FC2ブログ
↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

知っていてもだまされる。

こんにちは☆
リアルタイムはアフリカ大陸最後の地、マダガスカルです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年01月13日】
ムベヤ→ンカタベイ


今日はタンザニアをあとに、マラウイのンカタベイという町を目指す。

5:15、起床。
国境行きの6:00発のバスに乗る。

バスターミナルはなかなか広くてバスがいっぱい。
どこに行ったらいいかわからずボーダーボーダーって言いながら歩いていたらオフィスに連れて行かれた。

DSC00333.jpg

ともろーがチケットを購入。
ゆきんこは荷物番。

ともろーはムベヤからマラウイまでの行き方を色々調べてくれていた。

ムベヤからボーダーまで直行で行く大型バスがある。
でも大型バスのチケットを買ったかと思えば小さな乗り合いバスみたいのに乗せられてどこかの町で乗り換えさせられ、
そこから国境まで追加料金を取られ騙されたっていうブログがあったから注意しようねって言っていた。

オッケー大型バスね!!

って言っていたのに、

私たちは見事に騙されたヽ( ̄д ̄;)ノ


チケットを買ってそこの人にバスまで連れて行ってもらう。
そこに待っていたのはハイエースみたいな車。


え?なんで?


珍しくともろーが怒っている。
ビックバスって言ったじゃないか!!って。

おぉーともろー怒るんだ(*°∀°)=3

ビックバスじゃないならキャンセルするから金返せっ!!って。

いいぞともろー!
よく言った!!

嘘つきやろうめヽ(o`皿′o)ノ


でも相手も必死で食い下がる。
どこかで乗り換えるけどちゃんとボーダーまで行く。
追加料金なんてかからないと主張。

国境までのチケットは15000シリング(約1100円)で購入。
それは国境まで直行の大型バスの金額だ。

この車で行くならそんなにかかんないのはわかっていた。
もしこれに乗せたいなら金返せって言ったら2000シリングだけ返された。

そんなのマジで全然足りないんだけど、
早朝まだ暗いバスターミナルを歩き回って大型バスを探す気力もなく、
そしていくら返してもらえば妥当なのかの計算がすぐにできるほどまだ頭が働いていなく、


結局諦めた(ーー;)


5:50、出発。
知っていたのにまんまと騙されたことでいつもはだいたいなんでもまいっかーって感じなともろーが
超悔しそうだった。


地元の人が何度も乗り降りする超ローカルバスでナナナーリみたいな名前の町へ。
ここマップにも出てこないからこんな風に聞こえたって地名なんだけど。

DSC00335.jpg

6:30、
ここで国境行きの中型バスに乗り換える。

DSC00336.jpg

どうせここで追加料金を請求するんだろ??って思っていたけど大丈夫だった。

騙されたことには変わりないけど。

おそらくこの区間は、

ムベヤ→ナナナーリ 500シリング
ナナナーリ→ボーダー 5500シリング

合計6000シリング(約440円)ぐらいで行けるだろう。

私たちはこんなローカルバス乗り継いで行くのに倍以上の金額を払ってる。
最悪。

DSC00337.jpg

同じルートをたどる方がいたらご注意ください。
私たちは買えなかったから大型バスチケットはここで買ってねって言えないけど、
私的には大型バスに片っ端から声をかけてボーダー行きか?って聞いて
そこで直接買えば良かったかなーと思ったよ。

ターミナルがわりと広いしバスも何台も停まっていたから大変かもしれないけど。

私たちは朝からダルいしダイレクトで国境まで行きたいって思ってたから大型バス狙いだったけど、
ローカルバスを乗り継いで行けば半額以下の金額で国境まで行けるから節約派の方はこのルートを!


8:50、国境手前の町に到着。

DSC00339.jpg

コロコロバックをコロコロするのが大変な未舗装の道を歩いて国境に向かう。


国境手前のお店で朝ごはんをいただく。

DSC00345.jpg

DSC00341.jpg

揚げパンみたいのとスープ、それに卵焼きも作ってもらった。
全部で4000シリング(約290円)
ここ、多分ぼられた。高過ぎる。いいけど。

DSC00348.jpg

DSC00351_201502232329574fa.jpg

タンザニアの出国、そしてマラウイの入国も超スムーズで全然時間がかからなかった。
イエローカードの提示は求められたけど。

DSC00353.jpg

さて、ここから目的地のンカタベイまでどうやって行こうか。
まずはKaronga(カロンガ)という町まで行って、Mzuzu(ムズズ)行きのミニバスに乗る。
そこからさらにンカタベイ行きのミニバスに乗る。

地図

調べたところによるとこんな感じ。

とりあえずカロンガ行きのバスに乗るかーって思って歩き始めたらなんと向かえから
ムズズというプレートを掲げたミニバスがやって来た。


一気にムズズまで行けるんだったらこっちの方が良くない!?って思って乗ることにした。


そう言えば、タンザニアシリングだけど残さないのがベスト。
私は日本円で言うと12000円分ぐらい残しちゃって、
国境で替えればいっかーなんて気軽に考えていたけどレートがあり得ないぐらい悪い。
レート悪いからって断ってあとからどこかで替えようと思ったけどそれ以降替えてくれるところは見つからなかったよ。

だから
タンザニアシリングは使い切ること。
もし残ってしまったらレートが悪くても必ず国境で替えること。

私の記憶によると確かタンザニア側で替えた方がまだましだった気がする。
ちょっと曖昧で申し訳ないけど。

誰か、タンザニアに行く方私のシリング替えてくれませんか?w
それかもう1回行こうかな。


DSC00356.jpg

田舎道を走る。


DSC00358.jpg

こんなギュウギュウ詰めでヽ( ̄д ̄;)ノ

どう考えても3人がけに4人座らせるからなー。
狭いし汗かくし。


11:30、カロンガ到着。


アレ?全員降りるっぽい。
これムズズ行きだよね??



わけもわからずとりあえず車を降りると、
わーっと人が寄って来てムズズ?ムズズ?って言って、
うんって答えると私たちのバックパックを車から降ろして勝手に別の車に運び始める。


ちょっと待ってよ!誰あんた!?


私たちはマラウイのお金を一切持っていなかったから、
バスに乗る前に事情を話してムズズに着いたらATMに連れて行ってもらって
お金をおろして支払いをするって約束をしていた。


どうなってんのかわけわかんないまま私たちが乗って来たバスのドライバーと荷物を持っていった人との口論が始まる。


その隙にドライバー補助の人が私たちの荷物を取り返してまた元のバスに積み込む。
大丈夫だからバスに乗ってていいよって。


本当に大丈夫??ってイマイチ信用できずにいたけど、
その人達はちゃんとATMまで連れて行ってくれた。

無事マラウイの通貨をゲットしてまたバスターミナルに戻る。

そして私たちは結局別のバスに乗り換えることになった。
全然ダイレクトじゃないじゃん!!って思ったけど、
最初に乗ったバスの人が私たちがムズズまでって言って払ったお金をちゃんと次のバスのドライバーに払ってくれたし大丈夫そうだったからまいっかーって次のバスへ。


16:20、ムズズ到着。

DSC00359.jpg

ンカタベイ行きのバスを探す。
今日は乗り換え三昧。もうヘトヘト。

17:00、ムズズを出発。
ここから30分ぐらいで目的地のンカタベイに到着する。


…ハズだったのに、

宿まであと4キロというところでまさかの故障。
エンジンがかからなくなってしまったようだ。

DSC00363.jpg

男性陣、車を押す。


なぜか楽しそうなともろー。
いまだに意味不明ヽ( ̄д ̄;)ノ


DSC00364_20150223233042dbf.jpg


車は押さなきゃ動かない状態なのに何が起こったのか倒れた木が道を塞いでいる。


DSC00368.jpg


マラウイどうした??ヽ( ̄д ̄;)ノ


結局残りの4キロはずっと下り坂だったからその後エンジンがかかることはなかったけど
なんとか宿の近くまで辿り着くことができた。


疲れた。


そして事前に調べておいたBig Blue Backpackersという宿へ。
ここは日本人の人が結構泊まっている宿っぽい。

でも調べていた金額よりかなり値上がりしていた。
そして金額だけじゃなく、スタッフの対応が最強に悪過ぎて私は激怒。

とりあえず、

あなた達はとても不親切な人だ。

それだけ言ってその場を去った。
こんな宿どんなに安くても私は絶対に泊まらない。

でもあまりに疲れていたからすぐ横の宿にチェックイン。
Wi-FiはないけどBig Blue Backpackersより安くてスタッフも親切だったし。


そして私たちはとりあえずビールを探しにスーパーへ向かう。
到着が遅かったせいでスーパーは閉まっていた。

しかも町全体が停電している。
真っ暗。


道行くおじさんにバーまで連れて行ってもらった。
真っ暗な中とりあえずビールをいただく。

ビール:400クワチャ(約110円)


飲んでいる間に電気が復活したからそのままレストランへ。
マラウイのローカルフード。

DSC00370.jpg
私はBeef with Rice。ビーフシチューみたいな感じだったよ。
美味しかった☆
600クワチャ(約160円)

ともろーはFish with Rice。

DSC00372.jpg

魚がリアル過ぎて頼まなくてよかったと思った。


ごはんを食べて宿に戻る。
夜電気がついて気がついたけど、
部屋の中に虫がいっぱいいて私は怖くて怖くて仕方なかった。
何度悲鳴をあげて何度ともろーが始末してくれたかわかんない。

明日は絶対に別の宿に移動すると決めてなんとか就寝。
長い1日だった。


ムベヤ→ボーダー
所要時間:約3時間
運賃:14000シリング(約1020円)
※途中ナナナーリみたいな町で乗り換え。
 先に書いたけど私みたいにローカルバスを乗り継いで行くなら多分6000シリングぐらいで行けるはず。
 ボーダーまでダイレクトで行きたい人は大型バスのチケットを買うこと!!

ボーダー→ムズズ
所要時間:約6時間
運賃:3500クワチャ(約950円)
※途中カロンガで乗り換え。所要時間は乗り換え時間を含む。


ムズズ→ンカタベイ
所要時間:約45分
運賃:1000クワチャ(約270円)

そして明日からも過酷なマラウイ生活が待っているなんてその時はまったく知らなかったのでした。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト



テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント