↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は悪い人になりたい。

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年06月12日】
デリー

IMG_9748.jpg


まあまあ気まずいお別れをしてネパールへ行った数日後、
私は一通のメールをオーナーに送った。


なんかいろいろあったけど、
バカな私のためにクソ旅行会社に一緒に行ってくれたり、
VIPな部屋に泊めてくれたり、食事の世話をしてくれたり、
オーナーには本当にお世話になったから。


ありがとうとごめんなさいという気持ちをしたためた一通のメールを。


数日後にオーナーからも"よい旅を"的な返信がきて終わった。


そのときはまさか自分がデリーに戻ってくるなんて思っていなかった。
ネパールのあとはカトマンズから南インドのどこかに飛行機でびゅーんと飛ぼうと思っていたからだ。

以前の関連記事はコチラ→
どうしよう…ここのホステルの1番のVIPルームが私の部屋に…
もうすべてがわけわかんないことに…
ありがとう、神様。
30日間のインド旅終了!!癒しを求めてネパールへ…(*°∀°)=3



それがまさかのデリーagain。


それを決めたあと私はデリーの別の宿を探しまくった。
もうあの宿に行くのはちょっとな…って思ったから。

でも場所、価格ともにその宿以上の宿は見つからなかった。
評価も高くてキレイそうだけど遠くて不便そうとか、そんな感じで。


どうしよう…


どうせ南インドに行く前の経由だから数日の滞在だし、
だったら場所もよくて知ってる場所に泊まる方が効率的だ。


ちょっと考えた結果オーナーのいるあの宿に戻ることにした。


多少の気まずさはあるものの、それさえ我慢すればいい。
オーナーが以前のように私を特別扱いするようなことはないだろうと踏んだ。


以前は2回とも事前にオンライン予約をして行った。


今回はどうしよう…

ツラっとオンライン予約する??

え?コイツツラっとオンラインで予約してきてるけど??

とか思われないかな…


いや、でも個人的に連絡するのもな…
でも私がまた来ることとか気づかずに宿に着いてから、あ、久しぶり。みたいな感じになるのも気まずい。


考えた結果再びオーナーにメールを送った。

またデリーに戻ることになったからそこに泊まりたい。
自分で予約した方がいい?それとも女子ドミ1ベッドおさえておいてくれる??みたいな内容。

オーナーは女子ドミ1ベッド確保しておいてくれると言ってくれてここに戻ってきた。


ここに着いた時はさすがにちょっと気まずい感じだったけど、
レセプションで見かければ普通に挨拶もするし、
私が予想した通り他の宿泊客と同様に声をかけてもらったり、なにもなかったかのように過していた。



今日は別のショッピングモールへ行こう♪


昨日のショッピングでデリーでも意外と買い物ができるとわかった私はさらに買い物すべく他にもあるよって教えてもらったショッピングモールに行ってみることにした。


宿を出たとき外でタバコを吸っていたオーナーに呼び止められた。


今日の夜ビール飲む??って。


飲むには飲むけど…(日常のことだし)
え…なんで??


いや、ただ聞いただけ。
じゃあ今日の夜に。



オッケー…


って、え??
これって夜一緒に飲もうって約束しちゃった感じ??

英語だととっさに言葉が出てこない。
その意味を理解するのにも時間がかかることも多いし、
イェスイエスって十分に理解していないのに答えてしまう悪い癖がある。


あれ、これやっちまった感じかな…


そう思ったけど、すぐにまいっかってことにした。

オーナーの私に接する態度に以前のような違いは感じられなかったし、
私はもう"あわよくば"の対象ではないと判断した。

それにオーナーは相変わらずとってもいい人だった。

同じ部屋の日本人の女の子が体調不良になっちゃって、私も気にかけていたけど私がいないときに悪くなって倒れてしまったみたいで、彼女を病院へ連れて行ってくれたり、通常の宿のオーナーがする宿泊客への対応以上に常に気づかってくれている姿を見て彼らしいなと思って温かい気持ちになっていた。


私が危険にさらされることはまずないだろう。
彼はいい人なのだ。


メトロの駅に向かう途中、
リクシャの客引きに声をかけられた。


どこに行くの??
ここから先は危険な場所だから通らない方がいいよ!



ありがとう。
私いつもここ通ってるから大丈夫。



どこ行くの?


メトロの駅。


今メトロは止まってるよ!
日曜日だから今日は14時からで2時間も待たなきゃいけないよ!!



そうなんだ、別にいいよ。
メトロの駅で2時間待つよ。



2時間だぞ!?
どこまで行くか知らないけどリクシャで乗せてくよ!



ばーか。


こういうしょーもないウソをつくヤツがちょいちょいいる笑


皆さん、これがインド。
これがデリーです。



気をつけましょうね!!
でも笑えるでしょう??(´∀`)


私はもちろん通常通り運行中のメトロに乗ってショッピングモールに到着した。

IMG_9750.jpg

IMG_9753.jpg

IMG_9755.jpg

でもここはあまりテンションの上がるショップがなく、

IMG_9756.jpg

ウロウロして、
こんなところにSPARがあるーってところだけテンションが上がって、

IMG_9757.jpg

ショッピングモールのレストランで大好きなドーサを食べて帰宅。



メトロは迷うことなく先頭車両へ。


IMG_9759.jpg

女性専用だよ♡
女子しかいなくて超爽やかな車両♡



そして夜、オーナーはまたビールを用意してくれていた。
指定された部屋はVIPルームじゃなく、普通の部屋だった。

大丈夫とは思っていたけど、ちょっとホッとした。

お腹が減っていなかったから夜ごはんを食べていなかっただけだけど、
まだ食べていないというとなんでもいい??先に飲んでてって言ってチキンサンドを買ってきてくれた。


相変わらずの優しさ。


私たちは飲みながらまたいろいろな話をした。


あの時クソ旅行会社の裏ボスが私に吐いた汚い言葉の意味もこのとき教えてもらった。

実際には1つ上でしかないオーナーだけど、見た目もあってか私はなぜかお父さんのように感じて、
私はことあとのルートやいろいろなことを相談した。

私が聞くことに対して真剣に向き合ってくれるオーナーの人柄の良さを感じた。


ありがとう。
あなたは本当に親切な人だと思う。



そう言うと、オーナーは


僕は悪い人になりたい。


真面目な顔でそう言った。


オーナーはその優しさから人に頼られて裏切られてみたいなことがいろいろあるらしい。

私の解釈によると、
宿泊客から頼まれたことを宿のオーナーとしては行き過ぎじゃないかと思えることまで引き受けてしまって、
損をしまくっているタイプの人。

例えば頼まれて商品を買って仕入れてお金も立て替えて商品はここにあるけど頼んだ人は音信不通になるとか。


騙される人も悪い。
貸した金は返ってこないと思え。



確かに判断したのは自分自身でしょう?そう言えばそうかもしれない。
でもそうじゃないでしょう??って思う。普通に。


もっとビジネスライクに人と接したいと思っているけどできないんだって。

オーナーをよく知る家族友人にも「お前は無理だ」って言われるけど、
本人は本当に心から変わりたいと思っているらしい。


でも私も無理だろうなと思った。


オーナーはいい人過ぎる。


私は無責任にも悩んでいるオーナーを前に、
オーナーはずっとオーナーのままでいてほしいななんて思った。

酷かな。


きっと私もそのオーナーの優しさに甘えている1人なんだろう。


なんだか切ない夜だった。


私のつたない英語力ではオーナーを元気づけられるような気の利いた言葉なんて出てこない。


ビールを1本空けて私は部屋に、オーナーは仕事に戻った。


うまく言えないけど。
オーナーはどうか今のままいい人のままで幸せになってほしいなって、
そう思った。


明日もデリーのお話!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

インド行ったら、そこ泊まりますよー!
ユキさんに良いオーナーが居るから来た!って言えば彼も喜ぶんじゃないかなぁ。
その時は改めて情報教えてくださいね♪

やっけん

いいこと言うじゃん笑

オーナーにもそう言ったんだけどね、
そんなのみんなすぐ忘れちゃうとかなんとか言われて。

いい宿だからぜひ♪情報売ります笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。