↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディガードと旅をしたスリナガルという町。

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年06月28日】
スリナガル

IMG_0506_201608221125547cd.jpg


朝7時過ぎ、無事スリナガルに到着した。


車を降りた瞬間に寄ってくるリクシャと宿の客引き。

夜移動明けの朝イチ客引きはいつも以上にウザい。
激暑汗だくの日中もまあまあウザいけど笑


私は宿を決めていなかった。
超調べたけどレー同様検索サイトに掲載している宿はどこも高く、
安いところがあっても私が泊まれるような評価じゃない。

先に到着しているサミール達の宿も調べたけどやっぱり高くて私が1人で泊まれる金額じゃないし、
とりあえずMAPを見てゲストハウスをいくつかチェックして手当たり次第あたろうと思っていた。

そういうの好きじゃないけど、朝着だし頑張ろうって。


でも車を降りる時エリアがフランクに、
もし宿が決まってなかったらシェアしない?友達に教えてもらったところがあるんだ、と声をかけていた。

わぉ、エリアナイス!
エリア、いい宿知ってるなら私も一緒に行っていい??
そう言うと、もちろん!と快諾してくれた。

よかったー
2人とも親切だし、宿を探す手間がはぶけた♪


でも結局私たちは客引きの妨害によってエリアの目的地には行けなかった。


エリアもはっきりと宿の名前を知っているわけではなく、
●●エリア的な感じでだいたいこのあたりにいい宿があるよ的なのを聞いていてそこに向かおうとしていたみたい。

その場所を客引きに聞いても誰も教えてくれないし、
何度その場所の名前を言っても自分たちが連れて行きたい場所、宿の名前を言うばかりで話にならない。


くそー
Q&A知らんのか!!!!!


そこを欧米人バックパッカー3人組がたまたま通りがかった。
エリアとフランクが彼らに声をかけて、どこかいい宿知らないか聞いた。

ラッキーなことに彼らが今泊まっている宿が安くていい宿だっていうからそこに向かうことになった。

あとからお友達になることになる、オランダ人マイク。
陽気でとってもいいヤツ。


リクシャに宿の名前を伝えて3人でシェア。
1人20ルピーという約束で乗った。たいした距離じゃない。


ただ着いたところが目的地以外のゲストハウスの前だった。
リクシャのドライバー以外にもう1人乗り込んできたヤツが宿の客引きで、
ここでいいだろう?ここいい宿だから、って。


いや、私たち行きたい宿ここじゃないし。
目的地伝えたじゃん?誰がここに泊まりたいって言った??


私は超イラッとしたけど、エリアもフランクも怒らなかったから私も黙っていた。
そしてMAPを見ると歩けるぐらいの距離だったから自分たちで行くことにした。

1人20ルピーって言ってたのに、まとめてお金を支払ってくれていたエリアがなんかもたついてるなと思って後から聞いたら、ドライバーに100ルピーって言われたんだよと教えてくれた。

しょーもな。
1人20ルピー、3人で60ルピーだったのに100ルピーだよって言ってきたんだって。

40ルピーって70円ぐらいで、その価値は私たちよりもインド人のドライバーさんの方が圧倒的に大きいけどね、
ホントこういうことちょいちょい言ってくるからね、疲れる。


エリアはダルいから払ったって言ってた。
それも1つの選択。私は絶対払わないけどね、ふざけんなぐらい言うけどね。
昼間でまわりに人がいたらっていう条件付きだけど笑


マイクが教えてくれた宿は聞いた通りこのあたりでは多分安くていい宿なんだろう。
ちょっと独特な雰囲気のオーナーが招き入れてくれて、カシミール地方のチャイを振る舞ってくれた。

ちょうど2部屋空いていてよかった。

IMG_0502.jpg

バス&トイレ付きの広い部屋で1部屋1泊600ルピー(約1020円)
私がネットで調べていた時に見た宿よりも全然安かった。大満足☆


いい宿が見つかってよかった☆


シャワーを浴びてしばらくテラスでみーんなまったり。


エリアがコーヒーを入れてくれた。
なんかガスバーナーとかカップとかいっぱい持ってて、彼はアウトドアな人なんだなって思った。

最近チャイばっか飲んでたから嬉しかった。



午後からちょっとお出かけしてみようかなと思った。
私はスリナガルに来たのは2回目だけど、この町のことをなにも知らなかった。


以前はボディガードと来たからだ。
それももう1ヶ月以上前の話なんだなー。


滞在した3日間ずっと湖の上(ハウスボート)にいて、1人で自由に外出することができなかったし、
何度か町中を歩いたけどずっとボディガードの後ろをくっついて歩いていただけだったから、
どこになにがあるか地理的なこともまったくわからなかった。

ひどいもんだ。

普通2度目の町はある程度のことを知っているから動きやすいし安心感がある。

スリナガルはまるで初めて来た町だ。

私はスリナガルを旅していなかったんだなって思った。
おんぶに抱っこ、楽チンで快適で困ったり迷ったり不安になったりすることなんてなかったけど、
私の旅じゃない、私の時間じゃない。


困って迷って失敗して、それをひっくるめて旅なんだ。


ここにはなんの思い出もない。
やっぱりしっかりと自分の足で歩いて自分の旅をしなければ、そう思った。


私は"ムガルガーデン"というところに行ってみることにした。


前にボディガードとここへ来た時に観光する場所候補にしていたけど行かなかったところだ。

ここで何をしたらいいか全然わかんない。
最新のガイドブックには出ているのかもしれないしわかんないけど、
私が持っている古いガイドブックにはスリナガルという町は載っていない。


簡単に言うと理由はスリナガルがあるカシミール地方は昔からパキスタンと領土争いがされていて情勢が安定していないかったからだ。


ここ最近はそうでもなくて観光客も増えて普通の町となんら変わりなく過せたけど。


前後が逆になるけど少しそのことについて。
私がここに来る前の日にレーで出会ったサウラブから連絡が来た。

今どこにいる!?って。
今まだレーにいて明日スリナガル行くよ!って答えると、スリナガルは危険だから気をつけて!って言われた。

カシミールで事件があったらしい。
ニュースが添付されてきたけど、字が読めないから写真からしか状況は伝わってこなかったけどなんか戦争のようなそんな感じに読み取れた。


え…
スリナガルって今やばいの…??



え?でも私スリナガルからデリーのフライト取っちゃったし、もう行かなきゃだよ?と言うと、
空港で待機していた方がいいと言われた。


え!?そんなレベル!?
私スリナガル2泊あるんですけど!?



結局先にスリナガルinしているアルチャナに連絡を取ったらこっちは全然大丈夫だよ!という返事だったからここへ来た。

実際に来てみてなにか変化があったとか物々しい雰囲気だったとかそういうことはなかったけど、
私がスリナガルを出て約1週間後に事件が起きたようだ。


インドとパキスタンの政府軍が衝突して死者、負傷者が出てしまう事件にまで発展。
スリナガルでもストライキがあったり、その後いろいろなものが遮断され、
インターネットも数日間不通、観光客は全員退去、全員避難したそう。


これはインドでも大きなニュースになっていたようで、私はあそこにいた人たちの無事をただただ祈った。


というわけで話がそれたけど、
カシミール地方を旅される予定の方は最新の情報をしっかりとチェックしてから旅行計画を立ててください。

安全な旅を、そしてカシミール、パキスタンの人々にこれ以上被害者が出ませんように…。



ムガルガーデンは地図で見ると町から7〜8キロ離れたところにある。
前にボディガードは車をチャーターして行くって言ってたけど、
宿のオーナーさんに行き方を聞いたらローカルの乗り合いバスに乗れば20ルピーで行けるよ!と言われた。


やっぱり笑


20ルピー(約34円)、
車チャーターいくらって言ってたっけ?1500ルピーとか?約2550円??


ばーか。
もう!!!!!腹立つー!!!!!



乗るのはちょっとハードルが高かったけど。
車はメインロードに何台も何台もやって来るし、行き先はまったく読めないし。

でもムガルガーデンムガルガーデン言いまくってたらいずれ乗れる車がやって来る。
そうすればいい。


IMG_0503.jpg

IMG_0504.jpg

なんてことはないガーデンだった。
でもなんか1人でここへ来たことに満足していた。


ボディガードに地元民が乗るローカルバスでムガルガーデンまで20ルピーで来ました〜って写メでも送ってやろうかと思った笑


そう言えば、ボディガードとのその後についてだけど。
書いておく??笑


以前、騙された分のお金を返してもらうもらわないの話で、ボディガードはハウスボートのオーナームハンマドからお金を返してもらうって言っていたから、返してもらったら連絡してこいって言ってたんだけどね、そのあと何度か連絡が来て、


しかもしれっと(*°∀°)=3


騙した騙されたの話も、お金を返してもらうもらえないの話も、
いーっさいなににも触れずに本当にしれっと連絡して来るの!!

え?なにコイツ?って思ってるけど私も放置笑


これってインドカルチャー?
それともボディガード限定??

私の感覚ではインド人は過去にこだわらないっていう感じのタイプだらけな気がするから、
インドカルチャーだと理解してるけど(*°∀°)=3



そのあと町中を歩き回ってビールを買えるところを探した。
あの時はボディガードが確保してくれていたけど、これは私のすべきこと。


とってもとってもわかりづらい場所で、しかも敷地の超奥まった場所で、当然男の人しかいないし、
気合いで敷地内を歩くと超ガン見されるし、行ったら行ったで今日の販売は20時からだと言われて超ひるんだ。

IMG_0524.jpg

暗くなるし悩んだけど宿までの道のりは人通りも多く明るかったから夕日を見ながら20時を待ってビールを買った。

スリナガルはイスラム教徒が多く、今はラマダン(断食)中だから20時以降の販売になっているらしい。
男どもにまぎれて明らかに浮いている私がビールを買うのを手伝ってくれた人が教えてくれた。


よく思い返すと日中営業していないお店を何軒か見かけた。
そういうことかと納得した。


そして私はビールとちょっとしたつまみを抱え宿へ戻った。
そこから長い夜が始まったのでした(^^;)


レー→スリナガル(シェアタクシー)
所要時間:約13時間
運賃:2000ルピー(約3400円)
※値切れる気がするからチャレンジしてみて笑
※シートは指定した方がいい!私のオススメは真ん中の窓際or助手席!


続きはまた明日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

No title

こんにちは。

カシミール地方は、風光明媚なところで、むかしはインド人の新婚旅行先として人気だったそうです。
だから、あの場所は失いたくない気持ちが強いらしいです。

早く平和になってほしいですね。

ここんとうざいさん

こんばんは!

そうなんですね。
確かにとてもキレイな場所だと思いました。

湖を行き来するシカラというボートと山々、キレイな空気、ゆっくりと流れる時間、
失いたくない気持ちがわかります。
滞在中はインド人旅行者も多く見かけました。

1日も早く平和が訪れるよう祈ります。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。