↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り始めてわずか30分で運転席の窓がなくなったヽ( ̄д ̄;)ノ

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年06月25日】
パンゴン湖→レー

IMG_0441.jpg


気持ちのよい朝。

IMG_0419.jpg

泊まった部屋はこんな部屋だった。

IMG_0418.jpg

布団を使いたくなくて、でも寒くて。
もし布団が使えなかったらと思って持ってきた大きめのストールにくるまり、
パーカーのフードをかぶって眠りについた。

夜中サミール達のテントから戻ったら部屋に蛾が入っていて、当然テンパる私をトムとルイスが助けてくれた。

おいでおいで〜ってライトで誘導して外に連れて行ってくれたの!
すごくない??

1人じゃなくて本当によかった。

最初停電かと思ったけどここは23時でおそらくすべての場所が消灯する。
蛾が部屋にいようがゴキブリが出ようが宿の人がどこにいるのかもわかんないからもう耐えるしかなかった。

助かった…
みんな強い(^^;)


IMG_0423.jpg

8時半、出発。
青く輝くキレイなキレイなパンゴン湖ともお別れ。
名残惜しい。


今日はサミールとアルチャナは遅れてこなかった。
とってもギリですって顔してたけど笑


今回のドライバーさんはとってもいいドライバーさんだった。
ある程度大人で英語はほんのちょっとしか話せないけどとっても感じがよく、安全運転だった。


今回はいいドライバーさんに出会えてよかったね〜なんて、
居眠りドライバーさん&逆ギレ若造ドライバーさんの話をしながら和気あいあい。


IMG_0426.jpg

IMG_0427_20160819162641118.jpg

そして私たちはあっという間に絶景に包まれた。


写真を撮りながらリラックスモードの車内。
ドライバーさんがかけるインディアンミュージックが流れる。



見晴らしのよい気持ちのいい道。



IMG_0431.jpg



前方から来た車とすれ違ったその時、




!!!!!!!!!!!!!!!




一瞬何が起きたかわかんなかったけどすぐに理解した。
すれ違う車とサイドミラーがぶつかったのだ。



ドライバーさんはすぐにサイドに寄せて車を停めた。
後ろを振り返るとずーっと遠くの方で相手側も車を停めていた。


お互いおそらく100キロ以上出ているからすぐ停めてもこんな距離なんだ…って、
今そんなことどーでもいいけどそんなことを思った。


ミラーは外れてはいなかったけど、鏡はなくなっていて、部品も一部吹っ飛ばされているみたいだった。


ドライバーさんはゆっくりと車を降りて状況を確認。
そして後方にある自分の部品を拾い、相手の車の方へ歩いて行った。


わ…これからもめるのかな…


私は一瞬のことで判断がつかなかったけど、
見た感じお互いちゃんと端に寄って走行したけど避け足りなかったっていう感じだった。

どちらがどれだけとか、
お前もう少し寄れただろとかはわかんない。


車の中から遠く遠くにいるドライバーさんを振り返るとやっぱり言い合いっぽくなっている。


その時だ。



パンッ!!!!!


バラバラバラバラ…



運転席のドアが割れた。
ガラスが粉々になって落ちている。


私は慌てて助手席から飛び降りた。


え…なに…!?
怖い怖い怖い怖い!!!!!



冗談抜きで私は誰かに射撃されたと思った。

だってミラー同士がぶつかってから10分以上経過していたし、
最初はそれが原因だなんて思えなかった。


みんなに言ったら超笑われたけど( ̄~ ̄)


しばらくするとドライバーさんが戻ってきた。
どういう話し合いで決着がついたかわかんなかったけど、
こんなことがあったのにドライバーさんはイライラもしていなかったし、
変わらぬ笑顔で車のドアを開けて私たちを乗せてくれた。


IMG_0433.jpg

IMG_0438.jpg

IMG_0441.jpg


でも私たちは走り始めてまだ30分ほどしか来ていない地点で運転席の窓を失った。



サイドミラーはまだ良しとしよう。
片方あるし、バックミラーもあるし。


運転席の窓がない。



砂埃が舞う道で砂埃を吸いまくる!!

前を走るトラックが出す真っ黒の排気ガスも全力で受け止める!!


IMG_0446_201608191627221ee.jpg

そして標高が上がってくると超寒い!!!!!



私はハンドタオルをずーっと口元にあてていた。
寒くなってからはみんな上着を着て対応した。
ドライバーさんはバスタオルを頭からかぶっていた笑
可愛かった。


不自由になったけど、
ドライバーさんがいい人だったから誰も責める気なんてなかったし、
戻ったら旅行会社の人に一緒に状況を説明してあげようということになった。

彼らドライバーは旅行会社から仕事を請負っているだろうから、
彼のミスかどうかってすごく重要らしい。


運転席の窓はなかったけど、私たちは無事レーに戻ってきた。

旅行会社に行くとそこの女社長なのか女性マネージャーがチャーター料金を間違えてしまって、
1人100ルピー追加で支払ってほしいと言った。

とっても感じがよく、すぐに私の名前を覚えて、
Hi YUKI!と、いつここに来ても客の名前をちゃんと呼ぶようなやり手の女性だ。
きっと超やり手なんだろうけど私からすると腹黒さが見え見えのタイプだけど笑


最初サミールにヒンディー語でそれを説明してサミールがお金を払っていた。
次にトム&ルイス&私に英語で事情を説明してお金を払うように言った。


え…今さら…??


申し込む時に金額を何度も確認していた。
トム&ルイスは学生だし節約旅行をしているみたいだったから、
チャーターの金額がいくらくらいになるかすごく気にしていたし。

最初はもう1人旅行会社の人がシェアする人がいるっていうから6人で割る感じだったけど、
夜遅くなってその人がキャンセルしたとかいって結局5人の金額になって、その時もちゃんと確認していたのに。

帰ってきていきなり間違いだったから追加でお金払ってくれってなんかちょっと嫌だなと思った。

でも間違ったって言うなら仕方ないか。
なんとなく引っかかる部分もあったけど、諦めてお金を払おうと思ったら、


YUKIいいよ!!お金払う必要なんてないよ!!
あなたが間違えたんでしょう??あなたのミスじゃない??



ルイスが言った。


おぉ…ルイス…
なんてはっきりとおっしゃる(((( ;°Д°))))



え…どうしよう…


女社長かマネージャーかわかんないけどその女性は、

あなたたちが払ってくれなかったら私が自腹で払うしかなわ!


と怒り口調で言ってきた。
あんなに愛想を振りまいていた彼女は豹変。


でもルイスも負けていない。


私たちには関係ない。
どうぞどうぞあなたのお財布から支払ってください。



と、バッチバチの2人。


すご…
欧米人の人は気が強いというか物事をはっきり言う人が多いなって思っていたけど、
ルイスも例外じゃない。


私は言えないな、と思った。
お金払っちゃう。たいした金額じゃないし。だって100ルピーって約170円。別にどっちでもいい。
でも金額の問題じゃないんだろう。

その間彼氏のトムはなにも言わなかった。
やはりこういう時は女が強いのは日本人と一緒なのかな?


同じことを言われてすぐにお金を払っちゃったサミール、
私たちは払わないと言うスタンスのルイス。

なんで払ってくれないわけ!?と不機嫌な旅行会社の女性。

その中にいて私はオロオロするばかり。

別に払ってもいいけど、ルイスに強く止められちゃったし、
なんかこの女性の態度もすごく嫌だったからもういいかと思って私は払わない側についた。


常に問われる、

あなたはどう思ってるの?どうしたいの??

それにちょっとついていけない時がある。

すべてに即答できるわけじゃない。

すべてに意見を持っているわけじゃない。

"どっちでもいい"っていう意見のときもあるもん。


トムとルイスは今日このままスリナガルという町まで移動することにしたらしい。
彼らは明後日にスリナガルからのフライトを取っていて急いでいるらしい。

私はサミールとアルチャナに明日の朝一緒にスリナガルに行こうと声をかけてもらったけど、
お断りして1人で明日の夜か明後日に出ることにした。


レーからスリナガルまでまた10数時間の移動だし、彼らと移動した方が心強いなと思ったけど、
私はレーが気に入っていたし、ネットが思ったように使えなくて飛行機のチケットが買えてなかったり、次の町の宿が調べられていなかったから明日の朝移動はやめておくことにした。


トムとルイスを見送り、
そのあと結局今日このまま移動してしまうことに決めたサミールとアルチャナを見送って1人になった。

レーに着いてからずっとサミール達と行動を共にしていたから少し寂しかったけど、
次の目的地も一緒でまた会えるから大丈夫。


アルチャナは最後まで、スリナガルに着いたらすぐに連絡すること、それ以外でもレーでなにか困ったことがあったらすぐに電話すること、気をつけてね、と何度も言った。

よほど私が心配らしい。
お姉ちゃんみたい。

誰かに心配してもらうのって、なんだか嬉しい。

GOPR1770.jpg

スリナガルでまた会おうね♡


レー〜パンゴン湖〜レー(往復)
所要時間:約5時間(旅行会社では4時間って言われたけど往復ともに5時間はかかった)
運賃:1800ルピー(約3060円)
※5人でシェアした場合の1人料金
※1泊2日のタクシーチャーター


明日はみんなと別れてまた1人旅。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

絶景・絶景・絶景ですね!

こんな風景が連続するなんて、なんだか信じられない…画像も合成じゃないかと思うほど綺麗。
来月、レーに一週間ほど滞在する予定です。このブログを読んで、本当に楽しみになりました。
パンゴン湖の風景と星空ももちろん、ゴンパ巡りとショートトレッキング目的の旅です。

ラダック情報ありがとうございます。とにかく、防寒対策をしっかりしようと思いました。

絶景・絶景・絶景なんです!

梅さん

私もそんな景色を目の前にしながらそれでも"信じられない…"って思っていました笑
期待を裏切らない素晴らしい景色が梅さんを待っていると思います!!!!!

パンゴン湖は本当に寒かったので、気をつけてくださいね!!
素敵な旅となりますように…☆私もまた行きたーい!!!!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。