↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スレスレの計画に泣く( ;´Д`)

こんにちは☆
リアルタイムは14ヶ国目ラトビア!

=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年6月5日】

AM8:30。
モスクワから約12時間、寝台列車で目的地のペトロザヴォーツクに到着した。

出口までは線路を歩いて渡るっていうなんとも斬新な駅だった。

DSC05067.jpg

さて、勝負だっ!!

私はこの町に宿泊する予定はない。
今日1日観光したらそのまままた夜行列車で次の町、サンクトペテルブルクに行くつもりだ。

↓地図の検索のやつ消せないんだけどー。見づらくてゴメンナサイ。
地図

ここ、ペトロザヴォーツクは私が行きたい"キジ島"へ行く拠点となっている小さな町。

キジ島って私まったく知らなかったんだけど、
ブログで第2段のルートをアップした時にキューバで会ったひとみちゃんから
"ロシアのキジ島"オススメだよって教えてもらって。

なんか良さげだったから行きたいなと思って☆

調べたらペトロザヴォーツクからキジ島までは船で1時間15分
折り返しの船は島到着から3時間後ってなってる。

ということはキジ島観光だけで5時間半あればOKってことになる。

これ泊まんなくてもいけるんじゃん??

と、私の中ではそういうことになったのです。

到着は朝だし、その日の夜行列車で移動すればキジ島観光して戻ってきてからでも
十分ペトロザヴォーツクの観光もできる。
てゆーか特に観光するような感じでもない小さな町だから。

別に1泊ぐらいしても良かったんだけど、そんなに時間あるわけじゃないしね。

私が立てた計画はこう↓

朝ペトロザヴォーツク到着。

キジ島観光

ペトロザヴォーツク町歩き

寝台列車でサンクトペテルブルクへ



これを実現させるためにはいくつかのハードルを越えなければいけない。

私は駅に着いてからの流れを紙に書いてイメトレしていた。
すべてがうまくいかなければ計画終了、宿泊決定だ。

①駅でバックパックを預ける
徒歩30分
②港へ。キジ島行きの船のチケットを買う
徒歩30分
③駅へ戻る。船の出発時間までにサンクトペテルブルク行きのチケットを買う
徒歩30分
④港へ戻る。キジ島へ行く

⑤ペトロザヴォーツク観光

⑥駅へ。預けた荷物を受け取って列車に乗る


なんでこんなに行ったり来たりしなきゃいけないかというと、
キジ島行きの船のチケットが当日買えるかどうかっていうのが微妙だったから。

地球の歩き方には「シーズン中は大変込むので予約が必要」とは書いてあったけど、
6月上旬ってまだシーズン前かシーズン入ったばっかみたいな感じだろうから、
ま、きっと大丈夫かなー。
買えなかったら困るけど、買えないってことはないかー。←根拠なし

でももし買えなかったら列車のチケット持ってても乗れないからね。
キジ島に行くためにこの町に来たんだから。
まずキジ島行きのチケットを確保してから列車のチケットを買わなきゃだな。

まぁサンクトペテルブルク行きの列車のチケットが当日買えるかどうか、
これも微妙だなーとは思ってたけど。

ペトロザヴォーツク→サンクトペテルブルク行きの列車は、
15:12、18:00、22:40だって。これは事前にルスランが聞いてくれた。

スケジュール的に私は22:40のチケットをゲットしたいけど。
大丈夫かなー。そっちも心配。

キジ島行きの船ネットで買えないかとか調べたら良かったかな。
まあ今さらだけど。

でもこれぜーんぶうまくいったら超気持ちよくない!?

だから勝負!!


まずはこの太っちょバックパックを預けなければ。
ロッカーとかあるのかな??
そこからすでに不安だったけど、
もしなかったらどこか大きめのホテルに荷物だけ預かってって交渉をしようと思ってた。

それにしてもホント英語全然書いてくれないね( ;´Д`)
困っちゃうよー旅行者が!!

DSC05070.jpg

駅の中に入ってウロウロするけど全然わかんない。
警備員みたいな女の人に聞いたらついて来るように言われた。

DSC05073.jpg

DSC05071.jpg

ここ絶対わかんないよー。
駅の隣の建物の地下に連れて行かれた。

そこにロッカールームがあった。

使い方も料金システムも全然わかんなくて、係のおばちゃんとロシア語⇔英語の不毛なやりとりを繰り返す。
なんとか夜までロッカー使いたいってのをわかってもらって1つ目の行程クリア☆

ロッカー使用料:250P(約750円)
高い。けど仕方ない。
私の太っちょコロコロバックも入れられるぐらい大きなロッカーもあったから良かった。

これで身軽になった私は港へ急ぐ!
途中キレイな街並にカメラを出しかけたけど、
そんなの後でも撮れる!と我慢してひたすら足を進める。

あった!

P6060361.jpg

地球の歩き方に載ってた写真は小さな小屋みたいな感じだったけど2〜3年前のだしね。
立派な建物でカウンターのキレイな女性は英語も話せた。

「キジ島行きのチケットを買いたいんですけど!」

「today??」

「もちろんトゥデイ!!」

「今日はもうありません」


「(((( ;°Д°))))満席!?」


「Yes」



…終了。オワタヨ。

って終了早すぎ!!全然楽しめないじゃん!!

それにしても…

シーズン到来早くない!?ヽ( ̄д ̄;)ノ

明日のチケットは時間帯によってはまだあるけど、
きっと今日中に売り切れるから早く買った方がいいわよって言われる。

待て。とりあえず1泊が確定した以上まず宿探ししなきゃだ。
泊まる予定なんてさらさらなかったし、"もしダメだった時の…"なんてまったく準備していない。
こんなこと前にもあった気がするけど。

でもキジ島行きの明日のチケットまでなくなったらここに2泊とかしなきゃになっちゃうし、
でもでも列車のチケットってそもそも明日とか買える感じなのかな。

やばい!!一気にテンパる!!
何から先にすればいいの??


明日キジ島行くとしても列車のチケット取れなかったら2泊確定。
ここに2泊は嫌だー。
じゃあ明日の列車のチケットはないけど今日ならあるってなったら?今日乗っちゃう?
でもそれじゃあ何しにここ来たわけってなっちゃうし!!

でも宿が見つからなくて路頭に迷うのが1番嫌だ!
とりあえず後で買いにくるってお姉さんに伝えて宿を探しに。

港に1番近くて地球の歩き方にも載っててドミがそんなに高くないホテルに入る。

部屋はあるって言ったけど、1番安い部屋で1500P!!
日本円で4500円!!

無理!!
ここは日本じゃない。1泊4500円なんて絶対無理!!

撃沈する私を見てフロントの美しい女性が地図をくれて、
ここならもっと安いかもしれないよってホテルを教えてくれた。

しかも困ったことがあったらいつでも来てねって電話番号まで書いて渡してくれた。
なんて優しいんだ。美し過ぎて天使かと思った。

見入ってる場合じゃない。
地図を持って教えられたホテルに向かう。

2500P!!7500円!!
上がってんじゃんヽ( ̄д ̄;)ノ


このフロントのお姉さんも超優しくて、もっと安いホテルを紹介してくれた。

地図を片手に教えてもらったホテルへ向かう。

照りつける太陽。汗だく。
これバックパック持ってたら終わってたな。もう最初のホテルで泊まっちゃってたかも。

歩きながらキジ島行きのチケットが売り切れてしまったらどうしようとハラハラ。
私はやるべきことの優先順位を間違えているのでは…と思い始めていた。

キジ島行きの船のシート数VSペトロザヴォーツクの全宿のベッド数

宿は高くても泊まれないってことはないよね、きっと。

この時点の私の頭の中↓

①宿決める

②駅に戻って明日の列車のチケット買う

③ロッカーの荷物を取る

④ホテルにチェックイン

⑤港に戻ってキジ島行きのチケット買う


やっちまったのか…??

でももう港を離れどんどん駅の方に向かってきている。
ここまで来たらもう仕方ない。このまま行くしかない。

3件目の宿に到着。
ここにも美しい女性が。ロシアの女性は本当にキレイな人多いなー。

390P!!約1170円!!

マジ!?3900Pとかじゃなくて!?
あるんじゃーん!安いホステル!
しかもモスクワで泊まった宿よりも明日から予約しているサンクトペテルブルクの宿よりも断然安い!!

泊まりまーす(´∀`)♡

そしてここでラッキーが舞い降りる。

キジ島行きのチケット買えなくて突然泊まらなきゃいけなくなって困ってた的なこと言ったら、
キジ島のチケット欲しいの?って。

あれ、まさかここで買えちゃう感じ?
しかも手数料なしで同じ金額で手配してくれるって!

もう絶対明日しか行けないから何時のチケットでもいいから絶対確保してねってお願いして駅に向かう。

次は列車のチケットだ!!

チケット売り場も駅の中ではなくて駅の隣の建物の中にあった。
わかりづらい。

DSC05074.jpg

いくつか窓口が開いていたけど一人一人時間がかかるから結構待たされる。

モスクワでもそうだったけど、窓口の前にはその人の休憩時間が細かく全部記載されていて、
その時間になったら並んでいる人がいても受付を容赦なく閉める。
例えば10:50-11:00とかこんな10分休憩までちゃんと全部書いてある。おもしろいよね。
いきなり閉められるよりいいけど、私が働いている側だったら嫌だな。
たったの10分休憩すら決まった時間に取らなきゃいけないなんて。
いらない時だってあるし、今じゃないって時だってあるのにね。

そして私は余裕で明日の夜行列車のチケットを無事ゲットした☆
さっきのホステルのお姉さんにロシア語で"明日の22:40の3等寝台のチケットください"って
紙に書いてもらったんだ♪これ1番楽チン!

よし!後はバックパックを取って宿に戻ってキジ島行きのチケット取れたか確認だ!

ロッカーの係のおばちゃんは
「あなたもう荷物取りに来たの!?」みたいなことをきっと言っていた。

夕方まで預けるって言ったもんね、私。
おばちゃん、状況が変わったんだよ( ̄^ ̄)
と心の中で言った。

荷物を持って宿に戻るとキジ島のチケットを予約してくれていた。
良かった〜☆

飛び込みで入って部屋も確認せずに決めちゃった宿だったけど、
とってもキレイな部屋で安心した。しかも私一人!

DSC05078.jpg

12:30 すべて完了!!

8:30に到着してから4時間が経過していた。

朝から何も食べていないからお腹もすいたし喉が渇いている。
今日は予想外にできた時間だから思いっきりのんびり過ごそうと決めた。

てゆーかまずビールだ!!
今日頑張ったもんね、いろいろと!


近くにあったスーパーに行ってビールとごはんを購入。
広々誰もいないドミトリーでのんびりビールを☆

DSC05081.jpg
ビール1缶35P(約105円)
モスクワより物価が安い!
そしてこのビールはお口に合う!よかった♪
左はピラフ系(約180円)、右は酸味系のサラダ(約60円)。どちらも量り売り。

日差しが弱くなる夕方ぐらいから少し街をブラブラしようかなって思ってたのに、
私はこのあと夜まで爆睡してしまった。


今日の一件で改めて思ったけど、

もしこれがダメだったら…とか
最悪の場合は…とか

はっきり言って私はそういうことを考えるのが苦手だ( ̄^ ̄)
ってなんの話!?

明日はいよいよキジ島!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。