↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の程知らずのバカヤロウ。

こんにちは☆
リアルタイムはブラジル!現在地はサルヴァドール!へ戻るバスの中



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


【2015年09月13日】
サルヴァドール

IMG_0553.jpg


サンパウロ〜サルヴァドールまでの長い長いバスの移動。

絶望的と思った移動だったけど、時間が経つにつれ途中の町で乗客が減っていって最後の方は1人で2シート使える感じで思ったよりも辛くなかった。

サンパウロを出発した翌々日の早朝、サルヴァドールに到着した。

朝6時。

IMG_0539.jpg


南米の日曜日は注意が必要だ。
ほとんどのお店が閉まってしまう。人通りも少なくなる。

だから犯罪率が上がるのだ。

日曜日の移動はなるべく避けていたはずなのに、
なんと日曜日、しかも早朝に到着してしまった…。


いや…でもブラジルはどうなんだろ?
日曜日ってそんなに意識する必要あるのかな??


まー大丈夫か!!


そんな楽観的な考えは今すぐ捨てろとその時の自分に言ってやりたい。


本当はここでもう少し時間を潰せばよかったんだと思う。

IMG_0541.jpg

でも朝6時と言っても外はもう明るいし、バスターミナルに人がいっぱいいるし、
それに30時間以上、バス泊を2泊もしているから一刻でも早く宿に行ってシャワーを浴びてまったりしたいという気持ちが先を急がせた。


IMG_0547.jpg

バスターミナルを出たすぐ向かえ側にバス乗り場があった。
インフォメーションの人は英語が話せると勝手に思っていたけど、サルヴァドールのバスターミナルでは通じなかった。

とりあえずオールドシティ(旧市街)へ行きたいと伝えてなんとかわかってもらって、
返答がすべてポルトガル語で全然わかんなかったけどその辺にいる人にオールドシティ!って言いまくってなんとかバスに乗った。


私の予約している宿は旧市街すぐ近く。
絶好の場所にあった。


バスに乗り込んだあとは変なところへ行かないようにGPSをガン見してドキドキしていた。
どこで降りたらいいかなんてわかんなかったけどとりあえず宿までの距離が1番近いだろう場所に来た時に慌てて降りた。

IMG_0550.jpg

そして宿の方向であろう方に歩き始める。


…。


なんか、怖い。


誰も歩いてない。
そしてもちろんシャッターもすべて閉まってるヽ( ̄д ̄;)ノ



IMG_0551.jpg

これが日曜日。


やめておけばよかった!!!!!


でもそんなこと言ってももう仕方ない。
宿まで行くしかないのだ。


MAPを見る限り宿までは一直線とかそんなんじゃなくて、
どうやら山というか丘を登らなきゃいけないみたいで、近いけど遠いみたいな感じだった。

IMG_2374.png

ピンが立ってるところが宿。
マルのところが旧市街。近くて観光に最高の立地でしょ?

私は海沿いの大きな道でバスを降りたんだけどね。
青の道を通って坂を上って宿まで行こうとしたの。

公園ぐらいまで来た時にちょっとマズイなって思った。
公園に住んでいる人が数人視界に入って、大きなコロコロバックをゴロゴロ引きながら歩いている私はとっても目立っていた。

怖い…
どうしよう…

でももう宿まであと少し。
ここからが1番近いし、ここを通らなかったら相当遠回りになる。

心を決めて早歩きで歩いた。

公園の脇を歩いていると2人の体の大きな男の人が私の後ろを歩いてきた。
私の目にはもうギャングにしか映らない。


この人たち怖い…


でも歩いている足を止めるわけにはいかない。
どうか、どうか無事に宿までたどり着きますように…


心臓が破裂しそうにバクバクしていた。


気合いで歩いているとその男の人たちに追い越された。
追い越される時に男の人たちが私になにかを言った。

もちろん私はわかんないって日本語で言った。
多分相当顔がこわばってたと思う。

このままこの坂を上ればというところまで来た。
赤丸のところ。

IMG_2374.png

上っていく方を見て恐怖が増した。


ここ絶対ヤバい。


北斗の拳の廃墟の町を歩く感じ?


野良犬、落書きだらけの壁、ゴミだらけの道、
もうなにが起きてもおかしくないぐらいのレベルの道に見えた。


って私の予約した宿どんなとこにあんの!?


ってツッコミたかったけど、そんな余裕なし。


それでもGPSを見ると宿まであと300mぐらい。


バカな私は気合いでそこを通ろうと思ってた。


だってたったの300mだよ?
全荷物を持ってるし坂道だしっていっても5分ぐらいで着くでしょ?


1歩踏み出そうとした時さっきの男の人たちが


そっちは行っちゃダメだ!
迂回しろ!!

戻れ戻れ!!


って口々に言った。


言葉はわかんないけど身振り手振りと口調でここはいちゃいけないとわかった。


お礼を言ってすぐにUターン。


怖い怖い怖い怖い怖い怖いーーーーーー


どうしようどうしようどうしよう!!
なんてところに宿予約しちゃったんだよーーーーー



そこを離れたあとも人のいない通りを歩いているってだけでとにかく怖かった。


石畳の道だから私のコロコロバックの転がす音が響いて、
ここにカモがいますよー!って教えているようで余計にイヤだった。


来た道を戻ってまたGPSを確認しながら、
ここから上ればいいかな…というところを歩いていた。


私はなんせ丘の上に行かなきゃいけない。


あーここも人がいないよー
怖いよー

そう思ってドキドキしながら歩いていると通りがかった人が、


そこはダメだ!
あっちから行け!あっちだ!



そう言った。


(((( ;°Д°))))


怖っ!!
ここもダメなの!?



私は言われた通りの道を早歩きで歩きまくった。


向こう側から歩いてくる人が大声でなんか言いながらフラフラして歩いて来るのが視界に入ったときは
もう身ぐるみ剥がされる覚悟をした。


とりあえずインフォメーションに行こう。
そして安全に宿までたどり着ける道を聞こう。
なんだったらもうタクシーに乗ろう。


IMG_0555.jpg

インフォメーションの方に行くと少し人がいたし車も走っていた。
インフォメーションは発見できなかったけどデモみたいのをやっている人の中で英語を話せる人がいて宿の場所を伝えてどうやって行けばいいか聞くことができた。

エレベーターに乗りなさいと言われた。

IMG_0556.jpg

多分このエレベーターに乗って上に行くと旧市街。
そこは観光地だから平和なんだろう。

ダッシュでエレベーターに飛び乗った。

朝の旧市街は下よりましだったけど観光客らしき人はほぼおらず、
怖い感じは消えなかった。


武装をした警察がいっぱい歩いていて治安の悪さを感じた。


コロコロがいよいよぶっ壊れるんじゃないかってぐらいの石畳の道を進んで宿までたどり着いたときはホッとして泣きそうだった。


宿のすぐ近くが旧市街の入口で、
そこには警察の車が待機していて何人もの警察が見張りをしていた。


なんだここ…


私はとんでもないところに宿を決めてしまったのかもしれない。


チェックインを待つ間に

サルヴァドール 治安

って検索してみた。


ブラジルの中で特に治安が悪い


とか


治安の悪さで有名


とか


そうだったんだヽ( ̄д ̄;)ノ


そんなところに日曜日の朝到着するなんてマジで身の程知らずもいいところだと思った。


サルヴァドールは超観光地でカラフルな家とかがかわいくて…♡
ってぐらいにしか思ってなかった。


今回は無事に宿までたどり着けたからよかったけど、
なにが起きてもおかしくなかったんだろう。


2組の親切な地元民がそこはダメだ!って教えてくれなかったら、
私は知らずに危ない道を通っていただろう。

あの人たちにたまたま出会っていなかったら…

そう思うと鳥肌がたった。


反省。

大反省。

大大大反省。


行く前にその国、その町の治安について調べるなんて初歩中の初歩を怠るなんて。
ダメ過ぎる。


サンパウロ→サルヴァドール
所要時間:約34時間
運賃:357.9レアル(約11560円)

ゆきんこ調べだけどこの区間のバス会社は1社のみだと思う。

IMG_0486.jpg

Sao Geraldoという会社。
他の窓口と比較しても大きい窓口で対応もしっかりしてたからバスもいいんだろうって勝手に期待したけどクオリティは低め。
でも乗務員やドライバーさんの対応はすごくいい。

もう1社Nacionalっていう会社もサルヴァドール行きって書いてあるけど、
結局2社とも同じ時間発運賃も同じだから1台のバスなんだろうなって思ったよ。

バスは1日2便。

①9:30発→翌17:30着
②20:45発→翌々日4:30着


両方所要時間を計算すると32時間になるけど何度聞いても36時間かかるって言うから①は避けた。
延着したら夜着になっちゃうから、だったら早朝着いて明るくなるまで待った方がいいかって思って。
結果私は②で1時間半ぐらい遅れて到着したよ。
預け荷物は30kgまでです!車内に持ち込むサブバックは計らないからきっと大丈夫だね!

※2015年9月時点


明日はドキドキのサルヴァドール観光のお話。
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

No title

その矢印の道はかなり危ない場所なはず
高台からみてもヤバそうだったもん
少しはちゃんと調べてから移動しないといつかは被害にあうよ〜
気をつけてね

良かった!無事着いて。私までドキドキしてしまいました!

マサさん

そうですよね…。おっしゃる通りです(ToT)
いつか痛い目見るだろうっていつも思います。

ちゃんと調べなきゃっていつも思ってるのに。今後はもっと気をつけます。
ありがとうございます!!

三佳子さん

ありがとうございます!!
無事着いたのが奇跡と思うぐらい怖かったです。
反省の多い移動になりました(ーー;)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。