↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スィク教の善意に触れる。

こんにちは☆
リアルタイムは再びインド!現在地はハンピ!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年05月21日】
アムリトサル

IMG_8911.jpg


私の宿泊している宿は朝食、昼食、夕食、チャイ、レモンウォーターなどが無料で提供されている。

IMG_8866.jpg

IMG_8867.jpg

無料というかドネーション(寄付)ボックスがあってそこにお金を入れるシステム。

金額はもちろん払う払わないも自由。
ここにいて3食タダ飯を食べることも可能だ。

これがスィク教の聖地、アムリトサルだ。


今日はまずバスのチケットの購入から。
今日の夜行バスでここを出るからね。


昨日尋ねたうちの1軒へ。

IMG_8868.jpg

おじちゃんが優しくて、もう少し安いところ探そうかなーここで買っちゃおうかなーって迷っていたら、
明日またおいでと言ってくれて。

チケットを買ったあとも集合時間と場所を何度も繰り返し、チケットの裏にもわざわざ書いてくれた超いい人。
ごめんね、心配かけて(*°∀°)=3

IMG_8870.jpg

この人たちはスィク教の人だよ!
ターバンの中に長い髪の毛を持っている人たち。


IMG_8875.jpg

IMG_8872.jpg

おじちゃんの優しさに触れて上機嫌の私はラッシー屋を飲むことに☆

IMG_8871.jpg

冷たいラッシーが喉を通る。
激ウマ。


そしてジャリヤーンワーラー庭園へ。

IMG_8876.jpg

ここはとっても奥深い歴史のある場所。
インド独立運動の最中に起こったアムリトサルの大虐殺の現場だそう。

超ざっくりだけど、
ガイドブックによるとイギリスが出した集会禁止令に反対するインド人が集まったところをイギリス軍が射殺した。
逃げ回る人々は行き場をなくし中央の井戸に飛び込み溺死したと言われているらしい。

IMG_8882.jpg

正面にあるのが慰霊碑。


そして私は再びゴールデンテンプルへ。

IMG_8894.jpg

今日私がここに来た目的は無料で振る舞われている食事をいただくため。

スィク教の素晴らしいところは、スィク教徒もそうでない人も皆平等に受け入れてくれるというところ。
裸足になり、足を洗い、髪の毛をなにかで覆うというルールをしっかりと守ってゴールデンテンプルに入れば誰でも食事をいただくことができる。


IMG_8909.jpg

たくさんの人がここを訪れている。
私は見よう見まねで入口で食器をいただく。

そして人々がすすむ方向について行くと広い広い会場が。

IMG_8914.jpg

敷物の上に次々と座って行く。

IMG_8915.jpg

私もスペースを見つけてそんなみんなに紛れ込む。

IMG_8916.jpg

こーんなに広い場所で明らかに浮きまくっている私。
ここにいる私を遠巻きに見てみたいなと思った。笑っちゃいそう。

この大勢の中に他の日本人がいるのかなーとか思った。
いても気づかなさそう。ここ超広くて数百人は入ってると思う。


IMG_8917.jpg

床に置いた皿の中に次々と料理が配膳されていく。
みんなじっとそれを待っている。

IMG_8985.jpg

これがいただいたお食事☆
左上、ジャガイモ煮込み料理的な、左中央、野菜ペーストカレー的な、左下チャパティ、右は甘い甘いお粥みたいなもの。

右のカップにはお水が注がれる。

IMG_8987.jpg

こんな機械で入れてもらえるの。
すごい。


おかわりは自由、配膳係の人が何度も回ってくる。
私は甘いお粥が食べられなかったけど、他はとっても美味しくいただいた。


IMG_8989.jpg

帰りに感謝の気持ちを込めてドネーションを。
これはスィク教の人たちの善意で成り立っているからね、自分が思う金額を払えばいい。


会場を出るルートでは人々に食事を振る舞うために働く人々が見られる。

IMG_8990.jpg

IMG_8991.jpg

流れ作業でお皿がどんどん運ばれていく。

IMG_8993.jpg

食器を洗う女性たち。


IMG_8994.jpg

そしてまた入口に大量の食器が並び人々を出迎える。


素晴らしい。
私はなんか感動してしまった。


ここに来れば餓死することはない。
明日の食事の心配をすることはない。


こんな場所があるんだと。
とってもいい経験をさせてもらった。


ここを訪れることをぜひオススメしたい。
素晴らしい経験ができると思う。

そしてどうかタダ飯ラッキー♪と思わずに感謝の気持ちのドネーションを。


そして夜。

IMG_9009.jpg

少し高いなと思ったけど宿の送迎を利用してバス会社まで向かった。
安全と楽チンは時にお金で買わなきゃね!

IMG_9011.jpg

バスはなかなかキレイで、
別に迷いもしなかったけどエアコンバスを選択してよかったと思った。

おじちゃんありがとう♡


そして私はデリーに向かったのでした。


そこではまた大ハプニングが待っているとも知らずに…


アムリトサル→デリー(バス)
所要時間:約7時間半
運賃:800ルピー(約1360円)
※エアコンなしは500ルピーって言ってたよ!


明日はデリー着、また始まるよバカ話…
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

No title

ゆきんこさん

私もブログの更新がなかったとき、大丈夫かな、という心配と
そして改めて、ゆきんこさんは欠かさず毎日更新しているのだなって思いました。
すごいことですよね。コメントも皆さんにきちんと返信して。

それにしても、インドって不思議なところですね。
騙し一色かと思えば、おだやかで優しい方もたくさん。
インドが好き、という方が結構多いのも、そういうところでしょうか?

引き続き、楽しんでくださいね。

No title

レーにも行かれたとおっしゃってたからスリナガルからかなと思ってました
デリーまで戻ったんですねーー
普通の?インド人はいい人多いですよね^^列車の中では食べ物をよくもらうし
金銭が絡まなければ人はいいと思います^^

インド人の行動を見てるだけでも飽きないし~~^^

私もお酒好きなので、インドの街に到着したらまずはワインショップの場所を探してました!ww

女だし外国人なので並んでるとお店の人が手招きしてすぐ買わせてくれたりww

うわぁぁ~~インド行きたーーーい!!!

ブログ更新大変だとは思いますが、心情を描かれてるゆきさんブログ大好きです^^

何があっても!!笑 応援してますねーー!!!!





No title

こんにちは。

ボクも以前、アムリッツアに行ったことがあったので、懐かしく写真を拝見させてもらいました。
細かいことで申し訳ないのですが、ちょっと気になった点があったので、それを少し。

ここでの食事は、無料というより、無償だと思います。
シク教は宗教団体で、ボランティア団体ではありませんから。

それと、彼らは善意にもとづいてこうしているわけではなくて、シク教の教義にもとづいてやっているはずです。
彼らの教義を知れば、なんでエリザベス女王がここにきて、彼らと一緒に並んで同じ床に座って食事をしたか分かると思います。

良い体験をしたと思うので、シク教について知られるといいよ思います。
では、良い旅を!

pikoraさん

ご心配おかけしました(^^;)
私もこのタイミングで…と思っていました。

いつもは時間がある時にいくつか記事を書いて予約投稿をしたりもしているのですが、
ここ最近なぜか行く先々でWi-Fi運がなくて1日1記事がやっとという感じで危ないなって思っていたんです…。

私がインドを好きなのはまさに"人"です。
騙してくる本気で悪い人もいれば、ふとした時にちょいちょいついてくるしょーもない嘘もおもしろいですし、
そうかと思えばとっても親切でフレンドリーな人もいっぱいいるし、とにかくおもしろ過ぎます笑

kkさん

その時はアライバルビザの期限があってデリーからネパール行きのフライトを取っていて時間がなくて行けませんでした。
だから戻ってきてのリベンジだったのです♪

インド人は人との距離が超近くてフレンドリーですよね!
大丈夫か?と思いつつ、私も列車の中とかでよく食べ物をもらいます笑
本当に金銭と色恋が絡まない人はいい人!!

kkさんもお酒お好きなんですね!!私はインドに来てからお酒の量があり得ないぐらい減りました!笑
ワインショップも最初は勇気がいりました。男だらけだしみんなジロジロ見るし。
でも私も少し離れたスペースで先に買わせてもらったり、他のインド人客に助けてもらったり、
慣れたらなんとかなりますよね(^_^;)

何があっても!?笑
よろしくお願いします(*°∀°)=3

ここんとうざいさん

こんにちは。

いつも色々なことを丁寧に教えてくださってありがとうございます。
勉強不足でした(^^;)

アムリトサルではとってもよい経験をさせてもらったので、もっと勉強したいと思います!
ありがとうございました!!

No title

なるほど~ すでにネパール行きのフライトを取ってたんですね!
私は子持ちのおばちゃんで図う図うしいので平気でワインショップの列に並んでましたw

ゆきんこさんまだインドにいるのですか? だったら南インド(ゴア)もおすすめです
お酒が税金かからないので安いし、そこらへんで売ってるのでバンバン買えます!!w
南インドは北とは違う国か?ってくらい人もいいですし異文化です
でも私はインドらしい北の方が好きですけど・・・笑




kkさん

そうなんです(^_^;)
kkさん強い!さすがです!!笑 私もまあまあ慣れました、最初は怖かったけど。

ビール大好物と言うとたくさんの人にゴアを勧められました。お酒が安いからと。
だから絶対行こうって思ってたんですけど、北を回っている間にオフシーズンに入ってしまって、
多くのホテル&レストランがクローズしていると聞いて今回は見送りました。
次回絶対リベンジします♪

今南インドに来ました。
同じインド人なのにウザくなくてビックリしています笑

確かに、インドらしい北インド、私も好きかもしれません(^_^;)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。