↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔、こんな宿選ばなければよかった。

こんにちは☆
リアルタイムは48ヶ国目タイ!現在地はチェンマイで療養中です!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年03月29〜30日】
ムイネー→ニチャン→ホイアン



今日は移動日。
ムイネーからニチャンという町まで移動、そのまま夜行バスに乗り換えて一気にホイアンまで北上する。

ムイネーは色々あったけどのんびりできて好きな町だった。
宿の居心地もすごく良かった。

スタッフのお姉さんはいつも笑顔で対応してくれた。

私がシンツーリストのバス乗り場までの行き方を聞いたら、
大きな荷物がなければ私の原チャで送ってあげると言ってくれた。

残念ながら大きな荷物を持っているというとバスをオススメしてくれた。
一緒に道路に出てバスが来るのを隣でずっと待っていてくれて、
どこで降りたらいいかドライバーさんに伝えてくれて送り出してくれた。

その優しさに心が温かくなった。

DSC02238.jpg

バスに乗って10分ぐらいでシンツーリストに到着した。

DSC02242.jpg

まだ時間が早いから待っている間に向かえのお店でお昼ごはんを買うことにした。
まだ食べていなかったベトナムサンドイッチ"バイン・ミー"をオーダー。

DSC02244.jpg

なんだかよくわかんなかったけど、チキンと玉子入りのになった。

20000ドン(約120円)
安くてボリューム満点で最高☆

バスは13:00発。
ほぼ時間通りに出発。

DSC02240_201504251329016af.jpg

休憩なしで5時間、ニチャンの町に到着。

DSC02248.jpg

オープンチケットって便利☆
ずっと同じ会社のバスに乗るからいちいち次のバスの乗り場とか探す必要ないし、
降りたところで乗ればいいだけだもん!

ホイアン行きのバスは19:00発。
それまでにダッシュでコンビニに行き、夜ごはんも近くのお店で。

DSC02246.jpg
野菜のフォー:55000ドン(約320円)

ニチャンはリゾート地だけあってちょっと物価が高い。
でもさっぱりしていて美味しいフォーだった。


DSC02247.jpg

19:00ちょうど、バスが出発。
完全にシートが倒せるわけじゃないけど、長距離移動なんて超余裕の楽チンスリーピングバス☆

DSC02249.jpg

夜、早朝、2度の休憩があって7:00にホイアンに到着。

とりあえず予約している宿を目指す。
Booking.comの地図が間違ってて超遠回りして30分以上歩いたから着いた時はもう汗だく。

DSC02251_2015042513293513a.jpg

部屋の清掃が終わってないからまだチェックインはできないとのこと。
全然OK。チェックインの時間前に到着してるのはこっちの都合だ。

荷物を預かってもらって観光に行けばいい。

でも私はその前にシャワーを浴びたかった。
だって夜行バスで移動してきてさらに汗だくでこのまま化粧をして外出する気にはとてもなれなかった。

宿の説明を受けた後、シャワーを借りてもいいですか?と聞くと、
快く貸してくれた。

よかった♪
さすが私が選んだ宿ー♡♡♡



その時はそう思った。

私は宿の居心地をものすごく重視している。

寝れれば別にどこでもいい

そんな風には思っていない。

宿の居心地は旅を快適に続けるとても重要な要素だと思ってる。
私がプチ潔癖っていうのももちろんある。
汚い宿には泊まりたくないからだ。

でもそれだけじゃない。

基本的に1人で旅をしている時は宿の予約をする。
いろんなサイトを見ていろんな項目を比べ、どこがいいだろうってだいたいいつも2時間以上かけて決めている。


今度"私の宿の選び方"みたいなことをブログで紹介しようかなと考え中☆
それぐらい力を入れて探してるからね!

ま、今回のようにはずすこともあるから参考になるかわかんないけどw

特に重視しているのは口コミ。
Booking.comやHostelworldなどの検索サイトを使ったことがある人はわかると思うけど、
口コミはだいたいいくつかの項目で点数がつけられて各ホステルに総合点がつけられている。

今回は私がメインで使っているサイト、Booking.comで話をすると、
その項目は清潔さ、快適さ、ロケーション、施設・設備、スタッフ、お買い得、WiFiの7項目からなっている。

ちなみに私の知る限りWiFiの点数がつけられているのはBooking.comしかないから私は重宝している。

これ、どの項目も超重要だけど、1番重要なのは清潔さだけど、
でも私は"スタッフ"という項目もすごく重視している。

一人旅でなにかと不安な時、宿のスタッフに助けられることがいっぱいある。
welcome!!YUKI!!って迎えてくれただけで感動する。
親切にしてくれる人がいるというだけで心が軽くなることも多い。


タイトルの通り今回はこの"スタッフ"というところで完全にはずした。

チェックイン前にシャワーを快く貸してくれたから、
さすが口コミでスタッフのところが高得点だった宿♡って思った。

私は英語が苦手だけど日本語以外の口コミのコメントも読みまくる。
そこにもgood stuffとか書かれているのを見ていたから、もう間違いない!なーんて思って。

宿の説明の時にやや高圧的というか、なんかそんな印象を受けたけど気のせいだと思った。
そういう口調の人ってだけだ。


でもその後それが確信に変わる。

宿の説明の時に、朝食は●時〜●時まで、今日はお金を払えば食べられるからって言われた。

私はシャワーを浴びながら、
時間もあるし朝ごはん軽く食べてから散歩に行こうかなーって、
最終日の朝早く宿を出るから朝食食べれないしその分を今日食べさせてくれたりしないかなーって思ってた。

シャワーを浴びた後でスタッフの人にそのことを話してみた。

最終日の朝早く出ちゃうからその分の朝食今日に振替できない?みたいなこと。

よく考えたら図々しいお願いだ。


返ってきた言葉はこんな感じだった。

最終日に早朝出発しなければいけないのはあなたの都合でしょ?
そんなのこちらに関係ない。もし今日朝食が食べたければお金を払って食べてください。


まくしたてるように英語で言われて私は言葉を失った。
要約してるけど私はもっとたくさんの言葉を浴びた。


彼女が言ったことは正論だ。


でも言い方ってものがある。
その口調、私に向けられた表情は、思いやりのかけらもなく、
ましてや自分の宿に泊まりにきているカスタマーに対しての態度とはかけ離れたものだった。


私が図々しいお願いをしたから悪いんだ、
彼女は何も間違ったことを言ってない、

そう思ったけど、激しく嫌な気持ちになったのは間違いない。


この宿、好きじゃない。



そう思ったけど、
別にそんな朝ごはん食べたかったってわけじゃないし、
とりあえずコーヒーを飲んで気持ちを落ち着かせた。

DSC02250.jpg

そしてレセプションの前にある共有スペースでゆっくり化粧をしていた。

そこには他の宿泊客が3人いて話をしていた。
そのうち欧米人カップル2人が今日チェクアウトっぽい感じでバックパックを持っていていた。
そして彼らを迎えに来たであろうベトナム人のおじちゃんが登場してからその場は騒然となった。

英語が早過ぎて詳しくはわからなかったけど、
迎えを頼む頼まない、その金額などなどでその2人と宿の人に行き違いがあったみたいでもめていた。


問題はどっちが悪いとかそういうことじゃない。
スタッフの態度だ。

さっき私に言い放った口調の数倍パワーアップした口調で彼らをまくしたてている。

え…でも…

と話し始めようとする彼らの言葉なんてすべて遮って怒濤の攻撃。

彼らも顔を見合わせて黙り込んでしまった。

それでも彼女は何度も同じことを強い口調で言い続けていた。


もしかしたらこの欧米人たちが非常識なことをしたのかもしれない。
最初はそう思ったけど、どうやらそうじゃないっぽい。

お互いに言い分があるんだろうけど、言った言わないの話、そんなだったっぽい。
でも欧米人の言い分なんて宿の人は一切聞く耳持たず。

欧米人のカップルと話をしていたアジア系の女の子もびっくりしていた。

3人がコソコソ話をしていたらそれが目に入ったのかスタッフがツカツカ歩いてきて、
また同じ言葉を浴びせた。


で!?なにか!?

いえ…何も。



スタッフの女性が制圧する形で終了した。


なんなんだこの女…


最低最悪。
観察していて気づいたけどおそらくこの女はこの宿のオーナーだ。
夫婦で経営してるっぽい。


私はここに2泊する予定だ。
もう我慢するしかない。


あーあ。


続きは明日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

No title

ゆきんこさんの言った交渉は、非常識とは思わないですよ。(^-^)
外人なら、それくらいの交渉を成立するかはともかく、やる人普通にいる印象なんですが、どうでしょうか?

佐々さん

ありがとうございます!!
そう言っていただけると(´∀`)♡

なにかの交渉、苦情の伝え方など、
外人強っ(((( ;°Д°))))って思うことがたくさんあります。

日本人はどうしても遠慮しちゃいますもんね。
それを褒められたりなめられたりで、どっちがいいとも言えないですが、
私はやっぱり日本人だから日本人ぐらいの感覚がしっくりきます☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。