↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まずく悲しい別れ。

こんにちは☆
リアルタイムは日本に一時帰国中です!


=これまでのルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年06月10日】
マンダレー→ヤンゴン

P6100040.jpg


今日はバイクでマンダレー近郊の町をいくつか回ることにした。

本当はマンダレーに3〜4日滞在していくつか行きたいところがあった。
でも昨日急遽予定を変えて今日の夜行バスでマンダレーを出ることに決めたから時間がなくなってしまった。

そんなところに昨日の夜マンダレーヒルから宿まで送ってくれたバイタクのドライバートゥントゥンが、
バイクで観光地を回らないか?と声をかけてくれたから乗っかることにした。

行く場所も出発時間も戻ってくる時間も私の好きなように決めていいって言ってくれたし、
金額もそんなに高くなかったから。

本当は1人で行きたかったから悩んだんだけどね、彼はガイドじゃないから、あくまで連れて行ってくれるだけ。
タクシーをチャーターするのと変わらないから、まいっかと思って。


朝起きても昨日のことを思うと気持ちが沈んだままだった。

ハルと顔を合わせたくないな…
どんなテンションで接すればいいんだろ…

どうか会いませんようにと願いながら部屋の外へ出たら階段ですれ違ってしまった。

おはよう!朝ごはん食べた??

おはよ…食べたよ。

ハルは普通のテンションだったけど、私はテンションが上がんなかった。
そんな気まずい朝。


DSC04272.jpg

トゥントゥンは約束通り10:00に宿に迎えにきてくれた。

DSC04273_2015070716505267c.jpg

まず向かったのはマンダレーから10キロぐらいのところにあるアマラプラという町。

トゥントゥンのオススメで写真を見せてもらって行くことにした。
本当は夕日がキレイなスポットらしいけど、私は今日の夜ここを出なければいけないから昼間に来てみた。

P6100042.jpg

P6100010.jpg

ここはウー・ベイン橋という木造橋がある。

P6100013.jpg

P6100012.jpg

P6100014.jpg

タウンタマン湖を渡るために架けられた全長1.2kmの橋。
160年以上前に架けられた橋なんだって。


トゥントゥンは入口で私を降ろしてくれて、好きなだけゆっくり歩いておいでと言ってくれた。
彼はレストランでお茶をして待っているからって。


トゥントゥンがグイグイくる感じの人じゃなくて良かったと心から思った。
彼はガイドではないけど、一緒についてきて超ハイテンションでいっぱい話しかけられたら嫌だった。
今日は1人で静かに観光したかったから。

P6100012.jpg

どうしようかなと思ったけど、私はゆっくりゆっくり橋を渡って対岸まで行ってみた。
風は強かったけど天気が良くて気持ちよかった。

GOPR1022.jpg

でも私はこんな顔で。
一応記念撮影をしようかと思って、超笑ったつもりだったけどね、ホント顔に出る。

全然気持ちが晴れなかった。サングラス下がってるし。

1時間ぐらいかけて橋を往復してトゥントゥンの待つレストランへ戻った。

次はザガインという町へ行く。

P6100049.jpg

インワ鉄橋。

DSC04278.jpg

ここを渡るとザガインだ。

そしてザガインの郊外にあるザガインヒルへ。

P6100051.jpg

この丘には150以上もの仏塔と僧院が点在しているらしい。
頂上のテラスからの眺めもキレイだということで来てみた。

トゥントゥンはここでも丘の麓でバイクから降ろしてくれて、
ゆっくりしておいで、ここで待ってるからって言ってくれた。

P6100053.jpg

昨日行ったマンダレーヒルと同じく階段をずーっと上って行く。
なかなか急な階段で息を切らしながらゆっくり上っていると後ろから来たおじさんに声をかけられた。

ちょっと上って休むタイミングが一緒だったから少しずつおじさんと話しながら上る感じになった。

おじさんは今ザガインの大学院で医学の勉強をしているらしい。
本当か??と思ったけど、おじさんからは消毒液のニオイがしたからきっと本当だ。

おじさんはまるでガイドのように私に色々なことを教えてくれた。
ここは日本人にゆかりのある場所だと。たくさんの日本人がここにいると言った。

私は知らなかった。
予習したガイドブックにはなにも書かれていなかった。

おじさんは何も知らないで今ここにいる私に一瞬驚いた顔をしたけど、
なにがあったのかを優しく教えてくれた。
ガイドブックだけの浅い知識で丘の上からキレイな景色が見れたらいいなーなんていう気持ちでここにいることを恥ずかしく思った。


"ビルマの戦い"だ。

ここで命を落とされた方がたくさんる。
もちろん日本兵だけではないけど、ここにはその時に亡くなった日本兵の慰霊塔があるそう。

ミャンマー(ビルマ)は当時イギリスの植民地だったけど、
ミャンマーの人々はイギリスの敵としてこの地で戦う日本軍を歓迎してたくさんの援助をしてくれたそう。

その感謝の気持ち、ご遺族の方々の思いが集まり、ここから医療援助の活動がスタートし、
今ではたくさんの日本人医師、看護師、ボランティアの方々がミャンマーの医療支援をしているそう。
その始まりの場所がザガインだった。

おじさんが勉強をしている病院には、ミャンマー語の読み書きまで出来る日本人看護師がいるんだぞ!
と嬉しそうに話をしてくれた。

過去があって今がある。
ミャンマーの人々は昔々から心優しい人だったんだ。

そして医療を通してそれに報いようとして活動している日本人がここにはたくさんいる。
なんだかすごく嬉しかった。過去の親切の恩返しを世代をこえ今の人たちがしていることに。


おじさんは今日は午前中で学校が終わったからここの頂上で読書をしようと思って来たらしい。
私はおじさんとの出会いに感謝した。


P6100062_201507071656597f9.jpg

頂上のサンウーポンニャーシン・パヤー。

P6100064.jpg

P6100065.jpg

ミャンマーの仏塔は中のモザイクがとてもキレイなところが多い。

P6100075.jpg

そしてテラスからの眺めもキレイだった。

P6100070_20150707165705cac.jpg

ここは万里の長城みたいだろ??とおじさんが笑った。

P6100074.jpg

見える?階段の道が続いているの。

確かに!そっくり!万里の長城かと思った!と言って笑った。


このすぐそばに日本人パゴダ(仏塔)があるそう。
よければ案内するよとおじさんは言ってくれたけど、1人で行くからいいよとお断りした。
おじさんはゆっくり読書を楽しんでもらおう。

P6100083.jpg

ここが日本人パゴダ。

P6100091.jpg

P6100092.jpg

P6100089.jpg

この丘の上からはたくさんのパゴダ、川、鉄橋が見渡せた。
おじさんのおかげでなんだか心が温かくなって私は少し元気になった。


14:00、宿に戻って来た。

GOPR1030.jpg

こちらがバイタクのトゥントゥン。
彼の希望でケータイ番号を書いておきますね☆

トゥントゥン:09259625919
もし彼にお願いしたい場合は宿の人から電話してもらうのがいいかも!

バイクが怖いという方はタクシーでもいいそう。
タクシーの方が高くなっちゃうけどね。

トゥントゥンは必要以上に話さず、グイグイ系じゃなかったのは私にとっては良かった。
1人でゆっくり見て回りたいなっていう人にはオススメかな。
もしかしたら私から放っておいてオーラが出てしまっていたからかもしれないけどw

トラブルの責任は取れませんが、控えめでいい人だったよ!
もしよければ♪

私が行ったのはアマラプラ、ザガインの2か所。
所要時間は4時間。ガソリン代込みで15000チャット(約1800円)。
アレンジは全然可能です☆


帰るとハルがレセプションにいた。
どうだった??楽しかった??って普通に話しかけてくれた。
今度は私も普通に話した。

でもやっぱり昨日のことがまだモヤモヤしていて、
約束したFacebook友達になろうって、そう言われたらどうしようかと心の中で思っていた。


その後はお昼ごはんを食べて屋上のテラスでビールを飲んでまったりしていた。

DSC04283_2015070716505506f.jpg

このあとここに写っている3人とミャンマーラムを飲む会になった。
あとでこの写真見てウケた。

真ん中のイギリス人のおじさんが今日の夜のフライトでタイに行くから、
開けちゃってるボトルを空にしたいから手伝ってくれって。

お易い御用♪

奥のカップルはデンマーク人。ふたりでアジアを2ヶ月ぐらい旅しているらしい。
お酒が進んですっかり盛り上がった私たちはみんなで飲みに出かけようということになったけど、
私はバスの時間があったから行けなかった。残念だったな。


シャワーを浴びて出発の準備をした。
この宿はチェックアウトをしたあともシャワーを使っていいって言ってくれて、
ありがたいことにバスタオルまで貸してくれた。
タオル濡れたままじゃ移動できないからマジで助かった。

ハルがお世話をしてくれた。

レセプションに預けている荷物を出し入れする度に、
大丈夫??問題ない??と声をかけてくれた。


20:30、ハルが手配してくれたバイタクが宿まで迎えに来てくれた。
バスターミナルへ向かう。


コロコロバックを持ってバイクに乗せてくれた。


ハルは結局Facebookの件は何も言ってこなかった。
私も何も言わなかった。


ありがとうと言ってバイクの後ろに乗った。


ハルは日本語でSee youってなんて言うんだっけ?と聞いた。


"またね"だよ。


マ・タ・ネ!!マ・タ・ネー!!


そう言って笑顔で手を振った。


私もまたね!と言って笑顔で手を振った。


そしてバスターミナルへ。

DSC04284.jpg

ヤンゴンへは前に乗ったVIPバス、JJ EXPRESSで戻る。

DSC04286.jpg

3列シートで広々快適☆
TV画面までついていてまるで飛行機!(車種によります)

DSC04289.jpg

食事までついている。
このバス会社は本当にオススメ☆
ミャンマー国内の移動はぜひ!!


バスに揺られながらさっきの別れを思い返した。


なんか、超切なかった。

超仲良しになれそうだったけど、昨日の夜は楽しい時間を過したけど、
あの出来事を解決するほどの話が出来なかったし、今日はお互い普通に接していたけど普通じゃなかったと思う。

ボタンのかけ違い??
ほんの些細なすれ違いだったようにも思うし、そんな軽い問題じゃない気もする。

昨日のことなんだけどね、って切り出せば良かったのかな。
でもそんな話をしてもハルの嘘が消えるわけじゃないし、嘘を非難した私の発言も消えるわけじゃない。

結果ハルとは友達にはなれなかったけど、
彼の日本語の上達、そして"いつか日本に行く"という夢がどうか叶いますようにと願った。


人って難しい。


マンダレー→ヤンゴン
所要時間:約8時間
運賃:18500チャット(約2220円)
※チケットは前日に宿で手配
※宿までのピックアップなし。バスターミナルへは市内からバイタクで30分弱、3000チャット(約360円)。


明日はヤンゴンからタイ、バンコクへ戻ります。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ

ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

昨日のことだけどね って切り出さなくて正解だったと思います。単に、ゆきさんのモヤモヤを解消したいだけの言動に過ぎないし。相手からしたら、格差のある人と(ゆきさんが思うほど)仲良くなれるとも思ってなかったかもしれない。自分を気に入って、仲良くなれたらラッキー★ぐらいじゃないかしら。私は、同じ日本人同士でも、自分よりも明らかに年下だったら、支払いをするし、ましてや収入の格差が分かりきっているなら尚更です。支払うのが嫌なら、その人と同じ時間は過ごしません。
自分が逆の立場になっても嫌味には思わないです。変わってますか?
ハルの嘘は、ゆきさんを騙すための嘘ではないと思いましょう。

ゆきんこさんお久しぶりです!
昨日の記事から続けて読みました。
何とも切なくて苦しい気持ちを経験してしまったんですね、、、
それぞれの国で色んなマナーや習慣があるし、確かに現地の人に教えてもらわないと分からないですよね。
なので、ハルさんを信用して質問したのに返答に明らかな嘘が含まれていたら、私も混乱してしまうと思います、、、。私なら泣いてしまってるかも 笑
どういうつもりで嘘ついたのかって、なかなか聞けないですよね。
モヤモヤが残るけど、いつかその答えがゆきさんなりに出る日は来ると思いますよ!
世界を旅しながら色んな疑問に出会うって、素晴らしい事ですしね!日本に居たらミャンマーの人について考えてたりミャンマーの人の言動に惑わされたりする事もないですもん!悲しい事や苦しい事はきっといつか、為になるし浄化されます!誰かが言ってました、死ぬ以外はかすり傷って。沢山のかすり傷作って日々成長出来るってほんと素晴らしいですよ!ゆきさん、頑張れ〜ッ(・ω・)ノ!

格差と言うけれど

記事楽しみにしてるひとりです
日本人が現地の人と仮に年収が
30倍としたって他人にポンポン
奢れる余裕はないよね
少ない資金でやりくりして
旅にでてるんだから
泊まるとこもホテルじゃないし
おそらくこの旅の準備で相当な
節約をしお金を貯めて臨んでると
推測されます
日本人平均の30倍の年収なら奢るの
苦じゃないだろーけどね

あんたは正しい
頑張れ〜

ゆっこさん

おっしゃる通りです。
スッキリしない気持ちを抱えているのが嫌だったのだと思います。

ゆっこさんが変わっているとは思いません。
私は自分より明らかに収入が上の人におごってもらうとしても躊躇してしまいます。恐縮します。
例外もあるとは思いますが、基本的に収入は努力の結果だと思っているからです。
人それぞれ考え方があって、本当におもしろいですよね。

ご意見を聞かせてくださってありがとうございました。
とても勉強になりました☆

オフーさん

オフーさんお久しぶりです!
コメントありがとうございます☆

あの日は本当にショックで混乱した夜でした(^_^;)
でもありがたいことにブログに書いた後色々な方からコメントを頂戴して、
ハルはきっとこんな気持ちだったんじゃないかとか、自分の発言はどうだったんだろうとか、
自分なりにもう1度考える時間が持ててすごく良かったと思っています。感謝しています☆

オフーさんのおっしゃる通り育った国、環境の違い、当たり前も常識もまったく違う人と接して戸惑うこと、悩むことはものすごく勉強になるし素晴らしい経験だと思います。
その瞬間はショックだったり怒ったりしちゃうこともあるけど、そのすべてに感謝して過したいと思います!

"死ぬ以外はかすり傷"心に刻んでおきます!!
かすり傷をいっぱい作って成長していけたらと思います。
ありがとうございました!!!!!

通りすがりさん

コメントありがとうございます。
自分のしたいことを実現させるためには当然ですが、おっしゃる通り旅資金を貯める努力は長い間続けました。
日本人の平均年収の30倍ももらえるような力はなかったので(^_^;)

旅中"節約"は常に頭の中にあります。私にとっては少しずつ貯めた貴重な資金です。
払える人が払えばいいって言ってポンポンおごる余裕がないのも確かです。
日本円にしたらほんの数百円で、普通に生活していたらコンビニでちょっと買い物したぐらいの金額なんですけどね。
私の環境も変わっているので、なかなか難しいこともあります。

激励嬉しかったです☆
ありがとうございました!!!!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。