↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"青く輝く天空の湖 "インド・ラダックの絶景から目が離せない!!!!!

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年06月24日】
レー→パンゴン湖

GOPR1767.jpg


昨日ヌブラ渓谷から戻った私たちは今日またすぐにパンゴン湖というところへ1泊2日で出かける。

出て戻って出て戻ってってしんどいからレーを経由しないで行けないかなって旅行会社に相談したけど、
行けないこともないけどそういう行き方は人が集まりづらい&道が悪いという2点から別々で行くことを勧められた。

本当かどうかはわかんないけど、こういう位置関係だから仕方ない気もする。

a_20160818225112b1e.png

矢印上方面がヌブラ渓谷、横方面がパンゴン湖。



でもパンゴン湖はマナリ〜レーの居眠り死のドライブを一緒に経験したイギリス人カップルのトム&ルイスも一緒に行けることになって、
友達同士5人のプチ旅行になったから超楽しみ♪


昨日の件があったから今日サミールとアルチャナはどんな態度で接してくるだろう、
そう考えるとちょっと不安だったけど。


私とトム&ルイスは同じ宿、サミールとアルチャナは向かえの宿に泊まっているから宿の細い路地を抜けた道路でピックアップしてもらえることになっていた。


8:10 にピックアップだったから8:00に宿の下で待ち合わせして出発しようか、
トム達とはそう話していて、彼らが時間ピッタリに下に降りて来たからなんか嬉しかった。

感覚が似ている笑

宿を出て向かえの宿の様子をうかがったけどサミールたちが出てくる気配がなかったからとりあえず私たちだけで路地を抜けピックアップの場所へ。


タクシーはすでにお迎えに来てくれていた。


サミール&アルチャナは私の予想通りやって来ない。


サミール達は??


トム達に聞かれて、
今日は私たちの向かえの宿に泊まってるからもうすぐここに来るはずなんだけど…と答えた。


朝ごはんのパンでも買いに行こうか、そう言って近くのパン屋さんに買いに行ったけど、
戻ってもまだサミール達は来ていない。


遅いな…なんかあったのかな…的な空気に包まれる。


私ちょっと様子見てくるね!!


そう伝えてダッシュで彼らの宿へ向かう。


なんだか放っておけない。


宿に行くと2人はモーレツにテンパっていた。
寝坊したらしい。


おはよ!大丈夫!?
みんなもう待ってるよ!!


ゆき、本当にごめん!!
もう出るから!!!!!


あ、謝った(*°∀°)=3


こんなドタバタのおかげ?笑、
で昨日の気まずさなんて感じず、私たちの1日がスタートした。


レー〜パンゴン湖までは約150キロの道のり。
きっと2〜3時間なんかじゃ着かないんだろうけど〜♪


IMG_0331_2016081822450938a.jpg

走り出してまたも早速の絶景が始まる。


GOPR1758.jpg

そしてどんどんどんどん標高を上げていく。


IMG_0334.jpg

そしてまたもぐるぐるクネクネ道。


標高が上がる度私は空に近づいた。
ラダックはホント絶景しかない。

景色に飽きない。
移動時間が暇じゃない。

私、ここ世界有数の絶景スポットだと思う。


絶景、

そしてまた絶景、

ずーっと絶景、

絶景が途切れない。


そして私たちはまたあっという間に標高5000メートル超え!!

IMG_0339.png

私のGPSは標高5385メートルってなっていた。


散々高度順応してもはや頭痛もなくなにも感じなかったけど、
ただただ寒い!!!!!

IMG_0348.jpg

空気がピリピリして寒くてキレイだった。



IMG_0353.jpg

その後もひたすら絶景ロードが続く。


しばらく走ってドライバーさんが、ホラ!あそこがパンゴン湖だよ!と言った。


IMG_0359.jpg

遠くの方に青い青い湖が見えた。


わ!!やばい!!超キレイそう!!
っていうかこんな距離からでもキレイ過ぎる!!!!!



"パンゴン湖"って検索したら、
"青い絶景"とか"ターコイズブルーに輝く湖"とか出てきて、ワクワクしていた。


IMG_0363.jpg

まさに。


パンゴン湖は青い絶景、ターコイズブルーに輝く湖だった。

IMG_0369.jpg

湖の青さだけじゃなく、まわりの景色も最高。


なにここ…
別世界…


パンゴン湖は天空の湖とも言われているらしい。


IMG_0386.png

標高4000m超えのところにあって、世界で1番高所にある塩湖なんだって。


天空にある青く輝く湖。
信じられないぐらいの絶景。


IMG_0374.jpg

そしてこの透明度。


Amazing…


IMG_0381.jpg


そんなパンゴン湖を横目に宿がある地点まで移動。


IMG_0384.jpg

そこは小さな村になっていて、旅行者用のテントやゲストハウスがいくつもある。


VIPなインド人夫婦サミール&アルチャナは1泊1人3000ルピー(約5100円)のテントを予約しているらしい。

IMG_0390.jpg

さすが過ぎ(*°∀°)=3


昼、夜、翌朝の3食付きなんだって!
VIP!!



バックパッカーの私とトム&ルイスは車を降りて宿探し。


ドライバーさんが案内してくれたゲストハウスは3人部屋で1泊1人300ルピー(約510円)だった。

部屋は…
頑張ろうと思えば頑張れるけど、ホント気合い入れなきゃ無理かもっていうレベル。


お互いどうする…??みたいな感じになって、他にも探してみようかって歩き始めた。


テントは2軒聞いたけど超高かった。
1人2500ルピー(約4250円)って言われたり1テント6000ルピー(約10200円)って言われたり、
私たちは完全に予算オーバー。


もうゲストハウスしかないねって、ゲストハウスを聞き回る。
相場はシェアルームで300〜400ルピー(約510〜680円)、部屋のレベルはかなり低いと思っていい。


私たちはついに諦めて、サミール達のテントに近い最初のゲストハウスに戻った。


IMG_0387.jpg

頑張ろう。1泊だもん。
トムとルイスがいるし。絶景が目の前に広がってるんだから。

IMG_0394_2016081822480988a.jpg

私たちはゆっくりと遅めのランチを食べて、トランプをして遊んだあと湖へ散歩に出かけることにした。


ちなみにね!!
聞いて聞いてー!!

私ね、やったこともないトランプゲームのルールを英語で理解してちゃんとみんなとすることができたんだよ!!


ちょっと理解するのに時間がかかったけどね(^_^;)
私この時自分の英語力が上がっていることを実感したよ。

今まで大嫌いで苦手だった英語なんだけどね、
英語を身につけようと決めて、それからようやく努力を初めて。
英語を話すこと、聞くこと、その機会を意図的に増やしてきた成果かなって思って。

このことはまた改めて書くけど。
すごくすごく嬉しかったんだー☆



IMG_0395.jpg

それにしても本当に透明度が高く、青く美しい湖。


どれだけ見てても飽きない景色なんだけどとにかく寒い!!凍える!!
ここは標高4000m超えだからね!!


ガタガタガタガタ震えながらもその場を離れることができない。
美し過ぎて!!!!!



IMG_0405_2016081822484141f.jpg

それぞれ思い思いの時間を過す。


IMG_0415.jpg

トム&ルイスカップル。
彼らはまだ19歳の学生さん!!若ーい!!

ひとまわり以上の歳の差笑


IMG_0416_201608182248449b5.jpg

サミール&アルチャナ夫婦。
インド人、28歳と29歳。結婚して2年半なんだって♡


GOPR1788.jpg

ゆきんこ。
日本人、37歳、独身。


ちょっと待って、寒いし、なんか寂しいんだけど笑



なんてちょっと、ほんのちょーっと寂しいなって思ったけど、
本当の本当はみんなのおかげで私は寂しくなんかなかった。


寒さのあまり昼ごはんを食べたちょっとしたレストランに戻ってチャイを飲みながら再びトランプゲームをし、


一緒に夜ごはんを食べ、


夜は星空を見にお散歩。


DSC_0546.jpg

ここは湖だけじゃなく、星空でも私を魅了してきた。

DSC_0548.jpg

圧倒的な数の星、天の川もはっきりと見えた。
本当に最高だった。


その後はサミール達のテントで夜中までトランプの続き。


みんなでワイワイしながら楽しい夜だった。


私は1人旅だから、もしも彼らと一緒にここへ来ることにならなかったら旅行会社にお願いしてスケジュールがたまたま合った初対面の人たちとここへ来ていただろう。

それはそれでもしかしたらいい出会いがあったかもしれない。
でも、少なくとも数日間一緒に過して気心知れたみんなと過すのとは違う。


みんなと一緒にここに来れたことに感謝した。


GOPR1786.jpg

みんな、ありがとう(*´▽`*)


明日も絶景の連続!とハプニング…
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。