↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は赤ちゃん…??

こんにちは☆
リアルタイムは日本に一時帰国中です!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年06月04日】
カロー→インレー湖

P6040500.jpg


今日はカローからインレー湖まで1泊2日のトレッキングをする。

IMG_1578.jpg

結局他のツアー客は現れず、なおちゃん、私、ツアーガイドと3人で行くことになった。
申込みは昨日の夜にしておいた。


8:30、タクシーが迎えに来てくれた。

すべての荷物を積んで申込みをしたEVER SMILEのオフィスへ。
トレッキングに持っていく荷物だけ持って、バックパックはここに置いていく。
バックパックは明日インレー湖で泊まる宿まで届けてくれる。これいいサービス。もちろん有料だけど。
だってバックパック背負ってトレッキングは無理だし、
カローに戻ってくるわけじゃないから宿に預けておくってわけにもいかないしね。

そしてそのままタクシーでトレッキングをスタートする場所まで向かう。

DSC04138.jpg

9:20、La Mineという村に到着。


ここから今日の目的地までは歩いて向かう。
この先のトイレはきっとあまり居心地のよくないところだろうと思って、
ここでトイレに行っておくことにした。


トイレどこ??ガイドさんに聞くと、あそこって言いながら外に出た。


外??

DSC04140.jpg

あそこか…

DSC04139.jpg

さっそく村の洗礼を受けた。
横の小屋ではハエにまみれた子豚が寝ていた。

これから明日のインレー湖の宿に着くまで、このレベルのトイレしかないだろう。
頑張ろう。


9:30、トレッキングスタート♪

P6040494.jpg

歩き始めてすぐにのどかな畑の風景が広がった。

P6040482.jpg

P6040489.jpg

一生懸命農作業をする村の人たち。
手を振ると笑顔で手を振り返してくれる。


笑顔が素敵で優しいミャンマーの人々。
笑顔なのは人だけじゃない。

P6040496.jpg

バッファローまでも笑顔で迎えてくれる。

さすがミャンマー(*´▽`*)
大好き!!!!!



勾配はそれほどなく、360度パノラマののどかな風景を見ながらとても気持ちがいい時間☆
私はルンルンで歩いていた。

P6040499.jpg

11:00、休憩。

P6040504.jpg

おばあちゃんとおかあさんが笑顔で迎えてくれた。

P6040502.jpg

温かいお茶とお菓子を出してくれた。

P6040509.jpg

おばあちゃん達は昔ながらの方法で手作りの編み物をして生活をしている。
お土産物だけじゃなく現地の人もみんな使っているバックを編んでいるところだった。

その作業を見ながら休んでいると雨が降ってきた。

DSC04144_2015063010014718d.jpg

ミャンマーは今雨期真っ只中。
ミャンマーに入ってから1日1回は雨が降っていた。
だいたい夕方〜夜にかけて、でもほんの数時間。

日本の梅雨みたいに1日中雨が降り続くみたいなことはなく、
どちらかと言うとスコールみたいな感じでバッと降ってすぐ止む、そんな感じ。

トレッキング中も雨が降るかもしれないっていう予想はしていた。
でも多分夕方だろうから運がよければ宿泊先に到着している頃かもなーなんて。


まだ午前中ヽ( ̄д ̄;)ノ

早くない!?



DSC04145.jpg

雨はどんどん強くなっていった。
私たちがいる小屋、地面に打ちつける雨の音がどんどん大きくなる。

あーあ。これはしばらく足止めだねー。

なんて言っていたら、ガイドさんが私たちのリュックにビニール袋を付けはじめた。

DSC04146.jpg


え!?行く!?行くの!?


ガイドのミュートゥー、お構いなし。

DSC04147_20150630100225720.jpg


ここから地獄が始まった。


DSC04148_20150630100227b02.jpg

舗装されているところはまだ良かった。
でもそんなところばかり歩くわけじゃない。

ドロドロの道がほとんどだ。

DSC04151.jpg

途中ミュートゥーがおもむろにナイフを取り出して木を切り、
私たちに杖を作ってくれた。


前回一時帰国した時に私は新しい靴を買った。
世界一周スタートからずっと履いていた靴がボロボロになってしまって、
でも超お気に入りだったから同じ靴を買った。

東南アジアは暑くてほとんどビーサンしか履かず、私の靴はほぼ新品だった。


だった。


だったのに(ToT)


コロンビア独自の防水加工をしているという靴は雨の中歩いていても全然水が浸みてこなかったけど、
やがて多量の雨に負けるときがきた。

DSC04153.jpg

雨が浸みてズブズブになった。


雨はまったく止む気配がない。
むしろ前をまっすぐ見れないほど強く打ちつける雨。

大きな雷が何度も鳴った。

ノープロブレム!って言うガイドのミュートゥーも大きな雷が落ちる度に耳をふさいで体制を低くした。


全然大丈夫に見えないじゃん!!
怖いよー!!



なにもかもがずぶ濡れだった。


道じゃない道を歩く。
畑の中は土がぐちゃぐちゃで、足は土の中に埋もれ、私はすでに泣きそうだった。


靴が…


12:30、やっと昼休憩のお宅に到着した。

DSC04154.jpg

お父さんとお母さんが笑顔で迎えてくれ、2階にあるお部屋に案内してくれた。


こんなにずぶ濡れで汚いけどいいの??って聞いたら、
気にするな気にするなって言ってくれた。

DSC04157.jpg

温かいお茶を出してくれて、寒くないか?ってなおちゃんにブランケットをかけてくれた。
優しさが胸に浸みた。

浸みるのは雨じゃなくて優しさだけで良かった。


DSC04158_20150630100305f8c.jpg

お昼ごはんには焼きそば、サラダ、スープ、マンゴーが出された。
いっぱい歩いてお腹がすいていたからモリモリ食べた。とっても美味しかった☆


13:30、雨はだいぶ小降りになっていた。


濡れた靴を再び履く。気持ち悪い。
レインウエアもずぶ濡れ。


DSC04161.jpg

精一杯の笑顔。無理をした。


DSC04166_20150630100308f04.jpg

DSC04168_20150630100343de6.jpg

本当はキレイな景色が見れるんだろう。
もはや防水カメラしか出せないし、足元がぬかるみすぎて下ばかり見て歩いた。


ここからの道はホントひどかった。


P6040513.jpg

雨は上がった。
でもさっきの大量の雨で道がぬかるみまくっていた。
なんだったら道がなく水たまりしかないみたいな場所もあった。

ここの土は粘土だった。

靴の裏に土がへばりついて靴がどんどん重くなる。
足の裏が厚くなっていく。

汚くて汚くて歩くのが嫌で、私は足を置くところを慎重に選びながら歩いた。

途中で出会った他のツアーの人とかにもどんどん追い越され、
ミュートゥーとなおちゃんとの距離も開いていく。


でも私は進めなかった。
ドロドロの中に足を突っ込んで歩くなんて嫌だった。


もうやだーーーーー(ToT)
汚いーーーーー(ToT)
こんなところ歩けないよーーーーー(ToT)



ヘタレな私は泣き言を吐きまくった。


なおちゃんはとっても優秀だった。
ドロドロの土の上を、わーって言いながらも元気に歩いた。

なおちゃん、強い(ToT)


ガイドのミュートゥーは泣きそうになってトロトロ歩く私をいっぱい励ましてくれた。


ゆき、ゆきの靴はすごくキレイだよ!!



そんなことない!!汚いもん!!


P6040515.jpg


今日宿泊するところに着いたらゆきの靴元通りキレイに洗ってあげるから心配しなくていいよ!!


Ever smile!Ever smile!


Don't cry!Don't cry!



そう声をかけてくれて、中でもとってもヒドイ道では手をつないで歩いてくれた。


私は終始わー!!わー!!わー!!と大騒ぎして歩いた。


ミュートゥーはそんな私を見て大笑いした。


笑い事じゃないんだからっ!!って日本語で言った。
ありがとう、ミュートゥー。


ミュートゥーは新しい日本語を覚えた。


"難関"


私がまた難関だ!!

難関!!難関!!難関!!

って言いまくってたら、ミュートゥーもゆき!難関!って難関を使い始めた。



DSC04172.jpg

そんな大騒ぎのトレッキング(大騒ぎしたのは私だけ)をし、
16:00、本日宿泊させてもらうところに到着した。

P6040521.jpg

寝床が準備されていた。
なかなかの場所だった。大丈夫。なおちゃんと一緒だもん。


後でシャワー浴びておいでってミュートゥーが言ってくれた。


DSC04170.jpg

バケツから水を汲んで浴びるシャワーは経験済みだったけど、
ここはかなり開放的なスペースで、全裸になることはできない感じだった。

もともとシャワーは浴びられないと思っていたから大丈夫。
雨に濡れて最強に汚かったけど、明日もトレッキングだし今日はもういい。


なおちゃんと到着を祝ってビールを飲んだ。


ミュートゥーは約束通り私たちの靴を洗ってくれた。
じゃぶじゃぶ洗ってくれた。

明日までに乾く可能性はゼロだろう笑


そしてミュートゥーがミャンマーラムをくれて3人で飲んだ。

DSC04174.jpg

いろいろな話をした。
ミャンマーには全部で135言語もあって、互いに理解はできないんだって。
小さな小さな村にはそれぞれの言語が存在していて、それぞれの生活を送っているんだなって思った。

それにしても135言語ってすごいよね。


そして今日のトレッキングの話になった。

今は雨期だから本当に大変なんだよって。

でしょうね(ーー;)
でもこんなにヒドイと思わなかったよ。

そしてミュートゥーが言った。


ゆきは赤ちゃんみたいだよ!

って。


なんですと!?(((( ;°Д°))))


ミュートゥー!私が何歳か知ってるでしょ!?



知ってるよ!でも赤ちゃんみたいだ!
NO〜NO〜ってすぐ泣くし笑



泣いてないよ!!泣きそうだっただけだよ!!


なおちゃんも爆笑。
私が後ろをぎゃーぎゃー言いながら歩いている時にふたりでゆきは赤ちゃんみたいだね〜って話してたんだって。


なおちゃんなんて言ったの!?


I think so.って言いましたけど?


ヽ( ̄д ̄;)ノ


明日は頑張ろう。
弱音は吐かん!!


DSC04177.jpg

夜ごはんはとってもとっても美味しかった☆
ごはん、スープ、おかずが4品も出てきてすごく豪華。
超モリモリ食べた。



静かな夜。
Wi-Fiがないとこんなにもすることがない。

20:00ぐらいにはふとんに入った。
真っ暗。

私は遅寝早起きタイプだからこんな時間にふとんに入るなんて超違和感だった。
でも暗くなったら眠るのだ。


今日は雨がひどくて本当に大変だった。
楽しみにしていた民族とのふれあいなどできるわけもなく、ただただひたすら泥道を歩いた。


でも終わってみれば楽しい1日。
明日もいい日になりますように☆



明日はトレッキング2日目!インレー湖に向かいます!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

ちゃんと靴洗ってくれたんだ。ミャンマー人嘘つかない。インドだったら無理だろうな。さっき洗ってくれるって言ったじゃない、って怒鳴っても今日は赤ちゃんの面倒みたから疲れたと言って知らんぷりだよ。お金見せれば洗ってくれるけど。ゆきちゃん拷問にあったのね。私はイグアスの滝で拷問にあいました。お母さん達が織ってたバックが気になる~!どんなんだろう。明日は昼間雨降らないと良いね!

三佳子さん

インド、なかなか楽しそうですね(^_^;)
そういう国だと思って笑えるように心の準備をしておきます!

バックは似たようなものが多いですが、あのように手作りで作られているししっかりしていました。
ミャンマーの人もみんなそのバックを使っています☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。