↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖の45分間ドライブ。

こんにちは☆
リアルタイムは34ヶ国目エジプトです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト



よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月2日】
アンマン→ジェラシュ→アンマン



PB020167.jpg

アンマンは2日で出る予定だったけどもう1泊することにした。

次に行く予定のペトラ遺跡でペトラナイトって言って遺跡の中がライトアップされるのがあるらしく、
それが曜日限定だったから。


アンマン市内はもう歩きたくないなって思ってて。
声をかけてくれる人をシカトして歩くのは気が滅入るし。


宿であった中国人のズンフォがお勧めしてくれた
アンマンから約1時間ぐらいのところにあるジェラシュというところに行ってみることにした。

ジェラシュにはローマ人がアラブに造ったローマ都市の中でも
最も華麗かつ壮大な遺跡のひとつと言われている遺跡がある。らしい。


オーナーに行き方を聞いたらアラブ語と英語でメモを書いて渡してくれた。

DSC08164.jpg

なにかあったら誰でもいいから近くにいる人に助けを求めて電話を借りてかけなさいって番号も書いてくれた。


君にはもっともっと強くなって欲しい


という言葉とともに送り出してくれた。


よほど頼りないのか何度も何度も行き方の説明をしてくれたオーナー。
こんなに親切にしてくれるオーナーをなんで疑ってしまったんだろうという罪悪感を抱えながら
タクシー乗り場へ向かった。


ヨルダンのタクシーは黄色と白があるけど、黄色は普通のタクシー、白は乗り合いタクシー。
今日は教えてもらった場所から乗り合いタクシーでバスターミナルへ向かう。


メモを見せながら乗り合いタクシー乗り場まで到着して、
行き先を告げるとドライバー達があっちだよって教えてくれる。

乗り合いタクシーは満員にならないと出発しないけど、運良く私が乗って満員のタクシーにすぐ乗れた。

初日バスターミナルから宿まで5JD(約800円)かかった道のりは、
わずか0.4JD(約64円)で行くことができた。

安い…ヽ( ̄д ̄;)ノ


DSC08166.jpg

バスターミナルは到着した時より確かに賑わっていた。
イスラム圏の金曜日は注意すべし!!

どこ行くんだ?っていろんな人が声をかけてくれて、
ジェラシュジェラシュって言ってたらバスまで辿り着けた。

DSC08169.jpg

乗り込んだけど全然出発する気配なし。
満席になるまで出発しないんだと諦める。

待っていると男女が隣り同士にならないように席を移動させられた。
やっぱりタクシーの運転手が助手席に乗れっていうのはこの国ではおかしなことだったんだと改めて感じた。
約50分ただひたすら待って出発。

DSC08171.jpg

約45分で目的地に到着。

DSC08173.jpg

なんかお土産屋さんみたいのが並んでいるところを通り抜けるとチケット売り場がある。

DSC08175.jpg

チケット売り場っぽくないけど。
ジェラシュ遺跡入場料:8JD(約1280円)


PB020141.jpg

大きな門が出迎えてくれた。

門をくぐると男の子がポストカード買わないかって声をかけてきた。


いらない。


日本人?


そうだよ。


僕日本が大好きなんだ!!


ってキラキラした目で言ってくる少年。


ホンダ!!

カワサキ!!



あー車好きなのねぇー男の子だもんねぇー
カワサキって車あったっけ??バイクか??


ナガトモ!!


(*°∀°)=3

サッカーねーまぎらわしい!!


純粋無垢な顔をした少年が勝手に案内を始めた。

PB020150.jpg

私は案内はいらないって言ったけど、お金なんかいらないからって。

ちょっと心が痛んだ。
勝手に案内してきたくせにお金要求されるとかよく聞くからついいらんって言っちゃたけど悪かったかな。


回りを見ると欧米人のおばさまも少年に案内されてる感じだし
少しぐらいならまいっかーと思って彼の案内を聞きながら歩く。


途中写真一緒に撮ってって言われて少年が携帯を出した。

写真ぐらい全然いいよって言ったけど、
少年が超近くて、でも携帯で写真撮るんだからまーこうなるかーって思った。


最初はね。


また別の場所に移動してまた写真一緒に撮ろうって。
彼は私のカメラでもいろいろ写真を撮ってくれて親切だったけど、
なんせ一緒に写真を撮りたがった。

ここに立ってって言って肩に触れたり、腰に手を回したり、
まー自然っちゃ自然だけど私的には今までのこともあるし不快だった。


最終的には少年が私の後ろにぴたっと立って、
後ろからウエストをに手を回す感じで撮ろうとしてきた。

私に触んないでって言った。
そしてもうひとりで行くからついてこないでって。


じゃあこんな感じで見つめ合ってもう1枚だけって。

え?なんで?
なんであなたと私がここで見つめ合って写真撮るわけ??

意味わかんない。


嫌だって言って歩き出すとまた私の前を歩く。


コイツの写真撮ってやれと思って後ろ姿撮ったらソッコーで
今僕の写真撮ったでしょ?消してって言われた。


なんだコイツ。


散々人の写真撮っておいてそれはないだろと思って、

消してもいいけどあんたも全部消してよって言って目の前で消させた。
もちろん私も消した。


もうあっち言ってって言ったら最後に写真撮ってあげるって。
私そんなテンションじゃないんだけど。

PB020152.jpg

ホラ、怒ってる( ̄^ ̄)


日本が大好きな純粋な少年だと思ってまた騙された。
私はバカか??

あんなキラキラした目をしやがって。


またソッコーセクハラヤロウに会ってしまった。

入口でそんなやつにつかまったおかげでテンションダダ下がり。
まだ来たばかりなのに帰ろうかと思うぐらい歩き回る気になれなかった。


せっかく来たしと思ってなんとか歩いて行くと、入口があった。

PB020156.jpg

さっきの門は入口じゃなかったっぽい。
まぎらわしい。


PB020161.jpg

PB020172.jpg

PB020177.jpg

PB020180.jpg

PB020245.jpg

中に入って行くと広大な敷地に残る遺跡に目を奪われて、
歩き回ってる内にさっきの出来事はどうでもいいやって気持ちになった。

ムカつくけど。

PB020218.jpg

PB020227.jpg

PB020213.jpg

PB020215.jpg

PB020205.jpg

遺跡の中でも何人かのガイドに話しかけられたけど、
ガイドはいらないって言えばそれ以上ついてこなかったし一人で気ままに遺跡を見て回った。


楽しくてテンションも復活☆

PB020226.jpg


途中どこが入口だろうって場所に辿り着いてキョロキョロしていたら、
たまたま通りがかった男の人がこっちだよって教えてくれた。


そしてそのまま流れでいろいろ案内される感じになった。


あなたガイドなの?って聞くとガイドだって言うから、
ガイドは必要ない、ひとりで回るからって言った。

お金はいらないよ。
ここにずっといるからいい写真スポットだけ教えてあげるよって歩き出す彼。


まいっかー写真1枚撮ったらサンキューって言ってバイバイしようと思った。


歩きながらヨルダンはどお?って聞かれたからまあまあって答えた。
ヨルダン人は?って質問には、

いい人と悪い人がいるって答えた。

僕は?って聞くからまだわかんないって答えたら笑ってた。

超爽やかボーイの彼は変なことしそうな感じには見えなかったけど、
キラキラした目の少年がセクハラクソヤロウなぐらいだから油断できないなと思った。


写真スポットに案内されるまでに一人で降りられない場所があった。
自動的に彼のお世話になることに。
抱えられるようにして降りた時におしりをむにゅってされた気がした。

彼は何事もなかったかのように前をあるいている。


私の勘違い…??
自意識過剰??

ここから撮ってごらんっていう場所に立った。


私の後ろでなんかふわっとする感覚がしたけど、なんなんだろ。


じゃあもう一か所だけ教えてあげるって言って歩き出す彼。
あと一か所ならもういいかって思ってついて行く。

言われた場所に立って写真を撮っているとき、真後ろに気配を感じる。
超真後ろ。変な感覚が肩に。

ヤツが自分のあごひげを私の肩につけてささっとなでる感じのことをした。


(((( ;°Д°))))

何コイツ!?気持ち悪っ!!



やめろ、お前マジでもうあっち行け、ついてくんな!!って言った。


え?なにもしてないよ、どうしたんだよってすっとぼけたこと言ってるけど、
ふざけんな。

ごまかせるわけないだろ、バカか。


…。


バカは私か。


もう嫌だ!もう嫌だ!もう嫌だーーーーー!!!!!




案内しようとしてくるヤツの目的は最初から金じゃない。
体を触ることだ。



マジで最悪。


ここに来て2時間ぐらいの間にふたりもセクハラクソヤロウが登場した。


私はもう完全に開き直った。


ヨルダン人は女の体が触りたくてしょーがなくて、
私はもうセクハラに遭わない日はないだろうから
それでいちいちショックを受けたりムカついたりするのはやめにした。


もうどーでもいい。
いちいち気持ちを乱すのはやめよう。
くだらないし時間がもったいない。


そんなわけで遺跡にいた2時間ぐらいで2回もセクハラに遭うという
なんとも隙だらけでバカな私はアンマンに帰ることにした。


出口に付近でさっきのセクハラ少年に遭遇した。


ヘイフレンズー!!とか言って寄ってきやがった。


フレンズじゃないしって言ってやった。


最後に1枚だけ写真撮ろうって言ってきた。
コイツはホントバカだな。


私はあんたと写真なんか撮りたくないって目をまっすぐ見て言ってやった。
心なんて痛まない。


そのままスタスタと出口を出た。


出たところにいた数人の人達にバス停はどこか聞いたら、
その中にいたひとりが私の方へ来たからバス停を教えてくれるのかと思ったら
タクシーに乗らないかと言ってきた。


私はもちろん断った。
精神的にやや疲れてたからタクシーで帰りたい気分だったけど私はそんなVIPじゃない。

タクシーは高いから乗れない。バスだったら1JD(約160円)でアンマンまで帰れるもんって言った。


そしたらその人が1.5JDでどうだ?って言ってきた。


え?


ワン、ファイブ??


そう、


ワン、ファイブ。


え?安くない!?
ここまで来るのに乗り合いタクシーとバスで1.4JDだったんだよ?


タクシーで1.5JDならそっちの方が全然いいじゃん!!


オッケー乗るよって言って彼について行った。


今思うと私はなんて浅はかでバカな考えをしたんだと。
恥ずかしくて書きたくないけど、この後私は恐怖の時間を味わうことになる。




なぜなら彼の車はタクシーじゃなかった。
ただの乗用車。



つまり、彼はただそこにいた男の人ってだけ。



乗り込んでからアレ…?この車タクシーじゃなくない?って思った。
しかも私はあれほど助手席に乗るなといろんな人にアドバイスをもらったのにも関わらず言われるがままツラっと助手席に座っていた。


やばい(((( ;°Д°))))
コレ、絶対ヤバいやつだ!!!!!



だってだって!!
よく考えてみたらバスと乗り合いタクシーで1.4JD、タクシーで1.5JDっておかしくない!?


あまりにも安過ぎる!!
そんなうまい話あるわけがないじゃん!!!!!



心臓がバクバクする。


その人はお調子者でやたら話しかけてくるタイプではなく、
ただただ黙って運転をしていた。


沈黙が恐怖をあおる。


どうしよう。どうしよう。どうしよう。

落ち着け。落ち着け。落ち着け。



もしかしたらたまたまアンマンまで帰る用事がある人でついでに乗せてってくれるぐらいの感じでいい人なのかもって思って、

アンマンに用があるの?それともジェラシュにまた戻るの?って聞いてみた。


ジェラシュに戻るよってーーーーーヽ( ̄д ̄;)ノ


わざわざ車で片道45分、往復1時間半かかる距離を
たったの1.5JD(約240円)で乗せて行ってくれるわけなくない!?


ハイ。この人悪い人決定。


私どうなっちゃうんだろう。


とにかくこの車から降りることを考えなきゃ。

車は100〜120キロぐらいで走っている。
飛び降りるのは絶対無理だから曲がり角とかでスピードを落とした時に思い切って車外に出ようか。

でも出たところが助けを呼べないところだったらまったく意味がない。

トイレに行きたいって言ってどこかのお店で降ろしてもらってそこの人に助けてもらおうか。

でもこの人になにかされたわけでもないのに助けてって言うのもなんかおかしくない?
どうやって説明すればいいんだろう。
そしてそのお店の人がいい人とは限らないし逆に痛い目に遭うかもしれない。


どうしよーーーーーう(ToT)

なんでよく確認もしないでこんな車に乗っちゃったんだぁぁぁー


車内から看板を必死で見る。
どうやらアンマン方向に向かっているのは間違いなさそうだ。

途中コーヒーでも飲む?って言われて、恐怖で喉がからっからだったけどお断りした。
でも彼はカフェに寄ってコーヒーを注文、私の分も買ってくれちゃった。


終わった。


コーヒーはいくらかわかんなかったけど、
私からはたったの240円しか売上がないのにその中からコーヒーを買ってくれちゃうなんて、
おかしすぎるーーーーーーーーー!!!!!


きっとこのコーヒーになにか入ってるんだ。
お店の人とグルで絶対なにか混入されたコーヒーを飲ませようとしてるんだ。


私はコーヒーに手を付けることができなかった。


しばらくすると車停める?コーヒー飲めないでしょ?って言われた。


イヤ、停めないで!!怖いって!!


大丈夫。飲めるから。って言ってコーヒーに口だけつけて飲むふりをした。


怪しまれないように熱いのが苦手だってウソをついた。


この人は私をどうするつもりなんだろう。
どこかに連れて行く気?


口数が少なく余計な話はしないってタイプで。
助手席に乗れって言った割にはセクハラしてくるわけでもない。



もしかしたらこの人とんでもない悪い人なのかもしれないヽ( ̄д ̄;)ノ


どうしたらいいのか考えもまとまらないまま時間が過ぎる。
私はもう完全パニック状態。

不安を悟られまいと必死に、ただ案内表示だけガン見しておとなしく座っていた。
時々コーヒーを飲むふりをしながら。


彼がふとアンマンの後にどこに行く予定なんだ?って聞いて来た。

ペトラに行くと言った。


そこで私はあることを思いついた。
もし私がペトラまでこの人の車で行くって言ったら彼はその分儲けられる。
だとすれば今私に危害を加えるより稼いでからどうにかした方がいいって思うんじゃないかって。


ペトラまで乗せてってもらえたりするの?と聞いてみた。

もちろんと答える彼。


やった!我ながらGood idea!!


そこからペトラまでいくらか、所要時間は、何人かでシェアしてもいいか、
いつなら乗せて行ってもらえるか、
そんな話をしてなんとかこの場をやり過ごせるように祈りまくった。


車は一度も交通量の少ない道になど入ることもなく、
大きな通りをひたすらかっ飛ばしてアンマンっぽい街並になってきた。


アレ、もしかして私の作戦成功!?
無事に帰れるかもしれない(*°∀°)=3



あと一息。

友達と相談してペトラにバスで行くかタクシーで行くか決めたい。
後で連絡するから電話番号教えてって言った。

もちろんかける気もないし、友達などいない。


彼から電話番号をゲットしたとき無事帰れるかもと思って少し気分が軽くなった。


そして約45分後、私は無事アンマンに到着した。


1.5JDを支払った。



笑われた。




(゜◇゜)え?


15JDだよって言われる。


(((( ;°Д°))))

ウソ!?


ワン、ファイブ=15JD(約2400円)!?


1.5JD(約240円)じゃなくて!?



ちょっと待て。
ワンファイブって言ったよね!?

言ったよ。15JDだよ。

そして僕はフィフティーンとも言ったよって。


知らん!知らん!知らん!!!!!


助手席のドアを開けて片足を出した状態でそんなに払えないと言った。
だって私は1.5JDしか払うつもりなんてなかったもん!!


そこから言った言わないの押し問答が始まる。

この人は私をどうこうしようとしてた人じゃなくてただ単に儲けようとしていただけの人だったのだ。


なんだったんだ私のあの恐怖の時間はヽ( ̄д ̄;)ノ


とにかく15JD払ってVIPにタクシーで帰って来たなんてあり得ない!!


交渉に交渉を重ねた結果7JD(約1120円)だけ払って車を降りた。


痛い出費。
だけど彼も痛み分けだったみたい。


宿に戻ってオーナーにジェラシュからアンマンまでタクシーでいくらか聞いたら15JDって言った。
彼は妥当な金額を言っていただけだったのだ。

オーナーにタクシーで帰って来たのか?って聞かれて、
タクシーじゃない普通の車に乗っちゃったって言ったら、
なんでバスを教えたのにそんな車に乗ったんだって怒られた。


でも何もされなかったか?って本当か?って何度も聞いてくれた。
なんていい人。

オーナー曰く私が7JDで降ろしてもらえたのは
彼はタクシードライバーでもないのに人を乗せてお金をもらうという違法行為をしているから強く出れなかったんだろうって。


よかったのか悪かったのか。


とにかく何もなかったから今このブログを書いているけど、
何があってもおかしくない状況だったのは間違いない。


自分のバカさ加減に飽きれる。


なんか今日はいろんなことがあり過ぎてとっても疲れた。
自業自得だけど。

PB020249.jpg

明日は濃過ぎたアンマンを離れてペトラに向かいます。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。