↓ゆきんこ新ブログはコチラ↓
プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
ゆきんこ、札幌出身の37歳。
プチ潔癖症、汚いところとか超苦手。そして大大大の虫嫌い。
旅には到底向かないんじゃないかというこの私が、10年越しの夢を叶え2013年11月7日メキシコから世界一周1人旅をスタート。
2年9ヶ月、63か国、350か所以上の都市を訪れて2016年8月に帰国。
現在はインド在住(*°∀°)=3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも結局なんかしら不安で、こういう気持ちになったりする。

こんにちは☆
リアルタイムはこの旅4度目のタイ!現在地はバンコク!



=一周目のルート=
日本→メキシコ→キューバ→メキシコ②→グアテマラ→ホンジュラス→グアテマラ②
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ⇔アルゼンチン→チリ→日本①→中国→モンゴル→ロシア
→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→チェコ→ハンガリー→クロアチア
→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→ギリシャ
→ブルガリア→イタリア→バチカン市国→スペイン→モロッコ→ポルトガル→フランス→ドイツ→日本②
→ヨルダン→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウイ→ザンビア
→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ共和国→レソト→南アフリカ→マダガスカル→南アフリカ
→日本③→ベトナム→タイ→ラオス→カンボジア→タイ②→ミャンマー→タイ③→ベトナム②→日本④

=二周目のルート=
日本→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→パラグアイ→ブラ(*°∀°)=3
ジル→アメリカ合衆国
→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→コロンビア②→ベネズエラ②→キューバ②→メキシコ③→ベリーズ→グアテマラ③→メキシコ④→カナダ→中国②→タイ④


よろしければ今日も応援のワンクリックをお願いします(*´▽`*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

【2016年03月02日】
バラコア→サンティアゴ・デ・クーバ→バラデロ

IMG_6853.jpg


出発の朝。

今日はバラコア〜サンティアゴ・デ・クーバまで戻る日。
私たちはドキドキしながら乗り合いタクシーの迎えを待っていた。


前に書いたけどキューバ国内の移動は大きく3通りある。
※以下、以前の記事から抜粋

1、バス
2、乗り合いタクシー
3、カミオン

1のバスは"VIAZUL(ビアスール)という会社が運行していて、比較的安全かつ快適に移動できる手段。
乗るのは旅行者のみ、"ツーリストバスと呼ばれていてお値段高め。

2の乗り合いタクシーは区間や人数、タイミングにもよるけどほぼバスと同じ金額で移動できる優れもの。
当然バスより移動時間が短くなるし、少しぐらいなら高くてもいいかなっていう選択もあり。
たいていバスターミナルの周辺に客引きがいて"サンティアゴ・デ・クーバ""サンティアゴ・デ・クーバ"とか行き先を連呼してる。
その場で乗るもありだし、予約もできたよ。宿までピックアップに来てくれるのも嬉しい。

3のカミオンは地元の人が使う交通手段。
トラックの荷台を改造して席をつくったような乗り物。
シートは狭く、固く、ギュウギュウに人が乗り込んでなかなか過酷らしい。
ボムは前に来た時サンティアゴ・デ・クーバまで気合いのカミオンで移動したらしいけどかなりキツかったみたいでもう乗りたくないって言ってた。
でもキューバ国内を安く一周したいっていう人は果敢にチャレンジしているよ!
金額は区間によるけどざっくりバスの5分の1ぐらい。
カミオンの乗り場がわかりづらかったり乗り換えがあったりで時間も多くかかるみたいだけど時間と体力がある方はぜひチャレンジしてみてね☆


で。
ハバナ〜サンティアゴ・デ・クーバ、サンティアゴ・デ・クーバ〜バラコアとここまでビアスールのバスを利用してきた私たちだけど、
今回サンティアゴ・デ・クーバまで戻るのに乗り合いタクシーを利用してみることにした。


普通にビアスールのバスで戻ろうと思っていたけど、
一昨日ここで朝ごはんを食べているときにタクシーの客引きが声をかけてきたからだ。

金額を聞くとバスと同じ15CUCだと言う。

バラコア〜サンティアゴ・デ・クーバ行きのビアスールのバスは1日2便運行。
8:15発と14:00発。所要時間は約5時間。

私たちはそのままサンティアゴ・デ・クーバのバスターミナルから19:30発のバラデロ行きに乗る。
14:00発だとギリ過ぎるけど8:15発ならバスターミナルでの待ち時間が長過ぎる。

乗り合いタクシーなら人さえ集まればある程度出発時間に融通がきくんじゃないかなってそう思った。

所要時間は5時間ぐらいだから昼ぐらいに出れたらベストだねって。
一応11時〜12時ぐらいに出発したいって言ってみたら、
夕方またここに来てなんとかって人を探せとか、当日の昼ぐらいにバスターミナルの前に来いとか、
なんか話が曖昧だったからその人とはなんの約束もせずにバイバイした。


2年前のことを思い出した。

トリニダーという町からバラデロに行く時町で出会った客引きと話しをして乗り合いタクシーを予約した。
結局その人は私を騙そうとした人で当日の朝迎えが来なくて私はその日バラデロに移動することができなくなってしまって、キューバの残り日数的にもバラデロには行けなくなってしまった。


乗り合いタクシーの予約なんてあってないようなもの。
ただの口約束だ。


casaのお母さんに乗り合いタクシーを紹介してもらおう!
その方が信頼できるし、嘘をついたり当日来なかったりもないだろう。


私は前の件があるからかなり慎重になっていた。
またバラデロに行けないなんてマジであり得なさ過ぎるもん。


でもcasaのお母さんに聞いたら乗り合いタクシー(マキナと呼ばれている)はParque Centralという町の中心にある公園のまわりに客引きがいるからそこで申し込みなさいと言われてしまった。

お母さんの知り合いがいたらよかったのになー

ということで、
そこに行って乗り合いタクシーの予約を事前にした。

2日の11時にcasaに迎えに行くよ!

口約束。

超陽気でいい人そうだったけど、もしも来なかったら大変だ。

11時になって乗り合いタクシーが来なかったとしたら乗れるバスはもう14時発しかない。
これだとバラデロ行きのバスに乗り遅れる可能性が高い。
うまく他の乗り合いタクシーが見つかればいいけどなければ普通にタクシーで行くしかない。

いくらだったかな、聞いたら超高かった。
100ドル以上だったハズ。


だ…大丈夫だよね…

名前とか聞いておいた方がよかったかな…

ちゃんと覚えてるよね…



ねえ、やっぱりなんか不安じゃない!?
来なかったらやばくない!?



バラデロ行きのチケットはもう購入済みだ。
なにがなんでも19:30mまでにはサンティアゴ・デ・クーバに到着していなければいけない。


乗り合いタクシーの客引きに騙されてまたまたバラデロに行けませんでしたヽ( ̄д ̄;)ノ


とか!!


2年前から成長なしかよヽ( ̄д ̄;)ノ


とか!!


そんなんなりたくないー!!!!!


やれることはやろう。
時間はあるし。


私たちは昨日同じ場所を何度か行き来して約束した客引きのおっちゃんを探した。

おっちゃんは私たちを覚えていてくれて、
明日の11時にそこを右に行ったところのcasaに迎えに行くからな!って言ってくれた。

よかった〜覚えててくれたねって。
念のためおっちゃんの名前とお迎えの日時を紙に書いてもらった。


これで安心!
おっちゃんが嘘をつくことはないでしょう!



なんて言って、やっと不安から解放されたのに。
昨日チャリンコタクシーで川から戻ってきたところで1番最初に声をかけてきた客引きにバッタリ会った。

明日の10時に迎えに行くからって。


え?ちょっと待って、約束してないし。
てゆーか他の人にもうお願いしたからと伝える。


誰だって言うからおっちゃんの名前を教えた。


ここから超ややこしいことになる。


その人はおっちゃんのことを知っているみたいだった。
小さな町だし同じ仕事をしているから当然と言えば当然。

でもその人は明日10時に迎えに行くからという。
私はおっちゃんが11時に迎えに来るからという。


その人はあとでおっちゃんに明日10時に迎えが来るからって話をしろと言う。

え?なんで??
私はおっちゃんと約束してるしその車で行くから
と伝える。


いやいや、10時だと言う。


客の取り合い?


あなたとおっちゃんは仲間なの?同じ車??

そうだと言う。

だったらなんで私がおっちゃんにお迎えの時間がどーのこーのって話をしなきゃいけないの??
仲間ならあなたが話せばいいじゃん、
私は知らないと言ってバイバイした。


そこから私たちの妄想が始まった。


おっちゃん11時に来てくれるかな…

1番ハッピーは本当にその人とおっちゃんが仲間でただ単に迎えの時間が1時間早まっただけって話。


だったらあの人なんで私からおっちゃんに話せなんて言ったんだろ?
やっぱりどう考えてもあの人とおっちゃんはライバルだよね?


そうやろな。
でもオレらは普通に11時の迎え待っとったらええんちゃう?
おっちゃんと約束したんやし。


そうだよね。
でも、あの人がおっちゃんにあいつらはオレらの車で行くから迎えは行かなくていいとか言っちゃって、
おっちゃん来なかったらどうする?

あの人10時に迎えに行くとか言って私たちがどこ泊まってるかも知らないじゃん…



一気に不安になった。


せっかくおっちゃんと約束の確認をして安心したところだったのに変なヤツが現れたせいで!!


とか思ったけど、
こんな風になんだか曖昧で、どうなるかもわかんないみたいな不安はいつもそばにあって。

ちょっとそこまで…って乗ったバスも、実際どこに着くかわかんないし、超不安でGPSばっか見てたり、
飛行機降りたら次どこ行く?って必死に一緒に降りた人のあとを追ったり。

え?今ってなにする時間?休憩?何分?
ってここどこ??で、結局いくら!?とか。

なんかもういつもいちいち不安でテンパって。
今はボムがいて1人じゃないからまだいいけど、まーなるようになるさーなんて、
日本にいる時は言えたけど今はそんなことそうそう言えない。

私はね。
でもそんなハラハラドキドキもひっくるめて楽しかったりするから旅がやめられないんだろうけど(^_^;)


10時前にはパッキングも終わって荷物も部屋から出していた。
11時までまだ時間はある。

30分過ぎても誰も来なかったら別の乗り合いタクシーを探しに出よう、そう決めていた。


が、10時。

昨日会ったあの人とおっちゃんが仲良く登場した。


(゜◇゜)


レッツゴー!って。


なんだ…
なんだなんだなんだー


仲間だったんじゃん!!
だったらなんでわけわかんないこと言ったのー!もう!!



一気に力が抜けた。
よかった、来てくれて。


昨日の話は全部取り越し苦労だった。


あんなに色々想像して不安になった時間を返せー!


とか思ったけど。まあ勝手にしていた苦労だしね笑

IMG_6854.jpg

そしてなんとなんと乗り合いタクシーはクラシックカーだった♡

IMG_6855.jpg

IMG_6857.jpg

カッコいいから許そう!


IMG_6860.jpg

広々のクラシックカーには乗客が8人乗った。
海を眺めながらなかなか快適なドライブだった★


IMG_6868.jpg

そして私たちは無事19:30発のバラデロ行きの夜行バスに乗れたのでした☆

今回は無事バラデロに行けそうです(*´▽`*)


バラコア→サンティアゴ・デ・クーバ(乗合タクシー)
所要時間:約4時間半
運賃:15CUC(約1800円)
※ビアスールのバスも同額。8:15発と14:00発(2016年3月時点)
※乗り合いタクシーの客引きはParque Centralあたりにいます。


明日はいよいよバラデロへ♪
また見てね( ´ ▽ ` )ノ


ランキングに参加しています応援のワンクリックをお願いします
ここ↓↓↓をクリックすると私のランキングが上がるのです
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました(´▽`)ノ
スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。