↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【恋バナ】第二話、彼は私に恋をした。

こんにちは☆
リアルタイムは34ヶ国目エジプトです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト



よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月4日】
ペトラ遺跡1日目



PB040470.jpg

宿からペトラ遺跡までは送迎のバスが出ている。
朝は7時と8時、迎えは16時と17時。


ペトラ遺跡は超広いって言うし、
私は今日1日で回ってしまいたかったから7時で行こうと思ったけど起きれず8時のバスで向かうことに。

寒いし天気もイマイチ。今にも雨が降りそうで。

どうしようかなーなんて思いながらペトラに到着したら昨日バスで一緒だった中国人のスリナと偶然再会☆

一緒に行くことにした。
よかった一人じゃなくて♪
ジェイソンもチャールズも全然起きてこないからおいて来ちゃったし。

DSC08206.jpg

入ってすぐ左にある建物でチケットを買う。

DSC08205.jpg

入場料は1日券50JD(約8000円)、2日間55JD(約8800円)。
たったの800円しか違わない。


金額の問題じゃなくなんとなく私は1日でここを出ようと思ってたけど、
天気がイマイチ過ぎだったからキレイな写真撮れなかったら嫌だなと思って念のため2日券を購入。

DSC08208.jpg

チケット購入の際にパスポートが必要だから絶対に忘れないように!!

私はそんなこと知らずにたまたまバックに入れっぱだったから助かったけど、
いつもなら宿に置いておくから危なかった(^_^;)

PB040266.jpg

歩き始めて少ししたら昨日レストランで会ったシャーリーの友達に偶然会った。

ペトラ遺跡の中で仕事をしているらしい。

中にいる馬とかラクダとかドンキーはぼったくりだから注意するようにって教えてくれた。
やっぱりとっても親切な人。地元の人が味方だと心強い。

ペトラの帰りにレストラン寄ってお茶飲んでいきなよって声をかけてくれた。

帰りは宿の迎えのバスで帰るからまー無理かなって思ったけど、
時間があったらねって言ってバイバイした。


そしてペトラ遺跡はホントすごかった!!

PB040284.jpg

PB040295.jpg

PB040309.jpg

PB040311.jpg

PB040359.jpg

夜は見えなかった岩の地層みたいなのとかもすごくキレイだったし、
もうテンション上がりまくりで歩き回った。


PB040439.jpg

PB040423.jpg

PB040403.jpg

PB040388.jpg

PB040427.jpg

ここは昨日の夜来たエル・ハズネ。

PB040327.jpg

岩をくり抜いて造られていてすごい迫力だった。

PB040371.jpg

一緒に行ったスリナと。
しっかり者でちゃんと地図を見ながら私を連れて歩いてくれて、
英語がさっぱりな私にここはこういうものなんだってっていうのをとっても噛み砕いて説明してくれる。

PB040386.jpg

ペトラ遺跡に住んでいるベドウィン人と。

濃い顔に黒いアイメイクをしているからさらに濃くて、
パイレーツオブカリビアンのジョニーデップがいっぱいいた。
カッコいい♡

PB040343.jpg

PB040348.jpg

PB040379.jpg

明日もあるし今日は6時間ぐらい歩いて帰ることにした。
14:30。


バスまだ来ないなー。
どうしよっかなーと思って出口で一服していたらまたまた偶然レストランの彼に遭遇。


店でお茶飲んで行きなよ!御馳走するから!って。


バスまでまだ時間もあるしそこでお茶でも飲みながら待ってればいっかーと思って
スリナと一緒に行くことにした。


彼は温かい紅茶を出してくれて、おもしろい話をいっぱいして私とスリナを楽しませてくれた。


そして今日の夜みんなでペトラでサンセットを見てBBQをしようよって誘ってくれた。


でも超疲れていたし明日もいっぱい歩き回るから
今日は宿に戻ってシャワーを浴びてまったりしたいなと思ってお断りした。
最初は。


でもアンマンのセクハラ事件以来現地の人との関わりを絶っていた私にとって
変な人じゃないヨルダン人と一緒に遊べるってすごく嬉しかった。

彼は親切だしきっと楽しい時間になるだろうなって思って、
スリナは行かないって言ったけど私は行ってみることにした。
きっとシャーリーも来るから一緒に宿に戻ればいっかーって。


一度宿に戻ってシャワーを浴びたいというと彼はタクシーに乗せてくれてお金も先に払ってくれた。
マジでいい人。

DSC08215.jpg

17:30、彼が宿の近くまで迎えに来てくれた。
夜にひとりで外出するって私はほぼしないけど、彼らと一緒なら大丈夫かって思った。


彼は時間通りに車で迎えに来てくれて、
この後レストランで美味しいピザを焼いてあげるからそれを食べて、
仕事が終わったらリトルペトラに行って星空を見て、
ベドウィン達が住んでいるキャンプに寄って宿まで送るからって言った。


待ち合わせの時間からすでにサンセットの時間じゃなかったし、
BBQがピザに変わったけどまいっかって思った。


そう思わせてくれるぐらい彼は超ノリもよくて楽しませてくれる人だった。


彼のレストランに近づくとシャーリーが見えた。


彼は私にこっそりと「シャーリーはゆきが来たら喜ぶよ、ゆきのこと好きだから」って言った。


彼とシャーリーは超仲良しで中学生の男子みたいに超じゃれてバカみたいなことをして遊んでる。
私はそんなふたりを見ているだけで楽しかった。


DSC08218.jpg

彼が持っていたストールをお揃いに巻いてくれた。
左がヨルダン人のヒシャム、右はシャーリー。


DSC08219.jpg

ヒシャムがピザを焼いてくれて、シャーリーと一緒に食べた。
3人でくだらない話をしていっぱい笑った。


そしてヒシャムが私にベドウィンメイクをしてくれた。

DSC08224.jpg

目の下にガッツリ黒いラインを引く。

DSC08227.jpg

あんまり変化わかんないか。
かなり濃いメイクになったよ。元々薄化粧なタイプじゃないけど。


僕のお嫁さんみたいってヒシャムが言った。

DSC08229.jpg

そしてアイライナーと砂で作ったカワイイ置きものをプレゼントしてくれた。


しばらくするとシャーリーが帰ると言った。
ちょっと元気がなかった。


ヒシャムが仕事終わるの一緒に待ってないんだーって思ったけど、
ヒシャムはいい人だし宿まで送ってくれるって言うし大丈夫だよね。


ヒシャムはずっと私を気遣ってくれた。


寒くないか、退屈してないか、楽しんでるか、何も問題ないか、
何度も何度も聞いてくれた。


私は全然退屈なんてしなかった。
ヒシャムが楽しませてくれるから。


そしてヒシャムが突然、ゆきが喜ぶいいことを思いついた!って目を輝かせた。


車でやってきた彼のいとこに何やらお願いをしていとこがどこかへ行った。
数分後戻って来た彼の手にはジュース、っぽいビール!!

DSC08231.jpg

ここはレストランだからあからさまにビールが飲めないから、
容器を移し替えたらここで飲みながら待てるでしょ!って。


感激ヽ(;▽;)ノ

久しぶり過ぎるビール、嬉し過ぎるーーーー!!!!!



ヒシャムも私に花をくれたけど、ビールの方が100倍嬉しかった☆
花より団子(*°∀°)=3


昼にレストランに寄ったときに生ビールを飲んでいるお客さんがいて、
ヒシャムにあれいくら??ってこっそり聞いたのを覚えてくれてたんだ。


なんて優しい人。



昨日の夜出会って、今日の朝たまたまペトラで再会して、そしてレストランに寄っただけだけで、
たくさんの時間を一緒に過ごしたわけじゃないけど、
ゆきのことはいい子だと思ってるからペトラでの時間をいっぱいいっぱい楽しんでもらいたい、
なにかあればなんでもしてあげるからって言ってくれた。


だって、
ゆきは出会ってすぐ僕のことを信用してくれたでしょ??って。


そう言われて確かにって思った。


シャーリーの友達ってだけでたまたま会っただけの彼を信用したから私はここに来たんだ。


シャーリーが泊まっている宿の人ってこともあるけど、
そもそもシャーリー自体出会ったばかりだし。


でも私はごく自然にヒシャムを信用した。


彼が他の人と接する姿を見ていて、
誰に対しても変わらず明るく無邪気に接する姿に好感が持てたからだと思う。


シャーリーにどこでヒシャムと友達になったの?って聞いたら、
ペトラの町で普通にフレンドリーに話しかけてきて最初はなんだコイツって思ったらしいけど、
ヒシャムマジックで超仲良くなったって言ってた。


彼はそんな人。


時間が流れる。


ヒシャムが私の手を握り


I like you.


と言った。


私も彼を好きになったけど、


私のlikeと彼のlikeは違うだろうと感じた。


彼は私の目を見つめ、


何度もI like you と言った。


もっと一緒にいたいし、ずっと笑っていて欲しいし、
僕と一緒にいて楽しいって思ってくれてたらすごく嬉しいって。


私は一緒にいてすごく楽しいよって言った。



しばらくした後、意を決したように結婚はしてるの?と聞かれた。


していないよ。


じゃあ彼氏はいる?


いるよ。



しばらくの沈黙の後、


ゆきが彼氏に出会う前に出会いたかった


と言った。


その言葉を発するまでの時間がやけにリアルで胸が苦しくなった。



もしも彼氏と僕が同じ時間をゆきと過ごしていたら、
同じ条件だったらどちらを選んだ?って。


そんな架空の話…って思ったけど、
同じ時間を過ごしていたとしても彼氏を選ぶと答えた。



彼の恋は叶わない。


それでも彼はその後もずっと変わらず接してくれた。


22:00、ヒシャムの仕事が終わって、
彼のいとこのマハムッドと一緒にリトルペトラというところに行った。


そしてベドウィン人達が住むキャンプにも連れて行ってくれた。


雲が多くて星は綺麗に見れなかったけど3人で超はしゃいでいっぱい笑った。


ひとりじゃ絶対にできない経験をさせてくれた。



0:00。
約束通り宿までちゃんと送ってもらって長い長い1日が終わった。



明日もペトラ遺跡の帰りに彼のレストランに寄って、夜一緒に遊ぶ約束をした。
私のペトラ最後の夜。
もっともっと楽しんでもらいたいから今日よりもスペシャルな1日にするからってヒシャムが言ってくれた。


彼との出会いに感謝する。本当に本当にいい人。

そして明日は明日でまたも複雑でややこしい事態が起こるなんてことを知らずに眠りについた。

また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをよろしくお願いします
↓↓↓クリックされるとランキングが上がります
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。