↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしよう…ここのホステルの1番のVIPルームが私の部屋に…

こんにちは☆
リアルタイムは再びインド!現在地はハンピ!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年05月22日】
デリー

IMG_9020.jpg


朝7時着って聞いてたのにデリーへはなぜか早朝5時半に到着した。
早く着いてー!と願う時は延着、どうかゆっくり到着をと願う時は早く着くものだ。


でもデリーは2回目だったから気持ち的には余裕があった。
初めての町は右も左もわからないから緊張するけど、2度目以降はもう"ただいま"っていう感覚だ。


宿からはなかなか離れた場所がバスの終着地点。
リクシャの交渉。

いつも通り高い金額を言ってくるから、私はシェアする人を探してくれとドライバーに伝える。
多少高く取られてもその方が断然安いからね。慣れてきたもんだ。


宿は前にデリーで泊まった宿にした。
ちょっと高いけどエアコン24時間だし場所もいいし快適だったから。

女子ドミの予約が取れなくてミックスドミになってしまったから1泊だけの予約にして、
2泊目以降は空いたら女子ドミに移動させてもらおうと思った。


宿に着くとwelcome back YUKI!と宿の人が優しく迎えてくれた。
色々あったけど無事帰って来れてよかった、ここに到着したことですごくホッとした。


まだチェックアウトの時間になっていないから…


もちろんもちろん!全然待ちます!!


だってまだ早朝なんだもん。
空いていればすぐに案内してもらえるけど今日は混んでいるらしい。


でも部屋が空いたらすぐに案内するからね!と言ってくれた。


デリーで張り切って観光したいっていう感じでもなかったし、
夜行バスで到着して今日はゆっくりしようと思っていたから全然いい。


IMG_9014.jpg

宿の近くのチャイ屋さんで朝ティを☆


インドの朝って感じ。
すっかりミルクティーを飲んでいる自分にビックリ。
断然ブラックコーヒー派なのに。


そして今のうちにブログでも書いて…って
私は1階の共有スペースでネットをしていた。


全然昼過ぎとかまで待つ気マンマンだったけど、宿の人が声をかけてくれた。


もしよかったら僕の部屋を使っていいよ、ここにいてもゆっくりくつろげないでしょう?


え…
いや、ここでいいです。大丈夫です。



いいからいいから!
遠慮しないで!!



その人はこの宿のオーナーさんだった。
前に泊まっていた時にいろいろ気づかって声をかけてくれた人。

いつも共有スペースにいるいろんな人に声をかけて仲良く話をしていて、
親切で優しくて感じのいい人だなって印象に残っていた。

そのときはその人がオーナーさんだとは知らなかったけど。


オーナーさんは遠慮する私に、

気にすることないよ、自由に部屋使っていいから、
僕は仕事をしているし、シャワーもベッドも好きに使ってよ!
君は夜行バスで来て疲れているでしょう?


と言ってさっさと私の荷物を持って歩き出してしまった。


おぉ…いいのか…??


まいっか、どうせチェックインするまでの時間だし。


もうここから面倒くさいことに巻き込まれていたのかな、きっと。


オーナーの部屋はレセプションのすぐ近くで、
ドアを開けたらすぐにまわりに人がいっぱいいるような場所だった。

オーナーはこの部屋に住んでいるらしい。


シャワーもベッドも好きに使っていいから!っていうご好意は大変ありがたいけど、
潔癖症であるわたくしはとてもその人のあとには使えない。

ソファに座ってブログを書いていた。
てゆーか別に共有スペースでよかったんだけどな…


オーナーは日本人の友達にもらったんだ!ってみそ汁を分けてくれお湯まで沸かしてくれた。
ありがたや、朝からみそ汁@デリー笑


オーナーは忙しそうに部屋を出て行ってはちょいちょい私の様子を見に戻ってきた。

マンゴー食べなよ!

キャンディも食べて!

IMG_9016.jpg

あ、ありがとう。
朝から至れり尽くせり(*°∀°)=3


オーナーは中国語がペラペラだ。
中国で別の事業をしているらしく、以前は10年以上中国に住んでいたらしい。


私も中国好きだよー!
激辛四川料理が大好きだから!



そうなんだ!
僕中国の火鍋のもと持ってるからよかったら今日の夜鍋する??



えー!いいの!?
嬉しい!!しようしよう♪



お酒飲む??


うん!もちろん!!
って、飲んでいいの!?



ここの宿は一応アルコール禁止となっている。
以前来たときショックのあまりどうしてもダメなの…?と聞くと夜に屋上でこっそりだったらいいよって言ってくれたのがこの人。

その時はオーナーって知らなかったけど、オーナーだからそんなこと言ってくれたんだねと今日知った。
超ラッキー♪



そうしているうちに部屋の準備ができたようだ。

オーナーにあと2泊追加したいんだけど、女子ドミ空く?と聞いたら、女子ドミは空かないって。


そっか…じゃあ仕方ないね!大丈夫!!


そう言うと、
オーナーが個室使う?って言った。


ちなみにおいくら??と聞くと1番安い個室で1200ルピーって言ったかな、
1000ルピーだったかな。

どちらにしても私には無理だ。
ミックスドミは500ルピー(約850円)、1泊2000円とか、インドでそんな贅沢はできない。


私はそんなに払えないよ!
無理無理!ドミでいいよ!



そう言うと、
オーナーがドミと同じ金額でいいよと言った。


え(゜◇゜)
なんで??ウソでしょ!?



いいよ、君は友達だから。


え、なんか私お客さんから急に友達に格上げになった…
どういうこと??


そのまま部屋に案内された。

こっちの部屋とこっちの部屋どっちがいい??と言われた部屋はもうガチのホテルほ部屋だった。

大きなダブルベッドが真ん中にあって部屋もとっても広い。
ドミとは大違い。


どっちでも好きな部屋使っていいよ


とオーナーは言った。


いやいやいやいや!!無理無理!!
こんな部屋ドミと同じ金額で使っていいなんて怪し過ぎる!!

そんなうまい話あるわけないもん!!
絶対襲われる!!!!!




いやいや…
私予約していた通りドミトリーで大丈夫です…



なんで??
個室の方が快適でしょう??



いや、いいんです…


IMG_9019.jpg


…私、大丈夫か??


いやいや、大丈夫だろう。

オーナーは超いい人でみんなに優しくて、
だいたいこんな大きなホステルのオーナーだし、変な人ではないだろう。

てゆーかこんなところで変なことなんてできないだろう。
このホステルはインドに何軒もチェーン店がある大きなホステル。
そこのオーナーがこんなところで悪さをしたらホテル経営なんてやってらんないだろう。


今日の鍋って、2人きりじゃないよね…


なんかあんな部屋見せられたから急に不安になった。


いや、まさかまさか。
他の従業員とかみんなでやるんでしょ、きっと。


そのあとシャワーを浴びてまったりしてお昼ごはんに出かけようと外に出たら偶然オーナーに会った。

お昼ごはんに行くと言ったら一緒に行こうということになった。
オーナーは宿の近くのキレイなエアコンレストランに連れて行ってくれた。

IMG_9018.jpg

IMG_9017.jpg

サービスもとっても良いレストラン。
盛りつけまでしてくれる。


そこでいろんな話をした。


オーナーは人の良さが顔に出ている。
ゆっくりと静かに話すし、とっても大人。まるでお父さんみたい。


今のホステルの経営、中国での事業の話、
そしてオーナーはまた新しいことを始めようとしていると言った。

とある町で日本食レストランを開店したいそうだ。

店舗はすでに自分が所有している物件を使う、調理にはネパール人を雇う、
ローコストでチャレンジして半年ほど続けて先が見えなかったらすぐに辞める、そんな計画らしい。


一緒にやってみない??


え(゜◇゜)


オーナーは忙しい。ホステルがあるから。
私の役割はその土地へ行ってそのお店にいること。

日本食レストランに日本人がいるということが重要だと言った。
それだけでちゃんとした日本食を出すお店だと信憑性が上がると。
調理はネパール人がするから、私はレストランにいて指示を出すだけでいいと。

儲けは折半。


いや…でもそんな…


住むところは僕のアパートがあるからそこに住めばいいよ。
そうしたらお金もかからないし。

君には一切のリスクもないよ。
店舗も家もあるから儲けの半分が手に入るだけなんだから。


確かに。
私はインドが気に入っていたし、ちょっと働いてみるのもおもしろいかもなんて一瞬思ったけど、ちょっとここで出会っただけのオーナーをいくら親切で優しそうな人だからって、こんな大きなホステルのオーナーだからってさすがに信用はできない。


お昼ごはんの支払いはすべてオーナーがしてくれた。


メニューを見たけどローカルレストランと比べたら倍以上するぐらいのレストラン。
きっとこの人はインド人の中でもかなりお金持ちの人なんだろうなって思った。


ということは、
この人が私に良くしてくれる理由はお金をだまし取ろうとかそっち系じゃない。


だとすれば…


ねぇねぇ今日の夜の鍋ってみんなでするんだよねー??


って無邪気に聞いてしまいたかったけどとっても聞きづらかった。
この人こんなにいい人なのに疑うみたいな発言、傷つけてしまうかもしれない、そう思って言えなかった。


代わりに、

材料買いに行ったりとか鍋の準備なにか手伝うことあったら言って!私今日暇だし!

そう言ったら、

大丈夫だよ、
買いに行ってもらうから
とオーナーが言った。


おお!なんだ!!そっかそっか!!
他の人が準備してくれるんだ、そうだよねみんな交代で休憩とかあるしね!


あー変なこと聞かなくてよかったー


そう思った。


夜は19時ぐらいから始めようか?そう言われていた。


その前にまた不安になった。
大丈夫だよな…まさか2人きりってことは…

いやいや、ないだろう。
ないない。


そのぐらいの時間にオーナーがドミへ●号室ね!と言いにきた。


●号室…??
ん?オーナーの部屋じゃないな…
人数が多いから広い部屋を使うとかかな??


そう思いながら恐る恐る言われた部屋へ。





Hey!






そこはさっき見た個室よりもさらにいい部屋だった。
デザイナーズルームみたいな感じで、広くて素敵な部屋。



が、そこに待っていたのはオーナー1人だった。



Hey…ヽ( ̄д ̄;)ノ




どうしよう…

ってどうしようどうしようどうしよう!!!!!
思いっきり2人きりじゃん!!!!!




野菜を切りながら、これだよ!って火鍋のもとを嬉しそうに見せてきたオーナー。


あ、ごめんなさい。
2人きりだったら鍋なんてできません。


なんてまさかまさか言えないよー!!!!!


わ、美味しそう…




そこから私の頭は一気に忙しくなった。


いやいや、言ってもここはオーナーのホステルだし、
そこまで心配しなくても大丈夫だろう。

まわりの部屋には一般の宿泊者がいるわけだし、
ドアを開けてフロアを出れば防犯カメラだって作動しているし、従業員だっていっぱいいる。


そうだそうだ、そこまで警戒しなくてもね。



IMG_9023.jpg

と言ってもこの状況。
食事をする私たちの後ろにはキングサイズのベッドが…


この部屋はこの宿で1番高い部屋らしい。
1泊2500ルピー(約4250円)、ドミの5倍、普通の個室の倍の金額。


どおりで素敵な部屋なわけだ。



あれ…私口説かれる…??



IMG_9021.jpg

ビールを飲みながら火鍋を食べた。
火鍋は激辛でこんなところで即席でする鍋でも超美味しかった。


こんな状況になってしまって私はオーナーを超警戒したけど、
オーナーはやっぱり忙しく、ごめんねと言って何度も席を外した。

数十分戻ってこない時もあって、私は1人で自由に飲んで食べてネットをして過していた。
どう考えてもこんな状況でオーナーがなにかしようなんてそんなのあり得ない、そう思った。


そしてまたいろんな話をした。
楽しい鍋パ、一見するとそんな時間だったけど、やっぱり私はオーナーを疑い超探り探りの時間を過していた。


オーナーは私に、

I like you.

と何度も言った。

なんで?と聞くとフィーリングだと言った。
前回私がここに宿泊した時からそう思っていたと言った。


口説いてんの?いや、でもlikeって言ってるし…


これはあとから英語堪能な友達のさやちょに相談した時に言われて知ったけど、
普通友達に I like youなんて言わないらしい。

私としてはlike=友達へ、love=恋人へ、そんなイメージで、
likeは普通に好き、loveは超特別で超好きみたいなそんな認識でいたけど。


でもオーナーは

You are my friend.(君は僕の友達だよ)

そうとも言ってくれたから。


ふと私のネイルに目をやり、オーナーが私の手を取った。
即座にその手を引っ込める私。

その素早さになのかなんなのかわかんないけどオーナーがえ??って少し驚いた顔をして、
もう1度強めに私の手を取った。


もう1度手を引く私。


やばっ…


どうして??と聞かれ、

私は日本人は友達同士で手を握り合ったりしないよ。
女の子同士とかではあるけど、男女の友達で手を握り合うっていうことはしない、そう言った。


日本人はそうかもしれないけど、
ゆきはもう2年半もずっと旅行をしていてもうインターナショナルな人でしょ??

日本と外国は違うし、日本とここも違うんだよ。

と言われた。


でも旅行中私の中でいろんなことが変化したかもしれないけど、
私は結局日本人で日本人のその感覚は変わらないと言った。


そうか…って少し寂しそうな表情をしたオーナー。


この人、きっといい人なんだ。
悪い人になれない、いい人。


そろそろ部屋に戻ろうかな、そう言うと、
今日からこの部屋を使っていいよ、と言われた。


いやいや、いいよ。
こんないい部屋、私はドミでいいから。



でも明日はドミが空いていないと言う。
明日団体が到着して数組に分かれてドミの部屋を占領するらしい。


本当に…??
私にここに泊まって欲しいだけじゃないの??


と思ったけど確かめようもない。

確かにこのホステルは個室とドミのバランスで言うと断然個室の方が多くてドミは少ない。
女子ドミは1室6人しか泊まれないぐらいだ。


でも今日はドミに泊まるよ、
明日どうしてもドミが空かなかったら考える。



そう言ったけど、明日朝早く起きて荷物まとめて移動するなんて面倒くさいでしょ、
どうせ明日からこの部屋使うなら今日からでも同じことなんだから。


確かに。


ドアを確認したら中からカギを閉めればもちろん外から開けることはできないようになっている。
寝込みを襲われるということはない。


君がもう寝るなら僕はもう仕事に戻るよ、
荷物は今移動しちゃえばいいから、って。


困った…


私は超考えたけど、結局オーナーの言う通りにすることにした。



この場でオーナーが無理矢理私になにかすることはできないだろうと思った。
カギを閉めて寝れば部屋に入ってくることだってできないし、朝がくればオッケーだ。

オーナーはあわよくば…って下心がないとは言えないけど、元来いい人だろう、悪い人になりきれないいい人。
無理矢理私を困らせることはできないんじゃないかって思った。

甘いかな、私。


それによく考えれば私は超ラッキーだと思った。
ドミの金額でこんな部屋に泊まれるなんて。ここで1人で自由気ままに過すことができる。


オーナーに気に入られていて損をすることはない。
そんなずるい考えでいた。


例えオーナーの目的が身体だったとしても、
無理矢理それができない以上私が許さなければそれまでなのだ。


ネパールに行くまであと3泊、3泊乗り越えればいいだけだ。
なんて。


自分で自分の首を絞める

とはまさにこういうこと。


こんなずるい私は自業自得だけどこのあとまた面倒くさい状況に。


そしてこっちはこっちでまた問題が。


ボディガードからメッセージが来た。
今日もデリーに帰ってこれなかったと。


私と1日遅れでデリーに向けて出発すると言っていた彼。
次の日はストライキ、今日は車のトラブルで途中の町で1泊することになったと。


ウソつけ!!
一緒に旅行会社行きたくないだけだろ!!



こんなことだろうと思ったよ。


私はあと2日間しかデリーにいられない。
ネパール行きのフライトがあるから。

旅行会社に行くチャンスは明日か明後日しかない。
でも私は向こうがごねた時のために1日予備日が欲しかったし明日は絶対旅行会社に行きたかった。


ボディガードは完全に私をずらすつもりだ。
1人で戦うしかない。


クソー!ボディガードめ!!


明後日帰るから一緒に旅行会社に行こう、
1人で行くのはよくないよ、僕を待っててよ。



そんなメッセージ、誰が信じるか!!



マジで自業自得だけど、ボディガード問題の他に今日さらにややこしいことを抱えてしまったような気がして、
いや、間違いなくそうだろうけど。


最後の最後までインド旅。


あと2日間…
私は無事ネパールに飛び立てる…??


明日はクソ旅行会社と真っ向勝負。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

ゆきさん

もうポム平さんに戻ってきてもらって
平和に2人旅に戻った方が(笑´∀`)

いろんな事が起こりますね、、
応援してます!

マリンさん

確かに、ボム蔵さんがいたらこんなことには…笑

本当にいろんなことが起こります。
自業自得っていう部分も大いにあるとは思っているのですが(^_^;)
応援ありがとうございます☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。