↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド最高の大金持ちの家。

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周を終えて日本に帰国しています!

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪そんな人のブログです(‘∀’●)



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年07月17日】
マイソール→チェンナイ

IMG_1086.jpg


今日の予定は1つだけだから、
宿でまったりチェックアウトの準備をする。

あ、1つと言っても私はそこに行くためにマイソールへ来たから、
今日はメインの観光日なわけだけど★


まあまあ、それはいいとして。
夜行バスの中で食べるお菓子でも買いに行こうかな〜なんてスーパーへ寄った帰りに気になるお店を発見。


IMG_1078.jpg

いい感じのレストラン。

私の経験上、実はこういうお店の方が安くて美味しい。
地元の人が食べるリアルなインド飯。


でも入りづらい…
どうしよう…


中にはどう見ても地元のおじちゃんが数名。
覗き込んでいるだけで浴びる視線。


でもいい店の予感がした。

だから意を決して潜入。
英語メニューがあるか尋ねるも、もちろんあるわけがない。

IMG_1075_201609130638495d2.jpg

そこに書いてるのだけだよーって言われて、みんなが食べているタリーを無難に注文。


IMG_1076.jpg

皆さんももう見慣れたでしょう。
タリーはだいたい見た目どこもこんなん。

が、これは普通のタリーじゃない。

激ウマタリー!!!!!

タリーってだいたい量が多いから出てきたのをそのまま食べて終了ってことが多いけど、
カレーをおかわりしたもんね!!

そしてお会計の時にビックリ。
なんと50ルピー(約85円)!!


え!?って聞き返しちゃった。
タリーはだいたいのものが食べ放題なんだよ、言えばどんどん追加してくれるスタイル。

が、わずか50ルピー!!


昨日の超激混み人気店のタリーは120ルピー。
倍以上の値段で味普通、ここのタリーは激ウマ。


私ナイス!!!!!


昨日の人気店は観光客向けの人気店だな。
私穴場のいい店見つけたもんね〜♪
今日はラッキーディ!


そのあと私はいよいよお目当ての場所へ。


わ、なんか人がいっぱいいる。

IMG_1091.jpg

チケット売り場はズラリ。
今日は日曜日だから混んでるんだー。

IMG_1092.jpg

入場料はもちろんインド人と観光客では違う。
インド人:40ルピー(約68円)
外国人:200ルピー(約340円)


目的地はコチラ↓

IMG_1095.jpg

マイソール宮殿!!


素敵ー♡

なんかね、ここはインドで1、2と言われた藩王の宮殿なんだって!
とあるガイドブックには、

インド最高のお金持ちの家はざっとこんなもの


なんて書かれている笑


インドのお金持ちってすごーい!!!!!


早速宮殿の中へ。

宮殿内は裸足だから入口で靴を預ける。
激混みで誰も順番なんて守らないし、気合いで遠慮という言葉を飲み込んでグイグイ預ける。


そして宮殿内は残念ながら撮影禁止。
でもここには日本語のオーディオガイドがあるって聞いていたから楽しみにしていた。

だっていつもこういうところに来ても何にもわからないから素通りばっかでつまんないなって思うこともあるから。


音声ガイドは無料で借りることができる。

IMG_1104_20160913063940d86.jpg

やばい…


窓口にはこう書かれていた。


パスポートを見せるか、
2000インドルピーか40ドルか40ポンドか40ユーロを預けなさい。



私パスポートってコピーしか持ってきてないけど…
しかもお金なんて全然持ってないけど…


いつもそんな重要なものは持ち歩かない。
パスポートなんてコピー持っていれば十分だし、現金も必要な分だけあればいい。


でもパスポートのコピーを見せたらソッコー却下された。
お金も全然持っていないというと、
若干笑われながらケータイと今持ってる全財産を預けていけばいいと言ってもらえてなんとか借りることができた。


よかった。
宿まで取りに戻るのはダル過ぎる。

持ってるお金が預けなきゃいけない2000ルピーにはほど遠く、
300ルピーぐらいで超恥ずかしかったけど笑


中は音声ガイドに従って…というか、人の並みに従って歩いて行く。
途中ガイドの番号が飛んでいたり、その番号を押しているのに見ているものと説明の内容が多分違うだろうなっていうところがいくつもあった。


せっかくなのにー!!
さすがインド!!笑


でもいつもよりも宮殿内のものについて知ることができて嬉しかった。

そして宮殿内はそれはそれはとっても豪華で素敵だった。
写真撮りたかったなー。


ここはもうみんなには行ってもらうしかない!


でもマイソール宮殿の見どころは昼じゃない。
なんと毎週日曜日だけ宮殿がライトアップされるのでーす♪


そしてもちろん今日は…


日曜日〜♪


私こういうの知らずにのがすタイプだけど、
なんとラッキーなことに週末ぐらいにマイソールって予定を偶然にも組んでいて(*°∀°)=3


ライトアップは19時から。
私の夜行バスは20時半発。


ギリ行ける!!
ライトアップを見て写真をちょっと撮ったらダッシュで宿に戻って荷物を取ってすぐバスターミナルへ。
余裕!!


でも正面入口じゃなく、
宿から近い東側の門のところから見よう、そう思っていた。

北側の正面入口からしか中には入れないけど、そこが宿から歩くにはまあまあ遠かったから。


IMG_1110_20160913063942d34.jpg

おおーいい雰囲気!
やっぱり夜の方が素敵ー♡

そのときパッと電気がついた。

IMG_1111.jpg

わ!まだライトアップされてなかったんだ!!
すごーい!ディズニーランドみたい!



IMG_1113.jpg

門の奥に昼間見たマイソール宮殿がある。


それを見た瞬間私は迷わず正面入口へ向かって歩き始めた。


ダメだ、キレイ過ぎる。
こんなところから遠巻きに見て写真撮ってバイバイはない。

IMG_1120_20160913064025cd3.jpg

やばい、この宮殿。
本当に綺麗。


どんだけの金持ち??


今30代ぐらいでなかなかのイケメンなのにまだ未婚ですっていうここの家の子供いないかな〜笑


結婚希望(*°∀°)=3


マジで本当に綺麗なんだもん。


IMG_1124.jpg

来てよかった。
日曜日でよかった。
正面入口からちゃんと中に入ってよかった。


皆様、マイソール宮殿は日曜日に来るべきですよ!!!!!


そして私はダッシュでバスターミナルへ。


IMG_1127.jpg

間に合った…笑


明日起きたらインド最後の町!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。