↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を叱ったら受けた親からの制裁。

こんにちは☆
リアルタイムは48ヶ国目タイ!現在地はチェンマイで療養中です!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年03月28日】
ムイネー


P3280898.jpg

今日はもうひとつ行きたい場所がある。

FAIRY STREAMというところ。
ムイネー観光と言えば!のところらしい。

写真を見てみるとキレイそうだったし、
宿からすごく近い場所にあるから今日行ってしまおうと思って。

DSC02217.jpg

宿のお姉さんには近いし全然歩いて行けるよーって言われたけど、
今日の朝張り切ってガソリン満タン入れて超あまってたから原チャで向かった。

DSC02232.jpg

失敗。こんなところお金とるの?ってところなのに駐車料10000ドン(約60円)取られた。
ビール1本買えたぜぃ。


ここFAIRY STREAMは"妖精の小川"なんて名付けられてるんだって。
レッドサンズの赤と石灰岩の白のコントラストが幻想的な雰囲気らしい。


では早速。

小川を歩いて行く。

P3280886.jpg

足がちょっと気持ち悪かった。
まわりにゴミがいっぱい落ちてて超汚かった。


P3280893.jpg

進んで行くと石灰岩が見えてきた。

P3280896.jpg

そしてレッドサンズが。


P3280899.jpg


すごーい!!この景色!!


石灰岩の間を砂が流れ落ちている。

P3280903.jpg

P3280904.jpg

P3280906.jpg

こんなの見たことない!!


ここはムイネーのメインロード沿いにある入口から入って、
すぐ下を流れる小川を10分ぐらい歩いたところにある。

こんなすぐの場所にこんなところがあるなんて!!


私は超テンションが上がって写真を撮りまくった。



そして突き当たりまで行ったところでそこにいた子供が話しかけてきた。
10歳ぐらいだろうか。


あにょはせよ〜

私は韓国人じゃなくて日本人だよ。


滝見る??


カタコトの英語で話をする。


奥まで行くと滝があるってネットで見ていた。
せっかくだからそこまで行こうと思っていた。


見るよ、と言うとこっちだよって道案内をされる感じに。


私は瞬時に察した。
お金ちょーだいって言われるやつだ。


私はひとりで行くからいいよ、大丈夫。そう言った。


確かにこれどこから行くんだろうってわかりづらい道ではあった。
でも奥の方に欧米人らしき観光客が見えたからそっちの方だなと思って歩き始めた。

でもその子が私の前を歩くから自動的に後をついて行く感じに。


砂の斜面を降りたり、スネぐらいまで浸かる川を渡ったり、
結構道のりが大変だったから戸惑って時間がかかる私を彼女、
そしていつのまにか現れた妹らしき子が振り返って待つ。

なんだったら手を貸してくれようとする。


私は大丈夫だからと言って手を借りなかった。
チップを渡す気がないからだ。


これはそれぞれ考え方があるだろう。
チップは気持ちだから。

相手は子供なんだしかわいそうだからちょっとお小遣いをあげるぐらいいいじゃん?
そいう考えもあるかもしれない。

でも私はそうじゃない。
お願いしたことに対してのお礼はしたいと思う。
でも私は1人で行きたかったし、勝手に案内してきてお金ちょうだいは間違ってると思うから払う気はなかった。


そしてもう1度言った。
私は1人で滝を探すし、1人で行きたいから。大丈夫だから。


それでも前を歩く彼女達。

DSC02231_2015042413553921e.jpg

結局彼女達と滝についてしまった。

P3280909.jpg

あの…ここ滝なんだけど、わかる??

まあそんな場所だった。
確かに1人だったら見逃していたかも、そう思った。


写真を撮っていると案の定彼女がお金ちょうだいと言ってきた。


ほらね。


なんで?


ごはん食べれない、ママがどーのこーの、
なんかとにかく困ってる的なことを言った。


で、なんで私がお金を出すの?


ここまで連れて来たから。


誰が頼んだの?私連れて来てなんて頼んでないよ。
1人で行くって何度も言ったでしょう??


またごはんとかママとかの話を繰り返す。


彼女はこれが仕事だ。
ここでお金を払う人もいるだろう。
だから彼女の商売が成り立っている。


絶対に渡さない、
そう決めて歩いてきたけど気持ちが揺らぐ。
この場所、ひとりだったらたどり着かなかったかもしれない。
だったら諦めて引き返してただろうけど。

でも着いてしまったのだ。
かばんに手を伸ばしかけた。

2人の姉妹が私を見つめる。


私の英語力、そして彼女の英語理解力でどこまで伝わるかわかんないけど思っていることを伝えようと思った。
それでなにが変わるわけじゃないだろうけど、余計なお世話だろうけど、なんか伝えなきゃと思った。


私は彼女の目を見つめてこんな話をした。

お金が欲しいならどうして最初に言わないの?
あなたが滝までの案内を仕事としてそれでお金を稼ぎたいと思ってるなら、
滝まで案内するからチップをちょうだいって先に言うべきだと思う。
案内して欲しい人はあなたにお願いするだろうし、
私のように1人で行きたいって思っている人はお願いしないだろうし。
それを頼んでいない私からしたら、勝手に連れてこられてお金ちょうだいって言われて、なんで??ってなるでしょう。
あとから言うのはフェアじゃないと思う。

わかる??

どこまで伝わったかわからない。
何も伝わってないかもしれない。

私は結局お金を渡さなかった。
ここで渡したら今私が言ったことの意味がなくなってしまう。

彼女達は走って来た道を戻って行った。

私はゆっくり歩いて戻る。
なんだか気持ちが重かった。


やっと彼女達と会った場所まで戻ってきた。
すると若いカップルが私に声をかける。

DSC02228.jpg

彼らは私が最初ここに着いた時から岩の上でのんびりしていた。


まさか…

私の子供達にチップをあげてくれ
お腹がすいてるしあーでもないこーでもないなんか言ってる。


この人母親!?

ちょっと待て、じゃあこの人がお父さん!?



ふたりでこんなところにただただ座って何もせず、
子供達に観光客をカモにさせてチップを稼がせるなんて!!

なんなんだ!?
なんか色々事情があるんだろうけど、
子供がお腹をすかせているなら親であるあんた達がなんとかしなさいよ!!


私はカチンときた。


私に関係ない。
私は滝に連れて行ってくれなんて一言も頼んでない。



そう言ってその場を去ろうと来た道を戻る。
お父さんが岩からダッシュで降りたのが視界に入る。


やばい、追いかけられるのかも…


怖い。
心臓がバクバクする。


ここには他の観光客の人が1人もいなかった。


案の定お父さんは私の行く手を阻んだ。


お金を払えと言う。


私は払わないと言って彼の横を通り過ぎようとした。


もう早くこの場から逃げて他の観光客がいる安全なところまで戻りたかった。


そのとき彼が私の腕をつかんだ。


(((( ;°Д°))))


怖いっ!!!!!



この人ムリヤリ奪う気!?
それとも暴力!?


怖くて体が震えた。
絶対勝ち目ない。


私はすぐにつかまれた腕を振りほどいて逃げた。


来る時は小川の水が服に跳ねないようにゆっくりゆっくり気を使いながら歩いてきた道を、
水をバシャバシャ跳ねながらダッシュした。


怖かった。
早く誰かいる場所まで行かなきゃと思った。


すると走り去る私の後ろで笑い声が聞こえた。


タイ語でわかんなかったけど、なにかを私に言っていた。
怖がって逃げる私をバカにしているんだろう。


悔しかった。
でも振り返らなかった。



少し走ると他の観光客がいっぱいいた。
そこまで来てやっと心臓のドキドキはおさまった。


マジで怖かった。
そしてマジで悔しかった。


バカにされて、笑われて、
それなのに逃げるしかできないなんて。


そのまま宿に戻る気になれなくてまた夕日を見に行った。

P3280914.jpg

夕日に照らされた船はすごくキレイだった。

P3280917.jpg

ここにいるおじさん達にまぎれて私もしばらくぼーっとした。


悔しさがこみ上げる。

でもこれで良かったんだと言い聞かせた。

あそこで振り返って文句言ったって何も変わらないし、
本当に危害を加えられたかもしれないし。


何度もあの時の情景が浮かぶ。


そもそもあの子供達にあんなことを言わなければ良かったのか。
少しのチップぐらいありがとうって言って渡せばよかったのか。


でも私はやっぱり自分が納得できないことはできない。


P3280920.jpg


これでよかったんだ、そう思う。


明日はムイネーを離れ次の目的地を目指します!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

お久しぶりです!!!

ゆきんこさん( ´ ▽ ` )お久しぶりです🎶
こないだはアドバイスありがとうございました\(^o^)/←ベトナムに初の一人旅をする件で、宿の事とかバックパックをどうしたらいいかっていう話をした者です(^^)
おかげで楽しいベトナム旅が出来ました(^^)
宿も良い方ばかりで、言葉の壁は大きかったけど友達沢山出来ました\(^o^)/
帰国してからも連絡とっている程です⭐️
そして、6月今度はタイに行く事にしました(^^)
ゆきんこさんの今後のタイのブログも、楽しみにしてますね!(^^)

それにしても物乞いの両親は怖いですね(´・_・`) しかも観光客がいなかったら尚更怖いですよね(>人<;)
でもゆきんこさんが無事で良かったです!!!これからもくれぐれも気を付けながら旅を楽しんで下さいね!!!

久々に思い出しました

はじめまして、ユキさん。色々なものを見て、今を楽しんでいますね。

30才位のとき、スリランカの山奥を車で移動中、裸足で追いかけて来る子にお金頂戴とねだれましたられました。絶対に渡さないと決め、あげませんでした。
今思うと、小銭で1食だか2食になり、私が使うよりも有効的だったのならあげればよっかったのかなと少々後悔しています。
それからこんなこともありました。リスボンの小さな公園で朝食代わりのパンを食べていたとき、浮浪者に物乞いされました。誰もいないし、言葉もわからないしこわった。
食べかけのパンまで、手を出して取ろうとするので日本語で猛反撃しました。
ダメ!これは私の朝ごはん!驚いたのかどこかへ立ち去りました。

見たことのないもの、経験したことのないことは大体が楽しいけれど、考え込んでしまい、めげることもありますよね。
これからも更新、楽しみにしています。

お久しぶりです☆

匿名希望さん

お久しぶりです♪
旅の善し悪しは出会いに大きく影響すると私は思っています。
素敵な出会いい恵まれた旅で本当によかったですね♡
タイもいいですよねー♪ごはんが安くて美味しいし♪
匿名希望さんがタイに来られる前にはタイ編のブログを書き終えているはずです笑
少しでも参考になる記事が書けたらと思います!!
ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

初めまして!

昔々さん

初めまして、こんにちは。
コメントありがとうございます。

物乞いをする人になにかを与えることはきりがないと言えばないし、
全員にあげることもできないなら誰にあげるの?となってしまいます。
なにが正解なんてないような、自分の力で解決することもできないような大きな問題で悩んでしまいます。
でもそんなことを悩みながらの旅もいいんだと思って過そうかと思います☆

スリランカはまだ行ったことがないのですごく楽しみです!
リスボンはダッシュで観光してしまったのでいつかまた行きたいなと思っている町です☆
昔々さんが声をかけてくださってなんか元気がでました!!ありがとうございました!!

タイにはタンブンという考え方が根付いています。豊かな人が貧しい人に施しをする、ただそれだけです。貧しい人がなぜ貧しいのか、親がどうのこうの、そういうことは一切関係ありません。その日、100バーツの夕食を取るお金があるなら半分の50バーツをあげて自分は50バーツの夕食にすればいいだけです。タイを旅するなら、もう少しタイを知るべきだと思いますよ。

No title

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り勉強不足だったと思います。

私なりにタンブンを調べました。
それでも無理にお金を要求し、人を怖がらせバカにするような人にお金を渡さなくて良かったと今でも思ってしまいます。




นิสัยไม่ดี
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。