↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故当日。

こんにちは☆
リアルタイムは50ヶ国目カンボジア!現在地はシェムリアップ!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年04月19日】
パーイ→メーホーンソーン→パーイ


DSC02803_20150516040402099.jpg


今日は首長族に会いに行く。

正式にはパドゥン・カレン族という。
彼らが住む村がタイの北部メーホーンソーンという町の近くにあるという。

昔々なにかのテレビで見た首長族。
こんな民族が世の中にはいるんだーってびっくりしたのを覚えている。

その民族がタイにいたなんて!!


ちなみにチェンマイから約1時間ぐらいのところにも首長族の村にあるらしいけど、
そこは入るのに500B(約2000円)もかかるらしい。
でも他にいくつもの民族も住んでいるみたいで色々な民族に会えるらしい。

私たちはパーイから約100kmぐらいのところにあるメーホーンソーンの近くの村に行くことにした。
多分こっちの方がメジャー。
そこは250B(約1000円)で入場できるらしい。


さて、そこにどうやって行くかってことなんだけど。


キャオさんはツアーで行ったって言ってた。
でも確か1000B(約4000円)ぐらいしたって。

高っ…


ネットで調べると原チャで行ったっていう人がいた。
でも片道4時間ぐらいかかるって。

たったの100kmを4時間??

原チャで4時間ってなかなかキツそう。
てゆーかそんな長時間原チャに乗ったことなんてない。

どうしようかーってなおちゃんとふたりで相談してたけど、
昨日勢いでレンタル2日で!って言っちゃったから、

あ、自動的に原チャってことになっちゃったね(*°∀°)=3

なんて。


一応片道4時間はかかるっていう想定で暗くなる前に帰って来れるように8時過ぎに宿を出発した。

DSC02776.jpg

1時間ぐらい走ってコンビニで休憩。
ここまで41km走行、残り66km。

DSC02778.jpg


やっぱり1時間で40kmぐらいしか走れないのか…


それもそのはず。
メーホーンソーンまでの道のりはこんな感じでほぼずーっと峠なのだ。

IMG_1283.png

しかもなかなかの急カーブが続く。


DSC02785.jpg

あと何キロ!!

この看板を励みにとにかくひたすら走った。

DSC02786_20150516040320f77.jpg

11:15、約3時間でメーホーンソーンに到着。

DSC02790_20150516040320d94.jpg

とくになにもなさげな小さな町。
ここから首長族の村まではまだ30キロぐらいある。
これまでのペースでいくとあと1時間はかかる。

ここで休憩がてらお昼ごはんを食べておこうということになった。
原チャを停めてテキトーに歩いてごはん屋さんを探す。

DSC02794.jpg

ローカルレストランを発見。

私はなんだかよくわかんないけどYentafo noodle soupなる謎の麺を注文してみた。

Yentafoってなにかわかんないけどヌードルって言うから食べれないことはないだろう。

P4190064.jpg

なんか赤いスープの麺が出てきた!
お米の麺なのかな、平打ち麺に野菜や海鮮、つくねが入ってた。
これなかなか美味しかった☆

Yentafo noodle soup:35B(約140円)


私たちは首長族の村についてそれほど情報収集をしておらず、
地球の歩き方を見て1番メインの大きな村を目指すことにしていた。
MAPを見てもその村と同じ名前が出てこないけど、
とりあえずだいたい似ている名前のところをそこだと決めた。
心配だったから一応コンビニの店員さんにも地図を見せて確認した。
英語がまったく通じなかったけどここ首長族の村だよね?って聞いたらイェスと言った。


じゃ、向かいますかー。

DSC02797.jpg

そこからもまた山道だった。
なおちゃんが後ろでGPSを見ながらナビをしてくれて進んだ。

DSC02808_20150516040401eae.jpg

しばらくするとこんな看板が出てきた。

おぉぉぉー!こっちだ!!


途中からは未舗装の道になった。
砂利道っていう言葉で合っているのかわからないぐらい大きな石がゴロゴロしているような場所もあって転びそうになる。

DSC02810_20150516040403537.jpg

道がひどいところはなおちゃんに降りてもらって走った。
私ひとりでも超怖い場所もあった。

P4190069.jpg

そんなこんなで13:20、メーホーンソーンから約1時間で首長族の村に到着した。


P4190070.jpg

P4190072.jpg

って、あれ…ここ確か1番大きな首長族の村だよね??


確かね…


P4190071.jpg

お土産屋さんはあるけど、しばらく人が来た気配がないような感じ。
ずーっと置きっぱなしのお土産品。

P4190077.jpg

首長族の人は村に4〜5人ぐらいいたけど、そもそも人が全然いない。


ね、よく考えたらツアーバスとか一切見てなくない?


確かに。


で、入場料の250B払うところなくない??


確かに。


まさかここじゃないとかそういう…??


いや、そんなはずない!

ちゃんとコンビニの店員さんにも確認したし、
きっとみんな出稼ぎにでも行ってるんだよ!


ははは…


マジで??


IMG_1288.jpg

入場料なんて払うところがないし、
写真を撮らせてもらって悪いからポストカードを購入した。
保存状態が悪く黄ばんだようなポストカードだった。


…帰ろうか


滞在時間わずか20分。
帰路へ。


近くの集落の商店みたいなところで飲み物を買ってここからまた4時間のツーリングに備える。


IMG_1286.jpg


頑張って帰るぞー!!

って、このあと事故るわけなんだけど。



しばらく走っているとコツッっとうしろに乗るなおちゃんのメットが私のメットにあたった。
別によくある話。

あ、ごめんなさい。となおちゃん。

全然いいよー

それからコツッ、コツッっとやたらとメットがあたる。


ん?アイシテルのサインか??


なおちゃんがどこか停めれるところがあったら停まってもらえますか?と言った。


いいけどどうした??


いや、居眠りしちゃって…


は!?原チャの後ろで居眠り!?
マジで!?信じらんない!!てゆーか危なっ!!


てゆーか神経太っ!!!!!



虫だけじゃない、なおちゃんは色々強い。


どんだけ私に心をゆだねているのだ。
このあと私は事故ってしまうのに(ToT)


また小さな商店みたいなところで休憩をした。
なおちゃんの眠気を取らねば!!

ここからまだ80kmぐらいある。


ふと雲行きが怪しいことに気がついた。
厚くて暗い色の大きな雲を進行方向に見た。


雨降りそう…


再び走り始めてすぐに雨がぱらつきだした。


最悪!!!!!


パーイまではずっと峠道。
このまま雨がひどくなって路面が濡れたらタイヤがスリップしてしまう恐れが十分に考えられる道だ。
まともに整備されたような原チャじゃない。
タイヤだって溝もほとんどないようなものに違いない。

やばいやばいと思いながら原チャを走らせる。


雨は無情にもどんどん激しくなっていく。
そしてついには路面がピッカピカになってしまった。


怖いっ!!タイヤ絶対滑る!!


そう言いながら低速度で慎重に走った。
カーブの度に怖いー!!って叫んでた。


前方を走る車のタイヤもきゅるきゅるすごい音を立てて曲がっていく。


マジでやばそう(((( ;°Д°))))


どうしよう、でもここで停まるわけにはいかない。
雨宿りなんてする場所ないし、時間ロスで日が沈んでしまうかもしれない。


すると前方に私以上に慎重な走りをするトラックがいた。
私もかなり速度を落として走っていたのに追いついたぐらいだから相当遅い。


車も他の原チャもどんどんその車を追い越していく。
でも私はこんな山道で濡れた路面で大きなトラックを追い越すなんて無理!!


そのトラックの後ろをゆっくりゆっくり走っていた。


しばらくすると来る時にいくつかあった難関、超下りの急カーブポイントがやってきた。


きた(((( ;°Д°))))

怖いーーーーー!!



(゜◇゜)


前のトラックがハザードをたいて思いっきり反対車線にはみだした。


え?なに??
こんなところで追い越せってこと!?


ムリムリムリムリ!!!!!



タイの道路は日本と同じ左側走行。
だから通常の追い越しは右側からってことになる。

でも私は左側を思いっきり空けられているのだ。

しかもその先には超下りの左カーブ!!


どうしていいかわからず、でもなんだかそのトラックの好意をシカトするのも悪いし、
そう思ってソロソロとカーブに突入。
今思おうと別に抜かせって合図ではなかったと思うけど。


スピードなんて全然出していない。
むしろ下り過ぎで加速するスピードをブレーキかけてるぐらいだった。


カーブに侵入。
曲がり始めた時ハンドルがとられた。


頑張ってバランスをとろうと思ったけどもうダメだった。


転倒。


私は原チャの右側に顔から倒れ込んだ。
右頬が地面にあたった。


その瞬間なおちゃんがゆきさん大丈夫!?立てる!?と走り寄ってくれた。


私はぼーぜん。


立てる…


そう言って立ち上がって脱げたビーサンを取りにいく。
なおちゃんはシートポケットが空いて飛び出した私のバックとカメラを拾い上げてくれた。


ごめん!!なおちゃん!!本当にごめん!!
ケガは!?大丈夫!?



かすり傷だけです!全然問題ないです!!


そう元気に答えてくれた。


なんと言うことだ。
後ろに乗るなおちゃんにケガをさせてしまった。


あまりの急な下り坂に二人がかりでも原チャを起こせない私たちを、
対向車の人が降りてきて助けてくれた。路肩に運んでもらう。

DSC02814.jpg

よく見ると後続車も3台ぐらい、対向車も3台ぐらい脇で停車してくれていた。


気をつけなさい!ゆっくりゆっくりね!


そう声をかけてくれた。


後続車も対向車もスピードを落としてくれていたからよかった。
後ろから突っ込まれたらなおちゃんも私も下敷きだ。
私は中央線をはみ出す感じで倒れてしまったから前から来る車にひかれていたかもしれない。


とにかくふたりとも無事でよかった。


でも私はもう原チャに乗りたくなかった。
また転んでしまうかもしれない。怖かった。


少し気持ちを落ち着かせてから出発した。
こんなところにいたって仕方ない。
乗ってきたものは乗って帰らなかれば。

DSC02818.jpg

右のミラーが変な方向を向いてしまってまったく使えなかった。
すぐに首筋が痛みだした。



17:30、やっと宿に到着した。
長い長い道のりだった。本当に怖かった。


とりあえずふたりとも超汚いからシャワーを浴びることにした。

DSC02823_20150516040511f67.jpg

マジで汚い。
擦り傷を洗う。

首がズキズキ痛かったけど、それから夜ごはんを食べに行くことにした。
今日はなおちゃんとのラストナイトなのだ。

明日私はチェンマイに戻ってラオス南部のヴィエンチャンという町を目指す。
なおちゃんはこのままパーイからラオス北部のルアンパバーンに向かう。


もちろん昨日行った日本食レストランへ♪

DSC02824_201505160405185af.jpg

乾杯♡


DSC02825_20150516040518169.jpg

激ウマキムチとともに♪


なおちゃんオーダーの塩サバ定食。

DSC02827.jpg

ゆきんこオーダーの天ぷら定食。

DSC02829_201505160406028d5.jpg

美味し過ぎる!!


天ぷら定食:99B(約400)※メニュー上では120Bだったのになぜか99Bだった。塩サバも同様。
キムチ:40B(約160円)
ビール:45B(約180円)



日本食の割に安い!美味しいしコスパ高い!
パーイへ行ったら PAI SUSHIへぜひー♪


DSC02830_201505160406054d8.jpg



時間が経つと首の痛みがひどくなっていった。
じっとしているだけでも首から背中、顔面まで響く感じで痛い。


これ、やっちゃったかもしれない(ToT)

でもとにかくふたりとも軽症で済んでよかった。
痛みはあとから出ることもあるって聞くから、このままなおちゃんが無事でありますように。
そう願って眠りについた。


※後日談。
私たちが行った首長族の村は、超マイナーなところだったようです。
ツアーで行ったキャオさんに写真を見せてもらったら全然違う村だった。
片道4時間かけて行ったのに…と思ったけど、
ツアーなどでは行かない超ローカルな村に行けたってことで良しとした(^_^;)


明日はなおちゃんとお別れしてチェンマイへ戻ります。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。