↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵は思った以上に手強かった。

こんにちは☆
リアルタイムは再びインド!現在地はデリー!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年05月14日】
デリー


じゃあ列車のチケットがキャンセルできたら考える。

そう言った。

昨日の記事はコチラから→踏み出してはいけない一歩。


昨日とんでもない金額のツアーを組んでみせた旅行会社に向かっている間も、
私はこの時まだ自分が騙されるはずなどないと思っていた。


インド門からリクシャに乗って昨日の旅行会社へと向かった。
早くしなければ私の列車の出発時間が来てしまう。


リクシャを降りて旅行会社まで歩きながら"約束して欲しいことがある"私は彼にこう切り出した。


そして勇気を出してこう言った。

No sex No kiss No Touch Pay each

彼が悪者なら目的は金か身体しかない。
もしくはどちらも、か。

若くてかっこよくて好青年な彼が私の身体を…?
まさかまさか、そう思うけど、所詮彼は男だし私は女だし、ここインドは自由恋愛の日本とは違う。
外国人は性の対象になりやすい。


それを約束してくれなかったら、
チケットがキャンセルできるできないの前に私はあなたとは一緒に行けない。


瞬間、彼は爆笑した。


なに言ってんの!?スモールノーズ!笑
当たり前じゃん!!そんなわけないよ、友達にそんなことするわけないじゃん!!


って。


わかってるけど!!
でも私は一応オンナだし、そこんところちゃんと言っておかないと…



超言いづらかった。
けど言ってスッキリした。

そして彼が爆笑してくれたことで安心した。
だよね、そうだよねって。


IMG_8639.jpg
※コンノートプレイスにあるこちらのオフィスには絶対に絶対に行かないこと!!

旅行会社に到着した。
今日出迎えてくれたのは昨日とは違う人だった。

笑顔がうさんくさいいけ好かないヤツだった。
良さげなスーツを着て頭をテカテカにセットしてアクセサリーいっぱい付けていい時計しちゃう的なタイプ。

超満面の笑みで快調に話しているけど、コイツは売れん営業だなと瞬時に判断した。
なんて言っても私が不快だったから。

列車のチケットはあっさりキャンセルできると言われた。
あと数時間後のチケットなのに、なんか裏技があるのかな。

今思うと、もしかしたら捨てたのかもとも思うけど。
それ以上儲ければいいだけの話だし、チケット代は1200ルピー(約2000円)だ。


そしてまた最初からやり直しになった。
カシミールに行きたいんだけど…しか言ってないのに、
何日まで時間がある?でまた全日程のスケジュールを組まれた。

だから高過ぎるって。

今はハイシーズンだからフライトが高いんだよ!
見てごらん!こんなにするんだよ!!

と、なんかのサイトでフライトの運賃を見せてくる。
確かに、私も前に調べたけど国内線だけど北部はシーズンだから高かった。


だったらもういい。
高くて行けないから。


そう言うと、飛行機をやめてバスやジープで行くプランに切り替えてくる。


それでも高い。


ちょっと高過ぎてわけわかんない。
料金の内訳を教えてよ、どこからどこまでがいくらでどの宿泊費がいくらかかってるのか。


そう言うとパッケージだからと言う。
それならこちらも判断できない、そう言うと渋々ざっくり金額を言ってきた。


どこからどこまでがバスで○ルピー、
スリナガルのハウスボート宿泊費が○ルピー、
どこからどこまでのジープが○ルピー、


はい、もう全部高いので結構です。


そう言っても、高くない!の一点張り。


私は彼にここマジで無理、高過ぎるしあり得ない。
もういいや、やっぱり行かない。


そう言って席を立とうとしたら先方は選手交代。
ギラギラヤロウから一転、仏のようなおじちゃん登場。


どうしました?なにか問題でも??
私が話を聞きますよ、と。


下がれ!ギラギラヤロウ!!お前はまだまだ勉強不足じゃ!!
お客様の声に耳を傾けずひたすら売り込もうとする営業なんて売れんぞ!!ばーか!!



ふん。
あ、で高いから私は結構です。

また同じことを言った。

おじちゃんはさすが経験の差なのか、もう少しコチラ側に寄り添う雰囲気だった。


このとき私はすでに違和感を感じていた。

この旅行会社には私と彼、2人で来ました、2人でカシミールに行きますっていう感じで来ているのに、
みんなほとんど私としか話さない。彼もさっきまでの勢いはなく私の横にただただ座っているだけ。


おかしくない?


旅行会社の人も英語力が乏しい私と必死で交渉するよりも、
英語もヒンディー語も問題なく話せる彼と交渉した方がスムーズじゃん。


あれ?
そもそも彼は帰省の件すべてここの人たちに任せてるって言ってたけどそれってどうなった??


私に英語力がもっとあれば小さな疑問も都度解消できたかもしれない。
でもそれができないから私の中に積もっていった。


てゆーか私にとって高いと思われるこの金額に対して、彼は一体どう思ってるわけ!?と思った。
正直私より金銭事情がいいとは思えない。


なのになにも言わないなんておかしくない??


私は彼に聞いた。

ねえ?この金額どう思うの??
高くない!?

私がいいよって言ったらこの金額に決まるんだよ!?
あなたそれでいいの!?

高いと感じないの!?


彼はグッドプライスだと言う。


あ、そう。
私は無理。



やっぱり彼はここの人とグルなんじゃん、って思った。
だって絶対おかしいもん。


でも絶対におかしいと思いつつも、
私はここで主導権を握っているのは完全に自分だと思っていた。

だから別にいいやって。
私がちゃんと判断すればいいだけだ。

高いと思えば申し込まないしお金は払わない、妥当だと思って納得するなら申し込んで支払う、ただそれだけだ。
それに彼が怪しくて一緒に行きたくなければ1人で行くと言えばいいだけだ。


いや、これだけおかしなことが目の前で起きてるんだから、
どう考えてもこの場でさようならと言って帰るべきだったのは明らかだけど。


まさか自分が。
自分でちゃんと判断すればいい。


そのときはただただそう思っていたのだ。


交代した選手のおじちゃんはただのいい人だった。
いい人で売れない人、そんなタイプ。

私は一瞬気を緩めたけど、
先方的にはコイツじゃだめだと判断したんだろう。
話が進まないから。


高いから申し込まない、もういい。
ここで話は終わり。



そう言う私に満を持してなのか大将が姿を現した。


当たり障りのない柔らかな対応をする中年男性。


どうしたんですか??
なにか問題でもありましたか??

僕はカウンセリングもしているから不安なこととかあるなんでも言ってくださいね、
そう優しく笑った。

超ゴリ押しギラギラヤロウ、仏だけどらちがあかないおじちゃん、
一転して完全に聴くスタイルの裏ボス。


散々話して疲れていたのかな。
気が緩んだ。


私はこんな風に全日程組まれたくない。
ツアーとか好きじゃない、超ストレス。

ただカシミールまで行ければいい、その先どうなるかどうしたいかわかんないし、
帰りは帰りで自分でテキトーにバスとか探すし。


大丈夫ですよ、日程はいつでも変更できます。


でも全部組まれるっていう時点でストレス。
あ、てゆーかそもそも高いし。


たどたどしい英語で話す私の言葉を遮ることもなく、
じっくりと話を聴く裏ボス。


じゃあ全部組むのはやめましょう!
あなたのストレスになるのならば…


裏ボスが言った。


行きだけの交通費、そしてスリナガルという町で泊まるハウスボートの宿泊費、
そして次の目的地レーまでの交通費だけの金額で話が進んだ。


ハウスボートに5泊のスケジュールを組んできたけど、私は3泊で十分と言い、
じゃあここは3泊にしましょうってなり、ここからここまでの金額はどう考えても高いと私が言うと、
じゃあジープは8人乗りにして金額を抑えましょう、と提案され、
裏ボスになってからすべてが私の思うように変更されて言った。

私がしたいように話が進んでいることで、
私は余計に自分で適正な判断をしていると思っていった。

自分が主導権を握っていると。


そんな高い金払うわけないじゃん。
旅行会社で高額ツアーを申し込むなんてあり得ない。
何年旅してると思ってんの?いい悪いの判断ぐらいできるから。



私はこんな風に思っていたのだ。

ただのバカ。

完全なる驕りだと今は思う。
すべてあとから気づくわけだけど。


最初は8万円だの9万円だののツアーを組まれていたけど、
私がいろんなのを排除していったから2〜3万円程度かな、そのぐらいの金額の交渉になっていった。

それがさらに私を勘違いさせた。

やってやった、お前らの思い通りになんかさせるかと。
その2〜3万円が適正かどうかではなく、そもそもそんなツアー申込む気なんてサラサラなかったのに彼らに支払う金額が激減したことに私は満足感と達成感を得ていた。


本当におかしな話。
時間が経った今だからこの日の自分を分析できるけど、
その時の私はじわじわと彼らの思う通りに追い込まれていた。


私が望むようにプランが変えられていったことで、断れない方向にどんどん進んでいたのだ。
だって断る理由がない、私が望んだプランだ。


彼らの言い値。

最初は以下の3つで16500ルピー(約28000円)
断るとジープを8人乗りにして13500ルピー(約23000円)になった。

内訳はこんなだ。

・デリー→スリナガル(バス):2000ルピー
・スリナガルハウスボート宿泊費(朝夕2食付き):1850×3泊=5550ルピー
・スリナガル→レー(ジープ):3800ルピー


合計11350ルピー、私は最終的に12000ルピーで手を打った。

え?おかしくない?

意味わかんないでしょ?
数字弱過ぎ?私数学1番得意だったんだけど笑

列車のチケットキャンセルする分の1200ルピーを差し引いて10800ルピーの支払いでいいからねと言われたからなんかね。わかる??

ただのマジック。
いや、マジックなんかじゃないか。


不自由な英語での交渉、
3人も担当が変わるほど長くその場に滞在したことで疲労もあったと思う。

そしてそんなでかい金額じゃないしもういっか〜ぐらいに思っちゃってたかもしれない。


この金額で本当にいいの??


私は彼に聞いた。
彼はうなずく。


いいんだ…
そゆこと??彼はおぼっちゃま??


私はそのままATMに行った。
いや、行かされた。



もうホント恥ずかしいよね。
どうか笑ってやってください。


スタッフが案内するからと言ったから、
彼についてきてよって言ったけど彼は先にカードで自分の分の支払いを済ませておくからと。


へぇ…
どこまで怪しいんだ。


まいっか。
とりあえず私は怪しみながらも自分が適切な判断をしたと思っていた。


支払い金額:10800ルピー+列車チケット1200ルピー=12000ルピー(約20000円)



どういう風に書くか考えたけど、ここに一応記載しておくことにする。
あとから再度北部を訪れて知った適正金額。

・デリー→スリナガル(バス途中ジャムーで乗り換えあり):1500ルピーぐらいだと思う。
・スリナガル→レー(シェアタクシー):2000ルピー
・ハウスボート宿泊費:ピンキリ、500〜5000ルピーぐらいまであるからなんとも言えず。
 私的には私のハウスボートは高くても1000ルピーぐらい。

超ざっくりだけど合計:6500ルピー(約11000円)ぐらい。


この時は気づいてないけど、私が騙された金額は約1万円だったということになる。


騙された金額としては決して大きくないし、そのぐらいだったら勉強代、そう思えなくもない。


でもこれがまたまたいろんな問題を引き起こすことになるわけだから本当に困ったちゃん(ーー;)
それはまた数日後のお話。



申込みを済ませたらギラギラヤロウが登場して、無事申し込んだ??
偉い、偉い、みたいなことを言ってきたからカチンときた。

お前に言われたくない、引っ込んでろ。
って言ってやりたかったけどシカトした。


旅行会社を出てすぐに彼に言った。


この旅行会社なんか信用できないんだけど。


なんか、思いっきりやってしまった感があった。
それを彼にぶつけた。

バスのチケットとかもらってないし、テキトーな手書きの領収書はもらったけど、
私はいつ何時にどうなるのか、どこのハウスボートに泊まるとか、
レー行きのジープはどこから乗るのかとかまったくわかんない。

僕がいるから大丈夫、なにも問題ないよって全部彼任せ。
こんなんで大丈夫なんだろうか??



じゃあ僕のことは??



あんたも同じ。
先に言っておくけど100%なんて信用してないから。



何パーセント??


10%


そう言うと彼はまた爆笑した。
笑い事じゃないんだけど、私も笑ってしまった。


なにやってんだか。


今はいいよ、
カシミールの旅が無事に終わった時に信用してくれればいいよ!




そのあと私は1度宿に戻った。
出発が明日になったからもう1泊延泊を伝えて、列車のチケットを持って旅行会社に行かなきゃいけない。

今日のベッドを確保してすぐにUターン。
列車のチケットを渡しに旅行会社へ戻った。

ついでに彼とバイバイしてもいいように色々聞いておこう、そう思ったけど不思議なことが起きた。


オフィスの中に入れてくれない。


え?ちょっと色々聞きたいことあるんだけど。


そう言ってるのにオフィスの外で話そうとする。
いや、暑いし中で座らせてよ、と言っても中は忙しい、席がないと言う。


え?突然その対応おかしくない?


中を覗き込むと欧米人の女の子2人が私がいた席に座っていた。
どう考えても話を聴かれたくないとしか思えなかった。


明日何時にどこピックアップ?と聞くと13時半発と言っていたバスが突然夜行バスに変更になったと言われた。


早速かよ。
マジで最悪だなこの旅行会社。


は?なんで!?
昼発って言ってたじゃん!!


と私が怒ると、
夜行バスはエアコンバスで昼発のバスより快適だから!と言った。


あとは友達に聞きなさいと彼の電話番号を私に聞き、彼を呼んだ。
さっきの熱心さはどうした裏ボス。


そこに彼が再び登場。


私は彼に言った。


あんたあんな旅行会社にいろいろお願いするつもりでいたんでしょ?
超最悪な会社だよ!



私が相談したいことあるって言ってるのに中に入れてくれなかったこと、早速バスが変更になったことを伝えた。


まあまあそんなに怒らないで。

なにか問題があったらすべて僕が解決するから。
ゆきが快適に過せるように、楽しめるように、それを1番に考えるから。約束するよ。


彼はそう言った。

なんかとっても冷静で落ち着いている彼に対し、
明らかに年上の私がぎゃーぎゃー言ってるのも恥ずかしくなって私は黙った。


さて、一体どんな旅になるのでしょう。
もちろんの珍道中、明日からスタートデス。


もう私、穴があったらすっぽり入りたいぐらい恥ずかしいです。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

珍道中楽しみです。
前にであった韓国のバックパッカー青年も、
インドでかなりぼられたと言ってました。
でも、パスポートも命も残ったらと
笑いとばしてましたw

ゆきんこさんのブログ見てたら、
多分自分はインド無理です!
すぐ簡単にかもられそうで、怖いですw
きっぱり強くNOと言える人間になりたいですね。

ありがとうございます。

あっちゃんさん

コメントありがとうございます。
また、注意喚起いただきましてありがとうございます。
あっちゃんさんのおっしゃる通り凶悪な事件もありますので十分に注意して旅を続けたいと思います。

ちなみに禁煙の影響はまったくないですよ!今はもう喫煙していたことを忘れるぐらい全然平気なので!
トラブルを欲しているというようなこともまったくないです、平和に旅をしたいと願っています、ビビリなので笑

masayo さん

こんばんは☆

そうですね、
命があればお金を多少取られたことぐらい笑い飛ばしちゃえばいいですね!!
そして次の教訓に!!

えー!!そんなこと言わずにインド旅行もぜひ!!
私は色々あっても結局インドに惚れた人間なので…。バカですかね?笑
私は旅に出るまで自分ははっきりNOと言えるタイプだと思っていましたが、
全然そんなことなく、やっぱり強くNOと言うことに抵抗がある日本人でした(^^;)
難しいですね、たったの一言なのに。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。