↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れたと言うのか否か。

こんにちは☆
リアルタイムは38ヶ国目タンザニアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月11日】
メケレ→アディスアベバ


4:00に宿を出る。
バスは5:00発、4:30集合と言われていた。

宿からは少し距離があるからトゥクトゥクに乗ってバス乗り場まで。


朝は結構寒い。

DSC09241.jpg

現地人が並んでいるところに並んだらその先に体重計が置いてあって、
まさかの体重制限!?って思ったけど、
じゃなくてもしかして荷物の重さでお金かかる!?と思ったけど重さは計られなかった。



バスに荷物を積み込む人(勝手に)にお金を請求されたけどシカトした。
頼んでないからね。

SELAMバスはエチオピアでは信じられないほどしっかりとしてる。
荷物だってちゃんと名前を書いたプレートみたいの付けてくれるし。


バスは10分遅れぐらいで出発。
途中水とクロワッサンが配られた。

DSC09246.jpg

エチオピアでもこんなバスがあるんだと感心しちゃった。
もっと安いバスもあるみたいだけど、私はこのバスがベストと思った。
だって行き先によってこんな行き届いたバスなんてないからね。


DSC09248.jpg

途中バスが停まった。
期待できないトイレ休憩だ。


男の人はその辺で立ちション。
女の人はみんな躊躇なくしげみの中へ。

DSC09247.jpg

私は躊躇なく外でトイレをすることなんてまだできない。
いつも葛藤する。

今するかしかないのか。

次のところでトイレがあるかどうかに賭けるか。

いや、次もないかもしれない。

てゆーか次の休憩がいつなのかもわからない。

気合いで我慢しまくるか??


ここは気合いで青空トイレ。
アフリカに入ってからちょいちょい会うまゆちゃんとたまたま一緒のバスだったからだ。


私ひとりだったらいつも気合いで我慢するを選択しちゃうけど。
このままこんなの続けてたら膀胱炎になるかも。
移動の日は朝起きてから数時間水分採らないとかざらだし。

もう少ししたら慣れたりするのかなー。
それとももう青空トイレっていう選択ができる時点で慣れたと言えるのか。


でも躊躇なくしげみに入って行く人を見るととてもそうは思えないけど。
トレイに行けないってのはツラいなー。。。


アディスアベバには日が暮れてから到着した。

メケレに来る前にアディスアベバにいたトムくん達から治安が悪いって情報をもらってた。
物乞いの人達が平気で腕とかつかんでくるし、
トムくんは子供にiphoneすられたって。ソッコー取り返したらしいけど。

だからバスターミナルに着いてソッコータクシーに乗った。
宿まではちょっと距離があったから。

バスターミナル→宿まで:100ブル(約600円)
※4人でシェア、1人25ブル(約150円)



泊まろうと思ってたWutma Hotel(ウトマホテル)に行ったら満室って言われたから、
その向かえのBaro Hotel(バロホテル)に宿泊することにした。
Baro Hotelさえ1室しかないって言われて4人でツインルームをシェアすることになっちゃったけど。

DSC09254.jpg

狭っ(((( ;°Д°))))


アディスアベバの宿っておそらく日本人がよく泊まるのは
Wutma HotelかBaro HotelかTaitu Hotelの3か所だと思うけど、
この時期は空きがないとか普通にあるのかなーって思ったから書いておくね。

ちなみに3つのホテルはすごく近くにあるから手当たり次第聞くってのは可能。
でも私が1番泊まりたかったウトマホテルは次の日の午前中に聞きにいったけど
今日も満室って言われてしまった。

その日にバロホテルに来た外国人も泊まるホテルがなくて超困ってるって行ってたし。

予約する必要ってあるのかなーって疑問だけど、
もしかしたらがあるかもよってことは頭の片隅に!!


宿にチェックインしたあと向かえのウトマホテルの1階にあるレストランへ。

生ビールを飲んでいる人がいたのはチェック済み!!

DSC09255.jpg


私の酒レーダーはすごい。


でもともろーここ生ビール飲めるよ!!って振り返ると、ヤツの目はとっくにビールを捕らえている。

ともろーの酒レーダーはもっとすごい(*°∀°)=3


本日のお酒のつまみ、フィッシュなんとか。
コレエチオピア入って何回も頼んでるのに名前忘れた(ーー;)

DSC09257.jpg

魚のフライを甘辛ソースで和えたものとライスがセットになったプレート料理。
暗くて全然見えないねー。

ライスはさておきつまみとしては良いよ☆

生ビール:15ブル(約90円)
フィッシュなんとか:72ブル(約432円)



エチオピアはいろいろ大変だけど、
ただただビールの安さが私を癒してくれる(*´▽`*)

メケレ→アディスアベバ
所要時間:約14時間
運賃:460ブル(約2760円)

明日はアディスアベバでなんかしらしよー。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ



ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

解散!!

こんにちは☆
リアルタイムは38ヶ国目タンザニアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月10日】
メケレ


ダナキルツアーから帰って来た次の日にすぐメケレを出ようかとも思ってた。
でもきっと疲れてるしねーなんてもう1泊することにして良かった。


朝から私たちは洗濯に追われた。
汚い汚い服がいっぱいだ。


そして昨日の夜大富豪で負けた私とともろーは次の町までのバスチケットを買いに行かなければいけない。

次はエチオピアの首都、アディスアベバへ向かう。
メケレからアディスアベバまでは14時間とかかかるらしい。
でもエチオピアらしくない快適バスがあるってことでチケットを確保しに行く。

メケレ→アディスアベバのバスは人気らしく満席になってしまう場合もあるって聞いてたから。

ヨハネスホテルのお隣、セティホテルの横にあるSELAMバスのオフィスへ。

DSC09224.jpg

無事明日のチケットをゲット。

そして帰り道にふらりと立ち寄ったお店で朝ごはん。
テイクアウトしたいって言ったら普通のビニール袋に入れられそうになったから
慌ててお断りしてその場で食べた。

DSC09225.jpg
たまごバーガー:16ブル(約96円)

安くてボリュームあって助かるー。


そして宿でまったりして昼ごはん。

DSC09227.jpg

私の大好きなフール♡

フールはホントハズレがない。
超美味しい!!

フールの金額忘れちゃったー。
こうやって家計簿がおかしくなっていくのでしょうねー。


そしてどこもパッとしないWi-Fiでイライラするのを回避するため、
メケレで1番Wi-Fiが早いという噂のプラネットホテルへトゥクトゥクで向かった。

DSC09230.jpg

トゥクトゥクの金額も家計簿に入っていない。
ダナキルツアーで疲れてたのかな??


プラネットホテルはちょっと遠いけど行く価値アリ☆
1番ストレスなくWi-Fiが使える。トイレはキレイだし♪


私はコーヒー飲んで粘った。
ちゃんとしたホテルのカフェだけあってコーヒーは朝ごはんよりも高かったけど。

プラネットホテルコーヒー:22ブル(約132円)


そして夜は昨日も行ったyammy pizzaへ。


ふゆちゃんとトムくんとは明日お別れする。
ダナキルツアーメンバーはここで解散!!

DSC09237.jpg
夜ごはんのハンバーガー:金額不明。今日ヤバいな。

最後にエチオトラベルでツアー終了後にもらったお揃いのTシャツを着て記念写真☆

P1210088_201412291829123a5.jpg


お気づきかもしれませんが…
今日食べてネットしただけの人(*°∀°)=3



ダナキルツアーの疲れを癒すにはもってこいの1日☆


明日はエチオピアの首都、アディスアベバへ!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【まとめ】ダナキルツアーの心得!!

こんにちは☆
リアルタイムは38ヶ国目タンザニアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


今日はこれからダナキルツアーへ行かれる方へ。
ってわけでもないんだけど、少しでも参考になればと思って書きます☆

PC080571.jpg

まず、ダナキルツアーはエチオピアのメケレという町が拠点になります。

地図


おそらく首都のアディスアベバからのツアーもあると思うけど、
私はメケレに行って申し込んだのでそのことを書きますね。


ダナキルツアーのツアー会社ですが、
日本人御用達のツアー会社が2社あります。

①ETHIO TRAVEL AND TOURS
場所:ヨハネスホテル併設

②K.G.AHADU TOURS & TRAVEL AGENCY
場所:アクスムホテル併設


個人的には出発日と金額の条件の合う方で別にどちらで申し込んでもいいと思う。

私は条件の良かった①のエチオトラベルで申し込んで対応もツアーの内容も満足しているし、
同日に②の会社でツアーに行った人にも感想を聞いたけど良かったって言ってたよ。


まずは2社行ってみて出発日、人数、金額を確認しましょう。
人数が多ければ多いほど当然ツアー料金は安く抑えられるけど、
他にすでに申し込んでいる人がいる日に乗っかるってことで安くもなるから人数集まってないし…と心配することはないでしょう。


では私のツアーの日程をご紹介。

▼1日目
7:30 宿ピックアップ
 ↓
8:30 エチオトラベル出発
 ↓
9:00 小さな町で休憩(他の車と合流待ちっぽかった)
 ↓
11:00 トイレ休憩
 ↓
13:30 昼ごはん
 ↓
16:00 キャンプサイト到着
 ↓
17:30 夜ごはん
 ↓
18:30 エルタ・アレ火山へ向けて出発
 ↓
21:30 エルタ・アレ火山到着
 ↓
23:00 エルタ・アレ火山近くのベースキャンプで野宿


▼2日目
4:45 起床
 ↓
5:00 エルタ・アレ火山へ
 ↓
7:00 下山開始
 ↓
9:30 キャンプサイトで朝ごはん
 ↓
10:30 出発
 ↓
14:00 昼ごはん
 ↓
16:00 本日の宿(と言っても結局屋外)へ
 ↓
20:00 夜ごはん
 ↓
22:00 就寝

▼3日目
7:00 起床
 ↓
8:00 朝ごはん
 ↓
9:30 コーヒーセレモニー
 ↓
10:30 出発
 ↓
12:30 昼ごはん
 ↓
16:00 らくだの行進見学
 ↓
16:30 本日のキャンプサイト到着
 ↓
17:30 塩湖へ
 ↓
18:30 キャンプサイトへ
 ↓
19:30 夜ごはん
 ↓
23:00 就寝

▼4日目
6:00 起床、朝ごはん
 ↓
7:00 出発
 ↓
8:00 塩湖へ
 ↓
8:30 ダロールへ
 ↓
その後、solt mountain、hot spring、再び塩湖へ
 ↓
14:00 昼ごはん
 ↓
17:00 メケレ、エチオトラベルへ。解散。

※3日間とも野宿。
※シャワーは2日目バケツで水浴び。
※トイレはほぼ青空トイレ。壁があったのは2か所だけだった。

私はこのスケジュールで動いたけど、同じエチオトラベルでも出発日によって行程が変わります。
最初に塩湖とかダロール行って3日目にエルタ・アレ火山っていうパターンもあるみたい。

=ツアーに含まれるもの=
・移動すべて
・入場料系すべて
・初日の昼から最終日の昼ごはんまでの食事
・水。私たちは1.2ℓのペットボトルを1日1人6本までって言われたけど、正直そんな飲まないし。
 実際全員の4日分の水なんて積んでなかったと思うけど水に困ることなく十分だった。

私が別途お金を払ったのはビール代のみ。
初日のエルタ・アレ火山の近くで野宿した時以外は、
昼ごはんの休憩場所でも、宿泊するキャンプサイトでもビールは買えたからご安心を☆
ただし、3日目の塩湖のそばのキャンプサイトは冷えてるビールがなくて超残念だった。
金額は通常の倍ぐらい1本25ブル(約150円)でした。


=持ち物について=
・カメラ
・カメラの予備バッテリー(私持ってないから途中で充電切れした)
・着替え(どうせシャワー浴びれないし1着だけしか持ってかなかった)
・ストール(エルタ・アレ火山のガス結構ヤバい)
・サンダル(エルタ・アレ火山に行くからトレッキングシューズは必須だけど塩湖も行くからビーサンは必要!)
・懐中電灯
・ウエットティッシュ
・拭くだけメイク落とし
・日焼け止め
・トイレットペーパー
・お風呂セット
・虫よけスプレー
・お菓子
・寝袋(借りられるから大丈夫だけどどうしても自分のがいいって人は)

こんな感じだったかな?
バックパック、その他荷物はすべてエチオトラベルで預かってもらえるから大丈夫。
電源もないし私はメモ用のipad以外の電子機器は預けて行ったよ。

=服装について=
私がツアーに参加したのは12/6〜9。
メケレは結構寒かったから野宿で大丈夫かかと不安だったけど、
ダナキルツアーで行ったところはメケレと気候が違って日中はマジで暑かった。
夜はギリ大丈夫だった感じだけど。
昼間は超暑いから薄着で。朝方は寒くなるから上下長袖長ズボンは必要。
私は寒がりだから長袖パーカー2つ着て寝てたよ。


私はこのツアーに満足しているけど、
事前説明と違ったことがふたつあったから書いておくよ。

・2日目に滝に行くって言ってたけど行かなかった
・ビールは1日1本(コーラとかでも可)付き、それ以上は自腹って言われたけど1回も出てこなかった

これだけ。
滝も別にいっかーって感じだったしビールは飲めなかったら超不満だったと思うけど
買えたからそれも別にいっかーって感じで特になんの問題もなし。


このツアーは世界一過酷なツアーとか言われてるけど、
どうなんだろ??
ともろーとゆーくんにあとから聞いたら全然過酷じゃなかったって言ってた。

私はとにかくトイレが辛かったけど。
ふゆちゃんがいてくれたからいつもふたりで隠れる場所を探して一緒に行けたからまだ良かったけど、
4日間ほぼ外でしなければいけないってのは大変だった。

シャワーは浴びてもどうせすぐ汚くなるしって感じでどうでもよくなったけど。

日程的に辛いことは全然なかった。
ただ、このツアー2泊3日にできるなとは思ったけど。

DSC09142.jpg

PC080609.jpg

PC080599.jpg

DSC09172.jpg

終わってしまえばあっという間で超楽しいツアーだった☆


特にエルタ・アレ火山は本当にすごかった。

P1200696.jpg

たくさんの嫌がらせも今となってはいい思い出。
だからと言ってもう勘弁だけどね( ̄^ ̄)

10863577_733033940120294_1595924604_n.jpg


最後にツアーの料金ですが。
通常の金額は600ドルのようです。
たださっきも書いた通り人数によって割引あり。
中には400ドルで行った人もいるようだし。
私は運良くとても安い料金で参加することができました。
でもエチオトラベルの方と料金は口外しないと約束したのでここに書くのは控えます。
ごめんなさい。

料金の支払いはドルでもエチオピアブルでも可。
私が行ったときはカードは使用不可でした。


世界一過酷なんて言われちゃってるツアーだけどきっと素敵な経験ができるはず!!
みなさんもぜひ(´▽`)ノ♪



そして私はエチオピア南部へ向かいます!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【裏】世界一過酷なダナキルツアー。

こんにちは☆
リアルタイムは38ヶ国目タンザニアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月6〜9日】
ダナキルツアーの4日間



世の中には"いじりキャラ""いじられキャラ"が存在しますね。
決してその2種類だけではないですが。


で、わたしはそのどちらかというともちろん…


いじりキャラ(*°∀°)=3


磁石のNとSみたいに引き寄せられるのかなーって思うんだけど、
私の昔からの友達っていじりどころが満載でもういじらずにはいられないってタイプが多い。

きっと今このブログを見て"私のことか…"って思っている人が何人かいるでしょう。

まー私はそんな友達をいじり倒して生きてきたわけで。


今日なんでこんな話をしているかと言うとですね、


そんな私がこのダナキルツアーでおそらく人生で初めて"いじられキャラ"にされてしまったということ!!


大事件!!!!!


ハイ、私の友達、


まさかゆきんこが!?と思いつつきっと喜んでいることでしょう。


嬉しいかー??
ゆきんこの友達ー( ̄^ ̄)



そんなわけでいじられ慣れていない私はこの4日間、
ツアーとは別のところで相当疲労した。


だっていつ何が起こるかわかんないしまったく気が抜けないんだもんっ!!


ことの始まりは私の潔癖話からだった。

今思うとあんな話しなきゃ良かったって思うけどもう遅い。

話が長くなるから端折るけど、
とにかく潔癖症で汚いのが嫌だということに食いついてきた男がいたのだ。


凶悪犯はコイツだ↓

PC080581.jpg

このチンピラヤロウだ!!

トムくんとはグアテマラで出会ってアルゼンチンで再会、
さらにリトアニア、スペインのトマティーナでも再会。

これまでは同い年ってこともあって仲良くさせていただいてましたよ。

これまでは!!

だからアフリカの時期がかぶりそうで、
エチオピアのダナキルツアーも日程が合いそうだったから一緒に行こうかって言ってたのに。


あーなんて私はバカだったんだ(ーー;)


ちなみに今回のダナキルツアーのメンバーを紹介しておこう。
私はトムくんだけにいじられていたわけじゃない。


P1210048.jpg

右下は巨悪の根源、トムくん。

左上、コイツも罪がデカい。完全にトムくんの手下となったゆーくん。

右上、言ったらコイツも罪がデカい。傍観者時々加害者のともろー。

下の真ん中、ふゆちゃん、傍観者も罪なんだからねっ!!

左下、…いじられキャラになってしまったゆきんこ(ToT)



こんなメンバーだったから私に味方はひとりも存在せず…。


やつらの悪事をここで暴いてやるんだ。


このブログをアップする日を待ってたんだから!!


確かこんなことからスタートした気がする。

S__5545990.jpg

コイツ、私がいない隙にパンイチで私の寝袋に入りやがった。

私このツアーには自分の寝袋を持っては行かなかったけど、
一度自分が使った寝袋は最後まで同じのを使うのが1番ましって思って
テキトーに積まれる寝袋をちゃんと見分けられるように気をつけてた大切なものだったのに!!


しまいには折り畳んだ寝袋にまたがる。

PC080745.jpg

気分的な問題だけど、私が嫌なものは嫌だ。

トムくんの嬉しそうな顔、
そしてともろー!!笑い過ぎだろ( ̄^ ̄)
写真を撮ってるゆーくんも重罪だ!!



この写真がわかりやすいか。

DSC09111.jpg

見てよー。
トムくん集合写真撮るよってタイマーかけてる最中に私に虫除けスプレーかけようとしてるんだよ!?

後ろのゆーくんは次に自分が何仕掛けようか考えてる顔してるし、
ふゆちゃんとともろーは爆笑でしょ!?


…私も笑ってるけどさー。


写真もいっぱい邪魔されたよ。

PC080518.jpg

PC080508.jpg

PC080984.jpg


ガキ( ̄^ ̄)


私ゴープロで動画も撮ってるけど、一生懸命話しながら撮ってる後ろに絶対写ってバカなことしてる。
後から見て気づいたのもいっぱいあるけど。


車の中も戦場だった。

ちょっと寝たら耳元にiphone近づけて爆音の音楽。
水をかけてきたり、砂埃がまっているのに窓を開けてきたり。


隣になったら最悪だ。

PC080782.jpg

PC091557.jpg

みんな薄汚れて汗ばんでるから少しでも近づきたくないのに
寄り過ぎなんだって!!

背中マジで汗ばんでて超嫌だった。


後ろの荷物置き場が座席のひとつとなってしまってからは、
なぜか私が1番似合うキャラに。

10836487_733040106786344_199455078_n.jpg

ドライバーのヨハネスもwhy??とか言って心配してるかと思えばしっかりドア閉めるしね。

10863654_733040173453004_1507989138_n.jpg

PC091292.jpg

私も子供だからふてるけどね( ̄^ ̄)


でも車に乗れる時は良かった。
車に乗れる時は!!

いじられキャラの私は車にすら乗せてもらえないことがあったのだ。


ちょっと油断して外で動画撮ってたら全部のドアのカギが閉められてた。

車の中からトムくんがこんな写真撮ってた。

DSC04551.jpg


何モノクロにしてんだばーか!!


そして私が2番目に嫌だったのはコレ。


朝歯ブラシして戻って来たら、

DSC09127.jpg

私のパーカー着てる(((( ;°Д°))))


超サイテー!!
マジで油断ならん!!


10818982_733034030120285_828794961_n.jpg


脱げ!!大至急だ、バカヤロウ!!
もうあきれちゃったよヽ( ̄д ̄;)ノ

その後コイツもやりやがった。
私とふゆちゃんがトイレ行きたいからどこかで停まってってヨハネスにお願いして
行っている間にしていやがった。

この写真何度見てもムカつくー。

PC091640.jpg

何がムカつくって、

パーカーのフードを首までしっかりしめてること!!

コレ最終日だったから余計にムカついた。
だって着替えてないし、シャワー浴びてないし、汗かきまくってるし!!!!!


そろそろ終わりにしよう。
裏ダナキルツアーで1番嫌だったことを発表するよ。

コレ↓

S__3571716.jpg


汗だくの男2人がTシャツ脱ぎやがって、ホントサイテー!!

汚い!!汚い!!汚ーーーい!!


って、本当の本当はもうひとつもっと嫌だったことがあるけど、
とてもここで紹介できることじゃないからコレを1番にしたよ。


ある意味長くて濃いツアーだった。


ホント疲れた。


書き入れないしょーもない悪事もまだまだいっぱいあるんだよ。


しかもここで終わりじゃなかったっていうヽ( ̄д ̄;)ノ



世界一過酷なツアー。
それはメンバー次第かもしれません。



もう一回載せちゃお。

PC080581.jpg

皆さんコイツには気をつけ下さいねー!!


次はダナキルツアーの詳細を書いておこうかと思います☆
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【ダナキルツアー4日目】終わってしまえば結局。

こんにちは☆
リアルタイムは38ヶ国目タンザニアです!


ケニア滞在3日…
早っ(*°∀°)=3



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月9日】
ダナキルツアー4日目


PC091419.jpg
Photo by YUSUKE


月と星を見ながら眠りについた。
なんとも贅沢な夜が明けた。

6:00、起床。

DSC09129.jpg

朝食を食べて7:00、出発。

の前に、恒例のじゃんけん!!

10841618_733039630119725_1362854063_n.jpg
Photo by DAISUKE

コレ、毎回白熱!!


しまいにはここも席のひとつになったからだヽ( ̄д ̄;)ノ

DSC09128.jpg

まずはまた塩湖へ。

PC090623.jpg

水のないところはこんな風に塩が折り重なっている。

PC090624.jpg

P1210027.jpg
Photo by FUYU

ここで見た塩を運ぶらくだの姿が昇っていく太陽に照らされ、
そして薄く張る水に映ってすごくキレイな光景だった。


私の好きな写真。

DSC04585.jpg
Photo by TOM

PC091172.jpg
Photo by YUSUKE

美しい光景。


その後はDallol(ダロール)というところへ。

DSC09154.jpg

歩いていくとこんな塩のかたまりみたいなところがあって、

PC091384.jpg
Photo by YUSUKE


DSC09167.jpg

こーんなところもあった。

DSC09173.jpg

DSC09181.jpg

DSC09185.jpg

GOPR0590.jpg

ダナキルツアーを調べるとここの写真が結構出てきてたから、
最初私はここがメインどころだと思ってたけど、行ってみるとこんな場所は数カ所だけだった。

10836552_733039940119694_1899400722_n.jpg

でもすごく不思議な色をしてて、ここはここで楽しかった☆


その後、セキュリティの人に連れられてsolt mouuntainってところへ。

DSC09189.jpg

これ全部塩??

DSC09194.jpg

キレイな湧き水的なところもあった。

DSC09193.jpg

それからhot springってところへ。

DSC09199.jpg

今日の私たちは忙しい(*°∀°)=3


そして再び塩湖へ。
ここでは実際に塩を採掘してらくだに積む様子を見ることができた。

DSC04764.jpg
Photo by TOMU

PC091616.jpg
Photo by YUSUKE

灼熱の中でこの作業をするってどんなに大変だろうかと思った。
らくださんもご苦労様です!!


そして我々はいよいよ帰路へ。

DSC09216.jpg

2日目に行った村に立ち寄ったらとってもカワイイ子供達に出会えた☆


写真撮られ慣れてるw

17:00、メケレへ。


エチオトラベルで預けていた荷物を受け取った後、
今日泊まる宿までドライバーのヨハネスが送ってくれた。


そして夜はエチオトラベルでもらったお揃いのTシャツを着て打ち上げ(´▽`)ノ♪


P1210072.jpg

P1210077.jpg

これはエチオピアで1番お気に入りのビール、セントジョージ♡



初日は超汚いトイレ&青空トイレにやられて3泊4日なんて超長いと思ってたけど、
終わってみれば結局あっという間で超楽しかった。


メンバーに恵まれたからでしょうか(*°∀°)=3

PC091646.jpg

ドライバーのヨハネスも超いい人だったし☆


次は…楽しかった3泊4日のダナキルツアーの裏話について書こうかな。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【ダナキルツアー3日目】エチオピアの塩湖でウユニごっこ!

こんにちは☆
リアルタイムは37ヶ国目ケニアです!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月8日】
ダナキルツアー3日目


10850451_733039766786378_1869916565_n.jpg
Photo by DAISUKE

3日目の朝はゆっくりお目覚め。
朝食は8:00から。

だったのに私は虫が気になって早朝目覚める。


だって変な虫ぴょんぴょん飛んでるんだもん!!
あー怖い!!


DSC09110.jpg

起きて虫除けスプレーしまくっていたらみんなが起き始めた。
本当にごめんなさい。

朝食は昨日のメニューと同じ。
パン、スクランブルエッグ、飲み物、フルーツ。
でも十分☆


その後出発前に"コーヒーセレモニー"をしてもらえるとのこと。


コーヒーセレモニーとは…
エチオピアとエリトリアの伝統的な習慣であり、コーヒーを飲むことを儀式化した作法の一つである。
日本の茶道と同様コーヒーを飲むという行為に精神的な要素や教養などが含まれる文化的な習慣であり、
他者に対する感謝ともてなしの精神を表すものである。
女性が執り行うものであり、エチオピアでは結婚前の女性が身につけるべき作法の一つとされている。
冠婚葬祭の際や、大切な客を迎える際などに行われる。
Wikipediaより(一部抜粋)


どこかのカフェ的なところに入ってもコーヒーセレモニーセットみたいのが置いてあるところも結構あったよ。

PC080505.jpg

エチオピアのコーヒーは小さなコーヒーカップにとても濃いコーヒーが注がれる。

最初から大量の砂糖が入れられている場合もあるけど、
私はブラック派だからできる限り最初に伝えて飲むようにしてる。

かなり濃いけど、私は濃いめの方が好きだからエチオピアのコーヒーは好き♡

PC080507.jpg

多少こぼれてるのなんかお構いなし!!


美味しいコーヒーをいただいて出発!!
車に乗り込むと子供達が駆け寄ってきて、持っている水をくれとかお菓子をくれとか言ってくるけど、
ここの子達はそんなにすれてる感じがしなかった。

P1200926.jpg
Photo by FUYU

人懐っこい。


大自然のドライブ☆

PC080515.jpg

今日の昼食ポイント。

PC080540.jpg

ここもトイレがなくてまたあのセリフを聞いた。


You can do everywhere!!


確認してからビール飲めば良かったー(ーー;)

PC080542.jpg

ビール1本:25ブル(約150円)


その後今日のキャンプサイトを目指す。

PC080545.jpg

途中らくだの行列を見た。

PC080552.jpg

この子達は塩湖の塩を運ぶお仕事をしているらしい。
3日間とか歩き続けるんだって。

大変な仕事だよね。
らくだもそうだけどロバ、それに人間も同じように3日間も歩き続けるなんて。

PC080564.jpg

すごい体力。
絶対真似できない。


今日はこのようなところに野宿のようです。

PC080554.jpg

でもありがたいことにベッドがありました。

PC080556.jpg

日差しが弱くなるまでしばしの休憩。
17:00、塩湖へ向かう。


ランクルの屋根に乗ると…

GOPR0578.jpg


なんかウユニ塩湖みたーーーい!!!!!


って感覚に陥る(*°∀°)=3


感覚ね、感覚。


実際は風もあったし、水の量も少なかったから鏡張りが見れたわけじゃないけど。

PC080608.jpg

PC080948.jpg
Photo by YUSUKE

でもみんなで写真を撮ったりしてなんちゃってウユニ塩湖を満喫しちゃったー♪

PC080584.jpg

PC080598.jpg

そしてキャンプサイトに戻って、ビール&夜ごはん。
ここは冷えたビールが売っていなくて超残念だった。
飲んだけどさー。

夜ごはんは、
スープ、パン、サラダ、パスタ。そんな感じだった。
そして素敵なベッドで就寝☆

塩湖楽しかったなー♪

10863503_733033863453635_1993412547_n.jpg
Photo by DAISUKE

明日はいよいよ最終日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【ダナキルツアー2日目】楽しみだったシャワーの件。

こんにちは☆
リアルタイムは37ヶ国目ケニアです!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月7日】
ダナキルツアー2日目


PC070494.jpg

4:45、起床。
寝た時は心地いい気温だったけど、朝は寒くて目が覚めた。

再び火山の火口へと向かう。

夜が明けて行く。

PC070476.jpg

PC070471.jpg

ここは溶岩で床暖房みたいに地面が暖かい。

DSC09089.jpg

ともろーはガチ寝でいびきかいてた(*°∀°)=3


火山灰でできたパリパリ音の鳴る道を歩く。
夜は見えなかった風景☆

PC070482.jpg

PC070486.jpg

7:00、下山。

DSC09094.jpg

PC070497.jpg

9:30、ベースキャンプの場所へ戻って朝食。

DSC09095.jpg

パンとスクランブルエッグ、飲み物、オレンジなど。
ハエ多過ぎ。


今日から車の座席はじゃんけんで決めることになった。
1日目はふゆちゃんとゆきんこの女子2人が助手席、
ともろー、ゆーくん、トムくんの男子3人は後ろの座席だったんだけどね。

ちなみに私たちは5人で一緒の車にしたいって言ってこんな感じだったけど、
本当は1人別の車に乗っても良かったよ。
でもみんな一緒がいいもんね☆


ってことで残念ながら体の大きいともろー&トムくんが助手席決定♪

DSC09099.jpg

次の目的地までじゃんけんは行われない。
この後の道は昨日来た道、12キロ2時間ロードwww


トムくんデカいから運転席に侵入してギアまたいじゃってんの。
超ウケるw

DSC09098.jpg


途中は助手席2、後部座席3にこだわんなくても良くない!?ってなって、
助手席はVIPにひとり、後ろが4人ってなってこんな状態に。

P1200916.jpg

みんな笑ってるけど超狭い!!
肩入れが重要で次の目的地まで熾烈な争いが続いたよ。


DSC09104.jpg

今日のお昼ごはんはパスタだった。
そこでビールが買えたから嬉しかった♪
トイレの問題がなければもっと飲めるのになー。

ビール1本:25ブル(約150円)

メケレの町だったら12ブルぐらいで買えるから約2倍したけど、
エチオピアはビール超安いから問題なーし!


ツアーの詳細を確認した時に、
1日目&3日目は外で野宿、
2日目はどっかの村に泊まるからシャワーも浴びれるし野宿じゃないって説明を受けていた。

だから私は2日目をすごく楽しみにしていた
キレイな宿なんかじゃないってわかってたけどそれでも室内と外は大きく違うし、
シャワーが浴びられるっていうのが嬉しかったから。


16:00、どこかの村に到着。
昨日の移動&登山&野宿が考慮されてか今日はほぼ移動だけだった。

案内され宿のようなところに入る。
部屋はどこー??

P1200919.jpg

これは部屋じゃない。

敷地の一角のいわゆる外ってやつ。

DSC09109.jpg

壁ができただけじゃん!!
嘘つきーーーーー!!!!!



気を取り直してシャワーだ。
シャワーはどこー??

え?そっち!?
っていう方に案内されてバケツを持たされた。
水が注がれる。


…。


シャワーはコチラ↓

DSC09105.jpg

バケツに入れられた水をかけながらのシャワー。
脱いだ服をかけるところもないただのコンクリートの空間。

ふゆちゃんと協力してひとりが外で荷物持ち、
必要なモノを必要な時に差し出すという戦法でやり過ごした。


ちなみにシャワー室の前はゴミ溜めヽ( ̄д ̄;)ノ

DSC09106.jpg


でもこれがここに暮らす人にとっての当たり前の生活だ。


旅に出てから何度も思ったけど、ここでもまた思った。
今までいかに恵まれた環境で生活してきたかって。

シャワーがある。
瞬時にお湯が出る。

まさに奇跡。


奇跡じゃないか。
当たり前の基準をどこに置くかだけの話かな。


でもとにかくシャワーを浴びたかったからバケツだろうが水だろうが嬉しかった。


環境が人を変えるんだなーと。


夜ごはんはシメたてのヤギ肉だった。
私は怖くて見れなかったけど、ともろーとゆーくんは見に行ってた。


怖いとか言いつつ結局食べるわけなんだけど。
ヤギ肉はなんの臭みもなくて普通に食べられた。


電気もないし、夜は早めの就寝。
虫に怯えながら〜(ToT)


明日は塩湖に行くらしい。キレイだといいなー♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

"世界一過酷なツアー"とは…?

こんにちは☆
リアルタイムは37ヶ国目ケニアに入りました!


ブログ更新が数日滞ってしまいました。
エチオピアの南部はWi-Fiが全然使えませんでしたー。

約1週間もネットが使えない環境はキューバ以来。

南京虫からスタートしたエチオピア。
ダナキルツアーに行ってソッコー抜けたいと思っていたのに、
気づけば3週間も滞在してしまった(((( ;°Д°))))

なぜ…??
意外です。
ではエチオピア最大の目的地だったダナキルツアーの記事から再開♪

=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月6日】
ダナキルツアー1日目


P1200694.jpg
Photo by FUYU


7:30、エチオトラベルのランクルが宿まで迎えにきてくれた。
その車に乗ってエチオトラベルへ。

ツアー中はオフィスで荷物を預かってくれる。
パソコンなどの貴重品はカギ付きのロッカーに入れてくれるから安心☆

荷物を預け、8:30出発!!

DSC09029.jpg

私たちの車は7号車だったから今日の出発は本当に人数が多いんだなって思った。


DSC09041.jpg

しばらく走って最初の休憩ポイントへ。


トイレ…トイレ…


DSC09042.jpg


トイレヽ( ̄д ̄;)ノ


汚い!臭い!
中はねーもうおぞましいぐらいの光景だったよ。
土に穴が開いていてそこにするわけだけど、穴のまわりは虫がブンブン飛びまくってて、
マジで病気になるんじゃないかと思うぐらいのひどさだった。

男は遠くから放てていいけど、女はそうはいかないもんね。

今後が非常に不安になった。


DSC09046.jpg

ここは子供達もすごくやんちゃでなんかくれって超言ってくるし、
この子達はロバを乗り回して棒で叩いたりしてた。
完全におもちゃにされててロバがかわいそうだったな。


そしてまた車に揺られお昼ごはんの休憩場所へ。

PC060450.jpg

小屋みたいなところでごはんを待つ。

IMG_0870.jpg

ゆきんこはせっせとブログメモ。
トムくん、なぜか怖いw


お昼ごはんはコレ↓

DSC09049.jpg

日本で言うとカレーライス的なものなのかな。
ごはんに野菜をトマトソースで煮込んだようなものがかかってるもの。
お米に飢えている私としては嬉しい一品。味はまあまあ。


食事の後トイレどこ??ってツアー会社の人に聞いたら、
こんな返答が。


You can do everywhere!!


え、えぶりうぇあー(((( ;°Д°))))


出た。外だ。青空トイレだ。



でもここそんな隠れるような場所ないし、
しかも砂漠地帯で風が強いから砂が舞いまくってるんだけど!!


無理。我慢するしかない。
耐えろ、ゆきんこ。


ダナキルツアーはよく"世界一過酷なツアー"とか言われてる。
私あんまり調べてないからその由縁はわかんないけど、
とにかくなんかしら過酷らしいことだけは頭にあった。

車の中で、

これってやっぱり世界一過酷なツアーなんだね(ToT)

って言ったらみんなからイヤ、そこじゃないでしょ!!って突っ込まれたけど、
私的にはそこだよ!!って思った。


3泊4日…。

長い…。


お昼休憩の場所から本日の、
いやこのツアーの1番のハイライトエルタ・アレ火山のベースキャンプの場所へ移動。

この道がすごかった!

PC060455.jpg

道っぽいけどほぼ道じゃない!!


だってドライバーのヨハネスが

ベースキャンプの場所まで12キロ2時間

って言ったんだもん!!

12キロ2時間!?(((( ;°Д°))))
悪路過ぎ!!



車の中でぴょんぴょん跳ねておもしろかったけど♪

DSC09052.jpg

PC060457.jpg

夜ごはんの準備ができるまでここでしばし休憩。
ヨハネスが日陰にマットレスを敷いてくれた。

P1200658.jpg
Photo by FUYU

私は薄っぺらの汚いマットレスにドン引きして、エマージェンシーシートを敷いて座った。

平気で座ったり寝転んだりするみんなをマジで尊敬する。
私は絶対絶対無理っ!!


その後同じツアーのみなさんと夕食☆

IMG_0865.jpg

スープ、パン、サラダ、パスタが出たよ。
いっぱい食べてこのあとのトレッキングに備える。


18:30、トレッキング開始。
今日は火山の近くでキャンプをするらしい。

寝袋と水とカメラなどを持って行く。

前半はそれほどアップダウンがなく、本当にトレッキングっていう感じ。
後半は少し登るけどそれでも登山というほどキツくはない。

何度か休憩しながら歩く。

約3時間で火山が見えるところへ到着。

P1200668.jpg
Photo by FUYU


すごーい!

みんなが写真を撮っている間、ここは噴火しないのかと私は超不安になった。

そしていよいよ火口へ。

P1200810.jpg
Photo by FUYU


すごい迫力。

目を奪われる。

けど、長い時間近くに立っていることはできない。
近づくと熱さとガスで喉がやられそうになる。

P1200774.jpg

私のカメラでは全然キレイに撮れなかったから、
一緒に行ったふゆちゃんとゆーくんの写真を載せさせてもらいます☆

P1200780.jpg
Photo by FUYU

PC070276.jpg
Photo by YUSUKE

PC070447.jpg
Photo by YUSUKE

PC070375.jpg
Photo by YUSUKE

PC070286.jpg
Photo by YUSUKE


こんな光景、自分の目で見るなんて思わなかった。

感動の夜。




火山を満喫した我々の本日の寝床。

DSC09085.jpg

外(*°∀°)=3


このツアーは野宿しなきゃいけないってわかっていたけど私は自分の寝袋を持ってこなかった。
外で使いたくなかったから。
どうせ自分も汚いし体がなるべく借りた寝袋に触れないようにそっと敷いた寝袋の上に横になった。

明日は早朝からまた火山を見る。
世界一過酷なダナキルツアーの1日目が終了。


現時点でこのツアーの過酷さは外で寝ることでもシャワーを浴びれないことでもない。


トイレだーーーーーー


でも火山があまりにもすごかったからプラマイゼロ!!
やっぱりちょいプラスってことにしよう♪



明日も頑張ろう☆
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【リアルタイム】ちょっと気晴らしに、、、

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



IMG_0878.jpg


イメチェンしましたー!!


自己顕示欲強っ(*°∀°)=3



何の話?って方はコチラを→自己顕示欲。


私、エクステ大好き、ボンバーヘアー大好き、

とにかく髪型変えるの大好き♡


そしてエチオピアは私の大好きな髪型をしている人がいっぱいいるからテンション上がっちゃったー♪


最初はまだしたことないコーンロウでもちょっと試そうかなーぐらいな気持ちで美容室行ったけど、
美容師さんの髪型に一目惚れしてこのスタイルに。

DSC09345.jpg

エクステ付けまくっちゃった〜♪


こんなにシャワー環境の悪いアフリカでこの後どうするんだろ??


まいっかー(*°∀°)=3



DSC09343.jpg
超ホスピタリティ溢れる宿のお母さんと♡

(゜◇゜)
ともろーも変身してるwww



次はマジでダナキルツアーについて書きます☆
だってWi-Fi超遅いんだもん。。。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

エチオピアで食べちゃいけないと思うモノ。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月5日】
メケレ


DSC09016.jpg


寝ている間何度も何度も目が覚めた。

何度も何度もふとんをめくって確認した。



私、ついに南京虫からの解放です!!!!!


怖かった〜(ToT)


本当に本当に怖かった。



今日はこれから行くダナキルツアーの会社選びをする。
メケレには日本人御用達のツアー会社が2社ある。

ひとつはETHIO TRAVEL AND TOURS
もうひとつはドイツ人がオーナーだというK.G.AHADU TOURS & TRAVEL AGENCY

まずはレストランでネットができるというAxum Hotel(アクスムホテル)のところにある
K.G.AHADU TOURS & TRAVEL AGENCYへ行くことにした。

てゆーかネットがしたかった。
昨日は一応ネットができると聞いていたYohannes Hotelホテルに泊まったけど、
遅くて遅くて全然使いものにならなかったから。

Axum HotelはなかなかキレイなホテルでWi-Fiをつながせてもらったら結構早かったから
メケレでのネットはここですることにした。

でもまずはダナキルツアーをどこで申し込むかだ。

事前にどちらのツアー会社の評判も調べたし実際に話を聞きにも言ったけど、
私は別にどちらで申し込んでもいいんじゃないかって思った。

対応はどちらもフレンドリーですごく良かったし、あとは条件っていうか出発日と金額じゃないかなって。
私内容を細かくチェックするタイプじゃないからどっちのツアーがこうでって言えなくて申し訳ないけど。


ダナキルツアーは人数が多ければ多いほど金額が安くなるから。
私は5人で申し込んだけど、自分達以外に申し込んでいる人が多い日にちがベスト。

私が行った時はどちらも明日なら他に申し込んでいる人が多くいるから安くできるよって言われた。
明後日は人がいないから無理、明々後日も人が多いから安くできるって。

メケレで待ち合わせをしているトムくんは今日の夜着だから、
明日の朝イチ出発は避けたいって言ってたけど私たちは好条件の明日発のツアーを申し込むことにした。
申し込んだのはETHIO TRAVEL AND TOURS


ただ単純にエチオトラベルの方が安い金額を提示してくれたし、
トムくん達が到着するまで明日の出発を決めれないって言うと、
わざわざケータイまで貸してくれて、
オフィスが閉まった後に決めても構わないから電話してねって言ってくれたから。
本当に親切だったな。

ツアーの詳細は今後のブログで書くとして。


今日の朝ごはん、てゆーか昼ごはん??
Axum Hotelの近くにあるカフェ的なところで。

DSC09000.jpg

たまたま通りがかってぷらっと入ったお店で食べたフール。
フールはスーダンでお気に入りだったけど、私はエチオピアのフールの方が好き!!

例えるなら2日目のカレーって感じで超美味しい!!
パンにつけながら食べるよ。
スーダンみたいに豆を潰した感がなくて、違うかもだけどジャガイモを使っている気がする。

フール:17ブル(約104円)


その後私たちはダッシュで泊まっていたヨハネスホテルをチェックアウトして別の宿に移動した。
Wi-Fiが全然使えなくて、高くて、シャワーもぬるま湯レベルだし、コスパ良くないなって思って。


移動した宿は安くてWi-Fiも遅いけどなんとか使えて、水シャワーだったけど(ーー;)
※宿情報はまとめ記事でアップします。


そして午後からMAPで発見した市場へ。

DSC09004.jpg

DSC09007.jpg

DSC09008.jpg

DSC09009.jpg

DSC09010.jpg

なんか雰囲気的にここ、地元の人しか来ないようなそんな市場だった。
楽しかったけど♪


そして同じくMAPで発見したQedamay Woyane Mallというショッピングモールへ。

DSC09019.jpg

DSC09018.jpg

収穫なしw


本日の夜ごはん。
超ローカルレストランへ。

DSC09021.jpg

読めない、英語通じない。

てゆーかここメニューあるだけまだましって感じで、
メケレはちゃんとしてるっぽいレストランでもメニューがないってお店が多かった。

何食べたいんだ?なんて聞かれても困る。
何があるかがわかんないんだもん。


唯一知っているメニューを口にしてなんとか通じた。

DSC09027.jpg


フール。
これはやっぱり美味しい。昼のお店の方が美味しかったけど。
フールはハズレなし!

DSC09026.jpg

パスタ。
激マズ!!


昨日のパスタとまったく同じレベルヽ( ̄д ̄;)ノ


麺がべちゃべちゃで噛まなくていいんじゃない?って感じ。

まわりの人を見ているとみんなパスタを細かく刻んで、
そこにちぎったパンを入れてかき混ぜて食べてるっぽい。

刻みやすいようにゆでまくってるのかなー。

とにかく日本人の感覚では受け入れられない食感。
味がどーのこーのという問題じゃない。


2日連続まったく同じレベルのパスタを食べて、

もうエチオピアでパスタを頼むのはやめよう

これは食べちゃいけないやつだ


そう思って、
メニューがわからなくても思わず「パスタ」って注文しないよう心に誓った。

ゴンダールで食べたパスタは美味しかったのになー。


そう言えば夕方Axum Hotelにネットしに行ったけど全然使えなかったー。
時間帯なのか使っている人の多さなのか、メケレのWi-Fiはマジで安定しない。
後日他のところで試します。

明日はいよいよダナキルツアーに出発しまーす♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

南京虫、寝不足、16時間の過酷な移動。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月4日】
ゴンダール→ウェルディヤ→アラマタ→メケレ


ウェルディア行きのバスは6:00発。
5:00にターミナルに来るように言われたから4:30に宿を出る。

アラームは4:00にセット。

だけど私は4:00までの数時間も眠ることができなかった。


足首がかゆい。


気のせい…??
神経質になっているだけかな…??


長袖、シャカシャカパンツ、完全防備でベッドに入った。
電気も消していない。

でも唯一出ている足首以下、数カ所かゆい。
何度か起きてふとんをめくって足元を確認。

南京虫の姿はない。

寝る、かゆいを繰り返す。

さすがに虫さされの薬をぬろうと思ってベッドを出た。


!!!!!!!


ギャー!!
ともろー!!まだ南京虫いるーーー!!!!!



ともろーは起き上がって南京虫をソッコーひねりつぶした。


強っ(((( ;°Д°))))

この人南京慣れしてるヽ( ̄д ̄;)ノ



もう嫌だ。もう嫌だ。もう嫌だ。


ちゃんとベッドの隅から隅まで確認すべきだった。

てゆーか南京虫明るいところでも活動するんじゃん!!

露出を抑えていたから幸い足首以下を数カ所刺されただけで済んだ。


でも私はもう気が狂いそうだった。
このまま一生南京虫につきまとわれるんじゃないか、
そんな感覚になってくる。


バルコニーでタバコを吸って心を落ち着かせる。


落ち着くわけがない。


さっきまで南京虫と一緒にベッドで寝ていたんだ。
最悪だ。


1:30、そこから私は一睡もすることができなかった。
ベッドに入ることなんてできないし、イスに座って時間が経つのをひたすら待った。


ともろーはなにもなかったかのようにスヤスヤ寝ている。


この人なんなんだ。
タフ過ぎる。


DSC08970.jpg


4:30、宿を出発。

DSC08972.jpg

バスターミナルの前にはたくさんの人が待っていた。
どうやらターミナルのゲートが開くのが5:00らしい。

信じられないけど、ゲートは5:00きっかりに開いた。


それぞれのバスへ群がる人々。
私も負けずにコロコロを引いてバスまで。

一目見てこのバスはキツいとわかった。
ボロくて狭くて汚くて。

ウェルディアまでは約10時間の道のり。
しんどい。


シートは左側3列、右側2列。
シート直角、通路激狭、前のシートとの間隔、膝がぶつかるぐらい


=寝れないヽ( ̄д ̄;)ノ


DSC08983.jpg

もう大げさじゃなく前の人の頭が自分の顔の前にある感覚。


6:00、定刻通りバスは出発した。

2時間後最初の停車。

DSC08973.jpg

…アレ、バス調子悪い??


DSC08977.jpg

また停車。

絶対調子悪い。


DSC08979.jpg

また停車。

完全に修理体勢ヽ( ̄д ̄;)ノ


私はトイレに行けなくて朝から水一滴も飲めずにいた。
バスが停車する度に男の人は立ちションしに行く。

この時ほど男に生まれれば良かったのにって思う時はない。
女子の皆さん、ホント大変ですよね。

私は未だに青空トイレは抵抗ありありなのですよ。
って普通抵抗あるよね!?

DSC08985.jpg

昼休憩の場所で一応ホテルという看板が出ているところにトイレを借りに行ったけど、
マジで思い出すのもおぞましいぐらいのトイレだった。

ホテルって看板今すぐ外して欲しい。


16:00、バスはなんとかウェルディアまで走ってくれた。
順調に着いたから一気にメケレまで行ってしまうことにした。


バスを降りたところに停まっていたトゥクトゥクに
メケレ行きのミニバスが出ているところまで連れて行ってもらう。

DSC08987.jpg
トゥクトゥク:10ブル(約60円)

メケレ!メケレ!って言ったらわかってくれる。
多分徒歩で行くのは無理。結構距離があったよ。


バスターミナルに到着したらちょうど人数が集まっているメケレ行きのバスがあってラッキーだった。
最初200ブルって言われたけど180ブルに交渉して乗った。


16:30、ウェルディア出発。

DSC08992.jpg

ミニバスはクラクションを鳴らしまくって牛やヤギを避けながら走る。
道は良いけどこれが時間かかっちゃうんだなーって思った。

18:30、Alamataという町で突然車を乗り換えるように言われた。

DSC08994.jpg

別の車に乗り込む。
一緒に車を移動したのは私たち3人と現地人の女の子2人。
合計5人。


車は走り出すかと思ったらまた降りるように言われる。


どうやらメケレ行きは5人しかいないから今日はもう走らないって言ってるらしい。
せっかく積み込んだ私たちの荷物も降ろされる。


英語が話せる人が、
メケレ行きは明日の朝だね…なんて言ってくる。


嫌だ!!こんなところで降ろされても困る!!


そこへ現地人の女の子2人が猛抗議!!

しまいには私たちをウェルディアから連れてきたミニバスVSメケレ行きのミニバスで言い争いに。

何を言っているかわかんないけど、
いいからお前らメケレまで行けよ!と人数集まんないから行かねーよ!の言い合いと思われる。


私たちは現地の女子2人に運命を託すしかない。


しばらくして決着がついた。
メケレ行きのミニバスに乗るよう言われる。

助かった。

私たちはウェルディアを出発するときメケレまでの運賃を支払ったけど、
ちゃんと乗り換えた車にお金が渡されているか、
メケレに着いたらまたお金を出せって言われるんじゃないか不安だった。

でも女の子達がお金を出せって言われても払わないように的なニュアンスのことを言ってくれたから安心した。


19:00、そこからまた乗客集めをしてなんとか満席近くまでしてから出発した。


22:15、やっとメケレに到着。
ゴンダールを出発してから16時間が経過していた。


…疲れた。


とりあえず宿にチェックインしてごはんを食べに外出。
移動続きで朝からろくなものを食べていない。


23:00、町は静まり返っていたけど、なんとかレストランを発見。


メニューはまったく読めない。
唯一通じた"パスタ"を注文した。

DSC08996.jpg

え?ソースなし!?


って思ったけど、ミートソース的なものが後から出てきた。

DSC08998.jpg
パスタ:18ブル(約108円)

このパスタ、ここ最近っていうかこんなマズイパスタそうそうないよってぐらいマズかった。

別にアルデンテなんて期待してないけど、
ゆで過ぎレベルを遥かに超えたべちゃべちゃなパスタ。

パスタが泣いてるよ。

もう今日は仕方ない。
空腹を満たすだけと割り切って食べた。

DSC08995.jpg
ビール:1本13ブル(約78円)

癒しのビール。感謝。


今日は部屋に入る前に荷物をもう一度くまなくチェックした。
もう何度も見たけど、もしかしてメケレにまで南京虫を連れてきていたらもう立ち直れないと思ったから。

そして寝る前に布団、シーツ、ベッドマッド、すべてひっくり返してチェックした。

ここに南京虫はいなかった。
どうかどうか今日は南京虫が出ませんように。

そう祈りながら今日も電気を付けたまま眠りについた。


ゴンダール→ウェルディア(バス)
所要時間:約10時間
運賃:170ブル(約1020円)
※朝6:00発、チケットは前日バスターミナルで購入。
※荷物代を別途請求される。5ブル(約30円)。
 最初100ブルって言われたらしいから注意してね!!


ウェルディア→メケレ(ミニバス)
所要時間:約6時間
運賃:180ブル(約1080円)
※途中Alamataで乗り換え。
※荷物代を別途請求される。5ブル(約30円)。

次はダナキルツアーの記事☆
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

南京虫、恐怖の二次被害。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月3日】
ゴンダール


…足がかゆい。


昨日の夜にレストランで蚊に刺されたのかな??


ベッドの中で寝ぼけながらそんなことを考えてた。


それにしてもかゆい。


起きてトイレに行ってパジャマを脱ぐ。


(((( ;°Д°))))


刺されてるー!!



足だけで30か所ぐらい、
腰とおしり、おへその下とか全部合わせると50か所は超えてると思う。


ともろーゆきも南京に刺されてたー(ToT)


とりあえず起こす。


かゆいんだもん!!


私はともろーみたいに"かゆいという感情を消す"って技持ってないからね!!



この時はまだ今日刺されたなんて思っていない。


南京虫に刺されてかゆみが出るまでちょっと時間がかかったりもするってなんかで見た気がするから、
私もともろーと同じで実はメテマで刺されまくってたけど、
腫れたりかゆくなったりするのが遅かっただけなんだって思ってた。


だってこの宿超キレイだし、南京虫なんているわけないし。


昨日何度もバックをチェックしたし。


…。



まさかね…??


とか言ってベッドに南京虫いたりしてー!


ってともろーがふとんを剥いだ。


(((( ;°Д°))))


…いた。


ギャー!!


最悪!最悪!最悪ーーー!!!!!


なんで!?なんで!?なんで!?




私は自分たちで連れてきた南京虫にまんまとやられてしまった。
もちろんあんなに刺されまくっていたともろーもさらに刺されていた。


どうしよう(ToT)
私たち南京虫を退治しきれてなかったんだ。


自分たちで連れてきたのは間違いない。
南京虫が出た!って部屋を替えてもらうなんてできない。
むしろ私たちが最低だ。


とりあえずもう一度南京虫について調べて、
熱湯に浸ける、もしくは黒いゴミ袋とかに荷物を全部入れて太陽の下に置くっていうのを見た。

南京虫は熱に弱いらしい。


すべての荷物を熱湯に浸けるのは湯船もないホテルじゃ難しそう。
黒いゴミ袋を買いに行くことにした。

ホテルの人に聞いて売っている場所に向かった。

売っていたのは超ペラペラで今にもやぶれそうな小さなゴミ袋。

Tシャツ2枚が限界ですみたいな大きさ。
バックパックなんか入るわけない。

別の店を探す。

日本じゃ当たり前に手に入る黒の大きなゴミ袋が、ここでは売っていない。


絶望的。


歩いている最中刺された足がかゆくて気が狂いそうだった。
マキシスカートが風に揺られる度刺された部分が擦れてあり得ないぐらいかゆい。


わたしもかゆさの感覚を消し去る能力があればよかったのに。


スンイルとジュンと待ち合わせした時間が過ぎていたけど、
私たちはバスターミナルに向かうことができなかった。


このままではマズイ。

とりあえず応急処置としてバックパック、サブバックすべてをもう1度バルコニーに出して
エマージェンシーシートで覆った。
エマージェンシーシートは保温効果もあるし、ある程度の温度までは上がるだろうと思って。


そしてまた着ていた服を全部洗った。
ここに来て洗濯ばっかだ。


なんとかそこまでを終えてバスターミナルへ向かった。


途中の道で偶然彼らに遭遇。
遅れてごめんなさいをしたら彼らもごめんなさいだったみたいで、
パスポートを失くしたから明日一緒に行けないって。

一緒にダナキルに行きたかったけど仕方ない。
彼らとは行きたい場所やルートが超似ているから必ずまたどこかで会えるはず。

そう願ってお別れをした。

そしてバスターミナルへ。

DSC08960.jpg

バスターミナルに行ったことのあるゆうくんから、
ここのバスターミナルは人のウザさがハンパないって聞いていたから超びびってたけどそれほどウザくなかった。

DSC08956.jpg

DSC08957.jpg


奥のカウンターでチケットを買う。


次なる目的地はダナキルツアーの拠点となる町、メケレ


ゴンダールからメケレまでの行き方は二通り。

ざっくり言うと上から行くか下から行くか

多分上から行く人がほとんどだと思う。
そっちの方が距離が短くて安いからかな。

地図
※ピンクが目的地のメケレ。

①青矢印
上のコースは途中の町、Shire(シレ)かAxum(アクスム)で一泊。
そして次の日にメケレまでというコース。
ShireかAxumまでは10時間ぐらいかかるし、
エチオピアも夜行バスが禁止の国だから日中走るしかなくてどうしても一泊するしかない。

②オレンジ矢印
下のコースはWeldiya(ウェルディヤ)まで行ってそこからミニバスに乗り換えてメケレまでというコース。
これはちょっと前にWeldiyaまで行った人がその日のうちにメケレ行きのミニバスがあったっぽいっていう情報をくれていた。
だからWeldiyaで一泊しなくても一気に行ける可能性がある。


私は絶対に下のコースで行きたかった。
一泊するとかしないとかの問題ではなく。

メテマで会ったエチオピア人のモハメッドに聞いたら、
距離は遠いけど絶対下の道から行った方がいいって言われた。
そっちの方がちゃんと道が舗装されているしって。

上のコースはマジでやばいらしい。

ダニ&南京虫&ゲロゲロバスだってヽ( ̄д ̄;)ノ


聞くだけで恐怖!!
現地人も乗りたがらないようなバスなんだって!!


結構な山道を走るらしく、バスの中で吐く人があとをたたないらしい。
てゆーかエチオピア人って三半規管が弱いのかめっちゃ吐くらしい。

私耐えられない!!
私自身は乗り物酔いはまったくしないからグネグネ山道でもなんでも全然オッケーだけど、
まわりに吐きまくっている人がいるなんて絶対嫌だ。

しかもダニとか南京虫までいるなんて!!
もう南京虫はマジで勘弁。

※同日にゴンダールから上のコースでメケレを目指した子に後から確認したら、
 ゲロゲロバスでもなかったし全然大丈夫だったとのこと。
 乗客の運もあるし人それぞれ感じ方があるからなんとも言えないけど、
 道路も未舗装ではなかったって言ってたよ。改善されたのかな。参考までに。



ということで、私たちは下から行くことにした。
エジプトのダハブで会ってルクソールで再会、
そしてここゴンダールの宿でまた再会したゆうくんも一緒に行くことになった。

DSC08958.jpg

明日のWeldiya行きのチケットを購入。
ミニバスとかじゃなくてビックバスだって言われたけど、
その辺にあるバスはどう見てもビックバスじゃなくて中ぐらいのバスだった。
クオリティ非常に心配。エチオピアのバスも信頼できん!!


そしてまた元気を出すためにごはんを食べに行った。
昨日のレストランに。

DSC08964.jpg

だって生ビールが超安いんだもん♪

DSC08965.jpg

そして今日も昨日と同じパスタを♪
私気に入ったものは飽きるまで食べ続けられるタイプ。

ビールを飲んだら血行が良くなるからなのかかゆみがひどくなった気がした。

歩いても同様。
かゆさがひどくなる。

本当は今日行こうと思っていた場所があったけど宿に引きこもった。
それに2階の部屋なのにバルコニーに堂々とバックパックを出しているのも不安だった。
ゴールドのエマージェンシーシートで超目立ってるし。


服は洗濯して干しただけじゃ不安だったから乾燥機に入れたいと思って宿の人に聞いたけど、
ちゃんとしたクリーニング屋さんしかなくてしかも超高いって言われてしまった。

コインランドリーはないか聞いたけど、エチオピアにはそんなのはないって。

これ以上どうすることもできないの??
もう南京虫に刺されるのもおびえながら過ごすのも嫌だー。


今日はもう徹底的に引きこもりになろうと思ってたけど、
韓国人のスンイル&ジュンから連絡がきて夜ごはんに誘ってくれた。

移動する前にまた2人に会いたかったからすごく嬉しかった。

昨日のレストラン、つまり今日の昼も行ったレストラン、
てゆーか昨日の昼、夜、今日の昼、そして夜、通い過ぎw

とにかく2人がそこで待ってるって言うからお出かけすることにした。

ゴンダールに来てわずか2日、すでに常連な感じ。
店員さんもおーまた来たかって感じだし、私たちもスタッフの顔は覚えてしまったし。

DSC08969.jpg

みんなで飲むビールはすごく美味しかったし、楽しい時間だった。
だけど私は刺された場所がかゆくてかくのを我慢できなくて
横にいたじゅんにも何度も止められたけどかきまくってしまった。
ビールは一杯しか飲めなかった。


明日私たちはウェルディヤへ、
スンイル達はパスポートの再発行のために首都のアディスアベバへ向かう。

再会を誓ってお別れした。
本当に大好きな2人、絶対にまた会いたい。


私が泊まっている宿は超キレイなだけじゃなくて、毎日ベッドメイクをしてくれるらしい。

シーツが新しく替えられているし、今日は大丈夫かな。
それでも不安だった私は虫除けスプレーをしまくってシャカシャカパンツをはいてベッドに入った。


今思うと本当に本当にバカだ。
南京虫を軽く見ていたわけじゃないけど。
恐怖はまだ続くのに…。


また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【閲覧注意】エチオピア入国初夜、最も恐れていた事態が。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月2日】
メケレ→ゴンダール


今日のブログはグロ画像ありです。
気分を害される方もいると思うので閲覧にご注意ください。



ゴンダール行きのバスは6:00ぐらいから走っているらしい。
だから5:40分には宿を出ようって約束をしていた。

アラームは5:00にかけて寝た。


でも私はアラームの音じゃなくともろーの声で目を覚ます。




ゆき、南京虫いる!!靴下はいた方がいい!!


(((( ;°Д°))))


南京!?


出たっーーーーー!!!!!


嫌だ!嫌だ!嫌だーーー!!!!!


てゆーか靴下はくとかそういう問題じゃないしっ!!



超テンパった。

ソッコー起きて部屋を出た。
荷物も全部出して外に避難。


なんて言うことだ。
最悪だ。最悪の事態だ。


なんで気づいたの??一匹だけいたの??刺された??


ともろーは顔に動くなにかの感覚があって目を覚ましたらしい。
ライトで照らしたら大量の南京虫がいたって!!


たたたた大量!?
あり得ない!!

怖い!怖い!怖い!怖いーーー!!!



南京虫は暗いところで活動する。
だから私たちは電気を消さずに寝ていた。

でも部屋の電気は電気なんて言えるような明かりじゃなかった。
南京虫にとっては好都合な環境だったんだ。

ともろーはこんな怪しげな宿で半袖で寝ていた。
結構刺されたっぽい。

私は汚い宿ではいつも肌の露出はせず、
長袖長ズボン、パーカーのフードをかぶってマスクとアイマスクをして完全防備で寝る。

まだわかんないけど刺されていないっぽい。
刺しどころ満載のともろーに南京虫が集中したのかもしれない。


私たちは外のベンチに腰掛けて朝が来るのを待った。


今まで約1年旅をしてきて、初めて南京虫の被害に遭ってしまった。


言葉が出なかった。
ショックだった。

いかにも怪しい宿だったけど、仕方がないと言えば仕方がなかった。
なんで昨日無理してここまで来たんだろうって、ホント今さら話だけど。


心の底から後悔した。


5:40、南京宿を出発。
スンイルとジュンの部屋は大丈夫だったみたい。
私たちは運が悪かったけどふたりが無事でとりあえずよかったと思った。


宿を出たらすぐにゴンダール行きのミニバスが通りがかった。
見送りをしてくれた宿の人にいくらか聞いてもらったら80ブルって言われたけど、
70ブル(約420円)に交渉して乗り込んだ。

DSC08934.jpg

DSC08935.jpg

DSC08937.jpg

小さな町をいくつも越え、約4時間で目的地のゴンダールに到着。


ここはWi-Fiが使えてとってもキレイな宿があるって調べていた。
だから最初からここを目指せば良かったのに…。


部屋はいろいろ見せてもらってバルコニー付きの部屋にした。
南京虫にやられた私たちはしなければいけないことがある。

DSC08941.jpg

荷物チェックだ。


私はどんなにキレイな宿に泊まっても荷物を開けっぱにして寝ることはほとんどない。
中に虫とか入ったら嫌だから超気をつけている。

一方ともろーはあんな宿でバックを開けっぱにして寝ていた。
バカちん(`へ´*)ノ

DSC08940.jpg

確認したら何匹も何匹も南京虫が出てきた。
私たちは大量の南京虫をメテマからゴンダールまで連れてきてしまったのだ。


念のためと思って私のバックもすべてチェックした。
中には入れなかっただろうけど、ファスナーの隙間とかに南京虫が付いていた。


ギャー!!ともろー!!助けてー!!


大声で叫びながらバルコニーまでバックを持って行った。
もう泣きそうだった。


その後着ていた服をすべて洗濯した。
到着早々ドタバタと南京処理に追われた。
怖くて辛くて本当に嫌だった。


一通りのチェックが終わって気分転換にごはんを食べに行くことにした。


元気出さなきゃ。


DSC08952.jpg

宿の近くのレストランへ。

DSC08943.jpg

なんとビールサーバーを発見!!
生ビールが飲める!!


DSC08944.jpg

ちょっと元気出た。

DSC08946.jpg

DSC08947.jpg

私はベジタブルパスタを注文。
ピリ辛のミートソースみたいのをかけて食べる。
麺は柔らかめだったけど、辛さがいい感じだったし野菜も取れて満足☆

DSC08950.jpg

ベジタブルパスタ:45ブル×TAX15%=52ブル(約312円)
生ビール:10.43×TAX15%=12ブル(約72円)


生ビール安過ぎ!!
瓶ビールよりも安いんだよ!!サイコー!!



宿に戻って改めてともろーの被害状況を確認。

ちなみに完全防備で寝ていた私はあごに1か所かゆみがある程度。
と言っても尋常じゃないかゆみ。
南京虫に刺されると蚊に刺されたのと比べものにならないぐらいかゆいって聞くから、
きっと南京虫にやられたんだろうと思う。


でもともろーの姿を見てかゆいなんて言葉とても口にできないって思った。



グロ画像ですのでご注意ください。

















IMG_1461.jpg

IMG_1462.jpg


首だけでこんなに(((( ;°Д°))))


腕も足も腰も超刺されまくっている。
多分300か所は超えてると思う。


恐るべし南京虫!!!!!


ともろーは平気な顔をしている。
彼はカイロでも南京虫にやられていた。

その時もかゆいなんて一言も言わなかった。


ともろーは"かゆい"という感覚を消し去る技を持っているらしい。


ナニソレ!?


って感じだけど、それが本当ならすごい技だ。


私なら絶対に発狂している。


あんなに刺されてかゆいとも言わずかいたりもしないともろーを尊敬する。
私はあごのところかきまくってるのに。


夜は別の宿に泊まっている韓国人のスンイルとジュンと待ち合わせをして
夜ごはんを食べることになっていた。


1件目は彼らのオススメのお店へ。
そして2件目は私たちが昼に行った生ビールが激安で飲めるレストランへ行った。

DSC08953.jpg

彼らはふたりとも本当にいい人で一緒にいると超楽しかった。
お互い英語が苦手だから何を言おうとしているか悟る力がすごくて会話に困ることはなかった。

南京虫を忘れて楽しいひと時☆

たっぷり飲んで明日の朝次の町までのバスチケットを一緒に買いに行く約束をしてお別れした。


長い長い一日が終わった。

ハズだった…。

でも実はまだ終わっていなかったなんてその時の私は知らなかった。


メテマ→ゴンダール(ミニバス)
所要時間:約4時間
運賃:70ブル(約420円)
バスターミナルなんてものはないらしい。
国境から真っすぐ伸びる通りに出るとゴンダールゴンダール言ってる車が通るか、
こちらがゴンダールゴンダール言いまくっていれば乗れる感じだと思います。
朝は6時前からミニバスは走ってました。


また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【まとめ】スーダンの宿&費用公開!!

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


危ない危ない。
スーダンのまとめ記事忘れるところだった。

実はブルガリアのまとめ記事だけ書いていないことに気がついているけど、
今さらどのタイミングでアップしていいかわからず放置していることはここだけの話にしておこー。


ってことで今日はスーダンのまとめ記事!!


まずは宿から!!

【ワディハルファ】
Nefertiti Hotel
住所:不明
期間:2014/11/27 1泊
部屋タイプ:4人部屋(トイレ共同)
宿泊費:30ポンド(約450円)※1部屋60ポンド、2人でシェア。
シャワー:多分なし(未確認)
WI-FI:なし
キッチン:なし
朝食:なし


=場所=
トゥクトゥクで3件はしごしたあと辿り着いた場所だからもうどこだか不明。
バスターミナルから歩ける距離ではあるはず。

=良かったところ=
・なし

=悪かったところ=
・すべて

もうここは本当にキツかった。
このあともっと嫌な宿に行くわけだけど、この時点では旅史上最強に汚い宿だった。まさに監獄。
ベッドは洗ってもいないシーツが敷いてありますが??レベル。
窓ガラスがなく虫さんwelcome状態。
トイレは外にとりあえず作りました的なドアもぎーぎー閉まらないような虫だらけな感じ。

▼外観(宿名飛んじゃってごめんなさい)
DSC08822_20141213202546f87.jpg


▼監獄ルーム
DSC08821_20141213202425d16.jpg

ワディハルファで数泊しようって人はおそらくいないでしょう。
エジプトから陸路でスーダン抜ける人は仕方なく1泊するしかないって場所だから。
もうどの宿もレベルが低いと思うからとにかくこの町は耐えるしかないと思われます。
潔癖の皆様、ここは我慢です。

ゆきんこオススメ度:☆☆☆☆☆

※オススメは★なので、ここは★ゼロ=まったくオススメしない宿です。


【ハルツーム】
Sahar Tourist Hotel
住所:不明
期間:2014/11/28-30 3泊
部屋タイプ:ツイン(バス・トイレ付き)
宿泊費:75ポンド(約1125円)※ツイン150ポンド、2人でシェア。シングルは120ポンドって言ってました。
シャワー:清潔。お湯○。水圧○。
WI-FI:あり(基本は1階ロビーのみ、2階の部屋はやや使える。でも安定せず)
キッチン:なし
朝食:あり(パン、ゆで卵、煮豆的な、パンケーキ、コーヒー、紅茶)

=場所=
近距離バスステーションJackson Bus Stationから徒歩10分弱。
Wi-Fiが使えるショッピングモールまでも徒歩7〜8分でいい場所。


スーダンは宿情報もとても少ないから地図載せておきます。

地図1
左のピンクの矢印がJackson Bus Station、
上のピンクの丸印がAl Waha Mallという大きなショッピングモール
ざっくり言うと青丸あたりにあります。

もう少しズームするとこんな感じ。

地図2


これで探せるかな…。
わかりづらくてごめんなさい。

=良かったところ=
・部屋がとにかくキレイで快適
・ベッドの質も最高に良い
・部屋に冷蔵庫がある

=悪かったところ=
・Wi-Fiが安定しない

▼入口。ガラスが黒くて中が見えないから一瞬やっていないっぽいけどひるまず入ってね!
DSC08868.jpg

▼キレイで快適な部屋☆
DSC08841.jpg

▼朝食
DSC08846.jpg

スーダンの監獄宿とか本当に無理!高くてもいいホテルに泊まりたい!
そんな方、このホテルはマジでオススメです!!
ハルツームにはこの宿があるから安心していいですってレベル。
Wi-Fiが安定しないのはちょっと残念だったけど結局どこもそんな感じだし、
調子がいい時はブログがアップできるぐらいだったからまあ良し!!
ショッピングモールでもWi-Fi使えるしね!


ゆきんこオススメ度:★★★★☆


次は費用!!

滞在期間:2014/11/27-11/30
滞在日数:4日間
総費用:14,803円
1日平均:3,700円



内訳はこんな感じ↓

●交通費:1,680円
●宿泊費:3,825円(4泊、1泊平均956円)
●食費:2,153円
●お酒:0円
●雑費:45円
●その他:7,100円

※その他の内訳はエチオピアビザ申請料と外国人登録費用

※注1!!レート:1スーダンポンド=15円で計算
※闇両替時のレート


スーダンはマジでお金がかからなかった。
移動費も食費も超安いし、お酒は飲めないし。
ハルツームの宿は相場より高いところ泊まったけど、
監獄宿でも全然OKって人ならもっとお金かからないね。

ただスーダンはエジプトからエチオピアまでの通り道ってぐらいで考えていた私にとっては
外国人登録の4800円は高かったなーって思う。
スーダンビザだって50ドルかかってるしね。


スーダンは今まで行った国の中でも"え?ここ首都?"ってぐらいの国だった。

PB290426.jpg

PB300434.jpg

PB300438.jpg

PB300446.jpg

PB300447.jpg

首都の中心部でさえも道路の舗装がぐちゃぐちゃな場所もあるし、
とにかくゴミだらけで汚い。


"なにもないけど人がいい"


そんな風に聞いていたスーダン。

レストランに入ったけどメニューがまったくわからなくて注文ができない時は必ず誰かが助けてくれたし、
みんなニコニコして親切な人が多かったように思う。
言葉が話せないとうっとうしがられる国も結構あるから、なんか嬉しかった。

PB300444.jpg

たったの4日の滞在だったけど監獄宿も含めていい経験。
2度と泊まりたくはないけど。

エジプトから陸路で南下を考えている方。
私はスーダン抜けるのに4日かかりましたが、
エチオピアビザをカイロで申請している、もしくは大使館の休みを考慮して入国すれば、
3泊で抜けることも可能だと思います。
参考までに。


次はエチオピアの記事の続きから!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ビールと引き換えに恐怖の監獄宿again。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月1日】
ハルツーム→ゲダレフ→ガラバート→メケレ

5:00、起床。
5:30、宿を出る。

宿からミンナバリバスステーションまではかなり距離がある。
早朝からバスが走ってるのか宿の人に聞いたら大丈夫だって言われたから近距離バスターミナルへ向かった。

ちなみにタクシーだと50ポンド(約750円)、ミニバスは2ポンド(約30円)。

節約です。


ミニバス乗り場は早朝からたくさんのバスで賑わっていた。
ミンナバリバスステーション行きのミニバスも5分ぐらいであっという間に満席になって出発。

6:00、人の乗り降りも少なく車の量も少なかったからあっという間にバスステーションに到着した。

DSC08900.jpg

6:30、バスへの乗り込み開始。
荷物代が1つ5ポンド(約75円)かかった。
全員取られるか不明。ともろー曰く他の人も払っていたそう。

DSC08902.jpg

バスはキレイだったけど派手派手のデコバスだった。

このバスはいろんな人の情報を見ると出発がかなり遅れるっぽかったから、
7:00発なんてまったく期待してなかったけどなんと7:20ぐらいにサックリ出発した(*°∀°)=3


今思うとこの時から恐怖へのカウントダウンが始まっていたのかもしれない。


バスではちょっとしたパンケーキと激甘のジュースが配られた。

DSC08903.jpg

12:45、ゲダレフ到着。

DSC08907.jpg

え!?もう着いたの??


そんな感じだった。
ハルツーム→ゲダレフは約7時間ぐらいって聞いてたし、
それでもさらに遅れてきっと8〜9時間ぐらいかかるんだろうって思ってたから。

なんと5時間半ぐらいで到着してしまった。


そして預けていたコロコロバックと再会して唖然とした。

普通荷物預ける時ってシール貼られたりなんかタグみたいのを付けられたり、
テキトーな国だったらなにもなくそのまま乗せられたりするけど。

DSC08904.jpg

直接バックになんか書かれてた(((( ;°Д°))))


ありえなーーーーーい!!!!!
そのへんの汚いバックと一緒にすんなーーー!!!



私バックパックカバーみたいのないから直で書かれててホントムカついた。


もういいけど。
オスプレイのコロコロバック持ってる人超いっぱいいるから間違わなくて済むし(ToT)

ちくしょー。


そして私たちは悩んだ。
今日はゲダレフに宿泊して明日エチオピアに向かう予定だった。
でもあまりにも早く到着しちゃったから、

アレ?今日中にエチオピア行けるんじゃない…??

って。

ゲダレフから国境の町ガラバートまでは約3時間ぐらいって聞いている。
このままスムーズにいけば18:00までには国境を越えられる可能性が高い。


ただ、国境を越えたエチオピア側のメテマという町から私たちの目的地ゴンダールという町までのバスは、
最終が16:30っていう情報ももらっていた。

だから今日国境を越えられたとしてもメテマから出られずそこで1泊しなきゃいけない可能性が高い。
メテマの宿も情報は少なかったけどスーダン側のガラバート同様南京虫やダニが出るとかとにかく評判が悪そうだった。

絶対に泊まりたくない。
なんとしてもゴンダールまで行かなきゃ。

地図

安全なのは今日はこのままゲダレフに宿泊。
明日朝イチでガラバートを目指し早めの時間に国境越え。
メケレからゴンダールまで向かう。

当初の予定はこうだったのだ。

でも私たちはここで今日エチオピアまで向かうという、

今思うと無謀な選択をしてしまった。

地図

なんてバカだったんだって今は思うけど、

ゲダレフにいい宿の当てがあるわけじゃなかったこと、
こんな早い時間に移動をストップするのがもったいないこと、

そしてエチオピアに行けばビールが飲めるということ

これが大きかった。

スーダンに入国して4日間お酒を飲んでいなかった。
予定では明日までお酒は飲めないはずだったのにもしかしたら今日の夜にはビールが飲めるかもしれない、

そんな気持ちが先を急がせた。

スーダン側のガラバート、エチオピア側のメテマ、どちらも最低最悪の宿しかないだろう。
だったらエチオピア側に渡った方がいい。

私たちは韓国人カップルと4人だし、
ちょっと遅い時間でも人数が集まればゴンダール行きのミニバスが出るかもしれない。

そんな可能性に賭けた。


この場に今の私がいたらメテマになんか絶対に行かせない。
たったの1日ぐらいビールを我慢しろって言う。
すべて終わってしまったことだけど。。。



ここからガラバート行きのバスは別の場所から出ている。
"コーダマーケット"って言えばミニバス乗り場に行けるらしい。

DSC08908.jpg

トゥクトゥクもいっぱいいたけど私たちは4人だったからタクシーで向かうことにした。
交渉して4人で25ポンド(約375円)


DSC08910.jpg

着いたらすぐある程度人が集まってそうなミニバスがあった。
ガラバートまでは20ポンド(約300円)
交渉したけど値下げはしてくれなかった。


ここから3時間ぐらいかかるから遅めの昼ごはんを買っておくことにした。

DSC08912.jpg

超手際の悪いお兄さんが作るサンドイッチ。

DSC08913.jpg

ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)の超ミニVer.数個を指で潰したものと
ゆで卵をテキトーにカットしたものをパンに挟んでソースをかけたもの。

ハルツームでも路上でいっぱい見かけて食べた。
3ポンド(約45円)って激安でボリューム満点。
ここのは4ポンド(約60円)だったけど。

サンドイッチを買ってバスに戻ったらみんなに席を取られてて補助席しかなくなってた。
しかも超狭い。


ここで3時間…
私は思いっきりひいた。

IMG_0852.jpg

けど、元気にサンドイッチを食べた。


強くなった。


13:45、出発。

IMG_0850.jpg

途中車の調子が悪いのか何人か降りてどこかに水を足したりが数回あった。
停車する度に完全に故障してこのまま停まっちゃうんじゃないかってハラハラした。

こんなところで停まったら今日エチオピアに行けなくなっちゃう。
途中パンクして停まっている車を何度か見かけてさらに不安になった。

17:15、やっと国境の町ガラバートに到着。
補助席の私は人が乗り降りする度に席を立たなきゃいけないし、
背もたれが壊れててまったく使えないしなかなかハードなドライブだった。

国境が閉まるまであと45分!!ダッシュ!!

まずはスーダン側で2か所パスポートチェックがあった。
1か所目は氏名、国籍、エチオピアビザの番号などをメモってた。
2か所目はただ単に氏名と国籍をメモってた。

そしてやっとイミグレへ。
出国カードを記入してスタンプ押されてソッコー終了。

この一連の流れはなんかもっともらしいプレートを上着に付けたおじちゃんが案内してくれたけど、
もちろんだたの親切な人じゃなかった。
エチオピア側に渡る直前までチップの要求がハンパなかった。
完全にシカトしたけど。

そして歩いてエチオピア側へ。

イミグレの前で西アフリカに行ったことあるか聞かれて、
ないって言ったけどおでこに体温計をあてられて熱を計られた。

そして入国。
エチオピアの入国は顔写真、左右の指紋を取られるししっかりしている。
どこに宿泊するか聞かれてテキトーにガイドブックに載ってるホテルを指さして見せたら、
電話番号が完全じゃないとか言われて一瞬ヒヤッとした。
これしか知らないって言ったらじゃあもういいって言われたけど。

18:00、ギリで4人入国完了!!

イミグレを出たところでイエローカードを持ってるか聞かれて見せたけど、
韓国人のふたりは言われてなかったからそんな重要じゃないのかもね。

DSC08922.jpg

町に出る前に左側の小屋みたいなところで荷物検査があった。
全部の荷物開けて意外とちゃんと見てた。


DSC08926.jpg

メテマの町へ出る。
ビールのポスターが貼ってあったり女の人が露出度の高い服を着てオシャレしていたりで、
ちょっと歩いて国境を越えただけでスーダンとは全然違う国だった。
当たり前かもしれないけど。


エチオピアの通貨を持っていない私たちはまずスーダンポンドをエチオピアブルに替える。

このレートがとんでもなく悪かった。
もともと闇両替したものだけどさー。

公定レート、1スーダンポンド→3.5エチオピアブル
国境レート、1スーダンポンド→2.25エチオピアブル


スーダン側では1スーダンポンド→2エチオピアブルって言われた。
エチオピア側でも2.2から交渉しまくっても2.25にしかならなかった。
時間が遅いってのもあるしどう考えても替えるしかない私たちの負けだもんね。

スーダンポンドをエチオピアブルに替えるならエチオピア側の方がまだまし。
でもスーダンポンドはなるべく残さないのがベストだと思う。



両替を終えて歩きながらゴンダール行きのバスを聞いてみたけどやっぱり今日はもうないって言われた。

大人も子供もみーんな"チャイナ!チャイナ!"って言ってきて、
ここ最近どこ行ってもそんな感じだからもはや否定する気もなくなった私たちだったけど、
韓国人カップルは"コリアー!!"って否定してたから、やっぱり中国人って言われるの嫌なんだなって思った。
余談だけど。


そんなことよりも、私たちはここメテマに1泊することが確定してしまった。
バスがないんだから仕方ない。

韓国人の彼、スンイルが宿の当てがあるっていうからついて行くことにした。

DSC08927.jpg

国境を越えたすぐ左手にあるEmbaci Hotelというところ。

部屋は薄暗くて狭くて汚くてって感じだったけど、時間も時間だし仕方ない。
明日の朝までの我慢だ。


でもダブルルーム1部屋100ブルって何度も確認して部屋に入ったのに、
入ったあと突然1部屋250ブルとか言ってきた。

さっき100ブルって言ったじゃん!!嘘つき!!

って強い口調で言ったら、

OK、200ブル、ノープロブレム

だって。


プロブレムだっつーの!!バーカ!!


結局ツラっと200ポンドとか言ってくるのにムカついて宿を出ることにした。
外はもう真っ暗。宿を決めなきゃ。


さっきゴンダール行きのバスを探しているときに助けてくれた親切なエチオピア人がいた。
何かあったらおいで、ここにいるからって言ってくれてたから、その人に宿を教えてもらうことにした。

彼の名はモハメッド。
英語が堪能でたまたま店の前を歩いていた私たちを助けてくれた。


彼に案内されるまま宿へ。
見た感じさっきのホテルよりさらにヤバそうだった。
でもたった1泊、なんだったらあと数時間だから我慢するしかない。

DSC08933.jpg

1泊70ブル(約420円)。
今日はエマージェンシーシートを敷いて寝るしかない。

恐怖っ!!


その後モハメッドにレストランに連れて行ってもらった。
どこも薄暗くて知っている人がいないとなんか入りづらい感じだから一緒に来てくれて超助かった。


そしてここでは待ちに待ったビール!!
このために今日エチオピアに来たんだからー!!


DSC08929.jpg

4人でそれぞれの種類を選んで飲んでみた。
1本13ブル(約78円)ぐらい!!安い!!


そしてうまーい!!
ビール最高(*´▽`*)



本日の夜ごはん。
肉は1キロ140ブル(約840円)って言われて、私たち4人+モハメッド5人で1キロを注文。

DSC08931.jpg

肉のまわりにあるグレーの巻物的なものはエチオピア料理と言えば!の

インジェラ!!
見た目ぞうきん、味はゲロって言われているらしい。

食べる気まったくおきませんが??ヽ( ̄д ̄;)ノ


確かに見た目はグレーっていう色からして食欲をなくす。
開いてみるとクレーターみたいにボツボツしてて見た目もよくない。

味はなんか酸っぱくて、それがゲロって言われるのかな?

試しに少しだけ食べてみたけど、私は苦手かな。
パンとお肉だけ食べたよ。

この肉激ウマでビールがマジで進んだ♪


その後宿に戻って5人でビールを飲みながら、
って言っても飲んでたのはともろーと私だけだけどwいろんな話をして盛り上がった。

IMG_1440.jpg

たまたま出会った親切なエチオピア人、モハメッド。
そしてエジプトのアスワンから何かと再会しまくって仲良くなった韓国人のスンイル&ジュンのカップル。

素敵な出会いに恵まれた楽しい夜☆


が、このあと私たちは…

悔やんでも悔やみきれない恐怖体験をすることになるのです。

また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

スーダン、ハルツームでのエチオピアビザ申請

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月30日】
ハルツーム


エチオピア大使館は何時からやっているのかわかんなかったけど、
とりあえず9:00には着くように宿を出た。

歩いて約50分、エチオピア大使館に到着。

DSC08878.jpg

外から見るとこんな感じのところ。
門の前に警備員みたいな人がいるからわかると思うよ。

中に入ってまずは申請用紙を買う。
申請用紙:1ポンド(約15円)

私は写真を持っていなかったからここで撮ってもらった。
証明写真:8枚15ポンド(約225円)

申請用紙を記入している間に出来上がるから必要な人は最初に撮ってもらった方がいい。


=エチオピアビザ申請に必要なもの=

●申請用紙(現地で購入、記入)
●パスポート
●パスポートのコピー
●顔写真2枚
●申請料20ドル(シングルビザ)


申請用紙の記入が終わったらそこにいる人に必要書類のチェックをしてもらって移動。

貴重品以外の荷物はすべて預けて中へ入る。
荷物の引き換えとビザ申請の2つの番号札をもらう。
軽いボディチェックもあるから何気にちゃんとしている。

奥にある建物に入ると申請窓口がある。
必要書類を渡して待つ。

しばらくすると左端のカウンターで名前を呼ばれる。
申請料の支払い。

今回私はシングルビザの申請。
ダブルはカイロでしか申請できないって聞いたけど、ここで試したわけではないのでわかりません。

シングルビザの申請料は20ドル。
現地の人はみんなスーダンポンドで支払ってるし、
私も闇両替をしているスーダンポンドで払った方が断然お得だからツラっとポンドを出したら、
超冷たい一言。

オンリーダラー( ̄^ ̄)


沈。

言い方(`へ´*)ノ
いいけどね、20ドルぐらい(ToT)

支払いを済ませてレシートをもらってまた待つ。

しばらくすると書類を持ったおっちゃんが登場して数人の名前を読み上げる。
おっちゃんについて行って別の窓口でレシートを見せるとパスポートが返してもらえる。

終了。

私は9:00に大使館に到着してパスポート受け取りが10:30。
かかった時間は1時間半だったよ。

以前は午前中申請で午後受け取りとかだったみたいだけど、
最近の人のブログ情報とか見てるとそんなに待ち時間なくスムーズにもらえてるみたいで、私も同じだった。

昨日の外国人登録よりよっぽど簡単で楽チンだった。

DSC08880.jpg

その後大使館でまた一緒になった韓国人カップルとバスに乗って長距離バスターミナル、
ミンナバリ(Mina AI-Berri Bus Station)へ向かった。

明日ハルツームを出ていよいよエチオピアに向かう。

DSC08884.jpg

バスターミナルは超広くていくつも入口があるようなところだった。

ここはターミナルに入るのに1.5ポンドかかるから、
ターミナルのまわりにあるバス会社で聞き込みをすることにした。

私たちはどうやってエチオピアへ抜けるか超考えた。

1日でいっきにエチオピアへ抜けられる可能性もある。
バスの着時間次第。

スーダン⇔エチオピア間の国境が閉まるのが18:00。

それまでに越えられなければ国境の町ガラバートで1泊確定。
その町の宿の評判が最悪だった。
南京虫にやられたとかダニにやられたとか、とにかくろくな宿がない感じ。

私はそんなリスク背負って1日で国境越えしてやる!!なんて気持ちはまったくない。

ってことで途中の町、ゲダレフに1泊。
次の日国境を目指しエチオピアの目的地ゴンダールへ向かうことに決めた。

地図
※ピンクの場所が国境。
 1日目はブルー、ゲダレフまで。2日目はオレンジ、国境を越えてゴンダールまで移動(予定)

韓国人カップルはガラバートまで向かうらしくバスターミナルで一度お別れ。
それぞれバスを探す。

けど!!
ここ人が超ウザかった!!


DSC08885.jpg

いろんな人が近寄ってきてどこ行くんだ?こっちだこっちだって。

絶対手数料的なものを取ろうとしてるんだって思って、
自分たちで探すからいいって何度も言ってるのに何人もついてくる。

しまいには現地人同士でケンカが始まる。
きっと俺の客だ邪魔すんな!とかなんとか言い合ってるんだろう。


私は誰の客でもないけど( ̄^ ̄)


数人の人に聞いたらハルツーム→ゲダレフは75ポンド(約1125円)だった。
全員同じ金額言ったからこれが正規の価格なのかな。


ガラバートまで行く韓国人カップルに聞いたら、
ハルツーム→ガラバートは155ポンド(約2325円)って言われたらしい。

高っ!!

ゲダレフ→ガラバートはミニバスみたいので20ポンドぐらいで行けるっていう情報があったから、
それだったらガラバートまで一気にチケット買う必要ないよね。

ハルツームからガラバートへ向かう方、
ハルツーム→ゲダレフ、ゲダレフ→ガラバートって刻んだ方が断然お得ですよー!!



ってことで韓国人カップルもゲダレフまで一緒に行くことになった。
手分けして安いチケットを探す。

結局聞き回ったけど75ポンドってところばっかり。
念のためディスカウントプリーズしたら70ポンド(約1050円)にしてくれたところがあったからそこでお願いすることにした。

そこの人に連れられて結局ターミナルの中へ。
入場料:1.5ポンド(約20円)

DSC08886.jpg
こんなコインをもらう。

そこでまずチケットのカウンターじゃなくて別室みたいなところでパスポートチェックがあった。
エチオピアビザのページとか確認していたと思う。
ノートになにやら記入したあとチケットの裏にサインとスタンプをもらう。

DSC08898.jpg

そしてバス会社のカウンターへ。
ここで料金を支払ってチケットにおそらく日付とかシート番号とか書いてくれたんだと思う。

DSC08897.jpg

何書いてるかまったくわかんないけどね。

明日は7:00にバスが出発するから6:30集合って言われて終了。

この一連の流れで思ったけど、バスは前日までに購入しておくのがいいと思う。
パスポートチェックもあるし、ただチケット買って終了ってわけじゃなくて結構時間がかかったから。

ゲダレフ行きのバスは7:00発の他に10:00か10:30もあるって言ってたけど、
それでも朝行ってチケット探してってやるのは結構大変かなって思ったよ。


その後は町に戻ってイマイチ調子の良くない宿のWi-Fiに見切りをつけて
Wi-Fiができるというショッピングモールへ。

DSC08844.jpg

なかなか立派なところ。
地下にスーパーマーケットもあるよ。高いけど。

1階と地下1階にいくつかカフェがあって、だいたいどのカフェもWi-Fiがある。
私は地下1階のfashion cafeってところでやってみた。

DSC08890.jpg

DSC08891.jpg

一番ルーターが近いっていう場所に陣取ったけど、調子良かったり悪かったり。
なんとかブログがアップできるぐらいだったからまあ良しとしよう。
飲み物を頼んでも150円ぐらいだし長居できるからWi-Fiの悪い宿に泊まってもここに来ればなんとかなるよ。


夜ごはんは昨日食べてすっかりお気に入りになったフールを別のお店でオーダー。

DSC08893.jpg

DSC08896.jpg
フール:8ポンド(約120円)

昨日のお店の方が美味しかったけど私はフールお気に入り☆

明日は早起きしてバスターミナルへ!
キレイで居心地の良かった宿ともお別れし、この先どうなるのでしょう…??

また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
   

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

スーダンの闇両替と外国人登録

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月29日】
ハルツーム


スーダンは入国後3日以内に外国人登録(レジストレーション)をしなければいけないというルールがある。

ビザも必要な上になんとも面倒くさい話。

調べると3日以内じゃなくても大丈夫だったって人もいるみたいだけど、
今日は土曜日でエチオピアビザの申請もできないから先に外国人登録を済ませることにした。

ハルツームで外国人登録ができる場所はハルツームの町中と空港。
町中のオフィスは場所もわからなかったし、宿の人に聞いたら今日は休みと言われたから、
空港のオフィスですることにした。

そして外国人登録には宿泊宿のレターが必要って聞いてたからお願いしたけど、
レターなんかない、必要ないって言われてしまった。
本当に??みんな必要だって書いてあるけど??とりあえずいっか。


その前に大事な大事な両替!!
お金が替えられなかったら外国人登録すらできない。

DSC08847.jpg

昨日歩いた道を歩いていかにも両替してくれる人がいそうなビルに入った。
予想通りそこには闇両替の人が人がいて早速交渉。

ドルはホテルで聞いたレートと同じ。
100ドル→850スーダンポンド

ドキドキのエジプトポンドは…

100エジプトポンド→90スーダンポンド


ヽ( ̄д ̄;)ノ


公定レート、100エジプトポンド→80スーダンポンド
国境&ワディハルファ、100エジプトポンド→115スーダンポンド


レート悪過ぎる!!


交渉に交渉を重ねる。

食い下がるゆきんこ、諦めモードのともろー。

ドルは100ドル→870スーダンポンドまで上がった。

でもエジプトポンドはどんなに交渉しても100エジプトポンド→100スーダンポンドまでにしかならない。

エジプトポンドはハルツームでは替えられないっていう話もあったから、
替えてもらえるだけましかと思って一瞬妥協しかけたけど、
替える金額が大きかったから別の人にも聞いてみることにしてその場をあとに。

外を歩いているとすぐに両替のおっちゃんが声をかけてきた。

100ドル→850スーダンポンド、
100エジプトポンド→100スーダンポンド。


ここから交渉。
100ドル→860スーダンポンド、
100エジプトポンド→110スーダンポンド。


これで手を打った。

ドルは最初に聞いたところの方がレートが良かったけど、エジプトポンド重視でこちらで。


=スーダン闇両替まとめ=

エジプトポンド→スーダンポンド

●国境&ワディハルファ:100エジプトポンド→115スーダンポンド
●ハルツーム:100エジプトポンド→110スーダンポンド


ドル→スーダンポンド
●ハルツーム:100ドル→870スーダンポンド(交渉時MAXレート)

ドルのレートは国境&ワディハルファでは未確認。
ただドルは欲しがっているから簡単に交渉できる感じがした。
エジプトポンドはエジプトのアスワンで替える必要はないけど、
少なくともワディハルファですべて替えておく方がいい。
ハルツームまで来るとレートが悪い上に替えてくれない人もいる。
私たちももしかしたらドルも一緒に替えなかったら断られていたかもなって思った。

この先アフリカを南下するにはビザの申請とかツアー代とかでドルがたくさん必要になる。
ドルを多く持っていない人、なるべく使いたくない人への私のオススメは、
スーダンで使いそうなお金をエジプトポンドで用意してワディハルファで闇両替すること。
これが1番いい気がする。

ハルツームで両替する人は金曜日の休日に注意。
両替屋さんも少なくレートも悪いからね!!

※2014年11月29日時点


無事両替を済ませバスで空港へ向かう。

近距離バスターミナルのJackson Bus Stationまで行かなくても、
その前の通りAl Imam Al Mahdi Roadっていう大きな通りを歩いているとミニバスみたいのがいっぱい走っているから、
エアポート!エアポート!って言って教えてもらうといい。

DSC08851.jpg

空港は町中から2〜3キロ、バスで約20分ぐらい??
そんな感じで到着。

DSC08852.jpg

数日前に登録に行った社長から空港の外でするより中でした方が早いっていう情報をもらっていた。

DSC08856.jpg

向かって正面のところに行ってみると、
何時のどこのフライトだ??って聞かれて空港の中に入れてもらえない。

ここじゃないの??
てゆーかもしかして到着ターミナルでするんじゃない??
だって出発する人って登録とか必要ないじゃんね?

DSC08854.jpg

って言って少し離れた到着ターミナルへ向かう。

DSC08857.jpg

中で確認しても英語が話せる人が全然いなくてたらい回しにあう。
空港内のレンタカーの窓口みたいなところで聞いてみると、
日本大使館からのレターはあるかとか聞かれて、そんなの持ってないし必要だって聞いてないし!!

そして登録オフィスはそもそもここじゃないらしい。

また最初の場所へ逆戻り。

DSC08856.jpg

DSC08858.jpg

出発ターミナルの横にあるここが外国人登録の場所らしい。

アスワンからワディハルファまでのバスが一緒だった韓国人カップルと再会して、
先に登録を済ませていた彼らが親切にいろいろ教えてくれた。

まずはこの中で申請用紙をもらって記入する。

パスポートのコピーとスーダンビザのシールが貼られているページのコピーが必要だから、
持っていない人は横にあるコンビニみたいなところでしてもらう。
本当はそんなにかかんないけど別にいいやって感じで1枚1ポンド(約15円)を払ったよ。

DSC08859.jpg

そして窓口に下記のものを提出。

・申請用紙
・パスポート
・パスポートのコピー1枚
・スーダンビザのページのコピー1枚


ここ、気合いで割り込んで手を伸ばしまくって出してください。
遠慮して後ろで待っていたら永遠に出せません。

DSC08861.jpg

中の様子を見ているといくつか行程があるようで、流れも手際も非常に悪い。

そしてやっぱり空港の中から申請している人もいるみたいで、
中の人の書類を優先的に処理するから外にいる私たちのが後回しになっている。

社長が言ってたのはこのことかーって思った。
社長はどうやって空港の中から申請したのかわかんないけど、
中に入れたら中から申請した方が断然早いと思う。

私たちは一瞬入れそうだったけど別の係の人に止められて無理だったけど。

一度窓口から申請書類一式を返してもらったら、すぐ横の窓口で登録料を支払う。

外国人登録:320ポンド(約4800円)

高ーい!!
ビザで50ドルも払ってるのにー。


スーダン飛ばす人が多いのもわかる気がする。

結局2時間ぐらいかかって登録完了。

DSC08862.jpg

超疲れた。

空港の中に入れたら中から申請するのがベスト。
そして私たちが到着したのは多分10時ぐらいだったと思うけど、
空港のオフィスは24時間やってるらしいから時間をずらすともっとスムーズなのかもと思った。

そして必要だと言われていた宿のレターは必要なかった。
もし必要だって言われたら宿まで戻らなきゃってドキドキだったから良かった。
ついでに顔写真も必要なかった。

※2014年11月29日時点


今日のお昼ごはん。
ローカルレストランにて。

DSC08865.jpg

DSC08864.jpg

これなにかわかんないけど指さし注文。
左側のスープみたいのをパンにつけて食べる。
ちょっろネバネバ感があったから緑色のはモロヘイヤな気がする。
左側のは辛いソース。少しずつまぜて食べる。

これ超美味しくて、美味しいよ!って言ったらパンもスープもタダで追加してくれた☆
スーダン人は噂通り人が良い。

昼ごはん:8ポンド(約120円)
ともろーが食べたフルーツたっぷりスゥイーツ:5ポンド(約75円)


DSC08867.jpg


今日の夜ごはん。
レストランの外で賑やかに肉を焼いたりしているお店でスーダンの庶民の味?
と言われる"フール"というのをテイクアウト。

DSC08869.jpg

DSC08870.jpg

DSC08872.jpg

これもパンにつけて食べる。
見た目マズそうじゃない??

でもこれ超美味しい!!

ベースは豆を荒く潰したもの。
それに玉ねぎやトマトなどの野菜をまぜて、カッテージチーズと多めの油がかけられている。

体に良さそうだしお腹いっぱいになるし最高☆

フール:8ポンド(約120円)


スーダンはお酒が飲めなくて非常に残念ではありますが、
私はスーダン料理が気に入っております(*´▽`*)


明日はエチオピアビザの申請へ!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

荷物まみれのバス、10時間。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月28日】
ワディハルファ→ハルツーム

DSC08834.jpg

ハルツーム行きのバスは5:00発。

バスターミナルは近いけど4:00には宿を出ようってエジプト人に言われたから
3:30にアラームをかけて寝ていた。


寝ると言っても、ここにそっと身を置くだけだけど(ーー;)

DSC08827_20141210204956c54.jpg


ふと目が覚める。


…今何時??


まだ2:50だから大丈夫。


もう少し仮眠と思った直後ともろーが


ゆき、もしかしたら今4:00かも…


は?この人なに寝ぼけたこと言ってんの!?


iphoneを見せられる。


3:50…


????????


私のケータイは2:50だ。


ともろーが何気にスーダンに時計を合わせたら1時間進んだって。


(((( ;°Д°))))


時差!?



ここはWi-Fiがないから時計の自動修正がされていなかったんだ。


エジプトからスーダンって真下に移動した感じだから
まさか時差があるなんて思ってなくて完全に油断してたー!!

地図

マジでただ南下しただけじゃない!?


慌てて起きてフロントに寝ているスタッフに時間を確認したらなんと本当に4:00だった。


危なっ!!
てゆーかともろーエライ!!



ソッコー準備をしてまだ寝ていたエジプト人を起こして宿を出た。


バスターミナルまではトゥクトゥクで向かう。
そんな遠くないけど、舗装されていない砂地でコロコロを引くのはツラい。

バスターミナルにはもう大量の荷物を抱えた人達がたくさん集まっていた。

そこで地元民にまぎれておばあちゃんが大量に揚げている揚げパンみたいのと紅茶を飲んだ。

DSC08829.jpg

DSC08832.jpg

砂糖ガッツリかけられてひるんだけどなかなか美味しかった。
ドーナッツ&紅茶:3ポンド(約45円)

バスは5:00になってもまったく動く気配がなかったけど、
スーダン人の大量の荷物に負けないようにバスのすぐ横で待つ。

DSC08833.jpg

5:20、ようやく乗り込み開始。
荷物はともろーが担当、私はわけのわかんない文字が書かれているチケットを手に車内へ。

シート番号を教えてもらって着席。

って狭っ!!

私はいつも電子機器全部入ったサブバックを車内に持ち込んで足元に置いているけど、
このバスは足元にリュックを入れるスペースなんてまったくなかった。

仕方なく上の荷物置きに入れたけど、大量の荷物を車内にまで持ち込むスーダン人にあっけなく降ろされ結局6〜7キロあるリュックを膝の上に乗せた状態で約10時間耐えるしかなくなってしまった。


なんでこんなに荷物いっぱい持ってんだよー


6:00、やっと出発かと思ったらバスが停止して数人の人達がバスを降りて行ってしまった。
どうやらお祈りの時間らしい。

待つこと30分、降りた人が戻ってきてやっと出発。


10:00、朝だか昼だかわかんないけど休憩。

DSC08836.jpg

DSC08835.jpg

卵焼きとパンを買ってサンドイッチを作って食べた。
5スーダンポンド(約75円)


16:00、膝が曲がったまま元に戻らないんじゃないかって思うぐらいの狭く汚いバスに揺られること10時間、
やっとスーダンの首都、ハルツームに到着した。

親切なエジプト人が途中で降りてしまったからこのバスが一体どこに到着するかまったくわからなくなった私たちは、
GPSを見ながらここ逃したら変なとこ行っちゃうんじゃない?みたいなタイミングのところでテキトーに降ろしてもらった。

DSC08837.jpg

目指す宿までは少し距離がありそうだった。
歩けない距離じゃないけど声をかけてきた車と交渉して宿まで連れて行ってもらうことにした。

DSC08839.jpg

最初70ポンドとか言ってきたけど、
お願いしまくって最終的には20ポンド(約300円)で乗せてもらった。


スーダンは宿がひどいって言う噂を聞いていた。
ネットで調べてみてもそう。
情報はそもそも多くないけど、みんな監獄宿、監獄宿って書いてて、
私は思いっきりびびっていた。

昨日早速最悪の宿に泊まってしまってスーダンの洗礼を受けたわけだけど(ToT)

ハルツームではエチオピアビザの申請をしなければいけないし数泊する予定。
監獄宿になんか絶対泊まりたくない私は宿を厳選しまくってお金で解決することに決めていた。


選んだハルツームの宿。

DSC08840.jpg

キレイ過ぎる(*´▽`*)
天国!!


Wi-Fiは1Fのレセプションでしか使えないって言われたけど、
レセプションのすぐ上の2Fの部屋だったから微妙に部屋でもWi-Fiが使えて良かった。
超遅いけど、贅沢は言えない。

今はキレイであることが1番。
※宿情報はまとめ記事でアップします。


部屋のキレイさにほっとした私たちはまずはスーダンポンドを手に入れるために外に出た。
ワディハルファで闇両替のレートが良くなくてちょっとしか替えてなかったからお金がなかった。

DSC08842.jpg

ハルツームではドルからの両替のみでエジプトポンドは替えられないみたいな情報も見ていたから、
今日の朝バスターミナルで替えてしまうしかないなって思ったけど両替のおっさん達がいなくて替えられていなかった。

ドルはできるだけ使いたくないからってエジプトポンドを多めに準備していた私は
ここで替えられなかったら撃沈。

闇両替の人がいっぱいいるって言う通りをあからさまに外国人の私たちが歩いているのに、
一切声がかからない。


アレ…??


ウロウロしても誰も声をかけてくれないからその辺にいる人に聞いて回った。

ある店でドルなら両替するっていう人がいてレートを聞いたけど話になんないぐらい悪くて却下。
100ドル→750スーダンポンドだって。

公定レートだと100ドル→570スーダンポンドだから全然いいけど、
調べていたレートよりはかなり悪かったから。

念のためと思って宿泊している宿で聞いたら100ドル→850スーダンポンドって言われた。
そしてエジプトポンドは両替できないって言われてしまった。
やばい。

今日は金曜日だから両替の人もお休みみたいで、明日まで今あるお金で過ごすことにした。


それにしてもハルツームはスーダンの首都だというのに舗装されていない道路もいっぱいあるし、
とにかく汚かった。

DSC08876.jpg

ここが首都か…。


なんかアフリカ旅が始まったなって感じがする。


お金がない私たちの本日のごはんはチキンサンド。

DSC08845.jpg

DSC08843.jpg

ケチャップもマヨネーズもたっぷりかかっていて、ピーマンとか野菜も入ってて美味しかった☆
チキンサンド:8ポンド(約120円)


お酒が飲めない夜は長い。
早くスーダン抜けなければ。

明日はとにかく闇両替!
そしてスーダン入国3日以内に必ずしなければいけないという外国人登録を済ませに行こー。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

【まとめ】エジプトの宿&費用公開!!

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ブログはやっとスーダンに入ったので今日はエジプトの宿&費用まとめでーす☆

まずは宿!!


【ダハブ】
Seven Heaven Hotel Dahab
住所:Masbat Bay,Dahab
期間:2014/11/07-16 10泊
部屋タイプ:3人部屋(バス・トイレ共同)
宿泊費:20ポンド(約340円)※1部屋60ポンド、2人使用時は1人30ポンド
シャワー:汚い。お湯○。水圧○。
WI-FI:あり、超遅い
キッチン:なし
朝食:なし

=場所=
ダハブのメインストリート沿い。
宿を出てすぐ海がある。ダイビングもシュノーケリングもすぎにできる最高のロケーション。
ビーチ沿いのレストランはどこも雰囲気がいいし、
酒屋やスーパーも近くにあるから便利。

=良かったところ=
・ロケーション
・スタッフが全員フレンドリーで親切
・宿の上にある日本食レストランのクオリティの高さ&居心地
・ダイビングのライセンスが取れる

=悪かったところ=
・シャワー&トイレが汚い
・Wi-Fiが遅い

ダハブに来る日本人はセブンヘブンかディープブルーかどちらかに泊まる人がほとんどじゃないかな。
私もどちらの宿にするかネットで調べたりして結構悩んだ。
どちらの宿も近くにあるからとりあえずどっちか行って嫌だったら
もうひとつの方に行こうって思ってセブンヘブンへ。
聞いていた通り、特に水回りは汚く一瞬ひるんだけど、
それ以上に居心地が良過ぎて最終的には気にならなくなった。
ダイビングのライセンスをセブンヘブンで申し込んだからそ
れが終わったらWi-Fiのいいホテルに移ろうかって考えてたけど、
Wi-Fiは近くのカフェとか別のホテルのレストランでできるし居心地を重視。
セブンヘブンよりキレイでWi-Fiもいいよって聞いたディープブルーは結局見に行かなかった。
スタッフもみんなフレンドリーで親切で居心地抜群!!
私の旅史上最長の宿泊数になったセブンヘブン、水回りがキレイでWi-Fiがサクサクだったら
★5つにするぐらい大好きな宿だった♡

▼ダイビングのライセンスぜひ!!
DSC08364_2014120605040450f.jpg

▼部屋はそんなキレイじゃないけど…
DSC08554_201412060515422f4.jpg

▼宿から海が見えてビールもうまい!
DSC08326_20141206050415458.jpg


ゆきんこオススメ度:★★★★☆


【カイロ】
ベニス細川家ホテル
住所:4 Souk Al Tawfikiya Street 4th Floor,Cairo11111
期間:2014/11/18-19 2泊
部屋タイプ:5人ドミ(女子ドミ、バス・トイレ共同)
宿泊費:40ポンド(約680円)
シャワー:普通。お湯○。水圧○。
WI-FI:あり、遅い。
キッチン:あり
朝食:あり(パン、サラダ、ゆで卵or卵焼き、チーズ、ドリンク)


=場所=
ルクソール行きなどが出ているトルゴマーンバスステーションから徒歩10分弱ぐらいのところ。

=良かったところ=
・女子ドミがあった

=悪かったところ=
・Wi-Fiが遅い(行った時がたまたま悪かったのかも。来週修理的なことを言われた)
・宿にお酒を持ち込めない


カイロの宿はダハブから一緒に行く友達にまかせっきりで自分で探していないから特に思い入れはなくて。
Wi-Fiの調子が悪くてそこが1番残念だった。
同じビルの他の宿に移ろうかとも思ったけど、たった2泊だし我慢した。
お酒が宿の中で飲めたらもっと良かったのになーって思った。
階段に座り込んで飲んでたから。

▼女子ドミ
DSC08644.jpg

▼共有スペース
DSC08648.jpg


ゆきんこオススメ度:★★☆☆☆


【ルクソール】
Boomerang Hotel
住所:Mohamed Farid Street,Luxor
期間:2014/11/21-22 2泊
部屋タイプ:ツイン(バス・トイレ共同)
宿泊費:35ポンド(約595円)
シャワー:普通。お湯○。水圧△。バスタオル付き。
WI-FI:あり、安定せず。初日は良かったけど次の日がイマイチ。ブログのアップはなんとか可能。
キッチン:なし(冷蔵庫の使用可、お湯ぐらいはもらえるから袋麺は食べられる)
朝食:あり、別料金。ちょっとしたビュッフェっぽい感じ。

=場所=
列車のルクソール駅から徒歩10分弱、ルクソール宮殿も10分ぐらいで便利な場所。

=良かったところ=
・部屋がキレイでベッドの質もいい
・テラスの居心地
・スタッフが親切

=悪かったところ=
・Wi-Fiが安定しなかった

ここは事前にWi-Fiがいいって調べて選んだ宿。
でも初日はサクサクで最高って思ってたのに2日目がイマイチでちょっと残念だった。
でも部屋はすごくキレイだし、何よりもテラスは雰囲気も良くて居心地最高だった☆
頼めば皿とフォークを貸してくれてお湯もくれるから袋麺が食べれてよかった。
宿で15ポンドでビールが買えるけど、
私たちは外で10ポンドで買って宿に持ち込んで冷蔵庫で冷やしてもらってたから、
途中でもう持ち込みはやめてくれって言われてしまった。
でもテラスのカフェの従業員がこっそり持ってきて上の冷蔵庫で冷やせばいいって言ってくれて超いい人だった。

▼外観
DSC08684_20141206050846cda.jpg

▼居心地のいいテラス☆
DSC08676_20141206050329c47.jpg


ゆきんこオススメ度:★★★☆☆


【アスワン】
Yaseen Hotel
住所:Market St,Aswan
期間:2014/11/23-26 4泊
部屋タイプ:トリプル&ツイン(バス・トイレ付き)
宿泊費:40ポンド(約680円)
シャワー:汚い。お湯○。水圧○。水捌け最悪。
WI-FI:あり。3F&4Fはルーターがあるから部屋でも使える。希望した方がいい。
キッチン:なし(1階にある冷蔵の使用可)
朝食:なし

=場所=
列車のアスワン駅から徒歩5分ぐらい。
バス乗り場も近いし便利な場所。
飲み物などちょっとした買い物にも困らない。

=良かったところ=
・場所
・Wi-Fiがサクサク(1階フロント、3階&4階)

=悪かったところ=
・水回りが汚い
・スタッフがやや感じ悪い

ここは場所もいいしWi-Fiがエジプト入ってから1番良かったから水回りは目をつぶった。
マジで汚くて水捌けも悪くてホント嫌だったけど。
上記の通り3階or4階の部屋がベスト!チェックインの時に伝えてみたらいいと思うよ!

▼入口。この奥にホテル。
DSC08797.jpg

▼部屋
DSC08747.jpg

▼最悪なシャワー&トイレ
DSC08748_201412060503168e0.jpg

▼屋上は気持ちよかった
DSC08752.jpg


ゆきんこオススメ度:★★★☆☆


次は費用!!

滞在期間:2014/11/07-11/26
滞在日数:20日間
総費用:117,626円
1日平均:3,250円

※1日平均はダイビングのライセンスでかかった費用を除いて計算

内訳はこんな感じ↓

●交通費:14,213円
●宿泊費:9,316円(18泊、1泊平均518円)
●食費:11,680円
●お酒:9,078円
●観光費:6,180円
●ビザ:8,900円
●日用品他:2,482円
●雑費:3,145円
●ダイビングライセンス:52,632円


※注1!!レート:1エジプトポンド=17円で計算


エジプトは今まで行った国の中で多分ベスト5に入るぐらい長くいた国。
内半分はダハブに滞在。

ダハブは今までまったく考えもしなかったダイビングのライセンスを取得して、
今まで知らなかった世界を体感した最高の場所。

IMG_0724.jpg

PB160853.jpg


そして絶対に見たいと思っていたピラミッドも見ることができた。

GOPR0540.jpg


素敵な出会いに恵まれた最高の時間(*´▽`*)

ダハブはいつかまた絶対に行く!!絶対に!!



次からはスーダンの記事をアップします☆
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ドン引きナンバーワン、スーダンの監獄宿。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月27日】
アスワン→ワディハルファ


4:00起床、4:30に宿を出た。
5:00発のバスは1時間ほど遅れて出発した。

DSC08805.jpg

完全に他の乗客の荷物が多いせいだと思う。
他の人のブログで見ていた通りだった。
スーダン人は大量の荷物を持って国へ帰る。
後ろの方、通路、荷物であふれかえっている。


私の思いとしてはここから一気に目的地のハルツームまで行きたい。
でもスーダンは夜間の運行が禁止されているらしく、
途中のワディハルファで1泊して翌日ハルツームへ向かうことになるらしい。

地図


9:00、フェリー乗り場へ到着。
船でナセル湖を渡る。

DSC08808.jpg

到着した時にちょうど満杯のフェリーが出発したところだった。

フェリー乗り場に着いた時間が早かったから、
この感じだったらハルツームまで一気に行けちゃう奇跡とか起きるんじゃない?
って一瞬思ったけど、そんなわけない。

ここでなんと3時間も待たされたヽ( ̄д ̄;)ノ

出発もっと遅くても良かったじゃん!!
マンガがなかったら暇過ぎでやばかったよ。

11:45、バスごと乗船。

DSC08812.jpg

13:00、下船。


13:30、ボーダー到着。

DSC08816.jpg

車内で謎の50ポンド(約850円)を回収される。
全員50ポンド払ってるっぽかった。

DSC08818.jpg

出国税??フェリー代??
わからん。


ここに入ってからがマジでわけわかんなくて大変だった。


突然みんな大量の荷物を持ってバスを降りだした。

え?出国の荷物検査?

慌てて私たちも荷物を降ろして荷物検査。

荷物検査って言っても機械を通すだけで、
はっきり言ってしていない人がいても全然問題ないっていうかバレないぐらいテキトー。

で?次は??

大量の荷物と人で一体どこで何をしたらいいかさっぱりヽ( ̄д ̄;)ノ

なんとなくスーダン人っぽくないツーリストっぽい人を発見してアラビア語話せる??って聞いたら彼はエジプト人で私たちに次すべきこと、いろいろ親切に教えてくれた。

荷物は一旦そこらへんに放置してエジプトの出国手続きへ。
出国カードを書いてサクッと終了。

そして荷物を積み直してまたバスへ乗車。

一度出した大量の荷物は2度と同じようには収納できず、入りきらない荷物は車内へ。
ますます車内が荷物でごった返す。もう通路は完全に閉鎖している。


私たちは親切なエジプト人のおかげでスムーズにエジプト出国を済ませたけど、
全員揃うまでに結局2時間ぐらいかかった。

そしてバスですぐお隣のスーダン側へ。
スーダン側の荷物検査は厳しかった。

まずは入国審査。入国カードはバスの中で書かされる。
窓口ですんなりスタンプを押してもらう。

その次に隣のカウンターで入国カードとは別の用紙に似たような内容のものを書かされる。
複写式になっていて1枚はパスポートに挟んでおくように言われた。
なんだかさっぱりわかんない。

その後私だけ別室に行くように言われて手荷物とボディチェックがあった。
そこは女性専用の場所っぽくて、検査した手荷物バックに検査済みのシールが貼られた。

その後バックパック、サブバックの検査。
ちゃんとバックを開けて中を確認される。
そしてまた検査済みのシールを貼られて終了。

DSC08819.jpg

このシールが貼られていないとそこから出ることができない。
スーダンの入国審査は結構しっかりしてた。


スーダンは闇両替の国。
スーダンポンドをまったく持っていない私たちは少しはここで替えておこうかと思ったけど、
調べていたレートより悪かったからワディハルファで替えることにした。

それから全員バスに戻ってくるまで待ちまくった。
きっと大量の荷物の検査に時間がかかっているんだろう。

結局スーダンのイミグレを出発したのは19:00。

エジプト出国、そしてスーダン入国手続きがすべて終了するまでに、

なんと5時間半もかかった(((( ;°Д°))))

今まで何度も陸路でボーダーを越えてきたけど、
入出国にこんなに時間がかかったところはなかった気がする。

1位だね。


19:30、ワディハルファ到着。
結局夜着になってしまった。

みんな降りて行ったけど、で、明日は何時に出発するのですか??
わけがわからなくオロオロする私たちをまたエジプト人が助けてくれた。

私たちはアスワンからハルツームまでの通しチケットを購入しているけど、
ここでチケットを替えてもらわないといけないらしい。

新しいチケットをもらった。

そしてレートは調べていたよりもよくなかったけど、
このままではどうにもならないのでエジプトポンドをスーダンポンドに両替した。

1エジプトポンド=1.15スーダンポンド。

公定レートだと1エジプトポンド=0.8スーダンポンドだから闇両替の方が全然ましだけど、
このレートは国境で聞いたレートとまったく同じだった。

ちなみにアスワンのバスターミナル付近にも両替屋さんはいっぱいいるけど、
彼らは1エジプトポンド=1スーダンポンドって言ってたから、
アスワンで両替するよりは国境かワディハルファでした方がお得ということになる。


さて。
気合い入れますか。

今日はやっぱりこの町で宿泊するしかない。

私はどうしてもこの町で宿泊したくなかった。

事前に調べていた情報だと、
シャワーもないような汚い宿でみんなベッドを外に出して寝るとか、いい宿情報がなかった。

てゆーかそもそもスーダンは情報が少なかった。

さすがに夜は冷えるから外で寝るような時期ではないけど、
それにしても写真とか見る限りでは私の許容範囲を完全に超えたような宿しかないように思えた。

先に出発した社長からも宿情報をもらっていたけど、
汚いですって回答でそこだけは泊まるもんかって思ってたぐらいで、
だからといってなんの情報もなく…。

そこらへんにいる人にホテルを聞いたら社長から聞いていたホテルの名前を言われた。

そこは嫌だと言った。
でも親切にしてくれたエジプト人が通訳してくれて、
彼らはこの町で1番のホテルはそこだと言っていると言われた。

絶望的。

そこ汚いって友達から聞いてると言ったけど、
とりあえずそこに行ってみて嫌だったら次を探そうということになって、
そのエジプト人の彼と3人でトゥクトゥクに乗ってホテルに向かった。


すると満室だと言われた。
カギがいっぱいかかってた気がするけど、気のせいか??
私はそこ泊まりたくなかったから別に良かったけど。


またトゥクトゥクに乗って地元の人が教えてくれたクレオパトラという宿に行った。

満室だった。


そんなことってある??
到着時間が遅かったから先に到着した人がみんな泊まっちゃったってことなのかな。

またトゥクトゥクに乗って3件目の宿へ。
ここは空いていると言われた。

DSC08822.jpg

マジで泊まりたくない雰囲気プンプンだった。
けど、もう3件も回ったし、明日も早朝出発だし私に選択肢はなかった。

看板写ってないけど、Nefertiti Hotelっていう名前。
1部屋60ポンド、1人30スーダンポンド(約450円)だった。
最初80ポンドって言われたけど念のため安くしてって言ったらあっさり20ポンド安くなった。


案内された部屋を見て私はドン引きした。


とても人を迎え入れる体勢がととのった部屋とは思えなかった。


DSC08821.jpg


これが噂の監獄宿…??


パイプベッドが4つ、シーツは一応かかってはいるけど完全放置っぽいしマジで汚い。
窓がなく虫も入り放題。


言葉も出なかった。


ホント無理って思ってエジプト人に頼んでもっと他にキレイな部屋はないか聞いてもらおうと思ったら、
そのエジプト人の部屋もまったく同じレベルの部屋で、
あと数時間だから我慢するしかないよって言われて撃沈した。


どうしよう、こんな部屋で寝ることなんてできない。
出発まであと8時間ぐらいある。


今まで私なりに気をつけてきたし、中には仕方ないかって宿もいっぱいあったけど、
ここは今まで泊まったどんな宿よりも最低なレベルだった。


言葉もなくして呆然とする私をともろーが写真撮る。

いや、私マジで笑えないけど。


IMG_0847.jpg

この写真ひど過ぎてみんな笑うし絶対使うもんかって思ったけど、
この時の気持ちが1番よくわかる写真だから使うことにした。

マジでヒドイ顔だよね。
言っておくけどスッピンめがねだからとかそういう問題じゃないよ。

最初ずっと立ち尽くしててベッドに腰掛けるまでも時間かかったしね。


部屋にいたくない気持ちと移動でまともにごはんを食べていなかったこともあって
とりあえず元気を出そうとレストランを探して歩いた。


超ローカルなお店に入ってどうしていいやらわかんなかったけど、
英語が話せる人がメニューを教えてくれてとりあえずチキンでって言ったらこれが出てきた。

DSC08824.jpg

まわりのひとはみんな手で食べている。
私は手は使いたくなくてフォークがないか聞いたらスプーンが出てきた。

スプーン×チキン、相性最悪。
超食べづらかった。味もどーでもいい感じだった。
チキン:20ポンド(約300円)


なにもない小さな町っぽかったけど、星だけはすごくキレイだった。
マジで追いつめられたと思ったけど、
星を見上げることもできるし、ごはんも食べることができるから私は強くなったんだと感じた。


でも全然元気は出なかった。

テンション下がりまくってまったく口をきかなくなった私を見かねて
ともろーがエマージェンシーシートを敷いて一応ベッドを寝れる状態にしてくれた。

DSC08827.jpg

数時間後にはこの宿を出れる。
耐えるしかない。

スーダン初日、ソッコー辛いです(ToT)

明日はスーダンの首都、ハルツームに向かいます!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

お爺さんは片道3時間かけてビール、お婆さんは宿で洗濯…

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月26日】
アスワン


私たちの次なる目的地はスーダンの首都、ハルツーム
そこでさらに次の国、エチオピアのビザを申請する。

昨日無事スーダンビザがもらえたから本当は今日スーダンに向けて出発する予定だった。

でもよく考えてみると、今日は水曜日。
アスワンからハルツームまではダイレクトで行けないっぽくて、
国境を越えた町、ワディハルファという町で1泊しなければいけない。

ワディハルファからハルツームまでの距離を考えると、ハルツーム着は木曜日の夕方。
着いてからビザの申請に行くのは難しい。

エチオピアビザはAM申請で即日発行だけど、金曜日と土曜日は大使館がお休みだ。
ということはハルツームで無駄に2日間も待たなければいけないということに気がついた。


スーダンは宿が高い。
もちろん安い宿もあるけど通称"監獄"と呼ばれているようなところ。
私はもちろんそんなところには泊まれないから相場より倍以上高めの宿に泊まる予定だった。

考えた結果スーダンでの宿泊をなるべく抑えるために、
ここアスワンにもう1泊だけして明日出発することに決めた。
宿は安いしWi-Fiも使えるし、水回りは最強に嫌だったけど。


その時ともろーがふとこんなことを言った。


あと1泊するならルクソールにビール買いに行こうかな…



アスワンではビールが1本20ポンド(約340円)する。
ルクソールは1本10ポンド(約170円)で買える。

1本につき10ポンドお得なのだ。

たった170円…??って思うかもしれないけど、大きな差だ。
私たちが飲む量は1本や2本じゃない。



ただし!!


アスワンからルクソールに行くのは、
ちょっとそこまでお買い物〜♪というレベルの距離なんかじゃない!!


約200km、列車で片道3時間!!


(((( ;°Д°))))


ウソでしょ!?マジで!?



仮にビールを10本買うとしよう。
1本につき10ポンド安く買えるから100ポンドの得ということになる。
列車はアスワンに来た時のようにローカルに乗れば片道10ポンドの交通費。

交通費を入れても80ポンドのお得ということになる。

80ポンドのお得は日本円にすると約1,360円だ。
そのために片道3時間かけてビールを買いに行くなんて馬鹿げていると思うかもしれない。

でも、1本20ポンドもするし…って思いながら
1本だけ飲んで我慢するっていうのがお互い超ストレスだった。


この先のスーダンでお酒が飲めるなら2人とも我慢しただろう。
イヤ、ともろーはわからんが。

でもスーダンではお酒がまったく飲めない可能性が高い。



…ありじゃない??


…確かに。



アスワンでしたいことは特にない。
時間はたっぷりある。


ともろーの意志は固い。


オレ、マジで明日行ってくるから。


って。


そんなわけで、
明日はビールいっぱい飲めるし残ってるウォッカ1本全部飲んじゃっていいよねー♪
なんて言って、夜中2時過ぎまで心置きなく飲んだ。


寝る時にはもうグダグダだったから、
朝7時前には宿を出るって言ってたけどどうせ起きれないだろうと私は思ってた。


8時過ぎ、モーレツな二日酔いで最悪の目覚め。
横を見るとともろーの姿はもうそこになかった。


(((( ;°Д°))))

マジで起きて行ったんだ!!


ビックリした。ともろーも絶対二日酔いなハズ。

お酒への執着心がハンパなさ過ぎる。
尊敬するよ、マジで。

私ならガッツリお酒残ってる状態で早起きして片道3時間かけてビールを買いに行く気にはなれない。

ビール大好き♡とか言って、
ビールへの愛情はともろーの足元にも及ばないと知る。


あーそれにしても具合い悪い。
何もする気になれない。


でもともろーは頑張って今日のビールを仕入れに行ってくれているから、
約束していた洗濯をなんとか終わらせた。

DSC08792.jpg

お爺さんは山へ芝刈りに

酒飲みクソジジイはルクソールへビールを買いに

お婆さんは川で洗濯を

ゆきんこは宿で洗濯を


笑。


でも私はそれ以外なにもする気になれなくて、
宿でネットをしながらグダグダ過ごした。


ともろーは予定通りに列車があれば16時過ぎには帰ってくるはずだ。


でも私の心と体はまだお酒を飲む準備がととのっていなかった。


どうしよう…
全然ビール飲みたい気分じゃない…


ともろーにそんなこと言えなーーーーい!!


でもともろーは予定の時間が過ぎても全然戻ってこなかった。
Wi-Fiもないだろうし連絡ができない。

列車乗れなかったのかなーと思って心配していたら
18時半過ぎにやっと帰って来た。


聞くと行きの列車も遅れて4時間ぐらいかかったらしく、
帰りの列車は18時までないと言われ、
人に聞きまくってミニバスみたいのを乗り継いで帰って来たとのこと。


所要時間、約10時間ヽ( ̄д ̄;)ノ


そんなともろーが手に入れたのがコチラ↓↓↓

DSC08798.jpg

大好きなSTELLAビール10本( ´ ▽ ` )ノ


でかした!!ともろー!!


疲れきってベッドに座り込みながらもビール達を前に幸せそうなともろー。

DSC08801.jpg

やばいよね、この人(*°∀°)=3


実は二日酔いでそんなビール欲してないことを正直に話した。
実はともろーもそうだと言った。


だったらこのビールなんなんだ笑。

DSC08799.jpg


明日は朝5時発のバスだし、
全部飲めなかったら誰かに買ってもらおうねって飲み始めたら、


DSC08804.jpg

結局全部飲んじゃった(*°∀°)=3

ビールが余るわけないか〜


皆様、
このような人を世間一般ではアルコール依存症と呼ぶのでしょうか??

なーんて。

たまたま大好物がビールだったってだけだよね♪


明日はいよいよスーダンに向けて出発!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

20円で買えるシアワセ♡

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月25日】
アスワン


DSC08772.jpg

今日はおととい申請したスーダンビザの受取日。
11:00に来なさいと言われたからそのぐらいに到着するように宿を出た。


申請のときも書いたけどおさらい!!

DSC08765.jpg

列車の駅を背に真っすぐ突き当たりまで歩いたところがバス乗り場。
この写真がちょうど進行方向に向かってる写真だよ。

DSC08766.jpg

スーダン大使館に向かうバスはワゴンよりやや大きめのタイプ。
"Rudwan Mosque(ラドワンモスク)"と伝えましょう。

このバス申請に行く時は1人1ポンド払ったけど、今日はツラっと2人で1ポンド払ったらそれでOKだった。
実際は1ポンドかかんなかったのかも。ぜひチャレンジを。

"Rudwan Mosque(ラドワンモスク)"で降りて反対車線の方向を見たらこんな景色。

DSC08767.jpg

真ん中のラドワンモスクの塔を目印に。
左側がスーダン大使館だよ!


3階に上がってパスポートを渡す。

しばらく待たされる

パスポートと申請用紙的なものを渡され4階で申請料を払う

領収書を持って3階へ戻りボスの部屋的なところへ

ボスから簡単な質問を受ける。簡単だけど緊張。
ボスのサイン的なものをもらう。

最初に申請用紙をもらったところに戻る

しばらく待たされる

パスポート返却、終了!


スーダンビザの申請は午前中にすること!
通常だと午前中に申請したら2日後のAMに受け取れる。
PMに申請した友達は3日後の受け取りにされてたよ。

DSC08770.jpg

スーダンビザの申請、必要なものなどはコチラから→ドン引き列車とスーダンビザの申請。


そしてまた駅前に戻ってスーダン行きのバスチケットを予約しようと思っていたら、
道路を挟んで反対側にやたらと混んでいるお店が見えた。


なんであんなに人が群がってるんだろ??

気になって行ってみるとそこはサンドイッチ屋さんだった。

DSC08773.jpg

超人が並んでてメニューもないし選べないし
超わけわかんなかったけどその人混みに気合いで潜入してなんかもうじゃあそれで的な感じで
ファラフェルサンドを注文。

ファラフェルはひよこ豆を使ったコロッケみたいなものだよ。


会計が1ポンドでビックリした。
1ポンドって約17円。


こんなんでサンドイッチ買えちゃうの!?
さすがに安くない!?



半信半疑。てゆーかまったく期待できない。
マズくても文句言えないレベルの安さだし。


恐る恐る受け取ったファラフェルサンド。

DSC08774.jpg

中にキュウリとトマトが少量、ミニファラフェルが2〜3個入っている。
シンプルというか質素というか簡素というか。
まーそんな感じ。


食べ歩きしながら宿へ戻る。


ん??ナニコレ!?


激ウマーーーーー!!!!!


コレがたったの17円!?
マジで信じらんない!!



ボリュームそんなないから私一気に3個は食べれると思う。
でも3個食べても約50円!!!!!


人が集まるところには必ず理由がある。


ルクソール行く人はこれ絶対食べて欲しい!!
コスパっていうか、ホント味!!うまし!!

場所は列車の駅を背に直進。
突き当たりまで行く手前の右手にやたらと人がいるお店があるからすぐわかると思うよ!

ぜひ( ´ ▽ ` )ノ


そして今日はダハブからずっと一緒だったこうやとこっちゃんがカイロに帰る日。

こうやはカイロから南アフリカまでフライトで一気に南下、
こっちゃんはヨーロッパへ向かう。


バイバイの日は確実に来るし、わかってはいるけど寂しい。
最後に4人でディナー☆

DSC08779.jpg

エジプト定番のチキン定食的なモノ。

DSC08777.jpg
チキン定食:14ポンド(約240円)


別れの時。
ついにダハブメンバーが全員解散(ともろーいるけど)。
寂しさMAX。

DSC08789.jpg

DSC08791.jpg

こうや、こっちゃんありがとう!!
また世界のどこかで会いましょう( ´ ▽ ` )ノ



あ、てゆーかダハブ会で会いましょう!!


明日は酒飲みクソジジイが暴走しますw
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

自己顕示欲。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月24日】
アスワン→アブ・シンベル→アスワン


PB240396.jpg

今日はアスワンから約280km南、スーダンとの国境近くのアブ・シンベルというところにツアーで行く。

ツアーと行っても往復のバスだけだけど。

もちろん個人で行くことも可能だけど、
おそらく個人で行くとアブ・シンベルに1泊しなきゃいけないんじゃないかな?
違ったらごめんなさい。

アブ・シンベル神殿は夜に光と音のショーっていうのをやっていて、
巨大な神殿がライトアップされたりするらしくて。
せっかく行くならアブ・シンベルに1泊してそれ見たいなって思ったんだけどね。

宿が数件しかないみたいでなんせ宿泊費が高い。
だから諦めて宿で日帰りツアーを申し込んだよ。


3:00起床、3:30出発。

DSC08755.jpg

今日行く人が多かったのか大きめのバスが迎えにきた。
ちょっとした朝食(パン、ジャム、チーズ)が配られた。
朝食って時間じゃないけど。

バスはもう爆睡。

7:20、約4時間でアブ・シンベル宮殿に到着。
集合時間は9:45。
滞在時間は2時間半ぐらい。

でもそんなに広くないから2時間で十分ぐらいらしい。
そしてここは超暑いから日差しが強くなる前の時間に見学できるようにこんな時間のツアーになっているらしい。

PB240381.jpg

チケットを買って中へ。
アブ・シンベル宮殿入場料:115ポンド(約2,000円)※学生は63.5ポンド(約1,080円)


PB240384.jpg

奥に見えるのはナセル湖。
ナセル湖はアスワン・ハイ・ダムによってつくられた人造湖なんだって。

アブ・シンベル神殿はそのアスワン・ハイ・ダム建設時に神殿が水没の危機にさらされて、
ユネスコが国際キャンペーンで救済したって歴史があるらしい。
神殿をブロックに切断する方法で4年かけて元の位置より60m移動させたんだって。

すごいよねー。
だってあまりにも巨大だから神殿を前にするとよくこんなもの移動させたなって感心しちゃった。


アスワン・ハイ・ダムって学校で習ったよね??
聞いたことあるもん。
しかもテストに出るレベルの話で習った気がするんだけど。

まさかそんな名前を将来エジプトで耳にするなんて思ってもいなかったけど。
不思議なものだねー。

で、アスワン・ハイ・ダムってなんだっけ??

ダムってことはわかるけど学校で習うほどのダムだから相当なにかあるはずだって。

せっかくだから調べてみたよ。

アスワン・ハイ・ダムは幅3600m、高さ111mの巨大ダムらしい。
体積はなんと東京ドーム約164個分!!



って??


なにかの例えで東京ドームってよく使われるけど、
なんかある程度を超えたあたりからもう全然イメージできないんだけど、私だけ??

東京ドーム164個分って…

まあとんでもなくデカいことはわかったからいっか。


テストではナイル川につくられた巨大ダムの名前は??的な出題だったのかな??
記憶が遠過ぎる…


思いっきり話それちゃったけど(*°∀°)=3



アブ・シンベル大神殿!!

PB240394.jpg

巨大!圧巻!!

すごーい!!の使用頻度ハンパない。

PB240399.jpg

近くで見てもド迫力!
神殿の中は撮影禁止だったから写真がないけど、
中もこんな感じで壁一面に様々なものが描かれていた。

PB240402.jpg

PB240401.jpg

レリーフって言うらしい。
意味はわかんないけどなんとなくイメージできるものもあったりして興味深かった。


PB240407.jpg

神殿は引きで見るとこんな感じ。
マジですごいところにあるよね。

アブ・シンベル神殿を建設したのって約3300年も前なんだって。
私こういうところ来るといつも思うけど、昔の人ってマジで天才集団。
何もない時代にどうやって造ったんだろう。
すご過ぎる!!


PB240410.jpg

こっちはアブ・シンベル小神殿。

PB240411.jpg

小神殿って言っても大神殿と比べてってことで、
実際には十分"大"なんだけど。



で、今日のタイトル、自己顕示欲なんだけど。


PB240394.jpg

このド迫力のアブ・シンベル大神殿の巨像、4体ともラメセス2世なんだって。


ラメセス2世…??


この人ルクソールにあるカルナック神殿にもいたけど??



ちなみにルクソール神殿にもいるらしい。


ガイドブックには自分自身の巨像を多く残しているから、
自己顕示欲が強かったって言われてるんだって。


つまり自分大好き人間??


だってすごいんだよー
外だけじゃなくて大神殿の中にもラメセス2世の立像が両サイドに4体ずつ、
合計8体も並んでるし、


小神殿だって、6体の内4体はラメセス2世、2体は王妃なんだって。

PB240411.jpg

どんだけ自分の像を建てるんだ!?って感じでしょ??


で、自己顕示欲って??って思って調べてみたの。
それがなかなかおもしろかったからちょっと書いてみようかなってね。


まず、自己顕示欲ってなんとなくわかるけど正確にはどういう意味なのかなーと思って検索してみた。


自分の存在を社会にアピールしたいという欲求

とか

自分の存在を多くの人の中でことさらに目立たせること

とか書かれている。

さらに"自己顕示欲の強い人の12の共通点"ってのが出てきて、
こんなことが書かれていた。

①いつも自分が注目されていないと気が済まない
②上昇志向が強い
③ネットでの顔出しやアピールに積極的
④会話の主語は「私は~」が多い
⑤場の空気を「読まない」
⑥常に評価されたい
⑦積極的に役員になりたがるけれど、周りの事を考えていない
⑧ポジティブ思考のお人好し
⑨構ってほしい
⑩自分の見た目を異常に気にする
⑪髪型をよく変える
⑫意外に内省的



皆様いかがでしょうか??

私はこれを見て爆笑しました。


私、自己顕示欲強い(*°∀°)=3


ラメセス2世のこと調べてるときからなんとなく私もじゃない?って思ってたけどwww


あてはまらない項目ももちろんあるけど、

③ネットでの顔出しやアピールに積極的

って今の私じゃん!!なんか恥ずかしい!!


てゆーかブロガーのみなさーん!自己顕示欲強いですよー!
特に顔出ししている方!!他の項目もいっぱい当てはまっちゃうんじゃないですかー??

でもFacebookとかYouTubeとかも同じかー。


まあとにかく今私はちょっと恥ずかしいって話( ̄~ ̄)


そして今日は昨日は我慢できたビールをやっぱり買ってしまった。

DSC08762.jpg
1缶20ポンド(約340円)

ホテルの屋上で極上のひと時(´▽`)ノ♪

酒屋で再度値引き交渉したけどダメだった。
でも昨日も飲んだことにすれば1本10ポンドで買ったのと同じじゃーん。

なんて言ってね。

今宿泊している宿、1泊40ポンド(約680円)
だからさすがに2本は買えなかったけど(*°∀°)=3

アブ・シンベルツアー
所要時間:約10時間
ツアー代金:120ポンド(約2,040円)

申し込みは宿泊しているYASSEN HOTELにて。
前日に申し込んで大丈夫だったけど、人数次第みたいな感じだったからタイミングもあるかも。
夜中3:30に出発、約4時間でアブ・シンベル到着。
現地の見学時間は2〜2時間半ぐらい。でも十分だから大丈夫。
ちょっとした朝食が配られる。
現地で飲み物など買えるけどもちろん超高いから持参した方がいい。

私は事前に見てた情報よりもツアー代金が高くなってたから隣のホテルに聞きに行ったけど、
宿泊者じゃないとダメって言われて金額すらわからなかった。

エジプト最南端の世界遺産。
巨大神殿は圧巻の迫力で見応えあり!オススメです!


明日は無事スーダンビザがもらえるかなー??
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ドン引き列車とスーダンビザの申請。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月23日】
ルクソール→アスワン

DSC08711.jpg

5:00起床、5:40宿を出発。
6:00発のアスワン行きの列車を目指す。

ルクソールからアスワンまでは列車で約3時間。
運賃は25ポンド(約425円)、8:00と10:00(10:30だったかも)って聞いていた。

でもアスワンからルクソールへ来た子にローカル列車に乗れば10ポンド(約170円)、
列車ももっと本数があって8:00よりも早い時間に出てるという情報を聞いた。

なんという朗報(*°∀°)=3

私たちはアスワン到着後すぐにスーダンビザの申請に行きたかったから
8:00の列車だったら超ギリで行けるかわかんないなーって思ってた。

スーダンビザはAM中に申請しても2日後の受け取り、
運が悪ければさらに1〜2日ぐらい待たされる可能性もあるって聞いてたから
どうしても到着した日のAMに申請したかった。
アスワンは他の町に比べて宿が高めだからなるべく泊数を最小限に抑えたいし。


そんなわけで6:00の列車があるという情報を信じて駅へ向かった。

DSC08710.jpg

チケットは車内で購入するからそのままホームへ直行。

6:10、少し遅れて列車が到着。

DSC08714.jpg


乗り込んだ私は車内の汚さにドン引きした(ToT)


DSC08718.jpg

DSC08719.jpg

シートも黒ずんでマジで汚いし床はゴミだらけ。
私は見ることができなかったけど何を見ても汚い発言をしないともろーが
ここのトイレはさすがに汚いと言ったトイレからの悪臭がハンパない。

なるべく風上に移動しようと思って座った席の窓が壊れていて全開。
超寒かった。

DSC08727.jpg

少しすると車掌さんが回ってきた。


コレ、絶対ローカルだよね!?

この汚さで25ポンドはないよね!?


なんて話していたらちゃんとローカル列車で10.5ポンド(約180円)だった。

DSC08723.jpg

なにやらさっぱりわからないチケットをもらった。

DSC08734.jpg

ナイル川を見ながら南下。
そして9:20、予定通り約3時間でアスワンに到着。

DSC08737.jpg

宿にチェックインしてすぐにスーダン大使館へ向かう。

スーダン大使館まではマイクロバスで行く。
乗り場は列車の駅を背に突き当たりまで直進。
その辺にバスがいっぱい停まってるから"Rudwan Mosque(ラドワンモスク)"と言いまくって教えてもらう。

DSC08739.jpg

私たちは乗り場すらわかんなくて現地の親切な人に連れて行ってもらった。

乗り場から大使館までは約5〜6キロだから徒歩はキツいと思う。
マイクロバスは片道1ポンド(約17円)

バスを降ろされた反対車線側に大使館がある。
モスクの左手。

DSC08742.jpg

スーダンの国旗が掲げられてるからすぐわかると思うよ!

DSC08741.jpg

3階に上がって申請用紙をもらい記入する。

スーダンビザ申請に必要なもの(@アスワン)
・申請用紙(大使館でもらってその場で記入)
・パスポート
・パスポートのコピー
・写真2枚
※カイロで申請の場合は日本大使館からのレターが必要らしいです。


用紙の記入が終わったら上記のものを提出して謎の待ち時間。
30分ぐらいたってパスポートが返されて明後日の11:00に来なさいと言われる。

私たちが申請したのが11月23日(日)AM、受け取りは2日後25日(火)11:00。
聞いていた通りの日程でもらえそうでほっとした。

パスポートを返されることに違和感があったけど、ここはそれでOK。
ビザがもらえる日にパスポートを持って行ってシールを貼ってもらう感じらしい。
そして申請料も受け取りの日に支払うから本日はこれにて終了!

DSC08745.jpg

今日もコシャリを食べてしまった。

DSC08746.jpg
ここのコシャリは辛いソースがもらえて私的に嬉しさ倍増☆
コシャリ(中):5ポンド(約85円)

宿でビールを売ってる場所を聞いたら1本20ポンド(約340円)で買ってきてあげると言われた。
自分たちで買いに行きたいから場所を教えてくれって言ったら遠くてタクシーに乗らなきゃいけないって。
絶対金額上乗せしてんじゃん!


激しく落ち込むゆきんこ。
もういいよ、ウイスキーかウォッカでと諦めモード。

諦めきれないともろーはひとり歩き回って酒屋を探す。
酒に対する執念は私より遥かに上。ハンパない。

ともろーは酒屋を見つけて帰って来た。
でもどんなに交渉しても1本20ポンドから下げてくれなかったって。

さすがに買えん。
しばらくビールはお預けになりそうです。。。

DSC08751.jpg
宿の屋上から撮影


ルクソール→アスワン(列車)
所要時間:約3時間
運賃:10.5ポンド(約180円)

※宿や駅で列車の時間を確認したらおそらく8:00、10:00or10:30と言われると思います。
 これが25ポンドの列車だと思われます。
 ただローカル列車は1時間に1本はあるという情報あり。未確認ですが。
 私たちは6:00に乗れました。
 そして同日あとから来た友達は13:00発のローカルに乗れました。
 ただし13:00以降は列車がない可能性が高いです。
 数日後乗ろうとした友達は13:00過ぎに駅に行ったら18:00までないと言われました。
 

=スーダンビザ取得に関して=

これは情報がいろいろあって何が正しいのか私たちも手探りな感じだった。
確実にこうと言いきれないから難しい。

スーダンビザはエジプトのカイロとアスワンで取得できるけど、
申請料はカイロ100ドル、アスワン50ドル。

なんと50ドルも違う!!

しかもカイロでで申請する場合は日本大使館からのレターが必要らしく面倒くさい。

じゃあみんなアスワンで取ればいいんじゃん??って思うけど、
イスラエルに入国している人はスーダンに入国できないとか。
もしアスワンまで南下しちゃってからビザ取れませんでしたなんてなったら
またカイロまで戻って申請とかなっちゃうしってことでカイロで申請する人もいるらしい。
そしてカイロだと翌日にビザがおりる。以前は即日だったらしいけど。

◆カイロでの申請について
※2014年11月中の話です。
申請に行ったら"数日前から現地人の紹介レターがないとビザが取れなくなった"と言われ
カイロで取ることができなかった人がいた。
その後アスワンで無事取得できたけど。

でもイスラエル入国歴あり、イスラエルの入出国のスランプなし、ただしヨルダンの入出国のスランプあり。
つまりイスラエルにいた期間が空白の期間になっている。
よく考えるとイスラエルにいたことがバレバレな人。
無事カイロでビザ取得できた。現地の人の紹介レターなど必要なかった。

…謎。

◆アスワンでの申請について
※2014年11月中の話です。
通常AM申請で2日後のAM受け取りっぽいが、
マネージャーがいないからっていう理由でさらに2日延びた友達がいた。

…運。

私的にはイスラエル問題がない人は受け取りに多少時間かかるかもしれないけど、
申請料の違いや必要書類の少なさでアスワンで取るのがベストだと思います。


ビザって面倒くさいねー。


明日は夜中発のアブシンベル神殿へ!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ルクソール世界遺産巡り(´▽`)ノ♪

こんにちは☆
リアルタイムは35ヶ国目スーダンです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月22日】
ルクソール


PB220082.jpg

今日はルクソール世界遺産巡り♪

まずはカルナック神殿へ!

DSC08692.jpg

北へ向かうメイン通り的なところへ出て"カルナック!カルナック!"を連呼して無事ミニバス乗車。

DSC08693.jpg

どのミニバスも豪快にドアは開けっぱで走ってる。
徐行ぐらいならみんなツラっと乗り込んでくる。

たくましい。

降りるところも親切に教えてもらってカルナック神殿到着!
ミニバス:2ポンド(約34円)
※帰りは同じようなミニバンに乗って1ポンドだったからきっと言い値だねー。

チケットを買って軽いセキュリティチェックをして中へ。

DSC08697.jpg

カルナック神殿入場料:80ポンド(約1,360円)※学生は半額


PB220282.jpg

カルナック神殿の中のアムン大神殿はエジプト最大規模の神殿。

PB220285.jpg

入口にあるこの像、スフィンクスなんだって。
私のスフィンクスとイメージが違うんだけど、みんなこんなイメージ??

PB220287.jpg
ラメセス2世。


そこから両サイドに並ぶ柱の迫力がすごかった。

PB220294.jpg

通り沿いの12本は高さ22メートルもあって他の柱よりも高いみたい。

PB220298.jpg

何が描かれているのか、それがどんな意味なのかは全然わかんないけど精巧に描かれていて見入った。


中を歩き回っているとおかしな動きをする集団に遭遇した。

PB220324.jpg

どこかの団体御一行様?
みんな一心不乱になにかのまわりをグルグル回っている。

PB220328.jpg

これはスカラベといってここを反時計回りに7周すると願いが叶うと言われているんだって。

PB220075.jpg

私たちも雰囲気だけ写真撮りたくない?とか言って。
ベストを求め何度も撮り直しているうちに、

PB220078.jpg

最終的には時計回りになってた(*°∀°)=3

私こういうの信じないタイプだからどっちでもいいけどw

PB220319.jpg

PB220316.jpg

PB220336.jpg

カルナック神殿を大満喫した我々は次なる目的地へ。

次はナイル川を渡って西岸へ行く。
ミニバスでルクソール神殿近くのフェリー乗り場まで戻る。

DSC08701.jpg

DSC08703.jpg

対岸に渡るだけだからあっという間に到着する。
西側は歩いて回るには見どころが遠過ぎるし、おそらくタクシーで回るしかない。

フェリーに乗る前からタクシードライバーが張りつきで値段交渉をしてくる。
ウザいと思ったけど交渉するしかない。

そんな時日本語を話すエジプト人に声をかけられる。
日本語の先生をしてるんだって。だからペラペラ。

なにか手助けしましょうか?って声をかけてくれたけど、
しつこくぼったくろうとするエジプト人にややうんざりしていた私たちは
親切そうなその人すら信用することができず。

DSC08706.jpg

彼はガイドもしてるみたいで私たちを案内したいっぽかったけど
結局タクシーとの間に入ってくれたただただ親切な人で去って行った。

最初は西側の見どころをすべて回って80ポンドでどうだ?って言われたけど、
そこまでガッツリ回る気がなかった私たちは2か所行って50ポンド、1人10ポンド(約170円)でお願いした。
実際はもっと交渉できたかもって思うけど。


まず向かったのがハトシェプスト女王葬祭殿

PB220346.jpg

ハトシェプスト女王はエジプト初の女王なんだって。
入場料:50ポンド(約850円)※学生は半額

岩山に囲まれたなんとも壮大なところにあった。

PB220352.jpg

ここ、後から気づいたけどおそらく改装中かなんかで肝心な葬祭殿に入れなかった。

アレ…?ここで行き止まりな感じ?
こんなもんなのかーなんて思ってたけど、やられた。
テラスまでしか入れないのに入場料しっかり取るなんてヒドイじゃん!!

PB220357.jpg

PB220356.jpg

ま、でも雰囲気よかったからいっか☆

PB220106.jpg

PB220120.jpg

その後はメムノンの巨像に寄って終了。

PB220362.jpg

帰りは大きなフェリーじゃなく小さめのボートで東岸へ。

PB220367.jpg

PB220369.jpg

船頭さんは少年!

PB220371.jpg

ライセンスとかきっとないよね。
緩そうだもんなー。

フェリーは大小関わらず片道1ポンド(約17円)で行けるよ!
ちゃっかり2ポンドとか言ってくる人がいるけど1ポンドだけ渡してシカトすべし!


本日の世界遺産巡りはこれにて終了☆

PB220379.jpg

遅めのランチは大好きなコシャリ☆
もちろんwithビール(´▽`)ノ♪


コシャリ:5ポンド(約85円)
ビール:1本10ポンド(約170円)


明日はさらに南の町、アスワンを目指します!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

揃いも揃って○○○病!!!!!

こんにちは☆
リアルタイムは35ヶ国目スーダンです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月21日】
ルクソール

DSC08676.jpg

6:30、予定より早くルクソールに到着した。

…っぽい。

なんかターミナルでもなんでもなく道端でおろされた。
GPSで現在地を確認すると宿まで歩くのはキツそう。


どうする?ってみんなで相談してるのに横でタクシードライバーがうるさい。

DSC08674.jpg

超しつこくて金額ふっかけてきたけどミニバス的なのも見当たらなかったから
交渉して30ポンド(約510円)、1人100円ぐらいだからいっかーと思ってタクシーで宿へ。

DSC08684.jpg
BOOMERANG Hotel

カイロの宿がWi-FiあまりよくなかったからWi-Fiがサクサクっていう情報があった宿を選んだ。
これからWi-Fi環境絶対悪くなるからね、今のうちに調べられることはしっかり調べなきゃね!

結果言うほどサクサクじゃなかったけど…
でも最強に居心地良さげなテラスがあって朝からテンション上がった☆

※宿情報はエジプトのまとめ記事でアップします。


酒飲んだらサボってばっかで全然調べものしてくれなくなるともろーは朝イチ使うのがベスト。
次に行くスーダンのことを調べていたともろーが、


やばい、ゆき…
スーダンお酒持ち込みしたらムチ打ちの刑だって…



は!?

ナニソレ!?



まままま待て!
もう少し調べる!!


DSC08679.jpg

いつになく真剣に調べまくっているともろー。


それは焦る!!困る!!嫌だ!!


スーダンはお酒の入手がエジプトより難しいんじゃないかって聞いていた。
そしてエジプトでも南下していくとビールが高くなるというのも聞いていた。



だからせっかくカイロでお酒を買いだめしたのにー(ToT)


ビールはちょっと高くても最初の1本だけ買って、
その後はもうアルコール度数の高めなものを少しずつ飲もうってさ、


ウイスキー1ボトル、ウォッカ2ボトル、ついでにビール3本。


ウォッカ1本ぐらいはなんとか残してスーダンに持っていこう!
ってどれぐらいのペースで飲むかって計画も立ててたのにー(ToT)



前途多難。


結局スーダンはお酒の持ち込みが禁止らしく、
どうにかして持ち込めないかっていうアル中同士の不毛な話し合いもしたけど、
ルールを破ることはできないし諦めることにした。


今日確定したこと。

一、買いだめしたお酒はすべてエジプト国内で消費してよい

二、スーダンの滞在日数は最小限に抑える



ルクソールには2泊する予定。
今日はナイル川の東側、ルクソール神殿とカルナック神殿、
明日は西側に行こうということになった。


DSC08682.jpg

パン屋さんで1ポンド(約17円)の激安ピザパンを買って食べ歩きしながらルクソール神殿へ向かう。

PB210257.jpg

PB210253.jpg

チケット売り場に着いたら今お祈りの時間で人がいないから5分ぐらい待っててとそこにいた人に言われた。

待っている時何気に中を覗いてみる。

PB210249.jpg

実はここまで歩いてくる時に神殿がちらりと、というかまわりから神殿の中が見える。


…。


…。


コレ、入んなくてもよくない??



全員意見が一致。

カルナック神殿の方がなんか良さげさしね、
神殿ふたつはお腹いっぱいになっちゃうかもだし。


ということで外側からタダで観光☆

PB210256.jpg

PB210258.jpg

PB210270.jpg

こっちゃんとルクソール神殿行ったなんちゃって写真撮ろうって
歩いているヨーロピアン夫婦に写真お願いしたらまさかのピンボケヽ( ̄д ̄;)ノ

PB210274.jpg

どうやったらそうなるのか謎。
オートモードなのになー。

カメラ取り替えてよ!って言われたけど、おそらくあなたには使いこなせないでしょう。
ただのミラーレスカメラですが(ーー;)


あまりにも日差しが強くて暑いから
カルナック神殿はもう少し日差しが弱くなってから行こうということになった。

PB210275.jpg

PB210276.jpg

PB210254.jpg

町を少し歩いてスーパーに寄って、
私とともろーはビールを買いに行って一度宿に戻った。


酒屋に聞いたらいつも飲んでいるステラビールは15ポンド(約250円)だった。
カイロから6ポンドも上がってしまった。

宿で買っても15ポンドって言われてたから宿で買うことに。
※後に別の酒屋で10ポンドで買える酒屋を知る。


居心地のいいテラスで昼からビール♪


DSC08676.jpg


なんだかとってもまったりした幸せな時間が流れる。


まるでどこかと同じようなゆっくりとした時間。


なんか宿出るのダルくなってきたねー


だねー


なんか別に今日じゃなくてもよくない??


だよねー


明日もあるしねー



そう、私たちはあまりに居心地のいいテラスに、


なんと。


ダハブ病を発症してしまったのです(*°∀°)=3


DSC08685.jpg

DSC08687.jpg

DSC08688.jpg

グダグダがハンパない。


ダハブを離れてから毎日のように


ダハブ帰りたい


って言ってたから。


ここの居心地の良さにダハブを重ねてしまったのでしょう☆


それはそれで良しとしよう。
こんな日もある(*´▽`*)



最後にルクソールの酒屋情報!

地図

列車のルクソール駅から北に行った赤丸のあたりに2件ほどあります。
写真を撮り忘れてしまって申し訳ないのですが、赤矢印の通りの右手にあります。
ステラの看板っぽい感じで黒いビニール袋に入ったお酒を持って帰る人が目につくからわかるはず。
ここは10ポンドで買えるから自信を持って10ポンドを出すこと!
知らないと思ってツラっと15ポンド取ってくる可能性もあるから、
もしそう言われたら、いや10ポンドって知ってるし( ̄^ ̄)みたいな毅然とした態度で!
ちなみに駅の南側の青丸のところにも酒屋があるけど、そこでは15ポンドって言われました。

※南下する方!!
 ルクソールより南の町アスワンはもっと状況が悪く、
 ツーリストは安くてビール1本20ポンド(約340円)でしか買えません!
 10本とかまとめ買いしても安くならないかって交渉したけどダメでした。
 無類のビール好きはルクソールで買いだめをオススメします!! 


明日は真面目にルクソール観光!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。