↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探り探りの再会。

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年07月5日】
ジャイプル

IMG_0614.jpg

2度目のジャイプル駅。
前にジャイプルに来たのは約2ヶ月前。

1度来たことのある町に到着する時は余裕の気持ち。
初めて来た時とは大違い。


駅を出ると早速リクシャの客引きが寄ってくる。


前回泊まった宿を予約している。
駅から宿まで普通のローカルバスで行けるのもわかっていたし、聞きまくればなんとか乗れそうだったけど、
全荷物持ってはちょっとキツイかなーと思ってリクシャで行くことにした。

なんたって私はここ、2度目だからね。
駅から宿までリクシャでいくらで行けるかなんてもう知ってるもんねー!!


私のまわりにリクシャの客引きは3人。
仲間なのかライバルなのかわかんないけど全員リクシャ?どこ行くの?とわーわー言ってる。


スタスタ歩き続ける私の左横をキープして歩いていたおっさんが、


いいかい、僕の話を聞いて。
君だけにスペシャルプライスをプレゼントするよ!
安くするから信用して、ね!!!!!



よし、聞こう。


ホテル名、住所を伝える。
いくらって言う?いくらって!?

ちなみに駅から宿までは150ルピー(約255円)だよ!!


おっさんはスペシャルプライス的な演技でこそっと私に言った。


300ルピーでいいよ


おぅおぅ、言いやがったな〜


私だけにスペシャルプライス〜


なんと150ルピーで行ける道のりを2倍の300ルピー!!
サンキューおっさん!!グッバイフォーエバー!!笑



ウザっ!!!!!!!


私はそのおっさんにウソ返し。


私ジャイプル来るのもう5回目だから、
ここから宿までいくらで行けるか知ってるし( ̄^ ̄)


サ・ヨ・ウ・ナ・ラ!!!!!


そう言うともう1人もいなくなって最後に1人残った。
その人にあなた私にいくらって言うの?と言うと、150ルピーと言った。

おりこうさん。
おっさんも最初からそう言えばいいものを。

150ルピーでもインド人を乗せるよりはよっぽど稼げるはずなのに。


その男は駅敷地内に並ぶ遠くの遠くのリクシャのところへ案内した。
彼はドライバーではなく、客引き。
そいつの仲間のリクシャまで連れて行くだけの仕事。

自分で客引きをするドライバーもいるけど。

暑いし遠くまで歩きたくないし面倒くさいから、
私はその男に最初にあなたドライバー?って聞いてそうだと答えたからいいよって言ったのに!!

あんたドライバーじゃないじゃん!!
ウソつくなって!!もう乗らないから!!
すぐそこって言ったじゃん!!



すぐそこだから!
僕の信用できる友達のリクシャだから!


彼はすぐそこすぐそこって連発して、私はマジでご立腹。
超疲れる。

でも彼の友達だというマジで人の良さそうなおっちゃんが汗をかいてダッシュで私のところに来て、
重たいコロコロちゃんをテキパキとリクシャに乗せてくれたから私はそれ以上なにも言わなかった。


結局客引きの彼もリクシャに乗り込んで一緒に宿へ向かった。

車内、ずーっとどこどこは行った?じゃあどこどこは??何日滞在するの??今日の予定は??リクシャで案内するよ!と営業。


もう何度もジャイプル来てるって言ったじゃん??
だから観光スポットというスポットはもう全部行ったから。
必要ないよ。


だったらなんでまた来たの?
なにしに来たの??



ごもっとも。


私はここに人に会いにきた。

正確に言うと、
人に誘われたローカルフェス的なのに行くために来たんだけど。


友達に会いに来たと言うと、
インド人?ここに住んでる人??ここで出会ったの??と根掘り葉掘り。

暇だから私も話に付き合った。


彼はジュエリーを作る仕事をしていると言うと、


宝石屋と服屋の男には気をつけろ


と人の良さそうなおっちゃんが言った。


なんで??と聞くと、プレイボーイだからと答えた。











え?マジで??
なにそれ??インド人あるある??




さっき出会ったばかりのおっちゃんを信用するわけじゃないけど、
ただの乗客の私におっちゃんがウソをついても仕方がない。


何を言っても友達と会うから、友達に聞くから、という私に、
友達がいる以上リクシャの客にはならないと思ってそう言ったのかもしれないけど。


私が会いに来たと言っている友達は前にジャイプルに来た時に出会ったサミー。


道を歩いていた時にたまたま出会って、話し好きの彼と気づけばいろんな話をして、
すごく楽しかったしとってもいい人そうだったけどもちろん信用できるわけもなく、そのままバイバイ。


でもそのあと時々連絡を取り合っていた。

インド中を旅したことがあるという彼にルートの相談やオススメの場所などを教えてもらったり、
インド料理やインド人についてとかいろんなことを教えてもらった。

気づけば何気に2ヶ月間LINE友達で、最初は用がなければ連絡を取り合うこともなかったけど、
おはようとかごはんなに食べた?とかそんなやり取りもするようになっていった。

でももう会うことはないだろうと思って接していたけど、
彼が7月の上旬に大きなフェスティバルがあるから、南インドを旅行する前にジャイプルに寄っていきなよ!
とつい最近声をかけてくれた。


ラマダン(断食)が終わるフェスティバルみたいので、
ローカルフードやマーケットがたくさん出てすごく盛り上がるんだよ!って。


デリーに戻ってから南インドへ向かう予定だった。
ジャイプルに寄れないこともない。てゆーか別に寄れる。


私は悩んだ。
サミーは本当にいい人??


出会った時に言われた。

せっかく来たのにガイドブックに載っているような観光地だけ行くなんてもったいない。
ローカルな場所に行く方が絶対に楽しいよ!僕が案内するから!
って。


その時は信用できなかったけど、
2ヶ月間いろんな話をしてきたから前とは違った目で彼を見ていた。


でも彼の

"ガイドブックに載っているような場所に行くだけなんてもったいない、もっとローカルの人たちの生活に触れた方が絶対に楽しい"


その言葉を聞いたあとデリーへ行ってボディガードと出会った。
その土地をよく知る人と一緒の方が楽しいんじゃないか??
それがボディガードと行動を共にするきっかけになっていた。

彼のせいじゃないけど、
彼のその言葉がずっと心に引っかかっていたのは確かだ。


え?
そんなサミーが実は悪い人??



私はサミーはもちろんいい人と思っている。
だからここへ来ている。

でも、いい人であってほしいっていう願い込み。
サミーまで悪い人だったらマジで人間不信になるー


いやいや、サミーは大丈夫。
だって、2ヶ月間変なこと言ってきたこともないし、いつなにを聞いても相談しても親身になってくれたし。


彼はいい人だ。


そう判断して来たのに、おっちゃんが


宝石屋と服屋には気をつけろ


なんて言うから、ちょっと不安になっちゃうよー。


だってボディガードが服屋だったんだもん!!!!!



ボディガード=服屋

サミー=宝石屋




あれ…私…大丈夫??(*°∀°)=3


テジャヴ??
これ以上なにかあっても私このブログで書けないよ??笑


最後の最後までリクシャをチャーターしないかとかいろいろ言ってきた2人だったけど、
丁重にお断りして宿でバイバイした。


エアコンの聞いた室内でまったりネットをしたり、
手抜きしてデリバリーでお昼ごはんを注文して宿で食べたり、壊れたビーサンを直したり、テキトーにして過した。

サミーは多分仕事中。


夕方、私たちはカフェで待ち合わせをした。

前回はそんなことなかったのに宿のWi-Fiの調子が悪くてブログがアップできないから、
Wi-Fiが使えるカフェを教えてもらってそこで作業をしながらサミーを待つことに。


今どこ?
もうカフェ?



もうカフェだよ!でも全然気にしないで!
私やりたいことあってそれしてるから何時でもいいよ!



彼は忙しいらしく最初言っていた時間よりも遅れていた。


私はブログを書いたり色々調べたいこともあったし今のうちだ!と思って超集中して作業をしていた。


もうすぐ行けそう!


そうメッセージがきて数分経過しただろうか。


もう来るかな〜と思ってLINEを見たら、


久しぶり!
帽子似合ってるね!



ってメッセージが。


!!!!!!!!!


すぐに店内を見渡すと、そこにはすでにサミーの姿が。


ちょっと!!いつからいたの!?
声かけてよ!!!!!



久しぶり!!
なんか忙しそうだったからちょっと様子見してた笑



そう言って私の向かえの席に座った。


彼はLINEでも時々イタズラメッセージを送ってきたり、冗談を言ったりしていて、
そんな再会も彼らしいなって思って笑えた。


そこから女子会並みに超いろんな話をした。

サミーが笑

前会ったときもそうだったけど、彼は超話し好きでマシンガントーク。
英語力の低い私はそれを遮ることさえできず延々聞くことになる。


でも彼の話はとってもおもしろかったし、
何よりも彼の英語はインドで出会った誰の英語よりもダントツわかりやすかった。

出会ったときも思ったけど、やっぱりそうだった。
もちろんわかんないことはわかんないと言って言い直してもらうけど、なんて聞きやすいんだろうって思った。


でもお店で横に座っていた欧米人になにか聞かれてその応対をしたサミーの英語を聞いて、
なんで私がサミーの英語が聞きやすいと思うのかわかった。

彼は人によって話し方を変えている。


仕事柄いろいろな国の人と接するから、日本人用の英語、フランス人用の英語、アメリカ人用の英語ってなんとなく自分で話し方を変えてるんだって。


すごーい(*°∀°)=3


彼は最初に会ったときのままの彼だった。
メッセージのやり取りをしていたときのままの彼だった。


すごくホッとした。


とても悪い人とは思えない。


せっかく来てくれたから、
ローカルマーケットとか、観光客がなかなか行かないようなところを僕が案内するからね!!って、


どこ行こうかな〜連れて行きたいところいっぱいあるよ〜♪って楽しそうにしている。


1度バイバイして夜お出かけすることになった。
彼がバイクで宿まで迎えに来てくれた。


夜の外出なんて大丈夫?って少しも思わなかった。


彼の人柄の良さを再確認していたし、なんかもしなんか変なことがあったとして、
私が騒ぎにしたとして、彼大丈夫?って考えると彼はこれまでに私にいろいろなことをさらけ出し過ぎだ。

私が騙す気ならこんなに素性は明かさない笑


IMG_0619_20160829171833925.jpg

IMG_0620.jpg

ローカルマーケットを歩いて、
絶対自分じゃ買わないような露店でなんだかわかんないものを買ってくれたり、


ジロジロジロジロみんなに凝視されるぐらいのローカルレストランに連れて行ってくれたりした。
私の理解力はイマイチだけど、それをわかっていてもサミーはいろんなことをいっぱい説明してくれた。


IMG_0622.jpg

IMG_0621_20160829171835b77.jpg

この見た目絶対マズそうなパンは、ラマダン(断食)中にしか食べないパンなんだって。

ラマダン中は太陽が昇っている時間帯は食事などができないから、
日が昇る前3時半とか4時とかに朝ごはんを食べるらしい。
それがこのパンなんだって。


結構しっかりずっしりしたパンで、早朝からこんなの食べるのキツイなって思ったけど、
それを口にしたあとは日が沈むまでなにも口にできないからここでしっかり食べるんだなって思った。


町はラマダンの終了を間近にしてとっても賑わっていた。
たくさんの露店が出ていて、大混雑のお祭り状態。


こんなところに外国人がいるのが珍し過ぎるんだろう。
ここでも私はジロジロと見られまくって、ちょっとやんちゃな男の子達がからかって私に触ろうとしてきたりして、
やめろよ〜さわんじゃねーぞ〜って睨みまくってたけど、サミーが守ってくれたから大丈夫だった。


人混みの中、サミーは私の手をひいたり、腕をつかんだりせず、
私に一切触れることなくエスコートをしてくれた。


腕をつかんだりした方が簡単だったはずだけど、そうしなかったことにとっても好感が持てた。

そのあと彼は私を宿まで送ってくれた。
そして明日はまたいろんなところに行こうね!!って言って爽やかに帰っていった。


そんな彼を見送って私は嬉しい気持ちでいっぱいだった。

彼の目的はなに?ってずっと考えていたけど、
今のところ彼からはなにも感じない。


サミーはいい人だ。

ホッとしていた。
彼まで嫌な人だったら心がポッキリと折れていたかもしれない。


明日も楽しい1日だといいな♪


もしもサミーが悪い人だったら、
私もうインド人と友達になるのは諦める笑



明日はどんな1日に??
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

またこのパターン
サミーがどういう人なのかはともかく、同じことを何度も繰り返す隙の甘さはゆきんこさん、少し考えた方がいいですよ
そんなに男性と一緒にいたいの?

愛さん

ですよね笑
そんなふうに言われるだろうなーと思っていました(^^;)

今までは言語に対する苦手意識からどこか遠ざけていたところがありますが、
今は積極的に地元の人や外国人と関わろうと思っています。
が、男性限定ではないですよ!笑

私が女性だから男性にはない危険が伴うというのは認識しています。
疑ったり試したりするのは疲れたり相手に申し訳ないなって思う気持ちもありますが、
私なりに相手を観察し、都度判断しています。

この人危なっかしいなって思う気持ちもすごくわかります。
私も女性の方がなにも考えずに友達になれるのになーそっちの方がラクなのになーっていつも思っています。
心配してくださってありがとうございました☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。