↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の父親を殺して岩山の頂上に王宮を築いた男。

こんにちは☆

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪

そして潔癖&虫嫌いでヘタレな私が最終的に選んだ住まいはインド笑
そんな変な人のブログです(‘∀’●)

インドへお越しの際はご一報を♪



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年07月30日】
シギリヤ

IMG_1777_20161009012952fb4.jpg


蜂怖いし今日は朝イチでシギリヤロックに行って、
昼ぐらいには次の目的地に向けて出発するんだー♪





実行できず。



予想通りの二日酔い。
全然起きれず。


気合いで起きた頃にはもう朝イチなんて時間はとっくに過ぎていて。
もういっかと思ってのん気に宿で朝食を。

IMG_1743.jpg

宿からは小さくだけどシギリヤロックが見える。
緑の中にそびえ立つ岩山を眺めながらの朝。


なんて爽やか…


なはずなのに。
酒残ってるーーー(ーー;)


しばらくして体の中からお酒を追いやり、いよいよシギリヤロックへ行くことにした。


昨日の彼が迎えに来てくれてトゥクトゥクでシギリヤロックまで送ってくれた。

ちなみに彼はトゥクトゥクドライバーではなく宿の経営者だった笑
私の泊まっている宿のすぐ近くで家族経営しているみたい。


彼は私を送り届けると、蜂が近づいてきても絶対に騒がないこと。
静かにしていれば攻撃されないからね、と何度も言った。


蜂が近づいてきて騒がない??


まったく自信なしヽ( ̄д ̄;)ノ


まあいい。そばにいる人が助けてくれるだろう。
どうかどうか蜂様の攻撃対象になりませんように…


IMG_1744.jpg

入口で入場券を購入。
シギリヤロックの入場料はまあまあ高い。


物価からすると、だけど。
ここは世界遺産だし、こういうのの入場料ってどこの国でも高い。


シギリヤロックの入場料は30ドル。
スリランカルピーだったら4000いくらかルピーだったはず。

仮に4000ルピーとしても約3泊分だからね、やっぱりかなり高いよね。


私は昨日宿のオーナーにドル払いが可能か確認していた。
スリランカルピーの持ち金が少なかったから。

確か100ドル札しかなかったはずだなと思って、おつりがドルでもらえるかも確認していた。
どうやらドルでもらえるらしいから私はドル払いにしようと思っていた。


実はここに来る前に宿の部屋で私は衝撃の事実を知った。



ドルが盗まれている…



ない!!



ない!!



ないーーーーーーー!!!!!




出発前に100ドル札を持っていきましょう♪と思ってドル財布を開けたら、
そこに入れていた100ドル札がすべて消えていた。

ドルは普段は使わないから別の財布に入れてポーチの中に保管している。
滅多に開けることなんてないけど、予備のクレジットカードと一緒に入れていて最近航空券を買うのに使ってその財布の中に入っている100ドル札を見た気がする。

この前にいたキャンディという町で。


え?


え?


マジで??



キャンディ??
それともここ??


てゆーかそもそもいくらあった??


私はソッコーボム蔵さんに連絡をした。
タイまで一緒にいて互いにドルで支払いをしたり立て替えたお金を清算したりしていたからボム蔵さんならわかるかもしれない。


私は正直自分がいくら持ってるとか全然把握していないタイプで、
日本でもうっかり財布を忘れるとか財布にお金が入ってなかったとかあるぐらいで。

まして日頃から使うわけじゃないドルなんていくらあったかなんて正確にはわからない。

100ドル札が1枚じゃなかったことはわかる。
5枚もなかったこともわかる。2枚?3枚??4枚!?


ボム蔵さんは300ドルは持ってたんちゃうか?と言った。


いつなくなったん!?


なんて聞かれてもわかんない。
キャンディで航空券を買う時に見た気はしているけど100%見たと言えるほどの記憶でもない。


他のものがなくなってないか確認したんか!?


あー確かに。
してない笑

財布の中にジップロックに入れて入れておいた100ドル札推定3枚、
同じ財布に予備のクレジットカード、デビッドカードを一緒に入れていたけどカード類は盗まれてはいなかった。


300ドルか…
3万円か…


痛いな。


でも仕方ないなと思った。
ずさんな管理をしていた罰が最後の最後にきただけだ。


慎重派なボムからしたらなんでコイツなにも盗まれてないん??
って不思議に思うぐらいの管理の仕方。


ボムは自分がいくら持っているかちゃんと知ってるし、カギをかけ忘れないし、むしろ自分がいない間に誰かが荷物に触れていたらわかるように南京錠を何番で閉めているかも把握しているぐらいだもん。


私も私なりに気をつけてはいるけど、
カギかけ忘れてたとか、ちょっと席を外すぐらいだったらバック置きっぱにしたりとか、そういうことしちゃうから。


勉強代やな。


あい(ToT)


でも不思議。
いつどこで盗られたんだろ?



なぜか盗られていなかった20ドル札でお支払いをして無事入場券を購入。


さて、気を取り直して行きましょーう♪


IMG_1748.jpg

スリランカで1番来たかったシギリヤロック。
遠くから見ているだけでも格好よかったもん!


私旅をしてから気づいたけど、どうやら岩好きっぽい。
なんかね、強くて美しくてすごく格好よくて、惚れ惚れする。

IMG_1764.jpg

ホラ、やっぱりカッコイイ♡


そんなシギリヤロックには衝撃の歴史がある。


この岩山の頂上に王宮を建てて住んだ王がいるらしい。

なんでも、
父親を殺して無理矢理王の座を奪って、
そのことで弟に復讐されるのを恐れてこんなところに築いたらしい。

ざっくり書いたけど、
この兄弟は腹違いで兄は自分より血筋のいい弟に王位を奪われるのを恐れて父親を監禁したとか、
結局王宮を築いた11年後には弟の復讐にやられて自ら命を絶ったとか、なんか色々複雑な事情がある。


自分の父親を殺してしまった罪悪感とか後悔とかあったのかな。
望み通り王の座について王宮も築いたけど、11年間ずーっと弟の復讐に怯える日々だったのかな。

こんなところにぽつんと王宮が建っていて、そこにいた王は幸せだったとは思えない。


ただの岩山と思って見れば、カッコイイ!って思うけど、
歴史を知るとまた違った目でこの場所を見ることができる。


IMG_1765.jpg

早速王宮があったという頂上を目指す。


IMG_1766.jpg

こんなところによく階段なんか造ったもんだ。
それにしても、岩カッコイイ(*°∀°)=3


IMG_1768.jpg

IMG_1769_20161009012842351.jpg

みんなに続いて私もどんどん上を目指す。


IMG_1770.jpg

しばらく上るとこんな景色。
シギリヤはシギリヤロック、観光客のための宿泊施設、レストラン、ちょっとしたお土産屋さん、そんなぐらいしかないんじゃないかな。


こんなになーんにもないところに大きな大きな岩山がそびえ立ち、
こんなになーんにもないところに王宮を建てた王。


私が王なら、
寂しいからもう少しガヤガヤしたところに建てたいな。


IMG_1773.jpg

IMG_1771_20161009012952c34.jpg

すごいところ上っていくでしょ?



ここが最後の階段。

IMG_1803.jpg

"ライオンの入口"というところ。
今は前足しか残っていないけど、以前は足や頭部もあってライオンが大きな口を開けて座っているカタチになっていたんじゃないかって言われているらしい。


ぽいな。


IMG_1800.jpg

ここ、高所恐怖症の人だったら怖いんじゃないかなー。
私も何気に手すりをつかみながら上ったし(^^;)


そしていよいよ頂上。

IMG_1792_201610090131099ea.jpg

IMG_1798.jpg

ここに王宮があったんだ…


ここだけ歩いていると王宮があったなんて全然思えないし、
ここが岩山の頂上だということも忘れてしまうぐらい。


1人でぼーっと座っていると、可愛らしい女の子が声をかけてきた。


Where are you from?


しっかりとした英語で。


日本だよー
どこから来たの??


キャンディ!!


ここまで来る間に制服姿の子たちを何度も見かけたからきっと修学旅行か遠足なんだろうなって思っていたけど、
どうやら私が昨日までいたキャンディという町から遠足でやってきた子たちのよう。


1人が話しかけたのをきっかけに他の子たちもわーっと私の回りにやってきて、次々と声をかけてくる。


What's your name?


YUKIだよー

と答えるとみんな口々にYUKI!YUKI!と言ってくれてかわいいー♡

IMG_1786_20161009012953dac.jpg

外国人に興味津々で、英語を話してコミュニケーションが取れるということを楽しんでいるようだった。


IMG_1788.jpg

IMG_1787.jpg

人懐っこくてキラキラしてて素敵な子たちとの出会いにお姉さん嬉しくなっちゃったな(*´▽`*)


そんなこんなでシギリヤロックを大いに満喫した私は帰路へ。


下界でランチ☆

IMG_1807.jpg

スイカジュースとインドで買った最強に音が悪いイヤホン笑
日本製ってホントなんでもすごいなと実感したよ。


そしてライス&カリー。

IMG_1809_20161009013146c7c.jpg

ここのはごはんと具材が別々バージョン。
なかなか美味しかったけど、おじさんのカレーが勝ちかなー。


IMG_1812.jpg

よく考えたら蜂のことなんてすっかり忘れてたな(*°∀°)=3
大満足のシギリヤロック☆



今日はこのあとまた冒険に行くけど続きはまた明日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。