↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすべてがわけわかんないことに…

こんにちは☆
リアルタイムは再びインド!現在地はバンガロール!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年05月23日】
デリー


広々ベッドで快適に眠った。
もちろんオーナーが私の部屋に戻ってくることなどなく、私は朝まで爆睡した。


ボディガードは今日のいつデリーに戻ってくるかわかんない。
そもそも戻ってきても一緒に旅行会社に行ってくれるとは限らない。

一緒に行こう、そう言っているけど私は彼を信用できない。


今日1人で旅行会社に乗り込もう、そう決めた。


彼にはもう1人で行くからと連絡した。

彼は1人で行くと言う私を止めたけど、
あんたなんか待っていられないと言い張る私に最終的にはゆきの好きにしたらいいよ、
でも気をつけてと渋々納得した。


てゆーかあんたスリナガルにいるとき旅行会社に電話したじゃん?
そのときヤツらなんて言ってたの??と聞くと、もう1度電話してみるよと言い数分後…彼らは電話に出なかったよ、と。

その旅行会社別に1人でやってるわけじゃない。
カモを待っている従業員が何人もいるのに誰も電話に出ないなんてそんなおかしな話ない。


やっぱりコイツは信用できん。
そしてあてにならん。


1人でなんとかするんだ。
彼が1度連絡をしているはずだから事情は伝わっているはずだ。


相手はクソ旅行会社だ。
もしかしたらお金なんか返ってこないかもと思ったけど、簡単に泣き寝入りはしたくなかった。

私1人が文句言ったところでなにも変わらないだろうけど、
それでも簡単に騙して簡単にお金を手に入れられると思うなよ!!って、少しでもコイツ面倒くさいなって思わせたいと思った。


出かける準備をしていると部屋のドアをノックする音が。


開けるとそこにはオーナーが。
朝ごはんは食べたかと聞かれ食べていないと答えるとついておいでと宿の朝食会場へ。

ここの宿は朝ごはんのビュッフェが100ルピー(約170円)で食べられる。
でも私は1度も食べたことがなかった。

現地の朝ごはんとしてはちょっと高いからだ。


お茶飲む?コーヒーにする??フルーツは??
好きなものを食べてねって朝から至れり尽くせり…


あ…ありがと…


いいのかな、こんなにご好意に甘えてしまって。


私がごはんを食べているのをニコニコと見守るオーナー。


今日のお昼ごはんはコンノートプレイスにある○○っていうお店に行こうと思うんだけどいいかな??
夜は韓国料理を食べに行こう!


あ…はい。



コンノートプレイス…
クソ旅行会社がある場所だ。


ごはんの前に行ってコンノートプレイスのどこかでオーナーと待ち合わせするとか…

いや、でも会えなかったら困るからコンノートプレイスまで一緒に行ってごはんを食べ終わったあと用事があるからと言ってバイバイしてそれから行くとか…


…オーナーに相談してみようかな。


ふとそう思った。
オーナーはとっても親切な人だ。

私だけにじゃない、普通に仕事をしている時の他の人への対応を見てそれは感じていた。
私にはきっとあわよくば感があるんだろうけど、でも根本的にはいい人。

迷惑かけちゃいけないな、自分でしたことなんだから自分で解決しなきゃ、そう思う気持ちと、

オーナーなら困ってると相談したらきっと力になってくれるだろう、
そんな甘ったれた考えもあった。


お昼ごはん何時ぐらいに出かけようか?


…ちょっと相談したいことがあって。


そう切り出した。
私はいつもいろんなことを間違える。


オーナーを巻き込むような話じゃなかったのに。
今ならそう思えるけど。


オーナーはつたない英語で事情を説明する私の話を根気よく聞いてくれて、
旅行会社へは一緒に行こうと言ってくれた。


もう1人で行くからいいよ!!そうボディガードい言いながら実は1人で行くことが不安だった。
私の英語力であいつらを敵に回してどうこうできるのだろうかと。


オーナーが一緒に来てくれるなら安心だ、そう思った。



そんなに心配しないで、大丈夫だから。


優しく笑うオーナーに感謝した。


IMG_9033.jpg

そして私たちはコンノートプレイスという場所にあるコチラのレストランへ。

IMG_9027.jpg

カジュアルなファストフード店という感じのお店。


なに食べたい?って聞かれてもなに食べたいかなんて答えられない。
メニューを見ても全然わかんないから。


オーナー私は先に2階の席で待つようにいい、
何やら不思議な食べ物を数種類買って戻ってきた。

IMG_9028.jpg

IMG_9029.jpg

IMG_9031.jpg

色々なものを少しずつ食べられて楽しかった。


ほかになにか食べたいものある?と聞かれ、いっぱいあるからもう十分だと答えたのに、
水を買ってくるって1階に降りていったかと思えば水だけじゃなくてまた数種類の料理を買ってくるオーナー。


いっぱい食べなさいって。


マジでお父さんみたい。


オーナーをすっかりお父さんのように慕っていた私。
聞くと38歳、たったの1コ上で、そのことに対してお互い超ビックリした。


私はオーナーが50代に見えていたし、
オーナーはおそらくこんな頼りない私を見てもっと年下だと思っていたんだろう。


インド人…年齢不詳…(ーー;)


ごはんを食べ終わったあと意を決してクソ旅行会社へ向かった。

IMG_8639_201607151446180fc.jpg
※コンノートプレイスのここ、絶対行かないでね!
 てゆーか旅行会社になんか行かないでね!!


入口を入るとソッコー私の大嫌いなギラギラヤロウが出てきた。


Hi YUKI〜
How are you〜??May I help you〜??



消えろ。


なにがHow are you〜??だ、ふざけやがって。
冷静に話をしようと思って来たのに早速イラッとさせやがって。


うるせぇ、お前に用はねぇ。
アイツ出しやがれ、裏ボスじゃ。



裏ボスがゆったりとした態度で現れた。


どうかされましたか??


カチン。


どうかされましただ!?
ふざけんなよ!!どうかしてんのはお前らだろ!?



ブチギレそうになったけど、前に彼に言われた通りキレてもいいことはない。
ちゃんと冷静に話をしなければ。


私は彼と対面して席に座り、オーナーは私の少し後ろに離れて座った。


あなたはスリナガルからレーまで18時間で行けると言ったけど、
実際は2日かかると聞いて日程的にレーには行けなかったから、
その分のジープのキャンセル料3800ルピーを返金してください。

そう伝えた。


はい?なんの話をしているんですか?
18時間で行けるし、ジープのドライバーにもうお金払ってしまっているから返金なんてできませんよ。



鼻で笑うぐらいの勢いの裏ボス。


は!?私の友達から電話がきたでしょう!?
とぼけてんじぇねーよ!!



しまった…
冷静に冷静にと思っていたのに私はソッコーキレた。


短気ヽ( ̄д ̄;)ノ


白々しくすっとぼけているその面がムカついてしょーがなかった。


そこでの話はもう最悪だった。
もう何がなんだかぐちゃぐちゃ。

ヤツらはそこのジープ代は3800ルピーと言っていたのに、1500ルピーとか言ってるし、
他の金額も全部最初に聞いたのと違うし、
私の友達ともう話したでしょ!?って言っても知らないの一点張り。だから途中で彼に電話をして、彼は彼で、ムハンマドがお金を持ってるとかまた変なことを言ってくるし、ただでさえ理解するのが大変な英語でさらに事態がややこしくなってもうお手上げ状態で。

電話口の彼に、

あんた100%返金してもらえるって言ったじゃん!!
ムハンマドがどーのこーのとか今さらなにわけわかんないこと言ってんだよ!!


とキレておいた。

そして旅行会社のクソヤローとの話全然前に進まなかった。
私はムカつき過ぎてマジで日本語で思いっきり文句を言ってやりたい衝動にかられていた。


その時裏ボスが黙ってことの成り行きを見守っていたオーナーにヒンディー語でなにかを言った。


そのあとオーナーが、

ゆき、もう行こう。

そう言って首を振った。


私は言われるがままに席を立った。
悔しかったけど、確かにこれ以上こんなやつらと話をしても仕方がない。


旅行会社を出たあと、オーナーは知り合いの警察に話してくれると言った。
もうこれ以上話をしても仕方がないと。
警察に頼めば1500ルピーぐらいは返ってくると思うからって。

彼らはろくに教育も受けていなく、
人を騙して収入を得るようなそういうレベルの人たちだからまともに話なんかできる相手じゃないよと。


そして、すべてはボディガードの仕業だとオーナーは言った。


デリーから出発する時のバスがエアコンバスじゃなかったのも、
彼が安いノンエアコンバスにしてその分自分のポケットに残るお金を増やしただけの話。

だいたい自分の地元に帰るのに旅行会社にお願いする人なんていないでしょ?
どうやって帰るか、チケットの購入だって全部わかってるんだから自分でできるでしょ?


…はい。


おっしゃる通りです。


わかっていたことだけど。


私のボディガードは悪い人だったのです。



昼ごはんも遅かったしお腹も減らないなーと思って夜部屋で1人ビールを飲みながらぼんやり。


私の部屋の冷蔵庫にはたくさんのビールが。
まるで日本にいた時の私の冷蔵庫のよう笑

IMG_9025.jpg

オーナーが好きな時に好きなだけ飲めるようにって昼ごはんに出かける前に買ってきてくれた。
さすがにテンションが上がった。

自分の部屋にキンキンに冷えたビールがストックされている

こんなに素晴らしいことはない。


オーナーが部屋にやってきた。


警察の友達に連絡してくれたと。
その人が明日旅行会社に行って話をつけてくれるからと。

だからあとはもうすべて警察に任せてゆきはもうそこへ行って欲しくない、
そう言われた。


ありがとう。


もう終わったことなんだからあまり考えないで、元気出して。


そうだね、もう終わったこと。


それからオーナーはしばらく私の部屋にいてたわいもない話をした。


いつからだろう話がおかしくなったのは。


オーナーが私にハグをしようとした。


拒否する私。


どうして??ただのハグだよ??
友達だよ??



日本人は友達同士でハグなんてしないよ、
昨日も言ったけど私はやっぱり日本人なんだよ。



このあたりからだろうか。


この部屋で一緒に寝てもいい?のくだりからだろうか。
ただ寝るだけ、本当になにもしないからって。


もちろんこうなるわけですよ、
この素敵な部屋も食事もビールも彼の先行投資ですから。


もちろんダメだよ。
あなたはすごく親切にしてくれて本当に感謝しているけど、それはできない。


そう言った。


僕のこと信じられないの??


本当に申し訳ないけど、それはすごく難しいことだよ。
最近人に騙されたばかりで、人間不信なんだよ。



僕はそのボディガードと同じってこと??
そういうことなの??



いや、そういうことじゃなくて。
もちろん同じなんかじゃないけど。

わかってよ、今は誰も信じられない。
とっても感謝はしているけど。



ありがとうありがとうって、
もうありがとうなんか聞きたくないよ。


だいたい騙されたのなんて誰が悪い??
自分が悪いんでしょう??



そうだよ、私が悪いんだよ。


警察の友達に言われたよ、
なんでそんなバカなことについて行ったんだって。









そう言ってオーナーは部屋を出て行ってしまった。



わかってるよ、私が悪いことなんて。
でも、今日旅行会社に行ってクソヤロウと対面して言い合って、
結局ボディガードが悪い人って再確認して、私の心はボロボロだった。

そして味方だったオーナーにまで責められて、
私はさらにボロボロになった。


すべて自業自得。
騙されたのだって私が悪いし、こんな風にオーナーに責められるのも、オーナーの優しさに甘えたからだ。


わかってる。



夜ボディガードからメッセージが来た。
昼間旅行会社で電話で話したっきりになっていた。


きっとゆきは僕のことを怒っているんでしょう?
でも今はわからなくてもきっとわかる、どうか僕が死ぬ前にはわかってほしい。



え?どういう意味??
全然わかんない。


疲れた。


その後オーナーはもう1度だけ私の部屋にやってきた。
夜ごはん食べていないでしょう?ってピザを置いていった。
部屋の中には入らなかった。

結局優しい人。


ドア越しにありがとう、そう言うと、
首を振ってそんなのフェイクだよ…と怒ったような悲しいようなそんな複雑な表情をして去って行った。


フェイク…
フェイクなんかじゃないのに。


日本人は感謝の気持ちを口にすること、ありがとうと言うことを美徳としているところがある。

でもインドでは違う。
友達にありがとうなんかいらない、むしろそんな他人行儀なこと言うなよ、みたいなところがある。


これはインド人の友達ができて知ったけど、
その友達にありがとうって言うと、ノーサンキュー、ありがとうなんていらないといつも言われる。


でも日本人の私はどうしてもありがとうって言っちゃう。
だってそれが普通なんだもん。

なにかしてくれたらありがとう、そう言うでしょう??


私はとにかく疲れていた。
心が。

IMG_9034.jpg

明後日にはネパール行きのフライト。
あと1日、あと1日頑張ろう。そう自分に言い聞かせた。




=後日談=

ブログはまだ先になるけど、いろいろあって私はこの宿にネパールのあとまた戻ってきた。
その時に改めてオーナーと話す機会があってその時聞いたことで今日の出来事に納得がいった。


クソ旅行会社で裏ボスがオーナーにヒンディー語で言ったことは本当に下品で最悪な言葉だった。


このオンナ金返せとか言ってるけど若い男と旅行して同じ部屋で寝てセックスもして十分楽しんだんだからいいだろう


そう言ったそうだ。
だからオーナーはもう出ようと私に言ったらしい。


怒りで頭がおかしくなるかと思った。


信じられなかった。
そんなありもしないことを言うなんて。


でも彼らはそう思っていたのだ。
このオンナ若い男連れて旅してお気楽なもんだなって。


散々吠えてたけど、あの場で私はそんな風に見られていたなんて、
恥ずかしくて情けなくて悔しくて死にそうになった。


私は本当にバカだなーって。
もう過ぎたことだけど。


話しを戻すけど。
これを聞いてこの日のことに同時に納得がいったのだ。

オーナーはそれを聞いたから、なんでそんな騙してきたやつとは一緒に寝れて僕のことは断るんだ??
そいつとはセックスもしたんだろ??って思ったはずだ。

だからあの時突然一緒に寝たいと言ったり私のことを責めたりしたんだなって思った。


全部全部もう過ぎたことだけどね!



明日はデリーラスト、ゆきんこ乗り切れるでしょうか。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

あーーー

ゆきんこさんの悔しさわかります!
してないし!!って感じですよね(# ゚Д゚)

でもインドに限らずゲスな人々に限らず男性と二人で旅行=体の関係ありと思われちゃうんですよね…

日本でも男女の友情は存在しないと思ってる人はたくさんいます。
昔からの男友達と二人で食事するだけでもそういう関係と思われることもしばしば。

性別じゃなくて人間として付き合いたいと思っても男女である以上無理なんでしょうかね😢

裏ボス一発くらい殴ってやりたいですね。
ボディーガードも、やっぱり微妙でしたね。
旅行中襲われることなくてホント良かったです。
裏ボスもボディーガードもきっと、
その内痛い目に遭いますよ!笑

ゆきんこさん…頑張ってくださいね! 優男=ヤバ男 きっと天罰が下るはずです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ゆきんこさん、一言でいうと、ナイーブ。世界一周の旅人とは思えない。
Good luck

あ〜っ!もしかして。。。

初めまして。ずっと読ませて頂いてましたがここに来ての急展開。イヤ、ボム蔵さんと離れた辺りからでしょうか、ガンバレfight!ってついつい声に出してしまいそうでしたが昨日の終了宣言。どうしたの?そして今日のブログ。早とちりならゴメンなさい。お仕事ってインドでとある日本料理のお店を手伝うのかな?ハズレてる?何れにしても、これからのゆきんこさんの新しい船出にガンバレfight!応援しています。

うーん、人を信用しない旅は‥
って自分も思うけど基本インドで話しかけてくる人はかなりの高確率で悪いヤツが多いからね
それに+旅行会社にご案内とくると地球の歩き方にいくらでも出てる騙され方そのままだよ(笑)
そんなのに引っかかっちゃダメだよ〜

あぁぁぁ

myuさん

そう思いたいヤツには勝手にそう思わせておけばいい

なんて思えなかったですー(ToT)
悔しい!!!!!そして恥ずかしいです。。。

男と女はあくまでもオトコとオンナってことですよね。
私も男女で旅をしている人を見たら勝手にカップル旅だなって思ってしまいますし。
でもそう考えると女友達しかできないの?とかも思っちゃって。
それも悲しいし、でも男女の友情は難しいのもわかります。
これは永遠のテーマでしょうね(^_^;)

masayoさん

本当に、裏ボスもギラギラヤロウもぶん殴ってやりたかったです!!笑

ボディガードも予想通りっていう感じですよね。
もしかしたらいいヤツかも…なんて思った私がバカでした。

ボディガードがいつも神様が見てくれている、神様はなんでも知っているとよく言っていました。
どうかそれなりの痛い目を彼らにと心から思います笑

tachimiさん

tachimiさーん、ありがとうございます(ToT)

優男=ヤバ男www
ホント気をつけなきゃですね。
お前はバカか!って私も天罰が下りそうです(^_^;)

あっちゃん さん

コメントありがとうございます!

そうですよね、お店の名前とかなんてすぐ変えられちゃいますよね。悪いヤツらなんだから。
そして確かに、もう少し相手の様子をうかがってから相談するしないを判断すればよかったと思いました。
私は慎重なようで慎重さに欠けるというか、本当に困ってしまいます(ーー;)

女の1人旅は男の人よりも危険が多いし、力も弱いし立ちションできないし、
でも女の1人旅は大変だなと思ったのは長く旅をしてインドが初めてでした。
1人じゃなかった国も多かったのでなんとも言えない場所もありますが(^_^;)

Tarnia さん

そうなんでしょうか…
私がナイーブ…

家族や友達に聞いてみたいです!
ありがとうございます!!

えー!!もしかして…??

cocoa さん

初めまして!コメントありがとうございます!!

ボム蔵さんとバイバイしてインドに行ってからでしょうか?皆さんに心配ばかりおかけしているのは…笑

旅の終わりはもうすぐ、長くても今年いっぱいと決めていました。
だから突然のご報告にはなってしまったものの私の中では少し前から決めていたことです。

残念ながら仕事はなにもありません笑
なにをしようか、自分になにができるか、これから考えながら少しずつ前に進めていきたいと思っているところです!
応援ありがとうございます☆

マサさん

確かに。
インドで声をかけてくる人は高確率で悪い人!間違いない!!
でも何度も期待しちゃいます、もしかしてこの人本当にいい人かもしれないって。
私はバカですね(^_^;)

騙されてしばらく経ったあと地球の歩き方見てたらデリーのコンノートプレイスで…的な、
え、まさに私じゃんっていう話がいっぱい書いてありました。
そこで散々注意されてるのに、ちゃんと見ておけばよかったって思いました。
私は長く旅をした初心者バックパッカーです笑

No title

まあたいした被害が無くてよかったですね。

トルコとかがとアイラブユー詐欺で高い絨毯買わされたり、旅行会社とかで詐欺の片棒かつがされたり、日本に帰ってからも貢がされたりするそうですから、まあ縁が切れてよかったですね。

あださん

そうですね、騙された金額も少ないし、たいした被害じゃなく済んでよかったです。

アイラブユー詐欺なんていうのがあるんですね!最低ですね!!
トルコはまだ行ったことがありませんが、行くときはアイラブユーなんてもちろん信じません!!笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。