↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼からの電話。

こんにちは☆
リアルタイムは再びインド!現在地はハンピ!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年05月20日】
アムリトサル

IMG_8824.jpg


出発が1時間も遅れたにも関わらずバスは早朝4時、
着予定時間ちょうどにアムリトサルに到着した。


あたりは当然まだ真っ暗。
降りた瞬間待機していたリクシャのドライバーが声をかけてくる。


予約している宿の住所を見せると300ルピーとか言ってくる。
予約した宿が親切に宿までのリクシャの相場の運賃をメールで送ってくれていたから私は知っている、ぼったくりだ。

夜でも料金は150ルピーってなってたのに。
倍の金額言ってくる。

乗りたくない、どうしようと思っていたら私の後ろの席に座っていたカップルが、
どうするの?大丈夫??と声をかけてくれた。

リクシャが高過ぎるから困ったと言うと、リクシャの人と交渉をしれくれて、
それでも首を縦に振らないドライバーを見兼ねて一緒にバスを待とうって言ってくれた。

真っ暗で怖かったけど1人じゃないからよかった。


少し待っているとこれで行こうって乗り合いでリクシャに乗った。
他に待っていた人もみんな乗り込んでギュウギュウ。

でもそのリクシャは途中までしか行ってくれなくて、そこからは自力で行くしかない。

マップを見ると1キロぐらいのところまで来ていたからあとは気合いで歩くか…そう思っていたら、
乗っていたみんなに止められ、宿の人に迎えに来てもらいなさいってわざわざ宿に電話をかけてくれた。

その間全員が一緒にいてくれて、コイツをどーするか会議がずっと行われていた。

みんな人がよ過ぎ。
夜行バス、早朝着でみんな疲れてるのに。

でも1人でまわりは真っ暗でどうしていいかわかんなかったからそんなみんなの優しさがすごく嬉しかった。
放置されなくてよかった。

心が温かくなる。


宿の人は電話に出たらしいけどピックアップはできないから自力で来るようにとのことだった。
私はこれ以上そこにいる人に心配かけて時間をとらせても悪いなと思って1番安いサイクルリクシャで宿まで行くことにした。

お友達になったインド人夫婦がリクシャに宿の住所を伝えてくれた。


彼らとは今日このあとゴールデンテンプルで会う約束をした。
奥さんがそこで一緒に写真撮りたいって言ってくれて。


みんなにありがとうと伝えてサイクルリクシャに乗って宿に向かった。


スリナガルでのギスギスした気持ち、ジャンムーで怖かったこと、
そのすべてがチャラになってしまうかのようにみんなの優しさが嬉しかった。


嫌な人に出会って落ち込むこともあるけど、
結局いい人にも出会うからインド人なんて嫌いだ!!なんて思えない。


プラマイゼロよりもむしろちょっとプラス。
私って単純かな。


彼らとは9時にゴールデンテンプルでと約束していたから、
シャワーを浴びて一眠りしたかったけど気合いで寝ずに外に出た。


IMG_8795.jpg

アムリトサル、どんな町なんだろ♪


アムリトサルはスィク教の聖地なんだって。
スィク教の人は髪の毛や髭を切らないから長髪を束ねてターバンをかぶっている。

そして聞いた話によると、宿がタダで泊まれて、ごはんもタダで食べられる、そんな町らしい。


ってなにそれ??
そんなミラクルな場所なんてあるの!?



と思うけどここはそういうところらしい。
ドネーション(寄付)で成り立っているようだ。

IMG_8796.jpg

よく知りもしないでゴールデンテンプルにやってきたけど、入口がいくつかあるっぽい。


じゃあ9時にゴールデンテンプルで!なんてなんてざっくり過ぎる待ち合わせ…

IMG_8798.jpg

人もいっぱいで絶望的。
2つの入口を行ったり来たりしてみたけど結局彼らとは会えなかった。

ちゃんとお礼が言いたかったのに(ToT)


IMG_8802.jpg

そのあと私はサイクルリクシャに乗って列車の駅まで。

IMG_8803.jpg

ここは明日の夜行で出てデリーに戻りたいからチケットを先に買っておきたい。


IMG_8806.jpg

ここには外国人専用窓口があるんだかないんだかわかんないし、一体どこに並んでいいかもわかんないし、
窓口の人は意地悪でペンも貸してくれないし、インド人どんどん横入りしてくるしで苦戦した。

で、頑張ったけど明日のチケットはないと言われ終了した。
沈。


そのあと町に戻ってお昼ごはんを。

IMG_8818.jpg

お気に入りの南インド料理、ドーサ☆
ここで食べる?って感じだけどドーサ好きだからね♡

そこで少しゆっくりしてガイドブックを見ていたら、
列車のチケットを買う外国人専用窓口は駅ではなくゴールデンテンプルのところにあるということが判明!

なんだったんだあの時間…
ちゃんと見ておけばよかったぜぃ。

IMG_8823.jpg

一応そこにも行ってみたけど一般チケットみたいのはもう満席で特別チケットしかないって言われてちょっと高かったからバスで戻ることにした。


IMG_8833.jpg

途中で暑くて恐る恐るマンゴージュースを☆
氷が入っていたから大丈夫かなと思ったけど全然平気だった。


1度宿に戻った。
すると宿の人がさっき私宛に電話がかかってきたと言う。


え?電話??
誰から??


わからないけど日本から??


日本!?
あり得ない、私がここに泊まってることなんて誰も知らない。


とにかくそこに電話してって受話器を渡される。


電話してって…
え…なんなの…??


ハロー…


ハローユキ!
アーユーオーケー!?



え!?
どうしたの!?



彼からの電話だった。


私はここの宿の予約を彼の見ている隣でした。
ハウスボートのWi-Fiが相変わらず使えなくて彼にテザリングをしてもらったからだ。

でも彼が私が予約した宿の名前を正確に覚えていたとは思えない。
私が見ていたBooking.comを見て探したらしい。


私は言われていた通りここに着いた早朝に彼にメッセージを送っている。
アムリトサルに無事着きましたと。

でも彼は心配だったらしい。
昨日の夜到着しているはずなのにしていなかったこと、移動中に1度も連絡をしてこなかったこと、
私がただ着きましたのメッセージしか送ってこなかったこと、とにかく声を聞いて安心したかったらしい。


ってえ??彼ってナニモノ??
これ以上私にかまってなんか得ある??



これからさらに騙すつもりなの??
それともタダの心配性ですか??



私的にはデリーの旅行会社に一緒に行って欲しいからそれまで彼を引っ張るつもりだけど、彼的にはどうなんだろ?
旅行会社になんか一緒に行きたくないはずなのに。



夕方改めてゴールデンテンプルに足を運んだ。
日中は辛過ぎる。

IMG_8837.jpg

入口で靴を預ける。
ここからは裸足だ。

IMG_8840.jpg

そしてここで足を洗う。
潔癖症の私としては裸足で歩くこと、そしてこの水に入ることにもやや抵抗があったけど、これがここでのルール。
あと髪の毛をストールでもバンダナでもなんでもいいけど覆わなければいけない。

IMG_8841.jpg

ゴールデンテンプルは四角い池を取り囲むような造りになっている。
その真ん中に黄金の寺院が。


IMG_8862.jpg

たくさんの人がここを訪れている。
寺院へ向かう通路には人がぎっしり並んでいた。

そんな人々を見ながらゆっくりゆっくり一周した。


キレイな夕日。
ゆっくりと穏やかな時間が流れる。

IMG_8847.jpg

なんか、気持ちが静かになる。
ここ数日間、彼に出会ってから今日までずっと心が忙しかったからなんだか癒される気がした。


それなのに…
今日の電話…


静かになっていく心とは反対に
なぜか私の心はまた忙しくなるような気がしてならなかった。


明日はゴールデンテンプルで無料でいただける食事に挑戦!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

ボディーガードはやっぱり案外いい人?
やっぱり数日行動すると情が湧くのかな?!
続きが楽しみです。

masayoさん

そうなんですよー。本当にわけがわからなくなりました。
私も一瞬そんなことを考えたりもしたんです、
最初は騙すつもりでも悪いな…とか途中から思い始めたんじゃないかとか。

でも…笑
続きをお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。