↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11か国目!モンゴル入国!

こんにちは☆
リアルタイムは4泊5日のモスクワ行きの列車の中!なハズ!
きっと退屈過ぎて腐ってまーす☆

=これまでのルート=
メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年5月22〜23日】

マギーと一緒に朝9時に泊めてもらった家を出発。
マギーの大きなスーツケースを置いておいた昨日の宿にタクシーで向かう。

ここでマギーは私に待っているように言い、ジープを探しに行ってくれた。

30分ぐらいして戻ってきて宿の人となにやら話し込む。
その場にいる人も加わってワーワー話してたけど、私にはさっぱり。
きっとジープが見つからないからどうするって相談だなーと思っておとなしく待つ。

結局そこにいた人が国境の手前まで送ってくれることに。
そこでジープを探すと言う。
1人10元(約170円)

マギーは大きなスーツケースを2つ宿に置きっぱなしだ。
この荷物はジャミンウードで甥っ子と待ち合わせをしていて、
その甥っ子にモンゴルまで持ち帰ってもらう荷物だと言っていた。

荷物どうするの!?って聞いたら、
「私の荷物は後で持ってきてもらうから大丈夫。
今は早くジープを探してジャミンウードに行って、あなたのウランバートル行きのチケットを買うのが先」
って言ってくれた。

マギーの大きなスーツケース2つ、
私の太っちょコロコロバックの3つはきっとジープに乗せられないからって。

やばい。いい人過ぎて涙出そう(>_<)

10分ぐらいで国境手前へ到着。

DSC04589.jpg

すぐに何人ものドライバーが声をかけてくる。
なぜかマギーは交渉もせず首を横に振る。

なんで?って聞いたら、モンゴリアンのドライバーのジープに乗らなかったら、
後々なんで中国人ドライバーと交渉したんだって文句言われたり問題になるからって言ってた。

おそらくジープは1台だけど、中国側も走るしモンゴル側も走るから、
その取り分ってどうなんだ?ってもめたりするんだと思った。

風が強く砂が吹き荒れる中待つこと数十分。
モンゴリアンドライバー登場!群がる人々!

私の太っちょコロコロも無理矢理押し込んで乗車できたと思ったら、
ワゴンのドアを開けて中国人ドライバーがマギーになんか言ってる。
てゆーか怒ってる。マギーも怒ってる。口論になってるー!
しばらく口論が続いたあとマギーがそいつにお金を払って解決した。

後から聞いたら自分たちの取り分よこせ的な感じで車を降りろとか言ってきたんだって。
結局中国人ドライバーは一切何もしていないのに1人20元(約340円)持って行った。
モンゴリアンドライバーには30元(約510円)払った。
国境越えのジープは50元ぐらいって聞いてたから別にいいけど、
全額モンゴリアンドライバーにあげたかった。

出国の前に小さな窓口で5元(約85円)支払う。
その領収書がないとダメって言うからこれ多分出国税。

そして中国出国!

DSC04592.jpg

私の増補したパスポートをかなりの勢いで怪しんでいたけど、
中国語話せるか?って聞かれてノーって言ったら大丈夫だった。

続いてモンゴル入国!

DSC04594.jpg

初めて入国審査の用紙を記入しなくてOKだった。
普通どの国でも記入するよね??
不安になってマギーに聞いたら問題ないって言ってたけど。
私は出国の時に何か問題が起きるんじゃないかってハラハラしてるけど。

車が来るまで少し待ち時間があって、
そこにいた英語が少し話せるモンゴル人のおじさんが話しかけてきた。
マギーと3人で小話。

そしたらおっさんが「いくつ?」って聞いてきた。

私は普段年齢を言うことに抵抗はない。
でも今日はどうしても言いたくなかった。

マギーは若くはないけど私よりもどう考えても年下だと思う。
なのに私は35歳にもなって何も出来なくてお世話になってばかり。
恥ずかしいからマギーには絶対言いたくないって思って、私もマギーにいくつ?って聞かなかったし、
マギーも別に聞いてこないから良かったーって思ってたのに、

おっさんいらんこと聞きやがって(`へ´*)ノ

バカバカ!


結局マギーに歳バレ(ーー;)
マギーは32歳なんだって。よかった20代じゃなくて。

DSC04595.jpg

そしてついにジャミンウード駅に到着!
なーんにもなさそうな小さな町。
すぐに換金。そしてチケット売り場へ直行。

DSC04605.jpg

チケットはこの建物の2階で買う。
この右側がすぐ線路になっている。ホームなし。斬新。

すべてマギーがいるからスムーズだけど、一人だったらチケットを買う建物がどこなのかすらわかんないし、
チケットも1等とか2等とかどうしていいかわかんないし、
でもチケットもマギーが買ってくれたからあっさりゲットできた。

モンゴル語は記号にしか見えず、
マギーがいなかったらチケットもどれが車両でどれがシート番号なのかすらわかんなかった。

中国は漢字でなんとなく判断できることもあったけど、
モンゴルは結構キツいなと思った。大丈夫か?

そしてマギーの荷物を受け取りにウランバートルから列車でやってきた甥っ子と3人でお昼ごはん。
駅近の店に入る。

DSC04600.jpg

これメニュー↓
DSC04596.jpg

全然わからんヽ( ̄д ̄;)ノ

マギーに訳してもらって頼んだのがコチラ↓
DSC04597.jpg
これは「ゴリヤシ」というモンゴル料理。
モンゴルは羊肉が多いって言うから警戒して聞いたけど牛肉っていうからこれにした。
ビーフシチューのような牛肉の煮込み料理だよ。
ごはん&見えづらいけどサラダも付いて5500tgr(トゥグルク):約320円。
モンゴルの通過トゥグルクって言うんだよー。噛みそうだよね。
しかも1トゥグルク=0.056円っていうまたわかりづらい国。
チリと同じ感じで全然馴染める気がしない(ーー;)

DSC04598.jpg

コレはマギーが頼んだ「ボーズ」っていう料理。
巨大肉餃子って感じ。モンゴルではすごくメジャーな料理らしい。
1つ食べたけどボリューム感ハンパない。

ごはんを食べた後、マギーはバスで北京へ帰るからもう行かなきゃと言った。
英語の話せない甥っ子に私をちゃんと列車に乗せるよう頼んでくれたっぽい。

本当に何から何までお世話になって、なんてお礼を言ったらいいかわかんない。
ありがとうマギー!!この恩は一生忘れないからね!!

DSC04608.jpg

列車の時間は17:35。それまであと4時間もある。
ここからは英語の話せない甥っ子くんとひたすら待つ。

DSC04606.jpg

名前を聞いたけど発音が難し過ぎて呼べない。
モンゴル語の指さし会話帳もない。話せない。
でもずっと隣で一緒に待ってくれた。マギーの甥っ子だから親切に違いない。

2014年5月22日時点の時刻表↓
DSC04607.jpg

1番下がジャミンウード〜ウランバートルの列車。
毎日17:35ってなってる!!

危なかった!!
昨日来てても結局乗れなかった!!

列車が来たら車両を教えてくれてお別れ。
ありがとう、トゥグルドゥル!!←私的に解釈した名前

DSC04615.jpg

なんとも斬新なホーム。

列車は北京〜エレンホトと同じ感じ。

DSC04617.jpg

私はまた左上でこんな状態。

DSC04622.jpg

この写真なんかウケない??私超ウケるんだけど!!

中国と違ったのは
・完全禁煙(中国の列車は車両と車両の間で普通に吸えた)
・ティーパックのお茶とか紅茶を勝手に配ってくる(飲めば有料)
・トイレが男女別。嬉しい。

DSC04631.jpg
キレイとは言えないけど中国で経験したトイレと比べるとキレイって言っちゃうもんね。

下の段にはモンゴル人親子(2人とも超感じ悪い)が乗った。
お母さん超太ってるから暑くて窓を開けたがるけど、開けれる窓は上の方にあるから私は寒くて困った。
寝る前閉めたけど閉め方がイマイチわかんなくて夜中何度も開いた。

約15時間後、9:00にウランバートル駅に到着。

DSC04632.jpg

プチ潔癖を発揮して毛布を使うことが出来ず自分のブランケット1枚で寝て、
夜中何度も窓が開いたりして、私は完全に風邪をひいていた。

寒い、ダルい、喉痛い。

宿まで歩こうと思ってたけど、
英語で話しかけてきた宿の勧誘の女の人に聞いたら結構遠いからタクシーに乗った方がいいって言われた。

同じく英語で話しかけてきた怪しげなドライバーは宿まで10ドルって言ってきた。

ばか。高過ぎ。
断ったら5ドルって言ってきた。
ほら、いきなり下がる。

宿勧誘のお姉さんが5ドルは適正よって言うから乗ろうと思ってついて行ったけど、
5ドル=10000tgrも高いなと思って5000tgrにしてくれたら乗るって言ったらあっさりOKしたから逆に不安になった。

DSC04635.jpg

タクシー強盗だったらどうしようって着くまでハラハラした。
おバカな私はモンゴルの地図のダウンロードを忘れていたのだ。
現在地がわかんないから本当に不安だった。

でもちゃんと宿まで連れて行ってくれた。
ツラっと10000tgrって言ってきたけど。
5000tgrって言ったじゃんって言ったら5ドルって言ったんだとかいいやがって。
私はもう宿の中にいたから危害を加えられることはないし、
ウソをつくなって言って5000tgr(約290円)だけ払って帰ってもらった。

チェックインを済ませて宿のまわりを少しウロウロしたけど、
どうにも体調が優れないからビールを2本だけ飲んで寝た。
てゆーかウロウロはビール探し(^_^;)2日飲んでなかったからー。

DSC04647.jpg

ビールはどちらも1200tgr(約70円)!!
アルコール度数はだいたい5%ぐらいで中国で飲んでたビールよりしっかりしてて美味しい♡
それに安くてホント助かる(´▽`)ノ♪

明日はゲルツアーとかモスクワ行きの列車調べたりいろいろしなきゃー。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

宿は

ゴールデンゴビかな?

No title

はい!
宿はゴールデンゴビです!
なんでわかったんですか??
ウランバートルと言えば!的な宿なんですかね?(^_^;)

No title

内装でわかりました
女系ファミリーの皆元気でしたか?

No title

宿はさん

すごい!!あんなちょっとしか写ってないのに!!
行かれたことがあるんですね☆
お姉さんは仕事バリバリって感じでやり手でしたw
弟さんにはいつもからかわれてました…。
日本が話せる妹さんとは電話でしか話していません。
他にもっと姉妹がいたんですか??私はてっきり宿は2人でされているものだと…。
いずれにしてもとってもフレンドリーでとっても親切にしてもらいました(*´▽`*)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。