↓↓↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓↓↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭を抱えるオーナー、知らずに歩いたスラム街。

こんにちは☆
リアルタイムは再びベネズエラ!現在地はメリダ!!


=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年01月11日】
サンタマルタ→カルタヘナ

IMG_5234.jpg


今日はなんだかんだで5泊したサンタマルタを出てカルタヘナへ向かう。

2_20160209015212c6a.png

カルタヘナはカリブ海に面したコロンビアの有名リゾート地。

1_2016020901515149f.png

私たちはメデジン⇔カルタヘナ間は飛行機でラクラク移動。
カルタヘナに到着して数時間町歩きをしたけど、
その日のうちにサンタマルタへ移動したからやっとカルタヘナ観光♪そんな気分。

サンタマルタでは宿運がなかったからね(^_^;)


とか言いつつ、
カルタヘナはどうなんだって言うと…うーん。っていう感じ。

自信なし(ーー;)


カルタヘナも宿取らなきゃマズくない!?って気づいた時には安くて良さげな宿はもうほとんどなかった。

予算を上げてなんとか泊まれそうなところを見つけた、
そんな感じ。

ただ、今日だけはその見つけた宿の予約が取れず仕方なく別の宿を予約している。

IMG_2699.png

カルタヘナの地図。左下のピンクの丸が旧市街。
観光スポットはこの旧市街に集中、この旧市街内に宿泊するのが一般的だと思う。

私も明日からの3泊分は旧市街の宿を予約している。
そこの予約が取れなかった今日だけ水色の丸、旧市街から3kmぐらい離れた場所にある宿に泊まる。


旧市街に他の宿がないわけではなかったけど、
予算内では口コミの評価を見る限りとても私が泊まれるようなところはなく、それなら場所を妥協しようと思って決めた。
コロンビアはタクシーも安いから1日ぐらい移動はタクシーでもいいだろうって。


サンタマルタ〜カルタヘナへは行きと同じMarSolというバスで。
宿で前日に予約をして、朝宿までピックアップに来てくれた。


12:00、あっという間にカルタヘナに到着。


行きはドライバーさんに宿の住所を伝えてその近くで降ろしてもらえたから、
今回もなるべく近くで降ろしてもらおうと思った。

IMG_2699 3

地図右上から走ってくるから、赤丸のバス会社"MarSol"までだと行き過ぎる。
私たちはドライバーさんにお願いしてピンクの丸印の海岸線で降ろしてもらった。

ここから宿までは800メートルぐらいだ。
10分ぐらいで着くだろう。


歩き始めて少しすると、
なんだか雰囲気が良くないことに気がついた。


ね、なんかここ歩いちゃダメっぽい場所じゃない??


そうやな、雰囲気よくないな〜


道の雰囲気、建物、歩いている(生活している)人、
なんとなーくあまり治安が良くないんじゃないかっていう雰囲気を察する。


橋にさしかかった時、
川沿いに建つ今にも崩れ落ちそうなボロボロの家屋が目に入る。


ボム平、やっぱりここあまりよろしくないよ。
スラムじゃない?



でも引き返すことはとは考えなかった。
宿まではもう500〜600メートルぐらいだ。
日中だし、人通り、車通りもある。


とにかく急ごう。
私たちは早歩きで黙々と歩いた。


町の人たちの視線が刺さる。

超ジロジロ見られるっていうことは、
ツーリスト、もしくはアジア人が珍しいということだ。

"地元の人以外歩かない場所"

ここは危ないというサイン。


ボム平ーまだー??

ケータイのGPSを見ながら前を歩くボム平に声をかけた。

この辺やねんなー
宿の名前なんやった??



私が予約表をスクショしたipadを取り出して宿名を確認していると、
スキンヘッドのちょっと強面の男の人に


こんなところでそんなもの出しちゃダメだ!
しまいなさい!!


と言われた。

すぐにしまう。
やっぱりここは治安が良くないんだと確信した。


スラム街、治安の悪い場所、
これは道路1本挟んでとか、本当に紙一重で存在している。

気づいたらあまりよろしくない場所に足を踏み入れているということもある。
そう言う時は地元に人がここは歩かない方がいいとか教えてくれたりする。


どこに行きたいんだ??
あそこのホテルか??

見ると私たちの予約した宿がそこにあった。


その男の人は何者だと思ったらなんと宿のオーナーだった。


ようこそ!そこに荷物を置いて!
部屋の清掃をしているから少し待っててくれ!


…の後、オーナーはちょっと怒り気味に私たちに注意をした。
と言っても英語が全然わかんないボム平はのん気な顔をしているが。


レセプションに貼ってある注意書きを指差しながら、

この付近では絶対にカメラやケータイ電話など出しちゃダメだ!
歩くときはバックも持たないこと!

唯一バックを下げてカメラを出して写真を撮ってもいいのは旧市街の中だけだよ!


ここから旧市街へ行く時も必ずタクシーを利用すること!
間違ってもこの辺を歩き回るなんてことはしないように!!



英語が得意ではないと察したオーナーは何度も私の顔を覗き込み、
わかったかい?理解したかい?と注意を繰り返した。


親切なオーナーだ。

ちょっと怖いぐらい、
なにのん気にこんなところでケータイだのipadだの出してたんだバカヤロウ!ぐらいの勢いで教えてくれた。


ちなみに君たちどこから歩いて来たの?
ここまでどうやって来たの??

言ったら怒られそう…
と思いながら恐る恐る壁に貼られた地図を指差した。


ここから…


オーマイガッヽ( ̄д ̄;)ノ
そんなところから歩いて来たのか!?

いいか、この橋のところはスラムでとっても危険なところなんだぞ!
絶対に近づいちゃダメだ!


はぁ…(ーー;)

ついにはオーナーは頭を抱えてしまった。


反省。
そんな場所だったんだ…。


この宿は私がいつも利用するBooking.coという宿検索サイトの口コミ評価が良かった宿。

ただし、ロケーションという項目以外。
よく考えたらこんな極端な評価ってあまり見たことないしそのとき気づけばよかったんだけど。

お

ロケーションの評価が異常に低かったけど、
それはただ単に旧市街から離れ過ぎていて不便だっていうことだと思ってた。

私はロケーションとかスタッフの項目で平均点を上げている宿はあまり選ばない。
ロケーションとスタッフの評価が10近くて、平均点が例えば9.2とかってなってても、清潔感が低い場合がある。

ちゃんと評価の内訳を確認しなきゃね!
ただ単に私がロケーションよりも清潔さを重視するっていうことだけど(^_^;)


ロケーションが悪い=観光に不便、遠いって思ってたけど、
こういうパターンもあるんだなと今さらだけど思った。


きっとここで被害に遭った人が何人もいるんだろう。
だから宿泊客の被害を少しでもなくそうと厳しく指導しているんだろうと思った。


IMG_5235.jpg

通された部屋はまあ大丈夫かな、一晩過せそうかなっていう感じだった。

IMG_5236.jpg

珍しくシャワーとトイレが別々で嬉しかった。
左トイレ、右シャワーね。


ここ、部屋は大丈夫そうだねー


いや、これキツイやろ〜


へ?(゜◇゜)




IMG_5282.jpg

…確かに。


このお部屋はエアコンが付いていない。
この扇風機1台で耐えなきゃいけない。

耐えられないことはない。

ただ、扇風機の場所がおかしい。
角度を変えることもできない。


IMG_5282.jpg

風はこのベッドに集中して当たる。


つまり、
奥のベッドの人は風が当たらず暑く苦しい夜、
そして手前のベッドの人は扇風機の風をすぐ近くでダイレクトに浴び続ける不健康な夜を過すことになる。


なにこれ!?
扇風機の場所、絶対おかしいでしょ!!!!!



ま、言っても仕方ない。
一晩耐えればいいだけだ…。


不安に思いつつも私たちは早速旧市街へお出かけすることにした。


出かけると言ったらオーナーが宿の外でタクシーを拾ってくれた。


いいかい、必ずタクシーで帰ってくるんだよ!
間違っても歩いて帰って来ちゃダメだからね!!



何度も念を押され私たちは旧市街へ向かったのでした。


サンタマルタ→カルタヘナ
所要時間:約4時間半
運賃:44000ペソ(約1760円)


続きはまた明日!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

何もなくて良かったね。ゆきちゃんやっぱりブッキング・コムでチェックしてるんだね。私はまだインドの宿2ヶ所とも決まってません。口コミみると決めかねてしまいます。今南米かなりあれてるニュースよくやっているので気をつけてね!

オーナーさん優しい(^^)

よかった

ご無事で何よりです。
私もメデジンで夜一人で
セントロをふらふらする日本人がいたら、
怒ってしまうと思います。。。

中南米は「危険な地域」と「危険じゃない地域」が
はっきり分かれていることが多く、
事前のリサーチはとても大切です。
地元の人が「危ない」「気をつけて」
というところには絶対に立ち入らないで下さい。

どうか十分お気をつけて、
最後までよい旅を!!!

三佳子さん

ありがとうございます!
本当になにもなくて良かったです。
インドの宿まだ決まってなかったんですね…口コミ見ると決めかねてしまうっていうのすごくわかります。
いいことばかりが書かれているわけじゃないし、1つの批判口コミがすごく気になったり。。。
いい宿が見つかるといいですね!!これからも気をつけて旅を続けます☆

さぁさん

オーナーさん、ちょっと怖くて、超優しい人でした☆
ありがたかったです、そしてちょっと怖かったです(*°∀°)=3

ありがとうございます

かおりさん

ありがとうございます。

不注意だったと思います。
ボム平と2人だし、昼間だし、カルタヘナは旅行者がいっぱい来るリゾート地だし、
大丈夫だろうって勝手に思い込んでいました。
大変なことが起きないように、気を引き締めて旅を続けます。
ありがとうございました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。