↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張ったから見て!東チベット情報まとめ!

こんにちは☆
リアルタイムは11か国目モンゴル!首都のウランバートルです!

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル

よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月15日】

朝6時発のバスで成都へ帰る。
成都へ戻ったら10日間の東チベットの旅が終わり。

だから今日はまとめ記事書いちゃいます♪
私今までまとめ記事って宿と費用しか書いたことなかったんだけど、
先陣OGGYの東チベットのまとめ記事がすごく役立ったから、
感謝の意味を込めて後に続く人へまとめ記事を書いてみようと思って。

IMGP8405.jpg
PHOTO by Eikichi

てゆーか私のまとめ記事なんていらないぐらい本当に良くまとまっている記事だから、
「OGGYのブログ見てください!!」の一言で終了しようかってぐらいなんだけど、
私はOGGYと違うルートで回ったから+αの情報も残せたらと思って。

ちなみに噂のスペシャル記事はコチラ⇒東チベット情報まとめ

私はWi-Fiなくても見れるようにPDFにしてPCのデスクトップにおいていたぐらい活用したよ!

ではでは内容をパクりながら進めていきますね!
私が東チベットに訪れた期間:2014年5月6日〜15日

目次:

【1】まずはこれを入手せよ
【2】旅のルート
【3】移動
【4】街と宿情報
【5】その他


【1】まずはこれを入手せよ

東チベットのMAP!!
コレ絶対あった方がいい!!超役立った!!
各町のMAPや標高、移動距離・時間などとにかくぎっしり凝縮されて載っている。

DSC04649.jpg

DSC04650.jpg

DSC04651.jpg
15元(約255円)
「Hello Chengdu International Youth Hostel」という宿で販売されているけど、
九寨溝や東チベットの康定行きのバスが出ている「XinNanMen Bus Terminal」の横にあって超便利な宿、
「Traffic Inn」でも入手可能だよ!

先に行って戻ってきた人から譲り受けたから、
私も戻ったら次に行く人に譲って自分は思い出に新しいのを買おうと思ってたんだけど、
なんとバックの中で飲むヨーグルトが破裂(自分が踏んだだけ)して帰らぬ地図へ…。
ボロボロでいい感じだったから次の人に渡したかったなー。
てゆーかバックの中ヨーグルトまみれで超大変だったんだよ!
iPadとかケータイとか腹巻きバックとかデジカメとか全部全部ヨーグルトまみれになったんだから!
まーその話はいいか。
で、私は思い出にそのMAP買っちゃったよ☆

【2】旅のルート

今回私が回ったルートはコチラ↓

成都 標高500m

康定(カンディン) 標高2,600m

理塘(リタン) 標高4,000m

甘孜(ガンゼ) 標高3,400m

五明佛学院(ラルンガルゴンパ) 標高4,000m

色達(セルタ) 標高3,900m

成都 標高500m

成都から出発して成都に戻ってくるルートで一般的なルートらしい。
私は成都でビザの申請中だったから、バックパックは宿に預けて成都に戻るルートで回ったよ!
サブバッグだけで回れたから楽チンだった。
てゆーかあんなに狭い乗り合いワゴンでバックパックあったらって考えるとぞっとするー。
可能であればサブバックだけで行くことをオススメします。
大型バスは荷物の収納場所ってあるけど、乗り合いワゴンは基本ないと思うから身軽な方が絶対いい!

私はロシアビザの関係で先を急いでいたから、
東チベットにいられる期間が10日間が限界かなーって感じだったけど、
もしもう少し時間があったら丹巴(ロンダク)って町に行ってみたかった。

何気に地図を見てて発見した町。
数年前に中国のNational magazineで
"The most beautiful villages in China" 中国で最も美しい町☆
って特集しただか掲載しただかって。こんなに広い中国の??1番美しい町??
見たくない!?
なんとか行けないものかと考えたけど時間的に無理だった。
リベンジかな〜。

【3】移動

①成都→康定(カンディン)

DSC03959.jpg
大型バス 119元(約2,023円)
8:00発⇒17:30着 所要時間:9時間半
※事故で停車1時間ぐらい??多分8時間ぐらいで着く距離。

チケットは前日に「XinNanMen Bus Terminal」で購入。
7時〜15時までは1時間に1本運行してるらしいから当日すべて満席で移動できないってことはなさそうだけど、
前日買えたら買っておいた方が安心かもね。
パスポートなしであっさり購入できるから余裕だよ!

途中の昼休憩のレストランはちょい高ぐらいで全然いける感じだったからそこで食べてもいいと思うし、
お湯は普通にもらえるから節約派はカップラーメンを持参のこと!

②康定(カンディン)→理塘(リタン)

DSC04013.jpg
乗り合いワゴン 160元(約2,720円)
11:30発⇒19:30着 所要時間:8時間

この区間は普通にバスがあります!
バスだと88元(約1,496円)。
ただし毎日はないみたいだから康定到着後その場で理塘行きのチケットを買った方がいいと思う!
私たちは先を急いでたから高くても乗り合いワゴンで移動しました。

この道のりはなかなかの悪路ですよ〜
標高4000m超えの山を4つ越えるから高山病が心配な人は対策を!
未舗装の山道をぐるぐるするから乗り物酔いが心配な人も対策を!
私が回ったルートの中ではここが1番悪路だったかも。
途中の町で1回車を乗り換えるよ。

③理塘(リタン)→甘孜(ガンゼ)

DSC04089.jpg
乗り合いワゴン 130元(約2,210円)
7:00発⇒14:30着 所要時間:7時間半

6:30ぐらいに乗り合いワゴンが集まるあたりに行けばOK。
ここは数日前に行った子が120元だったって言ってたから私10元盛られたかもw
ここも途中の町で1回車を乗り換えるよ。

④甘孜(ガンゼ)→五明佛学院(ラルンガルゴンパ)

DSC04203.jpg
小型バス 55元(約935円)
7:10発⇒15:30着 所要時間:8時間20分
※途中パンクで足止め。本当は6〜7時間ぐらいって聞いていた距離なんだけど。

6:30ぐらいにバスターミナルへ。
乗り合いワゴンは90元(約935円)。
節約派の人は部活の遠征ぐらいの大きさのバスを見つけてね!
狭くてクオリティ低くて安いよw

⑤五明佛学院(ラルンガルゴンパ)→色達(セルタ)

乗り合いワゴン 7元(約119円)
所要時間:30分

バスターミナルと言っていいのか、乗り合いワゴン停留所から頻発しているものと思われる。
そこに到着するワゴンに「セルタ?」って聞いて乗り込めばOK!

⑥色達(セルタ)→成都

DSC04364.jpg
大型バス 218元(約3,706円)
6:10発⇒19:40着 所要時間:13時間半

この区間のバスは朝行ったら2台あって当日窓口で買っている人もいっぱいいたけど、
出来れば前日買った方が安心かも。

ここも前半なかなかの悪路だよー
出発前にビニール袋が配られるからね!
心配な人は対策を!

【4】宿情報 

◆成都 
①Hello Chengdu International Youth Hostel(成都老宋青年国際旅舎)
住所:成都市一環路北四段 211号
期間:2014/04/28-29,05/15-16 合計4泊
部屋タイプ:6人ドミトリー(広)、6人ドミトリー(狭)どちらもMIX。
宿泊費:45元(広、約765円)、40元(狭、約680円)
※ユースホステルなので会員証があればそれぞれ5元安くなります。
8人ドミ40元、ユース会員で35元。これが1番安いかな。
シャワー:部屋によると思う。広い部屋はシャワールームも広くて最高。狭い部屋はトイレの真横でシャワーを浴びる感じ。水圧、お湯はマジ最強快適。
Wi-Fi:あり。部屋は部屋の位置によると思うけどほぼ無理。そもそもそんなに良くない。

=場所=
ざっくり言うと市内の中心からはやや離れている。でもバスが超いっぱい走っているから全然問題なし。
近くにスーパーもコンビニもあるし不自由なし。
=良かったこと=
・情報交換が出来る。
成都に来ている人はたいがい九寨溝や東チベット、チベットから中央アジアへ抜ける人が集まっているからツアーのシェアをする人を見つけたり、情報交換の場として最適。
私もいろいろ教えてもらったし、九寨溝や東チベットを一緒に回ったえーきちくんにもここで出会った。
・中国&近隣国の地球の歩き方いっぱい。私はモンゴルのガイドブックを持ってなかったから超写真撮った。
・英語が通じるし、スタッフも親切。
・各ベッドにカーテンがあって微妙にプライベートが守られる。
=悪かったところ=
・Wi-Fi。悪くはないけど、まー良くもない。

私は初日に中国人のおじさんと同じ部屋で嫌過ぎて別の宿に移ったって経緯があるけど、
その後また泊めてもらったから総合的にいい宿だったと思う。

DSC03675.jpg

ゆきんこオススメ度:★★★☆☆

②Traffic Inn(成都交通青年旅舎)
住所:武侯区临江中路6号
期間:2014/04/30,05/04-05 合計3泊
部屋タイプ:6人ドミトリー(MIX)
宿泊費:45元(約765円)
シャワー:良い。水圧、お湯、最高。
Wi-Fi:良い。遅いけど部屋でも使えた。

=場所=
「XinNanMen Bus Terminal」の横にあって超便利!
九寨溝や康定行きのバスが出ているターミナルだから朝早い出発、夜遅い到着、全然問題なし!
チケットを事前に買ったりするのも便利だし最高!
=良かったところ=
・場所!
・スタッフ全員英語がネイティブレベル。親切。
・部屋が清潔でさわやか。
・バスタオルが付いている。これポイント高い!
=悪かったところ=
・バスターミナルの横ってこともあって早朝&深夜の人の出入があるからうるさいと言えばうるさい。
でもお互い様。

ここは本当に移動に便利。キレイだし☆
ただし欧米人ばっかで日本人には全然会わなかったから
情報交換がしたかったら①のHello Chengduに行った方がいいかも!

DSC03685.jpg

DSC03676.jpg

ゆきんこオススメ度:★★★★☆

◆康定(カンディン)
康定貢嘎国際青年旅舎
場所:バスターミナルを背に左側に多分3分ぐらい歩いた川沿いにある。
期間:2014/05/06 1泊
部屋:8人ドミ(MIX)
宿泊費:35元(約595円)※ユース会員は5元引き。
シャワー:ギリ。水圧△、お湯◎。
Wi-Fi:遅め。ダウンロード系は時間がかかる。
電気毛布:あり

=場所=
バスターミナルから近いから数泊で出る感じだったら便利でいいかも。
町の中心からは少しあるけど、そんなに大きな町じゃないから問題なし。
=良かったところ=
・場所
=悪かったところ=
・シャワーも微妙だったけど、特にトイレが嫌だった。臭くて汚め。
ユースホステルにありがちって思ったけど、使用する人数が多過ぎて清潔に保てない感じ。

もともと1泊しかする予定がなかったから全然オッケーだったけど、2泊以上はしたくなかったなー。

DSC03971.jpg

DSC04010.jpg

ゆきんこオススメ度:★★☆☆☆

◆理塘(リタン)
①理塘的夏天国際青年旅舎
住所:理塘县平安路47号
期間:2014/05/06 1泊
部屋:4人ドミ(MIX)
宿泊費:35元(約595円)※ユース会員は5元引き。
シャワー:良い。水圧○、お湯◎。※シャワー&トイレ付きのドミにすることをオススメします!
ここの共同は無理!
Wi-Fi:激弱。
電気毛布:なし。

=場所=
小さな町だから別にどこにあってもって感じだけど、不便な場所ではない。
=良かったところ=
・スタッフが親切。ベッドがないえーきちくんをタダでソファに泊めてくれた。
=悪かったところ=
・トイレの尋常じゃない汚さ!あり得ない!
・Wi-Fiはほぼ使えないレベル。
・電気毛布がない。これ、マズイ。

私はもうトイレの汚さで2度と泊まりたくない宿に認定。
雪が降るほどの寒さで電気毛布なしも本当に辛かった。

DSC04072.jpg

DSC04077.jpg

ゆきんこオススメ度:★☆☆☆☆

②LITANG POTALA INN(布达拉大酒店)
住所:理塘县汽车站斜对面
期間:2014/05/07 1泊
部屋:ツイン(シャワー&トイレ共同)
宿泊費:60元(1人30元、約510円)
シャワー:入らず。なんとも説明しがたいけど、ちょっと無理。
Wi-Fi:良い
電気毛布:あり

=場所=
乗り合いワゴンが出るところがすぐ近くで便利!
=良かったところ=
・部屋!ツインでベッドも広くて最高!
・電気毛布があったこと
・Wi-Fiがサクサクだったこと
=悪かったところ=
・シャワー&トイレが微妙なところ
でも男女別だったからまだ良かったし、荒れ果てて汚いってわけじゃなかったからまだまし。

ここはドミトリー20元(約340円)と激安だけど、ベッド狭いし電気毛布ないし個室をオススメします。
一人だったら高いけど、二人だったらユースのドミより安いからね!
二人以上で泊まる方は絶対にこっちの方がいいよ!!

DSC04083.jpg

DSC04080_201405241243493d4.jpg

ゆきんこオススメ度:★★★☆☆

◆甘孜(ガンゼ)
城信賓館
場所:住所がわかんないけど、バスターミナルを背にメイン通りを右に向かって10分弱歩いて、
公安があるところを左折すると左手に見える。
期間:2014/05/09-10 2泊
部屋:ツイン(シャワー&トイレ付き)
宿泊費:80元(1人40元、約680円)
※ここはドミ20元(約340円)と激安と聞いて行ったけど、女性はドミに泊まれないと言われてしまった。
だから本当は100元のツインの部屋を80元にしてもらって泊まったよ。
シャワー:ギリ中のギリ。水圧×、お湯ギリ○。1人使うとなくなって少し待たなきゃ使えない。
Wi-Fi:部屋でも使える。
電気毛布:あり

=場所=
バスターミナルからはちょっとだけ歩くけど問題なし。
=良かったところ=
・宿の人は英語がまったく通じなかったけど親切。
・電気毛布があって温かい
・部屋でWi-Fiが使える
=悪かったところ=
・ひとえにシャワー&トイレ!!

ここはなかなか頑張ったよー。
次に行くラルンガルゴンパがシャワーなしって聞いてたから気合いで入ったけど、
そうじゃなかったら絶対に入らなかったレベル。
トイレの上でシャワーって斬新かつ大胆でついていけないヽ( ̄д ̄;)ノ

DSC04184.jpg

DSC04112_20140524124354c55.jpg

DSC04193.jpg

ゆきんこオススメ度:★★☆☆☆

◆五明佛学院(ラルンガルゴンパ)
喇栄賓館(Larong Hotel)
場所:山の上に見えるからとにかくひたすら登っていれば着く。
期間:2014/05/11-13 3泊
部屋:4人ドミ(MIX)
宿泊費:35元(約595円)
シャワー:なし
Wi-Fi:なし
電気毛布:あったりなかったり
私は最終日別の部屋の空きベッドから電気毛布を拝借。
最後だけ温かく寝ることが出来た。

=場所=
山の上だから登りが結構キツイけど眺めは良し!
=良かったところ=
・ドミだったけど3日間誰も入ってこなかったから快適
・レストラン併設
=悪かったところ=
・部屋にカギがかけられない(ロッカーもなし)
・電気毛布は運次第!?

ここでは選択肢がないから、Wi-Fiないとかシャワーないとかホント言ってらんない。
夕方ぐらいに一時だけ洗面所でお湯が使える。
その隙にシャンプーだけ1回出来た。すぐにぬるくなるし朝晩は出ないから夕方が狙い目だよ!

DSC04240_20140524124433d1c.jpg

DSC04281_201405241244329ef.jpg

DSC04346.jpg

ゆきんこオススメ度:ーーーーー

ここ付けづらい。だって選択肢がないし。
ここに泊まるしかないって思ってくださいね!!
お金を出せばもっといい部屋もありますよ、お金を出せば!

◆色達(セルタ)
老兵招待所
場所:バスターミナルの並び、徒歩10分弱。
期間:2014/05/14 1泊
部屋:4人部屋
宿泊費:120元(1人30元、約510円)
シャワー:普通。水圧○、お湯◎。
Wi-Fi:あり。部屋でも使える。
電気毛布:あり

=場所=
バスターミナルから近いと言えば近いけど、もっと近くにいいところあったんじゃ…?
ちゃんと探せば良かったって今は思う。
=良かったところ=
・部屋でWi-Fiが使える
・シャワーのお湯が最強だった
=悪かったところ=
・屋外木造ニーハオぼっとん便所!!
昨日の記事に書いたけどマジ最強のトイレだった!

よく考えたら「老兵招待所」って名前も怖い。
1泊が限界です。

DSC04363.jpg

DSC04356.jpg

ゆきんこオススメ度:★☆☆☆☆


【5】その他

◆東チベットの外国人立ち入りに関して
これは出発前からいろいろ言われていたことだけど、
私が行った時、その前後で問題があったっていう話は聞いていません。
特に私は成都でビザの申請中だったからパスポート不携帯(その代わりの紙は持っていたけど)だったけど、
宿も問題なく泊まれました。
そもそもパスポートが必要なかった宿もあったぐらい。
でも状況がいろいろ変わることもあるだろうから事前に情報収集を!

ただし、
成都→康定行きのバスチケットは外国人でも普通に買えるけど、
成都→五明佛学院(ラルンガルゴンパ)行きのチケットは外国人は買えないって話があった。
ちょうどそのルートで行く人がいたけど、Hello Chengduって宿で代理手配してもらって、
購入者も中国人ってことにしたらしい。バスに乗る時絶対バレると思うけど。
でもそのちょっと前に行った人は普通に自分で買って行けたって聞いたから、どうなんでしょ?
でもホントそんな感じ。確かな情報がないのが現状。
最新情報をしっかりチェックしてから行ってね!

◆防寒対策!!
標高が高いから基本的にどの町も寒かった!!
ヒートテック絶対必要!!てゆーか出来うる限りの防寒を!!

◆食事&飲み物
食事はどの町でも困ることはなかったよ。
ラルンガルゴンパだけ食事する場所が極端に少なかったけど、特に問題なし!

東チベット名物!?
バター茶を試してみては??

DSC04318.jpg

私は無理だった( ;´Д`)
ふたくち限界!香りは良かったんだけどなー。
決して美味くない!

ラルンガルゴンパはビールが売っていないよ。
「今日もサクッとビール飲んで寝るか〜」的なことは出来ないから要注意!
どうしてもアルコールを欲してしまう方は中国のお酒「白酒(バイジュウ)」を。
ただし標高が高いから飲み過ぎに注意!
そして白酒はアルコール度数が高いからさらに注意!

◆その他中のその他 

ラルンガルゴンパではタバコは吸えません!!
基本的には…ですけど。

ヘタレパッカーの私にとっては、寒さとの闘い、宿のクオリティ、シャワーが浴びれない、
とか環境的にはハードだったけど、本当に本当に行って良かった!!
耐える価値のある場所!!

そして一緒に東チベットを回ったえーきちくんにはホント感謝!
狭い乗り合いワゴンでおっさんの隣に座りたくない私と席を代わってくれたり、
連日晩酌に付き合ってくれたり、無知な私にいろんなこをを教えてくれたり。

P5140639.jpg

この場を借りて、Thank you( ´ ▽ ` )ノ



そして時間のない人はラルンガルゴンパだけでも行くことをオススメします!!
そこは本当に別世界にいるような、そんな場所です!!


IMGP8680.jpg
PHOTO by Eikichi

次は何書こー。
この記事超時間かかった!!頑張った!!よね??
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

凄く頑張りましたね(≧∇≦)
とってもわかりやすかったです!特に宿情報は貴重ですよね!
しかし、トイレ&シャワーは何か衝撃的でした!あんなの見たことない〜(´Д` )

No title

たかさん

ありがとうございますっ!!そう言っていただけて嬉しいですヽ(´ー`)ノ
トイレ&シャワーは私も衝撃でした。「え?どこで浴びるの??」って。
写真を載せたところは結構ヒドかったですが、
シャワー&トイレに境界線(シャワーカーテンみたいなもの)があるところはほぼなかったです。
だからシャワーを浴びるともれなく便器もずぶ濡れw
豪快過ぎですよね(^_^;)

No title

はじめましてー!!
夏に東チベットを計画しております^^
ゆきんこさんの情報が大変参考になります!
ビザについて質問させて下さい^^
成都でのビザは何日間かかりますかー?ご自分で公安に行かれましたか?
あと、有名な宿、シムズには宿泊されてませんがシムズは満室だったのでしょうか?
いきなりでたくさんの質問すみませんがよろしくお願いします^^

No title

Kさん

はじめまして!!
夏に東チベット!電気毛布はいらないですね!笑
まず成都でのビザの申請ですが、自分で公安に行きました!
パスポートは申請日を除く平日5営業日の次の日が受取日になります。
申請した日から8日後です。
ビザの申請に関して私なりに詳しく書いた記事があるのでよかったらご覧ください☆
http://yukitabi55.blog.fc2.com/blog-entry-237.html
あと私も「シムズ」に泊まりましたよ!
ブログに書いた「Hello Chengdu International Youth Hostel」が以前のシムズです。
経営者が変わって宿の名前も変わったみたいです!
他にも何かあれば何でも聞いてくださいね(^o^)/
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。