↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レー〜ヌブラ渓谷1日目】わがままと自己主張の狭間。

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年06月22日】
レー→ヌブラ渓谷

GOPR1735.jpg


今日はレーから約120キロ離れたところにあるヌブラ渓谷というところに行く。

タクシーをシェアして1泊2日のプチ旅行。


8時に旅行会社に集合。
通り道にあるサミールとアルチャナはホテルでピックアップということになっていた。

タクシーのシェアは5人ぐらいがベストって言われてて、
6人乗ることも可能でその方が当然安くなるけど5人の方がゆったりしてるしね。

私、サミール&アルチャナ夫婦、
その他に2人いるって聞いてたけど集合場所に来たのはインド人の男の子1人だった。

私たち2人を乗せた車はサミール達のホテルへ。
絶対ここで待たされると思ったけど意外にも彼らは準備を終えていてすぐに出てきた笑


IMG_0156_20160815222011283.jpg

IMG_0159_20160815222012b61.jpg

さて、出発!!
車は標高3500mのレーからさらに一気に標高を上げる。


マップで見るとヌブラ渓谷までは約120キロ所要時間は2時間半って出るけど、
実際は4時間半ぐらいかかるらしい。


IMG_0161.jpg

またグネグネ道の始まり。


IMG_0167_20160815222015eea.jpg

我々旅行者はいくつかのチェックポイントでパーミッション(許可証)の提出をしなければならない。
と言っても私たちはドライバーさんに渡すだけであとはドライバーさんのお仕事。
レー〜ヌブラ渓谷間は2回あった。

パーミッションは旅行会社で手配できる。
でも大きめの旅行会社じゃないとできない場合もある。
1人で申請ってできないらしい。最低3人からとか言われたかな。
前日に申し込めば間に合うよ。700ルピー(約1190円)もかかるけど(^^;)


私たちとタクシーをシェアすることになった彼は南インドのチェンナイの大学に通う学生さん。
休みを利用して北インドを旅行しているんだって。

全然グイグイガツガツこないおとなしいタイプの子。
基本グイグイきてよくしゃべるインド人ばかりと接していたからこういう子もいるんだなって、
なんだか好感を持った。


IMG_0169.jpg

IMG_0171_201608152221020e1.jpg

ヌブラ渓谷までの道のりは前半延々こんな道が続く。


IMG_0177.jpg

車と車がすれ違うのもギリギリの譲り合い。


今回のドライバーさんは寝そうもなかったから助手席の私も安心して乗っていられる。

私たちが経験したマナリ〜レーの居眠りドライバーの話を、
サミール達がヒンディー語でドライバーさんともう1人の男の子に話をして車内は笑いに包まれた。


私も一応

寝ないでね、眠くなったらすぐ言ってね笑

って言っておいた。


車は順調に標高を上げていった。

IMG_0180.jpg

まわりの景色が変わった。
そして超寒いしやっぱり頭が少しだけ重たく感じる。


IMG_0185.png

そして標高は再び5000メートル超え!!!!!


ラダックってすごーい!!!!!
攻める旅って感じ♪



IMG_0192.jpg

ここが撮影ポイントになっているらしい。


なんでもここは自動車で通れる世界最高所の峠なんだって!!


すごくない!?
だって標高5300mとかのところを普通に車が走って行き来してるんだもんね!!


でも激寒!!
で、酸素が薄過ぎ!!


IMG_0182.jpg

で、ここにあるトイレを見たらマジで地獄絵図ヽ( ̄д ̄;)ノ


アルチャナと一緒に行ったけど私は無理って言った。
アルチャナも超ドン引きしてて、インド人もこういうのやっぱり耐えられないって思うんだなって思った。


IMG_0194.jpg

ここもう少しなんとかしてほしい。
マジで無理。青空の方が100倍まし。

とか言って私青空慣れ??

いやいや、ないない。
青空も断固拒否派。できるところまで我慢するよ。



その後は少しずつ標高を下げてまた絶景の連続だった。

IMG_0198_201608152221437b4.jpg

IMG_0206_20160815222223c9a.jpg

IMG_0201_2016081522214308a.jpg

自然って本当になんでこんなに素晴らしいんだろうって。
私のボキャブラリーではもうどう言葉にして表現していいかわかんない。


マナリ〜レー、レー〜ヌブラ渓谷、こんなに眠れなかった移動はない。


目が離せない、こういう言葉がぴったりくるだろうか。


もったいなくて眠れない。
ここでは本当に絶景しか見れない。


全員来てって思う。


夕方ヌブラ渓谷の宿泊先の村?Hunder(フンダル)に到着した。


私は宿を決めていなかった。
旅行会社の人に聞いたらホテルもゲストハウスもいっぱいいろいろあるから全然大丈夫って言われたから。

それに私1人じゃないしね。
サミールとアルチャナと一緒だもん。


そう思っていたけど、
どうやら彼らはホテルを予約しているらしい。

え、最初に言ってよって思ったけど(^^;)


そのホテルの前について私はここには絶対泊まれないってソッコーわかった。

奥まったところにある建物、ドアマン的な人がいて敷地も広い。
ゲストハウスとかじゃない、ガチのホテル。


サミールに1泊いくらなの?って聞いたら1泊1部屋3200ルピー(約5440円)と言った。


ここは日本じゃない、インドだ。
高過ぎるー!

私は1泊平均400〜500ルピーの宿に泊まっている。
やっぱり彼らはちょっとハイクラスの人たちだ。ついていけない。


ちょっと高過ぎて私は泊まれないかな…
もっと安いゲストハウスを探したいと伝えた。


もう1人の男の子サンディパンも宿を決めていないって言ったから結果私たち2人の宿探しをすることに。


フンダルの村は本当になーんにもなくて、宿も点在っていう感じで歩いて探すような場所じゃない。
彼らがドライバーさんに私とサンディパンの宿探しをしてくれと頼んでくれた。


でもなんだかザワザワする車内。
全員ヒンディー語で話しているから私にはなにが起きているか全然わかんない。

ドライバーさんがどこかに電話をかけて、そのあとサンディパンが代わって、さらにアルチャナも代わって、って、

え?なに話してるの??
なにか問題でも…??

アルチャナになにかあったの??って聞いたけど、
大丈夫、ゆきの宿は一緒に探すから心配しないでって。


あ…ありがとう。
それは助かるけど、なにかあったっぽい。


無言の気まずい車内。


勝手な私の予想で、

ドライバーさんが宿探しはオレの仕事じゃない

とか言ったっぽい。


いや、多分そんなところだろう。
それをサミールとアルチャナがいいから探してくれって言ったっぽい。


若干ピリピリした車内。
私たちは案内看板を頼りにあっち行ってみようこっち行ってみようって宿探しをした。


1軒目、
サミールとサンディパンが降りて聞きに行ってくれたけど満室。


ドライバーさんが怒ってるっぽいから私は心の中で焦り始めた。
私のために、いやサンディパンもいるけど、でもなんかなんかみんなに迷惑をかけているような感覚になる。

旅行会社の人、宿なんていっぱいあるしすぐ見つかるから全然大丈夫〜♪

って言ってたじゃん!!!!!


2軒目、●●キャンプっていう看板が出ているところに停まり、
サミールとサンディパンがまた車を降りて行った。

見えるのはやや立派で大きなテント。

いやだ…

私テントは嫌!!


私だって今までキャンプをしたことだってあるし、テントに泊まったことだってあるけど、
基本的にはテントは好きじゃない。

理由は虫がいるからだ。

キャンプしに来たならもちろんテントに泊まるけど、ここであえてテントを選択する気はない。
だって普通にゲストハウスとかあるもん。

それにテントだと絶対にバス&トイレは屋外にある。
いちいち部屋を出て真っ暗ななか歩いたりしなきゃいけない。

怖過ぎる!!!!!
絶対虫いるもん!!!!!


どうしよう…
ここじゃなきゃダメ??


私たち待ちで宿探しをしているから申し訳ない気持ちもある。
テントが嫌だとかわがままを言わずさっさとここ泊まれよ!って、やっぱり思うよな…

テントに泊まりたくない、そう言いづらかったから空いてなければいいのに、そう思った。


戻ってきたサミールは私にこう告げた。


やったよ!なんとか1つだけテントが空いていたよ!
テントは広いしちゃんと2つベッドがあるから大丈夫だよ!!

1泊1テント800ルピー、夕食付きで1人900ルピーで安いよ!!
ここでいい!?大丈夫かな??



え…ちょっと待って。
それってサンディパンと一緒のテントに泊まれと…??


え、無理無理無理!!!!!


サンディパンは地味で素朴な学生っていう感じでとっても真面目そうだし全然問題なさそうだけど。
もの静かで小さな声で聞かれたことだけをゆっくりと話す彼のことを嫌だとはまったく思っていないし。


でもそういう問題じゃない!!


今日会ったばかりの人、
しかも男の人と同じテントで過すなんて絶対に嫌だ!!!!!



サミールの口調的に、

もうここでいいよね?あまり時間もないしそんなに選択肢ないし、
ここ1テント空いててラッキーだったよ、ここにしよう!!ね、頼むからここに決めて!ね!!


こんな感じ。


車内の空気、サミール、
こんなこと言ったらただのわがままクソヤロウ??そう思う気持ちもあった。


だけど、ここは妥協できない。


はっきりと自分の意見を言うしかない。


私はなんだかサンディパンに悪いなと思って、
ここに泊まりたくない理由をテントに泊まりたくないっていうことにした。

半分は本当のことだし。


テントはバス&トイレが屋外だしそういうところは避けたい。
ゲストハウスを探したいと言った。


一瞬流れるマジかよ的な空気。


I'm so sorry…



そう言うとアルチャナが、

ゆきは謝ることないよ、ゲストハウスを探そう!
心配しなくていいから!


そう言ってくれた。

アルチャナありがとう。


これ以上宿探しに時間を費やすことに後ろめたさというか申し訳ない気持ちがたっぷりだったけど、
インド人含め自己主張のはっきりしている外国人にとってはたいしたことじゃない、
私が言ったことは普通のことだ、そう自分に言い聞かせた。


IMG_0264.jpg

次にたどり着いたゲストハウスは2部屋空いていたし部屋もとっても広くてキレイでいいところだった。

IMG_0267.jpg

IMG_0270.jpg

1泊1000ルピー(約1700円)で高かったけど、
ここ高いからもう少し安いところを探したいとはもう言えなかった。

でもインドで今まで泊まった宿の中でダントツ高かった。


私はここでいいけどあなたは?とサンディパンに聞くと僕はどこでもいいから…と言って微笑んだ。


なんか悪かったかな…


彼はどういう生活をしている子なのか全然わからなかったけど、
1泊1000ルピーってなかなかの金額だと思う。彼は学生だし。

さっきのテントに泊まっていたら1泊1人400ルピーだったのに。


自分のことばっか考えてサンディパンに対して優しくなかったかも。
彼は自己主張をするタイプじゃない。


私が配慮すべきだったか。


私は自分の意見をはっきり言った!
これでいいんだ!!

そう思っていたけど、
なんか一気に自分のわがままだったんじゃないかっていう気持ちになった。


考え過ぎ…??笑


いや、でもこれでよかったんだ。
彼はとってもいい子そうだけど一緒のテントはどう考えても無理だもん。


宿にチェックインをしたのはもう18時過ぎだった。

さっさと荷物だけ置いて再び車に乗ってある場所を目指す。
今日は到着で終わりじゃないのだ。


IMG_0263.jpg

ここは砂漠があって、ラクダに乗れるというスポット。

IMG_0228.jpg

IMG_0235.jpg

山に囲まれた砂漠。


IMG_0238.jpg

IMG_0244.jpg

観光客がいっぱい。


ここにいるラクダは世界で唯一こぶが2つあるラクダなんだって!


見て見て!わかる!?

IMG_0248.jpg


私たち4人はラクダには乗らなかったけど、ここでしばらく遊んだ。

特にしっかりしているようで少年のようなサミールはラクダを追いかけてどこかに行ってしまったり、
さっきまでのグダグダは忘れて楽しい時間を過ごした。


翌朝はドライバーさんが9時にサミール達をピックアップ、
そのあと私とサンディパンをピックアップするということに決まってその日は解散した。


夜ごはんは食べに行くような場所なんて全然ないから宿食が基本的っぽい。
私も宿で食事をお願いした。

IMG_0272.jpg

ビュッフェ形式のベジタリアンフード。

IMG_0271.jpg

こんな感じ。


サンディパンと話をしながら夜ごはんを食べた。


彼はあまり自分から話をするタイプではなかったけど、
って思っていたけど、意外と話す人だった。


控えめさは変わらないけど。


彼の英語は聞き取りづらくて何度も何度も聞き返したけど、
彼は嫌な顔なんて一切しなかったし、一生懸命私の話も聞いてくれた。

彼は私の旅人生やこれまでの生き方なんかを聞いてとっても驚いていたけど、
同じぐらいすごく興味を持ってくれて、短い時間だったけどとっても仲良しさんになれた気がした。


楽しい夜だったな☆


IMG_0274.jpg

宿のテラスからはサンライズならずムーンライズが見れた。
なーんにもないけど素敵な場所、ヌブラ渓谷。


明日も楽しい1日になるといーな♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

No title

うんうん、自己主張するのはいいこと思います。
嫌なものは嫌、絶対に言うべきだと思います。男性と相部屋が嫌なのも伝えて全く問題ない。
インド人の皆もそこはちゃんと理解してくれていますよ。

何でもやもやするかって、自分たちの宿探しなのに自分も車を降りて一緒に見に行かなかったからじゃないかな。
自分も降りていたら、テントが見えた時点で嫌なことを伝えられてサミールたちをぬか喜びさせることもなかった。自分のことなのに車で待っていて、人が持ってきた結果に文句を言ったから一瞬微妙な空気になったんじゃないかな。


レーの景色とても素敵ですね。更新楽しみにしていますね。


私も来月レーに行きます

素敵なところですね、行くのが本当に楽しみです。ゆきんこさんの情報も本当にありがたいです。

ツアーとかシェアで起こるこういう問題、難しいですよね…
理由はともかく、テント泊拒否!の選択は正しかったと思います。初対面の男性と同室なんて何かが起こって後悔しても遅いですし、同室を了解したのは自身なんだからと誰も責任なんてとってくれません。

とは言え、ツアーやシェアでこういうのは嫌だなぁ。他人の宿探しに時間と労力を取られるのはキツイです。
ここはインドなのに相場より高い、とか、旅行会社の人が大丈夫って言ってた、とか正当化する理由をいろいろ書いておられるけど、同乗者には関係ないことです。
私だったら、自力で別のタクシー使って宿探ししたかな。
シェアやツアーは安いけど集団行動というデメリットも共存しています。時間を守ることももちろん、同乗者に迷惑かけないように気遣うのは国籍に関係なく本当に大切なことだと読んでいて感じました。
今回の同乗者が優しい方たちで良かったです。安全と人への気遣いは金で解決できるなら、そうした方がいいと思います。

厳しいこと書いてすいません。私も偉そうに書いてますが、実際には正しい行動が全くできない人間です。

次回の更新も楽しみにしてます!

マカさん

そうですよね、なかなか言いづらいなって思って躊躇しちゃうこともありますが、
言わなきゃいけない場面、言わなきゃいけないことがありますよね。

マカさんのおっしゃる通りです。
私も降りて行かなかったことがなんかすごく嫌で。自分のことなのに。
なんか空気的に言葉のわからない私は車の中で待ってていいよっていう感じで、
でも私は宿にうるさいし、勝手に決められても困るし、どうしよう、降りようかな、でもおとなしく待ってた方がいいのかなって車の中で葛藤していて。
だから次のゲストハウスでは私も車を降りて見に行きました。
最初からそうすればよかったんですよね(^_^;)

レーの景色は本当に素晴らしかったです。
ケータイで撮っただけの写真でどこまで伝えられるかわかりませんがご覧いただけたら嬉しいです☆

そうなんですね!!

梅さん

来月レーですかー♪いいですね!!
私ももう1度行きたいです!!!!!

そうですよね、正当化するつもりはありませんが、
事実ドライバーさんにしても付き合わされた友達夫婦も迷惑だったのかもなって思います。
とってもマイペースな友人だったので甘えてしまった部分があったと思います。
集団行動ではまわりへの配慮をしっかりとする、迷惑をかけない、基本中の基本ですよね。

感じたことをストレートに言ってくださってありがとうございます。
レー旅行楽しんでくださいね( ´ ▽ ` )ノ
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。