↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで…男だらけの夜行バス…(ToT)

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年07月10日】
プネー→ホスペット

IMG_0729.jpg


アルチャナファミリーは最後の最後までとっても世話を焼いてくれた。


プネーからホスペット行きのバスに乗るのはちょっとややこしい。

このバスターミナルから出まーす!だったらシンプルでわかりやすいけど、
なんか最初になんとかってところに集合して、そこでバスがピックアップしてくれて、
そのバスでホスペット行きのバスのところまで行くんだって。


え?なんて??
もう1回言ってくれない??

って感じでしょ!?


最初連絡が取れるケータイ番号がなかったらチケット売れないとか言われて。
そんなの初めてだったけど。

なんで?って聞いたらピックアップの場所で会うのが難しいからって言われたけど、
あとからSNSでバスナンバーとか送られてくるからだと知った。

IMG_0723_20160905234512719.jpg

こんな風に。
私はアルチャナのケータイ番号を教えていたからこういう通知が来て助かったけど、
バスナンバーがわかんないと結構きつかったかもってあとから思った。
てゆーかアルチャナがいなかったら私どうなってたんだろ?チケット買えたのか??


アルチャナ家からバスのピックアップ場所まではかなり遠いらしく、
タクシーを呼んでくれるということになった。ちゃんとしたメータータクシー。

家族みんなで私のチケットを覗き込んで、
あーでもないこーでもない会議が開かれていた。

やっぱりちょっとややこしいのかな。
出発前にアルチャナは私のチケットを買った旅行会社、
乗る予定のバス会社にそれぞれ電話をして詳細を確認してくれた。


ゆき、タクシーの運転手さんにゆきを目的地まで送り届けたら私に電話するように伝えてあるから。
その電話があったら集合場所の旅行会社に電話してゆきがちゃんとそこに着いてるか確認するから安心してね。

なにも心配いらないから。


これ、出発前に多分5回は言ったと思う。
お母さんに似て心配性なんだから笑

でもすごく嬉しかった。


タクシーが迎えに来てくれて、別れの時。
1泊はあまりにあっという間の時間だった。


お父さんもお母さんも妹も近所に住むいとこもみーんなみーんな外に出て見送ってくれた。

お母さんが、
ここはあなたの家だからまた来てねって優しい笑顔で言ってくれた。

超嬉しかった。

アルチャナはタクシーの運転手に目的地の場所と着いたら私のケータイに電話するようにともう1度伝えたから大丈夫だからと言い、

妹のパヤルはタクシーのナンバーの写真を撮って、
同じく笑顔で見送ってくれた。


初めての町で、しかも真っ暗な夜の移動で。
こんなにも人に守られた不安のない移動ってあっただろうかと思った。

いくらアルチャナの友達だからと言ったって、
異国の地からやって来たわけのわからない旅行者を家に泊めてくれてこんなにもよくしてくれる家族。

いとこのおばさんもその子供の男の子も、みんなみんないい人だった。


みんなに心から感謝した。
もっと日本のことを話せるようになって絶対にまたここに来よう、そう思った。


IMG_0726.jpg

バスがピックアップしてくれる旅行会社に着いたらすぐにアルチャナから電話が入った。


無事着いた!?って。
とにかく気をつけて、なにかあったら誰でもいいから電話を借りて私に電話をすること、
そう何度も言った。


IMG_0727.jpg

ピックアップバスはすぐにやって来た。
そこに集まった人が次々と乗り込む。


そして15分ほど走った郊外に旅行会社のオフィスがあった。
ここで各々のバスを待つ仕組みらしい。


雨が降っていて狭いオフィスは人でごった返す。
とても入るスペースなんかない。


軒下で雨をしのぎながら、
バスが来る度に止む終えずコロコロちゃんを放置してダッシュでバスナンバーを確認しに行った。


なかなか来なくて、雨で足元ぐちゃぐちゃな中何台もバスナンバーを確認しに行ったから足もぐちゃぐちゃで、
この後夜行バスなのにって思って悲しくなった。


来ないバスを待つときの不安、心細さったらない。

IMG_0728_20160905234517b57.jpg

オフィスが空いてきたから確認しようと思って中に入ったら私のバスは23時発ってなっていた。
22時半発って聞いていたから焦ってたけど、まだ待ちの時間だったとは。


軒下とバスの往復なんだったんだよー
クソー


バスは20分ほど遅れてやってきた。


このバスは始発がムンバイかどこかだったみたい。
バスの中にはもうたくさんの乗客が乗っているようだった。


でもやっと来てくれた〜
これでバスで爆睡してたら明日の朝にはホスペットだ〜


ホッとしながらバスに乗り込んで私は凍りついた。




え…
このバス男性専用バスですか…??




後ろの方の席だった私。
通路を歩いていく間、右も左も男男男男、マジで男だらけ!!



え!?こんなバスある!?



インドってちょいちょいこういうことあるから嫌だ。

女の人って夜行バスに乗らないの??
いつもどこでもどうしても男の人が多い。

男性社会なのはわかるけど、移動ぐらいするじゃん??
しないの!?



終わった…
このバスマジで恐怖…


どうしよう…
どうしよう…
どうしよう…


このバスのチケット、
旅行会社の人とネット上でチケット購入画面を見ながら買った。

その途中で男女のチェックを入れるところがあって、
シートによっては指定しても買えないシートがあったりしたから、
男女が隣にならないようにとか配慮されてるんだなーって思ってた。


大丈夫、私の隣は男の人じゃないはず…



ってなんで!?
なんで男の人が寝てるの!?


ねえ!?
あのチェックなんだったの!?



もう嫌だ、このバス。

今まで意識したことなかったけど、
夜行バスで隣のシートに座ってる人同士って、なんだったら一緒に寝てるのと同じじゃない??
距離だって近いし、ちょっと腕とか触れるぐらいだし。


嫌だ、嫌だ、嫌だー!!!!!


後ろに1人女性の人が座っていたらしいけど、
その人はなぜかバスのスタッフに呼ばれて前の方のシートに移動になった。

なにかの配慮だったらお願い気づいて、ここにも女性がいます!!
そう思っていたけど、願い届かず。
でも最終的にはお母さんと息子という組み合わせの2人が私の真後ろのシートに座ったから少しホッとした。

そして私の横に座っていた男の人は別の席に移動した。

やっぱりこのバスは男女が隣同士にならないようにとの配慮がされているのかもと思ったけど、
2シート使って寝ていたら夜中どこかで乗ってきた男の人が隣に座った。


インドの女1人旅ってなかなか大変。
今までたくさんのバスに乗ってきたけど、こんなに男だらけのバスなんて乗ったことがない。

てゆーかそんなの意識したことないし。


翌日10:40、
バスはなんと3時間遅れで目的地のホスペットに到着した。


IMG_0730.jpg

でも実はここが最終目的地ではない。
ぼったくりリクシャドライバーをかわし、バスターミナルへと向かった。


プネー→ホスペット
所要時間:約11時間
運賃:1053ルピー(約1790円)
※時間帯によって価格が違ったよ!

続きはまた明日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。