↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドン引きナンバーワン、スーダンの監獄宿。

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月27日】
アスワン→ワディハルファ


4:00起床、4:30に宿を出た。
5:00発のバスは1時間ほど遅れて出発した。

DSC08805.jpg

完全に他の乗客の荷物が多いせいだと思う。
他の人のブログで見ていた通りだった。
スーダン人は大量の荷物を持って国へ帰る。
後ろの方、通路、荷物であふれかえっている。


私の思いとしてはここから一気に目的地のハルツームまで行きたい。
でもスーダンは夜間の運行が禁止されているらしく、
途中のワディハルファで1泊して翌日ハルツームへ向かうことになるらしい。

地図


9:00、フェリー乗り場へ到着。
船でナセル湖を渡る。

DSC08808.jpg

到着した時にちょうど満杯のフェリーが出発したところだった。

フェリー乗り場に着いた時間が早かったから、
この感じだったらハルツームまで一気に行けちゃう奇跡とか起きるんじゃない?
って一瞬思ったけど、そんなわけない。

ここでなんと3時間も待たされたヽ( ̄д ̄;)ノ

出発もっと遅くても良かったじゃん!!
マンガがなかったら暇過ぎでやばかったよ。

11:45、バスごと乗船。

DSC08812.jpg

13:00、下船。


13:30、ボーダー到着。

DSC08816.jpg

車内で謎の50ポンド(約850円)を回収される。
全員50ポンド払ってるっぽかった。

DSC08818.jpg

出国税??フェリー代??
わからん。


ここに入ってからがマジでわけわかんなくて大変だった。


突然みんな大量の荷物を持ってバスを降りだした。

え?出国の荷物検査?

慌てて私たちも荷物を降ろして荷物検査。

荷物検査って言っても機械を通すだけで、
はっきり言ってしていない人がいても全然問題ないっていうかバレないぐらいテキトー。

で?次は??

大量の荷物と人で一体どこで何をしたらいいかさっぱりヽ( ̄д ̄;)ノ

なんとなくスーダン人っぽくないツーリストっぽい人を発見してアラビア語話せる??って聞いたら彼はエジプト人で私たちに次すべきこと、いろいろ親切に教えてくれた。

荷物は一旦そこらへんに放置してエジプトの出国手続きへ。
出国カードを書いてサクッと終了。

そして荷物を積み直してまたバスへ乗車。

一度出した大量の荷物は2度と同じようには収納できず、入りきらない荷物は車内へ。
ますます車内が荷物でごった返す。もう通路は完全に閉鎖している。


私たちは親切なエジプト人のおかげでスムーズにエジプト出国を済ませたけど、
全員揃うまでに結局2時間ぐらいかかった。

そしてバスですぐお隣のスーダン側へ。
スーダン側の荷物検査は厳しかった。

まずは入国審査。入国カードはバスの中で書かされる。
窓口ですんなりスタンプを押してもらう。

その次に隣のカウンターで入国カードとは別の用紙に似たような内容のものを書かされる。
複写式になっていて1枚はパスポートに挟んでおくように言われた。
なんだかさっぱりわかんない。

その後私だけ別室に行くように言われて手荷物とボディチェックがあった。
そこは女性専用の場所っぽくて、検査した手荷物バックに検査済みのシールが貼られた。

その後バックパック、サブバックの検査。
ちゃんとバックを開けて中を確認される。
そしてまた検査済みのシールを貼られて終了。

DSC08819.jpg

このシールが貼られていないとそこから出ることができない。
スーダンの入国審査は結構しっかりしてた。


スーダンは闇両替の国。
スーダンポンドをまったく持っていない私たちは少しはここで替えておこうかと思ったけど、
調べていたレートより悪かったからワディハルファで替えることにした。

それから全員バスに戻ってくるまで待ちまくった。
きっと大量の荷物の検査に時間がかかっているんだろう。

結局スーダンのイミグレを出発したのは19:00。

エジプト出国、そしてスーダン入国手続きがすべて終了するまでに、

なんと5時間半もかかった(((( ;°Д°))))

今まで何度も陸路でボーダーを越えてきたけど、
入出国にこんなに時間がかかったところはなかった気がする。

1位だね。


19:30、ワディハルファ到着。
結局夜着になってしまった。

みんな降りて行ったけど、で、明日は何時に出発するのですか??
わけがわからなくオロオロする私たちをまたエジプト人が助けてくれた。

私たちはアスワンからハルツームまでの通しチケットを購入しているけど、
ここでチケットを替えてもらわないといけないらしい。

新しいチケットをもらった。

そしてレートは調べていたよりもよくなかったけど、
このままではどうにもならないのでエジプトポンドをスーダンポンドに両替した。

1エジプトポンド=1.15スーダンポンド。

公定レートだと1エジプトポンド=0.8スーダンポンドだから闇両替の方が全然ましだけど、
このレートは国境で聞いたレートとまったく同じだった。

ちなみにアスワンのバスターミナル付近にも両替屋さんはいっぱいいるけど、
彼らは1エジプトポンド=1スーダンポンドって言ってたから、
アスワンで両替するよりは国境かワディハルファでした方がお得ということになる。


さて。
気合い入れますか。

今日はやっぱりこの町で宿泊するしかない。

私はどうしてもこの町で宿泊したくなかった。

事前に調べていた情報だと、
シャワーもないような汚い宿でみんなベッドを外に出して寝るとか、いい宿情報がなかった。

てゆーかそもそもスーダンは情報が少なかった。

さすがに夜は冷えるから外で寝るような時期ではないけど、
それにしても写真とか見る限りでは私の許容範囲を完全に超えたような宿しかないように思えた。

先に出発した社長からも宿情報をもらっていたけど、
汚いですって回答でそこだけは泊まるもんかって思ってたぐらいで、
だからといってなんの情報もなく…。

そこらへんにいる人にホテルを聞いたら社長から聞いていたホテルの名前を言われた。

そこは嫌だと言った。
でも親切にしてくれたエジプト人が通訳してくれて、
彼らはこの町で1番のホテルはそこだと言っていると言われた。

絶望的。

そこ汚いって友達から聞いてると言ったけど、
とりあえずそこに行ってみて嫌だったら次を探そうということになって、
そのエジプト人の彼と3人でトゥクトゥクに乗ってホテルに向かった。


すると満室だと言われた。
カギがいっぱいかかってた気がするけど、気のせいか??
私はそこ泊まりたくなかったから別に良かったけど。


またトゥクトゥクに乗って地元の人が教えてくれたクレオパトラという宿に行った。

満室だった。


そんなことってある??
到着時間が遅かったから先に到着した人がみんな泊まっちゃったってことなのかな。

またトゥクトゥクに乗って3件目の宿へ。
ここは空いていると言われた。

DSC08822.jpg

マジで泊まりたくない雰囲気プンプンだった。
けど、もう3件も回ったし、明日も早朝出発だし私に選択肢はなかった。

看板写ってないけど、Nefertiti Hotelっていう名前。
1部屋60ポンド、1人30スーダンポンド(約450円)だった。
最初80ポンドって言われたけど念のため安くしてって言ったらあっさり20ポンド安くなった。


案内された部屋を見て私はドン引きした。


とても人を迎え入れる体勢がととのった部屋とは思えなかった。


DSC08821.jpg


これが噂の監獄宿…??


パイプベッドが4つ、シーツは一応かかってはいるけど完全放置っぽいしマジで汚い。
窓がなく虫も入り放題。


言葉も出なかった。


ホント無理って思ってエジプト人に頼んでもっと他にキレイな部屋はないか聞いてもらおうと思ったら、
そのエジプト人の部屋もまったく同じレベルの部屋で、
あと数時間だから我慢するしかないよって言われて撃沈した。


どうしよう、こんな部屋で寝ることなんてできない。
出発まであと8時間ぐらいある。


今まで私なりに気をつけてきたし、中には仕方ないかって宿もいっぱいあったけど、
ここは今まで泊まったどんな宿よりも最低なレベルだった。


言葉もなくして呆然とする私をともろーが写真撮る。

いや、私マジで笑えないけど。


IMG_0847.jpg

この写真ひど過ぎてみんな笑うし絶対使うもんかって思ったけど、
この時の気持ちが1番よくわかる写真だから使うことにした。

マジでヒドイ顔だよね。
言っておくけどスッピンめがねだからとかそういう問題じゃないよ。

最初ずっと立ち尽くしててベッドに腰掛けるまでも時間かかったしね。


部屋にいたくない気持ちと移動でまともにごはんを食べていなかったこともあって
とりあえず元気を出そうとレストランを探して歩いた。


超ローカルなお店に入ってどうしていいやらわかんなかったけど、
英語が話せる人がメニューを教えてくれてとりあえずチキンでって言ったらこれが出てきた。

DSC08824.jpg

まわりのひとはみんな手で食べている。
私は手は使いたくなくてフォークがないか聞いたらスプーンが出てきた。

スプーン×チキン、相性最悪。
超食べづらかった。味もどーでもいい感じだった。
チキン:20ポンド(約300円)


なにもない小さな町っぽかったけど、星だけはすごくキレイだった。
マジで追いつめられたと思ったけど、
星を見上げることもできるし、ごはんも食べることができるから私は強くなったんだと感じた。


でも全然元気は出なかった。

テンション下がりまくってまったく口をきかなくなった私を見かねて
ともろーがエマージェンシーシートを敷いて一応ベッドを寝れる状態にしてくれた。

DSC08827.jpg

数時間後にはこの宿を出れる。
耐えるしかない。

スーダン初日、ソッコー辛いです(ToT)

明日はスーダンの首都、ハルツームに向かいます!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。