↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディガード付きサンセット。

こんにちは☆

2013年11月7日〜2016年8月5日まで、2年9ヶ月889日間世界一周の旅をしていました☆
訪れた国は63か国、訪れた町は350か所以上♪

そして潔癖&虫嫌いでヘタレな私が最終的に選んだ住まいはインド笑
そんな変な人のブログです(‘∀’●)

インドへお越しの際はご一報を♪



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④→インド→ネパール→インド②→スリランカ→日本帰国(GOAL)


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年07月30日】
シギリヤ

IMG_1841.jpg


シギリヤロックをあとに、宿までの帰り道。

IMG_1814.jpg

とってもとっても田舎道。

IMG_1819_20161009160001bf9.jpg

とってもとってもとっても。

シギリヤはこんなところ。
とってものどかなところ。



私は今日の移動を諦めた。
二日酔いで寝坊した瞬間もう無理って思って諦めたけど。


でも延泊した分、
サンセットがとてもキレイだと言うPidurangalaというところに登ってみることにした。


IMG_1721.jpg

多分昨日見たここの左側のところだと思う。
右側はシギリヤロックね。


サンセットを見る=帰り道は暗くなる


見れる場所が例えば宿からとかなら別にいい。

でも人がたくさんいるビーチとか、
なんか例え日が沈んでもソッコー帰ればまだ真っ暗になる前に宿に戻れます的な場所ならいい。


でもこのPidurangalaは登るのに30分ぐらいって言われて、
ってことは降りるのにも15〜20分ぐらいかかるでしょ?

そもそも人気がないことが想像できるし。
そこからトゥクトゥクつかまえて宿まで戻る頃には真っ暗…


なんて心配はない。私には心強い悪友がいる。
彼が連れて行ってくれる約束だった。


だった。


が、彼は宿のダブルブッキングだかなんだかでトラブルがあって行けなくなってしまった。


トゥクトゥクで入口まで送るから、帰りは自分でトゥクトゥク捕まえて帰れる??


今までの私だったら、OK!OK!全然大丈夫!って答えていた気がする。
少し怖いなって思うけどダッシュで下ってダッシュで帰ればなんとか大丈夫かなって。


でも今の私は違う。
あの痴漢ヤロウのせいで昼間でも人気のないところを1人で歩くことに抵抗を感じるのに、
夕方から山を登って、1人で下ってってできる自信がなかった。


急にインドのハンピでビュースポットに行こうとして変な男がずーっとついてきて、
なんか怖いなと思ってそこへ行かず途中で戻ったこととかも思い出した。


シギリヤロックみたいにもう列ができるぐらい人がいます的な感じだったら全然いい。
でもサンセットを見にのぼる人がそれほどいるとは思えなかった。


彼が提示してくれたのは3つ。

①行きは彼が送ってくれて、1人で登って帰りは自分でトゥクトゥクをつかまえて帰ってくる
②往復トゥクトゥク手配、登るのは1人、でもドライバーさんは入口で待っていてくれる。
③送り迎え&サンセットポイントまでも一緒に登ってくれる人を手配


もちろん費用はそれぞれ異なる。
③は完全な個人ガイドを雇うっていうことだからそれなりの費用がかかる。

本当は③を選びたいけど、私は知らない人と一緒に登ることも躊躇していた。
だって来るのは絶対男の人だし。


彼に1人で登るのも怖いし、知らない人と登るのも嫌だから一緒に来てよ!と無理を言った。


約束したじゃん!!って。


普段絶対こんなこと言わないのに。
あの痴漢クソヤロウのせいで性格変わっちまったじゃんか!!


そういう私に彼は自分の知り合いに連絡して連れて行ってくれるように頼むから安心してと言ってくれた。
信頼できるヤツだから大丈夫だからって。


ありがとう、本当に。


この時は彼に迷惑かけちゃったなとか、ビビり過ぎかなとか、大げさ過ぎかなって思ったけど、
私はこのあとワガママを言って同行者をお願いしてよかったと心から思った。


彼の知り合いは約束通り夕方宿までトゥクトゥクで迎えにきてくれた。


そして入口で入場料500ルピー(約400円)を支払い頂上を目指す。


ちょっと時間が遅れたのか通常30分かかる道のりを20分で登るからね!と言われて登り始めた。


オッケー!オッケー!
体力には自信アリ!!


IMG_1821_20161009160011daa.jpg

はぁはぁはぁ、マジしんど…


この体力の差、歳?身体能力?基礎体力?
少しも息を乱さない相棒。


いくつ?と聞くと35歳と言われてビックリした。
どう見ても25歳ぐらいにしか見えない。


インド人は歳より老けて見えるけど、
スリランカ人は全体的に若く見える印象。


ってことはこの体力の差は歳のせいではないってことだ(^^;)

IMG_1823.jpg

登り始めてすぐ、他に登っている人が全然いないことに気がついて、
1人で来ていたらと思うとゾッとした。


ムリムリヽ( ̄д ̄;)ノ


後半は手を借りなきゃ登れないようなところもあるなかなかアクロバティックなところだった。
ビーサンじゃない方がよかったかもと思った。


IMG_1825.jpg

途中大仏様が寝ていた。
ベスポジw


IMG_1827.jpg

急いだ甲斐があってか無事サンセットに間に合った。


IMG_1831.jpg

ここから見たシギリヤロック。
やっぱりなんかすごいな。


IMG_1843.jpg

じっと座って日が沈む瞬間に立ち会う。
私はこの時間もすごく好きだ。


相棒はやたら話しかけてくるわけでもなく、
少し離れたところでタバコを吸ったりして心地いい距離を保ってくれる人ですごくよかった。


来れてよかった。
彼と相棒に感謝。


だって、帰り道超怖かったもん!!


頂上には多分20人ぐらいの人がいたけど、それぞれのペースがあるし帰り道は結局バラバラになって、
完全に私と相棒だけで下っている感じになった。

地平線に厚い雲があったから完全に沈みきる前に下り始めたけどそれでもどんどん薄暗くなってきて、
1人だったらマジで心臓バクバクだっただろうなと思ってさらにゾッとした。


そしてトゥクトゥクに乗って宿に向かう頃にはもう真っ暗。


こんな風に1人でどこかに行くのが怖いから、なんて個人ガイドを頼むみたいなことを今までした記憶がないけど、
今回は相棒が一緒で本当によかったと思った。


感謝(*´▽`*)



夜は宿のオーナーが美味しいスリランカカレーを食べさせてくれることになっている。

私がまた美味しいスリランカカレーに出会えていないと言ったからだ。
この宿はキッチンがあって朝だけじゃなく昼夜の食事提供もしている。
だからここで作ってくれるみたい。


今日はなにを飲む??とか聞いてくるけど、
今日はいいよ、全然飲む気しないし。カレーだけで。



ほんと、カレーだけで。


IMG_1848.jpg

出た、昨日と同じサイズのウイスキーボトルが( ꒪Д꒪)ノ


今日はオーナーとキャンディから来ているというオーナーの友達、
私と同じ部屋の女の子と4人で1本。


昨日よりましか笑


IMG_1847.jpg

カレーは肉と魚がのった豪華Ver,だったけど、
お肉はレバーだったから食べられなかった(^^;)


他は美味しくて、おじさんカレーの次ぐらいかな。
おじさん強し(*°∀°)=3


私は出された以上はと思ってボトル空ける気マンマンだったけど、
一緒の部屋の女の子がそんなに飲めないらしく、
その子が部屋に戻ると言ったタイミングで私も部屋に戻って二日酔いコースを回避した。


ここに長くいたらマズイな。
毎晩宴になりそ(^^;)


明日は次の町に向けて出発です♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

雨季かな??

ゆきんこさん
こんにちは!
体調は良くなりましたか?
ニューデリーの空港の放射能漏れの騒ぎビックリです(´・ω・`)
スリランカはこの時期雨季ですかね?
なんか、スッキリ晴れないですね....(-"-)

ごはん、確かにインドの方が美味しそうかなぁ....

インドのCNNは米国英語ですか?
メキシコで、スペイン語のCNNを見てカルチャーショックを受けました…
インドはきっとBBCの方がメジャーかもしれませんね....(#^^#)
英語は日々努力ですよ~(^^)/頑張って~!(^^)!

雨季です(^^;)

kaeluさん

kaeluさんこんにちは!

ずーっとお腹壊しています笑
腹痛がひどい時についでに熱も出ます(*°∀°)=3
困ったものです。。。

空港の事件知りませんでした!今調べました!!
怖いですね…(,,#゚Д゚)

スリランカは思いっきり雨期で、雨に降られたことはほぼなかったですけど、
毎日本当にスッキリしない天気でした(^^;)

こちらにきてテレビをまったく見ていないので全然わかりません!
が、見たとしてもそれが米国英語かどうか私には判断できないです笑
今は毎日英語しか話しをしていないのでいい練習にはなっていると思います。
引き続き頑張ります!!ありがとうございます!!!!!

Please take care

ゆきんこさん
Oh, my God....
It must be because of some bacteria, which we Japanese are not used to be taken usually.
Water, air, and others, all are completely different from Japan.
Living in a foreign country does not mean traveling for a long time.

Please listen to me.
Coke is said to be the best for such a condition like you.
Hot coke is better !!!
Let's try it!(^^)!

kaelu

No title

ゆきんこさん、初めまして。オスプレイのソージョンからこちらにたどりつきました。最近同じソージョンを買ったとこなんですけど、レインカバーって使っておられますか?インドとかは特にカバンは汚れやすいでしょう?買ったからには長く使いたいと思ってるんです。

Thank you!

kaeluさん

Coke!?Really!?
I've never heard that!!I'll try coke.
But!!I can't try hot coke!!Noooooo!!!!!

Thank you for give me good information☆

kojiさん

はじめまして!こんにちは!!

私が購入したのは3年以上前で、その時は専用のレインカバーって商品化されていなかったのですが、今もそうでしょうか??
私も同じく雨に濡れても嫌だし、キレイに使いたいし長く使いたいしで、バックパック用のレインカバーを購入しました。
でもオスプレイのソージョン用に作られたものではないので当然しっくりこず、
コロコロすると下を引きずったりで結果ほぼ使わなかったです(^^;)
専用のがあって毎日使っていたらもっとキレイに使ってあげられたのにと思いますが、
かなり頑丈なので約3年間使ってもまだ現役でいけそうな見た目でしたよ!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。