FC2ブログ
↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

どっちつかずの態度。

こんにちは☆
リアルタイムは47ヶ国目ベトナムです!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年02月13日】
マレアレア→マセル→ブルームフォンテーン


P2130377.jpg


今日は来た道を逆戻り。
レソトを出て南アフリカのブルームフォンテーンまで行く。

DSC01337.jpg

広々キッチンで朝ごはんを作る。
ケープタウンから買いだめしてきた大好きなミーゴレン♡

DSC01339.jpg

もっと買っておけばよかったな。


ここでともろー以外のみんなとお別れ。
ずっと一緒にアフリカ大陸を縦断してきたゆうくんは南米へ、
何度となく再会を繰り返してきたイトキン&こうちゃんは南アフリカに行ってその後モロッコへ
JPはアフリカ大陸を北上する。

しばらく再会はできそうもない。

DSC01343.jpg

これ全員35歳(*°∀°)=3
旅行先で出会う人の9割は年下の中、貴重な同い年♡

JPやっぱり若いな、35歳に見えなくない??

DSC01341.jpg

それにしてもイトキン&こうちゃん派手過ぎ(*°∀°)=3

DSC01344_201503290206340df.jpg

昼前には出ようかって話してたけどまさかの大雨。
きのうトレッキングしてよかった。てゆーか昨日しかチャンスなかったけど。
マジで昨日晴れてくれてよかった☆

今日は移動日だからまあいっかっていうような雨じゃなかった。
豪雨!!雷雨!!

ちょっとの距離を歩くのにずぶ濡れになるレベル!!

マレアレアロッジの敷地を抜けるだけでかなりの被害を被る。
11:30、やっとバスが満席になって出発。

ここに残るこうちゃんとはここでお別れ。
またね( ´ ▽ ` )ノ

14:30、マセル到着。

DSC01348.jpg

近くでお昼ごはん。

DSC01347.jpg

DSC01346_20150329020636d28.jpg

ショーウィンドウにならぶ商品を指さして購入。
ポテトモリモリ&ビーフ煮込み的なものモリモリ:26ランド(約286円)

激安!!そしてモリモリ!!
量が多過ぎて2人でシェア。ピリ辛ポテト美味しかったな☆

DSC01350.jpg

通りを走るバスをつかまえて国境まで向かう。
マセルに1泊して明日のフライトで南米へ向かうゆうくん、
マセルにもう1泊してから次のこと考えるというJPとはここでお別れ。
またね( ´ ▽ ` )ノ

ともろーとイトキンと3人で歩いて国境を越える。

DSC01351.jpg

出たところからブルームフォンテーン行きのバスに乗車。
16:00、出発。18:10、到着。

そこから長距離バス乗り場まで乗り合いバスで。
戻って来た。

DSC01278.jpg

イトキンはこれから夜行バスのチケットを購入してケープタウンへ、
ともろーと私は今日の夜中出発の夜行バスでヨハネスブルグに向かう。
チケットはレソトに行く前に購入しておいた。

ちょっとそのお話。
私たちは悪名高いヨハネスブルグに中途半端な時間に到着することだけは避けたかった。
日没後、陽が昇るまでの時間帯。
夜行に乗って朝着が1番理想なんだけど、所要時間がたったの6時間というなんとも微妙な感じ。
睡眠時間が足りない…じゃなくて、変な時間に乗ると陽が昇る前に到着しちゃう。
ってことで、出発を変な時間にした。
ヨハネスブルグのバスターミナルで陽が昇るのを待つよりも、
ここブルームフォンテーンのバスターミナルに夜中までいた方が安全だと思ったからだ。

で、バスなんだけど今回ももちろんお気に入りのIntercape社のに乗りたかった。

でもやはりお高い。
たったの6時間だし他の会社のでもいいのでは…そう思って私たちはTrans Lux社を選んだ。

DSC01279_20150329020556817.jpg

ちなみに…
Intercape社のバスは
23:35発→04:30着:350ランド(約3850円)
01:10発→07:00着:320ランド(約3520円)
02:45発→08:10着:330ランド(約3630円)

Trans Lux社は、
00:30発→06:30着:280ランド(約3080円)

※希望の時間帯のみ確認、記載は一部
※2015年2月時点

話を戻して、
バスターミナルに到着して、
あーやっぱりIntercapeはお金を出す価値があるんだという事実に直面する。

ここには数社のバス会社が入っているけど、
客専用の待合室を持っているのはIntercape社だけだ。

DSC01356.jpg

その他のバスの人はベンチの取り合い。
ベンチっていってもちょっとしかないしすでに座る場所がなくて床に座っている人もいるぐらいだった。

これから約6時間ここでバスを待たなければいけない。
でもIntercapeの乗客ではない私たちはたーくさん空いているベンチに座ることができない。


仕方ないね、とりあえずコンセントを見つける。
充電開始1分でコンセントの使用はしないようにと警備員に注意される。

ですよね、すみません。

でも6時間の暇をつぶすには電源確保は絶対条件。
どうしよーIntercapeの待合室入りたいなー。

そこには境界線がはっきりくっきり敷かれている気がした。
入りたいよー。

そこにケープタウン行きのチケットを買いに行ったイトキンが戻ってきた。

ネットで調べていた激安チケットのバス会社のカウンターでとっても邪険に扱われたと。
ここの機械が壊れてるから今ここでチケットを買うことはできない、ネットから買えと言われたらしい。

ここ、Wi-Fiない。

ここで買えないなんてなくない!?

イトキン再チャレンジ。
買えない。ドライバーから直接買えと。でも残席が4席しかないって。

でももしドライバーから買えなかったら、
こうしている間にネットで4席買われてしまったらイトキンはこのバスターミナルに一泊だ。

ということで念のためIntercape社に聞いてみることにしたのだ。


ナイスイトキン(*°∀°)=3


私たちも一緒に入っていってパンフ的なのを見ながら、
このバスに乗るか乗らないか悩んでいるふりをした。

別の会社のチケットを持ちながらここのチケット買うかもよー的などっちつかずの人に成り済ましたのだ。

そしてそのまま居座ることに成功した。

DSC01357.jpg

でもこっちが気にしていただけで向こうは別に気にもしていないし、
どこのバスに乗る人だろうが受け入れてくれる寛大なバス会社だったのかもしれないけど。

親切にコンセントまで使わせてもらった。

快適な待ち時間も込みの高値と考えると出す価値ありのバス会社だと思った。
数百円の差だ。その差に見合う快適さだもん。

IMG_0988.jpg

そのおかげで私は待ち時間をブログを書く時間に、
奥にいるアーティストイトキンは作品制作の時間にすることができた。

イトキンは結局安いバス会社のバスは満席になってしまってIntercapeのバスでケープタウンへと向かった。


結果彼だけは正々堂々とこの待合室を使っていい人だった。
ウケる(*°∀°)=3



私たちのバスはちょっと遅れて0:55に出発した。


マレアレアロッジ→マセル
所要時間:約3時間
運賃:50ランド(約550円)+荷物を置く3シート分を5人で割って1人30ランド(約330円)
てゆーか2シートしか使ってないのにー

マセルバスターミナル→国境
所要時間:約15分
運賃:10ランド(約110円)

国境→ブルームフォンテーン
所要時間:約2時間
運賃:100ランド(約110円)


明日はまさかあんなことになるなんて。長い長い1日。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト



テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント