↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅イチの体調不良、マラリアを疑う。

こんにちは☆
リアルタイムは56か国目コロンビア!!現在地はボゴタ!!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年11月06〜07日】
バニョス


IMG_3235_20151127053705f3d.jpg


朝は普通だった。
日課になったラジオ体操をして、普通に朝ごはんを食べた。

IMG_3232.jpg

そのあと部屋で少しゆっくりしてからお出かけしようかって、
そんな時ぐらいからなんか少しずつおかしいなーって思い始めてきた。

ちょっと寒いな…

そう思ってベッドに横になっていた。


なんか風邪ひいたかも…


どんどん寒くなっていく。
熱出るのかも。


まあいいや。
とりあえず寝よう。


私は少しずつ確実に悪化していった。


最初は熱を測るのを拒否していたけど、
あまりの寒気に風邪薬ではなく解熱剤を飲んだ方がいいのでは…と思って測ってみた。


すでに38度後半まで体温が上がっていた。


でも今思うとその時はまだまだ元気だった。

お昼ごはんを作ってくれるというボム平に辛ラーメンをリクエストした。

病人が食べるものじゃないって反対されたけど、
辛いもの食べて体を温めた方がいいとかテキトーなこと言って食べると言い張った。

でもボム平がラーメンに入れる野菜や飲み物の買い出しに行ってくれている間に私の症状はさらに悪化した。


熱はさらに上がり、腹痛までしだした。


ごはん食べれない…


やっとの思いでボム平にそう告げた。
この宿のキッチンは宿泊客の部屋とは別棟にある。
そこまで行くのももうしんどかった。


熱が出たらロキソニン。
とりあえずロキソニンを飲んだ。

一時的にモーレツに汗をかいて熱が下がった。
下がったと言っても平熱にはほど遠いぐらいだったけど。


熱はぐんぐん上がり、ついには40度になってしまった。


40度…

こんな高熱…


真っ先に頭に浮かんだのは"マラリア"だった。


マラリアとは…??

マラリア原虫(寄生虫の一種)の感染によって起こる熱病で、蚊などがこの原虫を媒介します。ヒトに感染するマラリア原虫には熱帯熱、三日熱、四日熱、卵型の4種類があります。現在、日本国内でマラリアの流行はありませんが、熱帯や亜熱帯地域で年間3億人近くの患者が発生しており、約50万人以上が死亡しています。アフリカ(サハラ以南)では、こうした患者の9割以上が発生しており、都市を含む全ての地域で感染リスクがあります。また、パプアニューギニアや南米のアマゾンも高度流行地域です。それ以外のアジア、中南米などの地域では流行が郊外の限られた場所に限定されます。なお、流行する時期は蚊の繁殖する雨季に多いとされています。


一言で言うと感染症。


その症状は…??

感染した蚊に刺されて1~数週間後に発熱、悪寒、戦慄(震え)とともに発症します。
発熱に伴い、倦怠感、頭痛、関節痛、筋肉痛、悪心・嘔吐、腹痛、下痢などがみられることもあります。
熱発作は数時間続いたあとに大量の発汗とともに解熱します。


治療が遅れると死にいたることもある怖い病気。


マラリア流行地域のアフリカにいたときは40度以上の高熱が出たらまず疑えって言われた気がする。


まさかのブラジルで…??

ブラジルでもアマゾンではマラリアの注意が必要。
でもアマゾンは行ってない。アマゾン以外でも感染とかするの??

まさかのアフリカ…??

アフリカ大陸を出てからもう7〜8ヶ月は経っている。
潜伏期間があるって聞くけどそんなに長期間潜伏する??


ボム平がマラリアについていろいろ調べてくれた。
潜伏期間はごくまれに1年とかあったりするらしいって。


まさかとは思うけど、自分が"まれ"じゃない保証なんてどこにもない。
アフリカにいた時はずっと予防薬を飲んでいたけど100%予防できるわけじゃない。


熱は全然下がんなかった。
体が重くて、全身が痛くて、マジで辛かった。

そして症状は熱だけじゃなかった。

お腹が痛くてベッドとトイレを行き来しまくった。
こんな頻度ならずっとトイレにいたら?ぐらいだった。

でも熱があるからトイレに長時間座っていることもしんどくて、
すぐにベッドに倒れ込んだ。

今思うとバストイレ付きの部屋でホント良かったって。

ボム平は夜中も私がトイレに行くたび起きて、
ベッドに倒れ込んで自分でふとんもかけられない私の世話を焼いてくれた。

上野山荘でも風邪をひいて超お世話になった。
次は元気に旅を!そう思ってたのに早速また看病されるという。。。
情けない。

辛く長い夜だった。汚い話で申し訳ないけど、
とった水分は尿としてではなく、すべてお尻から出た。


朝がきても相変わらずの高熱。
トイレ通いもハンパなく、病院に行くことにした。

ボム平が保険会社へ連絡をしてくれたけど、
今いるバニョスには提携している病院はないから自分で探して行ってくださいとのことだった。
念のため確認したけどすぐに通訳をつけることもできないって。

だと思った。
バニョスは小さい小さい町だからね。仕方ない。

症状をきちんと伝えられるようにボム平がGoogle翻訳でいっぱい調べてくれた。
保険証のコピーを持っていない油断しまくりの私の代わりに宿の人に頼んでプリントアウトしてくれた。
そしてタクシーを呼んでもらって病院へ。

IMG_3238.jpg

私はもうふらふら。
そしてお尻からいつなにが出てもおかしくない状態。


マジで辛かった。


初診だからね、まずは身長と体重測定。

IMG_2566.jpg

体重、2キロも減ってた。
年内の目標クリア。私は年内に2キロ、ボム平は4キロ減量って決めたばかりだった。


2キロ減ったから私年内の目標クリアしたからね

と言うと、

ずるいやんけ!ノーカンや!!

って。

私病人や(ーー;)


IMG_2569.jpg

相変わら血圧も超低くて両腕何回も測らされた。
いつも通りなんですって言いたかったけどそんなスペイン語は知らなかった。
しんどかった。


病院はすいていてすぐに診察室に呼ばれた。


ボム平が調べてきてくれた翻訳で症状を伝え、先生も質問などGoogle翻訳に入力してくれてなんとか理解し合った。
そして念のためマラリアの検査もして欲しいと伝えた。


それから採血をして●痢も提出して1度帰宅。


午後に検査結果を聞きに病院へ。

まず初めにGoogle翻訳に先生が

マラリアNO

と入力してくれて安心した。

原因は腸の中に多量の菌があることだって。
おそらく食事にあたったんだろうって。つまり食あたり。
発熱もその菌からくるものだったらしい。


食あたりで40度もの高熱が出るなんてビックリした。
そんなこともあるんだ。

私お腹強い方だから今までそんなに気にせずなんでも食べてきたけど、
怖いなって思った。


先生が薬を処方してくれた。
飲み方の説明もこちらが理解するまで丁寧に何度もしてくれて、本当に親切な先生だった。

最後に翻訳に"お大事に"って入力してくれて、すごく嬉しかった。

そして病院はなんと無料だった。
エクアドルの病院がなのかバニョスがなのかはわかんないけど、
血液検査とかまでしてもらったのにタダなんてビックリした。

私のお薬。
IMG_3240.jpg

錠剤2種類。
後ろのペットボトルがマジでクセモノ。激甘シロップヽ( ̄д ̄;)ノ
1日24時間で1本がノルマ。

余裕じゃん!って思うでしょ??マジで辛いからね、これ。
飲む度うぇーってなるんだよ。


早よ飲みんか


全然減ってへんで


子供かっ!!



ボム平に監視されてなかったら絶対捨ててたね笑


原因がわかったこと、病院で薬をもらったことで少し安心して体もラクになった気がする。


それにしても、どこの食事がいけなかったんだろうねーって、

メルカドのごはんか(*°∀°)=3

でもなんで私だけ??
だいたい同じモノ食べてたのにねー


きっとアメリカ横断の疲れで体力落ちてたんやろ。


とボム平。


そうなのかな〜


こうして世界一周出発から2年記念日はベッドで過した。
ボム平がアルゼンチンから買ってきてくれたワインを飲む予定だったのに。

1年記念日は完全に忘れてて、2年記念日は病人、
思い切って3年記念日目指そうかな…なんてね笑


今回もボム平には本当に助けられた。
1人だったらと思うとぞっとする。
上野山荘で体調を壊した時の比じゃないぐらい辛かった。

飲み物なんて買いに行けなかっただろうから多分脱水症状になってたと思う。
病院を調べたり電話したりできる状態でもなかったから、ひたすら部屋で苦しんでるだけだったと思う。

ペットボトルの蓋を開けることから、本当に何から何までお世話をしてもらった。


まさか、


まさかね、


そんな頼りになるボム平が…


ボム平が…


また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

医療無料

本当にボム平さんの助けなどいい流れがあってよかったですね。

エクアドルは、旅行者でも緊急の医療費は無料なんです。
そして医療技術が高度のお医者さんが多いようです。

お元気にこれからの旅を続けられてください。
ブログをいつも楽しみに読ませて頂いてます。

だったんですね!!

みこさん

ありがとうございます!!
もしかしてエクアドル在住または住まわれていたことがあるんですか??
エクアドルは旅行者にも優しい国なんですね☆
医療技術が高度なお医者さんが多いなんて、失礼ながら思っていなかったです(^_^;)
でも先生がすごく優しくて親切で、ボム平の助けもそうですが先生にもすごく救われました☆

これからは元気に旅を続けられたらと思います!
コメントありがとうございました(*´▽`*)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。