↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーダン、ハルツームでのエチオピアビザ申請

こんにちは☆
リアルタイムは36ヶ国目エチオピアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年11月30日】
ハルツーム


エチオピア大使館は何時からやっているのかわかんなかったけど、
とりあえず9:00には着くように宿を出た。

歩いて約50分、エチオピア大使館に到着。

DSC08878.jpg

外から見るとこんな感じのところ。
門の前に警備員みたいな人がいるからわかると思うよ。

中に入ってまずは申請用紙を買う。
申請用紙:1ポンド(約15円)

私は写真を持っていなかったからここで撮ってもらった。
証明写真:8枚15ポンド(約225円)

申請用紙を記入している間に出来上がるから必要な人は最初に撮ってもらった方がいい。


=エチオピアビザ申請に必要なもの=

●申請用紙(現地で購入、記入)
●パスポート
●パスポートのコピー
●顔写真2枚
●申請料20ドル(シングルビザ)


申請用紙の記入が終わったらそこにいる人に必要書類のチェックをしてもらって移動。

貴重品以外の荷物はすべて預けて中へ入る。
荷物の引き換えとビザ申請の2つの番号札をもらう。
軽いボディチェックもあるから何気にちゃんとしている。

奥にある建物に入ると申請窓口がある。
必要書類を渡して待つ。

しばらくすると左端のカウンターで名前を呼ばれる。
申請料の支払い。

今回私はシングルビザの申請。
ダブルはカイロでしか申請できないって聞いたけど、ここで試したわけではないのでわかりません。

シングルビザの申請料は20ドル。
現地の人はみんなスーダンポンドで支払ってるし、
私も闇両替をしているスーダンポンドで払った方が断然お得だからツラっとポンドを出したら、
超冷たい一言。

オンリーダラー( ̄^ ̄)


沈。

言い方(`へ´*)ノ
いいけどね、20ドルぐらい(ToT)

支払いを済ませてレシートをもらってまた待つ。

しばらくすると書類を持ったおっちゃんが登場して数人の名前を読み上げる。
おっちゃんについて行って別の窓口でレシートを見せるとパスポートが返してもらえる。

終了。

私は9:00に大使館に到着してパスポート受け取りが10:30。
かかった時間は1時間半だったよ。

以前は午前中申請で午後受け取りとかだったみたいだけど、
最近の人のブログ情報とか見てるとそんなに待ち時間なくスムーズにもらえてるみたいで、私も同じだった。

昨日の外国人登録よりよっぽど簡単で楽チンだった。

DSC08880.jpg

その後大使館でまた一緒になった韓国人カップルとバスに乗って長距離バスターミナル、
ミンナバリ(Mina AI-Berri Bus Station)へ向かった。

明日ハルツームを出ていよいよエチオピアに向かう。

DSC08884.jpg

バスターミナルは超広くていくつも入口があるようなところだった。

ここはターミナルに入るのに1.5ポンドかかるから、
ターミナルのまわりにあるバス会社で聞き込みをすることにした。

私たちはどうやってエチオピアへ抜けるか超考えた。

1日でいっきにエチオピアへ抜けられる可能性もある。
バスの着時間次第。

スーダン⇔エチオピア間の国境が閉まるのが18:00。

それまでに越えられなければ国境の町ガラバートで1泊確定。
その町の宿の評判が最悪だった。
南京虫にやられたとかダニにやられたとか、とにかくろくな宿がない感じ。

私はそんなリスク背負って1日で国境越えしてやる!!なんて気持ちはまったくない。

ってことで途中の町、ゲダレフに1泊。
次の日国境を目指しエチオピアの目的地ゴンダールへ向かうことに決めた。

地図
※ピンクの場所が国境。
 1日目はブルー、ゲダレフまで。2日目はオレンジ、国境を越えてゴンダールまで移動(予定)

韓国人カップルはガラバートまで向かうらしくバスターミナルで一度お別れ。
それぞれバスを探す。

けど!!
ここ人が超ウザかった!!


DSC08885.jpg

いろんな人が近寄ってきてどこ行くんだ?こっちだこっちだって。

絶対手数料的なものを取ろうとしてるんだって思って、
自分たちで探すからいいって何度も言ってるのに何人もついてくる。

しまいには現地人同士でケンカが始まる。
きっと俺の客だ邪魔すんな!とかなんとか言い合ってるんだろう。


私は誰の客でもないけど( ̄^ ̄)


数人の人に聞いたらハルツーム→ゲダレフは75ポンド(約1125円)だった。
全員同じ金額言ったからこれが正規の価格なのかな。


ガラバートまで行く韓国人カップルに聞いたら、
ハルツーム→ガラバートは155ポンド(約2325円)って言われたらしい。

高っ!!

ゲダレフ→ガラバートはミニバスみたいので20ポンドぐらいで行けるっていう情報があったから、
それだったらガラバートまで一気にチケット買う必要ないよね。

ハルツームからガラバートへ向かう方、
ハルツーム→ゲダレフ、ゲダレフ→ガラバートって刻んだ方が断然お得ですよー!!



ってことで韓国人カップルもゲダレフまで一緒に行くことになった。
手分けして安いチケットを探す。

結局聞き回ったけど75ポンドってところばっかり。
念のためディスカウントプリーズしたら70ポンド(約1050円)にしてくれたところがあったからそこでお願いすることにした。

そこの人に連れられて結局ターミナルの中へ。
入場料:1.5ポンド(約20円)

DSC08886.jpg
こんなコインをもらう。

そこでまずチケットのカウンターじゃなくて別室みたいなところでパスポートチェックがあった。
エチオピアビザのページとか確認していたと思う。
ノートになにやら記入したあとチケットの裏にサインとスタンプをもらう。

DSC08898.jpg

そしてバス会社のカウンターへ。
ここで料金を支払ってチケットにおそらく日付とかシート番号とか書いてくれたんだと思う。

DSC08897.jpg

何書いてるかまったくわかんないけどね。

明日は7:00にバスが出発するから6:30集合って言われて終了。

この一連の流れで思ったけど、バスは前日までに購入しておくのがいいと思う。
パスポートチェックもあるし、ただチケット買って終了ってわけじゃなくて結構時間がかかったから。

ゲダレフ行きのバスは7:00発の他に10:00か10:30もあるって言ってたけど、
それでも朝行ってチケット探してってやるのは結構大変かなって思ったよ。


その後は町に戻ってイマイチ調子の良くない宿のWi-Fiに見切りをつけて
Wi-Fiができるというショッピングモールへ。

DSC08844.jpg

なかなか立派なところ。
地下にスーパーマーケットもあるよ。高いけど。

1階と地下1階にいくつかカフェがあって、だいたいどのカフェもWi-Fiがある。
私は地下1階のfashion cafeってところでやってみた。

DSC08890.jpg

DSC08891.jpg

一番ルーターが近いっていう場所に陣取ったけど、調子良かったり悪かったり。
なんとかブログがアップできるぐらいだったからまあ良しとしよう。
飲み物を頼んでも150円ぐらいだし長居できるからWi-Fiの悪い宿に泊まってもここに来ればなんとかなるよ。


夜ごはんは昨日食べてすっかりお気に入りになったフールを別のお店でオーダー。

DSC08893.jpg

DSC08896.jpg
フール:8ポンド(約120円)

昨日のお店の方が美味しかったけど私はフールお気に入り☆

明日は早起きしてバスターミナルへ!
キレイで居心地の良かった宿ともお別れし、この先どうなるのでしょう…??

また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
   
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。