↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪名高きベネズエラ、腐敗しきった警察のお出まし。

こんにちは☆
リアルタイムは再びコロンビア!現在地はメデジン!!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2015年11月30日】
ククタ→メリダ


7:00、
一晩中走り続けたバスはベネズエラとの国境の町、ククタに到着した。

IMG_3962.jpg

これからベネズエラへ向かう。
緊張が走る。


悪名高き国、ベネズエラ。


世界で最も危険な国

とか

世界一治安が悪い国

とか


ベネズエラは治安が悪いと言われる南米でもトップクラスの治安の悪さなのだ。


世界で最も殺人発生率が高い国ランキングなるものでは堂々の第2位。

これはその国の平和度を測る指標として、10万人あたりの殺人件数を国連が発表したものらしい。
ちなみに1位はホンジュラスでした。
上位25位まで出てたけどほとんどがアフリカと中南米だったよ。
日本は202位。


こ…怖い(((( ;°Д°))))


頼りになる警察官や警備員はベネズエラではまったくあてにならない。
腐敗しきっている。
犯罪は取り締まらず、彼ら自身が犯罪者になることも多いらしい。


終わってますね。
じゃ、なにを頼りに…??


どこにいたってそうだけど、結局自分の身は自分で守るしかない。


いやいやいやいや!
そんな治安の悪い国行かなくていいじゃん!!



親とか友達に言われそう(^_^;)


でもね、ベネズエラにはロライマとかエンジェフォールとか魅力的な場所だってあるし、
なんと言っても物価があり得ないぐらい安い!!

前にも書いたけどベネズエラの闇両替のレートがとんでもないことになっていて、
2015年12月時点では公定レートの100倍以上のレートでやり取りされている状態。

闇両替をしたら一気にお金持ちだ。
バックパッカーが節約せずにお金をバンバン使える国だって。

高級レストランで食事をしてタクシーで帰宅する

とかね、そんなこと普通にできちゃうらしい。


しかも!しかも!しかも!!
ビールも1杯15円とかなんだって!!!!!



行きたくなるでしょ!?

ビール狂はベネズエラ集合で!!笑




私たちはベネズエラ国内で最も治安が悪いと言われ、
治安が悪い都市ランキングも常にベスト3に入る首都のカラカスには近寄らないと決めた。

そして国境を越えたらまずはベネズエラの中で1番治安がいいと言われている"メリダ"という町を目指すことにしていた。


闇両替をするためのドルは腐れ警察官に見つかると没収されたり賄賂を要求されたりするらしいから、
コロコロバック、サブバックに分散して隠した。

荷物検査されて見つかったらアウトだ。

1〜2年前とかは荷物検査されて別室で全裸にされて身体検査もされたって聞いたことがあったけど、
最近行った人の情報をきく限りではもうそこまでする人ってあまりいないっぽくて全裸は聞かなかった。

だから私はブラジャーの中に1番多くお金を隠した。
さすがに女子は全裸にさせられるってことはないだろうと思って。

他のところも超考えて隠し場所を決めたから多分見つからないだろうけど、
なんか超緊張するー!!


バスを降りると客引きが群がってきた。
1つは国境までのバス、もう1つは両替だ。


国境までのバスの客引きがいてホッとした。

今日は国境が開いているということだ。


コロンビア⇔ベネズエラ間の国境は2か所ある。
北部の町、Maicao(マイカオ)とここCucuta(ククタ)だ。

ほんの数ヶ月前はここククタの国境が閉鎖しているという情報だった。
その時期にベネズエラへ入国した人はマイカオから入っていると思う。

でも今は逆にククタが開いているっていう情報があったからここへ来た。
ボゴタの宿のスタッフにも調べてもらったけど3〜4日前はククタも閉鎖していたらしい。

なんでこんなややこしいことになっているかと言うと、
簡単に言うとコロンビアとベネズエラの仲が悪いからだ。

前から悪かったらしいけどね、
いろいろあって今年の8月にベネズエラの大統領が無期限で国境を閉鎖したことによって両国の関係がさらに悪化したんだって。

まあこんな背景があるから国境が開いてるかどうかも半信半疑で。
とにかく行ってみるしかないよねっていう感じだったからよかった。


とりあえずわけもわからず客引きの1人についてオフィスへ。
私はてっきりバスの客引きかと思ったけどどうやら両替の客引きだったらしい。

最初国境までバスで2000コロンビアペソ(約80円)だよって言われて、
パスポート見せてお金払ったからバスの人かと思ったんだけどね。


客引きのおじさんとオフィスにいた男の人が、

お金隠したか!?
マネーベルト(腰に巻くタイプのポーチ)とかバレるからダメだぞ!


英語が話せなかったけど身振り手振りで親切に伝えてくれた。

わざわざジップロックを出してくれて、
この中にお金を入れて靴の下に隠しなさい!と教えてくれた。

私たちはドルは全部隠してきたけど、コロンビアペソは大丈夫だろうと思って無防備に持っていた。

念のためコロンビアペソは大丈夫?って聞いたらコロンビアペソも隠せ隠せ!って言われて、
やっぱりベネズエラの荷物検査ってやばいんだ…って超ビビって言われた通りコロンビアペソを靴の下に隠した。

隠しながら今時靴の下??
マネーベルトは気づかれるのに??

ちょっと「?」って思った。

まあいいか。
ここでコロンビアペソを少しだけベネズエラのボリバルに両替しておいた。

ドルの方がレートが良かったけど隠したドルを出すのがダルかったからコロンビアペソにしておいた。
結果的にそれが正解だったけど、それを知るのはもう少しあとのことになる。


さて、両替もしてお金も隠して、いよいよ国境へ向かう。


国境まではバスだって聞いていたのに案内されたところはバスターミナルのすぐ横の敷地みたいなところに停めてあった車だった。

IMG_3965.jpg

え…これ…??
バスじゃないじゃん。これ大丈夫??

怪しい。
とっさにそう思った。

なんでこんなところにぽつんと車が停まっているのか。
バスって言ったくせにただの乗用車なのか。

あからさまに警戒する私を見て客引きのおじさんは大丈夫!大丈夫!ってあっという間に荷物を積み込んでしまった。

車の写真を撮ったけど嫌がらなかったからまいっかと思って乗り込む。
昼間だしボム平もいるしいざとなったら…まあどうにかなるだろう!


でもバスターミナルから国境までの約10キロの道のり、
車の中ではこの車絶対おかしいよ!っていう話をずっとしていた。

だって、そもそもバスじゃないし。
しかもこの10キロの道のり、タクシーで1人2000ペソ(約80円)なんていうあり得ないぐらい安い運賃だ。あり得ない。

だってボゴタで10キロタクシーに乗ったら20000ペソぐらいするもん!

変じゃない!?


IMG_3968.jpg

そんな私たちの心配をよそに車は無事国境に到着した。
降りたらドライバーが1人2000ペソって言ってきたけど、
さっきのオフィスでもうお金払ったからと言ったらすぐに諦めた。

なんなんだ。
もうお金払ってるのにー。ばかちん。

IMG_3970.jpg

コロンビアのイミグレはなんとも斬新でこのバスの中にあった。
建物は改装中なのかな?


IMG_3971.jpg

歩いて橋を渡る。
情報をいろいろ調べてたら、国境が閉鎖したりする前はここ車で通れたっぽい。
タクシーで両国のイミグレ寄って隣町まで抜けた人の情報とかあったから。
今はダメみたい。歩き。

IMG_3972.jpg

橋を渡りきる手前で長蛇の列。
なにやってるんだか全然わかんないけど全然進まない。

警察が1人1人なんか聞いたりしてるっぽい。
やっぱりコロンビア人がベネズエラに渡るとか、なんかいろいろややこしいことになってるのかなーとか思った。


早くメリダに到着したい…
怖いもん、もう。


IMG_3974.jpg

ここ、私たちはパスポートの出国スタンプを見せるだけですぐに通れた。
でも勝手に先に進むことはできずある程度の人たちがまとまってベネズエラへ渡った。

IMG_3978.jpg

ベネズエラだ!
荷物検査の機械に形式的に荷物を通してベネズエラのイミグレを目指す。

他の人の情報で見てたけど、ベネズエラのイミグレはなぜか国境の町San Antonio(サンアントニオ)の町中にあるらしい。
意味わかんない。通常だったら橋を越えたところにあるでしょ?っていう感じだけど。


そこはSAIME(サイメ)と呼ばれるところらしい。


一緒に橋を渡った人たちはいつの間にか散って私たちは軽く迷子になった。

軍隊みたいな人いっぱいいいるし、たまたま声をかけた人が英語話せる人で、
サイメに行くならタクシーで行った方がいいとか言われるし超怖かった。

IMG_3980.jpg

結局「サイメ!」「サイメ!」と言いながら歩いて人に教えてもらいながらたどり着いた。
国境から10分ぐらい歩くよ。

IMG_3979.jpg

向かえの建物で入国税を払って入国審査の紙を受け取る。
入国税:20ボリバル(約3円)


入国スタンプはとってもスムーズに押してもらえた。


さて、次はここからサンクリストバルという町へ向かう。
そこからメリダ行きのバスが出ているのだ。


サンクリストバルまでタクシーをシェアしようとイミグレで声をかけてくれた女の子がいたけど、
ドライバーが私たちは1人2000ボリバルだって言って、その子がなんでこの人たちだけ高いの?せめて1人1000ボリバルにしてあげてよって頼んでたけどドライバーがダメだと言って去って行った。

今思うと2000ボリバルって320円ぐらいだし、
サンクリストバルまでの距離を考えるとそんな高くないんだけどね、
なんせ入国したばっかで1ボリバルがいくらとか、高いとか安いとか全然判断つかなくて一旦スルー。


IMG_3983.jpg

サイメの近くからローカルバスに乗ってサンアントニオのバスターミナルへ。
ローカルバス:15ボリバル(約2.5円)


運悪くサンクリストバル行きのバスは出たばかりだった。
ベネズエラのバスもどうやら満席にならないと出発しないっぽい。
客は今のことろ私たち2人。


どーする?タクシーで行っちゃう??


スムーズにいっても目的地のメリダに到着するのは夕方ぐらいの予定。
なにかでちょっとでも遅れたら夜着になっちゃう。
初めての国、初めての町、しかもベネズエラで夜着は避けたい。

IMG_3982.jpg

タクシーで行っちゃお!
サンクリストバルまで45キロぐらいの道のりが3500ボリバル(約560円)だから安い。
これでもツーリスト価格でふっかけられてるけどね。

IMG_3985.jpg

約1時間ぐらいでサンクリストバルに到着した。
さすがタクシー♪

まだ11時半だ。快調快調!
このままスムーズにメリダ行きが出発してくれればなんとか暗くなる前に到着できそうだ。


バスターミナルの中をメリダ!メリダ!と言いながらバスを探していると早速(ーー;)

警察だ。

パスポートを見せろと言う。


心の中では、
なに命令してんだよ!なんでいちいちお前にパスポート見せなきゃいけないんだよ!!
と思いつつ、おとなしくパスポートを出す。

1ページ1ページパスポートをめくっていくふてぶてしい態度の警察官。
入国スタンプの確認かと思ってそのページを開いてあげようと思ったら手を払いのけられた。

なんだよースタンプいっぱいだからあんた探せないんでしょ!?
早く見つけろよ〜と思っていたらこっちへ来いと。


わ…出た…
絶対荷物検査だー


バスターミナルの端っこに連れて行かれる。


荷物を開けろ。


ハイハイ。
早く解放してね、お願いだから。


検問や荷物検査にあってる人は結構いるみたいで、
でも荷物もサラッと見られただけだったとかいう情報もいっぱいあったから、
きっとサラッと確認するだけだろうって思った。


でもまったく違った。


これを執拗と言わずなんと言うのだろう。


私の町歩き用の斜めがけバック、チャックが超多くていろんなところにものが入れられるタイプなんだけど、
そいつ私でも開けたことないチャックまで全部開けた。
サイフの中身も念入りにチェック、カード1枚1枚にわたるまでしっかりと見た。

続いてサブバック。
全部見まくった。こんなん見る??っていうのもすべて。
小さなポーチ、その1つ1つもすべて開けて中身をチェックした。

ここには200ドルぐらい隠してたけどバレず。
平気なふりしつつ心臓バクバク。


ってこれ一体いつ終わるの??


ヤツはコロコロバックもひっくり返しまくった。


覚えとけよ!
キレイにパッキングしたのに!!


心の中で言った。


いつのまにかそいつの先輩らしき人も1人やってきた。
その先輩はもういいだろってそいつに言ってる風だったけどヤツは聞かない。

黙々とバックの中をあさっている。
見つかるもんか(`へ´*)ノ


そいつが私のコンタクトに反応した。
これなんだ?って言うからコンタクトだって教えた。

何個あるんだ?わからない。
だって私1dayだから超大量に持ってきてるんだもん!
個数なんて全然わかんない!!

なんでこんなにたくさんあるんだ?

なんでって1dayだからだって!!

身振り手振りで必死で伝える。
でも先輩はわかってくれたのにヤツはけげんそうな顔。

そしてコロコロバックの中から全部出されてしまった。

え!?なんで!?
ただのコンタクトじゃん!!

私の荷物検査が終わったみたいだったからコンタクトもしまおうと思ったらダメだと言われてしまった。


ちょっとー!なんで!?

コンタクト全部とられたらマジで終わる。
私はずーっとメガネでいなきゃいけない。

そんなの絶対嫌だ!!!!!
帰国だ!帰国!!!!!


その後ボム平の荷物検査。
ヤツは疲れ知らず。もう飽きたか諦めるかと思ったけどボム平も小さな小さなポーチまですべて開けられてこれなんだ?これは?これは?っていちいち聞かれてる。

ガンバレボム平!
見つかるなよー!!


結局ヤツは私たちの荷物からなにも発見することができなかったようだ。

全部チェックし終わったあとコンタクトもしまっていいと言われた。
ホントよかった〜。

先輩はいい人でこれからどこ行くんだ?って聞いてくれて、
メリダのバス乗り場まで連れて行ってくれた。

ヤツは最後まで嫌なヤツだったけど。


結局私たちは荷物検査のせいでメリダ行きのバスを1本のがしたみたいだった。


それにしても恐るべしベネズエラ。
こんなにガッチリ荷物を検査されるなんて思わなかった。

本気でドルを隠していてよかった。

こんな荷物検査またされたらたまんないけど、
きっとベネズエラにいる間はずっとこんな感じなんだろうな。


メリダ行きのバスを待っている間、
他の警察官にまた荷物検査をされないかずっとハラハラしながら過した。


でもそんなこと心配するより前に、
私たちはとっくに失っているものがあることにまだ気づいていなかったのでした…



ボゴタ→ククタ
所要時間:約14時間
運賃:80000コロンビアペソ(約3200円)

ククタバスターミナル→国境(タクシー?)
所要時間:約15分
運賃:1人2000コロンビアペソ(約80円)
※これ、両替したところで手配してくれた車。
 通常はこの金額で行けないと思います。

サンアントニオ→サンクリストバル(タクシー)
所要時間:約1時間
運賃:3500ボリバル(約560円)


続きはまた明日!!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。