↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情移入。

こんにちは☆
リアルタイムは世界一周をスタートさせた国、メキシコ!現在地はカンクン!!



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年02月04日】
メリダ

P2050369.jpg


闘牛場へ続く道は屋台が出ていてとっても賑わっていた。

IMG_6044.jpg

人も車も警察もいっぱいだった。
夜出歩くのはいつでもちょっと怖い。

IMG_6045.jpg

初めての闘牛場。

少し早めに着いたからか、6日間もあるからか、遅い時間の方が盛り上がるからなのか、
席はスカスカでこんなに立派な闘牛場があるのに実は人気ないとか?と思いながら始まるのを待った。


P2050373.jpg

開会式??
きっとそんな感じ。


あ!ボム平あれ美女コンの入賞者じゃない!?

P2050375.jpg

ほんまや!!


P2050376.jpg

遠過ぎてはっきりと見えないけど、スタイル抜群!
美しさへの自信みたいなオーラが漂っている(*´▽`*)


手を振りながら闘牛場をぐるりと一周する間、ボム平は私のカメラを持って撮りまくってたw


なんで望遠レンズ持ってこんかったんど!!


あは、確かに(*°∀°)=3


P2050390.jpg

そしていよいよ闘牛士が登場!

P2050391.jpg

始まる!!

IMG_6048.jpg

さっきも書いたけど私は闘牛を見たことがない。
そして闘牛の前知識もない。

P2050394.jpg

P2050404.jpg

私は1対1で闘うものだと思っていたけど、大勢の闘牛士対牛1頭。
不公平じゃん、正々堂々と闘えよって思った。

P2050407.jpg

鬼ごっこみたいに、

こっちだぞー!

ほらほらこっちにもいるぞー!

って牛を弄んでいるみたいで腹が立った。


1対1でもやるで。


スペインで闘牛を見たことがあるボム平が言った。

見世物みたいなものなのかな。
大勢の前で茶化されているみたいで牛が可哀相だと思った。


P2050415.jpg

少しすると馬が出てきた。

なにあれ!?なんか持ってない!?


槍を牛に刺すんやで。


え!?なんで!?
痛いじゃん!!


牛って死んじゃうの!?


そやで。
最後は闘牛士に刺されておしまいや。



って!!ウソ!?


私が勝手に思い描いていた闘牛は、
勇敢な闘牛士が猛獣の牛に立ち向かうもので、どちらかと言うと人間が生死を賭けていて、
ケガもなく無事牛と闘いぬいた闘牛士が讃えられるっていうものだ。
牛は暴れまくるだけで死なない。


ウソ…
牛は殺されちゃうの??



知らなかった。


そうしている内にたくさんいた闘牛士はいなくなり、
なんだかメインの人が1人出てきた。

P2050429.jpg

会場が盛り上がる。


なになに!?


アイツが刺すねんで。


すでに槍を刺されている牛。
それでも懸命にマントを追いかける。


心なしか少しずつ動きが鈍っている気がした。


ガンバレ、ガンバレ!


私は心の中で牛の応援をした。

だってあまりにも可哀相過ぎる。
こんな大勢の人の前で見世物にされて闘牛士に弄ばれて、最後には殺されちゃうなんて。


それが闘牛だ。
なに言ってんだ。

って。
そうでしょう。そうでしょう。


でも、私は完全にこの牛に感情移入していた。


この牛はどこから連れて来られたの?
なんで闘牛にさせられちゃったの??
普通に牧場とかで平和に暮らせなかったの??

こんなところで殺される運命なんてあんまりだ。


自分だって牛肉食べるじゃん。


そうだけど。
今目の前にいるこの牛が可哀相で仕方なかった。


ボム平によると上手な人はほぼ即死させられるって。
でも急所を外してしまって即死させられない場合もあって、そんなときは刺さった槍を出し入れして殺すのだとか。
スペインではそうしていたらしい。

この牛がもうそういう運命でこの後死ぬしかないのならばせめてこれ以上苦しませないように即死させてあげてほしいと願った。


でもこの闘牛士は1番初めに出てきた人だからレベルが低い方の人なのか、マントを落としてしまったり、
もうクライマックスでいよいよ牛を一思いにっていう時にすかして槍を落としてしまったりしていた。


会場もやや失笑。


そして案の定一撃で殺してあげられなかった。


槍を突かれているのに立ったままの牛。
最初に出てきた数人の闘牛士がマントを持って牛を追い込んでいく。
逃げ場をなくされた牛はとどめをさされて倒れた。


盛り上がる会場。


牛は悪者なの?
なんで殺された牛を見て喜んでいるの?

理解できない。

P2050441.jpg

そしてすぐに殺された牛を運ぶ馬が出てきた。
そこに乗せるスタッフの人が殺されてしまった牛の足を蹴った。


信じられない。
私は怒りを覚えた。


せめて誠意を持って接してほしかった。


あっという間に牛は連れ去られた。

P2050444.jpg

牛を引きずった跡もすぐに消されてしまった。
何事もなかったように。


私が今言っていることはなんというか、
今目の前で起きていることに過剰に反応しただけというか、
そういうことなのかもしれない。


食事で出された牛肉を残して捨てることだってある。
そんな私が牛を蹴った人を避難するのはおかしいのかもしれない。


いや、そういうことではない。


やっぱり牛を蹴ってひどい扱いをした人は許せないと思った。


そして何よりも牛が可哀相でならなかった。


もう帰りたい。
もう見たくない。


私たちはその場をあとにした。


私の初闘牛はこの1回で終了した。


帰り道、私はボム平に今日感じたことをひたすら話した。


いや…
まあそういうもんやからな…



ってボム平。


わかってる。
だから私はもう見ることはないだろうなって思った。


なんだか切ない夜…


明日はメリダで1番の高級店へ!
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当に牛がかわいそう😢
切ないです。

No title

いつも楽しく読ませていただいてます('▽')
現在海外でフラットに住んでおり、フラットメイトがスペイン人なんですが、彼らも「自分の国の文化にもあるけど、闘牛は見たくない。見たこともない。嫌いだ」って言ってました。
もちろん私もフラットメイトも牛肉食べるのですが、今回の記事の通り、単純に悲しいです。
そしてその牛を蹴った人、最低ですね。
誰の犠牲の上でお前仕事できてるねん、お金もらえてるねん。
ほんと、人としても仕事としても牛に敬意を払うべきです。

ともあれ、旅の無事を祈ってます!ステキな毎日を(´`)

私もゆきんこさんと同じで、闘牛は闘牛師と牛が闘うだけだと思ってたのでびっくりしたと同時にショックを受けました。
牛がいるおかげで私たちは牛の命を頂きおいしい肉を食べることができるのに、それを殺して笑うだなんて酷すぎます…
ついつい私も記事を読みながら感情移入してしまいました😣
でも本当の闘牛とは何をやるのか、正しいことを知ることができたので勉強になりました。ありがとうございます^ ^

あっきーさん

イルカショーでもそんなことがあるんですね。
それは小さな檻の中で生活する動物園の動物たちも言えることかもしれませんね。
言い出したらきりがないのかもしれませんが。

私は共感能力が高いというよりは喜怒哀楽が激しいタイプです、きっと笑
そしてそれを思いっきり表現しちゃうタイプなので…恥ずかしいです(^_^;)
いつもありがとうございます♡

もぐもぐさん

本当に可哀相でした(ToT)
どんなに悲しんでもその牛の運命を変えることなんてできなかったけど、
やりきれない気持ちでいっぱいになりました。

ananさん

コメントありがとうございます☆

やっぱりスペインの方でもそういう方がいらっしゃるんですね。
なんだか少し嬉しいです。

そして牛を蹴った人は本当に許せません!!
ananさんのおっしゃる通り敬意を払うべき!!
そんな人がこれからもそこで働き続けるかと思うと残念で仕方ありません。

ananさんも素敵な毎日を過されてくださいね(*´▽`*)

恵美さん

こんにちは☆

残酷ですよね。。。私もあの夜のショックは忘れられません。
目の前で行われていることに気持ちが全然ついていかない感じでした。
もう見ることはないと思いますが、私も知ることができて勉強になりました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。