↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全アウェイ、あっという間に取り囲まれる。

こんにちは☆
リアルタイムはマダガスカルを離れ南アフリカに戻りました!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年01月17〜18日】
ンカタベイ→リロングウェイ


DSC00473.jpg

朝起きたらまだ停電していた。
天気も悪そうだった。

ただただダルかったくせに今日の移動は厳しいな、
なんて言って結局ここにもう1泊することにした。
ンカタベイという町、そしてこの宿も居心地が良過ぎる。
電気があてにならないのにそう思うからよほど居心地がいいんだろう。

DSC00449_2015022817100330d.jpg

結局昼までずっと停電してて、一瞬ついたけどまた停電して。
夜またついて1時間ぐらいで消えて、また1時間ぐらいでつく。

そんな感じの繰り返し。
嵐はマラウイに相当な影響を及ぼしたらしい。


電気がないなんて非日常の生活、悪くなかったけど。


そして次の日はいよいよンカタベイを出発した。
このあとマラウイの首都リロングウェイへ行き、そこから次の国ザンビアを目指す。

地図


洪水で橋が2つ流されたからここからリロングウェイ行きの直行バスはないって言われてた。
一度ンカタベイからムズズという町まで戻ってそこからリロングウェイ行きに乗らなければいけないと言う。


でもここからリロングウェイ行きのバスは6:30発という情報はあったから、
とりあえず行ってみてなかったら迂回しようってことで6:00にバス乗り場へ。

DSC00458.jpg

行ってみると普通にリロングウェイ行きのバスがあった。
良かった!

DSC00460.jpg

3列×2列の横5列シート。
市営バスみたいな感じ。

荷物は1番前の席を潰してみんなじゃんじゃん乗せていく感じ。


6:30、バスは定刻通り発車した。奇跡。

DSC00461.jpg

途中何度か検問があった。
その度に全員バスから降りる。

私たちは外国人だから検問の度パスポートチェックをされた。


田舎道をただひたすら走っていく。

DSC00464.jpg

DSC00469.jpg

数日前は本当に通行が不可能だったんだろうっていうぐらい
嵐の傷跡が残るような場所も多くあった。


15:30、マラウイの首都、リロングウェイに到着。

DSC00471.jpg

アフリカのバスターミナルはだいたいどこの国どこの町も客引きがいっぱいいてごみごみしててうるさくて汚くてって感じだったけど、
リロングウェイのバスターミナル、そしてその周辺はマジで超汚かった。

ゴミ溜め。

ハエもいっぱいたかってるし私はドン引きしてしまった。
早く宿にチェックインして明日の朝のザンビア行きのバスチケットを買わなきゃ。

この町に2泊とか絶対にあり得ない。
感覚的に治安の悪さを感じた。

バスターミナルで警察にザンビア行きのチケット売り場を聞いて先にチケット確保に向かうことにした。

DSC00474.jpg

ここからザンビアの首都ルサカへ向かう。
バスは毎日じゃないっぽかったから超ドキドキしてたけど、
明日はあるらしく無事チケットを買うことができた。

雰囲気は全然良くないけど明日の朝にはここを出るから宿はバスターミナルの近くにすることにした。


チケットオフィスの横に大きなホテルがあった。
もうそこでいっかーと思って行ってみたけど、そこの雰囲気も良くなかった。
部屋は我慢できるレベルだったけど、スタッフの人の対応もあまりよくないし、
厚化粧で露出度かなり高い服を着た若い女の子がたくさん出入していて、
連れ込み宿?そんな感じだったからやめた。
バーなのかレストランなのか超騒がしかったし。


そしてそのホテルの並びにあるこちらの宿にチェックイン。

DSC00470.jpg

人がまったくいなくて静かだし、スタッフの人も親切で良かった☆


そして珍しく部屋に冷蔵庫があったから、

コレ、冷たいビールすぐ飲めるっていう最高の環境じゃん!!

とテンションが上がって、
早速スーパーを探して本日のビールを仕入れにいくことにした。


そしてスーパーで無事ビールを購入。
宿までは歩いて10分ぐらい。

そのわずか10分の間に事件が起きた。


この道の方が近道じゃない??


来た道とは違う細い通りを歩いた。
両サイドには小さなお店がいくつもならんでいて人もいっぱいいて賑やかな通り。

外はまだ明るいし、宿までホントあと5分ぐらいの距離。


店先で炭でお肉を焼いているところがあった。


これ美味しそうじゃない!?
てゆーかつまみに最高じゃない!?


って。


いくらか聞いたら150クワチャって。


え?超安い!!

だって150クワチャって約40円!!



いや…いくらなんでも安過ぎない??
屋台ってこんなもんなのかな??


そう思った私はipadの電卓に"150"って打ち込んで見せてみる。
うなずくお兄さん。


本当に!?
もう一度見せる。


お兄さんがうなずく。


じゃあ1つ♪


目の前で器用に肉をカットしてサイコロ状にしたものを焼いてくれる。
焼いている間に私たちが買う予定の肉をひとつずつ味見した。


美味しい☆
早く持って帰ってビール飲みたいなーなんて思って待っていた。


ここに到着した時になんとなく治安の悪さを感じたから、
夜は外に出ないでごはんも宿のレストランで食べようと話していた。

部屋に冷蔵庫がある快適っぷりだから問題なし♪


肉が焼き上がった。
袋に入れてもらう。

200クワチャを渡す。
50クワチャのおつりを待つ。

おつりをもらう方の私ではなくお兄さんが手を出している。


へ?(゜◇゜)
なんで??



お兄さん:1500クワチャだ。


あ?なんで突然ゼロが1つ増えてるんだよ!!


ゆきんこ:あんた150って言ったし私さっきこれ見せたよね!?


お兄さん:イヤ、1500だ。


ゆきんこ:ウソついてんじゃねーよ!!


言い合い。

もう話になんないし1500クワチャならいらないからってお肉を返して歩き始める。


お兄さんが追いかけてくる。
腕をつかまれる。


ちょっとー離してよ!!


お兄さんも一歩も引かない。


今思うと1500クワチャなんて払えばよかっただけの話だ。
日本円で400円ぐらいのものだ。


だけど私は納得できなかった。


ちゃんと確認して目の前でうなずいたそいつがツラっとゼロひとつ追加?
なめんなよ!!って思っちゃって。


どう考えたってそんなもの1500クワチャしないことはわかっていたし。

だってレストランで肉食べたってライス付きで600クワチャぐらい。

私は高級レストランで高級ブランド肉を買ったわけじゃない。
屋台で焼いてる肉だ。


店先でもめていると救世主が登場した。
英語の話せる現地人。


事情を説明すると救世主がそいつになんか言って、
私たちにいいからもう行きなさいって言ってくれた。

よかったーと思って歩き始めたけど、そいつはまだ追いかけてくる。
金よこせって。

私たち肉もらってないし!!


そんなことをしていたら気づけばそこは人だかり。
マラウイ人に囲まれ完全アウェイな状態。


冷やかしの人、そいつの味方、救世主はいるけどこの状況はマズイ!!!!!


救世主:その肉は食べたのか??

ゆきんこ:食べてないし肉ももう返したって!!


なんで肉食べたとかそんな話に…


(((( ;°Д°))))


アイツさっきの味見のこと言ってやがるー!!
汚ねぇー!!!!!



食べてみろ食べてみろって勧めてきたのお前だぞ!!


しかも端っこにあった小さい肉ひとつずつ食べただけなのに!!


それ今言う!?




すると救世主が半額で話つけたから750クワチャだけ払えばいいからって言ってくれた。


は!?意味わかんない!!
全然納得できない!!


だっておかしいじゃん!!
750クワチャでも絶対買わないからもうあっち行ってよ!!



するとそいつがともろーが抱えていた本日の私たちのビールに手を出しやがった。


ふざけんなー!!
大事な大事なビール!!



そいつとともろーがビールの取り合いをしている。


まわりの人もワーワー言ってもうぐちゃぐちゃだ。


いつの間にか救世主もいなくなってしまった。


私たちVSそいつ&その他大勢


そんな最悪な構図になってしまった。


…勝てない。


そこにいた女の人に

Just pay just go!!

と言われた。


もうどう考えたって勝ち目はない。
早くお金払ってここから逃げなさいって、この状況を見ると正しい判断。


悔しかった。
怖かったけど、超悔しかった。


お金を払ってダッシュで宿に戻った。


そして私は思った。


なにが

ウォーム・ハート・オブ・アフリカ

だ!!


どこがだよ!!!!!


私たちも実は最初マラウイに来るつもりはなかった。
タンザニアからタンザン鉄道に乗ってザンビアに抜ける予定だったからだ。


でもマラウイは人がいいとか、
ウォーム・ハート・オブ・アフリカって言われているとかを聞いて興味がわいた。

旅をしていて嬉しいのはやっぱり現地の人が笑顔で迎えてくれたり、
親切にしてくれたり、ふれあえたりすること。


だから乗りたかったタンザン鉄道を諦めてマラウイに来た。


マラウイに入ってからここまでもちろん親切なおじちゃんとか親切な宿のスタッフに出会ってはいたけど、
正直他の国と比べて"マラウイは特に人がいい!"みたいな感覚はここまでなかった。


あれ?ウォーム・ハート・オブ・アフリカじゃなかったっけ??


っていつも言ってた。


それで最後にこんなことが起きた。


もちろんこちらの不注意もあったと思う。
治安の悪さを感じていながらもいくら日中とは言え観光客丸出しでビール何本も持ってウロウロ歩いていたらカモにされて当然かもしれない。


だからと言ってそいつは許せないけど。


終わりよければすべて良し

の逆。


今まで移動がしんどいとか停電ばっかとかWi-Fi使えないとか、
それでもそんな毎日を楽しんでこれたのに、

マラウイ最後の日にこんなことになって、私の中でマラウイの印象が一気に悪くなるのを感じた。

ウォーム・ハート・オブ・アフリカなんて聞いていなければよかったのかもしれない。
過剰に期待し過ぎたんだと思う。


私が滞在したのはほんの数日で、出会った現地の人なんてごくわずかでしかないけど、
私の判断材料はそれしかない。
私はマラウイをウォーム・ハート・オブ・アフリカとは思わない。


DSC00476.jpg

これ、原因の肉。

DSC00479.jpg

死守したビール。


宿のレストランでごはんを食べていたらやけに陽気な男が入ってきてごはんを食べている私たちにしつこく絡む。

ずーっといるしずーっと話しかけてくるし
なんだこいつ?って思ってたら最後にビール1本くれって。


さらに後味悪い。
宿に避難したつもりだったけどここまで来るヤツがいる。
ビールを持って宿に入るのを見たから来たんだ。
あの事件のあとだったからうんざりしてその後は部屋に引きこもった。


さらばマラウイ。


ンカタベイ→リロングウェイ
所要時間:約9時間
運賃:5000クワチャ(約1350円)
※バスは6:30出発。
 大きいバスはそれしかないからすぐわかると思う。
 乗り場は町を歩いていれば絶対にわかるからご安心を!


明日はザンビアへ!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。