスープを作ってくれた。

DSC04582.jpg

なんていい人なんだ。

宿の人は宿に泊まってばかりで全然家にいないらしく、
その日もマギーとふたりで自由に使ってねって言って帰って行った。

食事のあとモンゴルのミルクティーを飲みながらマギーといろんな話をした。

DSC04581.jpg

マギーは彼氏が北京で仕事をしているらしく、彼と一緒に住んでるんだって。
マギーはビザが30日しかおりないから毎月1度ジャミンウードまで行って中国出国、
そしてすぐ北京に戻るっていう生活をしているらしい。
彼氏はドイツ人なんだって。
なるほどー。彼氏との会話を英語でしてるからペラペラなんだと思った♡
一緒に中国人の嫌なところトークで盛り上がったり、モンゴルのオススメ料理を聞いたり、
英語力が乏しい私にイライラすることもなく付き合ってくれて嬉しかった。

そしてマギーは私にベッドルームで寝るように言い、自分はリビングのソファベッドで寝るという。
どこまでもいい人。

私がお借りした広過ぎるヘッド。

DSC04586.jpg

マギーにおやすみって言ってからキレイなベッドルームで小さなゴキブリが出たけど、
私は決して騒がなかった。
これ以上マギーに迷惑をかけるわけにはいかない。
怖くて怖くて仕方なかったけど、見なかったことにした。

今日は本当に大変だった。
すべて自分のせいなのに、たまたま同じ列車に乗り合わせたマギーに助けられた。

マギーがいなかったらどうなっていたかと思うとぞっとした。
反省だ。

明日はマギーと一緒にジャミンウードまで行く。
ウランバートル行きのチケットも一緒に買いに行ってくれるって言うから安心して眠りについた。

明日はいよいよモンゴル入国。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

熱中症とかマジあるかもと思った日。

こんにちは☆
リアルタイムはモンゴル!
今日の午後の列車に乗ってロシアの首都モスクワを目指します♪
4泊5日だって!飽きるねー。
ブログは予約投稿で続くハズだから見てね!!
続かないかもだけど(*°∀°)=3

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月20日】

"万里の長城に行く"
これが北京に来た目的だけど、せっかく来たから市内観光をしよう。

だって地球の歩き方を見たら北京市内にも世界遺産がある。
歩いて行けそうな場所に宿も移動したし、何しろ今日はいい天気♪

P5200774.jpg

まずはごはん♪

歩いていると『刀削面』という看板が目に入る。
コレ、多分麺をシュシュって削ってゆでる麺だ。
まだ食べていなかったから試して見る。
もちろん辛そうな麺をオーダー。

DSC04530.jpg

DSC04531.jpg
麻辣面:8元(約136円)
宿の近くからちょっと離れると意外と安いお店があった。

麺はやっぱり太さも長さもまちまちで削られた感がある。
麺とチンゲンサイだけののシンプルな麺だったけど、ピリ辛で美味しい。
そして食べるのに苦戦しているとそっとレンゲを持ってきてくれたり、お店の人がとっても親切だった。

お腹もいっぱいになって目指すは『天壇』
英語で書くと「Temple of Heaven」ってなんかカッコいい(*´▽`*)
ここは1998年に世界遺産に登録されたんだって。

地図をサラッとみたけど、宿からの距離感イマイチわかんない。
交通機関を使うほどの距離ではないだろうと思って歩き始める。

今日は絶好の観光日和☆
とにかく暑い!歩いているだけで汗だくになる。

P5200777.jpg

やっと入口らしきところに到着。
入場券を買う。

公園入場料のみ券:15元
どこか3箇所に入れる券:35元


私は建物だけ見れればいいし、
そんな中までじっくり見たい派じゃないから入場券のみの券を購入。

広くてとってもキレイな公園。
P5200783.jpg

P5200780.jpg

日陰を追いかけるようにして歩く。じゃないとまじでひからびる。

P5200790.jpg

P5200809.jpg

P5200798.jpg

P5200795.jpg

なんかミスったかもー。
入場しないと中の建物すら見れないから遠くから眺めるだけー。

P5200807.jpg

このスプリンクラーの水を頭から浴びたいほど暑い…。
私超寒がりだから暑さには強いけど、さすがに暑過ぎる。

次の目的地を目指す。
きっとまた遠い。1時間以上はかかりそう。

同じく世界遺産の『故宮』には入場する気はなかった。
きっと中国語で書かれている何もかもが理解できないし、それほど興味がない。
ただ、建物は外から見てみたかった。

景山公園というところから故宮が一望できると書いてあったからその公園を目指す。

日陰を探しながら歩くも限界がある。
途中の商店みたいなところで水を追加。
ビールを飲みたいところだけど、この後まだまだ歩かなければいけない。
ビールは観光後のご褒美と決めて黙々と歩く。

やっと公園の入口に到着。

P5200817.jpg
入場料:10元(約170円)

P5200819.jpg

あの丘の上から故宮が見下ろせるらしい。
頑張って登らなければ。

P5200822.jpg

こんな階段余裕だ。標高高くないし。



DSC04538.jpg

DSC04539.jpg

やばっ、完全疲れてる(ーー;)
ノリノリの写真を撮ったつもりが作り笑顔だー。


景山公園から見た故宮。素晴らしい!

P5200827.jpg

P5200840.jpg

そのすぐ西側が東側にはビル群が。なんか不思議な感じ。

P5200838.jpg

私はこの後故宮の反対側(北側?)の入口まで行きたかった。
昼の入口を見たかったし、天安門広場にも行く予定だ。

でも故宮はとっても広くてまた歩くのはさすがにしんどい。
暑さで体力が奪われ過ぎて、なんか停まったら目がチカチカするし。

だから北側までは電動人力車っぽいのに乗せてもらおうと考えた。
いっぱい走ってるし安そうだし。

公園の入口まで戻ると陽気な中国人が英語で話しかけてきた。
「コンニチハ」「アリガトウ」とか言ってるー。

こういう人、絶対ぼったくり。

故宮の反対側の入口まで行きたいって言ったら100元(約1700円)って言ってきた。

ばーか。

高過ぎる。10元にしてって言う。

50元って言ってくる。

ばーか。歩いて行くからもういいって断る。

すごく遠いよって言われる。

知っとるわい(`へ´*)ノ
だから乗ろうとしたんじゃーい!!


わかったじゃあ30元でこのバイクで行こうと言われる。
まじオンボロカブみたいなやつ。

…嫌だ。

諦めて歩く。今度はスポーツドリンクを追加。がぶ飲み。
ほんと頭がクラクラする。

P5200854.jpg

やっと辿り着いた。

P5200868.jpg

ここから天安門広場に行こうとすると荷物検査ではなく身分証のチェックがされていた。
超厳重。

DSC04543.jpg

この写真超わかりづらいけど、警察が一人一人IDのチェックを行っている。
もっとちゃんと撮りたかったけど怒られそうだからやめた。

私はパスポートって言われたけど外から見ただけで中身は確認せずすぐ通してもらえた。
中国人はIDをなんか機械みたいのに差して確認されていたけど。

そして天安門広場!広い!
ここは世界最大級の広場で50万人とか100万人とかが同時に入れる広さって言われてるんだってー。

P5200874.jpg

P5200881.jpg

今日は灼熱の太陽の下5時間歩き続けたよ。
日が暮れる前に全部回りたかったからどこかで座って休憩はなし!
目がチカチカした時はやばい暑さにやられかけてる!!って思ったけど(^_^;)

暑かったけどいっぱい歩き回って楽しかった☆
1日余分に時間が出来てよかったな。期待してなかったけど北京楽しかった♪
あと数泊はしてもよかったかもー。

いや、私には時間がない!!
ロシアビザがきれるのが6月13日!!


その前にモンゴルも行きたいしマジで本当に時間がない!!
明日は北京を離れモンゴルに向かいます♪

今日の夜ごはんはコチラ↓

DSC04548.jpg
水餃子(勝手にハーフ):10元(約170円)
卵&キュウリ&ライス:10元(約170円)

ライスはいらなかったけど、なぜかライスセットの方が安いからそっちにしたよ。なぜ??
水餃子のハーフは親切な店員さんにお願いして作ってもらった。
左の袋は大量の辣(ラー)♡


明日は無事国境越えなるか!?
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ゆきんこ北京でデートだってー!

こんにちは☆
リアルタイムは11か国目モンゴル!!

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月19日】

今日は朝一モンゴルとの国境の町、二連特浩(エレンホト)までの列車のチケットを買いに行く。

昨日日本語が少し話せる宿のスタッフに相談して調べてもらったら、
列車は毎週火曜日にあるから明日買いに行った方がいいって言われた。

今日は月曜日。
ちょうど買おうと思ってたチケットが火曜日だったからマジ助かった(*°∀°)=3
危なかったね、時間ないのにのんきにしてたらダメだね〜。
今回はラッキー☆

中国語で北京からエレンホトまでのチケットって書いてもらったメモを手に北京駅へ。

デカッ北京駅!!

DSC04450.jpg

これは窓口に行くまでに時間かかるパターンの大きさだ。
書いてもらった紙を見せまくって入口に辿り着く。

DSC04456.jpg

TICKET OFFICEって書いてんじゃーん。
ここは駅に向かって1番右側にあるからね!!

中に入ったら右手の1番カウンターへ。

DSC04452.jpg

明日のチケットくださいって言ったら21日だって言われた。
明後日かー。
今は1日でも貴重だけどないなら仕方ない。

って毎週火曜日じゃなかったのかな??
なんかニュアンス的に火曜日が満席で水曜日しかないよって感じではなかった気がする。
そもそも21日(水)ですよ的な。

上の段しか空いていないって言われたけどわがまま言えない。
北京→エレンホトのチケットを購入。
窓口のお姉さんは英語が話せたから助かった。

今日は宿のお引っ越し。
今いる宿は高すぎる。1泊98元(約1666円)
成都での宿泊費の倍以上だもん。
日本人が経営する宿って聞いてたからモンゴル行きの相談にのってもらおうと思って行ったけど、
これ以上長居は出来ない。
結局明日出れないから北京にあと2泊しなきゃだし。

ホステルワールドで宿探し。2泊と言えど重要な宿選びだ。
安ければいいってわけじゃないし。
とりあえず予約はせずに口コミの評価がとびっきりいい宿を目指すことに。
そこが空いてなければその近くの宿にしようと思って出発。

地下鉄を乗り換えて最寄り駅へ。
駅から出た雰囲気が今までいた駅と全然違った。
宿のある通りまで来るともっと違った。

DSC04484.jpg

なんかいい感じ♪超観光地っぽい!
この後観光するのに便利かなと思って、故宮とか天安門広場とか天壇とかも近いって場所にしたんだ!

通りを歩いていると宿発見!

DSC04490.jpg

ホステルワールドで見たら4人部屋の女子ドミが70元ってなってたからここに決めたんだ☆
ちょっと高いけど2泊するし、やっぱり女子ドミがいいしね。

「部屋空いてますか?4人部屋がいいんですけど」

「空いてます。90元です。」

「え?70元じゃなくて?」

「6人部屋なら70元です」

「…じゃ6人部屋で」

だって4人部屋にしたらさっきまでいた宿と変わんないじゃん!

「女性部屋ですよね?」

「いえ、違います」

「え?じゃあ4人部屋は?」

「女性専用の部屋はありません」

(((( ;°Д°))))ウソ!!あったじゃん!!

「ホステルワールドで見て4人部屋の女子ドミが70元ってなってたんですけど」

「ホステルワールドで出している金額とか条件は直接宿泊と違うかもしれないです」って。

そんなばかな!

「じゃあ今ホステルワールド見ていいですか??」

Wi-Fiパスワードを教えてもらってそのページを開く。

「ほら〜!ここに書いてあるじゃ〜ん!4人女子ドミ70元って!」

受付のスタッフに見せる。

「…これはここの宿じゃないです」

え…(((( ;°Д°))))

まさかの今さら間違えてましたパターンのやつ??
もうお金も払ってカギも用意されて伝票にサインする残しのこのタイミングで??

やっちゃったヽ( ̄д ̄;)ノ

どおりで話が合わないと思ったら!!

思い返してみると宿がある通りに入ってキョロキョロしながら歩いて1番最初に発見したいかにもホステルっぽい宿を完全に目的地だと思い込み、
「やったー速攻発見♪」とか思ってなんの疑いもなく入ってしまった。

やばい…
昨日の万里の長城といい今日といい、注意力散漫過ぎる(ーー;)

でもこの宿のスタッフは超イイ人だった。
笑いながらお金を返してくれて、あなたの行きたい宿は歩いて30mぐらい先のところですよって教えてくれた。

マジで恥ずかしかったけど、超謝ってこの宿を後に。
本当にすぐ先に目的の宿があった。
あと少しで到着だったのに。ばか。

でもなんとその宿のドミが満員っていうヽ(;▽;)ノ

ホント恥ずかしいけど、さっきの宿戻るしかない。
宿の人は笑って受け入れてくれた。伝票まだあるよって。

気合いで6人部屋のMIXドミにした。
案内されて足を踏み入れる。

欧米人の男の人が2人寝ていた。
そして床に散乱する荷物&靴、部屋の荒れ具合いから察するにこの部屋は男部屋だ。

…無理。

明らかにひいている私に宿のスタッフも、

「あなた4人部屋の方がいいんじゃない?今は女の子しか入ってないから」

って言ってくれた。

ハイ( ;´Д`)
というわけで今のところさわやかな女子部屋へ移動。
90元…。結局あまり変わんないけど、あの部屋は無理だ。仕方ない。

やっと宿も決まって落ち着いたからお昼ごはんを食べることに。
とりあえず宿の近くのお店に入る。

さすが首都北京、成都に比べて物価が高い!
成都なら10元以内で麺とかチャーハンとか食べれたのに、
ここでは15元〜20元する。

で、結局特別ランチ的な感じで安かった麻婆豆腐とライスを頼む。

DSC04462.jpg
麻婆豆腐:8元(約136円)
ライス:2元(約34円)

やっぱり辛さにパンチがないんだよなー。
ずっしりくる辛さというかなんというか。そういうの欲しいんだよな。
陳さんの麻婆豆腐の圧勝。

今日は北京の町を一気に観光しようと思ってたけど、
もう午後になっちゃったし結局明日ももう1日あるからのんびりすることに。

宿のまわりをブラブラ。

DSC04465.jpg

DSC04469.jpg

DSC04475.jpg

市場みたいのの奥にこんなお店を発見!
これ日本で言う「100均」みたいな感じ!?

DSC04480.jpg

しかも2元って約34円!!おもしろいものありそう!!
本当に100均みたいな感じで日用品から食品、お土産物までなんでもある。
しかも2元じゃないものもいっぱいあるw
それも100均と同じかw

私はここで小物入れポーチ的なものとポストカードを買った。
ともに3元(約51円)

てゆーかポストカード万里の長城でも買ったんだけど、
10枚セットで25元って言うから、いらないのもあるし1枚売りしてよって言って1枚5元、2枚買ったから10元したのに、
同じモノがここでは3元だった。10枚で!!
あるよねーこういうこと。

いろんなお店があって宿のまわりは意外とおもしろかった♪

そして今日の夜はうめちゃんとデートなんだー♪
うめちゃんは九寨溝の宿で一緒のドミだった子。

北京の大学に留学中って言うから
私も北京行く予定だから行ったらごはん食べようよーって約束してたんだ☆

『王府井』っていうところに連れて行ってもらった。

DSC04500.jpg

ここ、うめちゃんから事前に聞いてたけどサソリとかクモが食べられるって。
絶対食べないけど!!

DSC04501.jpg

DSC04502.jpg

超暑くてビール飲みたかったけどジュースで我慢。

DSC04503.jpg

りんご飴みたいのも売ってるし、なんかお祭りみたいな雰囲気。

DSC04507.jpg

DSC04512.jpg

「何食べるー??」とか言いながら歩いて、
何か買って「美味しいねー」とか言いながら歩いて、

みたいのってデートっぽくない!?(´▽`)ノ♪

こちらがデートのお相手うめちゃーん☆

DSC04515.jpg

北京の大学でなんか難しい研究をしている優秀な学生さんなんだよ!

そしてうめちゃんが真剣に悩んでいるのは、なんとかっていう麺の具材。
手にしているかごに自分の好きな具材を入れて渡して作ってもらうってスタイルらしい。
なんていう麺だったか忘れちゃったー。

野菜とかキノコとかうずらの卵とかおでんの具材っぽいのがあったよ。
麺は春雨だね。

出来上がった私の麺はコチラ↓
DSC04516.jpg

ピーナッツのスープと辣(ラー)はお好みでかけていいらしい。
辛いのかけ放題で完全調子に乗った私の麺はこんなことに↓

DSC04519.jpg

奥はうめちゃんの麺!同じ食べ物なのに!

その後宿まで向かう道で故宮の前を通りかかる。
ライトアップされてキレイ☆そのむかえには天安門広場。キレイ☆

DSC04520.jpg

DSC04523.jpg

故宮の前に来るには地下通路を通るんだけど、ここで荷物検査があった。
って言っても飛行機とか電車とかと一緒で機械に通すだけのやつだけど。
厳重だなーと思った。

駅でうめちゃんとバイバイしてビールを買って帰る。

DSC04527.jpg
1缶3元(約51円)

宿の近くのミニスーパーにこの『雪花』ってビール大量に冷やしてある。
中国では結構冷えてるのがなかったりもするからマジ助かるー。
このビールはアルコール度数が3.3%と低いんだけど、安いし結構お世話になった。
青島(チンタオ)ビールより売っているところ多いんだもん。
青島ビールの方が高くて美味しいけどね。

今日の締め。宿の壁画。

DSC04485.jpg

さすがのクオリティヽ(´ー`)ノ

明日は北京観光だよ!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【万里の長城】一人でひたすらテンパる女。

こんにちは☆
リアルタイムは11か国目モンゴル!首都のウランバートルです!

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月18日】

今日は念願の『万里の長城』へ行く♪

地球の歩き方を見ながらバスで行こうか電車で行こうか悩んだけど、電車を選択。
万里の長城行きの電車が出ている北京北駅へ。

DSC04411.jpg

駅に着いてチケットをどこで買うのかさまよっていたら、同じくさまよっている人に
「万里の長城行くのか?中国語話せるか?」って英語で聞かれた。
「うん。話せないけど本ならあるよ」って言って地球の歩き方を見せる。
「OK、ついてきなさい」って本を奪われる。

DSC04420.jpg

この怖そうな人の手に持っているのは
私の地球の歩き方ヽ(;▽;)ノ
こっそり撮ったらバレた(*°∀°)=3


てゆーかその格好で万里の長城…??
別にいいけど。

そしてこの人と一緒にチケット売り場を発見。

DSC04414.jpg

(((( ;°Д°))))
なんと次の電車は13:14 !!しかもチケットの販売は10:57!!

現在の時刻は9:30ヽ( ̄д ̄;)ノ


しまった。もっとちゃんと調べておけば良かった。

待つ気マンマンの強面の人に、
「私は明日行くことにする」って言ったら、
「なんでだ?たったの1時間で着くんだぞ?今日がベストだろ!いいからここで待とう。」
って言われたけど、超天気良くて暑いし、あまり遅い時間に着きたくないし、
待つ時間がもったいないから出直すことに。

2014年5月18日現在の時刻表↓
DSC04415.jpg

宿に戻って少し日本語が話せるスタッフに電車のチケット買えなくて行けなかったって言ったら、
バスで行けばいいじゃんって言われた。

確かに!
そう言えばバスって選択肢もあったんだ!

出直し。
地下鉄で万里の長城行きのバスが出ている駅へ。

DSC04425.jpg

万里の長城へは「877番」のバスで行く。
駅を降りてすぐにバス停を発見!

DSC04426.jpg

11:30に到着。なんとか12:00のバスに間に合った〜と思ってバスを待っていたら、

「今日はもうバスがない」って言われた。

(((( ;°Д°))))
マジで!?せっかくここまで来たのに!?
なんで!?6:00-12:00って書いてあるじゃん!!


「明日はある??」「だったら明日来る」って言ったら別の方向を指さされた。

わけわかんないけど、とりあえずその方向に向かって歩く。

また同じ看板を発見!
地球の歩き方を片手に「ここでいい??」って聞く。

またしても
「今日のバスはもうない。タクシーで行くしかない」
って言われる。


おや…??
なんかおかしいぞ。だって時間書いてあるのに。
これってタクシーの客引き系なのか??と思ってきた。

念のため利害関係のない掃除をしていたおじさんに聞いてみる。
バス乗り場はあっちって、全然違う場所じゃん!!

危ない!騙されるところだったぜぃヽ( ̄д ̄;)ノ

ばかちん!!
うっかり明日出直すところだったじゃん!!
私時間ないんだから!!もう万里の長城行ったらすぐモンゴル向かわなきゃなんだからね!!

ダッシュで本物のバス停に向かう。

DSC04427.jpg

DSC04428.jpg

あった877番のバス!!

あと1人だけ乗れるって感じだったらしく、他の人はグループで来ているから乗れない。
「あなたひとり??早く乗って乗って!!」って言われて座ったのは、ここ。

DSC04440.jpg

手前の女の子が座っている場所(*°∀°)=3
ウケる!!


ドライバーさんすぐ横。

DSC04434.jpg

おかげさまで眺めも良し!

DSC04431.jpg

ってここ、ガイドさんとか交代のドライバーさんとか座る席じゃね??
ま、いいか。

念のために書いておきますが877番のバスに乗る前のトリックに引っかからないように!!
地下鉄を降りてすぐ大きな通り沿いにいくつもバス停があって、
本当にバスが発着しているから一瞬ここか?と思ってしまうけど素通りしてね。
877番って看板出ててもそこは無視!
完全無視して通り過ぎて5分ぐらい歩いたところにちゃんとバスターミナルがあるからね!
万里の長城行きは朝6時から12時までは結構本数があるみたいだから、
行ったらだいたいすぐ乗れる感じだと思うよ!

P5180675.jpg

約1時間ぐらいで万里の長城の「発達嶺長上」に到着!
早起きして8:30に宿を出て着いたのは13:00。
すでに疲れてる(ーー;)ここまで遠かった…。

歩く前に腹ごしらえ。
こんなものを買ってみた。

P5180677.jpg
食事系クレープ?みたいな感じ。
生地に味噌みたいのをぬって、卵とパリパリのドリトスみたいのが入ってる。
10元(約170円)
食べながら入口に向かう。

P5180678.jpg

P5180679.jpg

入口を抜け、お土産屋さんを通り過ぎ、チケットを購入。

P5180683.jpg
ここまですでに登り坂でキツイ。超暑いんだもん!
入場料:45元(約765円)

私は宿にあった"るるぶ"を見て、
1番メジャーな北一楼〜北八楼までを歩くと決めていた。
北は「女坂」と呼ばれ比較的緩やかな坂で登りやすい。
南は「男坂」と呼ばれ急でキツイ坂道らしい。

私は迷わず女坂(´▽`)ノ♪
ここで果敢に攻める気なし!


いざ!!

P5180686.jpg

歩き始めてすぐ、全然人がいないことに違和感を感じる。
今日は日曜日。バス降りたところとか人でごったがえしていたのに。
変だなーと思いながら歩き進めていたけど、坂が急過ぎる!!
これで女坂!?だったら男坂なんてロッククライミングじゃん!!

P5180687.jpg

やっぱりおかしいなと思ったら「北十一楼」って書いてある!
アレ、やっぱり変なところから登り始めてる(((( ;°Д°))))

私が行きたいのは「北一楼」だ。

やり直し。来た道を戻る。
写メって来たipadを見せながら「北一楼」の場所を探す。
そもそも入口から全然違った(ーー;)

P5180690.jpg

人いっぱいいるー

P5180695.jpg

ここね〜

P5180697.jpg

あったあった分かれ道♪

P5180698.jpg
別に「男坂」とか「女坂」とか書いてないってるるぶに載ってたから大丈夫♪


で、ここからの話マジでひかないで欲しいんだけど。
いい?


私は「女坂」の北一楼〜北八楼までを歩くと決めていた。

ここの入口探す時もipad片手に何度も「北一楼」を指差した。
「北一楼」ってところを拡大しまくって。

ここで間違ったら困ると思って、念のためそこ辺にいた人にどっちが簡単な道?って聞いた。
念のためね。

そして私はこの看板を

P5180698.jpg

なんと

←左(南)に行ったヽ(;▽;)ノ


だって聞いた人「左」って言ったんだもん!!

そもそもるるぶの地図を見た感じでなんとなくその人に聞く前から
左でしょー( ̄~ ̄)ξって思ってたから、

ほらね、その通ーり!!

って思ってなんの疑いもなく左へ…。


わかってる。
確かに南北が記載されているし、私の目的地「北八楼」も思いっきり書いてある。

P5180698.jpg

こんなのどう考えても間違うはずないじゃん!?
と思うじゃん!?


P5180702.jpg

この写真南から登り始めてそれにしてもまた急だなーと思いながら、
後ろを振り返って撮った写真。

つまり私が行きたかった「北一楼〜北八楼」までの道のりだ。

それにまだ気づいていない私は

「結構男坂チャレンジする人いるんだなーすごいなー」
って思ってた。
ばかじゃない!?ヽ( ̄д ̄;)ノ

それにしても急勾配過ぎじゃない??って思って、

P5180708.jpg

ついに気づいた「南三楼」で(((( ;°Д°))))

また来た道を戻る。やり直し。
いつになったらスタート地点に着けるんだ??
ホント世話が焼ける。

大丈夫??ひいてない??

私はこういう自分と付き合いながらの旅なんだよヽ(;▽;)ノ

やっとスタート地点へ。
そう、私が目指していたのは「北一楼」!!

P5180711.jpg

この時点で到着してから1時間は経過。
もっと早く来ればよかった。
って言っても私朝8時半には出発してたけど…。

お目当ての「女坂」を歩き始める。

P5180713.jpg

「女坂」もなかなかの登り坂だったよ!
天候に恵まれ超暑くて汗だく!息切れハンパない!

P5180718.jpg

P5180722.jpg

P5180741.jpg

下りは下りで超急斜面だから階段じゃないところは横のポールをつかみながらじゃないと降りられない。

P5180754.jpg

途中写真をお願いしたらこんな写真になった↓
P5180751.jpg

イヤ…、そういうんじゃなくて。
左にうっすら万里の長城見えてるけど、言わなきゃわかんないでしょ!?


次は失敗するもんかとあらかじめ構図を決めて写真を撮ってその画面を見せてからお願いしてみた。

P5180770.jpg

ナイス!こういう写真♪

帰りのバスは5時発だか6時発だかが最終だから出来れば4時ぐらいに乗った方がいいよ
って言われてたから4時前にバス停へ。

DSC04438.jpg

長蛇の列!!

次々とバスがやってくるけど、ホント早めに並んでよかった。
念のため前に並んでいたグループにこの列でいいのか聞いたら、
どこまで行きたいの?って聞いてくれて途中まで一緒に帰ることに。

DSC04441.jpg

中国人の大学生3人組。
1ヶ月お休みで遊びに来たんだって。

左側の男の子が英語話せて終始気遣ってくれて、
しまいには地下鉄のチケットまで一緒に買ってくれた。

後からお金渡そうとしたら「no problem」って。
爽やか〜!!

35歳ゆきんこ、大学生に世話を焼いてもらうヽ(´ー`)ノ
降りる駅が違ったから途中でバイバイしたけど、このご恩は忘れません!!って思った。

騙そうとするやつもいるけど、いい人もいるもんだ。
心が温かくなった1日でした☆

今日はいっぱい歩いていっぱい汗かいたからね、
ちょっと高いけどコンビニで冷えたビール買ったよ。

DSC04443.jpg
涼皮:6元(約102円)
今日の夜ごはんは別の店の「涼皮」っていう麺。
昨日の涼面とは麺の種類が違う。平べったい麺。
また辣(ラー)って言いまくっていっぱい入れてもらった♪
辛くてビールに合うよ!!

明日はついにモンゴル行きのチケット買いに行くよ!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

首都北京へいざ(´▽`)ノ♪

こんにちは☆
リアルタイムは11か国目モンゴル!首都のウランバートルです!

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月17日】

今日は成都を離れ北京に向かう日。
その前に、先に旅立つえーきちくんを見送る。

DSC04390.jpg

えーきちくんはこの後「西安」という町、チベット、そしてキルギスから中央アジアと回って行くらしい。

本当に多くのことを教えてもらって感謝!
世界のどこかでまた飲もうねヽ(´ー`)ノ

見送りの後宿の近くの飲茶屋さんでなんとかまんを買う。
朝ごはんを食べて私も出発準備。

DSC04392.jpg

なんだかんだで4日間お世話になった宿を後にする。

DSC04393.jpg

空港までは多分1時間ちょっとで着くけど、
バスの乗り換えもあるしどうせテンパるだろうから8:30に宿を出発。
フライトは11:50 だけどね。ビビり過ぎw

宿の人から教えてもらった通り最寄りのバス停から「99番」のバスに乗って「綿江賓館」という駅で降りる。
そこでエアポート行きのバスに乗り換える。
バス停が違うけどすぐ近くだからって言われて、
そう言えば空港から宿まで行った時の逆Ver.なだけだからまー行けるかと思った。

乗り換えのバス停で降りる。

(゜◇゜)

アレ、景色見覚えなし…。


バス停にいる人に話しかける。
英語が通じない。

「誰か英語が話せる人いませんかー??」って大きめの声で聞いてみる。

一同失笑。
誰かいるだろ話せるやつ(`へ´*)ノ

もう身振り手振りで飛行機の真似とかしちゃってなんとか場所を教えてもらった。
ふぅ。いちいちテンパる。

エアポート行きのバスは降りたバス停の道路を挟んで反対側にある大きなホテル
「綿江賓館」の横に停まっています。

DSC04396.jpg

ここまで来たらさすがに私も記憶が蘇ったけど。

最初のバスが30分、エアポート行きのバスが30分で、
やっぱり1時間ぐらいで空港まで行けるよ!

DSC04397.jpg

DSC04399.jpg

私は余裕の2時間前チェックイン♪

でも成都の空港は最強カード『プライオリティパス』が使えるラウンジはございません!!
国内線だからかな〜。

DSC04401.jpg

私が乗ったのは『海南航空』の飛行機。
なんかシートも広めで、国内線なのにTVとかついてるしなかなか快適だった。

しかもたったの2時間半のフライトなのに機内食まで♪

DSC04402.jpg
チキンライスorマッシュルームパスタでチキンライス!

北京の空港に到着!
ここから宿までのシュミレーションは完璧!

まずはAirport Expressに乗って地下鉄の駅まで。
いっぱい案内出てるからよゆー。

DSC04404.jpg

ホームとか改札機とかなんか全体的にキレイな感じだったから
どんなキレイな電車が来るかと思ったらそこそこ汚めの電車だった。

DSC04405.jpg

そこから地下鉄に乗り換え、さらに乗り換え、無事宿に到着!
地下鉄の切符の買い方、要領は上海と同じだったからよゆー。

DSC04406.jpg

今日は移動だけなのに疲れたから宿でまったり。
夜ごはんは屋台で美味しそうな麺を作っていたおばちゃんのところで買う。

DSC04408.jpg
涼面:6元(約102円)
辣(ラー)もっと入れてって言いまくったら笑ってたw

袋に入れられてテイクアウト。斬新。
そのまま食べたけど♪

DSC04409.jpg

【成都】
99番バス:2元(約34円)
エアポートバス:10元(約170円)
成都→北京(海南航空):784元(約13263円)
※カード手数料含む

【北京】
エアポートエクスプレス:25元(約425円)
地下鉄:2元(約34円)

明日は万里の長城に行くよー♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

中国美味しかったものBEST3の発表だよ!!

こんにちは☆
リアルタイムは11か国目モンゴル!首都のウランバートルです!

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月16日】

今日の私は忙しい。
明日北京に飛び立つ前にしなければいけないことがいっぱいある。

まずは洗濯。
東チベットで何日も何日も着続けた汚い服を洗わなければ!!

手洗いなんかで落ちるレベルの汚れではない。洗濯機を拝借。
ちなみに私は中国人のおじさんと同じ部屋が嫌で別の宿に移ったけど、
東チベットから帰ってきて再びHello Chengdu International Youth Hostelに戻ってきた。

洗濯機(1時間):15元(約255円)

早く干さなければ明日までに乾かない!

ってのに、
終わる前にふた開けちゃってテンパってまたボタン押したら水が出てきて洗った服が濡れるし、

「まだ洗濯終わってないんだけど〜」とか言いながら
飲むヨーグルトが入った自分のバックの上に座ってしまってヨーグルトがバックの中で破裂。
バックまで洗うはめになったり。

まぁとにかく落ち着けってヽ( ̄д ̄;)ノ

洗濯が終わってパスポートを受け取りに『市公安局出入境管理処』へ。
東チベットに行く前に申請していたビザがおりているはず。

DSC04373.jpg

DSC04376.jpg

無事パスポートをゲットして昼ごはん!
今日のお昼ごはんはコレ!って決めている。

以前四川省にお住まいだったというるるさんからブログにコメントをいただいてオススメされたもの。
朝メッセージを見て、明日北京に移動しちゃう私はもう今日しか時間がない!絶対食べる!
って決めていたのです。

パスポートを受け取って宿の方向に歩き始める。

オススメされた『冒菜』って文字を探す。
今まで目に入っていなかっただけで結構このメニューは店先に書いてあったりする。

何件か外から眺める。
めっちゃ中国語でなんか言ってるけどわからん。

入りやすそうなファストフード店っぽいところに入ってしまおうかとも思う。
メニューも金額も写真付きで掲示してあるからわかりやすいし。

でもダメだ。
そういうお店より一見入りづらい汚い感じのお店の方が断然美味しいって経験済みだ。

我慢ガマン。

一件の店の前で足を止める。

DSC04383.jpg

冒菜って書いてある!

中を覗くとどうやらこのお店の家族が全員で食事をしている。
おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、赤ちゃん、叔母さん。

優しい笑顔で話かけてくるおばあちゃんに安心して足を踏み入れる。

そしてお目当ての『冒菜』を注文。
食事中だったおばあちゃんが作ってくれたのがコチラ↓

DSC04379.jpg

"具沢山激辛野菜スープ"って感じ。
コレ激ウマ!!
いも、キノコ、レンコン、ネギ、空芯菜、わかめ、カリフラワー、
ブロッコリーの茎みたいの、揚げ豆腐、マロニーちゃんみたいの、
などなど本当に具沢山!そして辛い!!
そこそこ辛いぐらいじゃ汗なんかかかない私がうっすら汗ばむほど!

それにしてもこのファミリー超フレンドリー☆
私が中国語まったくわからないってわかった上で中国語で話しかけまくってくるw

激辛冒菜に食らいつく日本人に興味津々w
辛いのと熱いのとボリューム満点なのと話しかけられるのとで
食べ終わるまでになんと45分ぐらいかかった(^_^;)

楽しかったけど♪

ごはんは?と聞かれ頼んだけど、途中お粥の方が美味しいからってお粥も出してくれてこんな状態に。

DSC04380.jpg

こんなに食べれない…

冒菜:9元(約153円)
ライス:1元(約17円)

お粥:サービス

とにかく超美味しかった!!

陳さんの麻婆豆腐を抜いてダントツの1位はコレ!!
『冒菜』に決定(´▽`)ノ♪


ハニカミ赤ちゃんと叔母さん☆

DSC04381.jpg

もうみんなこの子にメロメロなの♡
わかるよ、私も甥っ子にメロメロだから(●´∀`●)

そして今日は成都最後の夜だから、宿のみんなと陳さんの麻婆豆腐を食べに♪
成都を離れる前にどうしてももう1度食べたかったんだー。

DSC03664.jpg

DSC04388.jpg
麻婆豆腐(大):20元(約340円)※みんなでいろいろ頼んでシェア。

やっぱり間違いない!!
第2位は麻婆豆腐発祥のお店と言われる陳麻婆豆腐店の麻婆豆腐に決定( ´ ▽ ` )ノ


ごはん何杯でもいけます!みたいな辛さと味の深み?重み?みたいのが最高!!

そしてこのワンツートップが最強過ぎて3位どうしようか超悩んだよ。
だってなんかBEST2発表!!っておかしいでしょ??

で、写真を振り返って毎日1食は食べてた麺部門から選びました!

第3位は!!
東チベットの甘孜(ガンゼ)という町で食べた杂酱面!!


DSC04147_20140524175908ca3.jpg
杂酱面(小):10元(約170円)

ここの麺は具沢山でボリューム満点でしかも辣(ラー)がかけ放題っていうなんとも素晴らしいお店☆
もちろん辣をかけまくる前に味見したけど、やっぱり美味しかったから、

ゆきんこは辛ければなんでもいんじゃん!?

みたいに思うのはやめてくださいねー( ̄~ ̄)ξ

このお店は甘孜(ガンゼ)で泊まった宿「城信賓館」の並び、
宿を背にして数件左側にあるお店ですよ!

DSC04148_20140524175911b55.jpg

以上!!
中国のごはんは全体的に安くて美味しくて超良かった!
はずれごはんがなかった気がする!

てゆーかここまで書いて気づいたけど、私まだ北京行くんだった(^_^;)
まいっかー。
順位に変動あったらまた書きます☆
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

頑張ったから見て!東チベット情報まとめ!

こんにちは☆
リアルタイムは11か国目モンゴル!首都のウランバートルです!

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月15日】

朝6時発のバスで成都へ帰る。
成都へ戻ったら10日間の東チベットの旅が終わり。

だから今日はまとめ記事書いちゃいます♪
私今までまとめ記事って宿と費用しか書いたことなかったんだけど、
先陣OGGYの東チベットのまとめ記事がすごく役立ったから、
感謝の意味を込めて後に続く人へまとめ記事を書いてみようと思って。

IMGP8405.jpg
PHOTO by Eikichi

てゆーか私のまとめ記事なんていらないぐらい本当に良くまとまっている記事だから、
「OGGYのブログ見てください!!」の一言で終了しようかってぐらいなんだけど、
私はOGGYと違うルートで回ったから+αの情報も残せたらと思って。

ちなみに噂のスペシャル記事はコチラ⇒東チベット情報まとめ

私はWi-Fiなくても見れるようにPDFにしてPCのデスクトップにおいていたぐらい活用したよ!

ではでは内容をパクりながら進めていきますね!
私が東チベットに訪れた期間:2014年5月6日〜15日

目次:

【1】まずはこれを入手せよ
【2】旅のルート
【3】移動
【4】街と宿情報
【5】その他


【1】まずはこれを入手せよ

東チベットのMAP!!
コレ絶対あった方がいい!!超役立った!!
各町のMAPや標高、移動距離・時間などとにかくぎっしり凝縮されて載っている。

DSC04649.jpg

DSC04650.jpg

DSC04651.jpg
15元(約255円)
「Hello Chengdu International Youth Hostel」という宿で販売されているけど、
九寨溝や東チベットの康定行きのバスが出ている「XinNanMen Bus Terminal」の横にあって超便利な宿、
「Traffic Inn」でも入手可能だよ!

先に行って戻ってきた人から譲り受けたから、
私も戻ったら次に行く人に譲って自分は思い出に新しいのを買おうと思ってたんだけど、
なんとバックの中で飲むヨーグルトが破裂(自分が踏んだだけ)して帰らぬ地図へ…。
ボロボロでいい感じだったから次の人に渡したかったなー。
てゆーかバックの中ヨーグルトまみれで超大変だったんだよ!
iPadとかケータイとか腹巻きバックとかデジカメとか全部全部ヨーグルトまみれになったんだから!
まーその話はいいか。
で、私は思い出にそのMAP買っちゃったよ☆

【2】旅のルート

今回私が回ったルートはコチラ↓

成都 標高500m

康定(カンディン) 標高2,600m

理塘(リタン) 標高4,000m

甘孜(ガンゼ) 標高3,400m

五明佛学院(ラルンガルゴンパ) 標高4,000m

色達(セルタ) 標高3,900m

成都 標高500m

成都から出発して成都に戻ってくるルートで一般的なルートらしい。
私は成都でビザの申請中だったから、バックパックは宿に預けて成都に戻るルートで回ったよ!
サブバッグだけで回れたから楽チンだった。
てゆーかあんなに狭い乗り合いワゴンでバックパックあったらって考えるとぞっとするー。
可能であればサブバックだけで行くことをオススメします。
大型バスは荷物の収納場所ってあるけど、乗り合いワゴンは基本ないと思うから身軽な方が絶対いい!

私はロシアビザの関係で先を急いでいたから、
東チベットにいられる期間が10日間が限界かなーって感じだったけど、
もしもう少し時間があったら丹巴(ロンダク)って町に行ってみたかった。

何気に地図を見てて発見した町。
数年前に中国のNational magazineで
"The most beautiful villages in China" 中国で最も美しい町☆
って特集しただか掲載しただかって。こんなに広い中国の??1番美しい町??
見たくない!?
なんとか行けないものかと考えたけど時間的に無理だった。
リベンジかな〜。

【3】移動

①成都→康定(カンディン)

DSC03959.jpg
大型バス 119元(約2,023円)
8:00発⇒17:30着 所要時間:9時間半
※事故で停車1時間ぐらい??多分8時間ぐらいで着く距離。

チケットは前日に「XinNanMen Bus Terminal」で購入。
7時〜15時までは1時間に1本運行してるらしいから当日すべて満席で移動できないってことはなさそうだけど、
前日買えたら買っておいた方が安心かもね。
パスポートなしであっさり購入できるから余裕だよ!

途中の昼休憩のレストランはちょい高ぐらいで全然いける感じだったからそこで食べてもいいと思うし、
お湯は普通にもらえるから節約派はカップラーメンを持参のこと!

②康定(カンディン)→理塘(リタン)

DSC04013.jpg
乗り合いワゴン 160元(約2,720円)
11:30発⇒19:30着 所要時間:8時間

この区間は普通にバスがあります!
バスだと88元(約1,496円)。
ただし毎日はないみたいだから康定到着後その場で理塘行きのチケットを買った方がいいと思う!
私たちは先を急いでたから高くても乗り合いワゴンで移動しました。

この道のりはなかなかの悪路ですよ〜
標高4000m超えの山を4つ越えるから高山病が心配な人は対策を!
未舗装の山道をぐるぐるするから乗り物酔いが心配な人も対策を!
私が回ったルートの中ではここが1番悪路だったかも。
途中の町で1回車を乗り換えるよ。

③理塘(リタン)→甘孜(ガンゼ)

DSC04089.jpg
乗り合いワゴン 130元(約2,210円)
7:00発⇒14:30着 所要時間:7時間半

6:30ぐらいに乗り合いワゴンが集まるあたりに行けばOK。
ここは数日前に行った子が120元だったって言ってたから私10元盛られたかもw
ここも途中の町で1回車を乗り換えるよ。

④甘孜(ガンゼ)→五明佛学院(ラルンガルゴンパ)

DSC04203.jpg
小型バス 55元(約935円)
7:10発⇒15:30着 所要時間:8時間20分
※途中パンクで足止め。本当は6〜7時間ぐらいって聞いていた距離なんだけど。

6:30ぐらいにバスターミナルへ。
乗り合いワゴンは90元(約935円)。
節約派の人は部活の遠征ぐらいの大きさのバスを見つけてね!
狭くてクオリティ低くて安いよw

⑤五明佛学院(ラルンガルゴンパ)→色達(セルタ)

乗り合いワゴン 7元(約119円)
所要時間:30分

バスターミナルと言っていいのか、乗り合いワゴン停留所から頻発しているものと思われる。
そこに到着するワゴンに「セルタ?」って聞いて乗り込めばOK!

⑥色達(セルタ)→成都

DSC04364.jpg
大型バス 218元(約3,706円)
6:10発⇒19:40着 所要時間:13時間半

この区間のバスは朝行ったら2台あって当日窓口で買っている人もいっぱいいたけど、
出来れば前日買った方が安心かも。

ここも前半なかなかの悪路だよー
出発前にビニール袋が配られるからね!
心配な人は対策を!

【4】宿情報 

◆成都 
①Hello Chengdu International Youth Hostel(成都老宋青年国際旅舎)
住所:成都市一環路北四段 211号
期間:2014/04/28-29,05/15-16 合計4泊
部屋タイプ:6人ドミトリー(広)、6人ドミトリー(狭)どちらもMIX。
宿泊費:45元(広、約765円)、40元(狭、約680円)
※ユースホステルなので会員証があればそれぞれ5元安くなります。
8人ドミ40元、ユース会員で35元。これが1番安いかな。
シャワー:部屋によると思う。広い部屋はシャワールームも広くて最高。狭い部屋はトイレの真横でシャワーを浴びる感じ。水圧、お湯はマジ最強快適。
Wi-Fi:あり。部屋は部屋の位置によると思うけどほぼ無理。そもそもそんなに良くない。

=場所=
ざっくり言うと市内の中心からはやや離れている。でもバスが超いっぱい走っているから全然問題なし。
近くにスーパーもコンビニもあるし不自由なし。
=良かったこと=
・情報交換が出来る。
成都に来ている人はたいがい九寨溝や東チベット、チベットから中央アジアへ抜ける人が集まっているからツアーのシェアをする人を見つけたり、情報交換の場として最適。
私もいろいろ教えてもらったし、九寨溝や東チベットを一緒に回ったえーきちくんにもここで出会った。
・中国&近隣国の地球の歩き方いっぱい。私はモンゴルのガイドブックを持ってなかったから超写真撮った。
・英語が通じるし、スタッフも親切。
・各ベッドにカーテンがあって微妙にプライベートが守られる。
=悪かったところ=
・Wi-Fi。悪くはないけど、まー良くもない。

私は初日に中国人のおじさんと同じ部屋で嫌過ぎて別の宿に移ったって経緯があるけど、
その後また泊めてもらったから総合的にいい宿だったと思う。

DSC03675.jpg

ゆきんこオススメ度:★★★☆☆

②Traffic Inn(成都交通青年旅舎)
住所:武侯区临江中路6号
期間:2014/04/30,05/04-05 合計3泊
部屋タイプ:6人ドミトリー(MIX)
宿泊費:45元(約765円)
シャワー:良い。水圧、お湯、最高。
Wi-Fi:良い。遅いけど部屋でも使えた。

=場所=
「XinNanMen Bus Terminal」の横にあって超便利!
九寨溝や康定行きのバスが出ているターミナルだから朝早い出発、夜遅い到着、全然問題なし!
チケットを事前に買ったりするのも便利だし最高!
=良かったところ=
・場所!
・スタッフ全員英語がネイティブレベル。親切。
・部屋が清潔でさわやか。
・バスタオルが付いている。これポイント高い!
=悪かったところ=
・バスターミナルの横ってこともあって早朝&深夜の人の出入があるからうるさいと言えばうるさい。
でもお互い様。

ここは本当に移動に便利。キレイだし☆
ただし欧米人ばっかで日本人には全然会わなかったから
情報交換がしたかったら①のHello Chengduに行った方がいいかも!

DSC03685.jpg

DSC03676.jpg

ゆきんこオススメ度:★★★★☆

◆康定(カンディン)
康定貢嘎国際青年旅舎
場所:バスターミナルを背に左側に多分3分ぐらい歩いた川沿いにある。
期間:2014/05/06 1泊
部屋:8人ドミ(MIX)
宿泊費:35元(約595円)※ユース会員は5元引き。
シャワー:ギリ。水圧△、お湯◎。
Wi-Fi:遅め。ダウンロード系は時間がかかる。
電気毛布:あり

=場所=
バスターミナルから近いから数泊で出る感じだったら便利でいいかも。
町の中心からは少しあるけど、そんなに大きな町じゃないから問題なし。
=良かったところ=
・場所
=悪かったところ=
・シャワーも微妙だったけど、特にトイレが嫌だった。臭くて汚め。
ユースホステルにありがちって思ったけど、使用する人数が多過ぎて清潔に保てない感じ。

もともと1泊しかする予定がなかったから全然オッケーだったけど、2泊以上はしたくなかったなー。

DSC03971.jpg

DSC04010.jpg

ゆきんこオススメ度:★★☆☆☆

◆理塘(リタン)
①理塘的夏天国際青年旅舎
住所:理塘县平安路47号
期間:2014/05/06 1泊
部屋:4人ドミ(MIX)
宿泊費:35元(約595円)※ユース会員は5元引き。
シャワー:良い。水圧○、お湯◎。※シャワー&トイレ付きのドミにすることをオススメします!
ここの共同は無理!
Wi-Fi:激弱。
電気毛布:なし。

=場所=
小さな町だから別にどこにあってもって感じだけど、不便な場所ではない。
=良かったところ=
・スタッフが親切。ベッドがないえーきちくんをタダでソファに泊めてくれた。
=悪かったところ=
・トイレの尋常じゃない汚さ!あり得ない!
・Wi-Fiはほぼ使えないレベル。
・電気毛布がない。これ、マズイ。

私はもうトイレの汚さで2度と泊まりたくない宿に認定。
雪が降るほどの寒さで電気毛布なしも本当に辛かった。

DSC04072.jpg

DSC04077.jpg

ゆきんこオススメ度:★☆☆☆☆

②LITANG POTALA INN(布达拉大酒店)
住所:理塘县汽车站斜对面
期間:2014/05/07 1泊
部屋:ツイン(シャワー&トイレ共同)
宿泊費:60元(1人30元、約510円)
シャワー:入らず。なんとも説明しがたいけど、ちょっと無理。
Wi-Fi:良い
電気毛布:あり

=場所=
乗り合いワゴンが出るところがすぐ近くで便利!
=良かったところ=
・部屋!ツインでベッドも広くて最高!
・電気毛布があったこと
・Wi-Fiがサクサクだったこと
=悪かったところ=
・シャワー&トイレが微妙なところ
でも男女別だったからまだ良かったし、荒れ果てて汚いってわけじゃなかったからまだまし。

ここはドミトリー20元(約340円)と激安だけど、ベッド狭いし電気毛布ないし個室をオススメします。
一人だったら高いけど、二人だったらユースのドミより安いからね!
二人以上で泊まる方は絶対にこっちの方がいいよ!!

DSC04083.jpg

DSC04080_201405241243493d4.jpg

ゆきんこオススメ度:★★★☆☆

◆甘孜(ガンゼ)
城信賓館
場所:住所がわかんないけど、バスターミナルを背にメイン通りを右に向かって10分弱歩いて、
公安があるところを左折すると左手に見える。
期間:2014/05/09-10 2泊
部屋:ツイン(シャワー&トイレ付き)
宿泊費:80元(1人40元、約680円)
※ここはドミ20元(約340円)と激安と聞いて行ったけど、女性はドミに泊まれないと言われてしまった。
だから本当は100元のツインの部屋を80元にしてもらって泊まったよ。
シャワー:ギリ中のギリ。水圧×、お湯ギリ○。1人使うとなくなって少し待たなきゃ使えない。
Wi-Fi:部屋でも使える。
電気毛布:あり

=場所=
バスターミナルからはちょっとだけ歩くけど問題なし。
=良かったところ=
・宿の人は英語がまったく通じなかったけど親切。
・電気毛布があって温かい
・部屋でWi-Fiが使える
=悪かったところ=
・ひとえにシャワー&トイレ!!

ここはなかなか頑張ったよー。
次に行くラルンガルゴンパがシャワーなしって聞いてたから気合いで入ったけど、
そうじゃなかったら絶対に入らなかったレベル。
トイレの上でシャワーって斬新かつ大胆でついていけないヽ( ̄д ̄;)ノ

DSC04184.jpg

DSC04112_20140524124354c55.jpg

DSC04193.jpg

ゆきんこオススメ度:★★☆☆☆

◆五明佛学院(ラルンガルゴンパ)
喇栄賓館(Larong Hotel)
場所:山の上に見えるからとにかくひたすら登っていれば着く。
期間:2014/05/11-13 3泊
部屋:4人ドミ(MIX)
宿泊費:35元(約595円)
シャワー:なし
Wi-Fi:なし
電気毛布:あったりなかったり
私は最終日別の部屋の空きベッドから電気毛布を拝借。
最後だけ温かく寝ることが出来た。

=場所=
山の上だから登りが結構キツイけど眺めは良し!
=良かったところ=
・ドミだったけど3日間誰も入ってこなかったから快適
・レストラン併設
=悪かったところ=
・部屋にカギがかけられない(ロッカーもなし)
・電気毛布は運次第!?

ここでは選択肢がないから、Wi-Fiないとかシャワーないとかホント言ってらんない。
夕方ぐらいに一時だけ洗面所でお湯が使える。
その隙にシャンプーだけ1回出来た。すぐにぬるくなるし朝晩は出ないから夕方が狙い目だよ!

DSC04240_20140524124433d1c.jpg

DSC04281_201405241244329ef.jpg

DSC04346.jpg

ゆきんこオススメ度:ーーーーー

ここ付けづらい。だって選択肢がないし。
ここに泊まるしかないって思ってくださいね!!
お金を出せばもっといい部屋もありますよ、お金を出せば!

◆色達(セルタ)
老兵招待所
場所:バスターミナルの並び、徒歩10分弱。
期間:2014/05/14 1泊
部屋:4人部屋
宿泊費:120元(1人30元、約510円)
シャワー:普通。水圧○、お湯◎。
Wi-Fi:あり。部屋でも使える。
電気毛布:あり

=場所=
バスターミナルから近いと言えば近いけど、もっと近くにいいところあったんじゃ…?
ちゃんと探せば良かったって今は思う。
=良かったところ=
・部屋でWi-Fiが使える
・シャワーのお湯が最強だった
=悪かったところ=
・屋外木造ニーハオぼっとん便所!!
昨日の記事に書いたけどマジ最強のトイレだった!

よく考えたら「老兵招待所」って名前も怖い。
1泊が限界です。

DSC04363.jpg

DSC04356.jpg

ゆきんこオススメ度:★☆☆☆☆


【5】その他

◆東チベットの外国人立ち入りに関して
これは出発前からいろいろ言われていたことだけど、
私が行った時、その前後で問題があったっていう話は聞いていません。
特に私は成都でビザの申請中だったからパスポート不携帯(その代わりの紙は持っていたけど)だったけど、
宿も問題なく泊まれました。
そもそもパスポートが必要なかった宿もあったぐらい。
でも状況がいろいろ変わることもあるだろうから事前に情報収集を!

ただし、
成都→康定行きのバスチケットは外国人でも普通に買えるけど、
成都→五明佛学院(ラルンガルゴンパ)行きのチケットは外国人は買えないって話があった。
ちょうどそのルートで行く人がいたけど、Hello Chengduって宿で代理手配してもらって、
購入者も中国人ってことにしたらしい。バスに乗る時絶対バレると思うけど。
でもそのちょっと前に行った人は普通に自分で買って行けたって聞いたから、どうなんでしょ?
でもホントそんな感じ。確かな情報がないのが現状。
最新情報をしっかりチェックしてから行ってね!

◆防寒対策!!
標高が高いから基本的にどの町も寒かった!!
ヒートテック絶対必要!!てゆーか出来うる限りの防寒を!!

◆食事&飲み物
食事はどの町でも困ることはなかったよ。
ラルンガルゴンパだけ食事する場所が極端に少なかったけど、特に問題なし!

東チベット名物!?
バター茶を試してみては??

DSC04318.jpg

私は無理だった( ;´Д`)
ふたくち限界!香りは良かったんだけどなー。
決して美味くない!

ラルンガルゴンパはビールが売っていないよ。
「今日もサクッとビール飲んで寝るか〜」的なことは出来ないから要注意!
どうしてもアルコールを欲してしまう方は中国のお酒「白酒(バイジュウ)」を。
ただし標高が高いから飲み過ぎに注意!
そして白酒はアルコール度数が高いからさらに注意!

◆その他中のその他 

ラルンガルゴンパではタバコは吸えません!!
基本的には…ですけど。

ヘタレパッカーの私にとっては、寒さとの闘い、宿のクオリティ、シャワーが浴びれない、
とか環境的にはハードだったけど、本当に本当に行って良かった!!
耐える価値のある場所!!

そして一緒に東チベットを回ったえーきちくんにはホント感謝!
狭い乗り合いワゴンでおっさんの隣に座りたくない私と席を代わってくれたり、
連日晩酌に付き合ってくれたり、無知な私にいろんなこをを教えてくれたり。

P5140639.jpg

この場を借りて、Thank you( ´ ▽ ` )ノ



そして時間のない人はラルンガルゴンパだけでも行くことをオススメします!!
そこは本当に別世界にいるような、そんな場所です!!


IMGP8680.jpg
PHOTO by Eikichi

次は何書こー。
この記事超時間かかった!!頑張った!!よね??
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

最強トイレの宿に泊まってしまったヽ( ̄д ̄;)ノ

こんにちは☆
この旅11か国目となるモンゴルに到着!首都のウランバートルです!
案の定予定通りにはいかず、神がかり的に親切なモンゴル人に助けられ1日遅れでやっと辿り着きました(^_^;)
そのお話はまた後日!

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月14日】

3泊したラルンガルゴンパを離れる日。
明日の成都へ戻るバスが早朝発だから、バスが出る色達(セルタ)という町に今日中に移動する。

私はどちらかというと移動→移動→移動って感じの旅をするタイプだから、
それも意図してそうしてるわけじゃないんだけど、
あとから宿情報をまとめてアップする時に振り返ってみると意外と1泊とか2泊が多かったって話なんだけど。

結構サクサク旅してるんだなーって。

その町には滞在していても宿を移動しちゃうってことも結構あるし。
私にとって宿って超重要だから(^_^;)

もともとラルンガルゴンパは私が中国に来た1番の目的でもあるし、
ここにはゆっくり時間をとろうと思ってたから3日間は予定通りなんだけど、
シャワーに入れないとか、Wi-Fiないとか、電気毛布なくて寒過ぎるとか、
環境的には決して長居する宿ではなかったのに3泊したってすごいと思った。

だって中南米の旅で3泊以上した宿ってそう多くない。
かなりのお気に入りレベルの宿だけだと思う。

ここでは宿の選択肢が他にないっていうのもあるけど、
きっと宿泊環境を超えるものがあったから耐えられたんだと思う。

ここを昼ぐらいに出ればいっかーって感じだったから、
何度も歩いた道を歩き、何度も写真を撮った風景を撮る。

P5140623.jpg

P5140638.jpg

P5140650.jpg

P5140657.jpg

昨日一緒に鳥葬に行っためぐちゃんって子が手首にカワイイ数珠をつけてて、
聞いたらお坊さんにもらったって言ってて。
いいなーって思ったけど、ここで売ってる数珠はアクセなんかじゃなくてリアルな数珠だから。
これって私がしていいものか…ってなんとなく抵抗があって。

どうしようかって超悩んだんだけど…。

DSC04352.jpg

結局買うことにした。

なんかラルンガルゴンパに来た思い出というか、証というか、
そういうのが欲しいなって思って。
数珠なんてどこでも買えるだろうけど、ここで買いたかったから。

超お気に入りデス☆

ここのお店のおじちゃん超かわいくて、
数珠の意味を紙に書いて教えてくれたりして親切だったから。

セルタ行きは来たとき降りたバス停にいれば何台もやってくる。
けど、遠慮してたらいつまでも乗れないから要注意。

セルタに行くお坊さんも多く、意外なことに先に待ってたとかそんなのお構いなし!
乗り合いワゴンが来たら一気に群がって一気に満員御礼になる。
おとなしく順番待ちそうなイメージだったから圧倒される。

私たちは日本人だから秩序を守り、私たちが到着する前からいた人がいなくなったのを確認してから群がる。
そんなマジメなとこ、日本人の好きなとこ♡

ラルンガルゴンパからセルタまでは約30分ぐらい。

到着してすぐ明日のバスチケットを買うために雨の中バスターミナルを探す。

本当にこっちかよーって思いながら歩いていると車に乗った宿の客引きのおっちゃんが。
中国語わからんって追い払ったけど、次は英語の話せる中国人を乗せて追いかけてきた。
しかもその人もお客さん。

なかなか根性ある。
よかろう、話だけは聞いてやろう( ̄^ ̄)


とりあえずバスチケットを無事ゲットして、
結局バスターミナルから徒歩10分弱ぐらいのところにあるおっちゃんの宿に泊まることに。

めっちゃ雨降ってるし、たったの1泊だし、そこまでこだわりなし!
って感じでついて行ったんだけど。

DSC04362.jpg

宿の入口で看板に「浴」という文字を見て3日ぶりに風呂に入れる!!ってテンション上がって、

部屋見て結構テンション下がって、

すかさずシャワールームを探してその数の多さにビックリ&
まあまあ広くて許せるレベルでホッとして、

で?トイレは!?
どこ!?


シャワールームは多分10室ぐらいあるのに、宿中探してもトイレがひとつもない!!

そんなわけないじゃん?
バランスってあるじゃん?


DSC04357.jpg


発見したトイレはまさかの外だったヽ( ̄д ̄;)ノ



このトイレ今までのトイレの中でマジ1番最強!!
木造ニーハオぼっとん便所!!


てゆーか木の板の間に用を足す穴があいてるってだけの話。
真っ暗だし、すべて豪快に穴の下に垂れ流しだから超臭いし、
もう東チベットを乗り切った感いっぱいだった私は撃沈( ;´Д`)


いや、そもそもおかしいっ!!
だって宿の中にシャワールーム10室以上あるんだよ!?
それ何室か減らして中にトイレ作るとかさ…

ホント、バランスってあるじゃーんヽ(;▽;)ノ


セルタから成都に戻る日も一緒だった日本人カップルと部屋をシェアすることになったんだけど、
彼女は色も白くて細くて小さくていかにも"かわいらしい女の子"ってタイプの子なの。

なのにその子先のそのトイレに行って、

「なかなかのトイレでした〜」って結構軽いタッチで戻ってきたんだよー。
強過ぎる!!

私だったら
「マジやばい!!ホントあり得ない!!汚い!!臭い!!もう行きたくない!!」
って騒ぎまくる(ーー;)

強くならなきゃなー。
いや、でも普通にイヤだよね!?

えーきちくんもこのトイレはなかなかのレベルだって言ってたし。

宿情報は後でまとめてアップするから、汚いのホント無理って人は要注意だよ!!

セルタの町を歩く。

DSC04361.jpg

DSC04360.jpg

小さなお店がいくつかと、飲食店はホテルの食堂を除くと多分ひとつしかないようなラルンガルゴンパに数日いただけで、
小さな町であろうセルタが超都会で便利な町に感じる。

遅めの昼ごはん。

DSC04359.jpg

DSC04358.jpg
麺(小):11元(約187円)
水餃子:12元(約204円)※シェア。1人6元。

今日は久々にビールを買って宿で飲んで寝る。
ついでに中国のお酒『白酒(バイジュウ)』も!
コレ、アルコール度数52%!!

DSC04321.jpg

これは標高4000m超えの地で飲むようなお酒ではないね。
475㎖を空けるのにえーきちくんと2人で3日かかった(*°∀°)=3
これは本当にやめた方がいいと思う。私たちは今さらですが…。

ちなみに22元(約374円)だったかな。
10元とかもっと安いのもあったけど、質&飲みやすさを考慮して☆

ま、飲みづらいってもんじゃなかったけどねヽ(´ー`)ノ

明日は成都へ。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【ラルンガルゴンパ3日目】鳥葬。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!11か国目のモンゴル入国を目指し、
国境の町「二連浩特(エレンホト)」というところに向かう列車の中でございます!
スムーズに行けば明日の昼ぐらいにはモンゴルの首都、ウランバートルに到着予定!
緊張&不安~(>_<~)ちゃんと辿り着けるかなー。

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月13日】

久々の青空。
えーきちくんは自称晴れ男だけど、絶対違うと心の中で思ってた。
だって雨とか雪とか、良くて曇りとか。とにかく天気が悪かったんだもん( ̄^ ̄)

P5130520.jpg

今日は14時からの鳥葬に行く。

その前に反対側の丘からラルンガルゴンパを見る。

P5130513.jpg

やっぱり天気がいいと写真もキレイ☆

DSC04326.jpg
コレ、デジカメでパノラマ撮影したの。
私のデジカメにそんな機能があるなんて、えーきちくんに教えてもらうまで知らなかった!
よって第1弾の中南米編では1度も撮ったことがなかったヽ( ̄д ̄;)ノ

知ってから頻発してるけどw

僧坊の間を縫うように歩く。

P5130523.jpg

P5130535.jpg

P5130540.jpg


(((( ;°Д°))))

P5130542.jpg

豚っ!!


この豚超ゴミあさったりしててデカいし怖かった。
えーきちくん曰くインドはもっとすごいらしい。

インド…。
ますます不安なんですけど。
てゆーか不安しかないんですけど( ;´Д`)

P5130552.jpg
鳥葬は(右)中国人のウォンリン+(左)お坊さん+ゆきんこ&えーきちくん、
理塘で同じ宿&ラルンガルゴンパで再会した日本人カップルと一緒に行く。

昨日迷って鳥葬に辿り着けなかったからホテルで英語の話せるウォンリンに聞いたら連れて行ってくれるって。

なんていい人、ウォンリン(*´▽`*)

しかも向かう道で色々話してて知ったけど、
なんとウォンリンはホテルの従業員じゃなかった(((( ;°Д°))))
ただのお客様なのにあまりにいい人過ぎてホテルのお手伝いをしていただけだった!!

本当に申し訳ない(ーー;)
到着した日に部屋まで引っ張っていってカギが壊れてるから部屋替えてくれとか電気毛布ないとか。

P5130553.jpg

P5130556.jpg

P5130564.jpg

ガッツリ斜面を降りて行ったところが鳥葬が行われる場所。
こんなに下って帰り大丈夫か?と不安なぐらい下る。
ここ、標高4000m超えてるからね。

まだ1時間以上前だというのに待ちきれないと言わんばかりに鳥がスタンバイしていた。

P5130563.jpg

左側の赤いBOXの前が鳥葬の行われる場所らしい。
近くまでいって見れるからと言われた。

P5130583.jpg

そもそも『鳥葬』とは…。
チベット高地に住むチベット人にとって最も一般的な葬儀が鳥葬。
宗教上は、魂の抜け出た遺体を「天へと送り届ける」ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎない。
中国語では天葬、英語では空葬 (Sky burial) などと呼ぶ。また、多くの生命を奪ってそれを食べることによって生きてきた人間が、せめて死後の魂が抜け出た肉体を、他の生命のために布施しようという思想もある。
※Wikipediaより一部抜粋

私はつい最近までこの『鳥葬』という言葉自体知らなかった。
東チベットに行くと言ったら「鳥葬見る?」って聞かれて、
一時帰国した時に札幌で再会したメキシコ&グアテマラと一緒に旅をしたともみちゃんが、
「鳥葬見てみたい」って言っていたのを思い出した。

調べてみると、鳥葬は鳥が食べやすいように死体を切り刻むと書いてあった。
そんな光景見ることができるだろうかって、怖いなって思ったけど、
「天葬」という言葉に惹かれ見てみたいと思った。

14時。天葬の始まり。
ご遺体が棺に入れられ運ばれてくる。
直視できなかったけど、後から聞いたら4名の方の葬儀だったようだ。

皮がはがされご遺体が刻まれる。
目をそむけてしまう。

DSC04333.jpg

DSC04339.jpg

さっき見た鳥の数とは比べものにならないぐらいの鳥が集まっている。

DSC04338.jpg

一斉に群がる鳥。


一緒に行ったお坊さんに促され葬儀が終わる前にその場を立ち去る。

この日葬儀に訪れた観光客は多分100名を超える。
タバコを吸いながら見ている中国人。
お坊さんですら写真を撮りながら見ていた。

ご遺体にカメラを向けることはしなかったけど、ここに載せている通り私も写真を撮った。

なんか複雑な心境になった。

見に来たくせに、見ていたくせに、
そんな私が言うのもおかしいけど、

"見せ物"

というか、
神聖な儀式ではなく観光客に見せるパフォーマンスのようにしか映らなかった。

亡くなった方々は天に行けたのだろうか。

これも後から聞いた話だけど、理塘で行われている鳥葬は全然違ったらしい。
見ている人もほんの数人。ご遺体も皮がはがされるなどの扱いはされることなく、鳥が食べやすいように切れ目は入れるらしいけどもっと大切に扱われていたって。

理塘でも鳥葬が行われているって知っていたけど、
ラルンガルゴンパでも見れるし雪の理塘でわざわざ行かなくてもいっかーぐらいに思ってしまったけど、

鳥葬を見たい方、理塘で見ることをお勧めします。
両方見た人から聞いた話でしかないけど、その人も理塘で見るべきって言っていました。




帰り道はもちろん尋常じゃないぐらいの上り。
ヘタレな私が無理って言ったらイイ人ウォンリンが車で帰れないか必死に聞いてくれた。

帰れるわけないんだけど。
車で来た人は車で帰るし、空席ありでは出発しないから。
ちなみにいくらかわかんないけどバス停から乗り合いワゴンが出てるから、
体力に自信のない人は車で行った方がいいかも。
帰りの上りはマジキツイよ。

私はウォンリンのサポートもあってなんとか登りきることが出来た。

P5130596.jpg

彼の肩にゆきんこのモンベルバッグが(^_^;)
荷物も持ってくれて、私が座り込むとすかさずバッグから水を出して
「一口だけだよ」って差し出してくれる。


マジ神ヽ(;▽;)ノ


さらに神がかり的な出来事が。

ウォンリンが日本酒好きだって話から、
私ビール大好きなんだけどこの町には売ってないよねって言っていた。


そう、
ラルンガルゴンパにはビールが売っていません!!
着いた日に町中探したからマジでないはず。

ここにはビールなど必要ないのです。

数泊するし初めは「マジかよ〜」って思ったけど、
ここはそういう場所なんだと思ってまさか飲めるなんて思っていなかった。


一度ホテルに戻ってまったりしていたらノックが。
開けるとウォンリンが「1本しかないけど!内緒だよ!」って言って
上着の中に隠してビールを持ってきた!!

DSC04341.jpg

見たことないビール。
ビールが飲める嬉しさより、ウォンリンの底抜けの優しさがうれしかった。
もちろんビールも嬉しいけどw

夕方もう一度「問答」を見にお寺に行った。

P5130606.jpg
変わらぬ熱気。

ラルンガルゴンパには大きなお寺(お堂)が3つある。
1つは大人男性、1つは子供男性、1つは尼僧のためのお寺。
男性の分け方はよくわからないけど、男女は居住区も分かれているらしいからそこは明確。

こちらは少年ばかりがいるお寺。

P5130610.jpg
プチ熱気。

町をウロウロしているとただならぬ雰囲気を感じる。
とある僧侶が道を歩くと、みんな道を譲り挨拶をする。

あからさまにエライ人っぽい。

誰なんだろうって思って後をつけていると、一人の尼僧さんが話しかけてきた。

何を言っているのか全然わかんなかったけど、
19:30からお寺で何かあるらしいっていうことだけはなんとか理解した。
あなた達も来たらいいよっていうニュアンスっぽい。

19:30。
何があるかはわからないけど、とにかくなんかあるから行ってみる。

続々と僧侶さんが集まってきていた。
ただならぬ雰囲気。

入口からすでに男女別だった。
中に入るとすごく広い部屋で、男女の間に仕切りがあった。
偉い人が座るであろう場所が設けられていて、男女それぞれのスペースの前にスクリーンがあり、
ビデオカメラまでセットされていた。

私の座るスペースなんてあるのか?というぐらいの数の尼僧さんがまわりにいた。

DSC04345.jpg

さっき見た偉い人が入ってきた瞬間全員一斉に立ち上がり挨拶。
その後着座して1時間ぐらい全員でお経を唱える。

私はわけもわからずただただそこにいる。
後ろの人がお経が書かれた本を貸してくれた。
読めないけどスクリーンを見ながら必死でページをめくる。

お経の後は偉い人のお話。
みんな熱心にメモを取りながら聞いている。
そして一部寝ているw

私は何を話しているかもわからないし、みんなが笑うところで笑えないし、

だからその時間いろんなことを考えた。


私はその空間でダントツナンバーワンに浮いていた。

もちろん尼僧さん以外の一般の方というかそういう方もいたけど。
まわりにいる尼僧さんは、坊主頭で、化粧もせず、アクセサリーも身につけず、
身にまとっているものもみんな同じ。


一方私は茶髪もじゃ頭、バッチリ化粧につけま、ピアス…。


私はなんか余計なものばかり身にまとっているんじゃないか。
本当に必要なものはものすごく少なくてもっとシンプルなんじゃないか。

なんかそんなことをぐるぐるグルグル。

だからといって私は尼僧にはなれないし、もじゃるし、化粧をするし、つけまもするし、オシャレしたいし、
お酒もタバコもやめられない。


罪悪感ってわけじゃないけど…。
うまい言葉が見つからない。


約2時間で会が終了。
何にもわからなかったけど、
貴重な場に居合わせられたこと、いろんなことを考える時間を持てたことに感謝。

今日はマジで濃い1日だった。

明日はラルンガルゴンパを出ます。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【ラルンガルゴンパ2日目】言葉にならない。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!北京でございます!
今泊まっている宿のWi-Fiパスワードは"kissmekissme"です!
だから何?って話(*´▽`*)
明日の朝11か国目のモンゴルに向けて出発でーす☆

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月12日】

昨日の夜着れるものは全部着込んで寝た。
超寒かった。

DSC04283.jpg

DSC04282.jpg

トイレが完全外だと思ってたけど、ホテルの中にあったことが救いだった。

ラルンガルゴンパ2日目の朝。

到着した時はバスでサラッと通過してしまったラルンガルゴンパの入口まで行ってみることに。

P5120354.jpg

P5120357.jpg

P5120362.jpg

ここが入口。

P5120383.jpg

P5120376.jpg

出たところにいくつかお土産屋さんや飲食店がある。

P5120381.jpg

P5120379.jpg

P5120380.jpg

DSC04300.jpg
ここで遅めの朝食。
ツル辛麺:9元(約153円)

洗面器にお湯を汲んで店の前で女の子がシャンプーをしていた。
やっぱりシャワーとかないんだなって思った。
ここでの日常を垣間みた気がした。

僧侶さんのお家「僧坊」の間を通り一本道を戻って行く。

P5120391.jpg

P5120403.jpg

P5120410.jpg

P5120392.jpg

P5120369.jpg

P5120412.jpg

きっとみんな毎日修行に励んでいるのだろうけど、
僧侶さんの中にはスマホを持っている人も多く、
その辺は変わらないんだなってここでの生活風景とのギャップに驚いた。

DSC04306.jpg

午後からは『鳥葬』を見に行くことに。
結局2時間ぐらい歩いても場所を発見することが出来ず明日リベンジすることに。
でも頑張って丘の上まで行った分ラルンガルゴンパの町を一望できる場所に立つことが出来た。

P5120462.jpg

P5120472.jpg

P5120465.jpg

ここに一体どれくらいの僧侶さんが生活しているんだろう。
何時に起きて、何時にお堂に足を運び、何を食べ、何を見て、何時に寝るんだろう。
私とはかけ離れた生活を送る僧侶さんの日常生活が知りたいと思った。

P5120447.jpg

言葉にならないってこういう時のことを言うのかな。
ただただこの景色を眺め、ただただシャッターをきる。

中南米を旅して言葉にならないほどの絶景をいくつも目にしたけど、
その「言葉にならない」とは明らかに違う。
どっちがいいとかどっちがすごいとかじゃなくて。

「すごい!やばい!」っていう高揚感ではなく、心が静かになる感覚。

ここに来れてよかった。
明日こそは『鳥葬』を見に行こう。

また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【ラルンガルゴンパ1日目】別世界へ。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!北京でございます!
明日11か国目のモンゴルへ向けて出発する予定でしたがチケット買えず北京にあと2泊。
宿、お引っ越ししました。前の宿高かったんだもん。
でも移動した宿の6人MIXドミにどん引きして4人MIXドミ(今は女性しか泊まっていない)へ変更。
結局金額ほとんど変わらないっていう…。ヘタレー。

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月11日②】

バスを降りる。
ここから宿まではキツイ上り坂と聞いている。

DSC04238.jpg

ラルンガルゴンパの標高は4000m超え。
歩いているだけで息が上がるのに延々上りばっか。
バックパックは成都に置いてきているとはいえキツイ。

約20分で丘の上にある宿に到着!

DSC04240.jpg

ここはシャワーがない。
でもみんなここに泊まる。選択肢がないのだ。
バスを降りたところにもう1つ宿があったけど、この2つだけだと思う。

部屋はとってもキレイ。

DSC04281.jpg

だけど運悪く部屋のカギが壊れている。閉まらない。
部屋にはロッカーもないからこれはマズイ。

しかもすかさずベッドチェックをしたけど、
大事な大事なアイテム、電気毛布がないっ!!!

この宿は電気毛布があるから温かく眠れるって聞いてたのに!!

他のベッドを調べたら4ベッドの内なぜか1ベッドだけ電気毛布があった。

Why…??


コレ、部屋換えてもらった方がよくない??
他の部屋全然空いてるっぽいし。

中国語の指差し会話帳を持ってフロントへ。

カギ、壊れてる。
部屋、換えて。



…。


伝わらないヽ( ̄д ̄;)ノ



フロントにいたおじさんを部屋まで引っ張っていく。
身振り手振りでついでに電気毛布もないからって伝える。


…。


伝わらないヽ( ̄д ̄;)ノ



お手上げだ。


諦めきれずにもう1度フロントに行くと別のお兄ちゃんが。
英語で話しかけてみる。もちろんカタコトだけど。

少しなら英語話せるって!
少しで全然OK!どーせ私も少し中の少しだし!!


結局私の語学力では意図を伝えられず、お兄ちゃんも部屋に連れて行く。


結果わかったこと。
カギは全室開けっぱだということ。
だから壊れていようがいまいが関係ない。

電気毛布、なし。

他の部屋、満室。←絶対嘘。だってガラガラだったもん( ̄^ ̄)

でも申し訳なさそうに謝るお兄ちゃんを責める気にはなれず。

仕方なく唯一部屋にあった電気毛布は寒がりのゆきんこのベッドへ移動。
サンキューえーきちくん☆


…ってコレ、壊れてる??
電源入らーんヽ( ̄д ̄;)ノ



オワタ。


日中でも部屋は寒い。ダウン着なきゃなぐらい。
逆に外の方が温かいぐらい。


もう絶対凍えるやつじゃーん( ;´Д`)


すべてを諦めて腹ごしらえ。
ホテルに来るまでごはん食べれるところなんて全然目に入らなかったけど。
聞いたらホテルの1階のレストランを紹介された。
他のところは遠いらしい。
メニューを見せてもらったらそんなに高くなかったからとりあえず食べることに。

DSC04244.jpg
定番の青椒肉絲:22元(約374円)
大好物のトマト玉子:15元(約255円)
ライス:3元(約51円)/人
1人21.5元(約366円)!!

このお店の女の子は唯一「もしもし」って日本語を知っているらしくとにかく連呼してた。
カワイイ☆

食後町を歩いてみることに。
それにしてもすごいところに来てしまった。

DSC04246.jpg

お寺(お堂?)とお坊さん達が暮らす家「僧坊」しかない。
そんな町だ。

DSC04262.jpg

大きなお寺の前で足を止める。
なんだか中が騒がしい。

DSC04249.jpg

靴がいっぱい脱ぎ捨ててあるから中にお坊さん達がいるんだ!

入ってみたいけどいいのかなー。ダメだよなー。でもなー。
ってウロウロしていたら一人のお坊さんが入っていいよって言ってくれた。っぽい。

DSC04259.jpg

遠慮がちに中へ。

DSC04258.jpg

すごい熱気!!

招き入れてくれたお坊さんに着いて2階へ。


!!!


DSC04257.jpg


!!!


DSC04253.jpg


何コレ!!!


どうやらこれは「問答」という修行なのだそう。
問答の内容はわからないけど、問い、聴き、答え、叩く真似みたいのをみんな繰り返している。

DSC04254.jpg

本当にすごい熱気でただただ圧倒される。


DSC04273.jpg

ここはは町が一望できる丘の上に建つ「マニ堂」というところ。
ぐるりと一周マニ車があり、みんな回しながらお経を唱え歩いている。


僧侶の方々のここでの暮らしはどんなものなんだろう。
どんな1日を過ごしているんだろう。


DSC04279.jpg


明日はもっともっと知りたい。


また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

果てしない大空と広い大地のその中で×××。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!北京でございます!
今日は中国最後の目的地となる『万里の長城』に行ってきました♪
行くまでの苦労、そして行ってからの苦労、数日後に書きますヽ(;▽;)ノ
一人はやっぱりテンパるー。明日は絶対筋肉痛!

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月11日】

今日はいよいよ中国で1番行きたかった場所、『ラルンガルゴンパ』へ。

バスは朝7:00発と聞いていたから、念のため6:30にバスターミナルへ。
ま、ターミナルって言うほどの場所じゃないけど。

甘孜(ガンゼ)からラルンガルゴンパまでは70元って聞いてたけど、
乗り合いワゴンのドライバーが90元でどうだってしつこい。

なかなか70元のバスが発見出来ずにいる間もずっと90元の交渉をしてくる。
うるさい。

結局バスは2種類あって、
どこかを経由するけど道がいい=70元(約1190円)
直行だけど悪路=55元(約935円)

どちらも7時間ぐらいで時間は一緒らしい。

たまたま見つけたバスが悪路55元の方だったけど、
まいっかーってことでそちらに乗車。

DSC04194.jpg

なかなかのオンボロバス。てゆーか狭い&汚い。
私は結構ひいてたけど、インドとか旅してきたえーきちくんに撮っては普通らしい。

インド行けるかな(ーー;)
今のところ全く自信なし。

DSC04200.jpg

DSC04199.jpg

途中また4000m超えの山道を行く。
悪路と言えば悪路。私、悪路慣れしてきてるかも。

DSC04203.jpg

途中の昼休憩。
と言っても商店みたいのがあるだけで、みんなお菓子とかカップラーメンを買って食べている。
さすがラルンガルゴンパ行きのバス。お坊さん率が上がってる!

ゆきんこはトイレに行きた過ぎで何も食べず。
一緒のバスの女の人は普通にその辺でトイレをしていた。
そこ見えるんじゃない??てゆーか見えてますけどぐらいの場所で。


私は絶対無理!!
断固拒否!!


とにかく少しでも早く到着することを願っていたのに、
昼休憩から1時間ちょっと走ったぐらいでまた停車。

DSC04214.jpg

単なるドライバーのちょこっと休憩かと思ったら次々に人が降りて行く。

(((( ;°Д°))))


DSC04215.jpg


パンクしてるヽ( ̄д ̄;)ノ


私のバス運なんとかしてヽ(;▽;)ノ


DSC04219.jpg

みんなで必死に頑張ってるけど、ジャッキも使ってるっぽいけど、
しまいに穴とか掘り始めたからヽ( ̄д ̄;)ノ


…もれる。


えーきちくんは絶対30分以上かかるから今ここでしておいた方がいいって言うけど、

…無理。

IMGP8087.jpg
PHOTO by Eikichi

こんなところだけど、他の車きたらどーすんの!?


…でももれる。


「もらす」か「するか」の究極の選択。


だったらもうするしかないよねヽ(;▽;)ノ


幸いにも高い壁があった。牛が近くにいるけど。

DSC04220.jpg

その裏に回り込む。

DSC04222.jpg

ここが大人になって初めての屋外トイレ。

してみるとニーハオよりいいかもーって思ったけど、
となりで他の女の人も用を足していたから結局ニーハオトイレw

DSC04226.jpg

一皮むけた背中です。


甘孜(ガンゼ)から約8時間。
ついに目的の町が見えきた!

DSC04232.jpg


!!!


DSC04239.jpg


!!!


DSC04241.jpg


!!!


DSC04271.jpg


甘孜(ガンゼ)→五明佛学院(ラルンガルゴンパ)
所要時間:約7時間(パンクしなければ)
乗り合いバス:55元(約935円)
※別ルートだと70元、乗り合いワゴンは90元。

今日はちょっと疲れたから続きはまた明日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

チベット仏教にやんわり触れる。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!今日成都から北京へやってきました!
昨日またしても顔を2か所も刺されました。
しかも1つはまたまぶた…右目超腫れています( ;´Д`)
虫除けスプレーしまくってるけど、できない顔を完全に狙われています。
明日写真撮れないじゃん( ̄^ ̄)

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


【2014年5月10日】

甘孜(ガンゼ)2日目。
もう少し町を歩いてみることに。

…の前に朝ごはん!宿の近くのお店へ。
DSC04148.jpg

DSC04144.jpg

私が頼んだ麺はメニューが漢字で出せないんだけど、もちろん辛いであろう麺。
ここは初めて辛みが別で出てきた。
超ありがたい!!

私が外国人だから「こんなに辛いの食べれないでしょ?」って勝手に辛さ調整されてるんじゃ…??
ってちょっと思ってたんだー。
これならかけ放題!

DSC04147.jpg

まぜたらスープは真っ赤だよ♪
10元(約170円)
小を頼んだのにすごいボリュームで食べきれなかったけど、辛さ調整が出来たし超美味しかった!
この辛いの瓶詰めして持ち歩きたいな〜。

DSC04165.jpg

DSC04166.jpg


昨日よりちょっと天気が良さそうだったから、違う道からもう1度甘孜寺に登ってみることに。

P5100287.jpg

P5100286.jpg

大きくて豪華なマニ車。

P5100282.jpg

P5100289.jpg

せっかく登ったけど結局あいにくの天気。。。

P5100292.jpg

せっかく登ったのにー。

その後遠目に見える不思議な形の建物のあるところへ。
なんていう名前だったか完全に忘れてしまったけど(; ̄ェ ̄)

P5100318.jpg

P5100300.jpg

P5100315.jpg

P5100298.jpg

お寺の扉がキレイだなーと思って写真を撮っていたら、
通りかかったお坊さんが開けてくれて中に入ることができた。

P5100302.jpg

P5100303.jpg

なんと表現したらいいか。とにかく超キレイだった。

誰もいない静かなお寺の中を歩きながら、
ここにお坊さんがいっぱい並んでお経を唱えるんだなって思った。

しかもこのお坊さん気さくな方で一緒に写真まで撮ってくれた☆
中を見ることが出来てラッキーだったな☆

P5100313.jpg

甘孜(ガンゼ)は温泉が有名だって聞いていた。
東チベット入ってから標高が高くてずっと寒かったから、ひそかに楽しみにしていた。

DSC04168.jpg

DSC04169.jpg

歩いていると「温泉」って看板がいくつかあって確かに温泉街なんだなーって感じ。

DSC04141.jpg

この雪山温泉ってところ覗いてみたけど、

微妙…(◎-◎;)

入らなくていいかなって思った。

完全個室で、湯船がある広めのお風呂って感じだった。
硫黄の匂いがしたからマジで温泉だーって思ったけど、
あまりテンションの上がる感じじゃなかったな。
キレイさって意味で。
確か15元(約255円)って言ってた気がする。

残念( ;´Д`)

だからと言ってホテルのシャワーも全くテンション上がんないけどね。

夜ごはんも宿の近くのお店で。
スペシャルシェフが作る…

DSC04186.jpg

青椒肉絲と水餃子♪

DSC04191.jpg
青椒肉絲:25元(約425円)
水餃子:10元(約170円)
ライス:2元(約34円)/人
1人約330円!!

辛みを自分好みにすることを覚えた私は、
水餃子をもっともっと辛くしたいと思ってコレもらっちゃった♪

DSC04192.jpg

マジ最高(´▽`)ノ♪


って、ごはんネタの後になんだけど。
なんか。
マニ車をくるくる回しながら歩く人をいっぱい目にして、
チベットの人々の信仰の深さをひしひしと感じる。
本当になんて表現していいか、感じていることをうまく表現できないんだけど。

明日はきっともっとそう感じるんだろう。
中国で1番行きたかった場所、ラルンガルゴンパへ向かいます。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

この宿大丈夫?ヽ( ̄д ̄;)ノ

こんにちは☆
ゆきんこin中国!成都でございます!
今日東チベットに行く前に申請していたビザをGET♪
やっと手元にパスポートが戻ってきました!
お気に入りの成都でもう少しゆっくりしたいけど、明日北京へ向かいます☆

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月9日】

朝7時、乗り合いワゴンの集まる場所へ。
昨日話した甘孜(ガンゼ)行きのドライバーさんがいた。
もう何人か甘孜(ガンゼ)行きの人がいて、すぐに出発できそう。

DSC04088.jpg

DSC04089.jpg

DSC04090.jpg

シートは狭いけど、贅沢は言えない。
人詰め込み注意!とは言いたいけど。

すぐに5人集まって7:10に出発!

DSC04092.jpg

まだ舗装されている道路なのに何度も牛に行く手を阻まれる。
クラクション超鳴らされても全然動じない。
私すぐテンパるからその強靭なハート少しわけて欲しー。

DSC04095.jpg

しばらく走ると未舗装の悪路へ突入。
車中で体が跳ねまくる。

11:00。
途中の「XinLong」という町で車を乗り換える。
一緒に甘孜(ガンゼ)まで向かうお坊さんに連れられここでお昼ごはん。

DSC04109.jpg

DSC04108.jpg
なんだかわかんないけど同じく一緒に向かうお兄ちゃんが注文してくれた。
高菜麺:12元(約200円)

コレ美味しかった!
麺がツルツルそうめんをちょっと太めにした感じでピリ辛♪

11:30。
乗り換えた車で再出発!

DSC04106.jpg

DSC04111.jpg

14:30。
約7時間で甘孜(ガンゼ)に到着!
もう少しかかると思ってたけど意外に早かった。

あらかじめ情報を聞いていた宿へ向かう。

東チベットは外国人の立ち入りを禁止しているとかしていないとか。
完全に立ち入り出来なかった期間もあったみたい。
直近の情報ではみんな平和に旅行をしているみたいだけど、
ちょっと前のブログの情報とか見ると公安に捕まって今すぐこの町を出ろって言われた人もいたみたい。
逆に全然平気だった人もいっぱいいるけど。

運なのかなんなのか。
悪いことはしていないけど明らかに外国人ってわかるだろうし、公安を見るとなぜかドキドキ。

そんな感じだから宿も外国人が泊まれる宿とそうでない宿があるみたい。
ここは外国人宿泊許可証みたいのがフロントに飾ってあったからOKな宿。

DSC04114.jpg

てゆーか外国人OKの宿があるなら立ち入りOKってことじゃん?って思うけど、
ホントいろんな情報があって「こうだ!!」ってのがないんだよなー。

ここはドミで20元(約340円)って聞いてた宿。
激安だから心配だったけど、とりあえず部屋を見せてもらうことに。

でもここは女の人はドミに泊まれないって言われてしまった。
風呂&シャワー付きのツインを100元→80元(約1360円、1人680円)にしてくれるって言うし
部屋もきれいそうだったから泊まることに。
必須アイテムの電気毛布もあるしね!

DSC04112.jpg

共同トイレはニーハオどころか壁がなく、和式の便器が2こ並んでいるだけだった(ーー;)
連れションみたいな感じ?女性はそんなの慣れていないのよー。
トイレ付きの部屋で良かった。
って言っても部屋のもなかなかパンチ効いてるけど。

共同の洗面所で顔だけ洗おうと思って水を出したら、ボゴボゴいって出たり出なかったり。
なぜか隣、そのまた隣の蛇口までもボゴボゴなってる!
慌てて閉めて部屋のを使うことに。

「熱ーい!!!!!」

洗い始めてすぐ熱湯になったヽ( ̄д ̄;)ノ

手も顔ももちろん熱湯に耐えられない!
まじバランスー!!

えーきちくんにシャワーを持ってもらって洗顔。

35歳、一人で顔も洗えずヽ(;▽;)ノ

さて充電でもしようと思ったら

「バチッ!!」

っと火花が散る(((( ;°Д°))))

えーきちくんのiphoneの充電器が焦げた。

DSC04113.jpg

ちょっとこの宿大丈夫!?
まだなんか仕掛けてくるんじゃ…!?



とか思いつつ甘孜(ガンゼ)の町に出てみることに。
地図にView Pointって書いてあったところへ。

P5090173.jpg

P5090179.jpg
実際は左手の山の上だったんだけど(^_^;)

この橋の両側に監視カメラがついていた。
ちょっと怖かったよ。

甘孜(ガンゼ)は他の町に比べ都会でにぎやかだった。
お土産ものもいろいろ売ってるし。

P5090183.jpg

P5090186.jpg

ブラブラしながら「甘孜寺」を目指す。
建物が場所によって違って見ているだけでおもしろい。

P5090190.jpg

P5090194.jpg

P5090199.jpg

甘孜寺は山の上にあるから登るのそこそこキツイ。
甘孜の標高は約3400m。

P5090213.jpg

P5090219.jpg

P5090220.jpg

登った甲斐があって広大な景色が見れた。

P5090247.jpg

んだけど、写真全然伝わらなーい。
超パノラマの景色だったんだけどな。

P5090263.jpg

右側のは「マニ車」というもので、くるくる回すとお経を読んだことになるらしい。
町の至る所にあって、みんな回しながら歩いている。

P5090233.jpg

P5090242.jpg

山の上から町に降りる細い階段や道がいくつもある。
お坊さんや住んでいる人達が日常使う道なんだろう。

P5090256.jpg

私なんだか遠慮しちゃって本当は撮りたい「人」の写真が全然撮れないんだけど、
自然に撮らせてもらえるような人懐っこい人に出会えたから載せてみるよ☆

P5090192.jpg
おじいちゃん全然何言ってるかわかんなかったし、
なぜに傘??って感じだったけどかわいかった♡

P5090268.jpg

この子達も人懐っこくて、外国人が珍しいのか超興味津々だった。
カメラを向けるとお姉ちゃんはかしこまっちゃったけどw

宿は怪しさ全開だけど楽しそうな町☆
気合いで2泊しまーす。

DSC04134.jpg

理塘(リタン)→甘孜(ガンゼ)
所要時間:約7時間
乗り合いワゴン:130元(約2210円)
※ここ120元で行った人もいるから聞いてみた方がいいかも!

また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

停電極寒の理塘。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!今日成都に戻って来ました!
なかなか過酷でとっても刺激的だった東チベットの10日間。
今は成都に戻ってほっとしていますが、かけがえのない貴重な経験ができました☆

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月8日】

電気毛布もなく、布団の中で最大限小さくなって寝た一夜が明け、
理塘の町を散策することに。

朝からガッツリ麺をいただく。

DSC04060.jpg
指差し注文。メニューが漢字変換出来ない。
10元(約170円)

同じような麺を何度も頼んでいるけど、具材、量、麺の太さ、味などお店によって全然違う。
この麺は具沢山でピリ辛で美味しかった☆

一夜明けても雪が降って寒々とした町。

DSC04062.jpg

DSC04065.jpg

野良犬どころか野良イノシシ?みたいのが町中をうろつく。

康定と比べるとチベット衣装?を身にまとった人が増えた気がする。

P5080124.jpg

地図を見ながらダライラマ7世が誕生した地へ。
ここなのかは定かではないけど。

P5080128.jpg

そしておそらく理塘の見どころであろう「理塘寺」へ。

人が全然いなくて、お寺の中に入れるかどうかもわからずぐるりとして戻ることに。

P5080144.jpg

P5080151.jpg

P5080153.jpg

P5080160.jpg

P5080142.jpg

P5080164.jpg

P5080167.jpg

P5080165.jpg

町中は少し活気づいてきた感じに見えたけど、
天気も悪いし予定を変更してもう次の町へ移動したいって思って、
乗り合いワゴンが集まるところへ。
でもいろんな人がいろんな金額を言ってきて、言葉も通じないし苦戦した。

とりあえず行けるかどうかわかんないけど宿をチェックアウトして再び乗り合いワゴンが停まっている場所へ。

時間は11:00。
現在の乗客候補はゆきんことえーきちくんの2名。
それでは車は出してもらえない。

待つこと1時間。
ドライバーさんも「甘孜(ガンゼ)!甘孜(ガンゼ)!」って呼びかけてくれたけど、
結局甘孜(ガンゼ)行きの人は現れず、明日の朝7時に来なさいと言われて今日の移動は断念。

通常乗り合いワゴンは朝一の出発だ。
みんな朝一に移動するから人数が集まって出発ってなる。
そうでなければ貸し切り料金を払うしかない。
わかってるんだけどねー。移動したかったんだもん( ;´Д`)

昨日泊まった宿は電気毛布がないのは辛かったけど、
スタッフも親切だし、熱過ぎるぐらいの熱湯シャワーだったし、

でも絶対に戻りたくなかった。

私の部屋は4人ドミ+4人ドミの計8人用のシャワー&トイレがあったけど、
その他の部屋の人は共同シャワー&トイレ。
そのトイレが最悪だった。

朝起きたら自分の部屋のトイレが流れていなくて、
流そうにもタンクに水が溜まっていない。
仕方なく共同トイレに行く。

(((( ;°Д°))))

信じがたい光景が。
あり得ない汚さ。本当にあり得ない。

別のフロアに行ってみる。

(((( ;°Д°))))

最悪。

唯一我慢すればなんとか入れるトイレを発見し用を足すことは出来たけど、
開けるトイレ開けるトイレ本当にひどかった。

次に入る人のことは考えないのか。

とにかく私はここ無理って思った。

だから同じ電気毛布ないだったら昨日最初に見に行った宿でも同じじゃんって思って、
そちらへ移動することに。

昨日の宿はドミ35元(約600円)、
移動する宿はドミ20元(約340円)。

わずかな期待を胸に、
「電気毛布付きの部屋ってないですか?」
って聞いたらあるって!!

マジ!?
やったヽ(;▽;)ノ


ツインで60元の部屋。
つまり1人30元(約510円)!!

DSC04080.jpg
ツインで電気毛布あって昨日の宿より安いなんて!!
しかもWi-Fiこっちの方が断然早いし!!

昨日聞いておけばあんな思いしなくて済んだのにー!!

昼間でもとっても寒い室内、電気毛布を入れてベッドの中へ。
温かい(●´∀`●)

なかなか調子のいいWi-Fiに張り切ってブログを書く。

途中Wi-Fiがきれていることに気づく。
なんか寒いと思ったら電気毛布も切れてる。

英語の話せる宿のお姉さんに確認したら停電だって。
16時か17時には復旧するからって。

外は雪、寒い…。

ホントかよ〜と思いながら布団にくるまって耐える。

16時を過ぎても17時を過ぎても電気がこない。

仕方がないから夜ごはんを食べに行くことに。
寒いから宿の近くのお店へ。

「お湯うまい!!」

中国に来てすごいなって思ったのがお湯。
いつでもどこでもお湯があってタダで自由に使うことが出来る。

お茶を入れたりカップラーメン食べたり、
お店に入っても水やお茶じゃなくお湯が出てくるところが多い。
寒い地域では特になのかもしれないけど。

お湯を飲む習慣なんてないし、最初は

「いや、お湯ってヽ( ̄д ̄;)ノ」って思ったけど、


このお湯に何度救われたことか。
体も温まるし、激ウマ!!お湯だけすすってなんならもういいかなってぐらい最高☆

ま、オーダーしますけど。

今日の夜ごはん

DSC04082.jpg

DSC04081.jpg
春雨麺みたいなやつ:10元(約170円)
麻婆豆腐:18元(約306円)2人でシェア。

春雨麺は昨日食べた白滝麺より断然美味しい。
でも多分同じメニュー。ホント店によって全然違う。

麻婆豆腐は成都の「陳さんの麻婆豆腐」の圧勝。
美味しかったけど辛さにパンチがないの。
麻婆豆腐においては致命傷。

宿に戻ってもまだ停電中。
最悪ジェネレーターを使うから大丈夫だよって言われたけど、
なんなら今すぐ発動して欲しいぐらい寒いんだけど…と思った。

数十分後、電気復活!
でもその後もずっと安定せず突然切れたりまた戻ったり。
ブログの更新も苦戦しました(^_^;)

明日こそ理塘を離れるのだ!!

また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

標高4000m越えの悪路を行く!!

こんにちは☆
ゆきんこin中国!東チベット最後の町、セルタにやって来ました!
今日3日ぶりにシャワーを浴びました。
今まで考えられなかったけど耐えました。
耐えるしかないのですヽ(;▽;)ノ

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月7日】

康定の町をお散歩。

P5070076.jpg

P5070075.jpg

お寺から丘の上を目指す。

P5070079.jpg

辺り一面は「タルチョ」という旗で覆われている。
この「タルチョ」は山の上とか至る所で目にする。

P5070081.jpg

色は青、白、赤、緑、黄色と5種類あって、
それぞれ天、風、火、水、地を表していて祈祷のための旗だそうです。

P5070092.jpg

P5070090.jpg

それをかき分けながらなかなかの階段を上って行く。
標高約2600m、息切れ汗だく。

P5070101.jpg

なんだかチベットっぽい。

戻って来て宿の近くのお店で朝ごはんというか昼ごはんというか、
を食べる。

P5070114.jpg

P5070116.jpg

P5070117.jpg
私が食べたのは1番下のメニュー。
小10元(約170円)

これは他の人が食べているのを見て、
大好きな春雨っぽい感じなのかなーと思って頼んでみたら白滝っぽい食感の麺だった。
でも白滝も好きだから良かった☆ピリ辛だよ!


日程の都合で今日中に康定から理塘へ移動したい。
今日はバスがないから乗り合いワゴンで移動することに。

バスなら88元(約1500円)だったけど、乗り合いワゴンは160元(約2720円)。
金額が全然違うから悩んだけど、時間をとることにした。
交渉出来るかなーとも思ったけど、金額は決まってるっぽい。
一緒に理塘まで行った中国人の人も160元払っていたから。

ワゴンがいっぱい停まっているところを歩いていたらいろんな人が行き先を聞いてくる、
もしくは行き先を叫んでいるからすぐわかると思うよ。
バスターミナルの前にも客引きがいっぱいいるから聞いてみるといいかも。

DSC04013.jpg

理塘へ向かうワゴン。
10時半に乗り込んで人が集まるのを待って結局11時半に出発。

それにしても人集め過ぎヽ( ̄д ̄;)ノ

DSC04028.jpg

そこ3人掛けのシートだって!!

ちなみに私が乗っている1番後ろのシートもギュウギュウ4人掛け。
女の人4人ならまだましだけど、ゆきんこ+男3人。
狭い( ;´Д`)

目指す理塘は標高約4000m。
康定から理塘までは4000m超えの山を4つも越えなければいけない。

DSC04026.jpg

DSC04037.jpg

DSC04023.jpg

まだまだ雪の残る中チャリダーが果敢に峠越えをしている。
私絶対無理!!

途中車を乗り換えて目的地を目指す。

DSC04043.jpg

DSC04042.jpg

乗り換えた車ももちろんギュウギュウ。
男性陣は並んで立ちション。
ゆきんこはひたすら我慢。この時ほど男だったら…と思うことはない。

この道のりはなかなかの悪路だったよ。
標高の高さもそうだけど、舗装されていない道が延々続く。
それでもドライバーはガンガンアクセル踏むから車内で体が飛び跳ねまくり。
寝れませんよ。

途中事故ってたしちょっと怖かったー。

DSC04029.jpg

約8時間かけて19:30に目的地の理塘に到着。
雪が降っていて尋常じゃなく寒い!!

あらかじめここにしようと決めていた宿へ。
着いてベッドを確認したら電気毛布がない。
部屋に暖房なんてないからひたすらベッドの中で耐えるしかないのに、
この寒さで電気毛布なしなんて絶対無理!!

雪の中別の宿に移動。
ベッドが1つしか空いていなくて困っていたら、1人は共有スペースのソファで寝ていいって。
布団も貸してくれるし、タダでいいよって言ってくれたからえーきちくんはソファ泊に。
ごめんね&ありがとう。

私は4人ドミのベッドへ。
他3人は中国人の男の人だった。

…嫌だヽ(;▽;)ノ
けど、ソファで寝てくれるえーきちくんを思うと嫌とは言えない。
我慢ガマン(ToT)

しかも、電気毛布なしっていう…。

だったら何しにこの宿来たんだ!?

電気毛布ありって情報見てたんだけどな…。
OGGY〜理塘のユース電気毛布なかったよー( ;´Д`)

天気も悪いし時間も遅いから宿の近くのお店で夜ごはんを食べる。

DSC04051.jpg
回鍋肉:25元(約425円)
空芯菜:15元(約255円)
ライス:4元(約68円)1人2元(約34円)
お腹いっぱい食べて1人374円!サイコー♪

そしてこんな日はもうビール飲んで寝るしかなーい。

DSC04053.jpg
ちなみにビールの隣は薄めのワイン的なやつだよー。
美味しくないよー。

また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

まさかのバス運ヽ( ̄д ̄;)ノ

こんにちは☆
ゆきんこin中国!東チベット!
中国で1番来たかった場所、五明佛学院(ラルンガルゴンパ)という町におります!
Wi-Fiがなさそうなのでおそらく数日ブログの更新が止まります。

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月6日】

東チベット最初の目的地は『康定(カンディン)』という町。
成都から康定行きのバスは朝7:00〜15:00まで1時間に1本運行していると聞いていたけど、
チケットは前日に買っておいた。

何しろ私の泊まっている宿はバスターミナルの横ですから♪
約7時間ぐらいの道のりらしいから、夜着にならないように8:00発のバスで行くことに。

連休の混雑とは違いとても落ち着いたバスターミナル。

DSC03958.jpg

こちらが康定まで連れて行ってくれるバス。

DSC03959.jpg

途中昼休憩をしたレストラン。

DSC03963.jpg

私はもちろんカップラーメン♪

DSC03961.jpg

その後順調に康定に向かっていたのに、途中でバスが停車。
最初は気にも留めず本を読んでいたけど、あまりにも停まっているからさすがに気になってきた。

事故!?

雨が降っている。

まさか土砂崩れとか!?


皆様、大変お待たせいたしました。
私のバス運なさ過ぎ話、ちょっと待ってたでしょ??


アイツ中南米ではバス運全然なかったけど、さすがにもうないかな〜とか思ってたでしょ??

ご安心くださいヽ(;▽;)ノ
人生そんなに甘くないっ!!


バスを降りて見に行ってみる。

DSC03964.jpg

ずーっと先まで車が停まっていて、原因の場所まで行けず。
同じくバスを降りている男の子に英語話せる?って聞いたらまるで通じなかったけど、
身振り手振りで「何があったの?」って聞いたら、
彼も身振り手振りで「交通事故だ」って教えてくれた。

やっぱりヽ( ̄д ̄;)ノ

運転手さんも居眠りをし始め、長期戦を予想せずにはいられない。

東チベットに一緒に行くことになったえーきちくんにはこのタイミングでバス運のなさをカミングアウト。

「私最強にバス運ないんだよね…」

この先ずっとバスでの移動になるから。
私のバス運によってきっと迷惑をかけてしまうだろう( ;´Д`)


それにしても超トイレ行きたい。

小さな女の子2人がバスを降りたところでおしりを出して用を足しているのを見て、
私も子供だったら良かったのにーって思ったけど35歳…(ーー;)
我慢するしかない。
最終的にはもうニーハオトイレでいいから!ってぐらい追い込まれたけどね、大人ですから。

結局1時間半ぐらい待たされてしまった。
この車の右前がぐしゃっとなってた。大きな車だから身動きとれなかったのかなー。

DSC03968.jpg

そんなこんなで17:30にやっと康定に到着。

DSC03969.jpg

次の町「理塘(リタン)」までのバスは毎日運行していないって聞いてたから、その場ですぐ購入することに。
が、次の日の運行はなく、2泊or乗り合いバスを探して移動することに。

宿にチェックインをしてから、夜ごはんへ。
宿のすぐそばのお店に入る。

DSC03985.jpg

DSC03984.jpg
青椒肉絲(チンジャオロース):20元(約340円)
レタス炒め的な:10元(約170円)
ライス:4元(約70円)

モリモリ食べて1人290円!

私の東チベットのイメージと違って、康定の町は想像以上に都会だった。

DSC04008.jpg

DSC04002.jpg

DSC04003.jpg

なんだかキラキラしちゃって。
ちょっと温泉街みたいな感じもしたけど。

今日は到着も遅れたからお散歩しか出来なかったけど、
明日は康定の町、もう少し歩いてみよう♪

成都→康定
所要時間:約7時間(普通ならね!)
金額:119元(約2000円)

また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

中国ビザを申請する!

こんにちは☆
ゆきんこin中国!東チベット!
今日は甘孜(ガンゼ)という町から中国で1番行きたかった場所、
五明佛学院(ラルンガルゴンパ)という町へ移動です!

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月5日】

中国にノービザで入国してから11日目。
ノービザで滞在できる期限まであと4日になったから、
+30日の滞在をゲットするために今日は観光ビザの申請に。

今日は滞在中の『成都』での観光ビザ申請について書きます。

申請は『市公安局出入境管理処』というところでします。

観光ビザ申請に必要なもの↓

①申請用紙(これは窓口でもらえる)
②パスポート
③パスポートのコピー(写真付きのページ&中国入国スタンプページ)
④宿泊証明
⑤写真1枚


④…宿泊証明は泊まっている宿にビザの申請がしたいからくださいって言えばすぐにもらえます。
私はパスポートのコピーも宿でついでにしてもらいました。1枚1元(約17円)だったから日本より高かったけどね。

⑤…写真は持っていなかったら申請する場所でも撮ってもらえます。6枚30元(約510円)。

市公安局出入境管理処は成都の中心にある「天府広場」の向かえにある毛沢東さんの像の横が入口です。

DSC03939.jpg

DSC03937.jpg

奥に入っていくとあるこの建物です。

DSC03940.jpg

●外国人のビザ申請窓口は3階なので、まずは3階へ。

●受付で申請用紙をもらって記入。
書き方の見本みたいのが置いてあるからすんなり書けるよ!

●書き終わったら①〜⑤を持ってもう1度入口の受付へ。
そこで+2枚ぐらい書類を書かされる。確か2枚だった気が。

そのうち1枚はこの後いつどこに行くんだっていう予定みたいの書かされる。
私はなんか東チベットって書かない方がいいかなーと思って、その後行く北京とだいたいの日程を書いたよ。
(東チベットは外国人の立ち入りを禁止しているとの話もあったりなかったり…)

その用紙に中国人の友達&電話番号を書けって言われた時は、

(゜◇゜)え??
そんなのいないし!!


って一瞬焦ったけど、正直にいないと言ったら大丈夫でした☆

●必要書類のチェックが終わったらそこで番号札を受け取り待つ。

●TVモニターみたいのに自分の番号が出たら申請窓口へ

●控え的な用紙をもらって、隣の窓口で申請料160元(約2720円)を支払う

以上、終了!!
お疲れ様でした!!

とっても簡単で私でもスムーズにいけたので大丈夫ですよ!

控え的な用紙はいわばパスポートみたいなものなのでしょう。
これがなかったらパスポート不携帯になっちゃうからね。

パスポートの受け取りは5営業日後(土日休み)って聞いてたけど、
もう少し補足すると、

申請日を除く平日5営業日の次の日が受取日になります。
申請した次の日から8日後が受取日。

私は5月5日に申請、受取は5月13日でした。

私は結構安易に中国入ってから申請すればいっかーダルいしー
とか思って入国後に申請したけど、

そもそも15日以上滞在することが決まっているなら日本で申請するのがベストかなって思ったよ。

ビザの申請をいつするか、いつ受け取れるかに予定が左右されちゃうから。
まあ私がいつでもすぐ申請出来ると勝手に思ってたからいけないんだけどね(^_^;)

一応ビザ申請してます的な用紙はもらえるけど、
パスポート不携帯でいることも少し不安だしね。

ちなみに成都の近くの町では即日、もしくは2〜3日でビザがおりるところもあるらしいよ!
急ぎの場合はそこで申請してもいいかもね!
楽山とか松藩っていう町だよ!でも要確認です!!

ビザの申請が終わって安心したから大好きなタピオカドリンクを飲みながら街ぶら♪

DSC03947.jpg
なんと3元(約50円)!!
激安!!

そして今日は成都の宿で出会ったみんなと夜ごはんを食べに行くことに。

私は2泊だけして別の宿に移ってしまったけど、
私も明日東チベットへ旅立つし、他のみんなも各々別の場所に旅立って行くから。

DSC03951.jpg

前に他のみんなが行って激辛でマジ食べれなかったという火鍋のお店へ。

DSC03952.jpg

この鍋の真ん中が激辛スープ。
みんな気持ちいいぐらい一斉にむせて食べれなかったんだって!

そこで自称激辛王のゆきんこ登場!!

ここは自分たちで好きな具材を持ってきて食べるスタイル。
お皿の種類でいくらって決まってるのかな、きっと。
肉とか野菜とかきのことか色々選べたよ!

DSC03953.jpg

真ん中は煮立ってきたらマジでマグマみたいに見える。
みんなにしっかり辛さを吸収する白菜を食べてとリクエストされ、

ハイ、喜んで(´▽`)ノ♪
いただきましょう!!


鍋1

…。。。

鍋2


超余裕〜♪

鍋3


みんな私がむせるのを期待していたみたいだけどね〜( ̄~ ̄)
とか言いつつ実は私もむせたらどうしようって内心ハラハラだったけどねw

でもこれ超辛くて、本当はまわりの普通のスープの方が断然美味しかった。

このお店は中国でこんなにサービスのいいお店あるの??ってぐらい素晴らしいお店だった☆

服にはねないようにエプロンを貸してくれて、
脱いだ服にもカバーをかぶせてくれて、
メガネをかけている人にはなんとメガネ拭きまで渡してくれるの!!

鍋が食べやすいように長い箸を使うんだけど、
私その距離感に慣れなくて2回も落としてしまったけど、
新しい箸が出てくるスピードがハンパなかった!
すかさず差し出してくれる。

お茶も笑顔で注ぎ続けてくれるし、帰りにはガムまで配られた。
気配りが素晴らしい素敵なお店☆

DSC03957.jpg

…お店の外観撮るの忘れた( ꒪Д꒪)ノ
けどお店の名前は『Baxiang Ynan Hot Pot』です☆

「Hello Chengdo International Youth Hostel」という宿でもらえる
フリーのMAPに載ってるよ!
激辛好きの方、挑戦してみては♪

明日はいよいよ東チベットへ向かいます♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ニーハオトイレさん、ニーハオヽ(;▽;)ノ

こんにちは☆
ゆきんこin中国!東チベット!
甘孜(ガンゼ)という街に来ています。
標高約3600m。理塘から400m下がって少し温かくなりました☆

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月4日】

私にしては珍しく3泊もした九寨溝の宿を後に成都へ戻る。
5階まで階段キツかったし、シャワー浴びた後寒かったけどな。

DSC03898.jpg

宿のすぐ近くのお店で朝ごはんのお粥を食べる。

DSC03903.jpg
2元(約35円)激安!!
味がまったくしなかったけど、体には良さそう。
二日酔いの朝にいいね。別に二日酔いじゃなかったけどね。

この店いい店だったな。入口にいるおばあちゃんがカワイイし、
店員さんも「あ!?」って対応しなくて優しかったし。

こんな感じの小さなお店。

DSC03891.jpg

バスターミナルまでは歩いて30分ぐらい。
何度も歩いた道。

DSC03910.jpg

こんなのもなんか嬉しかったな☆

P5022737.jpg

中国のバスは誰も見ていないけど一応荷物を機械に通すらしい。

DSC03912.jpg
誰も見ていないけどねw

成都行きのバスはターミナル内の看板には
6:30、7:00、8:00、10:00って書いてあるけど、
なぜか7:50があったからバスの時間は確認が必要かも。

私は前日黄龍から帰って来た時にチケットを買っておいたよ。
その方が安心かも!

DSC03916.jpg

バスは行き先も時間も書いてあってわかりやすい。
私は奥の7:50発のバスだけど、
なぜか前日にチケットを買ったときにはなかった8:00発のバスが横に。
よくわからん。

バスはほぼ時間通りに出発。
中国のバスが時間通りに出発するのは意外だったな。

途中行きとは違う場所だったけどレストランがあるところで昼休憩。

私は他の中国人を見習ってカップラーメンを持参。
買ってもいないお店でお湯をいただき立ち食いラーメン。

DSC03922.jpg

DSC03920.jpg

旅力上昇中デスヽ(´ー`)ノ

食事の後トイレに行くことに。
私はトイレに行きたくない一心で宿以外のところでは極端に水分をとらなくなっている。
本当に全然飲まない。
でもまったくトイレに行かずにはいられないのが現状。

DSC03921.jpg

直感で怪しいと思った。

おじさんにお金払えと言われたけど、
日本語で「ちょっと待って!」って言って中を確認。


(((( ;°Д°))))

出た!!ニーハオトイレ!!



まさにニーハオで手前で用を足している女性と目が合う。


無理っ!!絶対無理っ!!


ドアなんてもちろんないし、仕切りの壁はしゃがんでも頭が出る高さ、
流すレバーやボタンなんてなく、ただ下に溝があるのみ。


完全公開トイレですよ、これは。

大胆過ぎヽ( ̄д ̄;)ノ



ソッコー引き返す。

どうしよう…。
超トイレ行きたいけど行けない(ToT)
でもここでしなかったら次いつのタイミングで休憩があるかわかんないし、
しかも次の休憩もニーハオトイレって可能性もあり得る。


どーしよー(>;_<;)


旅力、さらに上げました。

入ったとき誰もいなかったから写真撮ろうかと思ったけど、
ここでお見せするのもどうかと思ってやめました。
でもやっぱり撮っておけばよかった。

中国恐るべし。
成都のデパートのキレイなトイレで浮かれていた頃がすでに懐かしい。

もう2度と経験したくない。
でもするんだろうなー。怖いよー。


夕方無事成都に到着。
チェックインを済ませて夜ごはんは宿の近くのお店へ。

DSC03925.jpg

中華のファーストフード的なお店なのかな。
メニューが写真でいっぱいあって頼みやすいから入ってみた。

DSC03926.jpg

激辛水餃子:10元(約170円)
ライス:2元(約34円)


DSC03927.jpg

激辛に見えて私的にはもの足りない辛さ。
しかも辛みオンリーって感じで味がしなくて塩をかけて食べたぐらいのはずれごはん。
やっぱり小さくて汚くてみたいなお店の方が断然美味しいなー。


明日はビザの申請に行ってきまーす!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ベストシーズンの重要さ。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!東チベット!
理塘(リタン)からバスで約10時間のところにある甘孜(ガンゼ)という町に移動です☆
ここは温泉が有名と聞いているので超楽しみです♪
だって東チベット超寒いんだもんヽ(;▽;)ノ

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月3日】

今日は九寨溝からバスで約3時間ぐらいのところにある『黄龍』というところへ。

『黄龍』とは…
正式名称は「黄龍国家級風景名勝区」といい、1992年に九寨溝と同時に世界自然遺産に登録された広さ600㎡の景勝地。
標高3000mを超える高地にあり、豊かな緑と湿原の景色が見られる。
大量の石灰石を含む地下水が造り出す棚田のような池が見どころ。

らしいヽ(´ー`)ノ

初めは九寨溝しか行くつもりなかったんだけど、
てゆーか九寨溝しか知らなかったんだけど、
成都で一緒の宿だった人に「黄龍は行かないの?」って言われて、

(゜◇゜)ナニソレ??って。

九寨溝→黄龍というのはテッパンっぽい。
近いし同時に世界自然遺産に登録されてるしね!

ってことでいざ!

九寨溝から黄龍までのバスは7時と7時半発があって、
前日九寨溝の帰りに買いに行ったら7時半しかなかったからそれで向かう。

▼九寨溝のバスターミナル
DSC03884.jpg

▼時刻表
DSC03799.jpg

▼黄龍行きのバス
DSC03800.jpg

途中標高4007mのところで休憩。

P5030001.jpg

"なんとか峠"的なところなのかなー

雲の上にいたよ。

P5030007.jpg

そしてこんなシュールな雪だるまもどきもw

P5030010.jpg

チケットはバスの中で購入。到着前に座席を回ってくれる。

黄龍入場料:200元(約3400円)※学生証があれば半額。
ロープウェイ:80元(約1360円)
黄龍も広いから上りはロープウェイを使い、下りは歩くっていうのが一般的らしい。
標高が高いから上りも下りも歩きっていうのは時間的にも体力的にも無理だと思うよ!

約3時間半で黄龍到着!

DSC03877.jpg

まずはロープウェイ乗り場へ。

P5030014.jpg

DSC03804.jpg

超キレイで広々としたロープウェイだった。
約5分で終点へ。

ここから1番の見どころであろう五彩池を目指す。

P5030023.jpg

DSC03808.jpg

歩くこと約1時間。
五彩池が見えてきた。

P5030039.jpg

P5030046.jpg

寒々しい…
それもそのはず。


雪が降っていて寒いのです!!

P5030044.jpg

笑ってるけどね、これは完全に写真用。
心の中では「雪なんて降りやがって(`へ´*)ノ」って。

少し上って上から見た全体像の方がキレイだった。

P5030056.jpg

P5030060.jpg

晴れてたらもっとキレイだったんだろうなー。
残念っ!!

雪がヒドいからここで昼ごはん。
今日ももちろんホカホカ弁当♪

DSC03833.jpg

昨日と同じに見えて実は違う。昨日は鶏肉、今日は牛肉。
ま、どーでもいいかw

そして一向に止む気配のない雪にここでついにミラーレスカメラはリュックの中へ。
ここからは防水カメラが活躍。

DSC03841.jpg

歩いていると、アレ?なんかもしかして水ない感じ??と思ってきた。
雪は降ってるけど(; ̄ェ ̄)

DSC03842.jpg

全然違うじゃーん!って思ったら、
看板には思いっきり6月〜10月って書いてある。

(((( ;°Д°))))

やっちゃったー!!


DSC03845.jpg

カラカラじゃんヽ( ̄д ̄;)ノ

その後はもう本当はこんなのが見れたんだなーって看板と現実を見比べながら雪の中をただただ歩く感じに。

DSC03857.jpg

DSC03856.jpg

DSC03862.jpg

DSC03861.jpg

マジで残念過ぎる!!

九寨溝→黄龍
所要時間:3時間半
金額:往路48元(約820円)、復路45元(約770円)
※行きはターミナル使用料かなんかだと思うけどそれに3元かかった。

これから黄龍へ行かれる方へ

九寨溝から黄龍へは、バス以外に車をシェアするっていう方法もあるよ。
宿の人に聞いてみるといいでしょう。
黄龍行きの人が何人か集まれば1人120元(約2000円)ぐらいで行けるはず。
バスよりはちょっと高くつくけど、バスよりちょっと早いし楽チンだと思う。

私は7時半のバスで向かって11時到着。
帰りのバスが15時発って言われたから見て回れるのは約4時間。
めっちゃ早歩きで急いでギリって感じだった。
ベストシーズンなら絶対タイムオーバーだったと思う。

だから車シェアで早く着ける方がいいし、もしバスで行くとしても7時のバスで行った方がいいかな。

そして黄龍も標高は1番高くて3700mぐらい。
九寨溝から向かう道で4000mぐらいの山も越えるから高山病が心配な方は対策を!

そして黄龍はこの時期行ってはいけません!!

ベストシーズンの6月〜10月に行くべき!!もしかしたら6月も早いかも。
絶対絶対キレイだと思う!!
私はよく考えずに行ってしまったから少し後悔しています(ーー;)

やむを得ずこの時期に行く方、防寒対策しっかりね!!
九寨溝よりもさらにさらに寒いですよー!


雪が降りしきる中、本当は美しいであろうが枯れ果てた池を見ながらひたすら歩いた黄龍、
まぁいい思い出かな(^_^;)

DSC03875.jpg

明日は成都に帰ってビザの申請に備えます!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

中国の世界自然遺産『九寨溝』へ!!

こんにちは☆
ゆきんこin中国!今は東チベットにある理塘(リタン)というところにいます!
停電によりブログのアップが遅れました(^_^;)
標高4014mのこの町、雪が降っていて超寒い!!
完全に引きこもりデス☆

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月2日】

今日はいよいよ中国に来た目的の一つである九寨溝へ!!

無知な私はこれまで「九寨溝」なんて知らなかったけど、
旅で出会った人にオススメされて、それも1人じゃなかったから、

「そんなにいいところなの…??」と思って。

調べてみると、なんだか"絶景"っぽい(*°∀°)=3

だから楽しみにしてたんだー♪

ちなみに『九寨溝』とは…
中国の四川省最北部に位置する景勝地で、正式名称は『九寨溝国家級風景名勝区』という。
1992年に世界自然遺産に登録。
約720㎢の広さに100を超える湖や湿地、滝などが点在し、透明度の高い水面に映し出される周囲の風景の美しさが魅力。
九寨溝の景観は、長い年月をかけて地殻変動や氷河による浸食、火山活動によって生み出されたもの。

らしいヽ(´ー`)ノ

地球の歩き方さんとWikipediaさんに教えてもらいました☆

さて、
宿が同室だった子にツアーのお客さんが入る前に行った方がいいってアドバイスをもらい、
朝7時のオープンを目指して出発。
何しろ中国の連休どかぶりだからね!

▼九寨溝入口
DSC03737.jpg

左上指入ってるー最悪ヽ( ̄д ̄;)ノ

初歩的かつ致命的なミスをこんな入口でしていたとは…。
寝ぼけてたな、きっと。

▼まずは入場券を購入
DSC03740.jpg

中国の物価にしてはなかなかいいお金取ります。
入場券:220元(約3740円)
観光バス:90元(約1530円)

※入場料だけは学生証があると半額になります。
※敷地内はとっても広いから観光バスは必要。入場券を買う時にほぼセットみたいな感じで買わされます。
でもマジで必要!

▼入場!!
DSC03742.jpg

ポールのところ全部パンダ♡カワイイ♡

▼ついでに改札もパンダ♡カワイイ♡
DSC03797.jpg

▼観光バス
DSC03743.jpg

とにかく敷地が広いから全部見て回りたいと思ったらこの観光バスを有効的に活用すべし!
待つストレスなく次々にやってくるよ。
見どころと見どころの距離があるところはバスに乗った方がいい。
私はどちらかと言うと歩きまくったから最後時間が足りなくなった!

▼さすが有名な観光地。歩行通路はちゃんと整備されていて歩きやすい。
P5022516.jpg

ついでにトイレもすごかった!
写真は撮ってないんだけど、用を足したら便座が自動で動いて新しいシートに入れ替わるの!
これ伝わるかなー。日本でもたまにそういうトイレあるけど。
つまり人が座ったシートに座らなくていいという素晴らしい心遣いのトイレ。
こんなの中国にもあるんだーと思って感動!!

▼通路は歩きやすいけど、観光客の多さで歩きづらい。
DSC03755.jpg

▼そして人々は至る所でカップラーメンを食べていた。立ち食いフツー。
DSC03756.jpg

DSC03761.jpg

▼ちなみに私は温められるお弁当を持参。
DSC03782.jpg

DSC03783.jpg

中に火薬とごはんとおかずが入っていて、
火薬に水をかけてその上におかず&ごはんをのせてふたをして8分。
熱々のごはんが出来上がるという優れもの。
九寨溝に来るバスで一緒だった中国人が食べてるのを見てパクってみた☆

▼完成したのがコチラ。
DSC03784.jpg

見た目通りの激辛でございました♪
九寨溝の中は当然何もかもが観光地価格になっているから、
お昼ごはんとかお菓子とか絶対持って行った方がいい。
このお弁当は超オススメです!
種類がたくさんあって選べるし、温かいごはんが食べられるし、
インスタントって割には美味しいです☆
だいたい15元(約250円)ぐらいで買えます!

▼こんなに可愛らしい民族衣装をき着て写真も撮れるよ☆
P5022666.jpg

ゆきんこはどこでしょう??


隠し撮り側でございますw

▼お土産屋さんも色々あって時間があったらちゃんと見たかったー。
P5022680.jpg


ではでは、
『九寨溝ゆきんこBEST』いっちゃおー(´▽`)ノ♪

P5022531.jpg

P5022581.jpg

P5022614.jpg

P5022622.jpg

P5022634.jpg

P5022636.jpg

P5022641.jpg

P5022669.jpg

P5022709.jpg

P5022727.jpg

とにかく見どころたっぷりな場所です!
7:00からギリギリの18:00までいたけど時間が足りなかったぐらい。
湖によって色々な景色が楽しめるからすごく楽しかった♪

欲を言えば、
風がなければ水面に映る景色がもっとキレイに見れたかなっていうのと、
ちょっと時期が早かったかなーって。

この時期行かれる方へ。
マジで超寒いので防寒対策は絶対に怠らないように!!
私は「まーいけるかー」ぐらいな感じで行っちゃったから、
超寒かったヽ(;▽;)ノ
ヒートテックとかダウンとか手袋とかあった方がいいよ!!
宿はきっと電気毛布があるから寝袋とかはなくてもいいと思うけどね!

あと、九寨溝の町自体は標高2000mぐらいだけど、
九寨溝国家級風景名勝区の中は1番高いところで3100mあるよ。
高山病が心配な人は対策を!

九寨溝超楽しかった(´▽`)ノ♪

P5022722.jpg

明日は九寨溝と同時に世界自然遺産に登録された『黄龍』に行きます♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

中国のバスはチキンバス並み(ーー;)

こんにちは☆
ゆきんこin中国!成都から10日間ぐらいの予定で東チベットへ来ています!
今日到着したのは成都から約8時間のところにある『康定』という町。
東チベットの旅はここからスタートです♪

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月1日】

成都から九寨溝までは約9時間の道のり。

チケットを買いに行った時は朝7:40、7:50、8:00の3本だったけど
その後行ったら8:10のバスもあった。
増便されたのか。

中国は今日から4日まで日本で言うGWのような連休なのです。
(聞く人によっては4/30からって話)

私の九寨溝&黄龍行きはまさにそのど真ん中。
5/1〜4までの予定。

絶賛プー太郎中の私がわざわざ中国の連休に合わせて!!

そもそも中国の連休を知らなかったこととビザ取得の関係で仕方なくね…。

宿がバスターミナルの横ということもあって、8:00出発だからって7:45にバスターミナル到着。

そこは人!人!人!で大混雑!!

DSC03723.jpg

ターミナルの中も人であふれている。

やば(((( ;°Д°))))

中国のバスは荷物検査の機械を通さなきゃいけないらしく、
みんなギュウギュウに押しまくって荷物をボンボンぶっ込んでいる。

誰も見てないのにヽ( ̄д ̄;)ノ

とにかく時間がないから中国人バリの図太さで荷物を通し九寨溝行きのバスを探す。
けど、人が多過ぎて身動きが取れない!

やば(((( ;°Д°))))

なんとかなんとか見つけて乗車。
間に合った〜。こんな時ギリ行動は危険だね。連休をなめてたよ。

私の座席番号は47番。
番号的に1番後ろか〜でもトイレ付いてなさそうだからまいっかーと思って後ろまで行ったら
46番までしか座席がない。


アレ?
コレ、まさかの席ないパターンのやつ??


と思ったけど、
中南米のどこかの国のバスで1番最後の番号がいきなり1番前にあったりしたのを思い出した。

前に戻るとやっぱりー。
ということでゆきんこの座席は1番前の交代したドライバーさんが座る席の隣に決定。

見晴らしはいいけどねー。
バス強盗とかないだろうけどねー。

事故ったとき真っ先に死ぬヽ( ̄д ̄;)ノ

ふと横を見たら反対側の通路の人はしっかりシートベルトをしていた。

不安なんですけど!!

私今までバス運なかったから(ーー;)
しっかりシートベルトを着用。

バスはほぼ時間通りに出発した。

DSC03725.jpg
私が乗ったバス。
47席+交代ドライバーさんの席。トイレなし。
もちろん満員御礼。

そして日本の高速道路の渋滞と同じ現象がこちらでも。
超渋滞でございます。
DSC03724.jpg

昼休憩も含めて4回ほど休憩があった。

DSC03727.jpg

昼休憩はレストランに寄ったけど高くてマズそうだったし私は朝ごはんの残りのパンを食べて終了。
カップラーメンを持ち込んでいる人が結構いてレストランで普通にお湯をもらって食べていた。

自由過ぎる(*°∀°)=3

それに中国人はいつもなんか食べてる。
まずバスに持ち込む食料がハンパない。
私も長距離のバス移動の時はクッキーとか何か食べるものは持ち込むけど、そんなの比じゃない。

バスの中には数個のゴミ箱が置いてあって、降りる頃にはゴミだらけ。

脂っこい中華料理を食べ、こんなに終始何かを食べている中国人、
なぜ太っていないのか…??不思議で仕方ない。

そしてまた途中の休憩ではこんな動物が。

DSC03729.jpg

DSC03731.jpg

まじシュール過ぎる(*°∀°)=3
この表情にこの可愛らしい角飾り!!



それにしても中国のバス、運転荒過ぎ!!
そしてクラクション鳴らし過ぎ!!

前の車のあおり方ハンパないし、追い越しも超強引だし、
私は1番前でその一部始終が見えるからもう気が気じゃなくて全然眠れなかった。
私目線ではもう完全に追突してるレベルだったもん。

この運転の荒さ、そしてクラクション鳴らしまくりはどこかで…。

グアテマラのチキンバスヽ( ̄д ̄;)ノ

懐かしいよ、大大大嫌いだったチキンバス。

座席は普通だから乗り心地は断然中国のバスの方が上だけど。
中国初めてのバスだけど、交代した運転手もまったく同じ運転の仕方だったからコレは中国基準と認定しました。

途中渋滞はあったけど、1時間ぐらいの遅れで九寨溝に到着。

すぐに宿の客引きが群がる。
もうバスの中にまで乗り込んできてるし。

DSC03732.jpg

私は予約をしていたのでスルーしてそのまま宿へ。

昼ごはんにパン1つしか食べていなかったからお腹がぺこり。
宿の近くのお店で夜ごはん。

DSC03734.jpg
担々麺:10元(約170元)
この担々麺辛さはもっとあってもいいけど、成都で食べたのより美味しかった!

九寨溝は観光地だし物価も高いと思ってたけど場所を選べば成都よりほんの少し高いぐらいだった。
私の宿はバスターミナルや九寨溝の入口からはまあまあ歩いたところにあったから宿の回りは比較的安かったよ。

いかにも観光客が集まりまーすってところはやっぱり高めだった気がするな。

この日は標高が2000mぐらいまで上がったのに宿の部屋が5階の屋上みたいなところで階段がキツかったのと、
シャワーの水圧が尋常じゃないぐらい弱くて寒い中超時間がかかったことで、
若干宿ミスった?と思いつつビールを飲んで寝ましたとさ☆

成都→九寨溝
所要時間:約9時間
料金:119元(約2000円)

明日は楽しみにしていた九寨溝だ♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

世界で最も成長する都市『成都』

こんにちは☆
ゆきんこin中国!
今日から10日間ぐらいの予定で東チベットへ行ってきます。
外国人の立ち入りに関していろんな情報が錯綜していてちょっと不安ですが、
中国で1番行きたかった場所です☆


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


【2014年4月30日】

昨日私の部屋に入ってきたのは中国人の女の子3人組。
女の子だけだと同じ部屋でも印象が大きく変わる。

こんなさわやかな感じならここにいてもいいかなーと思ったけど、
明日の九寨溝行きのバスが早いし、バスターミナルの横の宿がなかなか良かったから移動することに。

宿の近くにある飲茶屋さん?で朝ごはんを買って食べてからパッキングをして出発する。

DSC03674.jpg
肉まんとか○○まんみたいのが1.5元(約25円)とかで買えちゃう!安い!

移動した宿はバスターミナルの真横って言っていい場所で、
夜遅くに到着するとか朝早くに出発するとかには便利だと思う。

DSC03679.jpg

そしてこの宿には癒しの子猫ちゃんが♡
昨日も書いたけど私犬派で猫はどちらかと言うと苦手なんだけどね。

DSC03681.jpg

DSC03682.jpg

超超超子猫ちゃんなの!
癒される(*´▽`*)



今日は宿の黒板に書かれていた成都のオススメスポット的なところに行ってみることに。

の前に腹ごしらえ☆

DSC03692.jpg
水餃子(小):5元(約85円)
ライス:1元(約17円)


水餃子は辛いのが良かったから予想で頼んだらまあまあ辛いのが出てきてよかった。
もっともっと辛くてもいいけど、ビールにとってもとっても合うお味☆
ライスは別に頼んだらなんと1元だった。激安!!

お腹を満たしていざ観光♪

DSC03689.jpg

こんな名前のところ!書けない&読めない!

どうでもいい話ですが、
ゆきんこ第2弾出発のためにもじゃりなおしましたヽ(´ー`)ノ

DSC03562_2014050517243619b.jpg

ウケる??

ここはねーなんなんでしょ?
観光地は観光地なんだけどね。
成都の中心からバスか気合いの徒歩か、まあまあ近くにあるよ!
私超辛かったけど帰り宿まで歩けたから。

DSC03693.jpg

雰囲気いいでしょー♪京都っぽくない?

お土産屋さんとか、
DSC03700.jpg

ごはん屋さんとか、
DSC03696.jpg

スタバとかあったし、
DSC03697.jpg

パンダにも会えるよ!!
DSC03701.jpg

観光地価格で何もかもが高かったから見て歩くだけだったけどおもしろかった♪

帰りはちょっと遠そうだけど成都の町を歩いてみることに。

毛沢東さんに会えました。
DSC03706.jpg

成都のことについて調べていたら

『世界で最も成長する都市、成都』

という記事を発見した。

これはちょっと前の話だけど、2010年に米誌のフォーブスが発表したランキング。

成都は思ったよりも都会だったのと、車線も多く原付専用の道路があったり、歩道も広くキレイだったり、
このランキングが発表されてから3年半ぐらい経つけど、
その間も大きく成長してきたしまだまだするんだろうなって思った。

DSC03704.jpg

DSC03943.jpg

DSC03945.jpg

DSC03929.jpg

いいところです☆

今日の夜ごはん。
宿の近くのレストランにて。同じ宿のあいちゃんと2人でシェア。

DSC03722.jpg
回鍋肉:12元(約200円)
トマト&卵的な:15元(約250円)


ごはんはこんな感じのに入って出てきた。
DSC03719.jpg
もりもりで2元(約34円)
ごはん超安い!!

回鍋肉は脂ギッシュだったけどごはんに合うし、
トマト&卵は癒しの味で、このお店は当たりだった☆

お腹いっぱい食べて1人250円ぐらいなんて最高!

明日はいよいよ九寨溝へ向かいます!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

びびってた中国のトイレ事情。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!昨日成都に戻ってきました!
中国の通信規制にやられまくってブログの更新がなかなか出来ずにいます( ;´Д`)
VPNとやらがうまくいかないのです。今新たな手法を発見してお試し中。
使えるようならこのブログで紹介します☆

本題の前に完全犬派の私が思わずシャッターを押した癒しの1枚。

DSC03650.jpg

タバコのショーケースに入ってしまった子猫ちゃん(´∀`)♡
かわい過ぎるー♡♡♡

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


【2014年4月29日】

枕元の靴下を気にしつつ朝目覚めると、
中国人のおじさんを含め私以外のルームメイトが全員チェックアウトしていた。

よかった(*°∀°)=3
あとは今日入ってくる人がおじさんじゃないことを祈るのみ。
出来れば全員女の子がいいなー。

誰もいない部屋で快適に準備をしてネットをしたりまったりしてから
一緒の宿の人達とお昼ごはんを食べに行くことに。

成都は中国の四川省というところにある。

四川と言えば激辛四川料理!!

(´▽`)ノ♪

何を隠そう私は無類の激辛好きなのでーす♪


辛さとテンションが比例してるんじゃないかと思うぐらい
辛ければ辛いほどテンションが上がる(´▽`)ノ♪

成都にいる間に辛いもの思う存分食べる!!
ということで今日のランチは担々麺☆withもらった水餃子!

DSC03648.jpg
担々麺(小):6元(約100円)

日本で食べる担々麺とは違い汁なし担々麺って感じ。
ラー油に浸っているというか。ピーナッツがたくさん入っていて意外だった。

美味しかったけど辛さはイマイチ。
もっともっと刺激的な辛さを求む!!

「激辛でお願いします」って中国語覚えた方がいいかなー。


ランチの後はバスターミナルへ九寨溝行きのチケットを買いに行く。
初めは成都に着いたらすぐに中国ビザの申請をして、それから行きたいところに行こうと思ってたけど、
宿で知り合った人に

「明日ビザの申請に行くんです!」って張り切って言ったら、

「まだ申請できないんじゃない?」って言われて急遽予定変更!

つまりこういうこと。
中国はノービザで滞在出来るのは15日間と決められている。
私は最初から滞在が15日を超えることはわかっていたけど、
途中でビザの申請が出来るって聞いたから私が行きたい九寨溝とか東チベトの拠点となる町、
成都でビザの申請をしようと思っていたの。

ビザがきれるきれないでテンパるのがイヤだと思ったから、
先にさっさと申請しちゃってからゆっくりしましょと思っていたけど、
中国に入国してまだ5日。ビザがきれるまで10日も残っている状態では受付してもらえないんだって!

全然知らなかった( ;´Д`)

最低でも1週間をきった状態で申請した方がいいらしい。

で、ただ待っているのももったいないから先に九寨溝だけでも行ってしまおうと思って。
ま、中国のNational Holiday(GWのようなもの)と丸かぶりですが(ーー;)

無事九寨溝行きのチケットをゲットして成都の町をお散歩☆

DSC03649.jpg

今日は特別安くなったであろうタピオカドリンクを飲みながらブラブラ♪

DSC03660.jpg
5元(約85円)

成都がどんなところなんか全然知らなかったけど想像以上に都会だった。

伊勢丹があったり、
DSC03654.jpg

高級ブランド店が入るデパートがあったり、
DSC03655.jpg

ここにはユニクロ様も入ってるんだけどね(^_^;)

ユニクロチラ見したけど日本の方が断然安い!!
これから旅に出る方、中国でも買えないことはないけど日本で買った方がいいよ!

このビル、さすがに高級ブランド店がいっぱい入っているだけあって、
トイレの高級感がハンパなかった!

まるでホテルかのような入口、
DSC03658.jpg

手を洗うところも超広々!
DSC03659.jpg

便座はウォシュレットはついていないけどクオリティが高い!

中国にもこんなトイレがあるんだって衝撃的だった。
よく聞く「ニーハオトイレ」とかって壁もドアもなく溝だけあるみたいな汚いトイレとかそっちの方ばかり想像してて、
もうどう考えても今するしかないって状況の時にそんなトイレだったらどうしようって。

中国行くのが若干憂鬱になるぐらいびびってたからホントびっくり!!

やるじゃん中国(*°∀°)=3
やって行けそー♪


夜ごはんも一緒の宿の人達とみんなで麻婆豆腐の発祥のお店と言われる有名店、
『陳麻婆豆腐』へ。

DSC03671.jpg

いくつか料理を頼んだけど断然ナンバーワンはこの麻婆豆腐!!

DSC03665.jpg
麻婆豆腐(大):20元(約340円)

鍋の中でグツグツしながら登場したコイツ、
激ウマ(´∀`)♡
山椒も効いていて激辛でサイコー!さすが四川料理!

普段は汗もかかず顔色一つ変えずに激辛料理を食らう私が汗を流しながら食べたよ!大満足☆
ここの麻婆豆腐は成都にいる間に絶対もう1度食べると誓う♪

今日発見したおもしろいもの。
①セブンのお弁当

DSC03672.jpg

セブンとかファミマは日本みたいにお弁当とかサンドイッチとかおでんっぽいのとか普通に売ってる。
これは15.9元(約270円)
食べるものとかお店にもよるけど、麺とかチャーハンとか10元以下で全然食べられるからちょっと高いな。

この写真撮ったら店員さんに怒られたちゃったけど( ̄~ ̄)
店内撮影禁止だったみたい(^_^;)

②セブンに売ってたアイス

DSC03673.jpg

なかなかのクオリティでカワイイでしょ♪

成都なかなか良い町な気がした1日☆
明日はバスターミナルの横の宿に移動して九寨溝行きに備えます♪

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

だからMIXドミは嫌なんだ。

こんにちは☆
ゆきんこin中国!九寨溝というところに来ております!
今日?昨日?から中国はGWの連休に入っていて観光地は大混雑。
私は今毎日が休日のくせに、うっかり中国人の休日に完全にのっかってしまいました(*°∀°)=3
ま、にぎやかなことはいいことだね♪

※Wi-Fi環境が非常に悪く、写真のアップが出来ません。
成都に戻ったアップしようと思います。

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年4月28日】

成都行きのフライトは11:45。
泊まっている宿から空港までは多分1時間ぐらいで着く感じ。

だったけど、
迷ったり地下鉄降りれなくて肩はずれたりして乗り遅れたら困るから8:15に宿を出た。

DSC03642_2014050514494338f.jpg

地下鉄4号線から空港行きの2号線にスムーズに乗り換え。
上出来!

調子に乗った私は地球の歩き方に乗っている「上海の地下鉄路線図」で
気になっていたことにチャレンジしてみようと思った。

このまま2号線に乗っていれば終点が空港。
だけど途中の駅から一気に空港までワープ出来る路線がある。

行きも気になってはいたけど、余計なことはしないでおこうと思ってやめたんだけどね、
なんせスムーズに地下鉄に乗れるようになっんだからここは攻めるべきでしょう!

地下鉄とはなんか別物っぽいけど、
このまま7元(約120円)で空港までワープ出来たら超ラッキーじゃん!

乗り換えの駅で下車。
上海の地下鉄の乗り換えはわかりやすいからねー。


…。


アレ…??


案内が書いてないな(◎-◎;)


とりあえずエスカレーターを上がって駅の受付で聞いてみる。
地球の歩き方を見せて指差し会話。

何言ってるか全然わかんないけど、どうやら改札を出てあっちに行けと言われている感じ。


…え?でも改札出ちゃったらこの切符どうなっちゃうの?
1回通すだけでまたちゃんと出てくるのかなー?

でもそんな高度なこと聞けないし通るしかないか。


( ꒪Д꒪)ノ

ってやっぱ出てこないじゃん!!
コレ乗り換えじゃないじゃん!!


やっちまったかもしれないと薄々気づきつつも教えてもらった方に行ってみる。

この路線は券売機ではなく窓口でチケットを購入するみたいだ。
大きなスーツケースを持った欧米人もいっぱいいるし、どうやら空港行きで間違いないみたい。

受付に並ぶ。
次の番になった時に料金表が目に入る。

(((( ;°Д°))))
50元(約850円)!!


地下鉄なら7元(約120円)で行けるのに!!

やっぱりねヽ( ̄д ̄;)ノ
どおりで欧米人観光客ばっかで中国人が全然いないわけだ。

私はおとなしく地下鉄に乗っていれば良かったんだ。
スタスタと来た道を戻り、もう1度空港までの切符を購入。
改札を出てしまったから無駄に6元かかってしまった(ーー;)

調子に乗って欲を出したからだ。時間もロスったし。

後から考えてみれば空港まで一気にワープ出来るくせに同じ金額で行けるわけないし、
もしそうならみんな乗ってるよね。

ドンマイ、ゆきんこヽ(;▽;)ノ

そんなこんなで予想通り1時間では到着するはずもなく、
でも早く出たおかげで全然焦らずに空港に到着しチェックイン。

DSC03643.jpg

DSC03644_201405051450078cc.jpg

国内線でも荷物検査の他にチケットとパスポートチェックもあって時間かかったから、
国際線と同じで2時間前には着いていた方がいいかも。

昼のフライトだけど国内線で3時間ぐらいだし機内食に期待はしていなかったけど、
出たから嬉しかった☆

DSC03645_2014050514501077f.jpg

チキン、ポーク、○▼□※●から選べたからチキンにした☆
○▼□※●は隣の人のを見て気づいたけどチャーハンだった。
隣の芝は青かった。私もチャーハンが良かったー。

空港に着いて宿のホームページに書いてあった通り出口の目の前から市内行きのシャトルバス「303番」に乗車。

DSC03646_2014050514501353e.jpg

終点で降り、99番のバスに乗り換えて迷わずに宿へ到着。
旅力戻ってきたヽ(´ー`)ノ

ここは以前日本人の方がオーナーをされていて、成都の宿と言えばここ!っていうぐらい有名な宿だったみたい。
今はオーナーが変わってしまったけど、今も多くの日本人が利用しているみたいで評判も悪くなかったから、
予約する時MIXドミ(男女混合のドミトリー)しかなかったのがちょっと気になったけど、
今まで何度もMIXドミに泊まってきたし、MIXドミの方が断然多いし、
私の最優先はキレイかどうかだからそこは仕方ないかと思って。

宿に着いたら6人ドミの広い部屋と狭い部屋どちらがいいか聞かれた。
ここは重要な選択だ。

ドミに入るときはいつも緊張する。
同室の人がどんな人かで居心地が変わってしまうから。

広い部屋45元(約765円)、狭い部屋40元(約680円)、
金額はさておき、悩んだけど5日間ぐらい泊まる予定だったし居心地重視と思って広い方の部屋にした。

部屋に入ってみると他のベッドは5つ全部使用中。
誰もいなかったけど荷物をみる限り3人男、2人女って感じだった。
荷物が結構散乱しててちょっと嫌だなーって思ったけど、ドミだし仕方ないかと思って。
ここは各ベッドカーテンが閉められるようになっているからまだましかーぐらいに思ってたけど。

DSC03661.jpg

しばらくして部屋に戻ると中国人のおじさんがいた。
挨拶をして一言二言話して部屋を出た。

おじさんと同じ部屋か…(ーー;)
仕方ないことだけど知らないおじさんと一緒の部屋で寝るの嫌だー。

しかもこの部屋シャワー&トイレが部屋についている。

DSC03662.jpg

ってことはこのおじさんと同じシャワーを使い、おじさんと同じトイレを使うということだ。

共同シャワー&トイレの宿なんていくらでもあるし、中にはおじさんが使っているのもあるんだろうけど、
実際はどんな人が使っているかわかんない。

でもこの場合使っている人が超リアルだから余計に嫌だと思った。

しかもこのおじさんデリカシーまったくないんだけど、
寝ようと思って部屋戻ったら私の枕元側にスーツケースを置いていて、
それは全然いいんだけどその上に靴下がのっていた。

マジあり得ないヽ( ̄д ̄;)ノ

カーテン閉めれると言っても、感覚的に自分の枕元に誰かの靴下が置いてあるって嫌じゃない??

ちょっと長居するつもりで5日間分の宿泊費を払っていたけど、宿変えようかとマジで考えながら寝た。

MIXドミって言っても女の子だけの部屋になる場合もあるし、おじさんと同じ部屋ってこともある。
リスキー過ぎる!!
私はやっぱり女子ドミがいいな。本当は個室がいいけど。
次からもっと慎重に宿選びだなー。

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ブログが書けないということ。


こんにちは☆
ゆきんこin中国!
今日成都からバスで9時間のところにある『九寨溝』に向かいます!
南米の長距離移動を思い出すと超余裕だけど、中国のバスのクオリティはいかがなものでしょう?
心配だけど中国で絶対に行きたかった場所の1つ目です♪

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年4月27日】

今日は無駄に宿を移動しなければいけない。
飛行機が高くて取れなかった&泊まっている宿は予約がいっぱいで延泊できないから。

12時のチェックアウトギリギリまでまったりして宿を出た。

南京東路という駅から魯班路駅へ。
切符の買い方もバッチリ。乗り換えがあるけど中国の地下鉄はわかりやすい。

DSC03623.jpg

さすがの私もテンパることなく駅まで辿り着いた。
駅からわずか30メートルでとってもわかりやすいと書いてあった宿までは迷って歩き回ることにはなったけど(ーー;)

その道中、3〜4歳ぐらいの女の子がズボンをおろして段ボールの上に大きい方をしていた。
そんな光景初めて見た。衝撃的だった。
多分その子の親がやっているお店の前なんだろうけど、みんなが普通に歩いている道なんだもん。
なんか切なかったよ。すごいな中国。


チェックインを済ませて遅めのランチへ。
宿の近くにあった地元の人で賑わっているお店に入ってみることに。

DSC03628.jpg

DSC03626.jpg

これだけはわかる、『麻婆豆腐』を指差し注文。

まわりの人を観察。
そうやらメニュー別になっているカウンターにレシートを渡して出てくるのを待つシステムらしい。

並んでいる人にレシートを見せて教えてもらう。
待つこと数分。

渡されたのがコチラ↓
DSC03624.jpg

麻婆豆腐定食??
なぜかフライ的なものが。
コレ、豚肉の薄切りをフライにしたもので実はメインの麻婆豆腐より美味しかったっていう(*°∀°)=3
か、麻婆豆腐がイマイチ過ぎたというか。
12元(約200円)

お腹が満たされたあとはお散歩。
大きなスーパーがあったからちょっとテンション上がってウロウロしたけど、その後はビールを買って宿へ。

このビールなんと600㎖で2.5元(約43円)!!
DSC03635.jpg

ビールがこんなに安いのに元気が出ない。
入国からもう3日もブログの更新ができない。

人づてで「中国は通信規制があってFacebookが使えない」って聞いていた。

まじかーとは思ったけど、中国には1ヶ月もいないだろうからその間だけだしまいっかーって。

中国に到着した日、早速ブログでも更新しようかと思ったらなぜか開けなくて。
何度試しても全然開けなかった。

他の人のブログを試してみたら、アメーバブログは開けるけどFC2ブログは開けなかった。

FC2に問題アリ…??

「中国 FC2ブログ 開けない」で検索したら出てきた。

中国はFC2ブログも規制していて見れないらしい。

まじか(((( ;°Д°))))
全然知らなかった!!聞いてない!!


一時帰国の間にせっかくリアルタイムのブログになったのにー。


寂し過ぎるー( ;´Д`)


ブログを書けない日もたまーにあったけど、今までだいたい毎日書いてきたから。

そもそも旅に出る前は世界一周している人はみんなブログをしていると思ってたから、
家族との生存確認の手段をブログにしようと思って始めたもの。

結果旅に出てみてブログしていない人もいっぱいいると知ったけどw

だから「よく毎日書けるねー」とか、「毎日書くの大変じゃない?」とかよく言われた。

確かに大変じゃないと言ったら嘘になる。
1つの記事を書くのに平均2時間はかかっているし、半分寝ながら書いていることもある。

でも、見てくれている人がいるから。
楽しみにしてくれている人がいるから。
そして私自信も他の人のブログの情報に助けられてきたから。

だから書きたいと思ってた。

でも今回中国にいる間はブログアップ出来ないかもって思った時、
そして3日間書けなかった今、

テンションも上がらず、寂しくて、超孤独な感じがして。

うまく表現出来ないんだけど、
ブログは私からの一方的な報告でしかないけど、
見てくれている人とつながっている感覚だったんだって気がついた。

独り言だけど独り言じゃない。
誰かがどこかで受け取ってくれているから。

こんなことあったんだよー!!

ってことが誰にも言えないって寂し過ぎる。

私どちらかと言うと"寂しい"って感情が欠落しているタイプだと思ってきたけど、
新たな自分を発見した感じ。

今日のブログ"寂しい"を連呼してるからね。
私をよく知る人はビックリしていることでしょう。

まだ通信が安定していなくて中国にいる間はまたブログの更新ができないかもしれないけど、
記事だけは毎日書こうと思う。

よかったらまた見てやってくださいね(*´▽`*)

ということで、私がなんとかブログをアップできるに至った経緯を書いておきます。

「中国 FC2ブログ 見れない」とか検索していた時に出てきたんだけど、
『VPN』とやらを設定すれば中国の通信規制を回避できるらしい。

①『どこでもVPN』登録。
設定の仕方も詳しく書いてあるし、無料のお試しが3日間ある。
試してみて良ければ有料で登録。
HP→★★★

Facebookは開けたけど、FC2ブログは開けないまま。
ここが持っている日本、アメリカ、韓国、台湾のサーバー全部試したけどダメだった。

②スイカVPN登録。
ここは紹介してもらって登録してみた。無料のお試しが2週間ある。
同じく試してみて良ければ有料で登録。
HP→★★★

Facebookは開ける。そしてついにFC2ブログも開けた!
だけど、ブログを書くための「管理画面」というところには入れない。

③宿で出会った人に別の無料サーバーを教えてもらう。
ここでやっと「管理画面」が開けてブログの更新が可能に!!

これは口頭でサーバー名を聞いたからここには書きませんが、
いずれにしてもどのサーバーも全然安定していません。

つながらないこともいっぱいあるし、
同じサーバーを使っていてもつながる人とそうでない人がいるし、
②のスイカVPNは後々気がついたけど、PCでは「管理画面」を開けないけどipad Airでは開けたり。

今は②と③のサーバーをつないでみて使える方を使うってやり方をしています。

運なのか相性なのか…。

なんとも言えませんが、
①②のように無料で試せるやつで試してみて良ければ登録する、
無理なら回りの人が使っているサーバーを教えてもらっていくつか設定しておいて
その時調子よく使えるやつに接続するってやり方がベストな気がします。

私もこのままどれかには接続できますようにと祈っているところです☆
ではでは。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。