↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれからまだ1年、もう1年。

こんにちは☆
リアルタイムは62か国目スリランカ!現在地はキャンディ!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年06月02日】
カトマンズ

IMG_9360.jpg


今日はカトマンズからバスで30分ぐらいのところにある"パタン"という町に来た。


ここにもカトマンズにあるようにダルバール広場があって同じく世界遺産。
ダルバールってネパール語で宮廷っていう意味なんだって。

IMG_9313.jpg

ローカルバスを降りて広場の方へ向かう。

IMG_9325.jpg

ここがダルバール広場。

IMG_9327.jpg

ここから中に入るには入場料が必要。


こうちゃんがパタンはオシャレなカフェとかお店がいっぱいあるって言ってたから、
一旦町をぐるりとしようとテキトーに歩き始めた。


パタンはカトマンズに比べ、
というか私がいるツーリストエリアに比べ地震の傷跡が色濃く残っている場所だった。

IMG_9331.jpg

まだまだ崩れたものが残っていたり、本当は建物が建っていたであろう場所が更地になっていたり、
添え木がしてある建物もたくさんあった。

IMG_9332.jpg

IMG_9339.jpg

その中をゆっくりゆっくり歩いた。


私は今この状況をどう判断していいのかわからなかった。


1年以上経ってもまだこんなに…


正直そう思った。


でもここは日本じゃない。
日本とネパールを同じ基準で比較することはできない。


でも…


首都カトマンズからわずか数キロしか離れていない世界遺産が存在する観光地でこの状態だ。
いまだに全然復興が進んでいない場所があるだろうことは想像がつく。

すべてを一斉に始めることなんてできないから、復興状況に差がでるのは仕方のないことだけど…。


道を歩く人、家の前で座って話をしている人、洗濯をしている人、商店に買い物に来ている人、遊んでいる子供達、
一見するとただただここに住む人の日常に思える。

でも、きっと傾いたままの家で生活している人、
不自由な生活を強いられている人がたくさんいるんだろうと思った。

IMG_9358.jpg

世界遺産でもまだ添え木がされている状態なんだから。



かなり歩き回ったけどこうちゃんが言うオシャレカフェは全然見かけなかった。
こうちゃんどこのこと言ってんの!?ってもうお手上げモード。



そのときオシャレそうなお土産屋さんを発見!
しかも日本語が書いている!

IMG_9348.jpg

なんか良さげー♡


IMG_9352.jpg

IMG_9354.jpg

お店の中は外から見た通り超可愛いもので溢れていた。


一気にテンションが上がる私。

IMG_9351.jpg

特にハンドメイドされているというバッグに一目惚れしてしまった。


すべてサリーやパンジャビというインドやネパールなどで着られている洋服、
ドレスから作られている一点もの☆


IMG_9356.jpg

可愛い♡
しかも仕事がとっても丁寧!!

ネパールの田舎に住む現地の女性と結婚した日本人男性が作ってるんだって!
すごくない!?


どうしよう…
買っちゃおうかな…

別に邪魔にならないし…


どれにしようか散々なやんだ結果コチラを購入↓

IMG_9367.jpg

ついでに裏地も可愛い♡

IMG_9368.jpg

このお店はダルバール広場の北側入口の近くにありますのでぜひ!!


そんなこんなでパタンをあとにしてカトマンズに戻った私。
今日のお昼ごはんは宿で出会ったおじさまがオススメしてくれたチベット料理のレストランへ。

IMG_9369.jpg
"YANGLING(ヤンリン)"


そしておじさまがオススメしてくれた麺料理、Thenthukを注文。


食事ができるまでの間ガイドブックを見ながら午後からの行き先を検討していた。


そのとき


あーゆきさん!
ポカラからかえってきた??



私がバスのチケットを手配してもらった日本語ペラペラのおじさんとモハンがやってきた。
そしてここいい??って私の席へ。

食事が運ばれてくるまでの間、
ポカラがどうだったとかバスがどうだったとかそんなたわいもない話をした。
そして地元の人が普通に食事に来るようなレストランだからここはいいお店なんだなと思った。

そして私のオーダーしたお食事が登場♡

IMG_9370.jpg

ワンタン…じゃないな食感が。
なんて言うのこれ、うどんを平に引き伸した感じ??

とにかく、スープ麺。
中国人、韓国人、日本人は断然スープ麺が大好きだと思う。
なぜか食べたくなるし食べるとホッとする。

食文化。

味が少々濃かったけど美味しかったな。
ベジタブルテントゥク(テキトー呼び):160ルピー(約160円)


このあとスワヤンプナートっていうタメルから歩こうと思えば歩いて行ける距離にある世界遺産になっている寺院に行くと言ったらモハンが案内してくれると言う。


モハンはゆきさんとお友達になりたいんだって


と旅行会社のおじさんが言った。


あ…そうなんだ…


ちょっとテレたように笑う彼の笑顔にウソというか下心があるとは思えなかったし、
そんな彼に、私1人で行きたいから。なんてとても言えなかった。


昼間だし観光地だし、別に問題はないだろう。
そう判断した。


そして道中いろんな話をした。


モハンはいくつなんだかわかんないけど、トレッキングガイドの仕事をしつつ実は学生だった。

私の予想では30歳前後かなって思っていたけど、想像以上に若いのかもと思った。
聞かなかったけど。


IMG_9385.jpg

入口に到着。
ここから延々階段を上るらしい。


IMG_9387.jpg

ひるむー


階段を上りきるころには私は汗だく。
流れ落ちるレベル。


でもモハンはまったく汗をかいていない。


モハンぽっちゃり系なのに…
やばい、私ついにぽっちゃり超え??


慣れだよね、慣れ。


頑張って上った分ここからはカトマンズの町が一望できた。
今日絶対雨降る。

IMG_9388.jpg

モハンはここからカトマンズの町を見下ろしながら地震の話をした。


あのときはここはもうぐちゃぐちゃだったんだよ…
でも今はご覧の通りだよ!


私は今日パタンの町を歩いて感じたことを伝えた。


まだまだ瓦礫の山みたいなところがあったことや、
添え木でとりあえずの補修をしているだけの建物がたくさんあったこと。


モハンはネパールの政府はよくないからね、ゆっくりゆっくりゆっくりだよ、
ハハハと笑った。


もうなんとかならんの!?
政府!!!!!しっかりしろ!!!!!



モハンの澄んだ笑顔を見ていると無性にそう思った。


あとから調べてみたら、ネパールの復興への動きは遅く犠牲者たちは充分な支援を受けていないのが現状だそう。
あれから1年が経ったけど、住む場所を失った家族のうち家を建て直すことができたのは5%に満たないとカトマンズ・ポストが4月25日に言及したらしい。

そして国の復興のために数ヶ月かけて国家再建庁というのを設立したけど、
国家再建庁が行ったのは、ただ国内で最も被害を受けた地域に住む人の中で家屋再建用の助成金を受け取る人のリストをつくっただけだと、ネパールの日刊紙ザ・ヒマラヤン・タイムズが言ったというのも見た。

その後今年の4月25日、
ネパールの首相カドガ・プラサード・シャルマは国内の復興プロセスを早めることを約束し、
カトマンズ内外の主要な世界遺産の再建を開始することも発表したそう。


最初にカトマンズに着いた時に泊まった宿で出会った中村さんが、
自分にできる支援をと個人で動いていると言った意味がわかった気がした。

仮に多額の寄付をしたとしても現状は劇的には変わらないのが現実だろう。


丘の上の寺院を散策。

IMG_9400.jpg

IMG_9404.jpg


大きなストゥーパーの横にそっと仏像が置かれていた。

IMG_9399.jpg

本来はここにあるべきではない、地震の被害で今は一時的にこちらに置かれているそうだ。


仏像はここにあったんだよ、と言われた場所はまだまだ修復に時間がかかりそうな状態。
ここは丘の上にあるから斜面を崩れ落ちていってるといった感じだ。


こんな落ち着きのないところに置かれてしまった仏像。
いつちゃんとした場所に戻れるんだろう。


だって…あれからもう1年以上経ったのに。


私はとっても複雑な気持ちでいた。
複雑というか、なんかいつになく超考えていた。


IMG_9412.jpg

サービス精神が旺盛なモハンが写真撮るってきかないからお応えしたけど、
私の頭の中はぐるぐるぐるぐる。


ネパールの首相さん、どうか約束を守ってください。
国家再建庁、働いて、お願いだから。


そう願いながらその場をあとにした。


このあと私は17時までにインドビザセンターにパスポートを取りに行かなければいけない。
歩くと間に合わないからって、私じゃ絶対に発見できないであろう超ドローカルバスに乗った。


そしてビザセンターに向かう道中、私はモハンとある約束をしたのだった。


続きはまた明日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ゆきんこ帰国まであと9日!!
ヒートテックとお別れしました。長い間ありがとう、またね。

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

やっぱりこれぐらいのスパイスは必要かな~(^^)/

ゆきんこさん
こんにちは!
ネパール編はゆったり読んでいたのですが、今日はちょっとワクワクして来ちゃった…(笑)
やっぱり、これぐらいのスパイスは必要ですね~!(^^)!
明日が楽しみです!!!
ネパール地震、ひどかったんですね。
最近のテロとか無差別殺人事件とかに気を取られて、私は忘れていました....(-"-)

ネパールご飯を美味しそうだな~(^^)/
最近は仕事が忙しくメキシコ旅行でブログをアップしようと思っているのですが、遅れています。
だから、ゆきんこさんのこと本当に尊敬しています!

もうすぐ日本ですね~!(^^)!
お会いすること楽しみにしています!

No title

私が訪れて半年たっているのにレンガが積み重なって、木の棒で家支えている風景はかわってない・・

震災後半年という復興に力が入る時期にインドとの関係が悪くなりガソリン、ガス、電気あらゆるものが届かなくなり私が訪れた12月はガソリンを手に入れるためにガソリンスタンドに3日並ぶような状況。
当然車も少なくポカラまでは6時間くらいでつきました。
レストランもガスがないため薪で調理しメニューが半分くらいしかなかったです。

ゆきんこさんの記事を見ているとライフラインはだいぶ改善されたようでよかったです。
日本だって何年も仮設住宅の方々がいるくらい復興って大変なんでしょうね。

震災直後はあらゆる機関が援助をしてくれますが長期援助となるとなかなか厳しいですしね。
震源地近くのキャンプ地を訪問しましたがちょうど国から援助金があり若者たちが町へ買い出しに行っていました。一応国も何かしらはやってるみたいです(o^―^o)

スパイス好きですね〜笑

kaelu さん

kaelu さんこんにちは!

kaelu さんスパイス好き過ぎです笑
ネパール編は期待に添えそうもありませんよ!インドと違っていい人ばかりなので笑

ネパール人は本当にお料理上手!美味しいごはんいっぱい食べました☆
kaelu さんはお仕事をされているからですよ!私はプー太郎なのでブログが書けるだけです(^_^;)
日本でお会いできるのを楽しみにしています♡

myu さん

やっぱり半年前とそれほど変わっていないんですね…
そしてそんな中ネパール旅行をされていたんですね…

私も現地で以前インドから燃料をストップされたと聞きました。
様々なしがらみがあるのでしょうが、おっしゃる通り震災があったあとなのにタイミング考えてよ!!って思いました。

そうですね、日本でも大変な復興への道のりはネパールにするともっともっと大変なんでしょう。
ネパールの人の素朴で優しい笑顔を見ていると幸せでいてほしいなって願わずにいられないです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。