↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムルシ族に会いに行く!!

こんにちは☆
リアルタイムは38ヶ国目タンザニアです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2014年12月19日】
ジンカ→ムルシ村→ジンカ

PC190211.jpg
Photo by DAISUKE


ムルシ族に会いに行くツアーは本当に大変だった。

何が大変かって交渉が!!

と言っても私は体調が悪くてダウンしてたから、
交渉は他のみんなに任せっきりだったわけだけど。
特に大変だったダイスケくんありがと☆

そもそもジンカに到着してすぐツアーの客引きにつきまとわれていた。

もういいからって言ってもずーっとずーっとついてくる。
レストランの中までもついてくる。


そんな感じで。


他の人のブログとかでもジンカのムルシ族ツアーの客引きがヒドイって話を見ていた。


まさにそれ。


中でもいい人そうな人と交渉を進める。

邪魔が入る。

何度も邪魔が入る。

しつこ過ぎる。

ジンカには子供ガイドもいる。
でも子供はガイドをしているのを大人にバレると叱られる。
大人の商売の邪魔をするなって。

人目を避けてダイスケくんが子供と交渉をしたらしい。
それが大人に見つかってしまって、その後少年が殴られていたらしい。


本当に嫌だ。


なんとかダイスケくんが交渉をしてくれて、他の人とは違う感じの良い人にお願いすることになった。

そして今日、日本人7人+ルーマニア人2人で無事出発できると思ってた。



8:30、宿を出発。
全員でバスターミナルへ向かう。
バスに乗り込む。


…。


なかなか出発しない。


現地人が大量に集まってきてなんだかピリピリした感じだ。


何かあったの??って聞くと、
私たちのガイドララが申し訳なさそうに私たちにこう言ってきた。


車代が上がってしまった。


(((( ;°Д°))))


は!?なんで!?



約束していた金額から突然80ドル上がった。


ララがだましたわけじゃない。
悪党どもの邪魔が入ったのだ。


大元締めのようなヤツがいてそいつが取り分調整でそうしているっぽかった。


当然私たちも納得しない。


でも+80ドルじゃないと車は出発しないと言う。


ララを責めることはできないし、
だからといってボスとやり合う元気はない。


もうこんな感じなら行くのやめよう。
全員の意見が一致してバスを降りた。


降りたらララがツーリストオフィスに行こうと言った。
なぜかみんなでツーリストオフィスへ。


その部屋に通されて事情を話しているうちに、
最初に約束していた金額で行けることになった。


オフィスまでさっきとは違うバスが迎えに来てくれた。
ホント謎。


その金額で行けるなら最初から行ってくれよって思ったけど、
ボス的な男は私たちのドライバーからお金をもらってた。


あいつなんなんだ??
なにもしていないのに金を巻き上げるなんて。
悪党だー。


そんなすったもんだがあって、
9時の出発予定だったのに結局10時半に出発した。

PC190719.jpg

12:00、ムルシ村へ到着。

PC190165.jpg

これがムルシ族の人達のお家。

ガイドのルルがムルシ族について説明をしてくれた。
それがとてもおもしろかったけど、
私の英語力で理解した内容は違う可能性が高いからここに書くのはやめておくね。

とか言いつつひとつだけ!
ムルシ族の人は結婚して旦那さんが亡くなってしまった場合、
その女の人は旦那さんの兄弟と結婚するんだって!!

その女性にも兄弟の方にも選択肢がないんだよー。
旦那の兄弟と再婚ってすごいよね。


そしてムルシ村見学がスタート。

PC190182.jpg

PC190183.jpg

子供も大人もみーんな私たちに群がって"Photo!Photo!"って言ってくる。
商売だ。


私たちも撮る人は選びたい。
全員と撮るわけにはいかないから。

でも1人選んでその人と撮ろうとすると横に何人も並んでいて、
一緒に写ってお金をもらおうとする人ばかり。

それが超おもしろかった。

PC190755.jpg

PC190760.jpg

私は2枚だけ写真を撮ったところでダウン。
体調が悪くてその後はずーっとバスで寝ていた。

寝ている間もムルシ族の人が何度も寄って来て写真撮ってとかなんかちょーだいとか言ってたけど、
かまってあげる元気もなくひたすら寝た。


だからここからは一緒に行ったダイスケくんからいただいた写真☆

PC190205.jpg

PC190206.jpg

PC190233.jpg

PC190232.jpg

PC190207.jpg

PC190198.jpg

この人、多分村で1番大きなお皿を入れている人!!


私はムルシ族の女性は全員お皿を入れていると思ってたけど、
入れているのは一部の人だけだった。


約1時間半ほどムルシ村で過ごしジンカへ戻ってツアーが終了。


多分みんな苦労するであろうムルシ村へのツアー詳細を書いておきます。


●個人でかかる費用
ムルシ村入場料:200ブル
Margo公園入場料:200ブル

●ツアーの人数でシェアする費用
車代:2000ブル
セキュリティ:110ブル
ガイド:400ブル

私たちは9人で行ったから1人680ブル(約4080円)だったよ!

所要時間は約5時間、ムルシ村の滞在時間は約1時間半。
ムルシ族の人と写真を撮るのは1人につき5ブル(約30円)
5ブル札に両替して持って行くのが好ましいと思おうけど、
私たちはガイドのララが両替してくれたり、
なんだったらムルシ族の人達も両替してくれた(*°∀°)=3


私たちのツアーガイドをしてくれたララ。

DSC09443.jpg

このツアーに行くまでに超いろんな人が声をかけてきたけど、この人はちゃんとした人だった。
最後まで疑ってしまって申し訳なかったなと思ったぐらい。


ジンカに到着したら宿、レストラン、とにかくどこにいてもツアーの客引きがしつこい。
そして悪党もいるから本当に大変だと思うけど、もし会えたらララにお願いしてみてもいいかと思う。
ララの相棒のソロモンって人でもいいよ。

でも私はこの人達を最終的には信じたけど、
最初の車代が突然上がってツアーオフィスに行くまでのくだりから
もしかしたら全員グルで自作自演かもしれないって可能性もあるけど。

トラブルの責任は取れませんが、私たちは親切にしてもらったので参考までに。

この人には気をつけて!って悪党の写真をアップしたかったけど、
ヤツは警戒心が強く写真を撮ることができなかったよ。ごめんなさい。


皆さんが無事ムルシ族と会えますように☆


次はケニアを目指してさらに南下です!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ

スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。