↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖と怒りと情けなさと。

こんにちは☆

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪

そして潔癖&虫嫌いでヘタレな私が最終的に選んだ住まいはインド笑
そんな変な人のブログです(‘∀’●)

インドへお越しの際はご一報を♪



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年07月23日】
ヌワラエリア

IMG_1430_20161001175606d54.jpg


ホートン・プレインズ国立公園から帰ってきた私は、
今日はのんびり過ごそうと部屋でまったりしていた。


トントントン


ノックの音。


ドアを開けると宿の人が、
この部屋は予約が入っているから今から部屋を移動して欲しいと言う。


それはいいけど…この部屋と同じ値段??


私はこの宿をオンラインで予約してきたけど、2泊目は満室ってなってて予約できなくて、
昨日ここに来た時に2泊したいけど無理?って聞いて、大丈夫だよって言ってもらえた経緯があった。
だから部屋移動は仕方ない。


いやいや!この部屋より広くて新たらしくて、
しかもこの部屋より安くするから!!



え?なんで??(゜◇゜)


よくよく話を聞くと、
この宿ではなくてここから3分ぐらいのところにある別棟に移動しなければいけないらしい。


え…嫌だ。
だってここが気に入ってたのに。


とりあえずその別棟とやらを見せてもらうことにした。

IMG_1413_20161001175324d19.jpg

そこはこんな一軒家。
近いと言えば近いけど、急な坂道を上って徒歩5分っていう距離。

中は言われた通り超広くて綺麗だった。
でもリビングとお部屋が2つあるだけでそこには誰もいない。


つまり、私がたった1人でこの家に宿泊するということだ。


え…普通に怖い。
家広いし、私1人だし。


昨日の夜だって停電になって、1人で怖いからすぐにリビングに出て電気がつくまでロウソクの灯りの中みんなで過したぐらいなのに!!


でも宿の兄ちゃんは、寝るときだけここに帰ってくればいいよ。
それまでずっとあっちの家にいればいいし、TV見たり夜ごはんを食べたり、
全部全部向こうの家にいていいんだから大丈夫だよ!

と言う。


それでも嫌だよ、
そう思ったけどいつまでもダダをこねても仕方ない。


Wi-Fiのルーターを置いてくれること、そして停電になったらすぐに私のところに来てくれること、
私は電話がかけられないから絶対に絶対にすぐに家を出て私のところに来るように何度も何度も約束してもらって私は部屋を移動することになった。


IMG_1407_20161001175320ee8.jpg

荷物を運んでくれる親切な宿の人たち。


IMG_1409_20161001175357b18.jpg

リビング。


IMG_1410_20161001175409dd7.jpg

そしてゆきんこ部屋。

IMG_1411_20161001175422163.jpg

バス&トイレ。



ね?キレイでしょ??


キレイでいいんだけど、シーンとした一軒家。
まあまあ怖い。


今はまだいいけど、夜が嫌だなー。
戸締まりしっかりしなきゃ。

平和そうな町だけど、なにがあるかわかんないもんね!!


そしてその"なに"がこのあと私の身に起こることを私はまだ知らない。



さて、部屋移動も終わったし。
下界へ降りてみよう!


ヌワラエリアは山間にある町だからね、坂道坂道で、
宿は坂をかなり上がったところに位置しているから、町までは下山!

IMG_1414_201610011754366bc.jpg

宿から町へ出る近道はこんな道。
手ぶらは別に楽チンだけど、昨日はコロコロ抱えてここ通ったから超辛かった(^^;)


IMG_1417.jpg

ヌワラエリアの町はとっても小さな町。

IMG_1421_20161001175504c3f.jpg

バスステーションもこんな感じだし。


まあなにもない。



IMG_1425_2016100117555144d.jpg

町の唯一の見どころ?でもないか。
赤い郵便局。


IMG_1422.jpg

この建物がキレイでみんな写真を撮りにきてる感じだったよ。


IMG_1431.jpg

そのあとマーケットをぶらついたり、


IMG_1435_20161001175653def.jpg

つまみ食いをしたり、


IMG_1433.jpg

偶然にも酒屋を発見して、ここにもスリランカビールはなくてショックだったけど、
冷蔵庫ないしあとで買いにくると約束して店を出て、


町歩き、終了。
沈。


ヌワラエリアは涼しくて過しやすいし、のんびりとしていて宿もすごくよかったから、
明日元いた宿の方が空いていて戻れそうなら延泊しようかな〜なんてちょっと思っていたけど、
やっぱり明日出ることにした。

私はなにもないところでのんびりっていうのがどうしても苦手なタイプだ。


そして夕方事件は起きた。



私は一度宿に戻って一人暮らしを満喫☆

そして夕方暗くなる前にまた下界に行って夜ごはんをテイクアウトしてビールを買って、
部屋で1人映画でも見ながら晩酌をしよう♪と思っていた。


そろそろ行っとくか。
17時半ぐらいに宿を出た。


そしてまたいつもの通り下界への近道、細い道を下っていく。
その前方に男の人が1人歩いているのが見えた。

その人までは結構距離があったけど、
私が早歩きをしていたからか公道に出て少ししたところで彼に追いついた。


このペースだと私がこのまま追い越すだろうけど、
それほど速度に差があるわけじゃないから少しの間並んで歩くような感じになる。


彼は道路の右端を、私は道路の左端を歩いていた。


追い越す時にどちらからともなくハローと声を掛け合った。
ただの何気ない挨拶。


彼はまだ10代後半ぐらいに見えた。
スリランカの人は大人も子供もフレンドリーだ。


そのあと続けて彼がどこに行くの?と聞いてきた。


レストランだよ。


一緒に行っていい??


なんで??
私テイクアウトするだけだから。



散々話したあとに、ところで僕も一緒に行っていいかな?とかいう誘いならいくらでもある。
コイツ二言目でそれ言いやがったなと思って、
よく見たら風貌もちょっと気持ち悪いなと思って瞬間的に警戒モードになった。


なんか嫌だ、この人。


私はそのまま早歩きを続けた。
早く下界に出たい。


そいつも私と歩くスピードを合わせてきて、そのまま話し続ける。


テイクアウトしてどこで食べるの?


宿。


ここ人気もないし、
無視するのも怖くてテキトーにやり過ごそうと思った。


一緒に寝ていい??




は!?なにコイツ!!
マジで気持ち悪っ!!!!!




私は超イラッとして、そしてマジで怖いと思った。
だって今この道路にコイツと私しかいない。

誰も歩いてないんだもん!!


IMG_1438.jpg

ちょうどこんな感じの道。
建物もまばらで、道路より少し奥まったところにあるタイプが多く、
すぐに助けが呼べる感じでもない。


私はさらに早歩きで歩いた。


マズイ。
コイツ絶対おかしい。



やだ。



やだ。



やだ。



私の警戒心や恐怖心は伝わっているはずだ。


ソイツはニヤニヤニヤニヤしながら、


I like you.
I fuck you.



と言って笑った。


なにコイツ、韻踏んでるの??
バカじゃんヽ( ̄д ̄;)ノ






って、やばいじゃーーーん!!


fuck youって、そういう意味でしょー!?




うわー!うわー!うわー!
助けてーーーーー!!




どうしよう!
どうしよう!
マジであっち行ってーーー!!!!!




という私の心の叫びは届かず、
右端を歩いていたソイツは私が歩いている左側に徐々にやってきて、
私が駆け出そうとするより一瞬早く私の大事な大事なおっぱいを触って走って逃げた。



!!!!!!!!!!



てめーなにやってんだよ!!!!!
触ってんじゃねーよ!!!!!!



私は逃げていくソイツに向かって大声で言った。


怖いと思ってたけど、
ヘラヘラしたクソガキにそんなことされた悔しさでブチ切れた。


このままなめられたままでたまるか!!


恐怖心より怒りが勝った。


今までなんだかんだでセクハラにあっても、恐怖心から泣き寝入りをしてきた。
多くの女性がそうだと思う。

逆上されてもっとひどいことをされるのが怖いし、
おっぱいやお尻を触られたぐらいどうってことないって言い聞かせる。
すごくすごく悔しいけど。

力じゃ到底叶わない女子の立場をわかっていて、
こちらの恐怖心もわかっていてそうするクソヤロウはマジで消えてしまえばいいのに。



私は逃げていくソイツを追いかけた。


もう少しで下界だから、頑張って追いかけて大声でソイツ捕まえてー!!って叫べば誰かが捕まえてくれるかもしれない。
捕まえてくれなくてもお店もあるし人も歩いているだろうからそこからは私は安全だ。
追いかけながら瞬間的にそんなことを考えていた。


おい!!
クソヤロウー!!



とかなんとかそんな暴言を吐いた瞬間、
走って逃げていたソイツが立ち止まって、後ろを振り返り、



追いかけてきたー!!!!!



やばい!!!!!



いやーーーーーー!!!!!
助けてーーーーー!!!!!




私はすぐ近くにある宿の敷地に入って助けを呼ぼうとした。
走って走って敷地の手前で振り返るともうヤツの姿はそこにはなかった。



クソ!脅しだな!!
逃がすかバカヤロウ!!!!!

女をなめると痛い目に遭うってこと思い知らせてやる!!



正義感?プライド?なんなのかわかんないけど、相手がガキだったってのもあるんだろうと思う。
ちゃんと反省させて二度とこんななめたことしないように釘を刺してやるんだって思った。


私は走って駆け上がった道をまた走って下りた。
ヤツはもう逃げてしまったかもしれない。

でもクソ派手な黄色のパーカーの後ろ姿は捉えられるかもしれない、
そう思って小走りで道を下った。



!!!!!!!!!!!!!!!



カーブを曲がったそこにヤツがいた。



で、



ズボンをおろして、



出していた。




うわー!うわー!うわー!!!!!



アイツ待ちかまえてたんだ!!
もう嫌だ!もう嫌だ!もう嫌だー!!!!!


怖い!怖い!怖い!!!!!


なんなんだアイツ!!なんでアイツのモノなんて見なきゃいけないんだ!!
くそー!くそー!くそー!



怒りと恐怖でパニクった。
しばらく逃げて坂を駆け上がって、人がいそうな建物の入口で立ち尽くしていた。


怖い。悔しい。ムカつく。怖い。怖い。


そのとき下界から歩いてくるヨーロピアン老夫婦が目に入った。
私はすぐに駆け寄ってその人たちに助けを求めた。


テンパって、全然英語が出てこなくて、ちゃんと説明しなきゃなのに、
ヘルプミーしか連呼できない私の背中をお母さんがずっとさすってくれた。


少しして事情を話すと、どうしたい?って聞いてくれて、
下界に行きたいけどソイツがいるかもしれないから怖くて行けないって言うと、
下界まで一緒についてきてくれた。

次第に雨も降ってきて、彼らはせっかくここまで上ってきたのに、一緒に行こうって言ってくれた。
そして彼らもすれ違ったであろうクソガキについても下界の何軒かのお店に聞いてくれた。


結局ヤツは見つからなかったけど、
私はどこかでヤツが見ていて、私が1人になった瞬間に姿を現すんじゃないかって怖くて仕方なかった。

でもいつまでもご夫婦に一緒にいてもらうわけにもいかないから、
もう大丈夫!ありがとう!!と言ってお別れをした。


私はもちろんお酒なんて買う気にもなれず、ごはんだけテイクアウトをして宿に戻ることにした。


けど、
戻るのってあの一軒家…


怖い!!!!!


ヤツを最初に見かけたのは宿のすぐ近くから続く下界への近道。
ということはヤツも上界に住む人なのかもしれない。

どうしよう、宿の近くにいるやつだったら。
どうしよう、なにかの拍子に家に入る瞬間を見られたら。


今日はあの一軒家に1人で寝なきゃいけない。


よりによって今日?
一軒家に1人ってシチュエーションってそうないと思うけど、このタイミング!?



私は1人で家に帰るのが怖かった。
とりあえず近道を使わず、公道を歩くファミリーの後ろをぴったりと歩いて一軒家ではなく宿まではなんとか戻った。


そして宿の人に事情を説明して、
1人で家に帰るのが怖いからついてきてほしいとお願いした。


宿の人はつたない私の説明を根気よく聞いてくれて、
そして温かいスープを出してくれた。

IMG_1439.jpg

心も体も温まるスープだった。


しばらく宿のリビングで過して、お兄さんに私の家まで送ってもらった。
お兄さんは私が家に入るまで見送ってくれた。


シーンとした家。
ただでさえ怖いと思っていたのに、さらに怖くなってしまった。


あのクソヤロウのせいで。


その出来事を何度も思い返した。


超ムカつくけど超怖くて、
結局なにもできなくてソイツのいいようにだけなってしまったことが悔しくて情けなくて。

でも。

泣き寝入りするもんか!!って立ち向かうには、あの状況は危険すぎたなという冷静な反省もある。

悔しいけど力の差は歴然で。
もっとひどいことになっていたかもしれないと思うと、あの時の行動は間違っていたかもしれない。


でもさ、悔しいじゃん。
完全になめられてるんだよ。


無茶な正義感ふりかざして戦っても痛い目見るだけだって、
そう言われたらそうだけど、そんなやつ構わず触りたいヤツは触らせとけばいいなんて割り切れるわけもなく。


あーモヤモヤする!!
てゆーかアイツがマジで痛い目見とけ!!



怒りと恐怖心を消すために私はひたすらアメトーークを見ながら眠りについたのでした。。。


明日は次の町へ移動!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

無事で何より

無事で良かったなあ、おなごの旅は大変やね。次もご無事で(^_^)

ありがとうございます☆

morimasaさん

ありがとうございます(ToT)

セクハラされた時と青空トイレをしなければいけない時に、男に生まれていたら…って思います(^^;)
ありがとうございます!これからも十分に気をつけます!!

あらー

だからスリランカはセクハラがひどかったって言ってたんですね!
一軒家に一人の時に限ってそれは怖すぎますね( ノД`)

次見せられることが会ったら〝ちっさ!!”って叫んでやりましょw

まー

myuちゃん

そうなんだよー。
他の人からも痴漢に遭ったっていう話何人か聞いたから私的にはスリランカはセクハラ大国!!
"ちっさ!!"って言えるぐらいの余裕があればいいんだけどね笑

あー悔しい!!!!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。