↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クソ女ー!!私はぶちギレましたよ、マジで。

こんにちは☆
リアルタイムはタイに戻ってきました!現在地はバンコク!



=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年04月30日】
ヴィエンチャン


P4300376.jpg


今日はブッダパークというところに行く。

昨日なおちゃんがブッダパーク行きます?って。

なにそれ??

なんか変な仏像がいっぱいある公園らしい。
おもしろそう♪ってゆーか、ヴィエンチャンはあまり観光するところがないっぽい。

じゃ、行っとくかってことに。

DSC03017.jpg

ブッダパーク行きのバスは町の中心にあるCenter Bus Stationから出ている。

ブッダパーク!ブッダパーク!って言ってたら教えてくれる。

DSC03018_201505231732311ab.jpg

14番のバスに乗り込む。
6000キープ(約90円)

P4300368.jpg

約1時間でブッダパークに到着。

P4300369.jpg

チケットは5000キープ(約75円)
カメラは別料金で3000キープって書いてあったけど、それはかからなかった。
私思いっきりカメラぶら下げて歩いてたけど。


P4300373.jpg

入ってすぐこんな不思議なものが。
なんかカボチャみたーい。


P4300375.jpg

一応、お約束なんでね、やっておきます。

P4300381.jpg

上に登ることができて公園を一望できる。
そんなに広くないからサクッと回れそう。


てゆーか私たちが着いたのが昼前。
こんな時間に来て失敗だったのか。激暑で倒れそう。


よし!なおちゃん、ここはダッシュで回ろう!


そう言って気合いでサクサク歩いて回った。

P4300391.jpg

P4300382.jpg

なんか怖そうなものから、
弱そうなものまでいろいろな仏体が置いてあった。
劣化具合いもものによって違ってて、どこかからバラバラに持って来られたのかなーって思った。

P4300389.jpg

P4300392.jpg

滞在時間、わずか30分。
満足です!!


GOPR0868.jpg

ね、なおちゃん後ろかぶってる〜( ̄~ ̄)


帰りも折り返しの14番のバスを待つ。
運良く10分ぐらい待ったらバスが来た。


帰りもまた1時間の道のり。


戻って来たのは13:30。


お腹すいたー
のどかわいたー


とにかくごはんとビールだねって歩き始める。


とあるお店を発見。
メニューを見せてもらうと手頃な金額だし、ビールも置いてるしもうここでいいかって入った。


すぐにビールを注文♪

DSC03020_20150523173231459.jpg

汗をかいた後のビールは格別!!


で、この後私はブチギレる。


私は辛いものが大好きだ。
このブログで何度も書いているけど。

だからメニューのチョイスも基本辛いであろうものが多い。

今日もチリチキンベジタブルライスみたいのを注文した。
鶏肉と野菜のチリ炒めwithライスって感じのもの。

これ何度か食べたことがあってハズレないし辛くてビールにも合うし♪



いっただきまーす!!


P4300407.jpg


って、あれ??
これ私が頼んだ方??



お店の人は私の前にこれ置いていったけど、これチリ感まったくないんだけど??


なおちゃんの??
じゃないか、これどう見てもチキンだよね??

なおちゃんはポークなんちゃらを頼んでいた。


すみませーん!

店員さんを呼ぶ。

これってなに??これ??私が頼んだメニューを指さす。

ノーと言って別のページを開く。
なかなか探せない。

いや、別に正解がなんでもいいけど、
とにかく私が頼んだものではないらしい。


これがなんなのかをメニュー上に発見できなかった彼女は一旦下がって誰かに聞きに言った。


戻ってきてメニューを開いて私が頼んだ料理を指さした。


え?チリは??


また私が頼んだメニューのところを指さす。


いやいやいやいや!!もう無理でしょ!!
違うって言ったでしょ!?



ここにチリって書いてあるでしょう?
でもチリが入ってないから、これ間違えたんじゃない??


超腹ぺこなんだし、別にチリぐらいいいじゃん!って考えもある。
でもせっかく選んだんだから食べたいと思ったものを食べたい。


間違えちゃった!ごめんなさい!って言って下げてくれれば、
待たされることなんてなんとも思わなかった。


問題は彼女達の態度だ。


あからさまに間違って作ってしまったことがわかっていながら白々しくこれであってるって言い張り、
別にいいじゃねーかチリぐらいっていうふてぶてしい態度。

しまいにはため息とかついちゃう。


その態度に私はだんだんムカついてきた。


とにかくこれ頼んだものじゃないからって言うと、
チリを入れた小皿を持ってきてテーブルの上にボンって置かれた。


ブチ( ̄^ ̄)


おい!なんだよその置き方!!!!!
自分でチリまぜて食べろって言ってんのかー!?



私は席を立って調理場で指示をしている女が見えるところに行った。
作ったのはコイツだ。


ねぇ、あなた間違えて作っちゃったんでしょ??


向こうも英語が堪能なわけじゃない。


イスに座ったままこちらも見ずにノーと言って自分のミスを認めない。
あーもうだりぃなーって態度をとっている。


そこには3人いたけど3人とももう知らん顔って感じでケータイ見たりしちゃってる。


なんなんだこの店!?

っていうかコイツら!!!!!



私は、

まずあんたは私に謝るべきだ!!

と言った。


シカト


そうですか。

こんなやつらになにを言ってももう仕方ない。
こんなんで客商売成り立つと思うなよと思った。
ラオスではこれが当たり前なんて言わせない。
他のお店に失礼だ。


間違えたことをどうこう言ってるわけじゃない。
その後のことだ。


ラオスに来てから店員の態度が悪い店が多かった。
ちょっと水を買おうと思って入ったお店、タバコを買おうかなと思って入ったお店、

ん??なんかこの人感じ悪いな…

そんなことが昨日から続いてて、
ラオスって人がいいって聞いてたんだけど今のところそうは思わないぞ?
そんな話をなおちゃんとしてたところだった。


私は頼んだものじゃないからこれは知らないって言ってビール代だけ払って店を出た。

向こうも何も言わなかった。


言えないでしょう。
非があるからからだ。


だったらなんで間違っちゃった、テヘwって言ってくれなかったんだ。

ごめんなさい、これでもいい??ってチリを持ってきてくれなかったんだ。


間違ったら素直にごめんなさい。

これ、日本だからとかどこの国だからとか関係ないでしょ!?




腹ぺこでビールを片手に歩いて別のお店へ。

私はたまたまあった同じメニューをここでも注文した。

P4300409.jpg

ちゃんとチリが入っていて、見た目もボリュームもさっきのお店より断然良かった☆


あーでもなんか嫌な気持ち。
ラオス楽しみにしてたのになー。


あまりの暑さに一度宿に避難。
夜はメコン川沿いのナイトマーケットへ♪

P4300411.jpg

すごい原チャ!

ここ超広くて、てゆーか長くてずーっと歩き続けた。
衣料品、アクセサリー、なんでも売ってる。

P4300416.jpg

私はこの前原チャでコケた時にサングラスが傷ついてしまってたから、
新しいサングラスを購入☆

約230円で(*°∀°)=3


このマーケットは意外にも食事するところが全然なかったから、
その向かえの通りに出ている屋台で夜ごはん。

P4300420.jpg

ここに座ってる人が100%の確率でオーダーしていた麺料理。

P4300423.jpg

見た目冷たい麺かと思ったらそうではなかった。
味もそうでもなかった。

インスタントヌードルの上に野菜やソーセージがたっぷりのったもの。


家族で経営しているこのお店の人達は英語がまったく通じなかったけど、
身振り手振りで注文をする私たちに笑顔で応えてくれてほっこりした♡


当たり前のことだけど、嫌な人ばっかじゃない。
優しい気持ちになって1日が終わって良かったな☆



明日はラオスにこんなところあるの!?的なところへ♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆきんこさんお久しぶりです♪
楽しくやってますかー(^O^)?
自分今ホーチミンにいるんですけどバスのオープンチケット買おうと旅の歩き方に乗ってるTNK&APTトラベル(旅ぷら)って日本語OKなとこに買いに行ったらオープンチケットはどこのツアー会社英語なった!全ての乗る日を決めないと買えない!
って言われて不信に思いシンツーリストに言ったら普通にオープンで買えました(笑)
価格もシンツーリスト30ドルくらいに対して45ドルもします!
こいつ英語話せないなって思われて完全になめられます!
もしベトナム行くって人にあったら教えてあげて下さい。
他の人の目にもとまればと思いここにコメントさせて頂きましたm(__)m

どこのツアー会社もなくなった
ですね、何度もすいません。

No title

チリでそんなに怒る人はじめてみました。

No title

2年間ラオス駐在で仕事してるものですけど
それはさすがにやり過ぎではないかと思いました。
単純に言えば文化の違いです、ラオスに限らず。
怒る前にそれを理解してもらえれば幸いです。

日本人に慣れているような中級以上のレストランであれば
英語も出来ますし、その辺りの対応はしっかりしています。
しっかりと日本人の求める接客をしてくれます。

しかしローカルの食堂に英語表記が付いただけようなレベルの店で食べる以上は
接客レベルが低いのは仕方ないです。
少なくとも日本人が求める「最低限」の接客は出来ません。
単価とサービスは比例します。安い食堂なりのサービスを理解してください。
「最低限」のサービスを求めるのであれば
1品500円程度の店に行くのがよろしいかと思います。

ラオスは大衆食堂でも基本的に愛嬌のある店員も多いですが、
気分屋なのでお客さん次第で無愛想になることも多いです。
あなたが笑顔で説明すれば結果も違ったかもしれません。

そしてラオスでは
キッチンスタッフの方がホールスタッフより権力があることが多く
仮にキッチンが間違えたとして、ホールが作り直し指示をしても
拒否することは容易に考えられます。
ホールスタッフは板挟みにあい困ったのかと予想されます。

片言の英語しか話せないのに
怒られている内容も完全に把握できないまま外国人に怒られ続け
作り直しを要求され、キッチンに伝えたら怒られ
何とかしようとチリを持って行ったらさらに英語で怒られ
最終的には金を払わず帰られる。

ホールスタッフの立場で書けばこんな感じかと。

あなたが払わなかった代金について
ホールスタッフの給与から天引きされた可能性も高いです。
それはスタッフの半日分や1日分の給与だったかもしれません。

メニューの間違いは食堂ではそれなりに起こり得ることですが
作り直しを要求する客は見たことがありません。
辛いものが食べたかったお気持ちは察しますが
チリを小皿に入れて持ってきた時点で許してあげてください。

英語がわからないのは彼らの責任ではありません。
あなたがラオス語が出来ないということも行き違いの一端です。
もちろん責めている訳ではありませんが
100%彼らのミスだという判断はかわいそうです。

偶然、このブログを読んだだけで詳しい事情はわかりませんが
バックパッカー形態での旅行を長くされてらっしゃるようですので
国々の文化についてご理解を頂き
ラオスの旅が楽しいものになることを願っています。

むね

久しぶり!!その節はありがとう!!
無事ベトナムに入ったんだね☆

情報ありがとう!!
ベトナムのオープンバスチケットの情報はまだアップしてなくて、
この後のベトナム旅が終わったら全部まとめて書こうとあたためていたからその情報も含めて書かせてもらうね!!

老舗、大手=高いっていう一般的な感覚を覆してくれるシンツーリストは素晴らしい!!
この先も気をつけて楽しい旅を( ´ ▽ ` )ノ

junさん

チリで怒ったわけではないんですが、結果同じことですね。
大の大人が、お恥ずかしい限りです。。。

abcさん

ご丁寧なコメントをいただきありがとうございます。
この記事をアップしたらそのような意見を頂戴するだろうなと思いながらアップさせていただきました。
あの件はあれでよかったのだろうか、あの場面を何度も思い返し、やっぱりお店の人のあの対応はおかしいんじゃないか、そう思う一方で私がおかしいんじゃないか、正直そんな気持ちもありました。

ですので、このようなご意見を頂戴したことに心から感謝をしております。


"郷に入れば郷に従え"
その言葉の通り、日本の常識なんて通用しないし、なにが起きてもそういう国、そういう文化だと受け入れ、寛容な心で受け入れること。
そう思っていながら、私のしたことは大変大人げない対応だったと思っています。

恥ずかしながらオーダーを間違えてしまった場合そのホールスタッフから給料が天引きされてしまうこともあるなんていうことも知らずにおりました。

今までもこういうことが各国でありました。(オーダー間違えに限ったことではありませんが)
機会があると知り合った現地の方に相談したり話を聞いてもらったりしますが、
この国はそういう国だからねーハハハッって笑われることもあれば、
なんでちゃんと怒らなかったんだ?言わなきゃわからないだろ!
毅然とした態度で接しないからそういう目に遭うんだよ!そう言われることもありました。

このような出来事を記事にしてしまいましたが、
実際は泣き寝入りというか、なにが起きても諦めることの方が圧倒的に多いです。

でもいつも考えてしまいます。これでよかったのかと。
私ひとりがなにかを抗議したとしても何も変わらないでしょう。

でも、変わらないからと言ってなにもせずにいることにも違和感を感じてしまう気持ちもあります。
この先も別の旅行者が被害に遭うかもしれないとか、
日本人は何も言わないから簡単だって思われ続けるんじゃないかとか。

こんなに気性の荒い私から見てもそこまで言う!?というぐらい欧米人は強い人が多く、
はっきりきっぱりNOと言うし、私ならもういいやって諦めてしまうことも決して譲らない強さを持っていて。
それがいいことか悪いことかはわかりませんが。

悩みながら、考えながらの旅です。
どこまでがその国の文化で、どこからがマナー違反なのか、すごくすごく難しいです。
特に短期滞在の旅を続けるバックパッカーにとってその判断はより困難です。

ですが、わからないなら従うべき、受け入れるべきなのかなと今は思っています。

それはおかしいんじゃない!?という感情を殺したら、自分が自分じゃなくなるんじゃないか、
諦めるのは簡単だけど諦めていいのか、いちいち言う必要なんてない、言っても変わらない、言っても意味がない、お金を払えば済む、旅に出てからはそうやって諦めることが多くなりました。

難しいですね。

でも考えながら、悩みながら、色々な方からご意見を頂戴してまた考えて、
そんな旅を続けることができることに感謝をして、明日からもまたたくさん考えます!!

本当にありがとうございました。

違和感

こんにちは。

いつも楽しく拝見していますが、今回は、なんか変、と思っていました。
その気持ちを abcさん のコメントを読み納得。

いろんな人がいて、いろんなことがあるから生きてて楽しいんですよね。

本当に悪い人もいるのでしょうけれど。
>当たり前のことだけど、嫌な人ばっかじゃない。
>優しい気持ちになって1日が終わって良かったな☆
まだ行ってない国が沢山。いつも↑こう思えるといいですね。
もし、不愉快なまま1日が終わっても、翌日、今日はよい日と思い出発出来ますように。

昔々さん

お久しぶりです。
ずっとブログを見ていただいていたようで、ありがとうございます。

楽しいことばかりじゃないですが、それはどこにいても同じことで、
楽しいことばかりじゃないから楽しいことが楽しいのだと、そう思って旅を続けたいと思います☆

温かいコメントを頂戴しましてありがとうございました。
元気が出ました(*´▽`*)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。