↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美し過ぎる町、レー。地獄の移動を忘れる絶景がそこに。

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年06月20日】
レー

IMG_0096_20160814080529f9f.jpg


昨日の夜21時半にレーのバスターミナルに到着した。
そこから宿探し。

所要時間から夜着はわかっていたから1泊だけでも宿の予約をしておきたかったけど、
Booking.comとかAgodaとかに出ている宿は高いところしかなく、勇気を出して到着後探すことにしていた。


でも不安過ぎるー!!!!!

移動中ドライバーや他のみんなの体調も不安だったけど、
ちゃんと宿が見つかるか、怖くないか、それも超考えていた。


私はビビリだから1人旅中は初めての町に夜着する時に行き当たりばったりで着いてから宿を探そうとか絶対にしない。
今回はイレギュラー過ぎる。

だからレーまでのバスの中で出会った人と宿一緒に探そうとかなればいいなって願っていた。

本当にいろいろあった移動だったけどいいメンバーに恵まれて、
宿が決まっていない組、イギリス人カップルのトムとルイス、インド人の男の子スラジ&サウラブと5人で一緒に宿探しをした。

今はハイシーズンだから満室の宿も多くインド人のスラジとサウラブが代表していくつも宿をあたってくれてなんとか安くてキレイな宿が見つかった。

彼らは私のコロコロちゃんを持ってくれたり、足元を照らしてくれたり、疲れて外出する気が起きないと言うと水を買ってきてくれたりととっても親切にしてくれて本当に助かった。

彼らがいなかったら宿を見つけるまでももっともっと時間がかかったと思う。


が、朝起きて憂鬱なことがあった。


コロコロちゃん洗わなきゃ…


御犬様におしっこをかけられただけじゃなく、
車の上に積んでいた誰かの荷物からなんかしらのオイルが漏れたらしい。


私の大事な大事なコロコロちゃんはオイルまみれ。
しかも超臭い、そして中まで浸みていた。

マジで終わってる。


でもバックを洗う前に私は宿探しのお散歩に出かけた。


いくつか調べていて行ってみようかなと思っていた宿があった。
昨日彼らが見つけてくれた宿はキレイで安くてよかったけど、部屋ではWi-Fiが全然使えなかったし、部屋以外でもどうなんだろうってぐらいのWi-Fiで、他にいいところがあれば今日すぐに移動したいと思ったからだ。

IMG_0069.jpg

結局3軒行って今の宿よりいい宿が見つからなかったけど、
気持ちのいいお散歩だった。

IMG_0072.jpg

なんかここ、インドじゃないみたい。
私が今までいたインドとは明らかに違った。


暑くないし、汚くない(*°∀°)=3


レーは標高3500メートルだからあの死にそうな暑さがないのだ。
そしてゴミだらけでもない。


山々に囲まれた素晴らしいロケーションの町。
宿探しの道中ですでにレーがとっても好きになってしまった。


…洗うか。

昨日の昼から全然食べ物を口にしていなかったから超空腹だったけど相棒を放っておくわけにはいかない。

だいたい部屋の中が異臭。
なんのオイルなのマジで。


なにこれ。最悪じゃない!?

IMG_0075_201608140804199d1.jpg

もうなにやってんだと思いながらまずは台とするトイレを洗い、
全体が濡れないよう細心の注意を払いながら懸命に洗った。

丸洗いできたらラクだったけど、臭過ぎのオイルが広がるだけだと思ってやめた。

IMG_0076.jpg

1時間かかった。
でも落とせたのは50%とかそんなぐらい。


そして私はやっとごはんを食べに行くことにした。
朝ごはんを食べようと思っていたけどすっかり昼ごはんの時間になっていた。

町の中心まで少し距離があったけどゆっくりゆっくりと歩いた。
そしてたまたま通りかかった1軒のオープンレストランへ。

IMG_0079.jpg

ネパールで食べて大好きになったチベットの麺料理、
thantuk(タントゥク)を注文。

平打ち麺の煮込みうどんみたいな感じ。
スープヌードルを食べるとやっぱり落ち着く、私日本人。
タントゥク:100ルピー(約170円)

レーには多くのチベット系民族、ラダッキが住む。
インドの北の北の北に位置するレー、ここは地形的にも文化的にもチベットの一部として考えられているそう。

だから美味しいチベタン料理が食べられるというわけ♡


フリーWi-Fiとか書いてあるけど全然使えないWi-Fi。
レーはWi-Fi事情がよろしくないって聞いてたけど。


レー近郊の観光名所へは車をチャーターして行くしか方法がない。
みんな車をシェアする人を旅行会社で探したりするらしい。

だから私たちはここまで来る車のメンバーで連絡先を交換し合ってもしどこかに行くなら、
そしてスケジュールが合う人がいたらせっかくだしシェアしよう!そんな話になっていた。

その中心にいるのがインド人夫婦の旦那さんサミール。
みんなゆっくり休んで明日にでも電話し合おう的な感じになっていたけど電話番号を持たない私。

どうやってサミールと連絡を取ろう…
宿の人に電話借りようかな…


私はどうせ1人だし全然知らない人たちと車をシェアするぐらいならみんなとシェアしたいなーって思っていた。

それに私予定ないし(*°∀°)=3


お会計をして一度宿に戻って、インド人カップルの2人とインド人の男の子達に相談してみようと思ってキョロキョロしていると視界の先になんとサミールとその奥さんアルチャナらしき2人が食事をしていた。


え…あれサミール達…??


なんという偶然。
まさかの同じレストランで同じ時間帯に食事をしているなんて!!

超ラッキー♪
やっぱり会うべく人には会うようになっているんだー♪



声をかけると、

私たちもあれゆきっぽくない??って話をしていたところだったの。
でも違うかな…って半信半疑で。



だって、ゆき昨日と全然違うんだもん!!


笑。


昨日は移動しかないから1日中スッピンメガネ。
今日の私はコンタクトをしてバッチリメイクをしている。


え?そんなに!?笑


私は変身するのが上手らしい(*°∀°)=3


IMG_0081_2016081408045028c.jpg

そこで改めて彼らの計画を教えてもらった。
私はなーんの予定もないし、いつまでに帰らなきゃとかもないし、2人に合わせることにした。

これで3人。
車を安くシェアするならあと2人は必要だ。

そのあと私と同じ宿にいるイギリス人カップル、インド人の男の子2人と話をしてもしよければシェアしようって声だけかけて私たちは3人で観光にでかけることにした。


IMG_0083.jpg

サミールとアルチャナは結婚して2年半のご夫婦。
デリーよりももっと南西、ムンバイの近くの町プネーというところから休暇を利用して来たらしい。

多分インドの中では裕福な家庭。
短期旅行だからかもしれないけど、とってもいいホテルに宿泊している。

私の宿1部屋1泊500ルピー(約850円)
彼らの宿、1部屋1泊3000ルピー(約5100円)



(*°∀°)=3


私が1泊500ルピーの宿に泊まってると言うと驚いていた。



今日目指すのは山の上にある"ツェモ・ゴンパ"と"旧レー王宮"と"シャンティストゥーパ"

IMG_0085.jpg

標高3500mのところにある町、レー。
この山を登るのはまあまあしんどそう。

IMG_0086_2016081408045470b.jpg

サミールはガンガン登っていくけど、アルチャナはきつそう。


アルチャナ!早く早く!!


と急かすサミールに"黙って"と一喝。


2人のやり取りがおもしろ過ぎる。


写真撮って!とアルチャナが言い、ここに立ってとサミールが言うと、
サミールがここに来てよってアルチャナはまったく動かない。

IMG_0094_201608140805264a7.jpg

インド人男性は優しい人が多いのかな。
わがままなアルチャナと優しいサミール、私の目には2人が微笑ましくうつる。


IMG_0087_20160814080524052.jpg

そして再び歩き出すとアルチャナは絶対怒るはずなのにサミールはまた1人でグイグイ歩いて行く。

昨日の車の中ではみんなの代表、
頼れるリーダーみたいな感じだったけどなんだか子供のような無邪気な人。


アルチャナは途中でついに歩かなくなってしまった。
スタスタ1人で前を歩くサミールにキレる。

IMG_0103_20160814080530719.jpg

優しいサミールはアルチャナをお迎えにまた下る。


いいないいなー


誰の手も借りずにスタスタと登れる私は、
この旅を通して自分が思うよりもかなりたくましくなってしまっているのでは…と思った。


気をつけなきゃー!!



そこからの景色はもう本当に素晴らしかった。


IMG_0095_20160814080527684.jpg

IMG_0105.jpg

IMG_0120.jpg

あまりにも素晴らしくて、ここに来てよかったって、昨日の恐怖や疲れなんか一気に吹き飛んだ。


ここへ来るための苦労だったら仕方のないことだったな、
簡単にそう思えるぐらいの絶景だった。


あの時南インドではなくレーを目指すと決めた自分を最高に褒めてあげたい気分。


まずは"ツェモ・ゴンパ"に到着。
そこから下の方に旧レー王宮が見える。


今日の予定は"ツェモ・ゴンパ"と"旧レー王宮""シャンティストゥーパ"観光。
彼らが決めていたことだけど、
"ツェモ・ゴンパ"にどれだけいるんだっていうぐらいかなりマイペースに観光している。

私は全然いいけど、旧レー王宮って何時まで入れるんだろ??
旧レー王宮はすぐそこに見えているけど、シャンティストゥーパまではまあまあ距離がある。

出発前もマイペースを最大限に発揮して彼らのホテルでゆっくりゆっくりチャイ休憩なんてしちゃったもんだからもうまあまあ夕方。てゆーかもうそろ夜。


全然気にする素振りも見せずに写真撮影を楽しみ彼ら。


まあ彼らがいいならいっか。今日はシャンティストゥーパには行けないだろう。
私は1人心地よい風に吹かれながらずーっとずーっと景色を見ていた。


IMG_0132.jpg

旧レー王宮に着いた頃にはもう日が沈みかけている頃。

アルチャナは疲れたからもう入りたくないと言い出し、
サミールは行こう行こうとしつこくアルチャナを誘う。

サミールは言い出したらきかない。
本当に子供なの。


アルチャナはそう言うけど、
もう歩きたくない、登りたくないと言って座り込んでしまうアルチャナもまあまあだよ、と思った笑


ここの入場料は
外国人の私は200ルピー(約340円)、インド人は25ルピー(約42円)。

高いしアルチャナが入らないって言うから私は外で待っていることにした。
とか言って結局サミールが無理矢理アルチャナを中へ連れて行ったけど笑

で、アルチャナだけ1人でソッコー戻ってきたけど笑笑


おもしろい夫婦(*°∀°)=3


私は彼らのマイペースっぷりに少しだけ戸惑いながらも2人との時間を超楽しんでいた。


この人騙そうとしているのかな?本当にいい人なのかな?それとも悪い人??

私にとってはそう思わずに付き合えた初めてのインド人だった。

IMG_0136.jpg

チベタン料理のレストランでトゥクパという麺料理を頼んで生まれて初めての箸に挑戦する2人。


ゆき教えてよ!!って、
上手に箸を使いこなす私に尊敬の眼差し(*°∀°)=3


生まれ育った環境もなにもかもまったく違う彼らとの旅が始まる。


楽しみー♪


GOPR1724.jpg

レー、今のところインドでダントツナンバーワンに好きな場所!!



明日からインド人夫婦との旅が始まるよー♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

うわー

何のオイルだったんだろ。。。
中まで染みて洋服とか大丈夫でしたか??

ゆきんこさんのコロコロは出発時から壊れることなく3年弱乗り切れましたか?
最初に準備されていたのオスプレイソージョン28でしたよね。一時帰国で変えましたっけ?
私もオスプレイにしようと思ってて25と28で悩み中です!

そうなんです(ToT)

myuさん

たまたまの偶然から多分そうじゃないかって思ったのがアーユルヴェーダのマッサージオイルです。
マッサージオイルのくせに超臭くて、あれ…どこかで嗅いだにおいって思って気づきました(^_^;)
洋服はすべて圧縮袋に入れているから大丈夫でした!

私のコロコロは約3年間乗り切ってくれた優秀な相棒です!
旅の最初から最後までずーっと同じコロコロちゃんですよ!オスプレイソージョンの80Lの方です。28ですかね??
一カ所だけダメになりかけたところがあって、取っ手のところです。
伸ばす引っ込めるが固くて全然できなくて後半は苦労しました。私の友達も同じ現象になっていたので、
コロコロの部分よりもそこが課題なんだと思います。

でもそれ以外は全然問題なく、頑丈だし超オススメです!!
そして私は大は小を兼ねる派なので80Lをオススメします!!

ありがとうございます!

マッサージオイルなら臭くてもまだよかったですね!
腐ったなにかとかだったら泣いちゃう。。。

皆さんのブログ見ていると男性陣は5-60L、女性陣は80L以上の方が多い印象です。
私、荷物無駄に多いタイプだから80Lじゃないと無理だろうなあw

タイヤ壊れるよりは取っ手のほうがましかな!?

myuさん

確かに!超臭いですけど腐ったなにかとかだったらホント泣いちゃう笑

20Lの差って荷物にするとどれぐらいかわかりませんが、
見ると小さいので私は無理かな〜って思ってました(^_^;)

確かにタイヤが壊れると背負うしかなくなってしまうので、取っ手の方がましですね!
でも急いで取ってを引っ込めなきゃいけない時、例えばバスに荷物を預ける時とかいつも超焦ってましたし、
なかなか取っ手が出なくて諦めてそのまま引きずって歩いたこともあります笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。