↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けてボディガード!忍びよる魔の手、犯罪者がすぐ横に(((( ;°Д°))))

こんにちは☆
リアルタイムは再びインド!現在地はハンピ!


久しぶりにブログの更新を止めてしまいました(^_^;)
続きを楽しみに見てくれている人もいるしこのタイミングで更新できない日を作るっていうのは嫌だったのですが、
どうしてもWi-Fiが見つけられなくて…。
今日からまた張り切って毎日更新を目指しますのでよかったらご覧ください( ´ ▽ ` )ノ


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年05月19日】
スリナガル→ジャンムー→アムリトサル

IMG_8779.jpg


早起きをした。
どちらかと言うと早起きタイプじゃない彼も起きているようだった。


今日はスリナガルからジャンムーという町まで乗り合いタクシーで行き、
そこから列車かバスに乗り換えてアムリトサルという町まで行く。

アムリトサルは彼と出会わなかったら次に行こうと思っていた町。
デリーに帰るのは早過ぎだし、行きたいと思っていた町だから寄って行こうと思って。


出発の準備を終えて部屋を出たらムハンマドがいた。
そして黙ってお金を差し出してきた。


7500ルピー返金のはずだったけど7000ルピーしか戻ってこなかった。
500ルピーぐらいいいかと思ってなにも言わなかった。

IMG_8769.jpg

ムハンマド、彼、そして私の3人でシカラに乗って出発。
ムハンマドがバス停まで車で送ってくれるという。

IMG_8771.jpg

まったくいい人なんだか悪い人なんだか…


そこには乗り合いの車がズラリと並んでいた。
ムハンマドがいたおかげですぐに車を発見、そして乗ることができた。



彼は朝からあからさまに元気がなかった。
口数も少なく、悲しそうな顔をしていた。

お別れの時。


なにか問題があったら誰でもいいからその辺にいる人に電話を借りてすぐに僕に連絡すること、

アムリトサルの宿に着いたらすぐに連絡すること、

とにかく気をつけて。

いい?なにがあっても必ず僕が助けるから安心して。


彼は最後まで保護者っぷりを発揮していた。
かなりの心配性、このことは昨日も何度も何度も言っていた。


彼とはここでお別れじゃない。
私たち、というか私には仕事がある。

デリーに戻ったらクソ旅行会社に行ってキャンセルした分のお金を返してもらわなきゃ。
もちろん彼にも一緒に来てもらう。

一応彼も返してもらうっていうていだから。


わかったよ、宿に着いたらすぐに連絡するから。
ありがとう、スリナガル楽しんで。またデリーで。


車は今にも出そうな勢いだった。


最後に、

私たちは最後の最後にハグをしてお別れをした。


7:30、車はジャンムーに向けて出発した。
行きは10時間ぐらいかかったから帰りもかかるだろう。

暗くなってからジャンムーに着いて乗り換えの列車やバスを探すのが嫌だったから早めに出た。

アムリトサルに着くのは完全に夜になっちゃうけど、
宿の予約もしているしバス停からすぐにリクシャに乗って宿まで行こう、これが私の計画だった。

IMG_8772.jpg

車はこんなタイプ。
助手席、真ん中の列に3人、後部座席に3人、乗客は全部で7人。

私以外は全員インド人だった。


IMG_8774.jpg

相変わらずの山道。
クラクションを鳴らしながら無謀とも言える追い抜きをかけながら進む。


チャイ休憩も1人、ランチも1人で食べた。
ボディガードが一緒だったから行きは至れり尽くせりだったけど、
それがあったからかものすごく寂しかった。


とにかく少しでも早くジャンムーに着いて欲しい。

IMG_8777.jpg

私の願いは届くはずもなく、ジャンムーに到着したのは19時半だった。
スリナガルからジャンムーまでたったの300キロにマジで10時間かかる。
確かに1人だと心が折れそうになるかもと思った。

でも移動はここで終わりじゃない。
ここから最終目的地のアムリトサルまで向かわなきゃ。

ムハンマドは列車の方が楽だから列車にしなさいと言った。
でもネットが全然使えなかったせいでジャンムー発アムリトサル行きの列車の時間がわからない。

どう考えても30分に1本1時間に1本とかいう間隔で走っているとは思えない。
かなり待ち時間があるかもしれない。
もしかしたら今日中に着けないとか…

同じ車だった人にどっちが早く着くか聞いたらバスかな〜って言うから私はバス停で降ろしてもらった。

ジャンムーからアムリトサル行きのバスはいっぱい出てるから
そう彼が言っていたしね。


一緒に降りたおじさんにチケット売り場まで連れて行ってもらって、
ついでにアムリトサル行きのチケットって言ってもらった。


無愛想に首を横に振るしぐさを見て嫌な予感がした。
そしてソッコー的中。


アムリトサル行きはもうないって。


ないってって…


じゃあ私どうすんのっ!!!!!


アムリトサルの宿は今日予約しちゃってるし、
第一ジャンムーなんて町のことまったく知らないしここに泊まるなんて無理!!!!!


もう薄暗くなってきている。
宿を探して1人で歩き回るなんてできない。


どうしよう…列車の駅まで行く…?
離れてるからリクシャに乗らなきゃいけないけど、とにかくアムリトサルに向かわなきゃ。


とりあえずおじさんをこれ以上拘束するわけにはいかないから、
ありがとう、もう大丈夫と言ってお別れをした。


どうしよう…
大丈夫じゃない…


その場に立ち尽くしているとアムリトサル?って男の人が声をかけてきた。
どこかから聞きつけてきたようだ。


そうだけど、バスあるの??


あるよ、ついて来て。


わ、よかったー!!
これで今日アムリトサルに行ける!!


そう思ったけどなんとバスの出発は22時半だという。


22時半!?
もっと早く出発するバスないの!?

で、何時にアムリトサル着??


4AM


オワタヽ( ̄д ̄;)ノ
今日中にアムリトサル到着は不可能。



ちなみにアムリトサル行きの列車の時間を聞いたけど23時発だって。
どっちにしても今日中着は無理ということ。
列車の方が所要時間は短いだろうけど夜中に到着しても仕方がないし、
ここから列車の駅まで4キロぐらいあったから仕方なくそのバスを待つことにした。

チケットを購入。
バスの出発は22時半なのになぜか20時半にもう1度ここに来いと言う。
視界にあるキレイそうなホテルにでも行ってWi-Fiを使おうと思ったけど、
あと数十分しかないしとりあえずここで待つか…


そこはもうカオス過ぎた。
電気付けてよーっていうぐらい真っ暗。

IMG_8778.jpg

怖っ…

みんなが自分を見ているように感じる。
てゆーかその場で完全に浮いている私は確実に見られまくっていた。


インド人カップルが座るベンチにスペースを発見した。
カップルならなんか安心できるしと思って。


時間よ早く過ぎろー
頼むー


気がつくと1人の男性が座っている私の斜め前に立っていた。
じーっと私を見ている。しかも距離が近過ぎる。


なにこの人…??
不気味過ぎる。


私が視線をやると、その人がなにか言ってきた。
私が理解できない言葉、ヒンディー語だろう。


なにを言っているかわかりません。


そう何度も言っているのにひたすらヒンディー語で話しかけてくる。
マジでこの人なに??ほんと怖いからやめてよー。


そう思っていた時にインド人カップルが席を立ってしまった。


すかさずその男の人が私の横に座った。
私のサブバックを挟んですぐ横にいる。


怖いよー
なんなのこの人…


時計を見る。
あと30分…


怖い怖い怖い怖い怖いー
助けてー!!



怯えながら私はボディガードのことを想った。
彼が一緒だったらこんな思いはしなかっただろう。

横にはこの変な人じゃなくて彼が座って、喉が渇いていないか、 荷物は全部持ってるか、
ちゃんとカギを閉めているか、

Everything is OK?

そう優しく聞いてくれるはずだ。


でももうここにはいない。
これ以上は一緒にいたくないと自分で決めたことだ。


その男はまだ私に話しかけてきていた。


わかんないって何度も言ってるじゃん、
なにが言いたいんだろ??


怪しいのはあからさまだったけど、
ニコニコと人の良さそうに話しかけてくる。


英語が通じていないのかな。


ノーヒンディー!ノーヒンディー!イングリッシュ!!


何度も連呼。
通じてない。


その人は座っている間に私のリュックに手をかける仕草を何度かした。
肘掛けみたいな感じで。

私はその都度触らないでとジェスチャーで牽制した。


その人があまりにも話しかけてくるから私はわからないって言うのも無視するのも疲れてしまって、
その人の横に座る男性に英語は話せますか?と声をかけた。

話せたらその人から私はヒンディー語がわからないから話しかけないでくださいって伝えてもらおうと思ったのだ。

でもその人はノーと言った。
次に背中合わせのベンチに座っている3人組の男性に声をかけた。

彼らはカタコトの英語は話せる風だったからその人に言ってもらうようにお願いした。


その人も理解したようでうんうんうなずいていた。
てゆーか言わなくてもわかんだろ?って思ったけどまいっか。


するとその人が席を立ってそのさらに横にいる最初私が英語話せますか?と尋ねた男性の前に立った。
そしてサイフからカードのようなものを取り出し男性に渡した。

その男性はケータイのライトを使ってカードみたいのを見ている。

その間その人は手を合わせてお願いします、お願いしますみたいな行動をとっている。


え?なに…??


男性がその人に一言二言なにか声をかけた。


その瞬間その人が全速力で走り去ってしまった。


IDを放置して。


騒然とするその場。


え…えぇ!?えええ!?
なに!?なにが起きたの!?



そのあとその男性はIDらしきものを確認してどこかに電話をかけた。
私は背後に座る人たちになに?あの人なんなの??と聞いた。


泥棒だよ、って。


マジで!?どうりで怪しいを思ったんだよ!!
私のリュックに度々触れようとしたのは盗ろうと思っていたからだったんだ!!



私は横の横にいた人は警察官だった。
いわゆる覆面警察官。

旅行者か?1人か??バスは何時だ??

そう聞いてくれたけど、気をつけなさいとかそんな言葉もなくその場でケータイをいじってそのままふらっとどこかへ行ってしまった。


マジで…
警察官の横なら安心だと思ったのに…


真っ暗なバスターミナルで他にも目を光らせて外国人の私を見ている人がいるかもしれない、
そう思うと怖くて仕方なかった。


ボディガード、私、大ピンチです(ToT)


お前騙してんだろ!?とかってムカついたこともいっぱいあったけど、
彼がいてくれてどれだけ安心で快適な旅ができていたんだろうと改めて思った。


寂しいよ、ゆき。


へぇ。


ゆきも絶対寂しいと思うよ、
そのときはもうボディガードは隣にいないんだよ。



寂しくないよ、
別に今までも1人旅だったし、また新しい出会いもあるし。
その繰り返しだよ。



そんな可愛くないことを言ったけど、
彼が言った通り、本当はバイバイした瞬間から寂しかった。
そして心細かった。


やっと20時半がきた。
なんで出発の2時間前になんか呼ばれたのかわかんないけど、とりあえずチケットを買った場所に行った。

ついてきなさいと言われてその人のあとをついて行くとそこにはバスが。

IMG_8785.jpg

え…もう来てんじゃん。
てゆーかだったらもう出発してよ!!って思ったけど出発時間は22時半に変わりはなかった。

でも大きな荷物をバスに積めたこと、
そしてスタッフが運転席で寝ているバスの車内に入れただけでもかなり安心した。


IMG_8784.jpg

出発前にごはんでも食べようか。
外にいた人が超いい人で入りやすかったレストランで夜ごはんを。

IMG_8780.jpg

パニールを食べた。


彼とグルマールに行ったときに食べたパニールは超美味しかったのに、
ここのパニールは全然美味しくなかった。


そしてまたボディガードのことを想った。


バスは1時間遅れで結局23時半に出発した。
4時着は早いなと思ってたからちょうどよかった。

後ろの席に座ったインド人夫婦は英語があまり得意じゃなかったけどいっぱい話しかけてくれて、退屈しなかった。

飲みかけのマンゴージュースを勧められて、もしかして私を油断させて睡眠薬入りのジュースを飲ませてこのあとバスが出発して爆睡する私からなにかを盗ろうとしているんじゃないか…と一瞬のうちに考えて断ったときに心が痛んだけど、人から飲み物や食べ物をもらわないというのは基本だ。

でもインド人はフレンドリーで距離が超近いからなんでも勧めてくるんだもん。
困るー。


私は彼らが興味を持っていた別の国の硬貨をプレゼントし、彼らはお菓子を分けてくれた。
そしてバスはアムリトサルへ向かって走り出した。


スリナガル→ジャンムー(乗り合いタクシー)
所要時間:約10時間
運賃:700ルピー(約1190円)

ジャンムー→アムリトサル(エアコンバス)
所要時間:約4時間半
運賃:300ルピー(約510円)


明日はアムリトサル観光!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

No title

ゆきさん無事で安心した。
インドだしちょっと心配だったよ。
健康と安全に気をつけてよい旅を!

おぉ!
良かった~更新されて!
もう気になって気になって仕方がなかったよ~
インド旅大変そうだけど取り敢えず良かったよ~
インド編はゆきんこブログに残る一編になりそうだね

あさりンさん

ご心配をおかけしました!!
タイミングがタイミングだったので、見てくださってる方を心配させてしまうかもしれないと思ったのですが、
どうしてもWi-Fiが使えなくて1日空いてしまいました(^_^;)

心配してくださってありがとうございました♡

みなこちゃん

心配かけちゃってごめんね!!
私も超気になってたよ、ずーっと毎日更新してたのに突然更新されなかったらみんなどう思うだろう…って。

インド旅は大変だけどすごく楽しいよ♪騙してくる悪い人ばっかじゃないしね!
いろんな意味でその楽しさが伝わってるのかな、インド編は笑

ゆきんこさん ブログ更新安心しました。

初めてまして、当方54歳おババです。 ゆきんこさんのブログ毎回楽しみにしています。身体&優男に気をつけて⁉︎くださいね。

ありがとうございます☆

tachimiさん

初めまして!コメントありがとうございます!

54歳はおババじゃないです!!!!!
優男…本当に気をつけます笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。