↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうなんで!?なんでそうなのインドー(ToT)

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年07月11日】
ホスペット→ハンピ

IMG_0760.jpg


私の目的地ハンピは小さな町で、
たいがいはホスペットという町からローカルバスに乗り換えることになる。

特に今はオフシーズンだからだろうか。
念のためプネーの旅行会社でハンピ行きを尋ねたけどないと言われた。


そんなホスペットからハンピまではローカルバスで30分ぐらいらしい。

リクシャのドライバーさんはホスペットからハンピまで200ルピー(約340円)で行くよ!と声をかけて来たけど、
私はスルーしてバスターミナルへ。

ローカルバスだとたったの13ルピー(約22円)で行くことができる。

IMG_0732.jpg
※このバスはホスペット行きではありません。


ハンピの宿は予約していなかったけど、友達がオススメしてくれた日本人御用達の宿に向かおうと思っていた。
オフシーズンだから大丈夫だろう。


宿はバスステーションから歩いて行けそうな距離だったけど、
バスを降りたところでリクシャのドライバーが声をかけてきて、

カルヤンゲストハウス??

と、私の行き先をズバリ言い当ててきた。
それほど日本人はそのゲストハウスに行くんだろう。


とりあえず無視して歩き出そうとしたら、
たったの10ルピーでいいよ!10ルピーだよ!?って言うから足を止めた。


10ルピー=約17円


そのぐらいならラクしてもいいだろう、そう思った。


ま、10ルピーすら贅沢だったんじゃないかっていうぐらいソッコー着いたけど笑


ドライバーはアナコンダと言った。
よく喋るとっても人懐っこい男。


もしよかったら今日でも明日でも主要な観光地をリクシャでまわらないかって。


見どころが点在しているから徒歩はちょっとキツイらしい。
友達はチャリをレンタルして回ったってブログに書いてたから私もそうしようと思って断ったけど、
自転車で回るなんてなんてクレイジーなこと言ってんだ!?って言われてしまった。


とりあえず、もしリクシャで観光するなら宿のオーナー、
マースが携帯電話の番号を知ってるから彼に言って電話してと言って去って行った。

IMG_0739.jpg

ここが本日のお宿、カルヤンゲストハウス。
オーナーのマースさんの奥さんは日本人なんだって。

IMG_0737.jpg

バストイレ付きのキレイなお部屋で1室1泊300ルピー(約510円)
※オフシーズン料金


友達がいい人だよって言っていたオーナーのマースは、


今日お酒飲みたい??
飲むなら買ってくるけど??



と早速素敵な話をしてくれた。


到着早々いきなりこんな話をする人が私以外にもいた。
言われなかったら私が聞いてたからね笑


どうやらハンピではお酒が売っていないらしい。
ここから数キロ離れた町まで買いに行かなきゃなんだって。
だからバイクで買ってきてくれるって。


マジで話のわかるオーナー!
素敵!!



マースじゃなかったら飲みっぱぐれるところだったよ笑


ビール1本170ルピー(約289円)、内10ルピーは買って来るお駄賃。
ハンピはビールが高い。

だから私はビール2本とウイスキー小瓶170ルピー(約289円)をお願いした。


マースはマジで最高のホスピタリティで、途中部屋をノックしてきて何を言い出すかと思えば、
ビール何時に飲みたい?今すぐ?それとも午後?夜でもいいの??
それによって買いに行く時間が変わるからとか言ってくれちゃって。

わぉ、最高♪

でもこれから観光に出かけるつもりだし夜でいいよって言って私はまずランチに出かけた。

IMG_0742.jpg

ここも友達がオススメしていたお店。
元々はマースが友達にオススメしたレストランだけどw


パニールコフタっていうのがオススメってブログに書いていたけど、
今日はパニール(カッテージチーズみたいなの)がないからできないって言われてタリーを注文。

IMG_0743.jpg

タリー:80ルピー(約136円)
このボリュームでこの安さ!素晴らしい!

ハンピは物価が安い。
酒は高いが(ーー;)


IMG_0748_20160906230527407.jpg

ハンピはとっても小さな町だ。
ちょっと歩いたら町を一周って言うか、もう位置関係全部把握できますっていうぐらい。



まずはハンピのシンボル、ヴィルーパークシャ寺院へ。

IMG_0750_20160906230529e5f.jpg

ここはハンピ最古の寺院なんだって。
でも今も活動していて多くの巡礼者が訪れるらしい。

IMG_0752_201609062305319dd.jpg

入口の塔門は高さ50m。
精巧な造り。なんかかっこいい。

IMG_0759.jpg

門をくぐると大きな広場。
その奥に入るには入場料がかかる。


入場料:2ルピー(約3円)
靴預け:3ルピー(約5円)
※写真撮影をするなら別途撮影料を支払う必要がある



その後はMATHANGA HILLS(マタンガ・ヒル)というハンピが一望できるという山に登ってみることにした。


IMG_0765.jpg

なんかハンピってまわりに大きな岩がゴロゴロ転がってるの。
すごいロケーションって思う。

IMG_0769.jpg

GPSを見ながら入口を発見。
天気も悪いし人もいなさそうだったから音楽をかけて大声で歌いながら登り始めた。

IMG_0770.jpg

イヤホン、この前列車の中に忘れてきちゃったから。


IMG_0772.jpg

超登った。

IMG_0774.jpg

しまいに階段が岩に作られている笑



IMG_0775.jpg

IMG_0777.jpg

IMG_0778.jpg

どんより曇り空なのが残念だったけど、ここからの眺めはとってもよかった。
こんなところに町が存在している。


ハンピは日本人旅行者からもインド人からも超勧められた場所。
みんな口を揃えて"ハンピいいよ!"と言った。

ここで沈没(一カ所の町に長く滞在する)する旅人も多いらしい。
でもなんとなくわかる気がした。

自然に囲まれた小さな町でとってものんびりしていて気持ちがいい。
晴れたらもう1回登ってみようかな、そう思った。

帰りは強風で足場が少し怖かったけど。


1度宿に戻って休憩していた時、ふと思いついた。


そうだ、イヤホン買っておこう!


私移動中は寝てても寝てなくても常に音楽を聞いている。
なんだったら日中問題ないと判断した場所では歩きながらも音楽を聞いている。
これは客引き対策もあるけど笑


だからイヤホンないのはとっても困る。
移動が退屈だもん。


どこか売ってるところあるかな〜と思って歩いていたら、
再びアナコンダに会った。


あー!ゆき!どこ行くの!?
明日リクシャ乗るー??



乗らないよ


なんで??
じゃあ明日の早朝マタンガヒル行く?サンライズ見れるよ!
連れて行くよ!



え…いいよ。
あんまり天気も良さそうじゃないし、行くなら1人で行くし。



1人は危ないよ、真っ暗な中登るんだよ!


確かに。
さっき登ったけど手をついて登るような場所もあった。


でも1人も危ないけど、
アナコンダと2人っていうのもある意味危ないんじゃないかって思うからお断りをした。


わかったよ!
じゃあ気が変わって明日行きたくなったら電話して!
マースが電話番号知ってるからさ!



あ…そっか。
アナコンダはマースの友達だったんだ。



その瞬間無意識にガードを緩めたんだろう
そのままバイバイしようと思ったアナコンダを引き止めた。


この辺でイヤホン買える??


ハンピでは売ってるところはないよ。
ここから数キロ離れた町なら売ってるけど、あとで買いに行く??

そこに行く用があるからリクシャで乗せてくよ!



タダで??


もちろん!ちょうど用があるからいいよ!
19時にここで待ち合わせでいい??



夜か…
大丈夫かな…

でもこの人マースの友達だしな…


わかったよ、19時ね。
もし19時になっても来なかったら待たないで行っちゃっていいから。



夜アナコンダと隣町まで行っても大丈夫かどうかマースに聞いてみよう、
そう思って宿へ戻った。


まあマースの友達だって言うから大丈夫って言うだろう、念のため。
って思って聞いたらマースは行くなと言った。
なんで夜に行く必要がある??って。


え…アナコンダが隣町に行く用があるって言うから…


夜は危ないからダメだ。


え?だってアナコンダは友達なんでしょ?
アナコンダがマースが僕の電話番号知ってるからって言ってたよ?



知ってるけど…
知り合いっていうだけで…

みたいなニュアンスのことを言った。


あとで話すから。
そう言われて会話は終了した。


よかった。
19時になっても来なかったら行っていいって言っておいて。


後からマースが話してくれた。


ハンピでは誰も信用しちゃいけない。
ここは観光客が多い分、それを狙っている人も多い。



ここは危険な場所ってこと??


こんな誰もが知り合いだろうってぐらい小さな町。
他の町と比べてそんなに治安が悪いとは思えないし、今日1日過してみて特別そんな感じはしなかった。


安全なのはこの宿の敷地内だけだと思って。



マジで!?(゜◇゜)
そんなに!?




アナコンダね、
なんでイヤホン買いに連れて行ってくれるって言ったと思う??



セックスするために決まってるじゃん


え!?
マジで!?(((( ;°Д°))))



当たり前じゃん


え!?
なんで!?


くそー!!アイツー!!
ふざけやがって!!!!!




マースはハンピは危険な場所だと言った。
でもそれはハンピだけじゃない。


観光客が集まるところには観光客を狙う人がいる


これはどこでだって言えること。


でもインドでは女性は特に気をつけなければいけない、
私はそう思う。


ちょっと他の国とは違う。
当たり前だけど、誰々の友達だからなんてそんな言葉は信用しちゃいけない。

私はこうして何年も日本人が御用達にしている宿のオーナーの友達なら変なことはしないだろう、そう思ったけど、
実際はオーナーは彼のことを信用しちゃいけないと言った。


マースが言ったことが本当かどうかはわからないし、
もしかしたら宿泊客のことを想って大げさに言ってくれたのかもしれない。


でも旅中は危険がいっぱいなのだ。
自分の身は自分で守らなきゃいけない。


改めてそう思った1日。


あーあ。
そんなにセックスしたい??

インド、いやインドだけじゃないんだろうけど、
性欲を旅行者に向けるのはマジでやめてほしいよー。


明日もハンピ観光!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

何回騙されても学ばないんですね
40過ぎてその感覚は本当にヤバいですよ

星さん

星さん!!!!!
細かいですが!!!!!私40過ぎてないです!!!!!
37歳なんですよーーーーーー(ToT)
どっちでもいいですかね?笑

こんな私でも失敗から少しずつ学んでいるからアナコンダにお願いする前にオーナーに聞いたんですよ!
成長しない人間はいませんよー(^^;)

ほぼ初対面、しかもそれでお金を稼いでる人がタダで客になり得る人を乗せるなんてないですよ。
私も縁あってよくインドに行きますがやっぱり騙されてる人ってそれなりの隙があるんだなって申し訳ないけど思ってしまいました。
それなのに、なんでインドってなるのが不思議でした。騙されてる方が悪く見えちゃいます。
損得勘定なしに親切にしてくれる人なんて本当にほんの一握りです。
これからインドに行く皆さんの為にももう少し考え方引き締めて下さいね。

名無しさん

コメントありがとうございます☆

もちろんわかっていますよ!
だから友達だという宿のオーナーに確認したのです(^^;)

騙される方にも原因があるのは確かです、私もそう思います。
騙される方"も"悪い、よく言いますがそれもそうです。でも騙される方"が"悪いとは思いません。

でも、とにかく私も十分に注意をして生活をしていこうと思います☆
ありがとうございました!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。