↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ→ラオス、バスに変なヤツ乗ってるぞ。

こんにちは☆
リアルタイムはタイに戻ってきました!現在地はバンコク!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年04月29日】
チェンマイ→ヴィエンチャン


DSC02988_20150522203741fa1.jpg


思えばその人は最初から変だった。

チェンマイのピックアップが同じ車だったけど、迎えに行っても本人がいない。
ドライバーさんが電話かけたりしていたら少ししてバイタクに乗って登場した。

着いた途端ドライバーさんにヴィエンチャンまで何時間かかる?
とか何時に着く?長い道のりだなとかハイテンションで一気に話しかけた。

よくあること。
テンション高めのフレンドリーな外国人だ。

そう思った。

彼は車に乗り込んできてすぐに

遅れて本当にごめんなさい、話し過ぎて。

そう言った。


ドライバー、もうひとり乗っていたおじさんは完無視だったけど、
私はノープロブレムと言った。

このあと私が忘れたipadを取りに戻ってもらうからこちらもごめんなさいだもん。


私たち3人を乗せた車はaYa serviceという旅行会社のオフィスへ。

aYa serviceはパーイで原チャを借りた会社だ。
私は宿の近くの旅行会社でチケットを買ったからそれがaYa serviceのものだとはまったく知らなかったけど。


オフィスで申し込みをした紙とバスチケットを替える。


ここでさっきの彼が大声で、

チケットを宿に忘れたかもしれない。
とにかく今チケットがない。


と騒いでいる。


その話し方や行動を見ていて、
あれ…この人ちょっとおかしいかもって思った。


彼は大事なチケットを失くしてしまったわけだけど、
幸い購入したのが昨日この場所ってこともあってそのままバスに乗れることになった。

あまりの強烈な印象にスタッフが全員彼を覚えていたからだ。


これはバスの座席が超重要になってくる。
うっかり隣になんてなってしまったら大変だ。

この時ピックアップしてもらったワンボックスでそのまま向かうのか大型バスに乗り換えるのかなんなのかさっぱりわかんなかったけど、
とにかく乗り込み開始と同時にいい席を確保すること、そして彼の近くにならないようにと私は集中した。


どうやら私たちがピックアップされた車でそのままボーダーまで向かうっぽい。

私は1番初めに車に乗り込んでさっきの彼が乗っていた場所をチェック。
彼はシートに荷物を置きっぱにしてたからそこに座るだろう。
私は彼と離れていて少しでもいい席をゲットした。


車に乗り込んですぐ彼は近くの席の人に大声で話しかける。

Nice to meet you!

Nice to meet you too!

最初はただのフレンドリーな人だ。だからみんな普通に話す。
でも数分後にはみんな気づく。ちょっとこの人おかしいなって。

そんな相手の反応なんてお構いなしに彼は話し続ける。
とにかく声がデカい。


みんな黙っていたけど彼以外の人はおそらく全員同じ気持ちでいた。
静かにしてくれないかなって。


私は少し寝ていたけど人の気配でなんとなく目が覚めた。


1番後ろの席に座っていた例の彼が前まで来ていて、
ドライバーさんに停まってくれないかって言った。


理由は聞き取れなかったけど、多分トイレだよね。

ドライバーさんは"NO!!"と答える。

彼は粘る。


なんでそんなこと言うんだ?
不親切だぞって。



ドライバーはもう1度"NO!!"と言ったっきり彼を無視した。


彼は自分の席に戻ったあともひとりで文句を言っていた。
大声で。


うるさいなーって思ったけど、
長距離移動のバスでは誰かがトイレに行きたいから停めてくれってよくあることだし、
ドライバーさんのNOという口調が超強かったからなんかかわいそうになって別にちょっとぐらい停めてあげてもいいのになって思った。


それに彼が破天荒過ぎて車の中で用を足すとかしたらどうしようって不安もあった。

そのぐらいおかしな人だったのだ。


それから数十分後にコンビニが併設されているガソリンスタンドで休憩があった。


ここのトイレ虫が超すごくて、壁も便器の中もどこもかしこも!!
女性トイレは3つあったけどどれもすご過ぎて私は泣きそうな顔でウロウロ。


無理だ(ToT)
入れないよー


同じバスの欧米人の女の子が来て私を見てどうしたの?と声をかけてくれた。

無言でトイレを指さす。

OK、私が男子トイレをチェックするわ。
ついてきて!!


って。ありがとう。みんな強いな。

私はその子の後をついて行く。
なぜか男子トイレはキレイだった。
男子は不思議な顔をしていたけどその子が女子トイレがマジ終わってるって説明してくれた。


無事トイレを済ませて飲み物でも買おうとコンビニに行ったら、
彼が大声で店員さんを困らせていた。

一体何分コンビニにいたんだろう。

彼はたくさんの買い物をしてコンビニを出てきた。
ちょうど出発するタイミング。


彼がコンビニで買ったケータイの充電器を持ってドライバーさんにこれ充電してってお願いをした。

ドライバーさんはさっきと同じ強い口調でそれを断った。

彼は呆然としている。

なんでそんなこと言うんだ?
僕はとても丁寧に頼んでいるのになんでなんだ??


大声で問いつめる。

ドライバーは

いいから早く車に乗れ!お前は問題だらけだ!迷惑ばかりかけるな!!

と言った。

why??why not??

納得がいかない彼はまだ諦めない。


ドライバーがキレた。

てゆーかもう半分キレ気味だったけど。


警察に行くと言い出した。


(((( ;°Д°))))

え??それだけで!?



マジで勘弁してほしいと思った。
もう23時過ぎ、さっさと目的地まで行ってほしい。

ドライバーもちょっと言い過ぎなんじゃないかって思った。

でもこの後絶対彼が悪いって思わされることになるんだけど。

彼は、

なんでそんなこと言うんだよー
僕は警察にだって友達がいっぱいいるんだぞー


って。ウソか本当かわかんないけどまだ食い下がる。


私の隣に座っていた欧米人の女の子が、


ちょっと!悪いけど早く車に乗ってくれない!?
みんなあなた1人を待ってるんだけど!!



と言った。
ナイス。


彼は文句を言いながら渋々車に乗り込んだ。


はぁ…
この人問題児だ。
これ以上なにもしてくれるなよと思いながら眠りについた。


ふと目を覚ました時に助手席から後部座席の方に人づてに携帯が渡っていった。

なんだー結局ドライバーさん充電させてあげたんじゃん。
最初からしてあげればよかったのに、なんて思った私がバカだった。


NOと言ったドライバーさんの最初の判断が間違ってなかったのだ。


誰かが話す声で目を覚ます。
誰かなんてすぐわかった。

ヤツだ。

大声で電話している。
狭いワンボックスの中、ほぼ全員目を覚ましてしまったみたいだ。


AM2:00を過ぎたところだった。


無視して寝ようと思っても彼の声がデカ過ぎて全然寝れない。


しばらくしてまた私の隣の子が、

声を小さくしてくれない??
あなたの声がうるさくて寝れないんだけど!!


と言った。
ナイス。


一瞬だけ声のトーンが下がった。
下がったと言っても一般の人の普通の声の大きさレベル。


彼はなにかトラブってる。
興奮してすぐに声が大きくなる。


あ、そもそもこの人出発前からなんかもめてたんだなって。


遅れてごめんなさい、話し過ぎて。


そう言って登場したのを思い出した。


電話口は女性の声。
何度も同じ会話がグルグルしている感じ。三角関係か??

寝ぼけてるし彼の話し方が超もったりしてて聞きづらくてなにでもめているかはっきりとはわからなかった。


それにしてもうるさい!!

私も日本語だったら、

あんたマジでうるさいんだよ!!
何時だと思ってんだよ!!
あんたのせいでみんな寝れないんだよ!!電話きれよ!!


そう言いたかった。


次は別の男の人が彼に注意した。
結構怒ってる。

そりゃそうだ、迷惑なのだ。


でも彼は会話をやめない。
その後は誰も注意しなかった。全員諦めた。


5:15、ラオスとの国境手前の町、ノンカーイのaYa serviceに到着。

DSC02989.jpg

ここでビザが必要な人はビザの申請用紙、必要ない人は入国カードを書く。
日本人は15日以内の滞在ならビザが必要ないから私は入国カードだけ。
そして行き先のスタンプを腕に押されてaYaserviceのカードを首からぶら下げる。

DSC02991.jpg

DSC02992_20150522203745b55.jpg

私たちはみんな自分のすべきことをこなしていた。
でもその流れにまったく乗っていない人がひとり。


ヤツだ。


車の中で2時間以上も電話し続けた彼はまた携帯の充電がなくなった。

充電していいか?って聞いてコンセントを這いつくばるように探している。

いやいや、お前その前にすることあんだろ!?

って突っ込みたかったけど。
みんなもう完全にシカト。

ついでにSIMカードもなくなったらしい。

私が外でタバコを吸っていると彼がやってきた。

これ君のか??

私の目の前に停まっていた原チャを指さして言ってる。

は!?なに言ってんの!?
私のなわけないじゃん!!


一緒のバスでここまで来て、今そのオフィスで手続きをしてaYaserviceのカードまでぶら下げてる私によく言ってきたなと思ってそう言ってやりたかったけどNOとだけ答えた。


あっちの方の店までSIMカードを探しに行って出発までに戻って来れるかな?
SIMカードこの辺で売ってるところあるかな??


知らんしっ!!!!!


その前にラオス入国に必要なことやったのか!?


聞きたかったけど我慢した。

彼はそこからびゅーんと走ってどこかへ行ってしまった。
SIMカードを探しに。

彼がいなくなったaYaserviceの前では彼の悪口大会が始まった。
みんなたった数時間でかなりの不満がたまっていた。

遠くの方でSIMカードを探して必死に走り回る彼の姿を見てみんな鼻で笑ってた。


ねえ、彼なにでそんなにもめてるの??って誰かに聞きたかったけど、
別にどうでもいいちゃいいかと思ってやめた。


そこからまずビザが必要な人が先に国境に向けて出発した。
必要のない私たちはさらに待たされた。


7:00、やっとビザ必要ない組も出発。
すぐに国境に到着。

DSC02993.jpg

とってもスムーズでパスポート出してスタンプを押してもらうだけなのに、
ここでも彼はそこの人になにやら話しかけまくって最終的にはドライバーさんに腕をつかまれて車に戻されてた。

ご苦労様です(ーー;)


そしてタイとラオスを結ぶ友好橋を渡ってラオス側へ。

DSC02994_2015052220391681f.jpg

到着したら先に出発したビザ必要組がまだ並んでいた。
時間かかってるんだなー。

DSC03000_201505222039345e4.jpg

私はなにもなくあっさり入国。


そのままラオス側へ抜けようと思ったらあっちでお金払えって戻された。


は?なにそれ??入国税??
知らないんだけど!!

45B(約180円)払えって。

私が無視して行こうとすると同じくダダをこねている韓国人の女の子が。
私たちはふたりでそんなの払う必要ない!!そう言い切った。

こいつ絶対あやしいなと思って戻ってaYaserviceのドライバーさんに聞いたら
払わなきゃダメなお金だったヽ( ̄д ̄;)ノ

DSC02996_20150522203917530.jpg

6:00〜8:00、16:00〜22:00は時間外手数料がかかるんだって。

DSC02998.jpg

払ったらこんなカードをもらえた。
これがないと通れないんだって。


てゆーか結局ビザ必要組を待ってたら8:00過ぎたからお金返してほしかったけど( ̄^ ̄)


DSC02999.jpg

国境を越えて車を乗り換える。
これでヴィエンチャンの町まで行く。

DSC03001_201505222110028e2.jpg

また例の彼と同じ車になってしまった。

彼こそまったく寝てないし、
SIMカードを探して走り回っていたのに相変わらずのテンション。

隣の男の人に話しかけまくってたけど、隣の人は途中から寝たふりをした。
次は向かえ側のカップルに話しかける。
そのカップルも少し話して距離をおいた。

誰も話を聞いてないですって空気満々だったのに彼はひとりで話し続けた。
疲れた。お願いだから静かにしてほしかった。


やっと到着した場所はタイ大使館の前で、GPSを確認すると宿までまだ3kmぐらいある。


え??ここ??


ヴィエンチャン行きの人はほとんどビザラン(ビザがきれるから1度出国してまたもとの国に戻ること)で来ていた。
だから大使館の前で降ろされたのだ。

てゆーか純粋にヴィエンチャンに来た人はこの時は私だけだった。

え?どうしたらいいの??とドライバーさんに言うとトゥクトゥクで100Bぐらいで行けるからって言われた。


えー100B!?
なんとかしてよーとお願いするとここからさらに北部のバンビエンという町へ向かうグループの車に乗せてくれてみんなを降ろしたあと50Bで宿までって交渉した。


宿に到着してチェックインを待って外出。


パーイでバイバイしたなおちゃんがラオスを南下してきて今日ヴィエンチャンに来るっていうから再会♪
近くの宿に泊まるなおちゃんが迎えに来てくれた☆


お昼ごはんを食べて町をブラブラ。

DSC03006.jpg

一応ショッピングモールみたいのがあったけど、
チェンマイから来た私はラオスって田舎だなって思った。
南下してきたなおちゃんはさすがラオスの首都!都会!って言ってた。

マジで??


ここは2〜3泊で十分かなーって思った私たちは次の町へのバスチケットを調べておくことにした。

DSC03007.jpg

Central Bus Stationへ

なんかチケットどこで買うの??的なわかりにくいバスターミナルで、
そこらへんにいる人に聞いたらどうやらここは短距離バスターミナルで、
これから私が向かうバンビエン、なおちゃんが向かうパクセ行きのバスはそれぞれ違うところから出てるっぽかった。


DSC03009.jpg

DSC03010.jpg

結局ムダ足だったんだけど、
ここには日本から贈呈された車が多く停まっていてなんだか嬉しかった☆


DSC03012.jpg

そしてあまりの暑さに私はコンビニでビールを買って歩きビール!!
喉がかわいてコーラ買うぐらいならビール飲みたい派だもんね、私は。

一応外で飲んでもいいの??
ってコンビニの店員さんに聞いたら大丈夫って言ったからね。

初ラオスビール♪

ビアラオのゴールド、ちょい高。

DSC03014_201505222110057a9.jpg

普通のビアラオ。
こっちでいいかなって感じ。

夜ごはんは肉野菜かけ麺みたいのを食べた。

DSC03015_20150522211007b14.jpg

ビール置いてないって言うから持ち込んでいいかって聞いたら全然OKって言うから持ち込み♪

麺:20000キープ(約300円)
ビール:9000キープ(約135円)



チェンマイ→ヴィエンチャン
所要時間:約14時間
運賃:1100B(約4400円)

私はむち打ちの件もあったしちょっと高いけど宿の近くの旅行会社で申し込み。
宿までピックアップ来てくれるしバスターミナルまでチケット買いに行くのもダルいから。

個人で行く場合はチェンマイ→ウドンターニ606B、
そこからヴィエンチャン行きのバスターミナルへトゥクトゥクで移動、
ウドンターニ→ヴィエンチャン80B、ざっくり言うとこんな感じ。
チェンマイのバスターミナルへ行くソンテウ代とか入れても800Bぐらいで行けちゃうのかな。
しかもチェンマイ→ウドンターニの夜行バスは2階建ての大型バスらしい。
私は高くてキツい移動選んじゃったのかもー。

明日はヴィエンチャン観光♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。